ゼンリー コロナ。 Zenly ゼンリー: あなたの大切な人との、あなたのMAP pc ダウンロード

ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ

ゼンリー コロナ

Zenlyで自宅にどれだけいるかがわかる! 元々は位置情報共有アプリだったZenlyですが、現在ではコロナウイルスの影響で位置情報を取得したとしても大半の時間は自宅で過ごすことが多くなってしまっています。 それに伴って、自宅待機している人向けにZenlyが面白い機能を追加しました! 「自分や友達が自宅にどのくらいいたかがわかる機能」で、コロナウイルスで自宅待機しなければいけない人が自宅待機した時間を競い合うランキングがZenlyで登場しています。 Zenlyで自宅滞在チャレンジが開催 Zenlyで「自宅待機チャレンジ」が開催されるようになっています。 チャレンジの内容は 「どのくらい自宅にいたか」というもので、自宅にいた時間の割合を表示したり、友達同士でランキングにして楽しむことができます。 Zenlyの位置情報機能を使って自分が自宅にいたことを認識してもらい、どの程度の時間自宅で過ごしたかを他のSNS(Twitterやインスタ等)を使ってシェアすることも可能です。 実際にインスタやTwitterではZenlyの自宅待機チャレンジをシェアしている人が多く、「どのくらいコロナウイルスへの意識が高いのか」を伝えたり、単なる話題作りのためのツイートや投稿のために行われていました。 どのくらい自宅にいたかを数値化してくれる Zenlyをインストールして約72時間後に、 自分のスマホ端末がどこに移動したか等で自動的に自宅の場所や職場の場所を検知してくれる仕様となっています。 自宅が検知された後に自宅待機チャレンジに参加できるようになりますが、 同時に「自分が1日のどのくらいの割合で自宅にいたか」もチェックすることが可能となります。 まずは、自宅待機チャレンジに挑戦するために3日間Zenlyをダウンロードした状態にしてください。 3日経過した段階で位置情報から自宅がどこかを割り出してくれるので、その後に地図画面(ホーム画面)からオレンジ枠のマイページアイコンをタップします。 マイページ内に新しいバナーが出ています(赤枠)が、これが自宅待機チャレンジページに移動するためのバナーです。 このバナーから 「自宅待機チャレンジのためのシェア画面」と「自宅にどれだけいたかの数値画面」と「新型コロナウイルスに対抗するための対処法」等のページを表示させることができます。 数値を見て自分が1日の間にどのくらい自宅にいたかを正確に表示してくれるので、参考にしてください。 「自宅にいたランキング」を友達の間でチェック可能 自宅待機チャレンジ画面から、 「自分と自分の友達を含め、誰がどのくらい自宅待機をしていたか」をランキング形式で表示させることもできます。 上記の画像では軒並み上位の人はずっと自宅に籠っていたことがわかります。 単純にランキング機能が実装されたことによって自宅にいた時間を競う楽しみも生まれましたし、「この人はずっと自宅にいるからどうせ暇だろうしオンラインゲームでも誘ってみよう」といった感じで、暇そうな人を見つけることも可能となっています。 Zenlyは「自宅待機する人が増えると予想してこれらの機能を作った」と公言していました。 国ごとに自宅滞在率をチェックできる Zenlyでは 「Zenly登録ユーザーの国籍ごとにどのくらいの人が自宅待機しているか」のランキングも閲覧可能です。 コロナウイルスレンズで各国のコロナ状況を把握できる Zenlyでは、 コロナウイルスの感染者数や回復者数がどれくらいかを表示する「コロナウイルスレンズ」も開発して同時実装しています。 ホーム画面では地図が表示されますが、これは日本地図だけでなく世界中の地図を表示することが可能で、コロナウイルスが流行っている国に地図を移動させると、国ごとのコロナ状況を確認できます。 まずは、地図画面の左上アイコンをタップしてください。 このアイコンはレンズアイコンといって、本来なら気温や天気の動き等をチェックすることができる機能です。 この中に「コロナ」という項目が追加されているので、これにチェックマークを入れてください。 その後、地図を拡大して日本よりも遠くに標準を合わせてみると、世界各国で上記のようなアイコンが表示されます。 このアイコンに数字が書かれていますが、この数字が「コロナウイルスにかかった人と回復した人」です。 ちなみに、 日本は感染者数が3654人で、回復した人は575人となっていました。 この数値は厚生労働省等のデータが更新されたタイミングでZenlyでも更新されるようになっているので、開くたびに数値が変わっている可能性も高いです。 Zenlyの自宅チャレンジは参加すべき? Zenlyの自宅チャレンジは多くの人が参戦していました。 実際はZenlyで自宅が認識されていたら自宅にどの程度在中していたかは自動的に表示されるので、半ば強制的にチャレンジに参加することにはなります。 自宅待機チャレンジのメリットやデメリットから、積極的に参加すべきかを考えてみましょう。 位置情報がバレることだけ注意 「位置情報によって自分が自宅にいることがバレる」ことは、自宅待機チャレンジの唯一といっていいデメリットとなります。 その知人たちには「彼はずっと家にいる」ことが筒抜けになってしまいます。 いい知人ばかりなら問題はないのですが、 知人の中にストーカー気質の人や嫌がらせをしようと目論んでいる人がいる場合、位置情報で自宅にずっといることがバレてしまうのは危険だと考えてください。 対処法としては、 ストーカーや嫌がらせをしないように敵を作らないこと、万が一Zenlyで繋がっている人とトラブルになったら位置情報を一時的にオフにすることでしょう。 Zenlyでもユーザー間のコミュニケーションは可能ですが、SNSアプリほどトラブルは起きにくくなっています。 細心の注意を払って利用すれば、上記のトラブルは起こらないはずです! Zenly関係なく自宅からは出ないほうがいい! Zenlyで自宅待機チャレンジに参加するしないは置いておいて、 自宅から出ない方がいいのは間違いありません。 例えば、東京都では今でも新しい感染者が出たことを医療機関等から発表されていて、ついにスーパーや病院以外の施設が一時的に休みになる政策まで発表されています。 新型コロナウイルスの感染率を甘く見て外出した結果、運悪く感染してしまった人も多いです。 Zenlyをダウンロードしている人は自宅待機の合間に自宅待機チャレンジに参加するのをおすすめしていますし、ダウンロードしていない人も細心の注意を払うという意味で、自宅待機を徹底することを強くおすすめします。

次の

コロナ「感染拡大のおそれはとても小さい」大御所がパニックを叱る!(山根 一眞)

ゼンリー コロナ

Zenly ゼンリー でコロナの感染者数がわかる レンズで感染者の数が確認できる コロナウイルスの感染者数は左上にあるダイヤマークから確認ができます。 レンズの項目にある「コロナウイルス」をタップしてください。 地図上にコロナウイルスの感染者の数が表示されます。 表示が邪魔だという場合には、もう一度レンズより「コロナウイルス」をタップすることで解除できます。 日本だけでなく世界中の感染者も確認 コロナウイルスのレンズをオンにすると、世界各国のコロナウイルスの感染者の数を確認することが可能です。 感染者いれば、国の小ささなどは関係なく、聞いたことのないような国でもしっかりと表示されています。 感染者の詳細までわかる コロナウイルスのレンズをオンにすると出てくる、スタンプをタップすると その国の感染者の詳細までがわかります。 確認された症例と、すでにコロナウイルスを回復した数までが表示されています。 出典元となっているのは、コロナウイルスの研究を行っているアメリカにある「ジョンズ・ホプキンズ大学」です。 世界屈指の医学部を持つ大学であり、付属されている病院は世界で最も優れた病院と言われています。 実際にコロナウイルスの研究を世界的に行っている大学が出している情報なので、間違いないといえるでしょう。 厚生労働省のページにもアクセス可能 コロナウイルスの詳細を確認できる画面では、国名の横に 「!」が表示されています。 「!」をタップすると、アプリ内で別ウィンドウが開かれ、厚生労働省のホームページにアクセスができます。 最新情報や、基本方針や感染様式や予防方法などを知ることができます。 コロナウイルスは誤情報などが流行しているので、厚生労働省のホームページで確かな情報を入手しておきましょう。 更新時間は日本時間で3:00 Zenly ゼンリー で確認できる、コロナウイルスの情報は日本時間の3:00に更新されます。 更新時間の情報を元に感染者情報を記載しているので、リアルタイムの数ではありません。 少しでもコロナウイルスについての情報を収集しておきたいなら、更新時間に合わせてZenly ゼンリー を見るのもアリです。 ただ、異例の事態になった時は、 更新時間などが変動する可能性もあるといえるでしょう。

次の

ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ

ゼンリー コロナ

新型コロナウイルスの模型をテニスボールで作ってみた。 表面の大きなトゲ(突起)が健康な肺胞細胞にとりつき「感染」するが、このトゲは壊れやすい弱点がある。 大きさは100ナノメートル(1mmの1万分の1)前後で、このテニスボールサイズに拡大すると、身長170cmのヒトのサイズは福岡~花巻間の距離(約1140km)になる。 今、世界はそんな超極小ウイルスに翻弄されている(模型製作・写真:山根一眞) 新型コロナ肺炎の不思議 2019年末、中国・武漢に発したコロナウイルスによる肺炎は、新型コロナウイルス、武漢肺炎、新型肺炎など呼称も定まらないままだったが、2020年2月12日、WHO(世界保健機関)はやっと「COVID-19」と命名した。 大きな混乱が続いているこの「COVID-19」、「なぜ?」と思うことが多々ある。 2月8日には武漢で新型肺炎の疑いで入院していた日本人男性の死亡が報じられたものの(新型コロナウイルスかどうかの検査結果は未確定なままだったという)、日本で確認された感染者およそ200人のうち重症で治療を受けている方はごくわずかにすぎない(厚労省)。 感染したものの肺炎を起こす人の数は、なぜ少ないのか。 約3700人の乗客・乗員が閉じ込められたままのクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、検査が進むにつれて乗員・乗客の感染者数が少しずつ増えており174人の感染を確認(厚労省)、病院に搬送された重症者は4人と伝えられている(2月12日)。 だがやはり、感染しても発症しない方が圧倒的だ。 感染しても必ずしも肺炎を起こすわけではないのはなぜなのか。 一連のコロナウイルスに対する社会的不安の拡大は、どこか間違った認識が恐怖を拡大させているのではないか。 2020年1月29日、武漢からの帰国第一便到着後、空のまま羽田空港をあとにする救急車 Photo by Getty Images 感染性が強いウイルスによる呼吸器感染症の代表はインフルエンザだが、その年間死亡者数は世界で約25万~50万人。 日本では年間、実に約1000万人が感染し、インフルエンザが死因の引き金となった人(「超過死亡」と呼ぶ)も含めれば推定死者約1万人にのぼる(厚生労働省)。 新型コロナウイルスとは比べることもできないほど大変な事態が毎年発生しているのだ。 折しも、アメリカでは今、インフルエンザが猛威をふるっており、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、この冬のシーズンの患者数は2200万人、21万人が入院し、推定死者は1万2000人と公表したばかりだ(2月9日)。

次の