われめ de ポン ビートたけし。 ビートたけし、『われめDEポン』に初登場! 2連勝中の相棒・きよしと対決

ビートたけし、麻雀番組「われポン」初参戦!きよしと対決も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

われめ de ポン ビートたけし

『あの、 ビートたけしさんがフジテレビの人気麻雀番組「 THEわれめDEポン(われポン)」に出演!』という、衝撃的なニュースが飛び込んできました。 今回のキャスティングは、長年番組のMCを務める ガダルカナル・タカ さんが、師匠のたけしさんに出演を要請したところ、ほかならぬ弟子の頼みということもあり快諾したとの事。 対戦相手は、 ビートきよし さん・ 坂上忍 さん・ 佐藤哲夫(パンクブーブー) さんの3人。 ビートきよしさんとの共演は、たけしさんからのご提案だそうで、伝説の漫才コンビ「 ツービート」の麻雀対決が実現する事に!1995年の初回放送から20年目を迎えたわれポン。 第95弾は、まさに必見ですね。 管理人ツイッターでつぶやきましたが・・・ 次回のTHEわれめDEポン。 ビートたけしさん初出演、ツービートも復活で、楽しみすぎますね。 フジテレビONEでの放送で、観られない方も多いと思いますが・・・。 後日、フジテレビオンデマンドで視聴できるかも!? — 麻雀の雀龍. 新刊『 新しい道徳』もベストセラーに 自分は、スタッフさんのご厚意で、たまに「 われポンの収録現場」にお邪魔させて頂いていますが、ありがたい事に今回もスタジオ観覧に伺う予定。 ベストセラーとなっている新刊『 新しい道徳』も拝読したばかりですし、生たけしさんを近くで拝見できるのが楽しみでなりません。 当日は、「」で頻繁につぶやく予定なので、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

次の

ビートたけし、『われめDEポン』に初登場! 2連勝中の相棒・きよしと対決

われめ de ポン ビートたけし

11月27日(金)深夜24時から、フジテレビのCS放送「フジテレビONE スポーツ・バラエティ」で『 芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン 生スペシャル』(通称『』)が完全実況生放送される。 今回、雀士として ビートたけしさんの初出演が決定したことが発表された。 出演に際し、ビートたけしさんから、『われポン』登場2回目にして2連勝中の ビートきよしさんとの対決が提案され、伝説の漫才コンビ「ツービート」が現場で再現されることになった。 われめDEポンとは? 『芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン』は、毎回腕自慢の芸能人雀士4名が一堂に会してNo. 1を決定する麻雀バラエティ番組。 1995年から地上波フジテレビで放送されていたが、2008年に番組終了。 根強い人気と視聴者からの熱い要望で、2011年に有料CS放送での復活となった。 これまで、タレントの 堺正章さんやAKB48の総合プロデューサーである 秋元康さん、プロレスラーの 武藤敬司さんといった、腕に覚えのある面々が参加してきた。 東風戦という限られた範囲で、かつ過激なローカルルールが設定されており、一気に逆転・大転落の可能性もあるギャンブル性の高さが、番組の楽しみのひとつだ。 ちなみに、番組至上最多優勝数を誇るのは、これまで10度の優勝を果たしてきた大の麻雀好きで知られるさん。 福本伸行さんによる麻雀漫画のTVアニメ版『闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』で主人公・ アカギの声もつとめたことでも知られている。 20周年記念でたけし初参戦! 今回の放送では、雀士として ビートたけしさん、 ビートきよしさん、 坂上忍さん、お笑いコンビ「パンクブーブー」の 佐藤哲夫さんの4人が参戦。 また、MCはガダルカナル・タカさん、アシスタントは橘ゆりかさんが担当する。 今年で放送20年目を迎える「われポン」。 この節目に、MCを務めるガダルカナル・タカさんが師匠のビートたけしさんに出演を要請したところ、他ならぬ弟子の頼みということもあり快諾、今回の出演となった。

次の

ビートたけし、『われめDEポン』に初登場! 2連勝中の相棒・きよしと対決

われめ de ポン ビートたけし

新聞記者と「賭け麻雀」をやり辞任となった東京高検の黒川弘務検事長のニュースが世間を騒がせました。 それでも退職金をたんまりもらえる黒川氏。 この種銭を使って麻雀番組の「THEわれめDEポン」に出演し、東尾修さん、蛭子能収さん、ビートきよしさんという業界の博徒たちと卓を囲んでテンピンなんていうセコいレートではなく、デカピンで勝負してほしいものです。 しかし、今回のニュースで恥ずかしながら「麻雀ってお金を賭けてはいけないものなんだ!」と改めて知った無知な私だったのです。 私の両親は地元である東京・西新宿で昭和40年代から「麻雀富士」という雀荘を経営していました。 「麻雀富士」の息子が「夕刊フジ」でお仕事をしているのも何かの縁でしょうか。 お店は2階で15卓、そして3階が住居だったので、2階からジャラジャラと聞こえてくる牌を混ぜる音が自然と私の子守歌になり育ったのです。 幼稚園に通うようになると両親の仕事場にも顔を出すようになり、モクモクと煙るタバコのスモークの中で幼稚園児がチョコチョコ動き回っている姿は、やたらとうるさくなった受動喫煙やら、子供たちの環境を考えて立ち寄らせないという考えが幅を利かせている現代では想像がつかないおおらかな時代なのでした。 当時は全自動の雀卓ではないですから、積もった灰皿の吸い殻を掃除したり、散らばった牌を並べてベビーパウダーをパタパタする幼い私を見た大学生からはジュースをごちそうになったり、もうけてニンマリしているおじさんからはお小遣いをもらったり常連のお客さまに大変かわいがってもらっていました。 父親もお店がハネてからお客さまと徹マンなどは年中。 朝、帰ってきた父はニコニコで札束をポンとテーブルに置いて、そのままイビキかいて寝ていました。 「今日はお父さんご機嫌だから、おいしいモノ買いに行こう」という母親とデパートに行き、ごっそりと父の好物のふぐちりセットを買いに行くのに付き合ったものです。

次の