ジェーン ドゥ の 解剖 歌。 映画『ジェーン・ドウの解剖』ネタバレ 魔女の復讐 ラストの台詞は?

ジェーン・ドウの解剖

ジェーン ドゥ の 解剖 歌

検死のシーンがメインのホラー映画という前情報だけで観賞、ホラー要素は少なめかなぁと予想していたが結末も含め正統派なホラーだった ホラージャンルは苦手だがかなり楽しめた、序盤は外傷は全くない それどころか青白い裸体には染み一つない 死因の解らない美しい死体を淡々と解剖していく 身体を調べるほど奇妙なことがわかっていくがまだミステリーのような展開で恐ろしさはまだない ここまでで自分の概ね予想していた空気感だったのでミステリー強めのちょいホラーでいくのかと思っていた ところが解剖を進めるにつれ、死体安置所全体に不可思議なことが起こり始め…気づけば王道ホラーの迷宮に迷い混んで後戻りは不可能という状況 このジャンルの移行が良くできている、というか個人的な好み、ミステリがホラーに浸食されるじわじわ感が程好い クトゥルフ神話でお馴染みのラブクラフトの短編で一番お気に入りなのが「宇宙からの色」この映画と通じるものがある なんとなく不穏で、奇妙なことが起こっているのにどうしようもなく、訳の判らないまま気づいたら絶望的な状況になっている、という点が似ていてじわじわ怖くなりたい人にはオススメです ホラー映画を苦手とする私でも楽しめました。 4人の死者が出た不可解な殺人事件。 現場の地下に残された傷の無い身元不明女性の死体 ジェーン・ドゥ の死因究明する解剖医の父子の話です。 解剖が進むにつれて起こり始める怪奇現象。 倒木と停電の影響で脱出不可能になった地下室で、2人は怪奇現象にどう立ち向かうのか。 果たしてジェーン・ドゥの正体とは。 というのが本作のストーリーです。 全編通して「じわじわした怖さ」が続き、「めちゃくちゃ怖い」って感じではないです。 洋画ホラーにありがちなびっくり系のシーンも少なくて、ホラー苦手な私でも楽しんで観られました。 映画冒頭にあった不可解な殺人事件の真相がラストの展開で明かされるのはまるでミステリー作品を観ているかのよう。 説得力のあるラストでした。 ネオ・ホラーの佳作。 部分的に見ればあまり目新しいところはないのだけれど、これまでのホラー映画にあったさまざまな「怖い」がスタイリッシュにまとめてられていて、全体を見渡すと「新しいホラー」になっている。 中盤までの長々しく、生々しい人体解体は、ある意味「スプラッター」。 正直言ってめちゃめちゃグロい。 が、あくまで解剖として見ているのでそれほど怖くはない。 死体役の女優さんがとてもきれいなのも、気持ち悪くなりすぎないポイント。 脇を固める3体の死体が、ヒタヒタと襲い来るシーンは「モンスター」映画の怖さだ。 なかなか正体を表さなかったり、来ると思いきや来なかったり、そこには「Jホラー」的な不気味さもある。 なんとなく湿っぽい地下の解剖室(廊下の曲がり角には反射鏡!)という状況設定も、いい味を出している。 真相から結末までもっていくのは「オカルト」趣味な怖さ。 キリスト教文化圏の人々にとって、悪魔や魔女は問答無用で怖い存在なのだろう。 ホラーの見本市みたいなこの映画で、トリをつとめるに十分な怖さだ。 こうした構成の妙を支えるのは、特殊メイクや舞台美術、音楽といった細部の光り。 特に、怪奇現象の前触れとして繰り返し流れるあの音楽がいい。 個人的に、良いホラーにはこの「繰り返し流れる音楽」が欠かせないと思う。 こういう小道具が効いているのも、この映画の憎いところ。 とはいえ、いまいちなポイントもいくつかあって、オカルトな状況を早々に理解して受け入れる登場人物とか、意外性のまったくない真相とか…、中盤以降はつっかかるところが多かった。 ジェーン・ドゥは何者か?という本当のところはよくわからないが、「なんでこんなことが起きるのか」くらいまでは明かされるので、それ以上の興味(たとえば、彼女の本名やどういう人生を送ってきたか、どんな状況でなにをされたかというようなこと)を持てないうえに、彼女の不気味さも半減するという残念な結果になっている。 しかし、こうしたこともこの映画にとってみれば些細なことのように思える。 それだけ出来がいい。 後続の類似作品は生まれなそう(生まれたところでこの映画の二番煎じにすぎないのは目に見えている)なので、「ホラーの新境地を切り拓いた」とは言い難いが、これまでに登場した幾万幾千のホラーを見事に受け止め、華麗にかわす、作り手たちのクレバーさには心底脱帽する。 ネタバレ! クリックして本文を読む 自宅にて鑑賞。 グロい描写タップリで観る者を選ぶ。 以前にも『バタリアン '85 』等で登場していたが、本作では検視官が前面に立つ風変わりな設定で、舞台もほぼ遺体安置所のみとなっている。 外界との折衝は古びたトランジスタラジオのみと云うのも巧い。 ただ全体に説明不足な感は否めず、ストーリーも中途半端な印象で、作り手自身、物語が見えてないのではないか。 カットの切り替えしが多用されており、判り辛いシーンもあった。 怖がらせ方も淡白で、単調に思えた。 ユニークな設定が活かしきれておらず、どうにも歯痒い惜しい一本。 ・不気味で不快感が伴う世界観が画面から伝わってきた。 もっぱら解剖シーンの描写だけで云うと邦画の『らせん '98 』を思わせ、『ソウ3 '06 』、『ソウ4 '07 』程には迫っていない。 ・登場人物が至って少なく、舞台も限られてはいるが、もう少し膨らませられる様にも思えるので、もうあと一工夫が欲しかった。 ・そもそも"Jane Doe"とは、アイデンティティが不明な女性の仮称で"Jane Roe"とも呼ばれる。 男性の場合は、『セブン '95 』でも使われた"John Doe"亦は"John Roe"、"Richard Roe"であり、子供には"Johnny Doe"、或いは"Janie Doe"が用いられる。 複数の場合は"John Does"、"Jane Does"となり、映画界では『ジョンQ -最後の決断- '02 』でタイトルロールにもなった"John Q. Public"や架空の監督"Alan Smithee"等が挙げられる。 差し詰め我国で云う処の、名無しの権兵衛や臥竜、烏有先生、名の知れぬ者、アノニム等がこれに当たる。 ラヴィボンドがキュートに映っていた。 核となるO. 胸の切開後、口を閉じられてからの表情がより人形っぽく見え、不気味だった。 コックスは流石の存在感とナチュラルな演技を披露したが、この役は当初予定されていたM. シーンがスケジュールが合わず、B. コックスとなった。 ラストのスタッフロールで"the filmmakers wish to thank"欄の最下段最終行には、監督の前作『トロール・ハンター '10 』からと思われる"Troll"がクレジットされている。 ・鑑賞日:2017年12月15日 金.

次の

映画「ジェーン・ドゥの解剖」(字幕/吹き替え)の動画をフルで無料視聴する方法!

ジェーン ドゥ の 解剖 歌

タグ AKIRA ユアン・マクレガー ヤナ・ノヴィコヴァ ヤフェット・コットー ヤヤン・ルヒアン ヤンシー・バトラー ヤン・ミー ヤン・ヤン ヤン・ヨーゼフ・リーファース ヤーコブ・オフテブロ ユエン・レスリー モーリッツ・ブライブトロイ ユリアン・シャフナー ユリアーネ・ケーラー ユルス・レチン ユル・ブリンナー ユン・ピョウ ユースケ・サンタマリア ヨナス・ホッフ・オフテブロ ヨハン・ヘルデンベルグ ヤコブ・セーダーグレン モード・アダムス ヨヴァーナ・ストイーリコヴィッチ メルセデス・ミュラー メグ・ライアン メラニー・ティエリー メラニー・ロラン メリサ・ソゼン メリッサ・ジョージ メリッサ・マッカーシー メリル・ストリープ メルセデス・マソーン メルヴィル・プポー モーガン・フリーマン メル・ギブソン モツスィ・マッハーノ モト冬樹 モニカ・ブルーク モニカ・ベルッチ モニカ・ポッター モリス・チェスナット モリー・パーカー モルナール・レヴェンテ ヨン・ジェウク ライアン・クワンテン メアリー=ルイーズ・パーカー ランベール・ウィルソン ラフシャナ・クルコヴァ ラム・チェンイン ラモン・ロドリゲス ラモーナ・マロリー ラリー・フィッシュバーン ラレンズ・テイト ランス・ゲスト ランス・ヘンリクセン ラン・ユェティン ラファエル・カザル ラースロー・ギーマント リアム・ヘムズワース リアーナ リウ・イエ リウ・イーフェイ リカルド・ダリン リサ・クドロー リサ・マキャリスター ラファエル・ペルソナ ラデ・シェルベッジア ライアン・コール ライリー・マクレンドン ライアン・ゴズリング ライアン・シューズ ライアン・ハースト ライアン・フィリップ ライアン・メリマン ライアン・レイノルズ ライア・アルティガス ライナル・ムハメトフ ラウラ・アントネッリ ラッセル・クロウ ラウル・ジュリア ラウル・ボヴァ ラウ・カーリョン ラオール・トゥルヒージョ ラクラン・ニーボア ラシダ・ジョーンズ ラスムス・ハーディカー ラダ・ミッチェル ラッセル・ウォン メイミー・ガマー メアリー・エリザベス・ウィンステッド リス・エヴァンス マーシャル・ヒルトン マーク・ハミル マーク・ハリディ:ロバート・カミングス マーク・バーンズ マーク・パットン マーク・フランシス マーク・ラファロ マーク・リンフィールド マーゴット・ロビー マーシャ・ワタナパーニット マーク・ストロング マージ・ヘルゲンバーガー マーティン・シーン マーティン・スコセッシ マーティン・バルサム マーティン・フリーマン マーティン・ヘンダーソ マーティン・ヘンダーソン マーティン・ランドー マーク・チャオ マーク・スタンリー マーナ・ロイ マルク・ザネッタ マリリン・リマ マリン・アッカーマン マリーヌ・ヴァクト マリー・アヴゲロプロス マリー・ジラン マリ=ジョゼ・クローズ マルガリータ・シモノヴァ マルガリータ・レヴィエヴァ マルグレット・ヴィルヒャムスドッティル マーク・ゲイティス マルコム・マクダウェル マルタ・ガスティーニ マルタ・マズレク マルティーノ・リバス マレーネ・ディートリッヒ マンディ・パティンキン マンディ・ムーア マーク・ウォルバーグデンゼル・ワシントン マーク・ウォールバーグ マーティン・ローレンス マーネット・パターソン メアリー・エリザベス・ウィンス ミロシュ・ピェヴァッチ ミミ・ロジャース ミムラ ミュウ=ミュウ ミランダ・リチャードソン ミラ・クニス ミラ・ジョヴォヴィッチ ミリアム・レオーネ ミレーヌ・ジャンパノイ ミンディ・ロビンソン ミハリーナ・オルシャニスカ ミーガン・フォックス ミーガン・ワーナー ミーシャ・バートン ミーラ・ロヒット・クンバーニ ムロツヨシ ムン・チェウォン ムーン・リー メアリー・エリザベス・ウィン ミヒャエル・メンドル ミハウ・ジュラフスキ マーロン・ウェイアンズ ミシェル・テイラー マーロン・ブランド マーワン・ケンザリ ミア・ファロー ミア・ワシコウスカ ミカエル・ニクヴィスト ミケルティ・ウィリアムソン ミケル・ボー・フォルスゴー ミシェル・ウィリアムズ ミシェル・ドッカリー ミッチェル・エドワーズ ミシェル・ファイファー ミシェル・モナハン ミシェル・ヨー ミシェル・ラフ ミシェル・ラー ミシェル・ロドリゲス ミシェール・キング ミッキー・サムナー ミッキー・ローク リサ・ライダー リチャード・アッテンボロー マリリン・マクスウェル レジーナ・キング レイ・ロマノ レイ・ワイズ レオナルド・ディカプリオ レオノーラ・ファニ レオノール・ワトリング レオン・カーフェイ レクサ・ドイグ レグラ・グラウヴィラー レジーナ・ホール レイ・ミランド レスリー・アン・ウォーレン レスリー・チャン レスリー・ハワード レスリー・ビブ レスリー・マン レックス・スコット・デイヴィス レックス・スミス レッド・バトンズ レイ・リオッタ レイ・ドーン・チョン レナ・ヘディー レイチェル・ニコルズ ルース・レインズ ルーニー・マーラ ルーベン・ブラデス ルーリグ・ゲーザ レア・セドゥ レア・ドリュッケール レイコ・エイルスワース レイシー・ハートセル レイチェル・ブレイク レイ・スティーヴンソン レイチェル・マクアダムス レイチェル・ワイズ レイフ・ファインズ レイモンド・オチョア レイモンド・クルツ レイモンド・マッセイ レイラ・ベクティ レイン・ウィルソン レイン・ヒューズ レディー・ガガ レニー・ジェームズ ルース・ウィルソン ロバート・ショウ ロゼリン・サンチェス ロッキー・マイヤーズ ロッサリーノ・チェラマーレ ロッシフ・サザーランド ロニー・コックス ロバーツ・ブロッサム ロバート・イアヌッチ ロバート・イングランド ロバート・シーアン ロスメル・ブスタマンテ ロバート・ジョン・バーク ロバート・スローン ロバート・ダウニーJr. 1.映画『ジェーン・ドゥの解剖』(字幕/吹き替え)を動画配信サービスで無料視聴する方法 映画『ジェーン・ドゥの解剖』の動画を無料で視聴するなら、動画配信サービスの無料期間を利用するのがお得です。 無料期間がある動画配信サービスと、映画『ジェーン・ドゥの解剖』の配信状況をまとめます。 字幕/吹き替え 配信状況 字幕/吹き替え 無料見放題 字幕/吹き替え 無料見放題 字幕/吹き替え ポイントで無料 字幕/吹き替え ポイントで無料 未配信 — 未配信 — 字幕/吹き替え 無料見放題 未配信 — 字幕/吹き替え 無料見放題 未配信 — 上表のとおり、映画『ジェーン・ドゥの解剖』を無料視聴できる動画配信サービスは複数ありますが、その中でも 特におすすめなのはU-NEXTです。 映画『ジェーン・ドゥの解剖』を無料視聴できる動画配信サービスを「無料期間」「見放題作品数」「無料ポイント」で比較すると、下表のようになります。 無料期間 見放題作品数 無料ポイント 31日間 約14万本 600P 30日間 約1万本 1100P 30日間 なし 1600P 初月 約2万5千本 550P 30日間 約1万5千本 なし 2週間 約2千本 最大900P U-NEXTの無料期間が1番長く、見放題作品も1番多いことがわかりますね。 他サービスを見てみると、無料期間が短かったり、見放題作品が少なかったり、無料ポイントがなかったりと、U-NEXTに比べるとどこか物足りない印象です。 無料期間が長く、見放題作品が充実しているU-NEXTなら、映画『ジェーン・ドゥの解剖』を見終わったあとも思いっきり映画三昧を満喫することができます。 \U-NEXTの無料トライアルで!/ 31日以内に解約すれば、料金は発生しません 31日間無料のU-NEXTで映画『ジェーン・ドゥの解剖』(字幕/吹き替え)の動画を無料視聴 U-NEXTの31日間無料トライアルでは、国内最多14万本の見放題作品と、無料登録時にもらえる600ポイントを使ったPPV(都度確認)作品の無料視聴が楽しめます。 映画『ジェーン・ドゥの解剖』は見放題作品としてラインナップされているので、トライアル期間中いつでも無料で視聴することが可能です。 映画『ジェーン・ドゥの解剖』の関連作品としては、次のような映画も無料で視聴できます。 映画を無料視聴する手順 1.登録する• 内「まずは31日間無料体験」をクリック• お客様情報の入力• お客様情報の送信• 登録完了メールを受領 2.視聴する• 映画『ジェーン・ドゥの解剖』を視聴する• せっかくなので映画三昧を満喫しましょう。 3.解約する• ログイン• メニュー内「設定・サポート」へ• 設定・サポート内「契約内容の確認・変更」へ• 「解約はこちら」をクリック• 注意事項に同意のうえ「解約する」をクリック 実際に登録と解約の手続きをしてみたところ、登録は約3分、解約は約1分で完了することができました。 登録も解約も簡単なので気軽に試せます。 \U-NEXTの無料トライアルで!/ 31日以内に解約すれば、料金は発生しません 2.映画『ジェーン・ドゥの解剖』(字幕/吹き替え)を動画共有サイトで無料視聴する方法 YouTube、Dailymotion、PandoraTVといった動画共有サイトでも、違法アップロードされた映画『ジェーン・ドゥの解剖』の動画を無料で視聴できる場合があります。 ただし、違法アップロード動画の再生には犯罪被害に遭うリスク、ダウンロードには刑事罰に問われるリスクがあるため、当サイトでは利用をおすすめしていません。 違法アップロード動画のリスク 犯罪被害に遭うリスク 違法アップロード動画の再生には、ウイルス感染、不正アクセス、ワンクリック詐欺、フィッシング詐欺など、犯罪被害に遭うリスクが満載です。 刑事罰に問われるリスク 違法コンテンツと知りながらそれをダウンロードする行為は、親告罪ながら刑事罰(2年以下の懲役または200万円以下の罰金)の対象となっています。 当サイトでは、無料で安全に利用でき、映画『ジェーン・ドゥの解剖』の動画を高画質でサクサク再生できる公式の動画配信サービスの利用をおすすめしています。 3.映画『ジェーン・ドゥの解剖』(字幕/吹き替え)のDVD/BDを無料でレンタルする方法 映画『ジェーン・ドゥの解剖』を無料で視聴する手段として、もう1つおすすめしたいのが、TSUTAYAの宅配DVDレンタル「TSUTAYA DISCAS」です。 TSUTAYA DISCASの30日間無料トライアルでは「旧作」のDVDの借り放題を楽しめるほか、「準新作」「まだまだ話題作」を8枚まで無料でレンタルすることができます。 2020年5月現在、映画『ジェーン・ドゥの解剖』は「旧作」にカテゴライズされているので、トライアル期間中いつでも無料でレンタル可能です。 ネットで注文・自宅に配達・ポストに返却のTSUTAYA DISCASなら、動画配信サービス同様、自宅にいながらにして快適に映画を楽しむことができるのでおすすめです。 \TSUTAYA DISCASの無料トライアルで!/ 30日以内に解約すれば、料金は発生しません 映画『ジェーン・ドゥの解剖』の作品紹介 映画『ジェーン・ドゥの解剖』のストーリー バージニア州の田舎町。 警察の死体解剖を請け負っている検視官のトミー(ブライアン・コックス)とその息子オースティン(エミール・ハーシュ)が暮らしていました。 ある夜、彼らの元に惨殺された一家の地下室から見つかった、通称「ジェーン・ドウ」と呼ばれる身元不明の女性の死体が運ばれてきます。 その女性の死体には外傷がなく死因は不明。 なぜか瞳が灰色に曇っていて遺体はまるで生きているかのように新鮮です。 親子はジェーン・ドウの死因を突き止るため解剖を開始。 しかし嵐により電気が落ち、部屋は真っ暗に。 すると遺体を解剖行っていたその部屋で次々と不可解な現象が発生します。 なにか不吉なものを感じたオースティンは解剖の一時中止を提案しますが、一刻も早く原因を突き止めたい父トミーはジェーン・ドウの身体にメスを入れます。 すると驚いたことに、傷ひとつないようにみられた女の身体は実は両手足首が骨折しており、舌や歯は抜かれ、肺は内側からヤケドを負い真っ黒に焼け焦げるなど、常識では起こり得ない不可解な点がいくつも発見されたのでした。 さらに異常に細いウェストは昔の女性がよく使用したコルセットを装着したときの特徴と同じもの。 なぜ内側だけが損傷しているのか、この女性は一体何者なのか。 トミーとオースティンは困惑…。 映画『ジェーン・ドゥの解剖』の見どころ 閉ざされた遺体安置所という空間で巻き起こる怪奇現象がじわじわと恐怖感を煽る。 そんな中で親子がジェーン・ドウの死因や正体といった謎を探っていく過程にも注目。 引用元:U-NEXT 映画『ジェーン・ドゥの解剖』の登場人物・キャスト• オースティン・ティルデン:エミール・ハーシュ• トミー・ティルデン:ブライアン・コックス• エマ:オフィリア・ラヴィボンド• バーク保安官:マイケル・マケルハットン• ジェーン・ドウ:オルウェン・ケリー \U-NEXTの無料トライアルで!/ 31日以内に解約すれば、料金は発生しません 関連する記事•

次の

洋画「ジェーン・ドゥの解剖」スマホで見る方法!【無料視聴】口コミを厳選まとめ

ジェーン ドゥ の 解剖 歌

本レビューは結末、また物語の細部に触れています。 鑑賞後に読まれる事をおすすめします。 傷一つない出所不明の女の死体。 ジェーン・ドウとは名無しの権兵衛の女版である。 ちなみに男の場合はジョン・ドウという。 それが運び込まれたのは昔から死体の解剖で生計を立てている家だ。 父子で同じ仕事をしている。 検死は彼らにとって家業の様だ。 本作には二つの密室が登場する。 一つは死体を運び込まれ、脱出不可能となった彼らの家。 外では天候が悪化し、嵐が吹き荒れている。 開けようとしたドアは倒木によって塞がれている。 もう一つは女の死体である。 正確に言えば女の死体の中身だ。 父子は彼女を解剖して、身体に隠された秘密に迫っていく。 身体の中にある臓器や骨、筋肉がモザイク無しで描写されている。 この死体が奇妙なのである。 身体のどこにも痛めつけられた様子はなく、乳房も、足も、胴体も真っ白で美しい。 昨日今日死んだわけではないのに、あちこちに矛盾が生じている。 父親である検死官がする様に首を傾げる要素しかない。 体内から出て来るのはこの地では発見されない植物や土壌物質だ。 この描写から、死体があちこちを転々としているという事実が明らかになる。 死体をキーにする映画は今までもたくさんあった。 『ハリーの災難』『ロープ』などなど。 殺人映画や、恐怖映画では死体は観客を戦慄させる陰の主人公とも言える。 そこにメスを入れたのが本作だ。 残念ながらジェーン・ドウが本領を発揮し、他の死体が起き上がるシーンには落胆せずにはいられない。 変化球の密室劇で、しかも観客の興味をそそる設定やアイディアを持っていながら、やっている事はゾンビ映画と大して変わりない。 またこの行の長ったらしい事。 家が脱出不可能の密室となっている事を示す為と言っても、エレベーターまで逃げる必要があっただろうか。 いっそ、解剖室に閉じ込めたままにしておけばよかったかもしれない。 面白そうな要素を何でもかんでも盛り込んで、尺を長く取ればいいというわけではないのだ。 クライマックスで彼らが辿る末路も、予定調和で衝撃は全くない。 この繰り返しなのだ。 主人公たちが辿った末路は彼女が各地で起こしている復讐の一部でしかない。 確かに父子が蓄積された情報から彼女の目的に気づき、どうにか呪いをやめさせようとする描写もある。 ここに活路が見出せる様な予感はあるし、父親が彼女の受けた痛みを再び体験する描写はゴア/スプラッター描写なしで、サブリミナル効果を使って想像力を煽ってくれる。 作中随一の鳥肌シーンである。 ところが何をしてもこの呪いは止まらない。 ジェーン・ドウの目的が自らの呪いや痛みを解消させる事ではなく、この出来事を繰り返す事によって各地で恐怖を巻き起こす事にあるとすれば、その目的は達せられた事になる。 しかしあまりにあっさりと終っていて、しかも続きがあるお約束の描写を描くだけでは全てが想定の範囲内であるため消化不良の印象が強い。 ストーリーの展開や死体の解剖から「彼女」に隠された真相が明らかになるアイディアは魅力的である。 だが願わくばもう一歩踏み込んで、「彼女」の目的を止める事にまで物語が足を踏み入れていれば傑作への道が開かれていた、と考えるのは筆者の欲張りな願いだろうか。 映画の説明書きだけで謎解きのサスペンス映画かと思った。 途中でホラーの要素が出てきて興ざめ。 ホラー映画としてはお決まりの展開で陳腐な作品。 途中で見るのをやめればよかったのに寝ながら最後まで見てしまいました。 妙に薄汚れた衛生観念のない解剖室、ロックをガンガンにかけながらの解剖など、ホラーの要素は最初からあったのに猟奇事件に気を取られて気付きませんでした。 ホラー映画好きにはそこそこ楽しめるかも、絶賛コメントの意味はわかりませんが。 あまり怖くないのが難点です。 追記) 謎解きの要素はありません。 だからつまらない。 謎解きではなくオカルト的世界観の紹介です。 こんな風な仮説も成り立つんだ程度。 この映画の世界ではそれが真実とされるんですが、嘘言ってんじゃないよと突っ込みを入れたくなるイラついた映画でもあります。 表紙が一番怖い。 事前情報なしで観ました。 良くありがちな検死から事件の真相をうんぬん、ってサスペンス系の映画かと 思って観ていたら、途中から段々と違和感が。 サスペンスが何でこんなに怖い んだ…と。 中盤あたりでホラー映画だと気がついた時には、もう相当怖い思い をしておりました。 グロやビックリばかりの海外産ホラー映画は、正直あまり怖いと思ったことは ないのですが、この映画は国産ホラーに通じる、精神的にじわじわくる「想像 させる恐怖」が非常に巧みで、見えないドアの外や、聞こえるはずのない音、 理解不能なものを突きつけられる展開が、本当に怖かった。 特に「チリン」が最初に聞こえたシーンは泣きそうなくらいビックリでした。 間違いなく近年のホラー映画の中で良作の部類にはいる作品だと思います。 ただ、ひとつ気に入らなかった点といえば、最後に真実を全て明かしてしまっ た点。 ネタバレは避けますが、なぜあの現象は起こったのかを淡々と説明した おかげで、後半からラストにかけて恐怖が持続しませんでしたね。 謎は謎のままで終わった方が個人的には好みだったかも知れません。 物語は一家惨殺事件の現場から始まります。 そこで発見された、地下に埋められていた一家とは無関係の女性の遺体。 外傷もないこの女性の遺体解剖から、物語は徐々に不穏な気配を漂わせます。 よくある脅かし系ではないですが、じりじりと恐怖が迫って来て、続きが気になる映画です。 前半は解剖シーンがあるのでグロいですが、後半はグロさもないのに、ひたすらハラハラしながら鑑賞しました。 序盤からラストまで飽きさせることなく物語が展開し、ラストまで気が抜けない映画です。 映画で公開されたかも知らない作品でしたが、レンタルDVD屋でよく見るB級映画とは違って映像もしっかりしていますし、見せ方が上手です。 一度鑑賞してみて損はないと思います。

次の