アフラック 返金 手続き。 オンラインでのご請求手続きの流れ(給付金デジタル請求サービス)|保険・生命保険はアフラック

メルカリでトラブル時の返金方法と注意点 [メルカリの使い方] All About

アフラック 返金 手続き

アフラックの解約方法 (1)契約者より保険会社コールセンターに電話する アフラックを解約するには、アフラックコールセンターへ電話しましょう。 住所変更等はインターネットによる手続きができる場合もありますが、解約したいときは契約者が保険会社に連絡する必要があります。 電話で、解約の際のデメリットを聞くことができますし、質問にも対応してくれます。 解約後に「こんなつもりじゃなかった……」と後悔しないようしっかり聞いておきましょう。 ただし、解約の注意点の説明等をうけていると、通話時間が長くなる可能性があります。 焦って大事なことを聞き逃さないよう、落ち着いた環境で電話することをおすすめします。 解約の連絡は、契約者本人からかけましょう。 たとえ家族であっても契約に関しては答えてもらえない場合があります。 また、保険証券に記載の証券番号を手元に用意してから行うとスムーズです。 サイトトップページでコールセンターの番号を確認する アフラックの公式サイトにアクセスし、左側の「お問い合わせ」を選択します。 下の画面に変わるので「お問い合わせ窓口一覧」を選択します。 いくつかの窓口の番号が書いてあるので、下にスクロールしてください。 「現在のご契約内容・各種お手続きに関するお問い合わせ」の欄の番号が問い合わせ番号です。 営業時間は平日の9時から18時と、土曜日の9時から17時です。 日曜と祝日は開いていないので気をつけてください。 電話をかけると自動音声案内が流れるので、プッシュ番号6番を選択してください。 オペレーターにつながったら、解約に関する問い合わせや申出をすればOKです。 (2)アフラックへ必要書類を提出 アフラックから契約住所へ解約の手続き書類が発送されますので、記入し返送します。 この時、本人確認のできる書類が必要になります。 運転免許証や健康保険証を用意しておきましょう。 (3)アフラックが書類を受付し、処理を待って完了 解約は、書類を提出して終わりではありません。 念のため、アフラックに解約日などの確認をすることをおすすめします。 アフラックを解約するメリット・デメリット ・メリット (1)保険料の負担がなくなる (2)解約返戻金を受け取れる(解約返戻金がある場合のみ ・デメリット (1)保障がなくなる (2)契約者向けのアフラックの無料サービスが受けられなくなる (3)保険料控除が受けられなくなる メリット(1)保険料の負担がなくなる 保険を解約すると、以降の保険料を払う必要はありません。 半年払いや、1年分の保険料をまとめて支払った場合は未経過分の保険料が返ってくることがあります。 毎月請求のあった月払いの場合でも、最後の請求はいつになるのかを保険会社に確認しましょう。 解約の申出の際には、請求スケジュールも合わせて保険会社のサポートに確認しましょう。 メリット(2)解約返戻金を受け取れる 保険を解約すると返ってくるお金を解約返礼金といいます。 解約返戻金のあるタイプの契約であれば、解約返戻金を受け取ることが可能です。 解約返戻金は契約者に支払われます。 被保険者(保険の対象になる人 や保険金受取人への支払いではありませんので注意が必要です。 ただし、解約すれば必ず契約返戻金が受け取れるとは限りません。 解約返戻金のないタイプの保険に申し込んでいる可能性もあります。 基本的に、積み立て型の保険であれば、保険料を支払うほど解約返戻金が高くなります。 掛け捨て型は、解約返戻金が全くないか、少額の傾向にあります。 通常、解約返戻金のないタイプのほうが保険料は割安です。 (解約返戻型終身保険などがこれにあたります。 ) 解約返戻金は、今までに支払った保険料よりも低い金額になるのが一般的です。 また、契約していた期間が短いと、解約返戻金はまったくないか、あってもごくわずかです。 解約返戻金がいくらになるかや、実際に解約となったときの払込の日付は、保険会社に問い合わせましょう。 保険によっては、高い解約返戻金を売りにしているものもあります。 アフラックでは、子供向け学資保険の「夢みるこどもの学資保険」などが該当します。 デメリット(1)保障がなくなる 保険を解約すると、いっさいの保障がなくなり、元に戻すことはできません。 デメリット(2)契約者向けのアフラックのサポートサービスが受けられなくなる 保険会社は入院が病院にかかった際に給付金を支払うだけでなく、契約者に向けて健康医療相談サービスやがんの電話相談等、さまざまなサービスを提供しています。 医療機関検索等の契約者以外も利用できるサービスを除き、下の画像のような数々の付帯サービスを利用できなくなります。 デメリット(3)保険料控除が受けられなくなる 保険に入っていると、その種類によってさまざまな控除が受けられます。 たとえば、生命保険は生命保険料控除、医療保険は介護保険料控除、個人年金保険は個人年金保険料控除といった感じです。 解約した場合はこの控除が受けられなくなりますので、この点を納得した上で解約をしましょう。 保険会社から送られる控除証明書を確認しましょう。 アフラック契約後すぐ解約したい場合はクーリンブオフ制度が使えるかも 保険の制度には、わかりにくいものも多いです。 申し込んだは良いけれど、よく確認したら思っていたものと違うということもあるでしょう。 そういった場合は、「クーリングオフ制度」を利用できるかもしれません。 申込者または契約者は、所定の期間内(8日以内)であればクーリングオフ制度を利用し、契約の解除(申し込みの撤回)を行えます。 8日間を起算する日については、契約内容によって異なります。 クーリングオフ制度については、契約の段階でスケジュールを把握しておくことが理想的ですが、わからなくなってしまった場合は、契約した担当者や保険会社に問い合わせましょう。 クーリングオフは郵送で申し出る必要あります。 ハガキや便箋に申し込みを撤回したい旨と氏名・カナ・住所を記入しましょう。 詳しいことは、国民生活センターなどで相談できます。 アフラックから他の保険への乗り換えを検討されている方へ アフラックから他の保険会社へ見直しを考えている方は、解約時期に注意しましょう。 新しい保険に入る前に前の契約を辞めてしまっては、保障がない期間(無保険期間 ができてしまいます。 せっかく保険に入っていたのに、期間のズレで給付金がもらえなかった……ということのないように、しっかりと確認しましょう。 具体的には、以下の2点に注意してください。 ・新契約の成立を確認した後に解約手続きをする 申し込み=保障開始ではありません。 告知した健康状態によっては引き受けできない場合や、一部条件付での成立となることもあります。 条件付となった場合、新たに書類は必要となるので成立に時間がかかる場合があります。 解約手続きは新しい契約の成立後にするようにしましょう。 ・がん保険の乗り換えの時は、3ヶ月待つ がん保険は、通常どの保険会社でも90日間の免責期間(保障の対象外期間 があります。 契約が成立した90日後に保障が開始になるということです。 責任開始後に解約するようにしましょう。 アフラックの解約する以外の方法でお悩みが解決するかも? 「保障が不要になった」、「保険料がもったいない」、「他の保険会社に乗り換えたい」など、解約を考える理由はいろんなものがありますよね。 もしも保障をもち続けたい気持ちがあれば、解約以外の方法を検討してみるのも一つの手かもしれません。 ・契約者貸付 保険料が払えないから保険を解約したい場合には、保険会社がお金を貸してくれる制度があります。 これは、契約している保険の解約返戻金(辞めたときに返ってくるお金 の範囲内での貸付になるので、借りすぎる心配もありません。 一時的な資金難であれば、この制度を利用してみるのもおすすめです。 ・自動振り替え貸付 保険料の未払いが続いたときに、保険会社が保険料を自動で立て替え、契約をとぎれないようにしてくれる制度です。 契約者貸付は契約者の申し出によって保険会社が貸付を行いますが、自動振り替え貸付は保険会社が自動で立替てくれるものです。 契約者貸付と同じで、解約返戻金の一定の範囲内で貸付が行われます。 このうち、主契約を継続し、特約の保障を解約できる可能性があります。 (主契約のみを解約し、特約を継続することはできません。 ) 特約のみを解約することで、保障は小さくなりますが、その分保険料を抑えて保障を続けることができます。 多くの特約をつけている場合は、ぜひ検討してみてください。 商品によって異なるので、保険会社に確認しまししょう。 解約と解除・失効の違いを知っておこう 解約と間違えやすいのが解除と失効です。 それぞれ意味が違うので、こちらで理解しておきましょう。 簡単に説明すると、以下のとおりです。 ・解約 契約者の意思によって契約をなくすこと ・解除 保険会社の意思で契約をなくすこと ・失効 期日までに保険料の支払いがなかった場合に契約がなくなること 解除は解約と同様で、それ以降の保障はなくなります。 申し込みの際に嘘の健康状態の告知をした場合などに、解除になることがあります。 解約や解除と失効との違いは、契約を元に戻せる可能性があることです。 保険会社より「失効のお知らせ」等の案内が届いた場合は、「保険が解約になってしまった」と思わず、復活の手続きをすることで契約を元の状態に戻すことができますので、確認しましょう。 復活には、最初に保険に申し込んだときと同様に、もう一度現在の健康状態で告知をする必要があります。 告知内容によっては、復活ができない可能性があります。 また、未払い分の保険料の支払いが必要です。 アフラック個人年金は解約した方が良い? すでに販売停止となっているアフラック個人年金。 将来受け取れる年金額が心配だからこそ、人気の高い商品だったようです。 こちらは、販売停止となっていますが、解約しなければならない訳ではありません。 販売中に契約した人は、そのままサービスを利用できます。 とはいえ、販売停止となると、サポートが減りそうなどの不安もあるでしょう。 契約を継続するか迷ってしまうかもしれませんが、基本的には途中解約すると損してしまいます。 これは、解約返戻金が少ないためです。 今まで支払った額よりも少ないのが基本です。 販売停止に伴って、疑問や不安がある場合は、担当の方に連絡して解消してもらいましょう。

次の

給付金・保険金のご請求|保険・生命保険はアフラック

アフラック 返金 手続き

アフラックの解約を検討する際には、いくつかの注意点を確認し行う事が大切です。 では、実際、どのような点に注意し解約手続きを行えば良いのでしょうか。 ・返金は可能なのか? 保険を解約したときに戻ってくるお金を「解約返戻金」と言います。 ただし、この場合、どのタイプのものでも、返金が可能になっていると言うわけではない為、 まずは、自分がどのタイプの保険に加入しているのか確認しなければいけません。 アフラックの場合、返金が可能になっているのは、まずは、終身保険の「 WAYS」。 その為、 少しでも高い返金を希望する場合の解約方法は、保険料払込期間満了日の翌日以降に行った方が良いと言う事になります。 次に「 生きるためのがん保険 Days」の場合、 契約年齢や性別・契約プランごとに返金が異なる為、実際にアフラックに確認が必要となります。 一方、返金ができないプランとしては、医療保険「 EVER」の定額タイプと半額タイプには、解約返戻金がありません。 また、給与サポート保険においても、返金がない為、解約する際には注意が必要です。 ・引き落とし金を考えた解約のタイミング アフラックの解約を行う際は、引き落とし金を考えたタイミングを計る事も重要になります。 アフラックを解約する場合は、自分自身のタイミングだけではなく、 引き落とし金を考えた解約のタイミングも必要になると言えるのです。 基本的には、保険料を月払いで引き落としになっている場合は、 解約確定日直前の入金済みの保険料は戻ってくる場合があるのでさほど心配する必要はありません。 一方、重要になっているのが、半年払いや年払いをしている場合の解約のタイミングです。 この場合は、次の入金日の前に解約確定処理が済むように解約手続きを進めなければ、大きな損をしてしまう可能性があります。 その為、必ずアフラックの解約を考える際は、自分の引き落とし金がどのような契約になっているのかを確認し、 それに合わせた方法とタイミングで解約手続きを進めていく事が大切になります。 その他 アフラック解約の注意点 以上がアフラックの解約を考える際の注意点となります。 アフラックの解約を考える際は、まず、自分がどのタイプの保険に加入しているのか? そして、どのような引き落とし金で契約しているのかを確認し、 その上で解約手続きを行うタイミングを計る事が大切になります。 それを間違ってしまうと返金ができない場合や返金額が少なくなってしまう可能性も高くなる為、 必ず、これらを確認したうえで、自分にあった解約手続きを進める事をお勧めします。 もちろん、わからない場合は、コールセンターで相談してみてはいかがでしょうか。

次の

【公式】保険・生命保険はアフラック

アフラック 返金 手続き

メルカリでは状況によって返金に応じる必要がでてくる メルカリに出品した商品が無事に購入されて、支払い、発送という手順が踏まれたら、後は購入者の受取評価を待つのみです。 でも、もし届いた商品に問題があったら、受取評価はされません。 購入者からクレームや問い合わせがくるので、場合によっては返品・返金に応じることになります。 出品者の立場で見たとき、どういった場合に返金をするのでしょうか。 ここでのポイントは、出品者と購入者のどちらに非があるのか?という点です。 たとえば、サイズが合わない、イメージと違う、やっぱり必要なくなったという具合に購入者の都合による場合には、応じる必要はないと思います。 サイズに関しては、気になるようならば購入前に出品者に質問をすればいいからです。 ただし色については、実物と写真がかなり違ってしまうと、出品者が悪いということになる可能性は高いです。 なので、写真撮影は慎重に行った上で、写真だけではなくて文章でも説明しておきましょう。 一方、商品説明にも書いてないし、写真も撮っていないような傷や汚れがあったり、動作確認済みなのに動かないといったことは出品者の方に非があることになります。 このときには、返品を受付けて返金をする必要があります。 返金手続きの方法 購入者が受取評価をする前で、出品者との話し合いをした上で合意ができていれば、返金手続きは以下のようになります。 購入者が出品者に商品を返送 2. 出品者が受け取り、購入者へ受け取った旨をコメントで連絡 3. 両者が確認(購入者も「コメントありがとうございます」などした方がいい) 4. メルカリ事務局に問い合わせる(問い合わせフォームから) 5. メルカリ事務局が内容確認 6. メルカリ事務局が購入者への返金手続きをする これについては「」の記事で書いていますが、注意点はもう一度確認しておきましょう。 購入者が出品者に返品をするときには、送料着払いで送ります。 到着したことがちゃんとわかるように、荷物の追跡ができる方法を選びます。 郵便局の場合はゆうパック、ゆうパケット、ゆうメール、ヤマト運輸の 場合は宅急便、宅急便コンパクトで着払いが使えます。 これと同じ手続きは、購入者が受取評価をしたけれど、出品者が評価をしていない場合(つまり、出品者の評価待ち)も同じようになります。 ポイントでの返金とは?ポイントの有効期限はどうなる? もし支払いにメルカリポイントを使っていたら、そのポイントがどうなるのか気になるところです。 有効期限が切れていない場合には、そのままポイントとして戻されるので、次の購入時に使うことができます。 万が一、有効期限が切れてしまっても、取引がキャンセルされた日から5日間有効期限が延長された形でポイントが戻ってきます。 逆に考えると、キャンセルの後で5日以内にポイントを使わないと期限切れになってしまうということなので、注意が必要です。 受け取り評価後に返金をしたい場合は? これまでは、購入者の受取評価の前の話でしたが、両者が評価をして取引が終わった状態での返金はどうなのでしょうか。 通常は、取引が終わった時点での返金はできないことになっています。 購入者の受取評価は「商品が届いて確認しました。 問題ありません」という意味合いだからです。 そのため、受取評価の前には商品をしっかり確認するのが購入者の大切な作業になってくるわけです。 受取評価については、こういったことが大前提にはなってくるのですが、たとえば、後になって偽物だったことがわかったり、すぐに動かなくなってしまったということもあるかもしれません。 そのときには、メルカリ事務局に連絡をしましょう。 事務局がどういった対応をしてくれるのかはケースバイケースになりますが、やむを得ない場合には返金をしてもらえることもあります。 もちろん、必ず事務局が対応してくれて返金されるわけではありません。 状況を確認した上で対応を検討するということになってきます。 その結果、事務局が何らかの対応をしてくれるのであれば、指示に従うのが一番安全でルールに則した方法になります。 口座に振り込んでもらうのはアリ? ネット上で返金について見てみると、購入者の銀行口座などを聞いて、そこに振り込むことで返金をするという情報があります。 でも、こういったやり取りは、トラブルのモトになる可能性もあるので、絶対にしてはいけません。 この流れはヤフオク! ではありがちなのですが、代金支払いに相手の銀行口座に振り込むこともできるので、メルカリとヤフオク! における支払いシステムの違いが根底にあるのかもしれません。 ヤフオク! を利用していたユーザーが、メルカリも使うようになれば、金融機関の口座にお金を振り込んだり、振り込まれたりすることにはあまり抵抗がない可能性があります。 それに手間を考えても、直接振り込んだ方が早いので、お互いに了承した上でやり取りをしているのではないでしょうか。 でも、上記にあるように、もともと銀行振込というシステムを設けていないメルカリにおいては、そういった取引はNGといえます。 万が一、大きなトラブルになってもメルカリ事務局は一切フォローしてくれないはずなので、正式な手続きをしてメルカリ事務局が介入した状態で返金手続きをするのが、自分のためにも最もいい方法といえます。 メルカリで出品者に返金用ページを作ってほしいと言われたら? もうひとつの返金方法として、メルカリに返金用として出品するというやり方もあります。 1,000円で買った商品代金の返金をする場合には、購入者が1,111円で出品をして、出品者が購入するというやり方です。 メルカリでは手数料が10%かかるので、その分が上乗せされた金額になっているわけですが、金額が大きいと手数料の額も大きくなって、出品者の負担もかなりの金額になります。 そういった点でトラブルを招くこともあるので、返金用の出品はしてはいけません。 返金のトラブルは、お金が直に関係してくるので、大きなトラブルになりかねません。 出品者と購入者の間で円満に話し合いができて、正式な手続きを踏んで返金すればいいのですが、先ほどのようにメルカリ事務局が介入しない方法は非常に危険です。 埒(らち)が明かないときには、メルカリ事務局に相談すれば、たとえ時間がかかったとしても安全に事が進むはずです。 繰り返しになりますが、トラブルのときにはメルカリ事務局に問い合わせて指示を待つ。 それが自分を守るためにも一番の方法なのです。

次の