旦那 が マッチング アプリ で やりとり し て いる 相手 は 嫁 です。 旦那がマッチングアプリでやりとりしてる相手は嫁ですの通販/もなか/蒼衣 ユノ

結婚して秒でサレ妻『旦那がマッチングアプリでやりとりしてる相手は嫁です』気になる夫とのその後

旦那 が マッチング アプリ で やりとり し て いる 相手 は 嫁 です

ひどい目にあったとき、必殺仕置人やら恨み屋やらの第3者が懲らしめてくれるのは、フィクションのお話(アンダーグラウンドな界隈にはリアルにあるのかもしれないけど)。 では、もし私たちがパートナーに裏切られたら? 探偵に頼んで素行調査をする? こっそり持ち物チェック? もちろん、それもアリでしょう。 しかし、今どきは「監視用・潜入アカウント」を作るなんて方法もあるようで……! 出会い目的で使われる「マッチングアプリ」。 夫がそれを使っているようだ? という疑惑から始まる、衝撃の物語『旦那がマッチングアプリでやりとりしてる相手は嫁です』。 これは自らの実体験をインスタグラムへアップし、大反響となり、コミカライズされてコミックエッセイとなった作品です。 発売を記念して、手に汗握る潜入調査を自ら繰り広げた作者(原案)のもなかさんに、お話を伺いました。 残念ながら(笑)。 まさかまさか、私の体験が書籍化されるとは夢にも思いませんでした。 さて一般的にパートナーに浮気された場合「忘れてしまいたい」「人に知られたくない」と思う人も多そうなのですが、もなかさんがあえて「Instagramで赤裸々なストーリーを配信」という手段を選んだのは、どんなお気持ちだったのでしょう。 自分ひとりでは、抱えきれなくなったんだと思います。 新婚で祝福してもらった直後に浮気されたということもあり、身内やリアルな友達には惨めで相談できませんでした。 それなら匿名で、インスタに気持ちを吐き出そう、と思ったのがきっかけです。 しかしそれ以上に、圧倒されたのがもなかさんの行動力! 疑惑発生後、スピーディーに「なりすまし潜入調査」という突撃作戦を繰り出す、そのパワーは一体どこから沸いてくるのでしょうか。 もともと好奇心旺盛なタイプなので、潜入捜査とかスパイごっこみたいで楽しそう……という気持ちもありまして(笑)。 それに「旦那がマッチングアプリをやっているかも?」とわかったとき、まず何よりも怒りの感情がこみ上げて来たんです。 作中にもありますが「絶っっっ対に、こらしめたる!!」という勢いで、潜入捜査を始めました。 うちの旦那は「バレなきゃOK精神」の持ち主。 ですから自ら過ちを悔やんで改心することはないだろうとわかっていたので、「放っておく」という選択肢はありません。 なんとしても証拠を突きつけ、性根を叩き直すしかないと思ったからです。 もし自分が「パートナーの行動が怪しい」と感づき同じような状況に陥ったとき、潜入調査とまではいかなくとも、すぐにできる効果的な「釘さしテクニック」なんてあるのでしょうか? そうですね、 相手が携帯をいじっている時に、無言でじーっと見つめる事ですかね。 「私は全部知ってるねんで〜」という不気味な雰囲気を漂わせながら(笑)。 実際、うちの旦那はそれで私が何かを察していると、恐怖を感じていたようです。 こちらもまた、ある種のパワーがみなぎっておりますね。 さて一緒に暮らしながら、相手に対する疑問や不満、また浮気の疑いについてうまく「切り出すコツ」などを知りたいという人も多そうです。 また、ウソに逃げず「本当のこと」を白状してもらう秘訣は? 浮気疑惑については、言い逃れできない証拠をつかむことだと思います。 私はマッチングアプリに潜入して証拠を掴みました。 証拠なしに中途半端に問い詰めても、苦しい言い訳をしながらのらりくらりかわす男性も多いと言いますし。 うちの旦那みたいなタイプは特に、です。 もはや秒でバレる嘘を吐く人は、一周まわって正直者なのかもしれません。 本書はもちろん、元ネタであるインスタグラムでも反響がすごかったようですが、どんな声が印象に残っていますか? 私と同じようにアプリに潜入してから、旦那さんと待ち合わせをしたという方のエピソードです。 なんと旦那さんとの待ち合わせ場所へ、自分の両親と一緒に登場して地獄に突き落としたという! これ、私もやりたかったです(笑)。 ありきたりですが、普段と違う行動をし出した時は要注意だと思います。 急に香水をつけ始めた、美容院に頻繁にいく、服装の好みが変わった、帰りが遅くなったなど。 うちの場合は、LINEで普段絶対に使わないような有料スタンプを使い始めた事が、浮気を疑い始めたきっかけです。 これは旦那が浮気候補相手の気を引こうとして、相手が興味ありそうなスタンプや、相手と同じスタンプを購入していたようです。 スマホ時代の、浮気チェック講座! とか開けてしまいそう。 「浮気は病気」という意見も多数ありましたが、「浮気を繰り返す男性」についてはどう思われますか? おっしゃるとおり、病気だと思います。 長期的な治療が必要でしょう。 ただし、お薬(躾?)で症状が出ないよう、制御することは可能だと思っています。 私は離婚せず、旦那と再構築する道を選びました。 が、この選択が正しかったのかどうかはまだわかりません。 まだ旦那のことを許していませんし。 こんなクソ旦那ですが、仕事に対する姿勢など、尊敬できる点もありますし、頼りになるところもあるので、このままもう少し夫婦してみようと思いました。 私自身は今回の件でだいぶ肝が据わった気がするので、もし今後旦那がまた裏切るような事があれば、なんの迷いもなく離婚という道へ方向転換する可能性は大いにあります。 また、世の浮気に悩む女性たちにエールをお願いします! 絶賛浮気中の殿方。 気付かれていないと思ってるのはアナタだけです。 女の勘は本当に怖いほど当たります。 その浮気、今ある全てのものを投げ打ってでもやる価値ありますか? よく考えて行動しないと、とんでもない制裁を受ける事になるかもしれませんので、くれぐれもお気をつけ下さい。 そしてひとりで誰にも相談できず、パートナーの浮気に悩んでいる方。 その思いを、何かしらの方法でぶちまけてみてください。 私は匿名でSNSで発信したという形ですが、本当に本当に救われました。 同じような悩みを抱えている人がたくさんいて、自分だけじゃないんだと思えたし、応援やアドバイスをたくさんいただいたお陰で、ここまで立ち直る事ができました。 どうかひとりで思いつめて心と体を壊してしまわないようにしてください。 浮気する側に事情はあるケースもあるでしょうが、少なくとも本書はリアルな「浮気された側の気持ち」を知ることができる、人間関係の参考書と呼べそうです。 また、イマドキの「狩り場」を知ることができるので、浮気予防のヒントも見つかるかも。 さらに本書のエピソードに驚くか、「あるある」と頷くかを語りあうのも手。 さて、あなたはどちらでしょう? 全国の悩める方々、ぜひもなかさんの奮闘にパワーをわけてもらいましょう! 文=木下頼子(レタスクラブニュース) 外部サイト.

次の

【KADOKAWA公式ショップ】旦那がマッチングアプリでやりとりしてる相手は嫁です: 本|カドカワストア

旦那 が マッチング アプリ で やりとり し て いる 相手 は 嫁 です

最初の数話を試し読みして、これは旦那が改心するか作者の望む復讐か この言い方はよくないかもしれないが それ相応の答えを出す話なんだろうと思い続きが気になり購入して最後まで読んでしまった。 感想は率直に言うなら読後感は最悪。 買ったのを後悔したレベル。 こんなのはじめて。 ここまで地獄みたいな酷いことをされてもなんだかんだと流され現状維持で離婚せず、その後子供ができたと言う事はそういう意味でも夫婦生活も続けていたのかと思うと信じられない... しかも旦那は全く改心なんてしていない上に店に来た客と話せる程度の笑い話程度にしか思っていない様子。 いかにも「うちの妻がこんなやばいことをした」というニュアンスで話す姿を描きながら作者はどう思ってたんだろう。 なんにしても彼女が踏み切れなかった理由がさっぱりわからない終わりだった。 私なら嫌悪感から触られる事も拒絶反応が起こるレベルの多重苦フルセットだが、彼女は短期間に精神的苦痛を受け過ぎてもう正常ではないのかも。 この後子供の出産や産後の育児などの壁にぶつかり彼女が稼ぐ力を失い、あの旦那に経済力の面で依存しなければいけない状況になった時に旦那がまた再発した状態なら今度はそれを盾に自分を正当化するだろう。 子供だって人質になる。 そして彼女はまた受け入れ許さざるを得なくなる。 今度は子供や収入などの問題も加わる訳で最早エッセイに描かれた辛さの比じゃないし逃げ場もないのでは?と想像してしまった。 出版の前に営利目的の絡まない第三者や自分の身内への相談か適切な医療機関を受診すべきだったと思う..。 この本が出されるまでに関わった人全てを信じられない結末。 いっそフィクション的な演出であって欲しいと願うばかりだ。

次の

結婚して秒でサレ妻『旦那がマッチングアプリでやりとりしてる相手は嫁です』気になる夫とのその後

旦那 が マッチング アプリ で やりとり し て いる 相手 は 嫁 です

「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の