ウォーター サーバー 割高。 ウォーターサーバーを止めちゃった人たちのホンネを調査

ジャパネットのウォーターサーバーは割高です!他の宅配水と比べてみました。|Yellowhat

ウォーター サーバー 割高

理由1:ウォーターサーバーは雑菌が増えやすいから まず最初の理由は、 雑菌が増えやすいからです。 ウォーターサーバーは、水を注ぐたびに 空気がボトル内に入ります。 使ったことがある人ならば 「ボコボコッ」と音を立ててボトル内の水に泡が浮かぶ様子が想像できるでしょう。 この「ボコボコッ」と空気が入る現象が雑菌を増やす大きな原因です。 水は空気に触れた瞬間から、雑菌が増え始めます。 一度空気に触れると、どんなにしっかり密封されていても冷やしても、雑菌はどんどん増え続けます。 以下のグラフをご覧ください。 これは ペットボトルの水(ミネラルウォーター)が空気に触れてから、24時間でどれだけ雑菌が増えるかを示したグラフです。 私は、この水を飲みたくはありません。 あなたはどうでしょうか? 調べてみたところ、一般的なウォーターサーバーのボトルは 1本あたり大体10~12リットル程度。 とても半日や1日で飲めるような量ではありません。 使うたびに雑菌が満載の空気に触れる。 さら1週間~10日程度は放置状態。 ウォーターサーバーの水は雑菌が増えやすい環境にあるのです。 理由2:保存料を使っている ふたつめの理由は 保存料を使っているから。 実はこちらの方が重大な理由です。 「えっ…保存料? そんなのラベルに書いてないじゃん!」 はい、その通りです。 書く義務がないので、書いてありません。 「それなら入っているって確証もないじゃん!!!」 という意見も聞こえてきそうですが、 賞味期限を見ればからくりが解けます。 ウォーターサーバーのボトルの賞味期限は、 未開封の状態で半年~1年間。 開封後は、2週間~1ヶ月程度が一般的です。 水という自然が育んだものが、なぜ半年以上もの長い間保存できるのでしょうか? 開封後2週間~1ヶ月もつという点は、前述した雑菌の件からして論じるまでもありません。 あなたは、半年間も新鮮さを保つ野菜や果物を見たことがありますか? 私はありません。 ということは、何かしら 「水を腐らせないための処理」が施されていると考えるのが自然。 ボトルの内側に保存料が塗られているか、もしくは水そのものに保存料を加えているだろうことが想像できます。 もちろん確証はありません。 ですが、否定もできないのです。 子を持つ親としては、疑わしいものは飲みたくないし飲ませたくはありません。 簡単に言うと、 安全な水のワールドスタンダード(世界基準)機関です。 NSFの基準はとても厳しく、なんと 89種類の有害物質を取り除けるかどうかというもの。 もちろん、そうそう簡単にクリアできるようなものではありません。 世界で1万種類もあるといわれる浄水器の中でも、わずか 77種類の浄水器しかNSF基準(89種類除去)を満たしていないのだそうです。 国際機関ではありますが、このNSFの認証を得た浄水器は日本国内で入手することも難しくありません。 下記にamazonで買えるものを抜粋しましたので、ご参考にいただければ幸いです。 水道管に直接取り付ける・タンクに水をためて使う• 卓上タイプ、床に設置するタイプ …と使い分けられるので、安全面だけでなく使い勝手の面でも優れたウォーターサーバーです。 ミネラルウォータータイプなら月々2,980円で、 1日あたり100円未満でミネラルウォーターが使いたい放題と、コスト面でもかなり安いのが特徴。 メンテナンスも簡単なので、設置もすべてお店側がやってくれるので経済的な負担も手間もかかりません。 下記リンク限定で期間限定で、設置開始した1ヶ月目の料金が無料になるキャンペーンを実施しています。 2:Cool Qoo(クール・クー) は、水道水の不純物として代表的な 塩素だけでなく、上記でも挙げた通常のウォーターサーバーに懸念される ウイルス、細菌に加え、放射性物質、環境ホルモン、カビまで除去できる圧倒的な浄水能力を持つウォーターサーバーです。 (メーカー公式サイトによれば、なんと牛乳すら水にろ過可能とのこと) こちらも同じく水道直結型で、 床置タイプ・卓上タイプが選べるためご家庭の状況に応じて好きな方を選択可能。 自分で面倒なメンテナンスをやる必要は一切なし。 月1回無料のメンテナンスを受けるのみでOKです。 一般的な ボトル宅配型のウォーターサーバーからの乗り換え満足度97%という高い評価を得ています。 まとめ このように、 ウォーターサーバーは安心・安全な水とは言えません。 メーカーのCMを鵜呑みにして「安心なものだ」という思い込みで、赤ちゃんのミルクを作ったり、料理に使ったり等するのは危険です。 どんな飲み物・食べ物より品質にはこだわりたいものです。 「知らなかった」という方は、水の質を見直してみてはいかがでしょうか? 『水』の知識がかんたんに学べるおすすめ記事 水の持つ健康効果や、正しい水の飲み方の他、水道水の実態や塩素の危険性など、水の怖い面まで幅広く学べます。 ぜひ下記の記事も合わせてご覧ください。

次の

ウォーターサーバーの電気代ってどのくらいかかるの?

ウォーター サーバー 割高

2019年 最新ウォーターサーバー売れ筋・人気商品おすすめランキング! ウォーターサーバーの2019年最新の売れ筋・人気商品おすすめランキングです。 宅配エリア、 月額費用、 500ml換算の水の価格、 1回の配送での注文本数、 サーバーの月額レンタル料、 毎月かかる電気代など6項目をピックアップしてわかりやすく各商品が比較できます。 「口コミと詳細を見る」をクリックするとより詳しい商品情報や、キャンペーン情報、利用者の口コミを見ることができます。 「公式サイトはこちら」をクリックすると各メーカーの公式サイトにすぐに行くことができますので、より詳しい商品情報を見ることができます。 「検討リストに追加する」をクリックすると、各商品を一覧できる表で比較できますので、ウォーターサーバー選びに迷った時には、活用してください。 簡単な質問に答えるだけでおすすめのウォーターサーバーがわかる診断も用意しています。 暑い時期に冷たくておいしい水が飲めるのはやっぱり強いですよね。 お湯もおいしいお湯が出るのでお茶や紅茶、コーヒーはもちろんスープやお味噌汁などにもおすすめです。 実際の契約する場合は、どんなお得なキャンペーンがあるかどうかメーカーの公式サイトで確認してください。 まだ赤ちゃんは産まれていないため契約理由のミルク作りは実践できていませんが、 カップラーメン作り、コップ一杯の紅茶を飲みたいときにお湯を沸かす手間が省けてとても便利でした。 夫も、美味しいしすぐ好きな時に水分補給できるからと満足気です。 ただ、重たいので家に届いた時、交換の際は夫がいないと出来ません。 それでもおしゃれだし手軽に水分補給できる便利さの満足度が高いため、契約してよかったと感じています。 3位 「コーヒー・お茶などがすぐに飲める」 312件 ウォーターサーバー利用者の実際に利用してみて不満だった点は 「費用が高い」が最も多く35.

次の

ウォーターサーバーについて教えてください。 半年程前に、ある引越し業者で引っ越しをしたのですが、先日「当社で引っ越しをしていただいた方にキャンペーンを実施しています」との内容でプレミアムウォーターと

ウォーター サーバー 割高

ウォーターサーバーを使いたいけれど、実際にどれくらいかかるのか? 誰もが気になるところです。 ウォーターサーバーは水の代金だけで比較することができません。 周辺にかかる費用もすべて考えて、コスト比較をするようにしましょう。 費用の内訳は下記の通りです。 水の代金 多くのメーカーは水ボトル単位で料金が決まっています。 1本のボトルは12リットル、価格は1リットルあたり100円前後が一般的です。 目安としては1人1ヶ月12. 5リットル。 家族3人であれば通常1ヶ月に3本(36リットル)くらい。 料理にも水使うのであれば1. 5〜2倍の水が必要となります。 夏冬でも水の消費量が違うので、その計算も忘れずに。 サーバー代 ウォーターサーバーのレンタル料金が無料のメーカーも増えてきていますが、レンタル料金が別途必要なメーカーもあります。 ウォーターサーバーが販売モデルの場合は、最初に代金を支払うか、分割で支払うか 送料 ボトルの配送は基本無料のメーカーが多いようです。 ただし1本から無料なところもあれば、無料配送は2本以上注文といったように最低本数が決まっているところもあります。 メンテナンス費用 無料のところもあれば、年間で費用が決まっているところもあります。 無料でメーカーがメンテナンスをしてくれるところ、セルフメンテナンスというところと、メーカーによって様々です。 電気代 温熱器、冷却器などにかかる電気代は月1,000円前後のウォーターサーバーがほとんどです。 最近は省エネ型で電気代が月350円程度のサーバーも登場しています。 また水の量が多いほど安いメーカーもあるので、実際に使う量を予測して計算するようにします。 初期費用とキャンセル料 ウォーターサーバーを申し込んだ時に初期費用が必要なメーカーもあります。 これは設置費用や事務手数料等、メーカーによってその内訳は異なります。 最近は初期費用を無料とするメーカーが増えており、水が数本無料になるキャンペーンを行っているメーカーもあります。 いっぽうキャンセル料(解約料金)は、メーカー、申し込んだプランにより期間は異なりますが、一定期間利用せずに解約した場合に発生します。 規約は申込時に確認しましょう。 5,000〜10,000円くらいかかるのが一般的ですが、それ以上かかる場合もあります。 キャンセル料が無料のメーカーもありますが、返却送料は事故負担です。 「ウォーターサーバーを壊してしまった」「別の色に交換したい」という時も費用が発生します。 破損と交換では料金が違うこともあるので、メーカーに問い合わせて確認すると良いでしょう。 費用で比較するときのポイント 料金体系はメーカーごとにさまざまなので、一概に比較はできませんが、コストを考える時以下のポイントをチェックするようにしましょう。 ひと月あたりの水消費量 24リットル分の費用が安いメーカーと、48リットル分の費用が安いメーカーは異なります。 家庭の消費量に合わせて、水の代金を計算しましょう。 水以外の費用を比較 水以外の費用を比較すると、差がわかりやすいのことを知っておきましょう。 サーバーレンタル料、送料、メンテナンス料金、電気代は月々で見ると水の費用よりも少ないですが、年間で計算するとばかになりません。 計算は1年単位 解約料金はたいてい1年以降には発生しません。 1年続けたら別のメーカーに変えることもできます。 (メーカー、プランによっては1年利用しても解約金が発生する場合もあります) 1年間のトータル費用を12で割って月額料金を比較するのが良いでしょう。 メーカーによってはボトルプレゼントや、キャッシュバック、乗り換えキャンペーンを行っています。 費用とあわせてキャンペーン情報をチェックして、どのメーカーがトータルで安いか確認すると良いでしょう。

次の