ツイッター いいね 全消し。 Twitter(ツイッター)でツイートを全消し(完全削除)する安全なツール・方法は?

【ツイッター】いいねやリツイートは同意!メモにはならない

ツイッター いいね 全消し

Twitter(ツイッター)公式アプリで過去のツイートを全削除できる? Twitter(ツイッター)の公式アプリでは過去のツイートを遡って1つずつ削除できますが、一括で削除することはできません。 過去のツイートを一括で削除するには、便利ツールを使用する必要があります。 ツールを使用することにより、一括もしくは選択したツイートを削除できます。 過去のツイートを全削除できるツール こちらでは、過去のツイートを全削除するのに特化したTwitter(ツイッター)の便利ツールを3つご紹介します。 それぞれの使い方などを理解して、アカウントに合ったツールを選びましょう。 黒歴史クリーナー 「黒歴史クリーナー」は、タイムラインから新着のツイート3200件を取得して一括で全削除できるツールです。 削除オプションから削除するツイートを指定して削除もできます。 具体的には、リプライやいいねをもらったツイートなどを保護してそれ以外のツイートをすべて削除することや、日付を指定した期間のツイートのみを削除できます。 簡単に登録でき、10分程度でツイートの削除が完了します。 Tweet Deleter 「Tweet Deleter」は海外のツールですが、日本語に対応しており、これまでのツイートやリツイートをTweet Deleterのダッシュボード上で見やすく一覧表示してくれます。 ダッシュボードの上部にある「全てのツイートを選択」をチェックして、「ツイートを削除」ボタンをクリックすると簡単に全てのツイートを削除できます。 ツイートを指定して削除する場合は、ダッシュボード左側に表示されている上の画像のチェックボックスにチェックすることで、指定して削除できます。 自分がつぶやいたツイートやリツイートやリプライなど、画像や動画などのメディアを含んだツイートなどの指定が可能です。 また、日付を指定しての削除も可能です。 有料会員限定で、ツイートを自動的に削除してツイート数を保持してくれる「自動削除機能」などを利用できます。 常にツイート数を一定に保っていたい方などは利用してみてはいかがでしょうか。 ツイートの一括削除ツール! 「ツイートの一括削除ツール!」は、シンプルなデザインでTwitter(ツイッター)アカウントを認証するだけでツイートを一括削除でき、大量のツイートでも短時間で全削除がでるツールです。 指定した条件に合うツイートの件数を表示してくれるので、確認してからツイートを削除できます。 短時間に何度もツイートを削除するとTwitterの運営がツールをスパム対象と見なす可能性もあるため、短時間で何度も一括削除するのは辞めましょう。 ツイートを全削除する場合の注意点 ここでは、ツイートを全削除する場合に気を付けておきたい注意点についてご説明します。 ツールを使用してツイートを全削除するのはとても効率的ですが、注意点がいくつかあります。 注意点を理解して正しくツールを使用しましょう。 一度削除すると復元できない ツールを使用して一括で全削除したツイートは、復元することができません。 ツールや機能を使用して、削除してしまったツイートを確認することはできますが、削除前のように復元して表示はできません。 ツイートを一括で全削除する場合は、復元できないことを理解してから削除するようにしましょう。 ツイートが残ってしまう場合がある ツールや機能を使用して一括でツイートを全削除をしても、ツイートが残ってしまう場合があります。 ケース別でご説明します。 更新されない場合 自分がツイートを削除した場合でも、フォロワーなどがTwitter(ツイッター)のタイムラインを更新していない場合、削除したはずのツイートが相手のタイムラインに表示される可能性があります。• キャッシュ キャッシュとは、一度見たページや画像・動画などを一時的に保存しておくデータのことをいいます。 削除したはずのツイートでも、PCのブラウザからキャッシュを表示させることで最大20件のツイートを表示されます。• RSS RSSとは、Webサイトやブログなどの更新や新着情報を自動で取得してくれる技術です。 フォロワーなどがあなたのアカウントのRSSを取得して、RSSリーダーに追加している場合は、ツイートを削除しても相手のRSSリーダーに残ってしまいます。 削除後はアプリ連携を削除する ツールは効率的にツイートを一括で全削除ができてとても便利ですが、ツールを経由してTwitter(ツイッター)のアカウント情報が外部に漏れ出してしまう可能性もゼロではありません。 可能性は低いですが、ツールはTwitterへのアクセスを許可してアカウント情報を共有しているため、ツールがハッキングされてしまった場合などにアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。 ツールを使用したらアプリとの連携を解除するようにしましょう。 選択削除も可能 ツイートを選択して削除する場合も、一括で削除する方法と同じく公式Twitter(ツイッター)からは削除できないため、ツールを使用する必要があります。 先にご紹介した一括で全削除ができるツールは、ツイートを選択して削除する選択削除も可能ですが、選択削除に特化しているツールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 削除できない場合の対応 ツイートを一括で全て削除したはずなのに削除できない場合は、下記の方法を試してみましょう。 キャッシュを削除する• Togetter(トゥギャッター)から削除する キャッシュが残ってしまっている場合は、削除したはずのツイートも表示されてしまいます。 キャッシュを削除してデータからツイートを削除しましょう。 便利ツールのTogetterを使用している場合は、公式Twitter(ツイッター)とTogetterの両方からツイートを削除する必要があります。 ツイートが削除できない場合の対処法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 ツイートはツールを使って全削除しましょう ツイートを全て一括で削除する方法についてご紹介しました。 ツイートを整理して1からTwitter(ツイッター)を運用したい場合、ツールを使用することによって一括でツイートをスムーズに削除できます。 ツールを使用して全削除することの注意点を理解して、効率的にツイートを削除しましょう。 また、ツイートを削除できない場合などの対処法についても理解しておき、もしもの場合に対処できるようにしておきましょう。

次の

加藤玲奈さんツイッターのいいねを全削除

ツイッター いいね 全消し

黒歴史クリーナーで削除したツイートの復元は出来る? 残念ですが、黒歴史クリーナーで削除したツイートをそのまま復元する事は出来ません。 一度したツイートは、二度と元に戻せないのです。 ですから、黒歴史クリーナー実行前の注意書きにも、上の様な記述があります。 一度消したツイートは元に戻せません 投稿の削除をするときは十分に気を付ける必要があります。 もちろん「同じ内容をツイートする」という事は可能です。 ですが、「消した投稿と同じ時間にツイートする」ということは不可能です。 ツイートを保存しておく方法 一度消した内容を保存しておくことは出来ませんが、自分や、限られた人が見られる様に、ツイートを手元に残して置く事は出来ます。 ツイッターの公式の機能として、「全ツイート履歴をリクエストする」というものがあるのですが、これを使用すれば、今までの自分のツイートをダウンロードする事が出来ます。 このデータがあれば、ツイッターで見るままと同じツイートがいつでも手元で見られます。 これは、ツイートが削除してあっても関係なく見る事が出来ます。 ツイートを保存したいアカウントでログイン• 「設定」を開く• 「全ツイート履歴をリクエストする」を選択 たったこれだけの手順で、登録したメールアドレスに、全ツイート履歴のファイルのダウンロードURLが送られてきます。 ツイート数によってはダウンロードURLが送られてくるまで時間がかかりますが、僕の経験では1000ツイートくらいであれば1分以内に送られてきました。 ツイートの復元・・・・とは違うのですが、思い出に残すという意味ではかなり意味があると思います。 黒歴史クリーナーは便利なツールではありますが、後戻りは出来ません。 使用される際はかなり慎重になってみた方が良いかと思います。

次の

ツイッターのいいねをまとめて一括削除する方法

ツイッター いいね 全消し

ツイートを全消し(一括削除)する方法 ツイートを全消しできるツールはいくつか存在するのですが、その中でも2012年から運営されている「黒歴史クリーナー」を使った削除方法をご紹介いたします。 毎日数百人のユーザーが利用しているので安全性も高いです。 黒歴史クリーナー ツイート数が3,200未満の場合 まずはにアクセスして下さい。 「ツイッターでログイン」という項目をタップするとログイン画面が表示されるのでユーザー名やパスワードを入力してお使いのアカウントと黒歴史クリーナーを連携させましょう。 鍵垢にしてツイートを非公開にしていても利用可能です。 続いて「削除設定ページへ」進み、通知設定の欄の開始メッセージと完了メッセージを消して空欄にしておきましょう。 こちらを空欄にしておかないと黒歴史クリーナーを利用していることがツイートされフォロワーに知られてしまいます。 最後に画面最下部の「削除を開始する」をタップして数分も待てば全てのツイートが削除されます。 ツイート数が3,200以上の場合 これまでのツイート数が3,200以上だったり、何年も前のツイートの場合はTwitterのAPI上、全て削除できないケースがあるので以下の方法で削除して下さい。 尚、こちらの方法はiPhoneやAndroid端末からではなくPCから行う必要があります。 パソコンをお持ちでない方は2回目、3回目と繰り返し削除作業を行うようにしてください。 追記 現在、全ツイート履歴をアップロードして削除する機能は停止されています。 後述しているの有料プランであれば、全ツイート履歴による削除が可能です。 それでは具体的な手順に移ります。 続いて「Twitterデータ」へと進み、パスワードを入力して確認を押してください。 そうすると「データをリクエスト」という項目があります。 こちらをクリックすると登録しているメールアドレス宛にツイート履歴のダウンロードリンクが送られてくるので「ダウンロードする」をクリックしてzipファイルをダウンロードします。 ダウンロードが完了したらの「削除設定ページ」へと進み、ツイートの取得方法を「全ツイート履歴」に変更してzipファイルをアップロードします。 最後に「削除を開始する」をクリックすればツイート数が3,200以上であっても全消しすることができます。 ツイートを選択削除する方法 ツイートの一括削除ツール! こちらのツールは以下のように指定した条件に当てはまるツイートを取得して削除できるのが好評です。 画像の有無• 特定の単語を含む、含まない• 特定の日付以前、以降 にアクセスしたら「ツイッター認証」をタップし、ログイン情報を入力してアカウントを連携させます。 連携が済んだら「メニューを選ぼう!」にてご自身が残しておきたいツイートが削除されないように条件を指定して下さい。 例えば画像付きのツイートを残したい場合は「画像がないツイートをすべて削除する」にチェックを入れます。 2019年のツイートは残して2018年以前のツイートを消したい場合は日付指定にチェックを入れて「2018年12月31日以前のツイートをすべて削除する」とします。 条件を指定したら「削除対象のツイート件数を取得」をタップして「削除を実行」を押せば条件に当てはまるツイートのみを削除することができます。 TweetDeleter Twitterアプリやブラウザ版Twitterから一件一件のツイートを削除していくのは面倒だけれども、ツールでまとめて消すのは大事なツイートも消してしまいそうで不安という方におすすめしたいのが、「」です。 サイトにアクセスしたら「Twitterでサインイン」をタップしてログイン情報を入力して連携アプリを認証します。 連携が完了すると、これまでに投稿したツイートが一覧で表示されます。 削除したいツイートだけチェックを付けていき「ツイートを削除(件数)」をタップすれば選択したツイートのみを削除することができます。 「並べ替え」からリツイートやリプライだけを表示させたり、画像付きツイートだけを表示させることもできるので上手く活用してください。 月額の有料プランにはなるのですが、古いツイートを自動削除してくれる機能もあるので、定期的にツイ消ししたい方には非常に便利なサービスです。 まとめ 過去に投稿したツイートの一括削除や選択削除に関する解説は以上です。 最初は難しく感じるかもしれませんが、一度手順を覚えると次回からは簡単にツイートを削除できるようになると思います。 用途に合わせて上手にツールを使い分けてみて下さい。

次の