シブ がき 隊 少年 隊。 80年代ジャニーズ対決・・・nammyblog vol.56: nammyのチャート日誌

過去の解散劇…光GENJIは不仲、シブがき隊は少年隊が脅威に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

シブ がき 隊 少年 隊

1982年5月に「NAI・NAI 16」で歌手デビュー。 」で紅白歌合戦に初めて出場後4年連続で選ばれますが、少年隊と入れ違いになる形で落選してしまいます。 その2年後の1988年11月2日をもってシブがき隊は解散。 活動期間は他のジャニーズグループと比べると短く7年余りでした。 その後3人はジャニーズ事務所を退所し、別々の事務所に所属し活躍しています。 シブがき隊の元メンバー・本木雅弘 薬丸裕英が解散の真相を明かす 薬丸裕英さんが2018年4月19日、フジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」に出演し、シブがき隊の、解散についての真相を明かしました! MC・ 坂上 忍 (50)から理由を聞かれた薬丸は 「そもそも仲が悪かった」「あの2人(布川と本木)は仲が良くて、いびつなトライアングルだった」と内情を暴露し 「解散の原因はチェッカーズと吉川晃司」と話した。 人気とファンを持っていかれたにもかかわらず「誰とでも仲良くなれる2人は、ライバルと仲良くしていた。 それが信じられなかった」とメンバーに不信感を持ったという。 引用: それでも薬丸は 「俺は最後まで(解散せずに)ザ・ドリフターズみたいに、それぞれが仕事をしていても特番とかで シブがき隊として集まれればいいやと思っていた」と解散に否定的な立場だったと説明。 ただ「ある1人の人が『どうしても、そっちの方向に進みたいみたいな』と言って…」と、違う方向を目指すメンバーがいたとポツリ。 これに坂上が「モックンでしょ?」と突っこむと「そうです」と即答した。 引用: やはり、 薬丸さんと本木さんとの間に一波乱あったのは確かなようです。 デパートの屋 上でキャンペーンイベントを行った際も、「恐ろしい数の女の子が来たんですが 、 なんで自分みたいな若造にこんな熱狂するんだろうと一気に引いてしまった自分がいた」と明かす。 引用: 本木は「 実は解散が決まる前、私が早々に、業界そのものを辞めてパリでもどっかでも行って皿洗いでもなんでもいいからやって、ということをしたいから辞めてもいいかと二人に相談しました。 二人とも目が点になってましたけど」と告白。 引用: 本木雅弘さんからの突然の告白に布川敏和さんは了承。 薬丸裕英さんは納得がいかなかったようです。 「布川(敏和)さんは 『本木がそう言うならそれでいいよ』と言ってくれました。 薬丸(裕英)さんはグループを愛していたし続けたいという気持ちがあったんだと思います。 でも私が暴走したのでこういう結果になった」と振り返った。 引用: また、この番組では解散後にメンバーとは一切連絡を取りあっていないことも明かしています。 過去に2度「解散」についての話が出たそうで、1度目のときも、言い出したのは実は布川さんだったそうです。 アイドルグループ として活躍していたが、給料はすべて親に振り込まれており、仕事をしているというよりも、部活をしている感覚だった。 そのため 18歳になり、周囲が就職活動などを始めて、進路を決めている姿を見て、「俺も働かなきゃ」と思って解散の話を持ち出した。 周囲の大人から攻められたり、なだめられたりして、丸め込まれてしまったそうだ。 引用: そして 2度目の解散(本当の解散) の話しが出たのは、当時、光GENJIや少年隊がデビューしたころで、後輩の才能を脅威に感じ始めたようです。 少年隊は、バック転もできて、ダンスにかける思いも凄かったが、シブがき隊はバック転もできなかった。 それを 見て「俺ら終わったな」と感じ、 「このままシブがき隊として、おじいさんまでやっていけるのか? どうせなら人気のあるうちに解散しよう」 と、3人で話し合って決まったと明かした。 引用: それぞれの主張があるようですが 布川さんと本木さんは解散したがっていたようです。 「やっくん 薬丸裕英 とは、途中から仲が悪くなった」と言い、最初は3人とも仲が良かったが、徐々に薬丸とは不仲になっていき、本木は「B型の間にいるA型は辛いよ」と漏らしていたそうだ。 引用 : しかし、最近では薬丸裕英さんとの仲直りをしたようでLINEのやりとりもしているようです。 布川は、薬丸との仲に 「ヤッくんと仲が悪いわけじゃないんですよ。 性格が合わないんです。 でも、最近は仲直りというか、誕生日の日にはLINEでやり取りをする」と告白。 昨年のクリスマスイブには「お一人様ですか?」と薬丸から連絡をもらい、ホームパーティーに誘われたが、岩手県のロケ中で参加出来なかったと明かした。 モックン(本木雅弘)と僕は、六本木に遊びに出てたんですよ。 で、チェッカーズやら吉川晃司やらと一緒に遊んでたんです。 そしたらある日、ヤックンが来て『 本木、布川、何チェッカーズと吉川晃司と遊んでんだよ!どれだけシブガキ隊のファンをあいつらに持って行かれて…、何ライバルと遊んでんだよ!』ってマジで怒られたんです」 引用: 薬丸裕英さんは本木雅弘さんと布川敏和さんがライバルと遊ぶことを快く思わなくなったそうで、それが理由で不仲になったといわれています。 ちなみに、薬丸裕英さんに忠告された後も、布川敏和さんは遊ぶことを辞めなかったそうです。 「だって、向こうの方がシブガキ隊よりカッコイイんだからしょうがないでしょと。 毎日毎日、楽しけりゃいいじゃない、友達増やして、って感じで遊び続けた」といい、 「それから、仲悪いというか、性格が合わなかった」と話した。 引用: 薬丸裕英さんがまじめすぎたのかもしれませんが、このことがきっかけとなりメンバーの仲は悪化していったようです。 関連記事 ・ シブがき隊の不仲解散説にネットの反応は? ネット上でも不仲で解散した説が一番濃厚とする声が多く聞かれます。 シブがき隊のフッくんがヤッくんと性格が合わないって言うけれど、B型同士は合わないって言うのも少しは関係あるのかな。 しかし、それ以前にモッくんとフッくんの2人と不仲だっだのが解散の原因だったようです。 これはもう強烈に覚えてる。 だから絶対仲悪いと思ってた。 組み合わせがすごいと思ったのはそういう意味で。 人気は落ち目だったけど解隊の特番もあった。 仲悪いと言われてたけど最後のライブで泣いて抱き合った3人。 いい思い出。 何が本当か分からないけど仲違いで解散にはしないであげて。 1番悲しいよ。 シブがき隊1日だけ再結成してジャニーズのイベントに出演して欲しい。 — ドミノ【つくば】 dominoru シブがき隊の解散理由と3つの不仲説を総まとめすると… ・シブがき隊は1982年にデビュー。 その7年後の1988年11月をもって解散した。 ・シブがき隊の解散理由はメンバーの不仲が原因といわれており、ヤッくんが解散を懇願したと後に語っている。 ・シブがき隊のメンバーが不仲になった理由は、ヤッくんとモッくんのセンター争いや、当時のライバル歌手と仲良くする2人とそれをよく思わないヤッくんとの間に亀裂が生じてしまったことである。 今はそれぞれ別々の道を歩んでいるシブがき隊のメンバー。 フッくんをテレビで観ることは少ないですが、それぞれ大活躍しています。 また、あれほど不仲だったフッくんとヤッくんが仲直りしたことは意外でした。 いつかモッくんとも仲直りして3人で笑い話に出来る日がくるといいですね。

次の

シブガキ隊と少年隊、全盛期はどちらの方が人気がありましたか?少年隊はま...

シブ がき 隊 少年 隊

この項目では、ジャニーズ事務所に所属するグループについて説明しています。 二本松少年隊については「」をご覧ください。 少年隊 出身地 ジャンル 活動期間 (歌手デビューは)- 現在 レーベル (1985年 - 1992年) (1993年 - 1996年) (1997年 - 2019年) Johnny's Entertainment Record(2019年 - 現在) 事務所 メンバー (ニッキ) (カッちゃん) (ヒガシ) 少年隊(しょうねんたい)は、の。 所属事務所は、。 レコードレーベルは。 は(は、という番組内のみでのリーダーだった)。 2020年5月現在、最長の活動歴を持つグループである。 メンバー [ ] 各メンバーの詳細については各ページを参照。 ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィール をもとに記述。 名前 生年月日 出身地 血液型 (にしきおり かずきよ) 1965-05-22 (55歳) O型 (うえくさ かつひで) 1966-07-24 (53歳) O型 (ひがしやま のりゆき) 1966-09-30 (53歳) A型 略歴 [ ] 「少年隊」は、元々は彼ら3人を含めても当時まだ20〜30人しか居なかったに対する総称だった。 しかし、からで始まった『』という番組のスタートに合わせ、錦織・植草・松原康行の3名で結成されたグループ「 Bチーム」が、後に「 」(後述)となった。 、松原から東山にメンバーを変更したうえで「 少年隊」が結成され、現在の顔ぶれとなった。 グループ結成当初は、、のバックダンサーとして、歌番組やコンサートに出演していた。 1982年6月にはデビュー前であるにも関わらず、当時歌謡番組の雄として知られていた「」にも単独ユニットとして初出演した。 以後、夜ヒットには1985年9月の『サクセス・ストリート』まで、レコードデビューまでの間に既に10回前後単独のアーティストとしての出演実績があった。 11月には、「ハワイ音楽祭」で金賞を受賞した。 4月2日、にて単独ファースト・コンサートを行い、1日5回公演を行なった。 5月、ビデオ『』を発売した。 その後、同ビデオ収録曲「あなたに今Good-bye」で、歌番組へ多数出演した。 テレビ・コンサート活動などを経て、、『仮面舞踏会』でレコードデビュー。 デビュー時のキャッチフレーズは「日本発、世界行」。 、少年隊主演ミュージカル開演。 に初出場し、以後8年連続出場した。 、「」年間売上成績が第1位になった。 、第31回ゴールデン・アロー賞 演劇賞・グランプリ受賞。 、デビュー10周年 、少年隊初の看板番組スタート。 、ジャニーズビッグサプライズカウントダウンライブ出演。 少年隊として初出演。 、近藤真彦25周年記念ディナーショー、ゲストとして出演。 また、少年隊としてデビュー20周年 、PLAYZONE(22年目)の夏で通算上演回数900回を迎えた。 『PLAYZONE2007 Change2Chance』は、共演者だったがで現行犯された事により、DVD化が急遽中止となってしまった。 、23年間続いた少年隊主演ミュージカルPLAYZONEは閉幕。 翌年からはジャニーズの後輩が主演。 、結成30周年 、デビュー30周年 エピソード [ ] 、、などの歌番組が1990年までに終了した事もあり、グループとしての活動の場が限られるようになった。 そのため1991年よりソロ活動を本格化させる。 近年、グループとして3人揃った活動は『PLAYZONE』以外でみることは少なくなったが、ソロとグループ活動を現在でも両立させている。 のタレント名鑑においても、グループとしてではなく、現在活動中のと同様に、個々で掲載されていたが、2010年度では、グループで掲載された。 現在メンバーは全員壮年期を迎えているが、今でもグループ名は「 少年隊」である。 三人ともバク転・バク宙が出来る。 東山と錦織は『仮面舞踏会』のラストで左手にマイクを持った状態でバク宙をしている。 過去、にバク転のやり方を教えたことがある。 グループとして初めて出演した企業広告の商品がのチョコレートで、商品のパッケージカラー(「ハイミルク・チョコレート」の赤、「ブラック・チョコレート」の黒、「ミルクチョコレート・デラックス」の黄色)が起因となって、各個人のイメージカラーはそれぞれ「赤(錦織)、黒(東山)、黄色(植草)」となっている。 日本でのレコードデビュー時に全米デビューが発表され、全米デビュー用のレコーディングを済ませているが 、その後の進展はなく現在では、ジャニーズ事務所が制作に関わっていないタイプのジャニーズ本でも言及されることはない。 にで幕を開けた舞台「森の石松」主演の近藤真彦を応援に赴く事務所代表に同行して翌のに搭乗予定だったが、初日に近藤が開く記者会見に来て欲しいと要請を受けジャニーは前倒しで大阪入りし、少年隊は東京に残った結果、墜落事故を回避した。 2008年のPLAYZONE公演を最後に、現在までグループとしての活動はほとんど行われていない。 東山と植草は現在でも表舞台で活躍しているが、錦織は演出家としての活動に重点を置いている為、表舞台での活動はほとんど行っていない。 作品 [ ] タイアップはを参照 シングル [ ] 枚 発売日 タイトル 順位 備考 1 1位 ベストアルバム『BEST OF 少年隊』に収録されている「仮面舞踏会」はリミックス、ボーカルの録り直しがされている。 初出場曲。 2 2位 3 1986年 1位 4 1986年 1位 5 1位 6 1987年 1位 出場曲。 7 1987年 1位 8 1987年 LADY 5位 LADYジャケットはメンバー3人の写真ではなく両曲が主題歌として使用された『』の主役、リン・ラッセルのイラストが使われていた。 原盤権を保有するジャニーズ事務所は他社への原盤貸与を行うことが少ないため、から発売された同アニメの主題歌・挿入歌集には秋保和也・秋保浩二によるカバー版が収録されていた。 9 1988年 SILENT DANCER 5位 「KISS THE SUN」はレコード化されている少年隊の楽曲の中で唯一の未CD化。 CDは4月25日発売。 10 1988年 2位 11 1988年 1位 12 1988年 1位 出場曲。 13 1988年 3位 14 1位 出場曲。 15 2位 EPレコードが発売されたのはこの曲が最後。 16 1990年 10位 の曲。 出場曲。 17 1990年12月12日 14位 18 You're My Life -美しい人へ- 18位 「君だけに」は新たにボーカルを録り直している。 19 1993年 EXCUSE 36位 20 10位 21 15位 系イメージソング 22 1998年 12位 23 情熱の一夜 24位 24 ロマンチックタイム 35位 カップリングに初めてメンバーのソロナンバーを収録。 25 君がいた頃 26位 26 39位 1991年に8thシングルまでの10タイトルを8cmCDシングルにてリリース。 番外シングル [ ]• WINDOW(1993年7月)• 少年隊ミュージカルPLAYZONE'93 - 劇場のみの販売。 オリジナル・アルバム [ ]• 1998〜星の彼方へ〜 - 作詞:、作曲:• ハロー! - 作詞:・康珍化、作曲:• ヘルプ・ミー - 作詞:康珍化、作曲:Joey Carbone• 君がいない - 作詞:、作曲:• ストレンジャー Go To The ストリート - 作詞:康珍化、作曲:• ロングタイム・ロマンス - 作詞:康珍化、作曲:• 君を旅して知っている - 作詞:康珍化、作曲:羽田一郎• ガ・ガ・ガ - 作詞:康珍化、作曲:羽田一郎• 君だけに(Instrumental) - 作曲:• グッバイ・カウント・ダウン - 作詞:康珍化、作曲:都志見隆• Act-Show - 作詞:、作曲:• 愛の嵐 - 作詞:、作曲:• Be COOL - 作詞:、作曲:• - 作詞:、作曲:・• 誘われてEX - 作詞:、作曲:馬飼野康二• Gamble Guy - 作詞:、作曲:• Season of Love - 作詞:・、作曲:陣内大蔵• TOUCH MYSELF - 作詞:、作曲:• 見れば見るほど… - 作詞:錦織一清、作曲:• The longest night - 作詞:、作曲:• 君に降るMelody - 作詞:、作曲:• Let Me Love You - 作詞:、作曲:• - 作詞:・・、作曲:山下達郎・Alan O'Day サウンドトラック [ ]• PLAYZONE'87 TIME・19 ミュージカル・抜粋(1987年10月28日)• PLAYZONE'88 カプリッチョ -天使と悪魔の狂想曲-(1988年6月10日)• PLAYZONE'89 Again(1989年9月21日)• PLAYZONE'90 MASK(1990年6月30日)• PLAYZONE'94 MOON(1994年6月17日)• PLAYZONE'96 RHYTHM(1997年7月10日)• PLAYZONE'97 RHYTHM2(1997年7月21日)• PLAYZONE'98 5nights(1998年8月5日)• PLAYZONE2000 THEME PARK(2000年8月2日)• PLAYZONE2001 "新世紀" EMOTION(2001年8月1日)• PLAYZONE2002 愛史(2002年7月31日)• PLAYZONE2003 Vacation(2003年8月6日)• PLAYZONE2005 〜20th Anniversary〜 Twenty Years…そしてまだ見ぬ未来へ(2005年8月10日)• PLAYZONE2006 Change(2006年7月26日)• PLAYZONE2007 Change2Chance -第1幕-(2007年9月5日) その他のアルバム [ ]• 過去のジャニーズ楽曲のカバーアルバム。 「仮面舞踏会」~「ABC」までのEP7枚とトークEP1枚の8枚BOXセット仕様。 ビデオ [ ]• (1984年5月21日)• 少年隊 in TSUKUBA EXPO '85(1985年)• 「」読者プレゼント• LAらLAらLAら(1986年7月7日)• PLAYZONE ミュージカル"MYSTERY"(1986年9月5日)• 武道館LIVE(1987年2月25日)• PRIVATE LIFE(1987年4月28日)• PLAYZONE'87 TIME-19 THE PREVIEW(1987年7月17日)• PLAYZONE'87 TIME-19(1987年9月7日)• SILENT DANCER(1988年4月2日)• じれったいね/続・じれったいね 海外版 (1988年12月27日)• PLAYZONE'89 Again(1989年9月21日)• SHONENTAI DINNER SHOW(1990年3月25日)• SPRING TOUR 90(1990年8月8日)• PLAYZONE'90 MASK(1990年9月12日)• PLAYZONE'91 SHOCK(1991年9月26日)• SPRING TOUR 92(1992年7月10日)• PLAYZONE'92 さらばDiary(1992年10月07日)• 少年隊 DINNER SHOW 愛と勇気(1993年4月27日)• PLAYZONE'93 WINDOW(1993年10月6日)• PLAYZONE'94 MOON(1994年10月7日)• 少年隊10th ANNIVERSARY LIVE 1995〜1996(1996年5月6日)• PLAYZONE'96 RHYTHM(1996年10月2日)• 1997年11月22日に、上記PLAYZONEシリーズ11作をジャニーズ・エンターテイメントより紙パッケージ('96のみプラケース)で再発売。 PLAYZONE'97 RHYTHM II(1997年10月22日)• 1998. 16,17 TOKYO TAKARAZUKATHEATER(1998年4月29日)• PLAYZONE'98 5nights(1998年10月28日)• PLAYZONE2000 "THEME PARK"(2000年10月25日)• PLAYZONE2001 "新世紀"EMOTION(2001年10月24日)• SHONENTAI SELECTSONGS(2001年12月21日)• での限定販売• PLAYZONE2002 愛史(2002年10月23日)• PLAYZONE2003 Vacation(2003年10月22日)• PLAYZONE2005 〜20th Anniversary〜 Twenty Years…そしてまだ見ぬ未来へ (2005年10月29日)• PLAYZONE2006 Change(2006年10月24日) DVD [ ]• PLAYZONE2001 "新世紀"EMOTION(2001年10月24日)• SHONENTAI SELECTSONGS(2001年12月21日)• コンビニでの限定販売• PLAYZONE2002 愛史(2002年10月23日)• PLAYZONE2003 Vacation(2003年10月22日)• PLAYZONE2006 Change(2006年)• PLAYZONE FINAL 1986-2008〜SHOW TIME Hit Series〜 Change 2009年3月4日 CD化されていない楽曲 [ ]• あいつとララバイ• あなたに今Good-bye• 危険な恋のムーンライト(錦織ソロ曲)• Remember (錦織ソロ曲)• 横浜ABC (植草ソロ曲)• 恋は素早く• トワイライト・フィーリング• サマならサンバ• 東京シャッフルBOY• 感じだね……デラ (明治製菓「DELA」CMソング)• Nowhere Fast (FIRE INC. のカヴァー)• Instant Replay (ダン・ハートマンのカヴァー)• (のカヴァー)• 三味線ブギ (の『三味線ブギウギ』のカヴァー)• 夏の名前 (の70回大会記念ドキュメンタリー映画『燃える白球』テーマソング)• SPECIAL RED (ミュージカル『PLAYZONE'91・SHOCK』)• 1991(ミュージカル『PLAYZONE'91・SHOCK』)• 1981-未来への疾走-(ミュージカル『PLAYZONE'91・SHOCK』)• かがやきの日々(ミュージカル『PLAYZONE'91・SHOCK』)• 夢は永遠に(ミュージカル『PLAYZONE'92・さらばDiary』)• 夢は永遠にー戦いが終わったらー(ミュージカル『PLAYZONE'92・さらばDiary』)• 未来へ向かって(ミュージカル『PLAYZONE'92・さらばDiary』)• Call us prease(ミュージカル『PLAYZONE'93・WINDOW』)• Work on works(ミュージカル『PLAYZONE'93・WINDOW』)• (1983年10月24日、系)• 胸さわぎの放課後PARTII(1983年12月19日、フジテレビ系)• 少年隊のスペシャル(1984年6月4日、フジテレビ系)• 〜5分枠ドラマ• 野良犬伝説PART1(系)• 野良犬伝説PART2(テレビ東京系)• V(1987年3月、フジテレビ系)• 〜セレクトステージ• (2001年10月 - 11月、フジテレビ系)• (1981年10月6日 - 1982年、)• (1982年 - 、テレビ東京)• (1982年4月- 9月、系)• (1982年9月-1983年3月、TBS系)• (1983年4月-1984年3月、TBS系)• (1983年10月-1984年3月、TBS系)• (1984年4月-9月、TBS系)• (1999年10月-2000年3月、系)• 少年隊夢II(2000年4月-2000年9月、フジテレビ系)• 少年隊夢III(2000年10月-2001年3月、フジテレビ系)• (2001年4月-2002年3月、フジテレビ系) 映画 [ ]• (1982年4月17日公開、) 錦織・植草・松原・鈴木の4名が出演• (1983年8月4日公開、)• (1983年12月24日公開、東宝)• (1987年8月1日公開、東宝) ラジオ [ ]• ジャンピングジャニー少年隊 (、『』内)• ライブオン! ジャニーズ少年隊 ()• ライブオン! 少年隊 (ニッポン放送)• 抱きしめて少年隊 (ニッポン放送)• CLUB J(1999年10月5日-2000年9月26日、) CM [ ]• 「ロッカッキー」(10月 - 、のバックで東山と松原が出演)• ハウス食品「ククレカレー」(10月 - 、錦織・植草・松原の3名が近藤真彦と共演)• 「明治チョコレート(ミルク、ハイミルク、ブラック)」• 明治製菓「Dela(ミルク、ハイミルク、ブラック)」• 「デルモンテ フルーツドリンク」• 「マウスペット」• ライオン「Duetハミガキ・ハブラシ」• 「アベニュー」• 「湾岸スキーヤー」(3人それぞれのソロバージョンも有り)• ジャニーズ・エンタテイメント「君がいた頃」• 「ケータイプリンタPivi」 出版物 [ ]• マイアイドル特別編集 ジャニーズ少年隊写真集(1984年4月15日発行、)• 特別編集 少年隊写真集(1985年4月15日発行、)• ミュージカル・アドベンチャー『ザ・サスケ』/ヒット・パレード (4-5月、)• 「少年隊ミュージカル」シリーズ <通称:プレゾン、PZ>• (1986年7-8月、)• (1987年7-8月、青山劇場)• (2006年7-8月、青山劇場)• 10月6日からで始まった『』という番組のスタートに合わせ、錦織・植草・松原の3名で結成された。 当時はまだ「ジャニーズ少年隊」という名前が無く、「 Bチーム」というグループ名で呼ばれていた。 そしてそれに対する「 Aチーム」の方は、だった。 1982年4月17日公開の主演の映画『胸さわぎの放課後』に出演。 この時は鈴木則行も参加していた。 メンバー [ ]• 少年隊• (春から松原と交替で加入)• 事務所退社• 松原康行 (当初メンバー。 愛称・やっちゃん)• 鈴木則行 (愛称・ノリくん。 映画『胸さわぎの放課後』出演時に参加したメンバー。 事務所を退社後はに転身)。 脚注 [ ] []• Johnny's net. 2013年5月18日閲覧。 歴代のジャニーズでメンバー全員バク転ができるのは少年隊が初。 ちなみに、少年隊以外の現役のグループの中では、、等もメンバー全員がバク転できる(ただし、バンド形態のTOKIO等に関しては、2020年5月現在も全員が出来るかどうかは未定)。 マガジンハウス「月刊 平凡」1986年10月号付録「平凡ソング/1st Album『翔』特集」に於ける少年隊インタビューより。 中日新聞社 2019年7月18日. 2019年11月29日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

シブがき隊

シブ がき 隊 少年 隊

80年代のジャニーズトリオとして代表的なのは少年隊とシブがき隊ですね。 シブがき隊は1982年デビュー、少年隊は1985年デビューと差はありますがどちらが売れたのでしょうか? 数字を基に解析してみたいと思います。 シブがき隊は 布川敏和・ 本木雅弘・ 薬丸裕英によるアイドルグループ。 1981年4月、TBSドラマ「2年B組仙八先生」に出演した3名により結成、7年後の1988年11月2日をもって解隊した。 名前の由来は「シブいガキ」を意味しており、雑誌『セブンティーン』の一般公募によって「シブがきトリオ」に決定、その後まもなくして「シブがき隊」に改められた。 あえて「トリオ」から「隊」とした意味を、メンバーは当時あるテレビ番組で「たのきんトリオ」は「トリオ」だったけれど、ぼくたちは「隊」という形でみんなと連帯したいなどと答えていた。 少年隊は 錦織一清・ 植草克秀・東山紀之によるアイドルグループ。 グループ結成当時は田原俊彦や近藤真彦のバックダンサーなどを経て1985年12月12日、「仮面舞踏会」でレコードデビューした。 デビュー時のキャッチフレーズは「日本発、世界行」。 1981年から錦織・植草・松原の3名で結成されたグループ「Bチーム」が、後に「ジャニーズ少年隊」となり翌1982年松原から東山にメンバーが入れかわり、現在の顔ぶれとなる。 ミュージカル、俳優などで活躍し、デビュー28年目を迎えた今も現役で活動するジャニーズトリオである。 どことなく似ている両トリオ、売上枚数はどちらが上なのか? 結果はこうである。 シブがき隊 TOTAL 543. 7万枚 少年隊 TOTAL 549. 6万枚 トータルでは僅か5. 8万枚差、意外と似た様なセールスですね。 シングルではシブがき隊の方が売れてます。 ではデータとととに両者を比較してみましょう。 シブがき隊も25万枚という好調なセールスながら最高位は3位、それでもデビュー盤でこの成績は立派である。 対して少年隊はシングル9作、しかしながらシングルセールスはシブがき隊の方が上なんですよね。 89年の「まいったネ、今夜」の1位を最後に以降シングルリリース間隔も空き、デビュー28年目にしてシングル枚数は26作とシブがき隊の28作とそう変わらない枚数であることもトータルセールスに影響しているのかも知れませんね。 0万枚 Hey! 2万枚 What's your name? 2万枚 Oh! 3万枚 シブがき隊の初動最高二桁はなかったですね。 でも上記の代表作TOP10を見ると売上枚数に対して最高位が意外に低い結果に驚きです。 それだけ1作がロングセラーだったということでしょうか。 少年隊は10万枚超えを2ndシングル「デカメロン伝説」(初動11. 0万枚)でも記録しており、幸先の良いスタートでしたね。 シブがき隊はCDがまだ発達しないアナログ時代、少年隊はちょうどアナログからデジタルへ移行する時代の狭間。 CDやシングルの価格帯も異なることから一概に判断は難しいところです。 デビューから直近5年間、人気のメーター基準としてシングルセールスを見るとわかりますね。 やはりLPやアルバムよりもシングルの売上というのはアイドルにとって大きな判断基準となります。 何故かシブがき隊のシングルコレクション的なベストアルバムはあるのに、少年隊は今現在も「BEST OF 少年隊」(1988年3月発売)以降にベストアルバムは発表されていないんですよね。 8cm盤のみでしか発表されていない8thシングル「LADY」以降のシングル音源なども是非CD化してもらいたいものである。

次の