モーニング 娘 福田。 モーニング娘。OG初!福田明日香ヘアヌード写真集6月発売

元モー娘。福田明日香が妊娠 今春結婚していた

モーニング 娘 福田

中澤裕子、安倍なつみ、石黒彩、飯田圭織と共に、モーニング娘。 の初代メンバーに名を連ねていた福田明日香。 当時13歳と最年少メンバーながら、抜群の歌唱力で初期モーニング娘。 をけん引、メインボーカルの一人として活躍していた。 モーニング娘。 が大ブレイクを果たすきっかけとなった「LOVEマシーン」(1999年9月9日発売)の頃にはすでに脱退(1999年4月18日)していたため、それほど鮮明に覚えていないという人も多いかもしれないが、モーニング娘。 結成前夜の「ASAYAN」でのオーディション時代を知る人にとっては、決して外すことのできないメンバーだ。 そんな福田明日香が当時、モーニング娘。 を脱退の理由として挙げたのが「学業に専念するため」。 中学生で芸能界に飛び込んだ福田明日香にとっては至極真っ当な理由に思えたが、その真相はどうやら少し異なっていたようだ。 現在発売中の「アサヒ芸能」のインタビューで「本当の理由」を告白、近況についても語っている。 「学業に専念? アハハハ、あれは建て前です」 「これ以上続けたら、普通の生活に戻れないだろうなあ、と思ってやめたんだけど、すでに遅かったですね」 「(メンバー内でいじめられ)1対4になっちゃって、移動中とかも、4人が固まって話しているのに、私はポツンと1人」 「(脱退後に)高校を中退してファミレスでバイトをしていてもそんな状態(=どこに行っても気づかれる)で、しかたがないからスーパーの品出しを始めた。 おばちゃんに交じって三角巾をかぶって青果を出していても気づかれませんでしたよ(笑)」 「今、夜は実家の店(パブ)に(バーテンとして)出て、昼間は週2回ほどボイトレの先生です」 もともと「普通の生活に戻りたい」という願望はあったようだが、実際にモーニング娘。 を辞める決め手となったのはメンバーからの「いじめ」。 ほかの4人に比べると一人だけ年が離れた子どもだったことも軋轢を生む原因になってしまったと述懐している。 福田明日香がモーニング娘。 を脱退してから、早くも7年の月日が経つ。 その後のモーニング娘。 の激動と現状を踏まえると、実質1年半という短い期間で脱退したことが客観的に見て良かったのか、悪かったのかは分からないが、インタビューの最後に語った「好きなことだけをしている今が幸せだから、もう戻りたくはないですよ」という言葉がすべてを物語っているのかもしれない。

次の

福田明日香がモー娘。辞めた本当の理由はいじめなんですよね?

モーニング 娘 福田

芸能界引退から20年。 1998年に『モーニング娘。 』の1期メンバーとして13歳の若さでメジャーデビュー。 グループはまたたく間に人気を集め、その年に日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得。 さらにはNHK紅白歌合戦にも出場。 福田はグループ最年少の愛らしいルックスに加え、圧倒的な歌唱力でグループを牽引した。 しかし、15歳のときに学業専念を理由に芸能界を電撃引退。 わずか2年でファンの前から姿を消すことになる。 そんな爆発的な〝モー娘。 ブーム〟を巻き起こした張本人が、新たな挑戦を行うという。 それは、セクシーな写真集を発売すること。 そのワケは……。 写真集のプロデュースを手掛けたモッツ出版の高須基一朗氏が語る。 「彼女はカラダのきれいな今のうちに、作品として写真集を残しておきたいと話していました。 今回の作品では、出し惜しみを一切せず、一糸まとわぬ姿をすべてをさらけ出しています」 高須氏は昨年夏に福田明日香と出会い、再ブレイクのきっかけをともに模索していた。 「2011年に歌手として芸能界に復帰したのですが、なかなかブレイクには至らず本人も悩んでいました。 なにせ、13歳の若さで芸能界のトップに君臨したという強烈な成功体験がある。 一方、私生活では2015年に結婚と出産を経験するも、翌年に離婚。 今ではシングルマザーとして生活しています。 もう一度芸能界で花咲きたいという本人の強い思いに応えた形です」 彼女が再起を誓い、すべてを脱ぎ去った写真集は6月19日に発売される。 「10代の福田明日香とはまったくの別人と言っていいほど進化した姿がそこにあります。 往年のファンならずとも、たまらない内容になっています」(高須氏) さらに、4月24日発売の『FRIDAY』最新号では、写真集の先行カットが掲載されている。 『元モー娘。 』の新たな挑戦がいま始まろうとしている。 撮影:和多田アヤ スタイリスト:菅原恵 ヘア&メイク:佐藤淳 製作&プロデュース:モッツ出版 高須基一朗.

次の

モーニング娘。

モーニング 娘 福田

個々にパフォーマンス力を伸ばし、日々進化し続けるモーニング娘。 が、今年、結成20周年! これを記念してテレビ東京では、20年間のメンバーを集結させ「モーニング娘。 20周年記念スペシャル」(2月12日(月)昼12:00~)をお届け。 現役メンバー13人に、OG・中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ、石黒彩、福田明日香、矢口真里、石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、高橋愛、新垣里沙、道重さゆみを加えた、計25人が出演する。 そもそもモーニング娘。 は、「ASAYAN」(1995年10月1日~2002年3月24日まで、テレビ東京系で放送)で行われた"シャ乱Q 女性ロックボーカリストオーディション"に落選した中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日香で結成。 メジャーデビューの条件として課された5日間で5万枚を売り切り、1998年1月28日に「モーニングコーヒー」でメジャーデビューし、その後は、国民的アイドルグループとして成長した。 番組では、矢口が、現役メンバーから2人を厳選し、"ミニモニ。 "が1日限りで復活するほか、テレビ東京系列で放映された初の冠番組「ハロー!モーニング。 」の名場面集もオンエア! 見どころ盛りだくさんでおくる。 そこで「読むテレ東」取材班は、メンバー総勢25名が集結した収録現場に独占密着取材! 全3回に渡って、番組の見どころ&記者による現場レポートをあますことなくお届けする。 第1回目は、特番の中から2つのコーナーを紹介。 「モーニング娘。 20年ヒストリー!」 出演メンバーがスタジオに全員集合。 モーニング娘。 の歴史を振り返る。 懐かしの貴重映像の中には、モーニング娘。 結成のきっかけとなった「シャ乱Qロックボーカリストオーディション」の名シーンも! 久しぶりとなる矢口と中澤の掛け合いや、今だからこそ話せる中澤の思い出話は、要必見! ハロプロファン歴18年をほこる女性記者・Iが語る注目ポイントはここ! 「モーニング娘。 歴代メンバーのオーディション映像をOG&現役メンバーで鑑賞するこのコーナー。 歴代41名分のオーディション映像を一気に見る機会なんてなかなかない! 下手をしたら、最初で最後の豪華企画かもしれません。 現役メンバーの加入当時の様子を、OGメンバーと現役メンバーが一緒に見るという夢のようなコラボ企画です。 中でも、6期メンバー(道重ら)が合格を知った後、どんな反応をしたのか、"スッピン歌姫オーディション"で合格した小田(さくら)さんが、当時からどのくらい歌がうまかったのか...。 スタジオにいるメンバーたちの反応も様々なので、リアルタイムはもちろんですが、録画で何度も見て、自分なりの楽しみ方をどんどん見つけてみてください!」(女性記者・I 以下同) 「ハロー!モーニング。 」名珍場面集 2000年から7年間テレビ東京系列で放送されていた「ハロー!モーニング。 」は、モーニング娘。 の歴史を語る上では欠かせない冠番組。 史上最年少でMCを務めた後藤真希、飯田が、憧れの松田聖子の登場に感動して泣いたあのシーンまで... 、貴重な映像を一挙大放出する。 ハロプロファン歴18年をほこる女性記者・Iが語る注目ポイントはここ! 「『ハロモニ。 』でキャラを開花させたメンバーは多いですよね。 残念ながら今回は出演しませんが、後藤真希さんや小川麻琴さん、亀井絵里さんも印象深いです。 ケメ子(保田圭さん・2期)、綾小路文麿(後藤真希さん・3期)、おじゃマルシェ紺野(紺野あさ美さん・5期)つぼみちゃん(藤本美貴さん・6期)、エリザベスキャメイ(亀井絵里さん・6期)など、今回出演しないメンバーの秘蔵映像もたくさんオンエアされます。 また、スタジオのメンバーからは、『まこっちゃーん!』『カメちゃん!!』の声が何度も聞こえ、"『ハロモニ。 』ってやっぱりすごい番組なんだな~"と痛感しました。 このコーナーを見ただけでも、単にアイドルではなく、どんな時も全力で取り組むメンバーの姿勢が伝わってきて、その意識がちゃんと後輩たちに受け継がれている様子が垣間見えます。 そんな部分にも、ぜひ注目してください。 "現役メンバーがこのキャラをやったら面白そう!"など、妄想しながら楽しむこともできると思います」 さらにI記者によれば、こんな細かい見どころも! 「現役メンバーのバックにモーニング娘。 の歴代メンバーが並んでいたり、"ハロモニ。 劇場"や"ハロプロニュース"で使っていたセットを掘り起こしたり...。 現役メンバーの小田さんは、スタジオに入った瞬間『うわあ~、頑固一徹のセットだー!』と興奮していたそう。 また、スタジオの顔パネルは、今回出演していないOGメンバーのパネルがより見えやすい位置にあるなど、いかに"モーニング娘。 "が愛されているかがわかるので、メンバーだけでなく、ぜひ凝ったセットにも注目してください!」 【番組概要】 「モーニング娘。 20周年記念スペシャル」 2月12日(月)昼0時~1時55分.

次の