承知 いたし まし た。 承知しましたの意味と使い方!敬語?目上の人に使っていい?

「かしこまりました」と「承知しました」の違い、使い方とは?

承知 いたし まし た

了解の意味とは?了解の敬語は? ビジネスシーンだけでなく、日常生活においても何気なく使われている「了解」という言葉の本来の意味はどのようなものなのでしょうか。 理解しました 「了」と「解」どちらの漢字も「よくわかる・理解する」という動詞としての意味があります。 「了解」という言葉は動詞を重ねて作られたもので、「すっかり~し終える」という意味があり、一般的には物ことについて「理解しました」という意味で使われています。 了解しましたは丁寧語 「了解」はこのように「理解した」という意味しか無く、自分をへりくだるようなニュアンスは含まれていません。 したがって、「了解」に「しました」をつけて「了解しました」とした場合、これは謙譲語ではなく丁寧語となります。 「いたしました」を付けると、「いたす」が「する」の謙譲語であるため、より丁寧な印象です。 了解の類語とその違いは? 「了解」の類語にはどのようなものがあるのでしょうか。 「了解」と同じ意味のように使用される「了承」や「承知」など詳しい意味を調べると、少しずつですがニュアンスが違っています。 丁寧語、謙譲語、尊敬語の違いも含めて解説します。 了承しました 「了承」は、事情を理解し納得することという意味があります。 そのため「了承しました」となると、「納得しました、それでいいです」という意味で、立場が上の者の行為であるニュアンスがあります。 したがって、目上の人との間で使用する場合は、自分の行為としてではなく、「あらかじめご了承ください」など相手の行為として使用するのが適切です。 承知しました 「承知」は、ある事柄について知ること・知っていることという意味で使用されます。 「承る」という漢字が入っているので、「了解」とは異なり自分をへりくだったニュアンスを含みます。 したがって、「承知しました」については、謙譲語となり「理解し納得しました」という意味になります。 「ご承知のように」のような表現で使用されることもありますが、謙譲語ですので、目上の人に使うのは誤りです。 承りました 「きちんと聞きました・お受けいたします」といった意味で使用されています。 電話応対などで、「確かに承りました」のように使用しますが、この場合間違いなくお受けしましたという意味で使われ、「了解しました」とは意味合いも使用方法も違っています。 かしこまりました 上司や客に対して「〇〇の件、かしこまりました」のように使用し、相手の要望や命令などについて、わかりました・承りましたという意味合いで使います。 「承知しました」と使い方は同じですが、「承知しました」が理解し受ける事に対し、「かしこまりました」は指示を承るという意味であるという違いを意識して使うようにしましょう。 了解と承知の使い分け例文 「了解」と「承知」の使い分けについて見ていきます。 どのような場面で使うことが適切なのか、具体的な例文を見ながら、言葉の意味合いについてご説明します。 日時変更、了解です 「日時の変更についてわかりました」といった意味で使用されます。 「了解です」は「了解しました」や「了解いたしました」に比べるとフランクな印象を与えるため、同僚など会話の相手を選んで使用することが大切です。 ご依頼の件承知しました 「ご依頼の件了解しました」とすると、自分をへりくだるニュアンスはありません。 しかし、 「ご依頼の件承知しました」の場合は謙譲語が使用されていることになるため、取引先や上司に対する表現として用いられます。 了解の使い方注意点 「了解」の使い方の注意点について詳しく見ていきます。 どういう場面では失礼にあたるのか、気軽に使いがちな「了解」について詳しく知ることで、ビジネスマナーとして失礼のないような使い方を身に着けることができます。 社外や目上の人には使わない 「了解しました」は絶対に目上の人に使ってはいけない言葉というわけではありません。 しかし、一般に使用しない方が無難であるとされています。 安易に使用すると相手を不快にさせる可能性がありますので、注意しましょう。 厳密には失礼ではないが承知が無難 「了解」・「承知」は謙譲語であるかどうか、という違いの他に、「了解」は「わかりました」という意味、「承知」は「わかりました。 そのようにいたします。 」という意味という違いがあります。 そのため、「承知」の方が理解しただけでなく、「そのことを実行します。 」といったニュアンスがあるので「承知」を使った方が無難です。 厳密な使い方が決められている訳ではありませんが、ビジネスシーンでは、同僚同士や目上の人が目下の人に対して使う言葉であると認識している人が多数です。 そのため、取引先や上司には「了解しました」よりも「承知しました」を使うことをおすすめします。 まとめ 気軽に使ってしまいがちな「了解しました」という言葉ですが、その意味やビジネスマナーとしての一般的な認識を知り、話している相手との立場を考えて使用することが大切です。 「承知しました」もその意味をきちんと理解したうえで使用するようにしましょう。

次の

【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました

承知 いたし まし た

「承知しました」の意味と類語 「内容を理解する」「引き受ける」という意味 「承知しました」には「内容を理解する」と「お引き受けする」の2つの意味があります。 かしこまったシーンでも使われる「承知」という単語に、丁寧語の「しました」を付け加えた単語である「承知しました」は、ビジネスシーンで多く使われる言葉です。 例えば、目上の相手から会議の内容が変更になったという連絡に対して「承知しました」と返事をした場合、「変更されたことを理解した」という意味で「承知しました」が使われています。 「お引き受けする」という意味で使われる場合は、「会議の内容をまとめておいてくれ」という上司の依頼に対し、「承知しました」となります。 「内容を理解する」と「お引き受けする」どちらの意味でもビジネスシーンでは使われるため、状況に応じて使ってください。 類語「了解しました」への言い換え 「承知しました」の類語となる言葉が「了解しました」です。 「承知すること」を意味する「了解」に丁寧語の「しました」を加えた敬語表現で、「承知しました」と同じく内容を理解した場面や依頼を受けるシーンで使われます。 類語「了解しました」は失礼ではない 目上に「了解しました」を使うことは失礼であり、「承知しました」の方が丁寧でビジネスシーンに適しているという意見がありますが、「了解しました」は目上の人へ使える言葉です。 「了解しました」を失礼と捉える側の意見としては、「了解」という言葉がくだけた物言いであり敬意を感じられないということが挙げられます。 しかし、「了解」という単語自体に「承知」という意味が含まれていることを考えると、丁寧語に変換された「了解しました」は目上に使える丁寧な言葉といえるでしょう。 ただ、注意が必要なのは言葉としては失礼ではないのですが、捉え方によっては失礼と感じる人がいるということです。 敬意を示しているつもりでも、相手に伝わってなければ意味がありません。 「了解しました」を使うことで失礼と捉えられる危険性があるのであれば、「承知しました」を使用することが無難だといえるでしょう。 「承知しました」の使い方 「承知しました」は上司へ使える 丁寧語の「しました」が付けられている「承知しました」は、上司や取引先の担当者など目上の相手へ使う言葉として適しています。 目上への敬意が感じられる「承知しました」を目下や同僚などに使用すると違和感がある場合もあるため、誰にでも使うのではなく状況に応じて「わかりました」などの柔らかい表現に言い換えることも大切です。 「承知いたしました」は二重敬語でない 「承知しました」を更に丁寧に表現した言葉が「承知いたしました」です。 「承知いたしました」は二重敬語だという意見もありますが、二重敬語には当てはまりません。 「承知」という言葉自体、「承る」の謙譲語であるため「いたす」と謙譲表現が重なってしまっているという意見がありますが、「承知」は1つの単語であり謙譲語は「いたす」のみです。 目上の相手へ使用できる「承知いたしました」ですが、親しい上司など距離の近い相手へ使うと、「堅苦しい」や「仰々しい」と感じられてしまうため状況に応じて使用してください。 「承知しました」はメールでも使える 「承知しました」はビジネスメールでも多く使われる言葉です。 話し言葉と違い、書き言葉は相手の声色や表情が分からない分、さらに丁寧な必要があります。 場合によっては「承知いたしました」と使い分けて丁寧なメールを心掛けましょう。 簡単に「承知しました」を使わない 簡単に「承知しました」と、何にでも返事をすることは避けた方がいいと言えます。 「承知しました」には「理解した」という意味の他に、「お引き受けする」という意味が含まれていることを説明しました。 話の内容をしっかり聞かず「承知しました」と答えてしまうと、相手は「引き受けてくれた」と解釈してしまう恐れがあります。 相手の話をしっかりと聞き、引き受けられる状況で「承知しました」を使ってください。 違和感がある場合は類語に言い換える 相手に「承知しました」を使うことに違和感がある場合は、類語に言い換えましょう。 相手との距離や密度によっては「承知しました」が堅苦しく感じられる場合や、フランクに感じられる場合があります。 丁寧な言葉だからといって、いつ誰にでも使えることにはなりません。 相手とコミュニケーションを取ることに、「これが絶対!」は無いため、相手や状況に応じてその場に合った適切な言葉を選びましょう。 1日の予定でしたが、15日に変更となりました」と、納期変更のメールが届いたとしましょう。 上記の例文の場合「納期変更の件、承知しました」と、「理解した」という意味で使われます。 相手との距離感によっては、「承知いたしました」と言い換えることも大切です。 上記の例文の場合「10個追加納品、承知いたしました」となり、「お引き受けします」という意味で「承知いたしました」が使われます。 まとめ 「承知しました」は「理解する」と「お引き受けする」の2つの意味が込められている言葉で、両方の意味がビジネスシーンで使われます。 「承知いたしました」は二重敬語に当てはまらないため、より丁寧にしたい場合は言い換えてください。 また、相手との距離感によっては類語と使い分けましょう。

次の

「承知いたしました」の意味や使い方!正しい敬語をビジネスやメールで使える?

承知 いたし まし た

「かしこまりました」と「承知しました」の違いとは? ビジネスシーンにおいては、取引先や顧客、上長などから何かを頼まれるときが多くあります。 このようなときは、「かしこまりました」や「承知しました」と返事をすると思います。 ここでは、「かしこまりました」と「承知しました」の違いについてご紹介します。 「かしこまりました」とは? 「かしこまりました」は、「わかりました」の謙譲語です。 目上の人に対して使う言葉です。 「かしこまりました」の例文としては、次のようなものなどがあります。 「かしこまりました。 すぐにお送りいたします。 」 「スケジュールを変える件、かしこまりました。 」 「承知しました」とは? 「承知しました」は、「わかりました」の謙譲語です。 「承知しました」の例文としては、次のようなものなどがあります。 「相談する場所を変える件、承知しました。 」 「承知しました。 商品をすぐに確認します。 」 「かしこまりました」と「承知しました」の違い 先にご紹介したように「かしこまりました」も「承知しました」も、「わかりました」の謙譲語になります。 しかし、「かしこまりました」と「承知しました」を比べると、相手に対する敬意は「かしこまりました」の方がより表現している意味合いが強いため、どちらかと言うと「承知しました」より「かしこまりました」の方が丁寧な表現になります。 「かしこまりました」と「承知しました」の使い方とは? 同じように「かしこまりました」も「承知しました」も、尊敬の表現の敬語です。 接客サービスをホテルやレストランなどで受けるときには、このような言葉をよく耳にするでしょう。 特に、接客業をしている人は、「かしこまりました」の方を「承知しました」よりも使うことが多くなると思います。 どのような相手やシーンで使うか、しっかりとこの機会に把握しておきましょう。 「かしこまりました」は柔らかいイメージの接客サービスなどのときに使う 「承知しました」と「かしこまりました」は同じように使えますが、「かしこまりました」の方がより丁寧で柔らかいイメージになります。 そのため、「かしこまりました」は頻繫に接客サービスのシーンで使われています。 接客サービスのシーンでは緊張感を相手に与えないようにする必要があるため、柔らかいイメージの「かしこまりました」の方が優しくなります。 「承知しました」は固いイメージのビジネスなどのときに使う 「かしこまりました」よりも「承知しました」は固いイメージがあり、ビジネス的に進んで引き受けるというイメージや感じを与えるため、上長などに使うときが多くあります。 ビジネスライクに相手との関係を維持したいときは、「承知しました」を使う方が正しくなります。 なお、「承知いたしました」の方が「承知しました」よりも丁寧ですが、二重敬語にはなりません。 「かしこまりました」と「承知しました」のシーンごとの使い方とは? ここでは、ビジネスメール、顧客、上長のシーンごとに「かしこまりました」と「承知しました」の使い方についてご紹介します。 シーンごとの使い方について把握し、「かしこまりました」と「承知しました」をしっかりと使えるようにしましょう。 ビジネスメール 基本的に、ビジネスメールのときは話し言葉よりも会話を丁寧にする必要がありますが、相手との距離感を考慮して使い分ける必要があります。 ビジネスメールでは「かしこまりました」も「承知しました」も使えます。 なお、ビジネスメールではなくてそれほど内容が堅苦しくなければ、「わかりました」や「了解しました」に言い換える方がいいときもあります。 顧客 取引先の顧客とやり取りする機会は、営業マンのみでなくても多くあります。 基本的に、顧客に対しては「かしこまりました」を使います。 「かしこまりました」に気配りした言葉をプラスすれば、よりいいイメージになるでしょう。 目上の人 目上の人に対しては「承知しました」を使います。 尊敬語である「承知しました」は、公式な言葉としても使えます。 一緒に謙譲語も把握しておくのもいいでしょう。 世の中においては、一般的に「承知しました」はいいイメージがあるため、ビジネス用語として積極的に使いましょう。 「かしこまりました」と「承知しました」はどちらが丁寧か? ビジネスメールを返信するときなどは、「かしこまりました」と「承知しました」のどちらを使えば丁寧な表現になるか迷うこともあるのではないでしょうか。 では、「かしこまりました」と「承知しました」はどちらが丁寧なのでしょうか? 「かしこまりました」の方が丁寧である 顧客から仕事を頼まれたり、上長から仕事を指示されたりしたときの返事や返信は、どのように対応すればいいか悩むでしょう。 言葉の丁寧さについては、「かしこまりました」の方が「承知しました」よりも丁寧になります。 「承知しました」は、「確かに承知しました」などと使うこともありますが、基本的には「かしこまりました」を使う方がより丁寧になります。 「かしこまりました」と「承知しました」の類義語とは? ここでは、「かしこまりました」と「承知しました」の類義語についてご紹介します。 「わかりました」 普段から、「分かりました」はよく口語表現として使います。 「かしこまりました」は、より丁寧な「わかりました」の言い方です。 ビジネスシーンにおいても、何かを頼まれたときに「わかりました」ということは多くあります。 目上の人に対する返事でも、失礼にはならないため使っても問題ありません。 「了解しました」 「了解しました」と同じ意味合いとしては、「了解いたしました」「了解です」もあります。 なお、目上の人に対しては「了解です」は使わないようにしましょう。 一方、「了解しました」「了解いたしました」は、どのような人に対しても使えるため、上手く使い分けましょう。 「了承しました」 「了承しました」は、相手の要求に対して了解したときに使います。 基本的に、「了承しました」は部下に対して上長が使う言葉であるということを把握しておきましょう。 了解するときに使う丁寧な表現ですが、相手によって使い分ける必要があるため注意しましょう。 なお、面接を受けるときなどに使うのは良くないため把握しておきましょう。 「承りました」 「承りました」の意味は、しっかりと相手の話を聞いたというのを伝えることもあり、電話応対のときなどによく使われます。 相手の要求に対してわかったということを伝えた上で、しっかりと責任を果すという意味合いがあるため、安心して社外の人に対しても使える言葉です。

次の