森川 葵 インスタ。 森川葵が可愛い!歴代彼氏が豪華!中高生モデル時代も気になる!

森川葵がインスタで『あのギャグ』を再現? 「せっかく大人っぽいのに…」と後悔をポロリ

森川 葵 インスタ

女優の森川葵が29日、『それって!? 実際どうなの課』 日本テレビ系 に出演し、複数のカップを決められた形に積み上げ、そのタイムを競う「スポーツ・スタッキング」に挑戦して視聴者を驚かせた。 これまでにも同番組で様々なジャンルの達人に弟子入りし、達人だからそこできる技の数々に挑戦してきた森川。 その後、第一人者の達人でも取得するまでに半年かかったという2つの異なる形の石を立てる技も1回で難なく成功させ、達人を驚かせた。 他にも、「プロでもなかなかできない」と言われる「クレーンゲーム」の難しい技も簡単に成功させたり、水面に向かって石を投げ、石が跳ねた回数を競う「水切り」に挑戦した時は女性日本王者レベルの15回をはるかに超える、22回に成功。 そして、カップを振りながら、複数のダイス サイコロ をカップの中に入れて積み上げていく「ダイススタッキング」でも達人が「今まで見た人の中で一番早い」という驚異のスピードで技を成功させて、達人たちが森川の勢いにのまれるほどだった。 そんな森川が今回挑戦した「スポーツ・スタッキング」では、スタンダードなカップではなく、コントロールが難しいものの好タイムが狙えるプロシリーズのカップを使用。 簡単な技からスタートさせると、早くも日本大会3位のタイムを記録し、これまで1万人以上を指導してきたという達人を「 森川ほど習得の早い人は 両手で数えられるほどしかいない」と驚かせた。 簡単な技をクリアしたことで、難しい技のためバラエティでも「ほとんどの芸能人が挑戦しない」という「サイクルスタック」という技に森川は挑戦。 「20秒を切る人はほとんど見たことがない」と言われる技だが、1日で習得し、見事に17秒台の記録を叩き出していた。 森川の偉業に驚いた人も多く、ネット上では「こんなマンガみたいな天才居るんだな」「もはや神レベル! センスの塊。 凄すぎるでしょ」という声が挙がったほか「イッテQでみやぞんと達人技の習得スピード競ってほしいレベル」「女版手越みたい」と、『世界の果てまでイッテQ! 』 日本テレビ系 への出演を熱望する人も多く見受けられた。 森川曰く、「できることはいつだってできる」「できないなんてあり得ない」という心意気で数々の技に挑んでいるようだが、森川の器用さに多くの視聴者がくぎ付けになったようだ。

次の

森川葵さんの前歯や歯並び

森川 葵 インスタ

女優の森川葵が29日、『それって!? 実際どうなの課』 日本テレビ系 に出演し、複数のカップを決められた形に積み上げ、そのタイムを競う「スポーツ・スタッキング」に挑戦して視聴者を驚かせた。 これまでにも同番組で様々なジャンルの達人に弟子入りし、達人だからそこできる技の数々に挑戦してきた森川。 その後、第一人者の達人でも取得するまでに半年かかったという2つの異なる形の石を立てる技も1回で難なく成功させ、達人を驚かせた。 他にも、「プロでもなかなかできない」と言われる「クレーンゲーム」の難しい技も簡単に成功させたり、水面に向かって石を投げ、石が跳ねた回数を競う「水切り」に挑戦した時は女性日本王者レベルの15回をはるかに超える、22回に成功。 そして、カップを振りながら、複数のダイス サイコロ をカップの中に入れて積み上げていく「ダイススタッキング」でも達人が「今まで見た人の中で一番早い」という驚異のスピードで技を成功させて、達人たちが森川の勢いにのまれるほどだった。 そんな森川が今回挑戦した「スポーツ・スタッキング」では、スタンダードなカップではなく、コントロールが難しいものの好タイムが狙えるプロシリーズのカップを使用。 簡単な技からスタートさせると、早くも日本大会3位のタイムを記録し、これまで1万人以上を指導してきたという達人を「 森川ほど習得の早い人は 両手で数えられるほどしかいない」と驚かせた。 簡単な技をクリアしたことで、難しい技のためバラエティでも「ほとんどの芸能人が挑戦しない」という「サイクルスタック」という技に森川は挑戦。 「20秒を切る人はほとんど見たことがない」と言われる技だが、1日で習得し、見事に17秒台の記録を叩き出していた。 森川の偉業に驚いた人も多く、ネット上では「こんなマンガみたいな天才居るんだな」「もはや神レベル! センスの塊。 凄すぎるでしょ」という声が挙がったほか「イッテQでみやぞんと達人技の習得スピード競ってほしいレベル」「女版手越みたい」と、『世界の果てまでイッテQ! 』 日本テレビ系 への出演を熱望する人も多く見受けられた。 森川曰く、「できることはいつだってできる」「できないなんてあり得ない」という心意気で数々の技に挑んでいるようだが、森川の器用さに多くの視聴者がくぎ付けになったようだ。

次の

森川葵がインスタで『あのギャグ』を再現? 「せっかく大人っぽいのに…」と後悔をポロリ

森川 葵 インスタ

演じるにあたり、不安はなかったですか。 「もともと写真集を見ていて、男性向けなのかもしれないけれど、私もこういうの好きだなって思っていたんです。 だから、不安は一切なかったですね。 主演というプレッシャーも特になかったです。 原案の写真集のファンだったとも伺いましたが。 「脚本をいただいて初めて読んだときに、写真集とはまた違った世界がそこにはあって、女子高に通っている女の子たちが恋に部活に一生懸命な姿を描いているなと感じました。 「マナミって、脚本を読んだときはちょっとオドオドしていて自分を出せない女の子なのかなという印象があったんです。 そこからは幼なじみのアイとのシーンではいつもの私のように元気な部分を出していきました。 でも、チユキとのシーンは彼女に対する憧れや恋心を感じているので、ちょっと距離をおくというかひとつひとつの言動に動揺しちゃう感じを出すようにしていました。 マナミはしっかり者に見えるけれど、それは放送部の部長としての姿なんですよね。 と思ってしまったのですが。 「リハーサルもかねて、ある学校の放送部の見学に行ったんです。 そこの学校は本当に厳しくて、たとえば先輩が4人、部室に入ってきたら後輩は4回あいさつするんですよ! 発声練習などもその部活でやっているものを教えてもらいました。 だから、リアルなんです。 外郎売は毎日リハーサルや声だしでやっていたので、すぐに覚えることができました。 森川さんも感じたりしますか? 「私、女の子好きですよ。 だって、可愛い!っていいことじゃないですか。 それに、一緒に出かけたときに手をつないだりってことも、多くの人がしたことあると思うんですよね。 ちなみに、私はチユキみたいなサバサバしたタイプが好きです。 朝、ロケバスで撮影現場に向かうので遠足みたいでした。 とっても暑かったので、現場にはかき氷器があって、よく食べていたんですけど、みんなイチゴとメロンのシロップがあったのになぜかイチゴばっかり食べて(笑)仕事でなかなかお祭りには行けないので、かき氷を食べながらお祭り気分を味わいました。 最近、変化を感じることは? 「うーん、なんだろう。 苦手だったスイカが食べられるようになったことですかね(笑)。 昔はカブトムシになった気がして苦手だったけど、意外とおいしいじゃんって気づいてからはけっこう食べています。 気持ちの上では特に成長しているなとか、大人になったなっていうのは自分ではわからないですね。 それは演技に対してもそうかもしれません。 目標や憧れも設定してなくて、今、自分がやれることを一生懸命やる。 なんで私なのか、という思いもあります。 でも、求められるならそれに応えたいし、一生懸命やりたいと思っています。 役ごとにイメージが違うね、森川だってわからなかったという声もいただきます。 最近、気づいたのですが今まで演じてきた役のヘアスタイルがどれも違うんですよ。 今回のマナミはおでこを出していて、それが凛とした表情にもつながるのかな。 ヘアスタイルを変えることは、見た目はもちろんですが、気持ちも変わるもの。 「写真集と映画は違うものと考えています。 映画は、女子高生が部活を頑張っている姿や、恋愛や友情に悩む姿を爽やかに映し出しています。 ちょっとドキッとするシーンもありますが、共感できる部分も多くあるんじゃないかな。 私はアイとのプールサイドでのシーンがお気に入りなので、チェックしてください!」.

次の