数学専攻。 数学専攻|福岡教育大学

数学科専攻の院生が読むべき就職活動情報

数学専攻

数学は、数、図形、数量の変化などの背後にある法則を明らかにすることを目指す学問です。 その長い歴史のなかで確固とした体系を築いて来ましたが、現在でも多くの新しい問題が、その内部から、また物理学、生物学、経済学など他の科学からの影響の元に生まれ、それらを解決するために新たな理論が次々に創出されています。 また数学は、その普遍的な性質により、自然科学は勿論 のこと、情報科学、経済学など多くの分野とのつながりを持つようになっています。 数学教室は廣中平祐、森重文の2人のフィールズ賞受賞者をはじめ多数の著名な数学者を卒業生として輩出してきました。 このような伝統をふまえ数学教室は京都大学の「自由の学風」を生かし研究の面では常に世界をリードしてきました。 大学院教育においては研究における実績をもとに世界をリードする次世代研究者の育成を目指して大きな成果を上げています。 一方数学の研究者以外にも社会で活躍されている多くの卒業生がおられます。 特に大学院重点化以降は保険数学の連携併任講座を設置するなどの取り組みを通じてアクチュアリーを始め「数学についての高度な専門知識を持って社会で活躍する人材」の育成にも努めています。 さらに優秀な中高教員育成にも努力しています。 数学教室の教員の研究分野は以下のものです。

次の

数学・数理解析専攻

数学専攻

数学と情報理学、2つの専攻は多くの学習領域を共有しています。 故にいずれの専攻においても、数学、情報学、自然科学(物理学、化学、生物学)の3つの分野を横断的に学びます。 その上で、それぞれの専門領域を学びます。 数学専攻では、現代的な純粋数学(代数学、解析学、幾何学)と応用数学について体系的に学習。 一方、情報理学専攻では、情報学と自然科学を学び、現実の自然現象や社会現象に対し、数理モデルを構築しコンピュータシミュレーションを行うなど、自然科学と情報学を連携させて学ぶことができます。 4年間の学びから生み出されるもの、それは大量の情報が行き交い複雑化する現代社会を生き、新たな可能性を創造するために必要な科学的、論理的な思考力です。 2014年度以降入学者 数理科学科の教育目標 数理科学科は、理系学問の基礎となる数学の修得を基に、数学、情報学、自然科学の分野を横断的に学ぶことを通して、数理科学的知識と柔軟な論理的思考力及び技術をもって社会と科学技術の発展に寄与できる人物の育成を目的とします。 数理科学科のカリキュラムの特色 数学専攻と情報理学専攻の2専攻により構成され、数学を基礎とし、数学、情報学、自然科学の3分野を連携させた教育を行います。 1年次では、理系の学問の基礎である基本的な数学の習得を目的に、両専攻ともに数学基礎科目を必修としています。 この他に、専攻の必修または選択必修を課し、各分野の基礎的理解を図ります。 2年次以降は、この基礎の上に、数学専攻では、純粋数学(解析学、代数学、幾何学)、応用数理学(確率統計)を、情報理学専攻では、情報学、自然科学(物理学、化学、生物学)、更にこれらの分野を有機的に結びつけた情報理学(数理モデルの構築やシミュレーション)を学びます。 また、現代社会のさまざまなニーズに応じるため、数学専攻においても情報や自然科学の知識を得ることができ、情報理学専攻においても関心を持った数学を深く学べるよう配慮し、学生が関心に応じて3分野を広く学べるカリキュラムとしています。 2、3年次には選択の自由度が大きいため、学生の興味や卒業後の進路希望に応じて、アドバイザーがきめ細かな履修指導を行います。 理系の学問の学習は基礎から順に積み重ねられるべきものですから、2年次指定の科目は基礎的なものを確実に習得して下さい。 3年次指定の科目は出来るだけ広い分野にわたって履修することを心がけ、4年次の「講究」に備えてください。 4年次では、それまでの学習の集大成として、専門分野に対する理解を深めると共に、科学的論理的な思考力、問題解決能力およびプレゼンテーション能力を養うことを目的に、両専攻ともに「講究」を必修としています。 「講究」は、各クラス数名程度のゼミ形式で行う週2コマの授業で、学生は、自らの興味ある分野についてテーマを選び、担当教員の指導を受けながら、テキストの輪読、問題演習、調査・実習などを行います。 「講究」では、主体的に学習や研究を進めてその結果を発表し、討論によって理解を深化させます。 4年次の最後に「講究」の研究成果をまとめます。 数理科学科の必修科目.

次の

北海道大学大学院理学研究院数学部門

数学専攻

4月9日更新 令和2年4月9日 数学科学生・数学専攻院生の皆様 数学科学科長・数学専攻専攻長 山崎隆雄 新型コロナウイルス感染拡大の防止のため,東北大学行動指針がレベル3に引き上げられました. これを受けて,数学専攻では次のように行動指針を定めます.• ・4月11日以降,当面の間は学内への立ち入りを原則禁止とします.それまでは荷物の引き取りなど短時間の訪問のみ認めます.• ・4月10日17時以降,当面の間は資料室も閉室となります.9日と10日のうちに読みたい本を借りだしてください. それとともに貸し出し中の図書の返却期限を5月29日に延長します.慌てて返却する必要はありません.• ・今後も連絡は東北大学DCメールで行います.必ず定期的にご確認ください.最新情報は次のページにも掲載します. 4月8日更新 令和2年4月8日 数学科学生・数学専攻院生の皆様 数学科学科長・数学専攻専攻長 山崎隆雄 新型肺炎の問題が深刻化してゆき、新学期に際して不安に感じている学生も多いと思います。 東北大学もそれに対応すべく検討を続けておりますが、未曾有の事態ということもあり措置等は暫定的なものであり、今後、刻々と変化してゆく可能性があります。 しかしそれらが確定するのを待っていては、学生の皆さんへの周知が 遅くなってしまうため、現時点での数学科・数学専攻の授業等への対応をお知らせする次第です。 1)各種オリエンテーション(ガイダンス含む)や第1学期授業(講義、演習、セミナー、研究指導を含む)は 当面の間、対面する機会を避け、オンラインにより実施します。 2)全学教育科目の授業は4月8日--14日に授業概要 (ガイダンス)を収録し、その後ISTU にて配信します。 4月20日--5月6日はオンライン授業試行・習熟期間、 5月7日より本格的な授業開始です。 個々の授業の進め方についてはISTUをご覧ください。 3)理学部・理学研究科の授業(講義、演習)は5月7日から開始になります。 各授業の受講方法の参照方法は現在検討中ですので確定次第、以下のHPで案内をいたします。 4)4年セミナーや研究指導は、担当の教員から今後の進め方について案内があると思いますので、そちらに従って 下さい。 5)資料室はオンラインで読めない本など、どうしても必要なときのみ利用することにして、長時間の滞在は避けて 下さい。 6)学部生控室(数学棟2F)や院生室も、当面利用を控えて下さい。 (荷物の取り出しは当面認めますが、長時間の 滞在は避けて下さい。 ) この情報は以下のURLに掲載します。 (数学科・数学専攻HP内) また今後の状況の変化に合わせ、随時更新します。 何か不明な点や相談したいことがある場合は 理学部・理学研究科数学専攻事務室 math-jm grp. tohoku. jp までご連絡ください。 以下、東北大学からの案内です。 新型コロナウイルス感染症への対応について(東北大学HP内) 新型コロナウイルス感染症に関する学内情報(理学部・理学研究科HP内) 4月2日更新 令和2年4月2日 数学科学生・数学専攻院生の皆様 数学科学科長・数学専攻専攻長 山崎隆雄 コロナウイルス感染拡大を阻止するため,数学教室でも行動様式を変える責務が生じております. 学生同士で数学の議論を通じた交流は,生涯のかけがえない財産ではありますが,目下の状況でこれまで通りの 行動を続けることは,他ならぬ仲間を危険にさらすことに直結します. そのため,たいへん忸怩たる思いではありますが,数学教室では以下の指針に従って頂くようお願いします.• ・不急不要の大学訪問・滞在を避け、少しでも健康に心配があれば登校を控える.• ・無症状であっても「自分はすでに感染していて他人を感染させる可能性がある」ことを意識する.• ・なるべく対面の機会を減らす.セミナーや議論,質問,相談なども可能な限りオンラインで代替する.• ・院生室や資料室で長時間過ごすことを控える.• ・資料室は,オンラインでアクセスできない書籍など資料入手のための短時間の訪問にとどめる.• ・セミナーなどで複数人が一室に滞在するときは少人数に限定し,人と人の距離を取り,滞在時間を短くし, 換気を十分に行い,可能ならばマスクなどを使用する. 皆様のご協力をよろしくお願いいたします..

次の