ベトナム ダラット。 ダラット ベトナム 天気。 ダラット の気候と天気

ダラット旅行ハンドブック①~基本情報・観光地編~【ベトナムで人気の避暑地】

ベトナム ダラット

先週、ベトナムの避暑地Dalatへ週末旅行へ行ってきました。 特に計画していたわけでもなく、ホーチミンの喧騒からとにかく抜け出したくて、計画もなしに週末ふらっと行ってきました。 金曜日の仕事中、思い立つようにしてバスチケットをオンラインで購入し、その日の金曜日の夜中に出発してスリーピングバスで、翌日土曜朝に到着して日曜日の夜に帰ってくるという、まさに弾丸週末トリップ。 まずDalatについての私の前情報として持っていたのは、• ベトナム人が大好きな避暑地。 SNSとかで必ずベトナム人の決めポーズの写真がアップされている舞台となる定番の写真スポット• フランス統治時代にフランス人の避暑地として使われた名残があり、おフランスな雰囲気が漂っていて、ロマンティックな場所。 以下、 ホーチミンの喧騒に疲れたら、ダラット旅行へ行ってみることをすする5の理由、にまとめてみました。 ホーチミンの喧騒に疲れたら、ダラット旅行へ行ってみることをすする8の理由 Contents• 1, 自然豊かで、ゆったりできる。 Dalatは高原地帯にあり、空気が新鮮で、ホーチミンでは味わえない魅力が沢山あります。 ビルに遮られない、市内から見渡せる山々と澄んだ青空。 市内を少し離れると、広がる大自然。 早朝の白い霧もやのかかる幻想的な雰囲気は息を飲む美しさ。 熱帯地域の、 とにかく蒸し暑く、雑多でバイクが無秩序に行き交うベトナムのイメージとはかけ離れた、幻想的な風景達にDalatへの旅行中沢山出会うことができます。 2, 一人旅でもありな観光地。 私は、現地で会うはずの友達に、訳会って一度も会えずに、結局一人で旅することになったのですが、 一人旅でもありだなと思いました。 現地ツアーに参加すれば、一人で旅している外国人が沢山いるので、仲良くなることもできましたし、ガイドさんとおしゃべりしたり、カフェで店員さんとお話できたり、一人旅でも十分満足できました。 田舎なため、一人だと回りにくいという話は聞いていましたが、バスも走っていますし、現地グループツアーに参加すれば、いろんなところを巡ることもできますので、一人旅でも心配いらないです。 ただ、後述してますが、 ヴィラには一人で泊まらない方が良いです! 寒いし、夜あまり街灯がないので怖いです。 3,ホーチミンからアクセスしやすい。 ホーチミンからのアクセスは、主にバスと飛行機があります。 飛行機 約100USD 往復 片道 約1H• バス 往復35USD 往復 片道約6. 今回、私はバスで行きましたが、コストと乗り心地、費やす時間をを考慮しても、コスパ感には叶わない バスの方が断然良いと思いました。 理由は。。。。 割と心地よいスリーピングバス(寝台バス)が意外に使える DalatへのSleeping bus内 ピンク色のなんやら嫌らしいライト色がちょっと気になりますが、それ以外は普通のバス。 バスの車内も特に異臭がするなどなく普通に綺麗なバスです。 これは、ベトナムで寝台バスと呼ばれているもので、一般的にベトナム各地を走っているバスです。 ベトナムではバスの利用者が多いせいかバスの交通網がすごく発達しています。 そして、バス内環境というのもかなり整っています。 ベトナム内に寝台バスが数多く出ていて、ダラットまでもこのスリーピングバスが走ってます。 筆者は今回このスリーピングバスを利用して行きましたが、普通に問題なく到着することができました。 ただ、 注意:トイレが近い人にはあまりおすすめしません! というのも、バスの中は結構冷えていて、トイレがついていない寝台バスがほとんどなためです。 それも6Hのバス道中、休憩は2〜3回くらいしかありません。 寝台バスを利用する際は、バスの中が冷えているので 上着をかならず持って行きましょう。 出ないとトイレ地獄と戦うことになってしまいます。。。。 それは、明らかにホーチミンより澄んだ新鮮な空気の中で食べる食べ物は全て美味しく感じてしまうせいだと思います。 特にサラダが美味しいです。 そしてどこのコーヒー屋さんへ行っても、ノンシュガーのアラビカ豆を使ったアメリカーノがデフォルトであるので嬉しい。 (ホーチミン市内では、あまり見られません) 5, 適度に観光地化されてる Dalatではチェーン店のコンビニを見ませんでした。 というくらいホーチミンと比べると田舎の街。 とはいえ、都会に出ると、ナイトマーケット、市場があり、繁華街があり、ホテルがあり、素敵なローカルカフェがあり、ちょっと出れば、田舎の未開拓な自然が広がっているという、観光地化されすぎていない適度な観光地感が良いです。 市内を散策するのはちょっと坂があってかなりの運動量になりますが、澄んだ空気の中、散歩して疲れたらお洒落なカフェに立ち寄ってリラックス、そんなのんびりした日々もダラットでは優雅な人時に感じられます。 市内の目の前には大きな湖があるので、その周りをジョギングしたり、散歩するのも気持ち良いです。 6, 人が強引じゃない ベトナムのベンタンマーケットのような、観光地特有の強引に売りつけてくる雰囲気はDalatの人たちにはあまり見られませんでした。 そのゆるい感じがまたよかったです。 7, Dalatの現地ツアー、カントリーサイドツアー グループツアー がコスパが良くて色々回れる 私は一人で旅をするときは、現地のグループツアーへよく参加します。 その理由としては、• 各国の旅行者と知り合えて情報交換ができる、• 効率よくいろんなところへ連れて行ってくれる、• コスパが良い、• 英語でガイドしてもらえる てな訳で、今回も市内を散策したらTravel Agencyが沢山あって現地グループツアーがあったので、参加しましたが、ガイドさんもしっかりしていて、効率よくいろんなところを回れたので満足です! 8, ホテルのコスパが良い。 DalatにはHomestayやVillaStayといった、一軒家貸切で泊まれるところがあリます。 私は今回、Dalatにきたら他ではできない体験をしようとVillaStayをしたのですが、 一人ではオススメしません!寒い、寂しい、ちょっと市内から離れてるし夜真っ暗で、怖い!寂しい! カップルで行くならVillaでも良いかもしれないですが、一人旅でVillaStayはやめといたほうが良いです。 今回ステイしたDalatのVillaの庭 じゃあひとり旅の場合、どこにステイするのが良い? Dalat一人旅行なら、ちょっと良いホテルがおすすめ。 またはホステルがおすすめ。 おすすめは、断然ホテルです!理由は、コスパの良いホテルがたくさんあるからです。 ダラットには雰囲気の良い素敵なホテルがたくさんあるのですが、3000円くらい出せば、お洒落な素敵な雰囲気の良いホテルに泊まれてしまいます。 (日本だったらビジネスホテルにも泊まれないですよ!)それも二人分で3000円以内 朝食付きあり です。 そして、どのホテルも朝食を提供していると思いますが、 ダラットのホテルは朝食が美味しいと言われていますので、 ホテル探しの際は、 市内、朝食付き、をキーワードに探してみてください。 このホテルに泊まるだけでも、ダラット旅行の醍醐味だと思います。 以下、3000円以内で泊まれるDalatの市内から近い、朝食付きのホテル 1, Dalat Lacasa 2, サフィア ダラット ホテル(Saphir Dalat Hotel どうしても 予算を抑えたい、やっぱ一人でホテルは高級じゃ寂しい、って方はホステルも素敵なところがいっぱいありますのでおすすめです。 1, Ete Dalat hostel ダラットで何するの? 市内散策、カフェでまったりする ダラットはコーヒー豆が取れる有名な地です。 ダラット産のコーヒーを使ったおしゃれなローカルカフェが沢山あるのでカフェ巡りをしながら本を読んだり大自然の空気の中でで何をするわけでもなく、大自然の中でまったりと過ごすだけで十分な地です。 こちらもダラットの有名な観光地の一つです。 市内からバスで行くことができます。 湖の周りには、カフェが沢山あるので、カフェでまったりする事ができます。 現地ツアーに参加する でも紹介した通り、市内のTravelAgencyへ行けば、ツアーが沢山あり、申し込む事がでます。 OutDoor系のトレッキングやキャニオニングを体験できるアウトドア系ツアーから市内観光、カントリーサイドツアーなど様々なものがあります。 カントリーサイドツアーの中でも、コーヒーファームやシルクファーム、工場見学系のツアーや、郊外の寺を巡るツアーなど色々あります。 バイクを借りて、郊外を回る バイクの免許を持っている人は、バイクをレンタルして好きなところを自由気ままに回るのも良いでしょう。 ベトナム人の方は、もちろんバイクが乗れるのでこの方法でダラットを楽しむ人がほとんどです。 まとめ 上記、ダラット週末旅行をしてきての感想をまとめてみました。 初めてだったので、まずは情報収集も含め行ってみましたが、また絶対いきたいです!今度は絶対ホテルに泊まりたいです。 Dalatには、ひとり旅、カップルと、友達と、家族と、それぞれの人の目的にあった楽しみ方ができ、滞在の仕方ができるなと感じました。 なので、自分のライフスタイルに会った旅をダラットで見つけてみてください。

次の

ベトナムホーチミンからの週末旅にはDalat(ダラット)がおすすめ。

ベトナム ダラット

美しい避暑地、ダラットの魅力 標高1,500mにある観光都市 ダラット市の眺め(筆者撮影) ダラットはベトナム中南部にあるラムドン省の省都で、ホーチミンから約300キロ離れた場所にある標高1,500mのラムヴィエン高原に位置しています。 ダラットへの観光客は年々増えており、2016年には約390万人が訪れています。 これを受けてラムドン省は観光客の誘致に力を入れており、今後は年間585万人の来訪を目指しているそうです。 フランス人が開拓した、西洋文化が入り混じるリゾート ダラット旅行を楽しむために、歴史についても触れておきましょう。 高原地帯にあるダラットには、過去に少数民族が住んでいました。 1881年にフランス人のPaul Neisがベトナム探検に訪れたことで、ラムヴィエン高原が発見されました。 1893年にはフランス人医師のAlexandre Yersinが足を踏み入れ、この地の気候は理想的だとしてリゾート開発を提案しました。 そして1899年、当時インドシナ総督であったフランスの政治家Paul Doumerは、ヨーロッパのような景観のリゾートを造りたいと提案しました。 インドシナと東南アジアにおける、観光・リラクゼーションのための「王国」を建設したいと考えたようです。 翌年の1900年からダラット開発プロジェクトが始まり、多くの建築物が建ち道路も整備されました。 その噂は徐々に広まっていき、インドシナの「夏の首都」と称されるリゾート地として発展したのです。 今ではベトナムの有名な観光スポットの一つとして知られています。 ダラット観光のベストシーズン 複雑な高原地帯にあるダラットは、雨季と乾季、2つのシーズンに分かれています。 雨期は5月から10月まで、乾季は11月~4月まで続きます。 雨季になると、午後にはたいてい雨が降ります。 台風は来ませんが、みぞれや雷に見舞われることもありますから、ダラットを訪れるのに理想的な時期は乾期(11月~4月まで)でしょう。 とはいえ、1年を通して楽しみがあるのもダラットの良いところ。 シーズン毎に訪れたいおすすめスポットを紹介します。 お花見観光にぴったり!1月~4月のダラット 1月~4月のダラットでは多くの花が見頃を迎えます。 1月上旬は桜梅(おうばい)、3月・4月は紫色の鳳凰花(ホウオウボク)が咲きます。 澄んだ青空に桃色の花が満開に咲く光景は見事です。 春の空気が感じられて素敵ですね。 日本に帰国しなくてもお花見ができそうです。 日本でも馴染みのある桜梅 引用: 紫色の鳳凰花 引用: 真っ白なアシ畑に飛び込みたい!5月~9月のダラット 雨季のシーズンが到来したダラットは、実はとてもロマンチックなのです。 中心地からケーブルカーで訪れることができる、ダラット最大の寺院「竹林禅院(チュックラム禅院)」にほど近い「トゥイエンラム湖」。 この付近には真っ白なアシが一面に生い茂っており、ロマンチックな光景はベトナム女子に人気のフォトスポットとなっています。 市街地付近のロープウェイ乗り場から乗車し、20分程度で行くことができます。 美しいアシ原 引用: ミモザが見頃のベストシーズン!10月~12月のダラット ダラット旅行のベストシーズンです。 野生の黄色い花やミモザの花、ひまわり畑などたくさんの種類の花が咲きます。 まるでヨーロッパの農村にいるような、広大で穏やかな景観を心ゆくまで楽しめます。 ハネムーンに来たベトナム人カップルは、この花畑の真ん中で写真を撮るのが大好きです。 com. html ミモザの花 引用: 一年を通して楽しめるダラットですが、私が気に入っているのは年末年始の時期。 春のような気候で、過ごしやすいシーズンです。 ダラットへのアクセス方法 飛行機で行く ダラットのリエンケオン国際空港までは、ハノイ・ホーチミン・ダナンの空港から行くことができます。 ベトナム航空やメコン航空、ベトジェット・ジェットスターなどのLCCが就航しており、航空券代は往復で ホーチミン発900,000VND(約4,500円)、ハノイ発2,500,000VND(約12,500円)からとなっています。 飛行時間は50分~2時間程度です。 ダラットの空港から市内へはタクシー・バスで向かいます。 バスは50,000VND(約250円)、タクシーは300,000VND(約1,500円)で、30分~40分かかります。 1階の空港ロビーを出るとすぐにシャトルバスなどが待機しているため、迷わず乗車できると思います。 長距離バスで行く ホーチミンからはダラット行きの長距離バスは、毎日1時間おきに運行しています。 所要時間は6~8時間、乗車代は 200,000~300,000VND(約1,000~1,500円)と安く、ノーマルタイプの座席や寝台バスなどから選べます。 運行するバス会社は主に下記のとおりです。 英語が通じるスタッフも多いため、カウンターを覗いてみてください。 バイクで行く 長距離に慣れているベトナム人の友人に同乗したり、海外ツーリングの経験がある方ならば、数日かけてバイクで向かうのもありでしょう。 ベトナムの田舎の美しい景色を満喫したい方は、バイクで行くことをおすすめします。 危険な坂道もあるので、スピードに注意してくださいね。 ダラット内の交通機関 ダラット市は小さな町なので、歩いて回れる観光スポットもありますが、郊外へ行く時は市内の交通機関やレンタルサービスを活用しましょう。 タクシーやバイクタクシー(Grab)は移動距離によりますが、 1日移動しても1,000円程度。 レンタルバイクは1日140,000VND(約700円)前後で、ホテルなどで借りられます。 レンタル自転車は20,000VND(約100円)と安く、気軽に移動できます。 おすすめはバイクで、気持ち良い高原の風を感じながらのんびりと移動できますよ! 料金一覧も載せておきますので、旅費の参考にしてください。 移動手段 料金 所要時間 飛行機(ホーチミン — ダラット) 90,000VND~(約4,500円~) 50分 飛行機(ハノイ — ダラット) 250,000VND~(約12,500円~) 1時間50分 長距離バス(ホーチミン — ダラット) 200,000~300,000VND(約1,000~1,500円) 6~8時間 シャトルバス(空港 — ダラット市内) 50,000VND(約250円) 30~40分 タクシー(空港 — ダラット市内) 300,000VND(約1,500円) 30~40分 市内移動(タクシー、バイクなど) 1,000円以下 — ダラットでおすすめのホテル ダラットには豪華なリゾートホテルから、格安ホテルやホステルまで多種多様な宿泊施設があります。 特に4つ星~5つ星ホテルは、日本人の方にとっても綺麗で安心して過ごすことができるためおすすめです。 宿泊費は2人1部屋で7,000円程度から。 部屋にはWi-Fiが完備されており、中にはプール付きやカフェ・バーが併設されている所もあります。 スタッフもフレンドリーで、ウェルカムドリンクを持って気持ちよく出迎えてくれますよ。 ダラット大聖堂やダラット市場などの観光スポットまで徒歩圏内のため、アクセスも良好です。 近隣にはカフェやチョコレートのショップもあります。 また、ベトナム人にはおしゃれな一軒家に住みつつ農業体験などもできるホームステイが人気です。 現地生活に慣れている方や、ちょっと変わった体験がしてみたい方は、こちらもオススメです。 ベトナムの若者に流行中。 ホームステイニューバージョン? ダラットの人気観光スポット ダラットには魅力的な観光スポットがたくさんあります。 短時間ですべてまわるのは難しいため、旅行の目的や期間に合わせてベストな場所を選びましょう! ダラット観光のハイライトは次のとおりです。 市内からおよそ15km、車で20分程度の場所にあります。 ランビアン山の山道は分かりやすいので、頂上まで徒歩で登ることができます。 乗り合いジープで行けば、山頂まで15分とあっという間に到着です。 周辺でハイキングをしたり、乗馬を楽しむこともできます。 フランス統治下の影響を受けた趣のある駅舎やSLの展示を楽しみつつ、実際に運行している観光列車に乗ることもできますよ。 列車は8㎞離れた郊外にあるチャイマット村行きのみとなっており、7:30~16:30の間で1日5本運行しています。 車窓から臨む穏やかな風景に癒やされましょう。 外観から内装までユニークな寺院は、見応えがあって飽きることなく楽しめるため、私のおすすめです!「Ve Chai Pagoda」とも呼ばれています。 ウォーキングやスポーツを楽しんだり、日本でもおなじみのスワンボートに乗ることもできます。 スアンフーン湖周辺コースを走る馬車に乗れば、ダラット市場やフラワーガーデンへ行くこともできます。 手作りのウール製品・工芸品の他、ダラット名産のジャム・野菜・果物など様々な商品を扱っていますよ。 スンフアン湖散策後に訪れたい観光スポットです。 手入れの行き届いた美しい庭園を眺めたり、カフェでアンティーチョーク茶を楽しめます。 ダラットの特産品であるイチゴやジャム、ダラットワイン、アンティーチョーク茶などもここで購入できます。 市場内には周辺にはローカル食堂もあり、お土産を購入しつつ一休みできますよ。 山道を爽快に駆け抜けるコースターやロープウェイ、その他楽しいアトラクションもあります。 滝を見てリフレッシュしつつ、小さな遊園地感覚で楽しめる定番スポットです。 宮殿内の応接会場や執務室、ダイニングルームや調度品などを見学できます。 フランス式庭園もあり見事です。 少し分かりにくいですが、中央にあるグレーの屋根の建物が校舎になります。 校舎の右側には「The Curious House」と呼ばれる鐘楼がそびえ立っています。 また、2枚目の写真では校舎全体がカーブしているのが分かると思います。 独特な建築物で、写真に収めたくなりますね。 ダラットの生活様式が感じられる建築物などを模倣した作品が並んでおり、文化のハイライトを見ている感覚です。 森の中にあるため足場が少し悪いですが、観光客に人気のスポットです。 営業時間:午前8時~午後5時 入場料:10. 広大な敷地に広がる茶畑には圧巻!日差しが強すぎない早朝・午前中・夕方に行くのがおすすめです。 売店でお茶を購入できるほか、有料で茶葉の収穫体験などもできます。 パリの雰囲気を感じられる外観や、美しいステンドグラスが見所の定番観光スポットです。 鐘の塔の上部に大きな鶏がいるため、別名「鶏の教会」と呼ばれています。 営業時間:なし ミサ実施時間:月曜日~土曜日の午前5時台・午後17時台、日曜日は1日5回実施されます。 訪れる際は服装に注意してください。 ダラット教会(筆者撮影) 以上、ダラット観光ハイライトをお届けしました。 いずれの観光名所も朝早くからオープンしているため、午前中の涼しい時間に郊外での自然散策を楽しみつつ、日中は市街地散策をしても良いでしょう。 ダラットは小さな街なので、どの観光スポットもすぐに見つけられると思いますが、分からないときはGoogle Mapをチェックするか、地元の人に尋ねてみてください。 きっと親切に案内してくれますよ。 夕方はスアンフーン湖を散歩したり、カフェやレストランに行ったり…夜は大規模なナイトマーケットも開催されるため、買い物から食事まで何でも楽しめます。 <諸注意> ・掲載内容の詳細や料金、アクセス方法は改めてご自身で確認してください。 ・盗難防止のため、貴重品の扱いには十分注意してください。 ・ぼったくり被害にご注意ください。 商品購入前の価格を確認してください。 いかかでしたか?気になる情報はありましたか? ダラットへの観光旅行は、きっと忘れられない経験となるでしょう。 標高1,500mにある美しい街、ダラット。 その景色と雰囲気をぜひ楽しんでください。 次はダラットのグルメについて紹介します。

次の

ベトナムの避暑地ダラットを完全制覇!おすすめスポット4選

ベトナム ダラット

ダラット旅行の過ごし方 華の都と称されるダラットは、ベトナム人にとっては愛の聖地。 フランス軍が開拓したとあって、西洋の雰囲気は建物や食べ物、日々の生活にも浸透しています。 また、ホーチミンやハノイと違って慌しい時間はなく、それぞれがのんびりと暮らしている印象を強くうけます。 旅行では、そういった雰囲気を感じとることができるでしょう 今回は、ダラット旅行の楽しみ方をいくつかご紹介したいと思います。 現地に到着して、「さあ、なにをしようか?」となるのではなく、事前に旅のプランは計画しておいてください。 市内中心散策に徹する ダラット観光の中心となるのは、ダラット市場です。 そのダラット市場周辺には、個人旅行者用のミニホテルや、カフェ、レストラン、ツアーデスク、雑貨ショップなどがあります。 これらを回るだけでも十分観光らしい時間をおくることができます。 また、バイクをレンタルすれば行動範囲はぐんと広がりますが、やはり異国の地でバイクを走りまわすのは怖いと感じる方も多いでしょう。 スアンフーン湖はダラット市場から徒歩3分程度で行ける最も近い観光スポットであり、現地人の憩いの場所でもあります。 スアンフーン湖ではスワンボートを漕いで楽しんだり、湖畔の遊歩道を散歩したりして過ごすことができます。 その他、早朝にジョギングをしている欧米人や、釣りをしているベトナム人も日常にうかがえる光景。 湖畔に建つカフェは外国人観光客にも人気があり、シカ肉やイノシシ肉、アーティチョークティーといったダラットの名物料理を堪能することもできます。 ホーチミンのような都会の喧騒もバイクの音もない静かな滞在余暇を過ごすことができます。 カフェ巡り ダラットにもホーチミンやハノイ同様カフェがたくさん点在しています。 ダラットのカフェの特徴は、「静か」で「ノスタルジック」。 ホーチミンにあるようなお洒落な内装よりは、フランスの片田舎で毎晩ひっそりと営業してそうなカフェバーのような雰囲気です。 写真のこちらは「Vカフェ」と呼ばれる観光客に人気のカフェバー。 欧米人がクラシックギターで弾き語りを披露してくれます。 料理も西洋料理が中心で、ラザニアは特に絶品。 毎晩噂を聞きつけた外国人観光客で賑わっています。 ダラットグルメを梯子する滞在 ダラットには、「アーティチョーク」、「イチゴ」、「ネムルイ」、「バインドック」、「シカ、イノシシ肉」、「豆乳」、「バン・チャン・ヌン」といった名物料理があります。 それらを食べつくすためには、おそらく1日以上はかかるでしょう。 レストランでしか食べられないもの。 食堂でしか食べられないもの。 そんな具合で、料理を扱うお店を見つけるだけでも一苦労です。 「ダラット名物をすべて食べつくす!」 それを旅のテーマにするのもいいかもしれませんね。 共通することは「夜はナイトマーケットを楽しむ」 毎晩ダラット市場周辺で開催されるナイトマーケットは19時頃から23時頃まで続きます。 何百という夜店が出ますので、夕食もここで食べ歩くのもおすすめ。 ダラット市場からスアンフーン湖に続く道沿いには、食堂が並んでいて、体温まる鍋料理を食べることができます。 バイクをレンタル また、バイクをレンタルできるなら、郊外へ足を運ぶのはいかがでしょうか。 郊外には巨大な大仏を拝める仏教寺院や、愛の盆地とダティエン湖、ランビアン山といった観光スポットがあります。 ダラット駅やクレイジーハウス、ダラット市ガーデンといったスポットは中心市街なのですが、徒歩では少し厳しいので、やはりバイクが便利です。 バイクは滞在先のホテルで借りることができるでしょう。

次の