クラッシュ ダンプ を 初期 化 できません で した。 c++

Lenovo ideapad windows pc初期化方法

クラッシュ ダンプ を 初期 化 できません で した

この質問を改善してみませんか?質問を更新して、だけで1つの問題に焦点を当てます。 4年前休業。 プログラムをデバッグするには、主に次の方法を使用します。 printf(または他の言語では同等のもの)を使用して、特定のステートメントの後の変数の値をチェックするか、プログラムが条件付きステートメントまたはループに入ったかどうかをチェックします。 上記の方法で問題を解決することができます。 しかし、ビルドにはデバッグとリリースの2種類があることに気づきました。 名前から、デバッグビルドがデバッグに役立つことを理解できます。 また、デバッグビルドはシンボルテーブル情報などと呼ばれるものを保存することも読んだ。 デバッグビルドをデバッグに使用するにはどうすればよいですか?他に学ぶべきデバッグ技術はありますか? デバッガーを学ぶ テキストベース、完全なIDE、またはそれらのいくつかのブレンドであるかどうかにかかわらず、デバッガーを理解することは本当に役立ちます。 詳細はあまり説明しないので、一般的なケースについて説明します。 これは、コードがどのように悪い状態になるかを理解するのに非常に役立ちます。 たとえば、ポインターが逆参照されたときにクラッシュをキャッチするのではなく、ポインターがnullになるのを監視します。 2)コードのステップ実行 関数にステップインし、コードに沿って行ごとに、行をジャンプして(「次のステートメントを設定」)、関数から「上に」移動できます。 一部のデバッガーでは、関数呼び出しを監視リストに入れることもできます。 「time()」、「MyFunction(... )」、「time()」などを実行して、関数にかかった時間のクロックタイミングを取得できます。 4)例外とシグナル処理 したがって、言語が例外やシグナルをサポートしている場合は、通常、これに対応する方法についてデバッガを構成できます。 一部のデバッガーでは、例外のキャッチに失敗した後ではなく、例外が発生しようとしている時点でコードに侵入できます。 これは、プログラムが別のユーザーアカウントで実行されているため、「ファイルが見つかりません」エラーなどの奇妙な問題を追跡するのに役立ちます。 近くにソースコードがあり、デバッグシンボルが損なわれていない場合は、最初からデバッガーで開始したかのように飛び込むことができます。 これはコアダンプの場合も同様ですが、通常はそれらのデバッグを続行できません(プロセスはすでに終了しています)。 ビルド構成 デバッグシンボル、最適化、その他のコンパイラフラグなどの機能をオンまたはオフにすることで、さまざまなビルドバリエーションがあります。 1)デバッグ 従来、これは特別な特性のない単純なビルドであり、デバッグが容易で予測可能です。 これはプラットフォームによって多少異なりますが、信頼性を確保するために、割り当てやバッファサイズなどの追加の余裕がある場合があります。 通常、DEBUGやConditional( "Debug")などのコンパイラシンボルが存在するため、デバッグ固有のコードが取り込まれます。 これは、特に信頼性や再現性が高い場合に、機能レベルのシンボルがそのままの状態で出荷されるビルドであることがよくあります。 アルゴリズムの選択が適切でない場合、可能な速度の増加は関係ありませんが、集中的な計算の場合、これにより、共通部分式の除去やループのアンロールなどによって十分な違いが生じる可能性があります。 ノッチを下げる必要があります。 最適化されたコードのコンパイラーのバグも、以前は問題でした。 このコンパイラー生成コードは、分析のプロセスの最後に書き出されます。 専用のソフトウェアツールを使用する方が簡単な場合があります。 以下を参照してください。 このタイプのビルドは出荷されません。 たとえば、ASSERTマクロは関数のパラメーターをチェックし、イテレーターは変更されていないコレクションをチェックし、カナリアはスタックに入れられて破損を検出し、ヒープ割り当てはセンチネル値(0xdeadbeefは記憶に残る値)で埋められてヒープの破損を検出します。 サイトでしか再現できない永続的な問題があるお客様にとって、これは便利なことです。 5)機能の構築 ソフトウェア製品の要件が異なる複数の顧客がいる場合、一般的には、顧客ごとにビルドを行い、テスト時に異なる部分を実行します。 たとえば、ある顧客はオフライン機能を望んでおり、別の顧客はオンラインのみを望んでいます。 コードのビルド方法が異なる場合は、両方の方法をテストすることが重要です。 ロギングとトレース したがって、printf()に役立つステートメントをいくつか書き込んだ後、包括的な構造化トレース情報をデータファイルに書き込んでいきます。 コードがクラッシュしない場合、または再現に時間がかかる場合は、たとえば、スレッドのリスト、それらの状態遷移、メモリ割り当て、プールサイズ、空きメモリ、ファイルハンドルの数などの画像を用意すると便利です。 実際には、アプリケーションのサイズ、複雑さ、およびパフォーマンスの要件に依存しますが、ゲーム開発者は、フレームレートに影響を与える可能性があるため、ゲームの進行中にCPUまたはメモリの使用に「スパイク」がないことを確認する必要があります。 この情報の一部はシステムによって維持され、一部はライブラリによって維持され、残りはコードによって維持されます。 その他のツール これらのシナリオをカバーするために別のビルドを作成する必要があるとは限りません。 プロセス構成(Windowsレジストリトリック)によって実行時にいくつかの側面を選択できるため、標準ライブラリよりも優先度の高い代替ライブラリを利用できます。 ローダーパスを使用するか、ソフトウェアICEまたは専用デバッガーを使用して、ランタイム特性(Intel v-Tuneなど)についてソフトウェアをプローブします。 これらの一部は高額な費用がかかり、一部は無料です-dtrace、Xcodeツール。 デバッグビルドは、実行可能ファイルのデバッグシンボルを使用してビルドされます。 基本的にそれが意味することは、ソースコードのすべての行がそれから生成されたマシンコードにリンクされ、変数と関数のすべての名前が保持されるということです。 GCCでは、 -gソースファイルをコンパイルするときにフラグを使用してこれを行います。 よく行われるもう1つのことは、最適化をオフにすることです。 これは、コンパイラーがプログラムを高速化するための巧妙なトリックを実行しますが、デバッグを不可能にするためです。 GCCでは、これはで行われ -O0ます。 私がこれまでデバッグに使用した中で最も便利なツールはです。 これは、あなたが言及したIDEブレークポイントのテキストバージョンです。 IDEを使用する場合よりも、gdbを使用するほうがはるかに多くのことができます。 実際、一部のIDEは単なるgdbのラッパーですが、一部の機能は失われています。 メモリの場所の監視、アセンブリの印刷、スタックフレームの印刷、信号処理の変更など、さまざまなことができます。 デバッグに真剣であれば、gdbまたは同等のテキストベースのデバッグプログラムを学びます。 私がよく使うもう1つのことは、です。 メモリリークを検出し、メモリが初期化されているかどうかを追跡します。 デバッグビルドで使用すると、興味深いことが発生する行番号を取得できます。 Masonウィーラー、簡単なスタックトレース( btで gdb、ほとんどの場合、0-仮説のための十分な情報よりもを提供します)(そうでない場合、あなたのコードは、これまで、サブ標準の品質閾値を下回る、よく、です)。 私はVMS以来デバッガーを使用しており、デバッガーを巻き戻す時間のようないくつかの極端なエキゾチックな獣を含むすべての可能なフレーバーを試しましたが、これまでのところ、本当に有用なものを見つけることができませんでした。 前提条件をインタラクティブにテストしているので、時間を無駄にしています。 私は自分の仮定をバッチで(並行して多くなる可能性があります)、迅速かつほとんど労力なしでテストしています。 — 非常に強力なデバッグ手法が1つありますが、他の回答ではまだ触れていません。 一部の開発環境では無料で利用できます。 または、ほとんど何も追加せずに追加できます。 これは埋め込みREPLであり、ソケットを介していつでも接続できるようにし、専用スレッドで実行し、実行中のコードに対して考えられるすべてのリフレクションを使用し、実行中のコードを変更または完全に置き換え、新しいものを追加し、実行します。 機能など たとえば、Common Lisp、Smalltalk、Python、Rubyなどでコーディングする場合は、そのまま使用できます。 軽量のインタープリター(Lua、Guile、JavaScript、Pythonなど)をネイティブアプリケーションに埋め込むことができます。 JVMまたは. NETベースの環境では、多くの組み込み可能なコンパイラーとインタープリターが利用可能で、非常に強力なリフレクションが無料で利用できます。 私が今まで使用した中で最も重要なデバッグツールは、死後のクラッシュダンプ(Linuxではコアダンプ、Windowsではユーザーdmp)です。 それは本当に複雑なトピックなので、ここにます: 基本的に(Windowsでは、死後のデバッグで最も経験のあるプラットフォーム)、別のファイル(. pdbファイル)に保存されるシンボルを使用してアプリを構築します。 これらを安全に保ち(誰もコードを簡単にリバースエンジニアリングできないため)、クラッシュを待ちます。 実行すると(クラッシュをキャプチャしてダンプファイルを生成するためにDrWatsonまたは同様のツールを実行している場合)、. dmpファイルをシンボル(およびオプションでソースコードへのパス)とともに(Windowsデバッガ)にロードし、コールスタック、レジスタ、変数、メモリ値などの多くの情報が表示されます。 動作するときは美しいです。 デバッグビルドでは、これらすべてが自動的に実行されるように設定されています。 リリースをビルドするときは、シンボルを有効にする必要があります。 デバッグビルドは、メモリガードのような他のものも追加します(例外をトリガーすると、それらに書き込みを試みます。 これにより、バッファオーバーフローまたはメモリ破損が実際に簡単に示されます。 または、正しくないものに対してアサートされます)。 一般に、デバッグビルドは、開発者がコードを渡して実行する前に実行してテストするためのものです。 これはネイティブコードのデバッグ用です。. NETコードは、このような事後処理用のPiTAですが、をすることで. NET例外用のものを取得できる場合があります。 すべて複雑なものですが、それほど悪くはありません。 とがったクリック感のよいGUIを期待しないでください。 これは、コマンドラインのパワーの使いやすさです。 printf(または他の言語では同等のもの)を使用して、特定のステートメントの後の変数の値をチェックするか、プログラムが条件付きステートメントまたはループに入ったかどうかをチェックします。 また、提供されているあらゆる種類のassertステートメントを使用する必要があります。 単体テストも作成する必要があります。 上記の方法で問題を解決することができます。 完璧です。 あなたはあなたが知る必要があるすべてを知っています。 他に学ぶべきデバッグ技術はありますか? いいえ、学ぶ べきではありません。 あなたがそれが役立つと思うなら、あなたはもっと学ぶかもしれません。 しかし、あなたが持っているもの以上のものは必要ありません。 過去30年以上の間、私はデバッガを数回(おそらく3または4)使用しました。 そして、私はそれを使って、死後のクラッシュダンプを読み取り、失敗した関数呼び出しを見つけました。 デバッガの使用は 必須のスキルではありません。 印刷ステートメントで十分です。

次の

64ビット版の Windows の適切なページ ファイル サイズを決定する方法

クラッシュ ダンプ を 初期 化 できません で した

クラッシュ ダンプを初期化できませんでした。 クラッシュ ダンプを初期化できませんでした。 ソース:volmgr イベント ID:46 ソース名:volmgr ログ:System レベル:エラー タスクのカテゴリ:なし キーワード:クラシック メッセージ:クラッシュ ダンプを初期化できませんでした。 説明 volmgr 関連のエラーはカーネルダンプ生成時に出力されます。 何らかの原因でBSOD ブルースクリーン が発生しWindowsが停止しました。 そのときクラッシュダンプを生成しようとしましたが失敗した可能性があります。 よってこのエラーはWindowsが停止した原因とは直接関係しないのでクラッシュダンプを解析する人以外はあまり気にしなくてよいでしょう。 もしクラッシュダンプの生成が必要な人は以下の事項を確認してください。 【条件】 ・最小メモリダンプ 256 KB :1 MB ・カーネルメモリダンプ :カーネルの仮想メモリ使用量によって異なります。 sys' Post Comment Name Required : Please input 2020 in next password erea to comment. Password Required Comment Required : If you post it ,please repost after 30 seconds 注意事項:このページは個人で調査した内容となり誰も保証するものではありません。 間違いも多く含まれます。 あくまでも参考程度に閲覧ください。 もし誤りがあった場合でも何人も損害、損失を保証しません。

次の

クラッシュ ダンプを初期化できませんでした

クラッシュ ダンプ を 初期 化 できません で した

Windows10で頻繁にクラッシュする原因とは 2016年以降になってWindows10を使用するパソコンで突然システムが不安定になったり起動に失敗するというトラブルが多く発生しています。 この原因は自動的にインストールされるセキュリティ修正プログラムに問題があることです。 Homeエディションではユーザーの意志とは関係なくシステムが強制的に修正プログラムをインストールするため、問題を抱えたプログラムを回避することができません。 そのため多くのパソコンでトラブルが発生しています。 別の原因はOSをアップデートした際に以前のOSで使用していたドライバーがWindows10に対応していないことです。 Windows10はマイクロソフト社が発売する最新のOSで、新しくパソコンを購入した場合には必ずインストールされています。 新規の購入以外にWindows7以降のパソコンについても2015年7月~2016年7月にかけての期間中にWindows10の無償アップグレードサービスが実施されました。 OSのバージョンがアップグレードされた際にドライバが対応していないケースがあり、システムが不安定になってクラッシュの原因になることがあります。 Windows10がクラッシュした場合の対処法 更新プログラムをインストールした後に問題が生じる場合にはシステムの構成を変更前に戻すことで回復させることができます。 Windows10は復元ポイントを保存する機能が付いているので、セーフモードで起動後してからコントロールパネルを開いて「システムツール」を選択して「システムの復元」をクリックして進むと更新前の状態に戻ります。 注意点として復元前に重要なファイルのバックアップを取っておく必要があります。 セーフモードでも起動させることができない場合はドライブ全体を初期化してOSを再インストールしなければなりません。 クラッシュしたWindows10からデータを復元する手順 Wondershare は消去したファイルを復元するためのツールですが、システムがクラッシュしたパソコンからデータを復元させることも可能です。 クラッシュしたWindows10のパソコンからデータを取り出す手順をご紹介します。 ステップ1. 「クラッシュしたパソコンからデータを復元」を選択します。 を起動したらメニューウィンドウが表示されます。 Wondershare 「Recoverit」ソフトには、windows osが起動しなくなった時でも見られなくなったデータを復元するための機能があります。 Windows osの起動ディスクを作成するもので、これさえあればwindows osに問題があったときでも作成したデータの復元は可能となります。 「クラッシュしたパソコンからデータを復元」を選択して、「開始」をクリックします。 ステップ2.windowsが起動しない場合の修復ディスクを作成します。 システムクラッシュ後の紛失データの復元の画面を表示して、修復用のデバイスの選択表示がされます。 修復ディスクを事前に作成しておくことで、パソコンが起動しなくなったときに対処できます。 表示されてデバイスにはDVD・CD・USBなどを選択できます。 指定できるデバイスに、今回はCD/DVDを選択してから修復ディスクの作成を行います。 空のCD/DVDディスクを挿入して作成します。 修復ディスクの作成デバイスを選択して「作成」ボタンをクリックすると、修復ディスクの作成を開始します。 修復ディスクの作成は全て自動で作成してくれて、表示された作成手順は上から順番に「ファームウェアをダウンロードする」・「USB/CD/DVDをフォーマットする」・「起動可能なドライブを作成」の順番で作業を行います。 デバイスはどれにするかを指定して、作業が完了するまで数分程度待ちます。 全ての作業が終わると、完了となり、DVD/CDの場合はトレイが開いて完了となります。 あとは、DVD/CDを抜き取れば完成です。 終了ウインドウには、「起動可能なCD/DVDが作成できました」表示されます。 Windows10はセキュリティ更新プログラムをインストールした直後にシステムがクラッシュするトラブルが多く報告されています。 もしもの時に備えてWondershare で起動用ディスクを作成しておくようにすると良いでしょう。

次の