参議院 選挙 千葉 県 2019 候補 者。 2019年参議院選挙千葉選挙区の結果速報と候補者一覧!定数と当落を予想

参議院選挙2019千葉県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も考察|選挙の開票速報・開票結果|立候補者・当選者・情勢出口調査まとめ通信

参議院 選挙 千葉 県 2019 候補 者

第25回参議院議員通常選挙臨時啓発事業について 1概要 第25回参議院議員通常選挙臨時啓発推進要綱で、「投票率の向上」、「きれいな選挙の実現」、「選挙制度の周知」の3つの項目を設け、県選挙管理委員会・市区町村選挙管理委員会・県明るい選挙推進協議会・市区町村明るい選挙推進協議会が一体となり、関係機関・関係団体の協力のもと、 『 さあ行こう その一票が 未来の一歩』を統一標語とし、啓発活動に全力をあげて取り組むものとします。 2事業内容 テレビCM 千葉県では今回の選挙で、可愛い柴犬を起用した啓発動画を作成しました。 テレビCMは千葉テレビで放送します。 Web広告 ツイッター、インスタグラム、フェイスブック及びYoutubeにおいて動画広告を掲載します。 また、ウェブサイト上にバナー広告を掲載します。 ポケットティッシュ・ウェットティッシュ・冷却シート 選挙啓発のためにポケットティッシュやウェットティッシュ、冷却シートを作成しました。 作成した物資は街頭啓発等で配布します。 大学での啓発について 若年層向けの啓発の一環として県内大学での啓発を実施します。 また、県内大学の食堂や売店等で投票日等を記載した割り箸(9万膳)を配布します。 県庁内各課との連携による啓発について 県民の日中央行事のイベント「ちばワクワクフェスタ2019」において、啓発イベントを実施しました。 県内観光スポット人気投票の結果について(投票総数1,064票) 第1位 鴨川シーワールド 第2位 蓮沼ウォーターガーデン 第3位 海ほたる 第4位 梨狩り 第5位 沖ノ島 第6位 潮干狩り 第7位 千葉ポートタワー 第8位 佐倉ふるさと広場 第9位 笠森観音 第10位 野島埼灯台 当日の様子 模擬投票 目指せ! 100枚ピッタリ賞 飲食店でのレジ広告について 若年層やファミリー層が利用するファミリーレストラン202店舗で投票日等を記載したレジ広告を実施します。

次の

【2019年参議院選挙】立候補予定者一覧 全ブロック

参議院 選挙 千葉 県 2019 候補 者

第25回参議院議員通常選挙臨時啓発事業について 1概要 第25回参議院議員通常選挙臨時啓発推進要綱で、「投票率の向上」、「きれいな選挙の実現」、「選挙制度の周知」の3つの項目を設け、県選挙管理委員会・市区町村選挙管理委員会・県明るい選挙推進協議会・市区町村明るい選挙推進協議会が一体となり、関係機関・関係団体の協力のもと、 『 さあ行こう その一票が 未来の一歩』を統一標語とし、啓発活動に全力をあげて取り組むものとします。 2事業内容 テレビCM 千葉県では今回の選挙で、可愛い柴犬を起用した啓発動画を作成しました。 テレビCMは千葉テレビで放送します。 Web広告 ツイッター、インスタグラム、フェイスブック及びYoutubeにおいて動画広告を掲載します。 また、ウェブサイト上にバナー広告を掲載します。 ポケットティッシュ・ウェットティッシュ・冷却シート 選挙啓発のためにポケットティッシュやウェットティッシュ、冷却シートを作成しました。 作成した物資は街頭啓発等で配布します。 大学での啓発について 若年層向けの啓発の一環として県内大学での啓発を実施します。 また、県内大学の食堂や売店等で投票日等を記載した割り箸(9万膳)を配布します。 県庁内各課との連携による啓発について 県民の日中央行事のイベント「ちばワクワクフェスタ2019」において、啓発イベントを実施しました。 県内観光スポット人気投票の結果について(投票総数1,064票) 第1位 鴨川シーワールド 第2位 蓮沼ウォーターガーデン 第3位 海ほたる 第4位 梨狩り 第5位 沖ノ島 第6位 潮干狩り 第7位 千葉ポートタワー 第8位 佐倉ふるさと広場 第9位 笠森観音 第10位 野島埼灯台 当日の様子 模擬投票 目指せ! 100枚ピッタリ賞 飲食店でのレジ広告について 若年層やファミリー層が利用するファミリーレストラン202店舗で投票日等を記載したレジ広告を実施します。

次の

千葉選挙区

参議院 選挙 千葉 県 2019 候補 者

今回の立候補者数を政党別に見ると、自民党が最多の82人(選挙区選49人、比例選33人)。 公明党は24人(選挙区選7人、比例選17人)。 野党は立憲民主党42人(選挙区選20人、比例選22人)、次いで共産党40人(選挙区選14人、比例選26人)、国民民主党28人(選挙区選14人、比例選14人)など。 任期6年の参院議員は3年ごとに半数が改選される。 参院の総定数を6増する改正公職選挙法が18年に成立し、今回を含む2回の参院選で総定数は3ずつ増える。 今回の改選定数は124(選挙区選74、比例選50)。 非改選の121(選挙区選73、比例選48)と合わせ、選挙後の総定数は245(選挙区選147、比例選98)で、過半数は123となる。 今回の3増の内訳は埼玉選挙区1、比例選2。 比例選には、政党や政治団体が特定の候補者を優先的に当選させる「特定枠」が初めて設けられた。 各党の党首らは4日午前、各地で公示後の「第一声」に臨んだ。 安倍首相(自民党総裁)は福島市で「経済を強くすれば税収は増える。 増えた果実を社会保障につぎ込んでいく」と語り、支持を求めた。 公明党の山口代表は神戸市で「荒波を乗り切るには、政治が安定しなければならない」と強調した。 立憲民主党の枝野代表は東京都内で「安倍政権発足6年半で壊されてきた暮らしの安心を取り戻さなければならない」と主張。 国民民主党の玉木代表は静岡県掛川市で「消費を軸とした好循環を回す経済政策に変えていこう」と訴えた。 共産党の志位委員長は都内で「安倍政治にサヨナラの審判を下し、安心して暮らせる日本を作ろう」と呼びかけた。 日本維新の会の松井代表は大阪市で「消費税の増税は国民に負担を押し付ける」と反対姿勢を鮮明にした。 社民党は体調不良の又市党首に代わって吉川幹事長が都内でマイクを握り、「憲法を守ることを党是としてきた。 これからも国会で働かせてほしい」と力を込めた。 第25回参院選が4日公示され、計370人(選挙区選215人、比例選155人)が立候補を届け出た。 与野党の党首らは各地で第一声を上げ、年金制度や憲法論議のあり方などを争点に論戦を繰り広げた。 21日投開票で、自民、公明の与党が参院の過半数を維持できるかどうかが焦点となる。 与党は政策の推進力を強調している。 福島市で第一声のマイクを握った安倍首相(自民党総裁)は年金問題に触れ、「正しい政策を進めれば年金の財政はしっかりとし、(年金を)増やすことができる」と力を込めた。 持論の憲法改正について「未来に向かってしっかり議論を進める」とし、改憲論議に消極的な野党との違いを打ち出した。 公明党の山口代表は神戸市での演説で「政治の安定」が必要だと語り、子育て支援などに力を注ぐ考えを示した。 野党は4日の第一声で、政権批判を展開したり、考え方の差を訴えたりした。 立憲民主党の枝野代表は東京都内での演説で、安倍内閣の姿勢について「国民の暮らしの足元に目を向けない政治」だと批判し、国民民主党の玉木代表は静岡県掛川市で「まず何よりも家計を豊かにする」と経済政策の転換を求めた。 共産党の志位委員長、日本維新の会の松井代表、社民党の吉川幹事長は、いずれも年金制度の見直しを主張した。 今回の参院選は改選定数124(選挙区選74、比例選50)で争われる。 非改選121議席と合わせ選挙後の総定数は245で、過半数は123。 安倍首相は非改選議員も含め「与党で過半数」を勝敗ラインとしており、今回改選で自公が計53議席を確保すれば達成できる。 自民党内には「改選定数の過半数」を目標にすべきだとする声もあり、この場合は計63議席で届く。 与党と日本維新の会、改憲に前向きな無所属議員を含めた勢力が、国会発議に必要な総定数の3分の2(164議席)を維持できるかどうかも注目される。 改憲勢力で計85議席が必要になる。 今回の立候補者は、前回2016年の計389人(選挙区選225人、比例選164人)より19人少なかった。 女性候補は104人で、全立候補者に占める割合は過去最高の28・1%に上った。

次の