ダイヤモンド パール 御 三家。 御三家

【ポケモンDPt】マーズの攻略法!手持ち・おすすめポケモン紹介【ダイヤモンド・パール・プラチナ】

ダイヤモンド パール 御 三家

ANo. 2です。 みなさんはポッチャマを勧めておられますが、 最終的には1匹だけで進むわけではないので、 結局は自分の好みで選んでも、差し支えはありません。 序盤のジムは確かにいわタイプなので、ヒコザルでは苦戦しますね。 まぁそこはポッチャマに限らず、ナエトルでもいいんですけどね。 それ以外にも、探せばくさタイプのスボミーや、いわに強いかくとうタイプのワンリキーもいます。 突破口は必ずあります。 最初の3匹を計画的に選ぶとしても、最初のジム攻略か、 最後まで1匹で進むためのやりこみ位にしか利点はありません。 最終的には野生にいるポケモンを捕まえ、数種類のポケモンを連れて歩くので、 結局は最初になにを選んでも同じような状況になります。 1つの型にはまった攻略ではないのがポケモンの奥の深さで、 自由に選べるのがポケモンの醍醐味でもあります。 他人が言うからそれに決めてしまうのではなく、 最後は自分の判断に任せることをオススメします。 全員がそうするからこそ、通信と言うものも楽しくなります。 好みで選ぶほうが愛着もいちだんとわきます。 ANo. 4さんの開発スタッフの方の意図ですが、 開発スタッフの方も必ずそれを選べと言っているわけではありません。 結局は遊び手側の好み任せにしていると思います。 あと、こちらも参考になると思います。 いくつかのおすすめポケモンが書かれていますが、 決してこれに決めろと言うものではなく、 あくまでもこれを参考に自分の好みのポケモンを見つけるようにと 適当なアドバイスだけ書かれています。 参考URL: どのポケモンを選んでも、そのポケモン1匹だけで進むと言ったやり方でない限りは、 難易度にさほどの変化はありません。 自分の好みで選ぶべきです。 ただ、今回はみずポケモンは手に入りやすく、 殿堂入りするまでは、ほのおポケモンはポニータとギャロップの2種類しかいません。 他にもほのおポケモンが欲しい場合は、ヒコザルを選ぶのもよいでしょう。 みずポケモンは釣らなくても、ブイゼルが草むらで簡単に発見できます。 他にもおなじみコイキングやメノクラゲ等のみずポケモンも多数います。 ポッチャマを選ばなくても、みずポケモンに困る心配はありません。 しかし、博士からもらう最初の3種類のポケモンは、 最後にはめずらしいタイプの組み合わせのポケモンに進化します。 結局は選ばなかったポケモンも、通信交換でもらうことも出来ますし、 道中似たようなタイプのポケモンは、いくらでも手に入ります。 3匹を選ぶのは、自分の好みで選ぶのがいいです。 Q こんにちは。 ポケモン初心者です。 どなたかアドバイスをください。 クロガネシティーの女の子との交換によって手に入れたケーシィが、レベルが上がるにつれてだんだんゆうことを聞かなくなってしまいました。 最初のうちは、「めざめるパワー」を覚えさせたことによりイシツブテ等に対しては多大な効果を上げられ、また交換によって手に入れたポケモンは経験値を多めに貰えることから、調子に乗ってガンガンとレベル・アップさせていました。 ところが、レベルが上がるにつれ、こちらの指示をだんだんと無視するようになったのです。 「めざめるパワー」を使ってほしいのに、知らんぷりしたり、勝手に「テレポート」したりと、さんざんです。 現在レベル15なのですが、四、五回に一回くらいの割合でしか指示に従ってくれません。 こんな子に育てた覚えはないのに……。 この問題児のケーシィを更生させることは、できないのでしょうか? また、もうすぐユンゲラーに進化するのですが、このまま進化させても大丈夫でしょうか? なにとぞ、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 人からもらったポケモンは、特定の数のジムバッジがなければ言う事を聞かなくなります。 バッジがない場合はレベル10まで。 バッジが2個ならレベル30まで。 バッジが4個ならレベル50まで。 バッジが6個ならレベル70まで。 8個全部揃えば、全てのポケモンが言う事を聞きます。 関係あるのはレベルで、ポケモンの種類や進化の形態は関係ありません。 ポケモンの強さで、最初のページにある「IDNo. これらが自分の物に一致しない、つまり人からもらったポケモンは、言う事を聞かなくなります。 トレーナーIDは、メニューを開いて主人公の名前を選択すれば出てくる トレーナーカードに書かれてあります。 人からもらったポケモンは、経験値を1. 5倍多くもらえるという利点もありますが、 その分言う事を聞かなくなるという欠点も備えています。 ただし自分が捕まえたりしたポケモンは、得られる経験値は普通ですが、 バッジが少なくてもどんなにレベルを上げても言う事を聞きます。 もちろん自分のポケモンなら、通信交換で一度交換して返してもらっても、 交換相手が育ててレベルが上がっていたとしても、ちゃんと言う事を聞きます。 人からもらったポケモンは、特定の数のジムバッジがなければ言う事を聞かなくなります。 バッジがない場合はレベル10まで。 バッジが2個ならレベル30まで。 バッジが4個ならレベル50まで。 バッジが6個ならレベル70まで。 8個全部揃えば、全てのポケモンが言う事を聞きます。 関係あるのはレベルで、ポケモンの種類や進化の形態は関係ありません。 ポケモンの強さで、最初のページにある「IDNo. A ベストアンサー ポケモンの技はタイプの他に「通常攻撃」と「特殊攻撃」にわかれています。 特殊攻撃だとは下記の方の説明通り。 ほのお みず でんき くさ こおり エスパー ドラゴン あく になります。 たとえばアニメ版ピカチュウを例にすると、 10万ボルト(とくこう) ボルテッカー(とくこう) アイアンテール(こうげき) 電光石火(こうげき) に属します。 たとえば「とくこう100」「こうげき40」のピカチュウがいたとします。 このピカチュウが「でんげきは」と「でんこうせつか」を覚えているとして、おおざっぱに言うと。 でんげきは・とくこう100+威力60=160の攻撃 でんこうせっか・こうげき40+威力40=80の攻撃 になります。 ピカチュウはでんきタイプなので、電気技を使うと160の攻撃に1.5倍のダメージボーナスがつきます。 よって電撃波の方がはるかに威力が高くなります。 ただ、相手が同じでんきタイプだった場合、相性により電気技は半減されるので、 でんげきは=160-80で80の攻撃 でんこうせつか=80の攻撃 になって威力はほぼ同じになります。 ですが、ダメージボーナスの分電撃波の方が80+の威力になるので多少上になります。 要するに、とくこうの低い特殊タイプ持ちは弱い、という事になります。 ノーマルタイプは基本的にとくこうが低いので、効果はバツグンでも一撃必殺になりにくいのは「とくこうが低い」からです。 上の事から、威力が85のアイアンテール(こうげき)を攻撃が40のピカチュウが使っても125の攻撃にしかならず、相性が普通なら「とくこう100の10万ボルト」の方が強烈という事になります。 とくぼうは逆で「特殊攻撃に対する防御力です」 たとえば「とくぼう100」「ぼうぎょ40」のキャラは、「特殊属性」の攻撃より「通常属性」の方が怖くなります。 エスパータイプはその典型なので、特殊攻撃の強いキャラの攻撃には強いのですが、地面タイプなどの「こうげき力」の高いキャラの攻撃にめっぽう弱いという事になります。 たとえば「めいそう」を連発されると、水や草や炎などにはめっぽう強くなられてイヤになってしまいますが、瞑想は「とくぼう」を上げる技なので、通常属性の飛行や地面などには全く意味がありません。 これと逆なのが「てっぺき」です。 鉄壁は「ぼうぎょ」を上げる技なので通常属性には強くなりますが、特殊属性の攻撃には全く意味のない技となります。 総括すると 通常属性のダメージを減らすのが「ぼうぎょ」 特殊属性のダメージを減らすのが「とくぼう」 通常属性のダメージを上げるのが「こうげき」 特殊属性のダメージを上げるのが「とくこう」 です。 よって、水タイプなのに攻撃がよくあがるポケモンはダメダメで、地面タイプなのに特攻が先行して上がるポケモンも最悪です。 それはポケモンの「性格」が大きく関係しているのですが、それは詳しいサイトでご欄下さい。 ポケモンの技はタイプの他に「通常攻撃」と「特殊攻撃」にわかれています。 特殊攻撃だとは下記の方の説明通り。 ほのお みず でんき くさ こおり エスパー ドラゴン あく になります。 たとえばアニメ版ピカチュウを例にすると、 10万ボルト(とくこう) ボルテッカー(とくこう) アイアンテール(こうげき) 電光石火(こうげき) に属します。 たとえば「とくこう100」「こうげき40」のピカチュウがいたとします。 このピカチュウが「でんげきは」と「でんこうせつか」を覚え... A ベストアンサー 後は、どんな技を覚えさせているかで変わってきますね。 特に、各ポケモンの弱点に対抗できる技を覚えさせているかどうかで、よりバランスの取れたパーティーになるでしょう。 ただ、これには技マシーンが手元にあるかどうかも絡んできますけどね。 例えば リーフィア……炎と毒対策に『あなをほる』。 虫対策に『つばめがえし』。 エーフィ……ゴースト対策に『シャドーボール』。 レントラー……対策は、タマゴ技で覚える『こおりのキバ』位で、技マシーンでの対策は皆無。 攻撃型電気タイプなら『エレキブル』の方が使えるかもしれませんね。 それか『ジバコイル』? ヘルガー……水対策に『かみなりのキバ』をノモセのわざおしえマニアに教えてもらう。 水対策にプラスして岩地面対策として『ソーラービーム』を『にほんばれ』とセットにして覚える。 フライゴン……最大の弱点である氷対策に『いわなだれ』や『はがねのつばさ』。 マナフィ……草対策に『れいとうビーム』。 ちなみに、僕が考える最強パーティーは ウインディ(炎タイプ攻撃最強クラス) ロズレイド(草タイプ特殊最強クラス) グレイシア(氷タイプ特殊最強クラス) トゲキッス(飛行タイプ特殊最強クラス) バンギラス(岩タイプ攻撃最強クラス) ミュウツー(こいつばかりは反則かな……) 後は、どんな技を覚えさせているかで変わってきますね。 特に、各ポケモンの弱点に対抗できる技を覚えさせているかどうかで、よりバランスの取れたパーティーになるでしょう。 ただ、これには技マシーンが手元にあるかどうかも絡んできますけどね。 例えば リーフィア……炎と毒対策に『あなをほる』。 虫対策に『つばめがえし』。 エーフィ……ゴースト対策に『シャドーボール』。 レントラー……対策は、タマゴ技で覚える『こおりのキバ』位で、技マシーンでの対策は皆無。 攻撃型電気タイプなら『エレキブル』の方... A ベストアンサー シビルドン。 マジで強いです。 攻撃、特攻も高いし、あの巨体で浮遊も持っていて、地面タイプが攻撃できない、弱点らしい弱点がありません。 しかしシビシラスが出現しにくいのと、進化レベルが39と高いうえに、初期は防御面がかなり弱いので、弱点じゃなくてもよく死にます。 次にサザンドラです。 悪、ドラゴンで、攻撃・素早さが高いうえに、弱点が乏しいです。 初手で出すなら、このポケモンでしょう。 あと、私はガマゲロゲを使っています。 ガマゲロゲはとりわけ強い能力が無いのですが、しかし弱い能力もありません。 なので、敵にしたら長期戦は間違いない相手です。 これを逆手にとって、ガマゲロゲはドレインパンチを憶えるので、格闘タイプの威力を上げる道具を持たせて、バトルしています。 それと質問者さまは、伝説のポケモンは使わないで、通常のポケモンでバトルするタイプでしょうか? 伝説のポケモンは能力値が普通のポケモンと一線を画すので、強制ギプス付きで育てただけで強くなります。 私も高校でダイヤモンドパールをしていた時は、普通のポケモンを強くしてましたが、今は体力・時間的に厳しく、加えて今作は前作と比べ物にならないくらい良い作品ですので、通常ポケモンの強くする育成なしで、普通に強いポケモンで進めています。 参考までに・・・・・・ あと余談ですが、素早さの非常に高いポケモンに「フリーフォール」を憶えさせるだけで、相手は手も足も出ません。 1ターン目に相手を上空に連れ去る。 相手ポケモン、攻撃できない。 2ターン目、相手ポケモンは選択コマンドできない。 フリーフォールで落とす。 相手ポケモン、何も出来ずに次ターンへ。 この連続です。 シビルドン。 マジで強いです。 攻撃、特攻も高いし、あの巨体で浮遊も持っていて、地面タイプが攻撃できない、弱点らしい弱点がありません。 しかしシビシラスが出現しにくいのと、進化レベルが39と高いうえに、初期は防御面がかなり弱いので、弱点じゃなくてもよく死にます。 次にサザンドラです。 悪、ドラゴンで、攻撃・素早さが高いうえに、弱点が乏しいです。 初手で出すなら、このポケモンでしょう。 あと、私はガマゲロゲを使っています。 ガマゲロゲはとりわけ強い能力が無いのですが、しかし弱い能力も... A ベストアンサー 違いはたくさんあります。 ポケモン関連 一部ポケモンのグラフィックやアニメーションが変わった。 シンオウ図鑑の番号が増え、今までクリア後やGBAとの通信でしか手に入らなかったポケモンが一部出る。 簡単に言うと、シンオウで新たに進化が確認されたポケモン(例:ダイノーズ)の進化前(例の例:ノズパス)が出てくる。 マナフィの姿をポケモンやしき内の本で見られる。 クリア前でもロトムに会える。 ロトム、ギラティナ、シェイミがフォルムチェンジをする。 プラチナ内だけで有効。 ロトムは5種類のフォルムチェンジをする。 ギラティナがLv. 47で出てきて、条件を満たせばディアルガやパルキアとも戦える。 シェイミのスカイフォルムは、夜になったりこおり状態になるとランドフォルムに戻る。 2008年の映画の特別前売券でもらえるレジギガスを特定の場所に連れていくことで、レジロック、レジアイス、レジスチルの3体と戦える。 30 クリア後にファイヤー、サンダー、フリーザーと戦える。 60 メタモンは218番道路に出現せず、自慢の裏庭にLv. 22で出現する。 ウラヤマさんとの会話フラグが必要。 レジギガスはLv. 1でキッサキしんでんにでる。 殿堂入りと、全国図鑑にする必要がある。 手持ちに「レジロック」、「レジスチル」「レジアイス」をつれ、一番下の階のレジギガスに話かける。 施設関連 バトルタワーのあったところがバトルフロンティアとして、いくつかのバトル関連の施設が集まっている。 GTSがグローバルターミナルとなり、今までのGTSに加えいくつかのWi-Fi関連の機能が増えた。 ポケモンセンターの地下の扉が増え、Wi-Fiでミニゲームなどを遊べるようになった。 テレビ局のクジが当選するまで何度も確認可能 番号は日替わり。 くじのお姉さんがスージーと名乗るようになった。 一部ジムや、施設の構造が異なる。 デパートに地下ができ、食料品系のアイテムが買える。 ふれあいひろばの構造が大幅に変更。 ナエトル、ヒコザル、ポッチャマやその進化形も入れる。 まんげつじまでそらをとぶができない。 タタラせいてつじょでほしのかけらを色のかけら1つずつと交換してもらえる。 街と道路の間にある建物内を自転車で走れるようになった。 乗り降りが不要になった分移動効率アップ。 戦闘関連 戦闘での処理が一部速くなっている。 眠りの継続ターン数も減少。 混乱が解けやすくなっている? アンコールの継続ターン数が2~6から3~7になっている。 急所に当たる確率が上がっている?要検証。 教え技が大幅に増えた。 レベルアップで覚える技が一部異なる。 めざめるパワーのタイプを教えてくれる人がいる。 (トバリの景品交換所) 個体値を判別してくれる人がいる。 ジムリーダーや四天王が強くなる。 (ハードマウンテン攻略後) 道具関連 落ちているどうぐ ダウジング含む の種類や配置などが異なることがある。 バトルレコーダーが追加され、対戦を録画・再生できる。 ロトムのフォルムチェンジに必要な道具「ひみつのカギ」が配信される。 5回おすそわけができ、最大20人まで配れる。 予定 ギラティナ用の道具「はっきんだま」が手に入り、これでオリジンフォルムを維持できる。 ダイヤモンド・パールには送れない。 手持ちにシェイミがいると、シェイミのフォルムチェンジに必要な道具「グラシデアのはな」がソノオタウンでもらえる。 あまいミツやモーモーミルクがまとめ買いできる。 デパートに増えた地下1Fで一部の木の実やポフィンなどが買える。 ポケッチのアプリ切り替えボタンが2つになり、進む・戻る形になった 木や草むら、建物などのグラフィックが異なる。 前作では配信されていたアプリ「あいしょうチェッカー」が手に入る。 ただしタマゴとの相性はチェックできない。 だいすきクラブ限定のボックス用背景のデザインが違う。 なみのりの移動スピードが速い。 みんなのポケモン牧場はプラチナ対応版 無償アップデート可 でないと通信できない。 11月配信開始予定 四天王の部屋の扉から「なみのり」が使えたバグが改善されている。 「へんしん」関連のバグが改善されている。 セーブにかかる時間がワンテンポ長い。 ボックスデータに変更があった場合のセーブにかかる時間はさらに長い。 ゲームセンターでコインを購入する際に効果音が鳴るようになり時間がかかるようになった。 ダイパを手放すのなら、レアなわざマシンや道具などを送ってからにしたほうがいいと思いますよ。 違いはたくさんあります。 ポケモン関連 一部ポケモンのグラフィックやアニメーションが変わった。 シンオウ図鑑の番号が増え、今までクリア後やGBAとの通信でしか手に入らなかったポケモンが一部出る。 簡単に言うと、シンオウで新たに進化が確認されたポケモン(例:ダイノーズ)の進化前(例の例:ノズパス)が出てくる。 マナフィの姿をポケモンやしき内の本で見られる。 クリア... Q 現在ポケットモンスター(ダイヤモンド)をプレイしています。 今はまだ、ミオシティあたりなのですが、そろそろ育てるポケモンを整理したいと思い質問させていただきました。 ちなみに、メインで育ててるのは ムクホーク(レベル43) ロゼリア(レベル41) ギャロップ(レベル40) ピカチュウ(レベル43) エンペルト(レベル45) その他育てようかと考えているのが ユンゲラー 33 、アゲハント 40 、ニューラ 33 ハガネール 33 、ゴローン 33 、クロバット 40 カイリキー 33 、ニャルマー 35 、リオル 20 この中で四天王戦で連れて行くならどのメンバーがいいのか是非アドバイスお願いします。 今後そのメンバー中心に育てたいと思っています。 できたら今メインで育ててるメンバーは全員連れていきたいのですが、四天王戦に不向きなポケモンがいたら教えてください。 ポケモン初心者なので、このポケモンのこの技は絶対覚えたほうがいいなどもありましたらよろしくお願いします。 A ベストアンサー 一人目は虫タイプです。 ムクホークがいいでしょう。 飛行技とあとインファイトを覚えさせて下さい(ドラピオンのため) 二人目は地面とか岩です。 技はエナジーボールがイイかと 三人目は炎ですエンペルトで途中までせめて相手がゴウカザルミミロップで攻めてきたらムクホークに変えましょう。 四人目はエスパーです。 ギャロップのメガホーン(命中が心配ですが)チャーレムのときはムクホークに変えましょう。 チャンピョンはミカルゲ・ロズレイド・トリトドン・ミロカロス・ルカリオ・ガブリアスを出してきます。 ミカルゲはどのポケでもいいので力押し ロズレイドはギャロップかムクホークで トリトドンはロズレイドで ミロカロスはロズレイド一発では倒せないしおそらく一発でロズレイドは負けるんで電気玉もちピカチュウかライチュウでとどめを ルカリオはムクホークのインファイトで ガブリアスは氷で攻めると良いのですがそのエンペルトが素早さが低く一発で落とされる可能性もあります。 回復・交代をしながら削っていきましょう パーティ ロズレイド・ムクホーク・ギャロップ・ピカ、ライチュウ・エンペルトあとはその時点で一番使える物にしてみては? 道具・レベル上げを忘れずに 他にも必要なポケいますがそのパーティでのチームです。 一人目は虫タイプです。 ムクホークがいいでしょう。 飛行技とあとインファイトを覚えさせて下さい(ドラピオンのため) 二人目は地面とか岩です。 技はエナジーボールがイイかと 三人目は炎ですエンペルトで途中までせめて相手がゴウカザルミミロップで攻めてきたらムクホークに変えましょう。 四人目はエスパーです。 ギャロップのメガホーン(命中が心配ですが)チャーレムのときはムクホークに変えましょう。 チャンピョンはミカルゲ・ロズレイド・トリト... A ベストアンサー プレイされるソフトにもよると思いますよ。 既に出ていますが ・リザードン 能力的にも申し分なく、タイプ・種類共に覚えられる技が豊富。 攻撃・特攻どちらをとっても幅広い場面で使える。 ・ムクホーク 素早さ&攻撃が高いので先手を取って攻めたい人にオススメ。 覚える攻撃技の殆どが飛行かノーマル、それも物理攻撃が主なので限られた戦いしかできない。 ・ボーマンダ こちらも素早さ&攻撃が決め手。 素早さとり防御を重視したいなら『カイリュー(攻撃はボーマンダとほぼ同じ)』がオススメ ・そらピカ "そらをとぶ"を覚えたピカチュウです(進化は可?) Wi-Fiが必要ですが、ハートゴールド・ソウルシルバー付属のポケウォーカーからGETできます。 実際のバトルで飛行タイプって殆ど使いませんよね?(炎、氷、エスパーがいれば相性的には十分) 私は"そらをとぶ"のためだけにひこうタイプを育てるのが面倒なのでそらピカを入れています。 プレイされるソフトにもよると思いますよ。 既に出ていますが ・リザードン 能力的にも申し分なく、タイプ・種類共に覚えられる技が豊富。 攻撃・特攻どちらをとっても幅広い場面で使える。 ・ムクホーク 素早さ&攻撃が高いので先手を取って攻めたい人にオススメ。 覚える攻撃技の殆どが飛行かノーマル、それも物理攻撃が主なので限られた戦いしかできない。 ・ボーマンダ こちらも素早さ&攻撃が決め手。 素早さとり... 大湿原=212ばんどうろ ですか? 具体的にギンガ団がどこにいるのか教えていただけないでしょうか? 大湿原とは、サファリパークのことです。 大湿原に入るゲート(?)がありますよね。 大湿原に入るゲートの外に、ギンガ団のしたっぱがいます。 もしいないのであれば、大湿原に入ってすぐのところに少年がいます。 その少年に話しかけると、ひでんわざマシン05「きりばらい」 がもらえます。 そうすれば、ギンガ団が現れます。 html c1e2676a をご覧ください。

次の

【ポケモンサンムーン】御三家(最初のポケモン)のおすすめと進化【SM】|ゲームエイト

ダイヤモンド パール 御 三家

この項目では、アニメ作品について説明しています。 原作に当たるゲームについては「」をご覧ください。 系列()などではから(平成22年)まで、『』の続編として放送された。 「 ポケモンDP」などと略される場合もある。 以下、アニメ版ポケットモンスターのシリーズ作品を示す際は必要に応じ、からに放送された『』は「無印」または「無印編」、『アドバンスジェネレーション』は「AG」、『』は「BW」と表記する。 詳細は「」を参照 ゲーム版『』の発売日当日にスタートしたシリーズである。 前シリーズのと同様にゲーム版の女の子用主人公をモデルにしたがもう1人の主人公として登場する。 『AG』最終回でと・が行きの船に乗り、『DP』1話のラストでシンオウ地方に到着することで前作と繋がっている。 また、一部の話では過去のことが語られている。 タイトルからも分かるように本作は当時発売している本編ゲーム『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』をベースにしており途中から『ポケットモンスター プラチナ』『』の要素も絡めている。 シリーズの変更に合わせて番組最後のミニコーナーも変更となり、前作の「ポケモンクイズ」に代わって「オーキド博士のポケモン講座」を改題した「オーキド博士のポケモン大百科」がスタートした。 さらに 放送の第98話からは、クイズ形式に派生した「オーキド博士のポケモン大検定」として放送されていた。 TXNでの初回放送では初めてとなる3話連続放送のとして放送された。 系列外の地方局については原則的には従来通り3週に分けて放送されたが、の と ではで放送された。 その後、2009年4月で長年放送された『』の放送終了で2枠に分割された結果、19時台のスペシャルは『ポケモン』シリーズと後枠の『』がおおむね交互に放送されるようになり、2017年3月に『NARUTO -ナルト- 疾風伝』が終了するまでこの形式が続いた。 スペシャル時などのコーナーナレーションはが担当している。 でポケモンアニメ10周年を迎え、第32話「琥珀の城のビークイン!」でテレビシリーズ通算500回目の放送を達成した。 では、第132話「フルバトル! シンジ対サトシ!! (後編)」で通算600回目の放送を達成した。 番組最高は第1-3話(2時間スペシャル)の9. のみを実施。 黄色はサトシで水色はヒカリでその他のキャラクターは白色で表示される。 本作放送終了後は、引き続き全てのネット局で『』が放送されている。 まで、2話の特別編エピソードでは、でも放送された。 関東地区での視聴率は7. 遅れネット局では30分ずつ2話に分けて放送されたが、では放送されていない。 シリーズの中でや未放送()となった話が存在しないシリーズは海外版を除いて、初でもある。 製作 [ ] 今シリーズからは、かつて『無印編』の初期にが担当していたの職が復活し、が担当した。 また、本作では複数の回に跨る伏線が多数散りばめられるようになり、2人の主人公が頻繁に苦悩・葛藤し、着実に成長を遂げていく姿が描かれるなど、ドラマ性が強い作品となっている。 もから『無印編』や『AG』のを担当していたが総作監と兼任する形で担当することになった。 第171話からは総作監をが山田から引き継ぎ、各話演出のがと共同で監督を務めた。 本作でも井口憲明率いるTEAM IGUCHIが表記されていたが、第136話を最後に降板。 これがチームとして最後の作品となった。 第164話からは『』などの制作デスクを務めていた加藤浩幸が制作担当に就任し、新たにTeam Katoがクレジットされるようになった。 ストーリーについて [ ] 本作は、ゲーム版の設定を『AG』以上に踏襲している点が見られる。 同一シリーズ内では初めて四天王・チャンピオンが出揃ったり、ゲーム中にダンジョンなどで登場することになるパートナーキャラ(モミやミル・ゲンなど)が全員登場するなど、登場キャラクターにも恵まれている。 一方で、無印や『AG』、『BW』と異なりストーリーの舞台が大きく移されることはなく最後までシンオウ地方の冒険であり 、ゲーム版『』で新登場のポケモンが先駆けて登場することもなかった。 ただし『ポケモンレンジャー 光の軌跡』、『ポケモン不思議のダンジョン』、『』の発売に伴いそれに連動した話は作られている。 本作の最終回は無印の金銀編やAGのようにラストで新地方に向かうのではなく、サトシとピカチュウがマサラタウンに帰還する後ろ姿で物語が締めくくられている。 同じく最終回での・・がサカキに呼ばれることから、BWはサトシがシンオウ地方から帰還後のストーリーとされている。 番組内で行われた特別企画 [ ] シリーズ10周年企画 このシリーズの放送期間中にはテレビアニメの放送が10周年を迎え 、放送の第30話(1時間スペシャル)から放送の第49・50話(2時間スペシャル)までは放送の冒頭に10周年を迎えたことを知らせる短い告知が挿入された。 なおこの期間中の「ポケモン大百科」はタイトルコールがカットされ、冒頭の数秒間の間に画面の右上にタイトルが表示されていた。 また、この期間中は前述の「ポケモン大検定」に代わって『』の出演者が番組ジャックとしてポケモンを題材としたをするミニコーナーが数回放送された。 なお、キャンペーン開始当初は番組の最後にクイズのお知らせを挿入していたため次回予告が短縮版に変更されていたが、途中からはお知らせがテロップ化されたため通常版に戻された。 映像サイズに関して [ ] 後半からのアニメ作品が増えている中、本作は前シリーズから引き続き(画面比4:3)で製作されている状態が続いていた。 本編は2009年4月2日放送 の第121・122話(1時間スペシャル)からハイビジョン制作(画面比16:9)に移行した。 実際には放送 のからハイビジョン製作に切り替わっている。 また話の最後に挿入される「TO BE CONTINUED... 」のが「To Be Continued」のになり、も一新されたほかタイトルコール・の画像も更新された。 アナログ放送では当初での放送となっていたが、放送の第145・146話(1時間スペシャル)からでの放送に移行した。 あらすじ [ ] 舞台は。 その地方のフタバタウンには1人の女の子がいた。 彼女の名はヒカリ。 母親のアヤコは過去にポケモンコーディネーターの頂点「トップコーディネーター」に立った有名人。 アヤコに憧れるヒカリは自分もトップコーディネーターになることを目標としていた。 10歳になって旅立ちの日を迎えたヒカリは、マサゴタウンに研究所を受け持つナナカマド博士から貰ったペンギンポケモン・と共にポケモンコンテストを巡る旅に挑んでいく。 その頃、のを制覇し、、と別れた後、サトシはピカチュウとエイパムを連れて、シンオウリーグ出場を目指すためにシンオウ地方へ。 しかし、後を追って来たの襲撃でピカチュウが吹っ飛ばされてしまう。 サトシはエイパムと共に必死にピカチュウを探し始める。 その最中、ブリーダー修行を続けるためにウソハチとともに旅を再開したタケシと偶然出会い、行動をともにする。 一方、サトシとはぐれたピカチュウは旅を始めたばかりのヒカリに発見されていた。 ナナカマド博士の導きで合流したサトシ達は、それぞれの目標のために3人で旅をすることになる。 登場人物 [ ] スタッフ [ ]• 原案 - 、、• スーパーバイザー -• アソシエイトプロデューサー -• アニメーション監修 -• 総監督 -• 監督 - 、(第171話 - 第193話)• シリーズ構成 -• キャラクター原案 - 、岩下明日香、、富田愛美、吉田宏信、八木裕之、太田敏、海野隆雄、、江尾可奈子、、外山健吉、吉川玲奈、渕野大樹、奥谷順、吉田絵美、後藤浩之、、李ヒョンジョン• キャラクターデザイン -• 総作画監督補佐 - 山下恵(第1話 - 第36話)、小野歩(第107話)、広岡歳仁(第165話 - 第170話)• 美術監督 - 金村勝義• 色彩設計 - 吉野記通• 撮影監督 -• 編集 - 辺見俊夫• 音響監督 -• 音楽 -• 一部原曲・作曲 - 一之瀬剛、青木森一、佐藤仁美• 音楽協力 -• ナレーター -• 協力 -• アニメーションプロデューサー -• アニメーション制作 -• 製作 - 、、 音楽 [ ] 主題歌 [ ] このシリーズでは出演やが多かったこれまでのシリーズと違い、一般のアーティストが担当する曲が大半を占めている。 ちなみに一般のアーティストの大半の楽曲が歌手デビュー作であり、基本的には女性ボーカリストが担当している。 また、リメイクされて別のバージョンに差し替えられることも多い。 CDの発売元は、全て(の)である。 初回を2時間スペシャルで放送したテレビ東京系列局・・では第4話から使用。 54位 183-193 あきよしふみえ with THE GREATEST-BAND 圏外 エンディングテーマ [ ] 話数 曲名 作詞 作曲 編曲 歌手 レーベル 発売日 備考 オリコン最高位 1-23 HIKARI・Project 依田和夫 依田和夫 31位 24-50 テレビ東京系列局と岐阜放送では、1時間スペシャルとして同日に連続で放送された第24話と第25話のスタッフをまとめて表記したエンディングから使用されている。 75位 51-61 62-72・84-95 Sky-Boys 紗希 西岡和哉 48位 73-83 風のメッセージ PokaPoka-VERSION. 依田和夫 96-120 三留一純 歌奈子 54位 121-144 戸田昭吾 たなかひろかず たなかひろかず starring 145-182 、浅草KIDS 荒木啓六 モーモーミルクと 最後は原曲にはない歌詞が追加され、「上」「下」「左」「右」でオチが異なり、その部分の歌詞は音声より後にクレジットされる。 第159・160・163 - 168・169話は、実写のがエンディングで流れた。 第170・171話 - は、歌詞の2番が使用されている。 また、歌詞に合わせて一部のアニメーションも変更された。 82位 183-193 コーラスアレンジに。 これに伴い、スタッフクレジットは画面下部で右から左に流す形式が取られている。 また、エンディング後にエピローグを入れるという特別な構成となった。 オンエア時は、7月1日から配信シングルとして携帯サイト「」で配信されていた。 57位 挿入歌 [ ] この節のが望まれています。 全てノンクレジット。 「」 (第23話)• 「」(第27話など)• 「」(第29話など)• 「」(第33話)• 「」 第44・100話• 「」 第39話• 「」(第47話)• 「」(第67話)• 「」(第68・188話)• 「」(第73話など)• 「」(第74話)• 「」(第77話など)• 「」(第76・77話、76話はインストバージョン)• 「君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜」(第77話など)• 「」(第82話)• 「」(第87・193話)• 「」(第92話)• 「」(第92話)• 「ともだち記念日」(イントロのみ)(第122・146・191話• 「」(第177・192話)• 「」(第182・192話)• 「めざせポケモンマスター2001」(第185話)• 「」(第191話) 各話リスト [ ] 放送日は全てテレビ東京系列のもの。 放送日 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 2006年 9月28日 1 旅立ち!フタバタウンからマサゴタウンへ! 小山賢 志村泉 2 ピカチュウをさがせ!202番道路! 新城真 3 ライバルバトル!三対三!! 秦義人 船津弘美 10月5日 4 ポッチャマ対スボミー!ヒカリ初バトル!! 木下和栄、牧野行洋 10月19日 5 ナエトル、ゲットだぜ! 小山賢 志村泉 10月26日 6 迷いの森!シンジふたたび!! 11月2日 7 ポッチャマがんばる!! 山田浩之 新城真 11月9日 8 なぞのジムのグレッグル! 日高政光 小山賢 志村泉 11月16日 9 ミミロルとあそぼう!? 冨岡淳広 秦義人 船津弘美 11月30日 10 ポケッチ入手困難!? 藤田伸三 日高政光 牧野行洋 木下和栄 12月7日 11 ヒカリ!コンテストデビュー!! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 12月14日 12 コンテストバトル!ライバル対決!! 日高政光 渡辺正彦 志村泉 12月21日 13 ムックルがんばる! 山田浩之 新城真 14 タケシにおまかせ! 米村正二 小山賢 船津弘美 2007年 1月11日 15 クロガネジム!ヒョウタVSシンジ!! 冨岡淳広 秦義人 志村泉 1月18日 16 ズガイドスVSピカチュウ! 浅田裕二 岩根雅明 1月25日 17 古代ポケモン大進撃! 日高政光 牧野行洋 木下和栄 2月1日 18 クロガネジムふたたび!決戦ラムパルド!! 志村泉 2月8日 19 パチリスゲットで・・・大丈夫!? 武上純希 山田浩之 新城真 2月22日 20 ポケモンハンターJ! 米村正二 小山賢 船津弘美 3月1日 21 最強のコイキングと最も美しいヒンバス! 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 3月8日 22 パチリスVSエイパム!コンテストバトル!! 武上純希 秦義人 宮原秀二 3月15日 23 爆走ハガネール!ビッパの村を守れ!! 十川誠志 日高政光 秦義人 志村泉 3月29日 24 対決!サトシ対ピカチュウ!? 藤田伸三 牧野行洋 木下和栄 25 怪傑ロズレイドと花伝説! 山田浩之 新城真 4月5日 26 ポケモンコンテスト!ソノオ大会!! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 27 決戦!ポッチャマVSポッタイシ!! 小山賢 志村泉 4月12日 28 フワンテと北風の使い! 米村正二 日高政光 宮原秀二 たけだゆうさく 29 サトシとヒカリ!タッグバトルで大丈夫!? 大橋志吉 秦義人 古賀一臣 船津弘美 4月19日 30 ハクタイの森!ミノムッチ進化作戦!! 藤田伸三 牧野行洋 木下和栄 4月26日 31 ナエトル対ナエトル!スピード対決!! 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 5月3日 32 琥珀の城のビークイン! 十川誠志 山田浩之 夏目久仁彦 5月10日 33 スキです!ポケモンなりきり大会!! 松井亜弥 浅田裕二 岩根雅明 5月17日 34 ブイゼル!最強への道!! 米村正二 誌村宏明 小山賢 志村泉 5月24日 35 四天王ゴヨウとドータクン! 大橋志吉 日高政光 古賀一臣 船津弘美 5月31日 36 シンオウ時空伝説! 冨岡淳広 牧野行洋 木下和栄 6月7日 37 ハクタイジム!VSナタネ!! 武上純希 日高政光 古賀一臣 志村泉 6月21日 38 爆誕!サイクリングロード!! 藤田伸三 山田浩之 夏目久仁彦 7月5日 39 ピカチュウのおるすばん! 松井亜弥 浅田裕二 玉川明洋 岩根雅明 7月19日 40 チャンピオン・シロナ登場! 冨岡淳広 日高政光 宮原秀二 たけだゆうさく 7月26日 41 ヒカリとノゾミとダブルパフォーマンス! 小山賢 志村泉 8月9日 42 ラクライ訓練センター! 十川誠志 浅田裕二 岩根雅明 8月16日 43 ムウマージ!悪夢からの脱出!! 米村正二 大庭秀昭 秦義人 木下和栄 8月23日 44 迷子のヒポポタスを助けろ! 大橋志吉 山田浩之 夏目久仁彦 8月30日 45 ハンターJ再び!タテトプスを守れ!! 藤田伸三 小山賢 古賀一臣 志村泉 9月13日 46 迷路でシャッフル!みんなでハッスル!! 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 9月27日 47 ミルとケーシィと水の底! 大橋志吉 日高政光 宮原秀二 たけだゆうさく 48 サトシとヒカリ!新たなる冒険に向かって!! (総集編) 10月4日 49 ポケモンコンテスト!ヨスガ大会!! 冨岡淳広 牧野行洋 秦義人 木下和栄 50 全員参加!タッグバトル!! 山田浩之 夏目久仁彦 新城真 10月18日 51 ヒコザルVSザングース!運命のバトル!! 日高政光 古賀一臣 志村泉 10月25日 52 タッグバトル!ファイナル!! 浅田裕二 岩根雅明 11月8日 53 ヒコザルの涙! 松井亜弥 小山賢 11月15日 54 ナタネとサボネア!さよならは誰のため! 十川誠志 宮原秀二 たけだゆうさく 11月22日 55 エイパムとブイゼル!それぞれの道!! 冨岡淳広 秦義人 木下和栄 11月29日 56 ミカルゲの要石! 大橋志吉 山田浩之 新城真 夏目久仁彦 57 ビーダルは知っていた! 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 12月6日 58 ダイノーズ!熱き魂!! 藤田伸三 小山賢 12月13日 59 レントラーの瞳! 米村正二 日高政光 古賀一臣 志村泉 12月20日 60 ズイの遺跡のアンノーン! 冨岡淳広 玉川明洋 61 ポケモンコンテスト!ズイ大会!! 井硲清高 浅田裕二 岩根雅明 放送日 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 2008年 1月10日 62 メイドカフェのミルタンク! 米村正二 山田浩之 古賀一臣 夏目久仁彦 1月17日 63 ウリムートリオと湯けむりバトル!! 武上純希 秦義人 木下和栄 1月24日 64 グライオンとグライガー!風の迷路をぬけて!! 藤田伸三 小山賢 志村泉 1月31日 65 パチリスはカバルドンの口の中!? 大橋志吉 於地紘仁 宮原秀二 たけだゆうさく 2月7日 66 ルカリオ!怒りのはどうだん!! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 2月14日 67 ヒカリはじめてのジムバトル!! 日高政光 古賀一臣 田口広一 2月28日 68 トバリジム!ルカリオ対ブイゼル!! 米村正二 小山賢 志村泉 3月6日 69 ステキファッション!その名はギンガ団!! 冨岡淳広 山田浩之 夏目久仁彦 3月13日 70 シャンとしてリーシャン! 大橋志吉 秦義人 木下和栄 3月20日 71 ポケモンレンジャー!波導のリオル!! -前編- 藤田伸三 浅田裕二 古賀一臣 玉川明洋 72 ポケモンレンジャー!波導のリオル!! -後編- 浅田裕二 岩根雅明 4月3日 73 さよならドクケイル! 武上純希 湯山邦彦 宮原秀二 たけだゆうさく 74 ピカチュウ!ライチュウ!進化への道!! 米村正二 小山賢 志村泉 4月17日 75 コンテストマスター・ミクリ登場!! 冨岡淳広 山田浩之 夏目久仁彦 4月24日 76 レストラン七つ星!タッグバトルでフルコース!! 浅田裕二 岩根雅明 5月8日 77 みんなライバル!ミクリカップ!! 日高政光 古賀一臣 田口広一 78 激闘!それぞれのバトル!! 秦義人 木下和栄 5月15日 79 決戦!ヒカリ対ハルカ!! 日高政光 志村泉 5月22日 80 ヤンヤンマ!ゲット作戦!! 大橋志吉 小山賢 田口広一 5月29日 81 灼熱のヒコザル! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 6月5日 82 ノモセ大湿原のグレッグル祭り!? 武上純希 山田浩之 夏目久仁彦 新城真 6月19日 83 ノモセジム!VSマキシマム仮面!! 冨岡淳広 日高政光 中村近世 たけだゆうさく 7月3日 84 ウラヤマさんちの大食いウリムー! 藤田伸三 古賀一臣 志村泉 85 グライガー!友情の翼!! 米村正二 小山賢 広岡歳仁 7月10日 86 ヨスガコレクション!ポケモンスタイリストへの道!! 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 7月24日 87 コダックの通せんぼ! 大橋志吉 秦義人 木下和栄 8月7日 88 ポケモンサマースクール開講!! 米村正二 山田浩之 夏目久仁彦 8月14日 89 研究発表「湖の伝説」! 大橋志吉 日高政光 8月21日 90 放課後はゴーストタイム!? 武上純希 新田典生 志村泉 8月28日 91 最後の大勝負!ポケモントライアスロン!! 藤田伸三 浅田裕二 岩根雅明 9月4日 92 原点回帰だロケット団!? 松井亜弥 古賀一臣 横山隆 9月11日 93 踊るジムリーダー!メリッサ登場!! 冨岡淳広 秦義人 木下和栄 9月25日 94 パチリスお熱です!2人でお留守番!? 大橋志吉 小山賢 志村泉 95 ポケモンコンテスト!カンナギ大会!! 米村正二 山田浩之 夏目久仁彦 10月2日 96 ギンガ団襲撃!! -前編- 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 97 ギンガ団襲撃!! -後編- 浅田裕二 古賀一臣 志村泉 10月16日 98 浮かぶ未確認怪物!? 武上純希 新田典生 広岡歳仁 10月23日 99 四天王リョウ!出会いと別れの森! 藤田伸三 日高政光 山本珠代 細谷秋夫 たけだゆうさく 10月30日 100 ナエトル、ハヤシガメ… そしてドダイトス! 冨岡淳広 秦義人 木下和栄 11月6日 101 ライバルトレーナー・ジュン登場!! 藤田伸三 小山賢 志村泉 11月13日 102 ヨスガジム戦!VSメリッサ!! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 11月20日 103 混戦混乱ミオシティ! 大橋志吉 山田浩之 夏目久仁彦 12月4日 104 クレセリアVS(たい)ダークライ! 武上純希 古賀一臣 志村泉 105 羊羹とロトム! 米村正二 新田典生 田口広一 広岡歳仁 12月11日 106 ポケモンと仲良くなる方法!? 大橋志吉 小山賢 細谷秋夫 たけだゆうさく 12月18日 107 ラムパルドVSトリデプス!! 武上純希 秦義人 木下和栄 12月25日 108 ミオジム戦!はがねのバトル!! 藤田伸三 浅田裕二 岩根雅明 2009年 1月8日 109 迷子のホエルコ! 米村正二 山田浩之 夏目久仁彦 1月15日 110 ゲンとルカリオ! 冨岡淳広 小山賢 志村泉 1月22日 111 鋼鉄島の遺跡! 日高政光 山本珠代 古賀一臣 広岡歳仁 1月29日 112 ピカチュウ・ポッチャマ漂流記! 藤田伸三 浅田裕二 岩根雅明 2月5日 113 いたずらフィオネ! 松井亜弥 大庭秀昭 秦義人 木下和栄 2月12日 114 ポケモンコンテスト!アケビ大会!! 冨岡淳広 山田浩之 渡辺正彦 夏目久仁彦 2月19日 115 ワイルドジュンサーと相棒ペラップ! 米村正二 小山賢 志村泉 2月26日 116 吹雪の中のユキメノコ! 大橋志吉 日高政光 山本珠代 細谷秋夫 たけだゆうさく 3月5日 117 ロケット団解散!? 武上純希 古賀一臣 広岡歳仁 3月12日 118 ポケリンガ!天空大決戦!! 米村正二 日高政光 山本珠代 浅田裕二 岩根雅明 3月26日 119 激突!マンムーVSボスゴドラ!! 大橋志吉 大庭秀昭 秦義人 木下和栄 120 ふしぎないきものポケットモンスター! (総集編) 4月2日 121 さびしがりやのユキカブリ! 松井亜弥 山田浩之 渡辺正彦 夏目久仁彦 122 進化!その時ポッチャマは!? 藤田伸三 小山賢 志村泉 4月16日 123 ポケモンコンテスト・タツナミ大会!! 冨岡淳広 日高政光 山本珠代 細谷秋夫 たけだゆうさく 4月23日 124 ポケモンピンポン大会!エテボースがんばる!! 武上純希 浅田裕二 岩根雅明 4月30日 125 チェリンボ!けなげなバトル!? 古賀一臣 志村泉 5月7日 126 トレーナーズスクールのスズナ先生! 冨岡淳広 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 5月14日 127 キッサキジム!氷のバトル!! 十川誠志 山田浩之 渡辺正彦 夏目久仁彦 5月21日 128 バトルピラミッド!シンジVSジンダイ!! 冨岡淳広 小山賢 広岡歳仁 5月28日 129 復活のレジギガス!J再び!! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 6月4日 130 デンリュウ列車!ハンサム登場!! 藤田伸三 日高政光 渡辺正彦 李正弼 6月11日 131 フルバトル!シンジVSサトシ!! -前編- 冨岡淳広 浅田裕二 古賀一臣 志村泉 6月18日 132 フルバトル!シンジVSサトシ!! -後編- 浅田裕二 岩根雅明 6月25日 133 ユクシーの影! 松井亜弥 山田浩之 渡辺正彦 夏目久仁彦 7月2日 134 森の王者!モジャンボ!! 米村正二 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 7月9日 135 全員参戦!ポケモンハッスル!! 大橋志吉 小山賢 志村泉 7月23日 136 テンガン山の遺跡!ギンガ団の陰謀!! 十川誠志 日高政光 山本珠代 渡辺正彦 石井和彦 8月6日 137 マリル・ポッチャマ・エレキッド! 大橋志吉 浅田裕二 岩根雅明 8月13日 138 ヒカリVSママ!親子対決! 松井亜弥 大庭秀昭 古賀一臣 志村泉 8月20日 139 オーキド博士を救出せよ!ニョロトノVSグレッグル!! 武上純希 井硲清高 渡辺正彦 夏目久仁彦 新城真 8月27日 140 ネイティ、ネイティオ… 不思議な森! 藤田伸三 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 9月3日 141 タワータイクーン!その男、クロツグ!! 冨岡淳広 山田浩之 古賀一臣 志村泉 9月10日 142 史上最悪のトゲピー! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 9月17日 143 ジョウトフェスタ!チコリータとワニノコ登場!! 十川誠志 小山賢 古川博之 牧内ももこ 144 ダンジョン攻略!? 谷間の発電所!! 大橋志吉 古賀一臣 大庭秀昭 志村泉 10月1日 145 フカマル… ゲットだぜ!! 米村正二 山田浩之 渡辺正彦 新城真 夏目久仁彦 146 ポケモンコンテスト!スイレン大会!! 冨岡淳広 日高政光 山本珠代 浅田裕二 岩根雅明 10月15日 147 サトシとヒカリ!タッグバトル!! 藤田伸三 日高政光 古賀一臣 玉川明洋 10月22日 148 ムウマとヤミカラスとやみのいし! 武上純希 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 10月29日 149 ピカチュウポッチャマくっつかないで!! 十川誠志 志村泉 11月5日 150 赤い鎖!ギンガ団始動!! 冨岡淳広 小山賢 武内啓 11月12日 151 アグノム・ユクシー・エムリット! 山田浩之 渡辺正彦 夏目久仁彦 152 ディアルガとパルキア!最後の戦い!! 浅田裕二 岩根雅明 11月26日 153 危険がいっぱい!コジロウの宝箱!! 米村正二 大庭秀昭 志村泉 12月3日 154 エアバトルマスター登場!グライオンVSハッサム!! 大橋志吉 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 12月10日 155 ダブルバトル!マンムーとヒノアラシ!! 武上純希 日高政光 山本珠代 小山賢 古川博之 牧内ももこ 12月17日 156 フカマルとりゅうせいぐん!! 藤田伸三 古賀一臣 玉川明洋 12月24日 157 フカマル!ゲットだぜ!! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 放送日 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 2010年 1月7日 158 爆走!ジバコイルVSメタグロス!! 大橋志吉 まついひとゆき 渡辺正彦 夏目久仁彦 1月14日 159 唸れ れいとうパンチ!ブイゼルVSバリヤード!! 十川誠志 うえだしげる 広岡歳仁 小山知洋 1月21日 160 燃えよカビゴン!ポケスロンの王者!! 武上純希 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 1月28日 161 開幕!ポケモンコンテスト・アサツキ大会!! 冨岡淳広 小山賢 武内啓 2月4日 162 ダブルバトル!VSプラスル・マイナン!! 浅田裕二 岩根雅明 2月11日 163 爆進化!ゴウカザル!! まついひとゆき 大庭秀昭 志村泉 2月18日 164 ポッチャマはぐれる! 大橋志吉 山田浩之 古賀一臣 夏目久仁彦 2月25日 165 四天王オーバとジムリーダー・デンジ! 米村正二 金崎貴臣 渡辺正彦 古川博之、牧内ももこ 神垣弥生、志村泉 3月4日 166 発進!ナギサタワー!! 藤田伸三 日高政光 山本珠代 近橋伸隆 木下和栄 3月11日 167 海辺のポケモンスクール! 十川誠志 浅田裕二 岩根雅明 3月18日 168 飛べシェイミ!空の彼方へ!! 米村正二 うえだしげる 緒方厚 169 ポケモンレンジャー!ヒードラン救出作戦!! 武上純希 小山賢 小山知洋 4月1日 170 四天王キクノ!カバルドンVSドダイトス!! 大橋志吉 山田浩之 古賀一臣 夏目久仁彦 171 トゲキッス舞う!王女さまのポケモンコンテスト!! 藤田伸三 金崎貴臣 すがやゆりこ 武内啓 4月15日 172 トゲキッス!華麗なるバトル!! 十川誠志 浅田裕二 岩根雅明 4月22日 173 メタモン・へんしんバトル!本物はドッチ〜ニョ? 米村正二 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 4月29日 174 グランドフェスティバル開幕!炎と氷のアート!! 冨岡淳広 まついひとゆき 大庭秀昭 志村泉 5月6日 175 マンムー、パチリス!決めろ氷のシャンデリア!! 藤田伸三 金崎貴臣 渡辺正彦 小山知洋 5月13日 176 セミファイナル!決勝へ進むのは!? 冨岡淳広 山田浩之 古賀一臣 夏目久仁彦 新城真 5月20日 177 決着ライバル対決!ヒカリVSノゾミ!! 浅田裕二 岩根雅明 5月27日 178 さよならロケット団!ニャースの恋!? 大橋志吉 小山賢 緒方厚 6月3日 179 電撃バトル!最後のバッジ!! 十川誠志 山田浩之 うえだしげる 志村泉 6月10日 180 サトシVSケンゴ!それぞれの船出! 米村正二 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 6月17日 181 トレジャーハンター・バクとヤジロン! 大橋志吉 山田浩之 すがやゆりこ 武内啓 6月24日 182 熱戦前夜!サトシのポケモン大集合!! 武上純希 金崎貴臣 渡辺正彦 小山知洋 7月1日 183 開幕!シンオウリーグ・スズラン大会!! 藤田伸三 まついひとゆき 古賀一臣 夏目久仁彦 岩根雅明 7月15日 184 シンオウリーグ三回戦!シンジVSジュン!! 米村正二 金崎貴臣 大庭秀昭 志村泉 7月22日 185 恐怖のトリックルーム!サトシ対コウヘイ!! 冨岡淳広 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 8月5日 186 ライバル決戦!サトシ対シンジ!! 金崎貴臣 うえだしげる 緒方厚 8月12日 187 激闘フルバトル!サトシ対シンジ!! 浅田裕二 岩根雅明 8月19日 188 決着ライバルバトル!サトシ対シンジ!! 古賀一臣 浅田裕二 8月26日 189 シンオウリーグ準決勝!ダークライ登場!! 十川誠志 山田浩之 古賀一臣 夏目久仁彦 9月2日 190 ポケモンドクター・タケシ! 米村正二 まついひとゆき すがやゆりこ 武内啓 9月9日 191(終) 想い出はパール!友情はダイヤモンド!! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 2011年 2月3日 192(特別編第1話) ヒカリ・新たなる旅立ち! 武上純希 大庭秀昭 近橋伸隆 木下和栄 193(特別編第2話) ニビジム・史上最大の危機!! 藤田伸三 まついひとゆき 古賀一臣 玉川明洋 放送局 [ ]• としては4月1日から。 シリーズ全体としてはこの限りではない。 シリーズの副題で初めてゲームの副題がそのまま使用された作品である。 岐阜放送では19:30から後続に放送している『』を通常放送時も同時ネットしている関係で、今回に限らず同時ネットで放送したことがあるが、夏以降は劇場版を除き行われていない。 テレビ和歌山では通常水曜にで放送しているが、今回のみの特例である。 なお、の他の独立U局ではテレビシリーズでこのような事例が発生したことはないが、やが劇場版を同時ネットで放送したことがある。 この場合、この番組のスペシャルの放送時間は19:59までとなっていた。 視聴率はいずれも関東地区、調べ。 詳細な時系列は不明。 作中では次作に関する描写は一切存在しない。 サトシはタケシの部屋にあった写真でのみ登場している。 ただし、第53話「ヒコザルの涙! 」は当初はに放送予定だったが、の第5戦の放送で1週間放送延期となっている。 『無印』では第38話「でんのうせんしポリゴン」がによって欠番となり、『AG』では第101話として放送予定だった「ゆれる島の戦い! ドジョッチVSナマズン!! 」がの影響で未放送となり、『BW』ではの影響で第23、24話として放送予定だった「ロケット団VSプラズマ団! (前編・後編)」が未放送となっている。 『XY』では、に発生したの影響で、第24話として放送予定だった「海底の城! クズモーとドラミドロ!! 」が放送延期となり、2014年に第50話として放送、『新無印』ではの感染拡大の影響で第23話以降の放送が延期され、から再放送を行っている。 そのため、大きな放送スケジュールの変更がなく全話放送されたのは本作と『SM』のみ。 劇中にはバトルゾーンは直接登場しないが、クロツグの台詞では他のフロンティアブレーンがいることが語られ、181話でハードマウンテンという言葉が出てきているので設定上は存在する。 映画『』には登場。 BWの新番組予告でも「新たなる冒険」と言われており、これはシンオウでの旅が終わった上で成り立つ台詞である。 BW1話のサトシの部屋には今まで獲得したトロフィー等があり、本作で57話の名人から貰ったきあいのハチマキ、ハルカから貰ったヒメグマの置き物、タッグバトル大会で貰った2つの「やすらぎのすず」(一つはから譲り受けたもの)とフタバ祭りのバトル大会で貰ったトロフィーなどがある。 この措置は、下記の「ギザ元気!」キャンペーンのロゴ挿入期間中にも実施された。 この冒頭のキャンペーンロゴについては「ギザ元気!」キャンペーン終了後も引き続き挿入され、放送の第143・144話(1時間スペシャル)まで使用された。 これにより、TXNにおける2009年度までの画面比4:3での新作アニメは同じ木曜放送の『』(演出として画面比16:9になることもあった)との『』、の『』程度となった。 レギュラー昇格は第92話以降。 出典 [ ].

次の

タマゴ

ダイヤモンド パール 御 三家

概要 由来は現実世界での3者の表現である、から。 名前の通り各に3系統ずつ存在する。 それぞれ、・・のの系統がいる。 ゲームのオープニングすぐに受け取ることとなっており、たいていは主人公が草むらに侵入した際などに入手することが多い。 博士などに呼ばれて研究所で入手するパターンもあるが、最近は友人など博士以外の人から受け取ることも増えている。 で出現することは基本的にはないが 、通常プレイで入手可能なため、完成には必須である。 しかしながら、基本的には一つのセーブデータにつき一系統しか入手できないため、が必須となっている。 進化することで新たなタイプが加わることはあるが、それぞれが必ず、、タイプのいずれかを持っており、進化によってこれらのタイプが消えることがない。 進化前はこれら1つのタイプしか持っておらず、進化すると2つ目のタイプを得ることが多いが、とのみ2つ目のタイプを最初から持っている。 御三家3匹のタイプの組み合わせが常にくさ、ほのお、みずであることに対しては発売前のインタビューで「くさ・ほのお・みずという関係性は『じゃんけん』みたいでシンプルにわかりやすい」とその意味を回答した。 は、くさタイプは、ほのおタイプは、みずタイプはである(第五世代以降のは例外)。 が10代のときに、その後30代のときにもう一度進化する。 各地方ごとの図鑑で、No. 1〜9は御三家であり、1〜3はくさタイプ、4〜6はほのおタイプ、7〜9はみずタイプである。 ではセントラルカロス図鑑のNo. 1〜9に当てられており、コースト・マウンテンカロス図鑑のNo. 1〜9は別のポケモンになっている。 ではガラル図鑑のNo. 1〜9に当てられており、ヨロイじま図鑑のNo. 1〜9は別のポケモンになっている。 は全て105万タイプ。 御三家はストーリー攻略に向くように設定されていることから、トレーナーのポケモンのレベルが低い序盤にレベルが上がりやすくする為に105万タイプになっていると思われる。 最終進化形のの合計は525〜535までの範囲でばらつきがあり、全体的にくさタイプは低めに設定されていることが多く、逆にほのおタイプは高めに設定されていることが多い。 これは、多くの世代ではので水上を移動する場面があり、そのような場面ではみずタイプのポケモンを多用するトレーナーが多いことから、全体的にストーリーを攻略する上で、くさタイプは相性上有利、ほのおタイプは不利な場面が多い為、種族値によって多少のハンデを与えているものと思われる(特にではそれが顕著)。 ただし、御三家で最大の種族値を持つのはみずタイプのである。 また、とはどの最終進化形も同じ合計種族値を持つ。 最終進化形が最高になついていれば、から(くさタイプ)、(ほのおタイプ)、(みずタイプ)を教えてもらえる(ファイアレッド・リーフグリーンではフシギバナ・リザードン・カメックスのみ)。 第五世代以降ではである(くさタイプ)、(ほのおタイプ)、(みずタイプ)も教えてもらえる(こちらは進化前でもよく、なつき度は関係しない)。 ストーリー中、で出現することはほとんどないが、は進化形も含めて全て45に設定されている。 まででは、野生のに対して御三家を出してさせた場合、捕捉率もコピーする為、全く意味のない設定ではない。 では殿堂入り後のに一部のポケモンが野生で出現するため、意味を持つ設定となった。 ・ではによって御三家の一部(進化系を含む)が野生で出現する。 ではで系統が出現する。 イベント入手となるため基本的には固定となるが、や(サービス終了済み)及び上記の捕獲できる例ではボールを選択可能。 ソード・シールド時点ではまでの御三家は全てが可能である。 貰った後のライバルのバトルでは経験値の最初の状態で必ずレベルが上がる(2連戦になる第五世代を除く)。 レベル5の状態で同じレベル同士で空の経験値から一気にレベルが上がるのは珍しい。 タイプの最終進化系の中で、みず以外にもう1つのタイプを持つ、、、は、もう1つのタイプが必ず何かしらのタイプのわざを無効にするタイプを持つ。 一覧 ここでは進化後も含める。 太字は進化前。 地方 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 考察• 基本的な能力は高い水準でバランスが良いので、だけでなくその後の対戦用パーティでも使用される場合が多い。 特に・・などは環境トップクラスとまで称された時期もあった。 アニメにおける御三家 アニメでは、一行や多数のトレーナーが手にしており、出番が非常に多い。 以下のほか、一部の御三家には野生のものも登場している。 フシギダネ ・・の・の・のフシギバナ・・のフシギバナ(バーナード)・のフシギソウ・のフシギバナ・ククイ博士のフシギバナ ヒトカゲ ・・・・の・のリザードン・の・のリザード・のリザード・のリザードン・・のリザードン・のリザードン・のリザードン ゼニガメ ・・・の・のカメックス・のカメックス(クスクス)・のカメックス・のカメックス・のカメックス・のカメックス チコリータ ・・・の・の・のメガニウム・のメガニウム(ソシニウム) ヒノアラシ ・・・の・のマグマラシ・のマグマラシ・のバクフーン・のヒノアラシ ワニノコ ・・・の・のアリゲイツ・の キモリ ・の・の・のジュカイン アチャモ ・・の・のバシャーモ・のバシャーモ ミズゴロウ ・の・の・のラグラージ・のラグラージ ナエトル ・・の ヒコザル ・の・のゴウカザル・の ポッチャマ ・・・の(チャッピー)・ククイ博士のエンペルト・のポッチャマ・のエンペルト ツタージャ ・・少年の ポカブ ・・の・の ミジュマル ・・少年の・の・のフタチマル・のフタチマル(シーザー)・ミジュカ ハリマロン ・・の フォッコ ・おじいさんの・のマフォクシー・のマフォクシー ケロマツ ・の・のゲッコウガ・のゲッコウガ モクロー ・の ニャビー ・の アシマリ ・の サルノリ ヒバニー メッソン 漫画における御三家 では、第11章まではとを除く図鑑所持者が異なるポケモンを1匹ずつ所持している。 例外としては2匹所有している。 その他における御三家• シリーズでは主人公およびパートナー候補のポケモンであるほか、一部のダンジョンでは野生のものも出てくる。 ではフシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメが最初のパートナーポケモンの候補となっているほか、野生としても出てくる。 では、が・・を使用する。 では、とがファイターとして参戦。 では、ポケモントレーナー・ゲッコウガが引き続き参戦するほか、が新たに参戦。 では、ヒトカゲ、キモリ、ヒコザル、ポッチャマ、ツタージャ、ミジュマル及びその進化系が登場する。 と・、と・、と・、と・、と・、と・がそれぞれベストリンクの関係にある。 では、・・のうち一種を最初にリーダーとして選択し、使用する。 備考 御三家といった場合は3体しか指さないのが普通だが、「最初のパートナー」「パートナーポケモン」などという場合は、、のやを指すことがある。

次の