フリード 新型。 新型フリード【クロスター】加速は遅い?加速性能と乗り心地は?

【2020年最新値引き】新型フリード/ハイブリッドの値引き価格相場や目標 | カーネビ

フリード 新型

トヨタ 新型シエンタ マイナーチェンジについて 約3年でのマイナーチェンジを行うシエンタはエクステリアの、フロント、リア、アルミのデザイン意匠変更が行われ最新のデザインを採用する。 ツートンカラーが新たに新設、2列シート5人乗り仕様を追加設定。 ハイブリッド車、ガソリン車2WDの6人乗りを廃止。 Toyota Safety Sense 全車に標準装備する。 これによりインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)オプション装着車は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。 燃費改善が行われる。 これによりJC08モード燃費27. ホンダ 新型 フリード マイナーチェンジについて 2016年9月16日に発売を開始しており3年でのマイナーチェンジとなる。 エクステリアのデザインを変更。 インラインタイプのLEDヘッドライトの形状を変更フロントグリルと一体化したデザインに変更。 運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全モデル標準装備。 衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は「昼歩行者、対向車検知機能」に対しても衝突回避を支援。 更に「 後方誤発進抑制機能」も搭載。 トヨタ新型シエンタとホンダ新型フリード サイズ比較 シエンタとフリードのサイズはどちらも「5ナンバーサイズ」となるコンパクトカーであり、全幅はどちらも1,695mmであるがフリードは全高35mm長いため室内空間ではフリードの方が余裕がある。 サイズ 新型シエンタ 新型フリード 全長 4,260mm 4,265mm 全幅 1,695mm 1,695mm 全高 1,675mm(2WD) 1,695mm(4WD) 1. 710mm(2WD) 1,735mm(4WD) ホイールベース 2,750mm 2,740mm トヨタ 新型シエンタ VS ホンダ新型フリード ガソリンエンジン比較 シエンタとフリードのガソリンエンジンは走りを楽しみたい人にはフリード、普通に走れて燃費も気にしたい人はシエンタをオススメする。 フリードはホンダらしい「1. 5L直噴 DOHC i-VTEC エンジン」を搭載し、最高出力、最大トルクも非常に高い。 しかしその分燃費はシエンタには劣る。 しかし4WDモデルを選択するのであればシエンタよりもJC08モードで上回っている。 スペック シエンタ フリード エンジン 1. 5L 直列4気筒 DOHC エンジン 1. しかし、シエンタには4WDモデルはラインナップがないため、雪国などでの使用の場合は選択肢には入らなそうだ。 2kgm) 150Nm(16. フリードは跳ね上げ式を採用。 シエンタは床下格納式を採用。 個人差があるので、試して頂きたいが、個人的にはシエンタの方が楽です。 更にフリードの跳ね上げ式の場合は両サイドが出っ張るので入らない物もあるかもしれません。 3列目を常に出したままの人には関係ありません。 また、 フリードの場合には独立したキャプテンシートを2列目に採用しており後部座席への移動や乗り降りで使い勝手がいい。 シエンタの場合には2列目は3人乗りのソファータイプであり、この様なパッケージングはされていない。 トヨタ新型シエンタ ハイブリッドとホンダ新型フリード 安全技術 比較 安全装備では新型フリードの方が多くの機能を備えており、運転者をサポートしてくれる。

次の

【表示項目は何!?】新型フリードのマルチインフォメーションディスプレイ

フリード 新型

トヨタ 新型シエンタ マイナーチェンジについて 約3年でのマイナーチェンジを行うシエンタはエクステリアの、フロント、リア、アルミのデザイン意匠変更が行われ最新のデザインを採用する。 ツートンカラーが新たに新設、2列シート5人乗り仕様を追加設定。 ハイブリッド車、ガソリン車2WDの6人乗りを廃止。 Toyota Safety Sense 全車に標準装備する。 これによりインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)オプション装着車は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。 燃費改善が行われる。 これによりJC08モード燃費27. ホンダ 新型 フリード マイナーチェンジについて 2016年9月16日に発売を開始しており3年でのマイナーチェンジとなる。 エクステリアのデザインを変更。 インラインタイプのLEDヘッドライトの形状を変更フロントグリルと一体化したデザインに変更。 運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全モデル標準装備。 衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は「昼歩行者、対向車検知機能」に対しても衝突回避を支援。 更に「 後方誤発進抑制機能」も搭載。 トヨタ新型シエンタとホンダ新型フリード サイズ比較 シエンタとフリードのサイズはどちらも「5ナンバーサイズ」となるコンパクトカーであり、全幅はどちらも1,695mmであるがフリードは全高35mm長いため室内空間ではフリードの方が余裕がある。 サイズ 新型シエンタ 新型フリード 全長 4,260mm 4,265mm 全幅 1,695mm 1,695mm 全高 1,675mm(2WD) 1,695mm(4WD) 1. 710mm(2WD) 1,735mm(4WD) ホイールベース 2,750mm 2,740mm トヨタ 新型シエンタ VS ホンダ新型フリード ガソリンエンジン比較 シエンタとフリードのガソリンエンジンは走りを楽しみたい人にはフリード、普通に走れて燃費も気にしたい人はシエンタをオススメする。 フリードはホンダらしい「1. 5L直噴 DOHC i-VTEC エンジン」を搭載し、最高出力、最大トルクも非常に高い。 しかしその分燃費はシエンタには劣る。 しかし4WDモデルを選択するのであればシエンタよりもJC08モードで上回っている。 スペック シエンタ フリード エンジン 1. 5L 直列4気筒 DOHC エンジン 1. しかし、シエンタには4WDモデルはラインナップがないため、雪国などでの使用の場合は選択肢には入らなそうだ。 2kgm) 150Nm(16. フリードは跳ね上げ式を採用。 シエンタは床下格納式を採用。 個人差があるので、試して頂きたいが、個人的にはシエンタの方が楽です。 更にフリードの跳ね上げ式の場合は両サイドが出っ張るので入らない物もあるかもしれません。 3列目を常に出したままの人には関係ありません。 また、 フリードの場合には独立したキャプテンシートを2列目に採用しており後部座席への移動や乗り降りで使い勝手がいい。 シエンタの場合には2列目は3人乗りのソファータイプであり、この様なパッケージングはされていない。 トヨタ新型シエンタ ハイブリッドとホンダ新型フリード 安全技術 比較 安全装備では新型フリードの方が多くの機能を備えており、運転者をサポートしてくれる。

次の

【表示項目は何!?】新型フリードのマルチインフォメーションディスプレイ

フリード 新型

ちょうどいい…。 未だに『フリード』に接すると、2008年に初代が登場した際のTVCMでショーン・レノンが言っていたあのセリフが脳裏に浮かぶ。 新グレード「クロスター」に試乗 試乗車は今年10月のマイナーチェンジで追加された「クロスター」だった。 『フリード』『フリード+』のどちらにも新設定されたグレードで、その名のとおりクロスオーバー風味で外観を仕立てたのが特徴。 フロントグリル、前後バンパー、アルミホイールのデザインを変え、ドアハンドル、サイドミラーハウジングをシルバーにするなど、外観を軽く専用化。 インテリアではプライウッド調の加飾パネル、汚れが目立ちにくいデジタル柄の専用コンビシートの採用などで他グレードとの差別化を図っている。 なおこの「クロスター」にはハイブリッドとガソリン車の設定がありいずれもFFと4WDを用意。 すべて6シーターの設定になっている。 試乗車はハイブリッドのFFで車重は1430kg(試乗車の車検証の記載は1440kg)の仕様だった。 ちょうどよさを数値化しておこうとイロイロ計測してみたが、たとえば後席用のスライドドアは、床面までおよそ36cmと乗降が楽な高さで、ドア開口部も高さ116cm、幅65cmと、コンパクトなクルマながら十分なゆとり。 バックドアも扱いやすく、開口部の天地は112cmあり、横幅も最大で108cm、サードシートは左右にハネ上げて格納する方式で、その状態でも67cmのクリアランスが確保されている。 1、2列目のセパレートシートの間隔は1列目17. 5cm、2列目20cmほど。 この室内中央を前後に貫く空間に長尺モノを載せるとしたら、267cmほどの長さまでいける(寸法の数値は、いずれもレポーターが試乗時に自分で計測したもの)。 またマジックのようだが、全長4265mmのコンパクトなボディながら、6名(あるいは仕様により7名)が十分に快適に過ごせる空間が構築されている点もこのクルマの魅力。 3列目はシート座面の前後長こそ必要最小限だが、座面のフロアからの高さは頑張って取られているし、リクライニングを少し倒せば、大人でも頭上、膝前に空間ができる。 4人家族の日常はもちろん、+祖父母といったシーンでも通用するのはかなり重宝するはずだ。 気負わず運転でき、走行中の快適性も高い そして、気負わず運転できるのもこのクルマの魅力だ。 サッと乗り込める運転席からの視界は広く、最小回転半径は5. 2mだから、狭い場所やスーパーの駐車場で臆することなく扱える。 さらに今回の試乗で認識を新たにしたのが、走行中の快適性がかなり高いということ。 あるいはデビュー当時から改良が入ったのかも知れないが、乗り味がしっとりした印象で、高速走行でも煽られずフラットで重厚なのがいい。 またステアリングフィールもしっかりとしたタッチで、1~2クラス上のクルマのような落ち着いた走りが実感できる。 ハイブリッドは1. 5リットルエンジン+7速DCTとモーターを組み合わせたシステムだが、全体に走りのスムースさに磨きがかかった。 大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。 以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。 《島崎七生人》.

次の