手作り マスク 生地。 オックス生地のマスクは苦しい?手作りマスクで快適に過ごす方法とは

夏用マスクの手作り方法は?涼しい生地の選び方も紹介!

手作り マスク 生地

ガーゼといっても、市販のマスクをご覧になるとお分かりと思いますが、 何枚も重ねてあります。 私の場合ですので、正解かどうかはわかりませんが、 薬局や赤ちゃんの用品を売っているお店でガーゼハンカチを購入したり、 薬局、百円ショップでガーゼ生地を購入しています。 たくさん入れてるメーカーなら、30センチ幅2mか少ない所でも1mほどです。 ハンカチの方が手触りはいいですが縁がかがってあるためなんとなくもったいないです。 それを、肌に当たる裏側に、だいたい3枚程度重ね、表からはかなり薄手の綿のプリントや ダブルガーゼなどを使い、別に作ります。 上下を中表に筒に縫い、表替えして上下ステッチをかけて 左右のゴム通しを縫ってゴムを通せば完成です。 立体マスクもパーツが左右に増えるだけで、同じです。 ガーゼは肌触りが非常にいいですが、粗くて薄いので1枚や二枚では使えず数枚重ねることになります。 そこへ、表地として、お好みのプリント生地を単独や組み合わせて作り、 裏地のガーゼと合わせて厚みをだします。 ここで、表地は、できる限り薄くて目の詰まっていないものを選ぶことで 息苦しさはましです。 安く購入できれば別ですが、ダブルガーゼなど、柄ものは高いので、 それを何枚も重ねるのではなく、 安い衛生商品のガーゼとダブル使いがおすすめです。

次の

マスクの作り方・型紙無料配布中&メディア掲載に関するお問い合わせについて : 新宿オカダヤ

手作り マスク 生地

オックス生地などのマスクが息苦しいのは生地のせい? 手作りマスクに適した生地は、肌触りの良いガーゼやダブルガーゼが適していると言われますが、オックス生地やシーチング生地などで代用することも可能で、 家にある着なくなったTシャツや肌着など、どんな生地を使っても作ることが出来るのが手作りマスクの良いところです。 しかし、通気性の面でいうとオックス生地やシーチング生地は、ガーゼ生地に比べるとどうしても「息苦しい」という問題が出てきます。 以下の生地は上から順に「薄い綿生地」で、下に行くにつれて「厚みのある綿生地」となっています。 ローン• ブロード• シーチング• CBポプリン• オックス• カツラギ• 綿麻キャンバス• 帆布 実際私も手芸コーナーで薄めの綿生地を購入してマスクを手作りしたのですが、生地を重ねすぎたせいでかなり息苦しいマスクになってしまいました。 そこで、息苦しさを解消するために重ねる生地を少なくしてみると、今度は何ともペラペラで心許ない感じになってしまい、なかなか上手くいきません。 オックス生地のみでマスクを手作りした方がいらしたのですが、以下のようにSNSに投稿されていました。 手作りマスクの息苦しさを解消するには? 手作りマスクの息苦しさを解消するのに良い方法はないものかいくつか調べたところ、方法としてはやはり「 生地の見直し」と「 マスクの大きさや形を変える」方法が良いようですね。 また、時期的に気温が上がって暑くなってくると熱中症も心配になってきますので、その対策も必要になってきます。 マスクを手作りされている方のアイデアを一部ご紹介しますと、皆さんかなり工夫されている様子が伺えます。 今さらだけど、6月からの出勤に向けてマスク作りました。 白のさらしで作ったら、気持ちいいです。 これで夏も快適😆 5つ作って2つ家族にあげました。 — ルピナス shiroyagi53 熱中症対策でエアリズムを使ったマスク完成。 外側はシーチング素材とクールニットの2パターン。 どちらもヒンヤリ、熱がこもらず。 まだまだマスクは手放せそうにないこの夏、なんとかこれで乗り切ってもらおう。 📌中心も縫い合わせる。 また、さらしやアイスコットンなどの夏向け生地を使ってマスクを作るのも良さそうですね。 まとめ 手作りマスクは、一度作ってしまえば「繰り返し何度も洗って使える」ため、マスクが売っていなくて手に入らない時やマスクの購入費用など経済的な負担を少なく済ませたい時などに適しており、 お気に入りの柄や自分の顔の大きさに合わせて作ることが出来る点でも優れています。 しかし、実際に使ってみると「息苦しい」や「暑くて蒸れる」といった問題がありますが、手作りマスクを愛用している方々により、日々手作りマスクの改善や改良などが繰り返され、より快適な手作りマスクへと変化していますので、• オックスやシーチング生地のみでマスクを作る場合は生地を重ねすぎない• 厚みのある生地でマスクを作る時は、裏面を柔らかい生地で合わせると良い• オックスやシーチングは冬用として、季節に合わせた生地の見直しも考慮 これらの方法でご自身にあった手作りマスクを作ってみてくださいね!.

次の

手作りマスクに使える目の詰まった生地の種類は何ですか?

手作り マスク 生地

手芸店などに行くと、 たくさんの種類の生地が売られていますよね。 夏のマスクにほしい効果は皆さんどのようなものでしょうか?• 冷感素材• 通気性素材• UV加工生地 などがあると、助かりますね^^ そこで夏に使う涼しいマスクを手作りする時に、上記のような機能や効果があるオススメの生地を紹介していきたいと思います。 夏のマスクにオススメの素材:綿(コットン) まずは一般的によく聞くことの多い、綿(コットン)についてです。 綿生地は通気性と速乾性に優れた生地で、種類も豊富にあります^^ 綿ローン生地は、ブラウスやスカーフ、ハンカチなどに使われることの多い生地です。 一般的に多く使われているのは、この綿ローン生地が多いですね。 他にも、ブロード生地やシーチング生地があります。 ブロード生地とは、普段ワイシャツやシーツなどに使われていることの多い生地です。 色は一般的に白いものが多く、綿ローンに似たような触感の生地です。 シーチング生地とは、シーツのような生地のことをいいます。 こちらは、上記で紹介したものの中では生地が1番荒く、低価格で入手できるものとなっています。 ご紹介したどのコットン生地でも、マスクは作れますよ^^ 夏のマスクにオススメの素材:麻 麻といえば、夏にぴったりの素材ですね。 麻の特徴は 吸水性や速乾性に優れていて、 抗菌性もありとても丈夫な生地となっています。 このガーゼ生地は 通気性と速乾性に優れているため、夏のマスクに向いているといえます。 ガーゼのみだととてもシンプルなものになってしまうので、レースなどを用いて個性を出すのもいいですね。 綿でできたレース生地などもあるので、通気性に優れた生地でマスクを作ることができますよ。 夏のマスクにオススメの素材:タオル地 タオル地は、今まで紹介した生地の中では1番身近な生地素材ではないでしょうか? 通気性もよく吸水性も高いため、マスクづくりに適しているかと思います。 ただ速乾性には若干他の生地と比べると欠けてしまうので、薄手のものを選ばれるとよいと思います。

次の