ドコモ 誕生 日 d ポイント。 毎年最大3,000ポイント!!「ずっとドコモ特典」でお得に安く!!

ずっとドコモ特典

ドコモ 誕生 日 d ポイント

dポイントスーパー還元プログラムの新ルール 2020年5月10日より適用開始された、dポイントスーパー還元プログラムの新ルールを確認しておきます。 還元率合計最大+7%、という点は変わりませんが、還元率決定の条件部分が大幅に変わっています。 変更がないのは、「 dポイントクラブステージ/プラチナステージで+1%」という項目のみで、それ以外の項目はすべて変更となります。 新しく適用される条件を一つずつ確認していきます。 dポイントを貯めた回数 前月の、月あたりのdポイントを貯めた回数が50回から99回の場合、 還元率+0. 5%が適用されます。 また、回数が100回以上の場合には、 還元率+1%となります。 「貯めた回数」とは、dポイントが貯まる買い物やドコモ回線利用で貯まったdポイントの獲得回数が集計されます。 dポイント(期間・用途限定)については集計対象外です。 集計対象となるdポイントは、「dポイントクラブステージ判定の対象となるdポイント」です。 キャンセルした場合は集計対象外、dカードでためる等、実際の利用日より遅れて反映されるものもあるため、注意が必要です。 つまり、単純にひたすら買い物の回数を積み上げることで、還元率が0. 5%、ないし1%を狙える、というわけです。 当然、dポイントを貯めた回数が50回に満たなければ、この項目での還元率は0です。 この項目は正直、個人的にかなり難しい項目だと思います。 100回以上を達成するためには、単純計算1日3回以上買い物をしてdポイントを貯めなければなりません。 50回以上でも1日1回以上です。 そこまで毎日毎日dポイントが貯まる買い物をすることがあるかどうか、というところですね。 dカードでのドコモご利用料金お支払い(dカード GOLD限定) 今回の新しい還元条件の中では、この項目が一番簡単です。 dカード GOLDを所有し、ドコモの料金支払いに設定するだけなので、既に条件を満たしている方も多数いらっしゃると思います。 注意点としては、dカード GOLD限定で、dカードでは対象となりません。 前月末時点でこの条件をクリアすると、 +1%還元となります。 ちなみに、一括請求グループ子回線の場合は、家族会員を含むdカード GOLD契約があり、一括請求グループ親回線の支払い方法がdカードに設定されていれば対象となります。 つまり、一括請求で親がdカード GOLDを利用しドコモの支払いに設定していれば、子回線が家族カード会員であることで条件をクリアできるというわけです。 dカード GOLDの家族カードがますます重要になりますね。 そもそも、dカードを利用していてdカード GOLDの契約をされていない、という場合には、この機会にアップグレードを検討しておきたいところです。 この条件以外でも、ゴールドの方が各項目で圧倒的にお得です。 具体的には、以下の通りです。 ・20,000円~49,999円(税込):+1% ・50,000円(税込)以上: +2% 集計される対象となる買い物は以下の通りです。 ただ、一部かもしれませんが、ゲームアプリ等で Google Play・iTunes等のキャリア決済、つまり課金をされている方などは、2万円以上の還元率+0. 5%なら意外にサクッとクリアできる水準かもしれません。 また、6月1日より、都度課金分としての 「dミールキット」「ひかりTV for docomo」「Disney DELUXE」、3つのサービスが集計対象外となりました。 個人的には、dミールキットでの利用金額がそれなりに大きいので、大ダメージです。 ちなみに、dポイントやdコイン、クーポン等を適用した場合は、適用後の決済金額が集計対象となります。 dカード請求額 前月請求分のdカード請求額によって、還元率が決定します。 ここでは、 dカード GOLD限定ではなく、通常のdカードの利用でも対象となります。 ただ、 毎月10万円以上をコンスタントに利用していくことができるのであれば、「年間ご利用額特典」があるdカード GOLDの方が確実にお得になるため、この項目も事実上、dカード GOLD向けと考えてよさそうです。 毎月20万円以上の利用はなかなか大変だと思いますが、10万円以上なら支払いのほとんどをdカード GOLDに集中すれば不可能ではありません。 年間ご利用額特典100万円以上を狙うのと同じように考えればいいと思います。 判定対象となるdカードの「前月請求分」とは、3ヶ月前の16日~2ヶ月前の15日の利用分となり、2ヶ月前の月末頃に配信する「ご利用額お知らせメール」に記載の「お支払金額」が対象となります。 少しややこしいので注意しましょう。 例えば、5月10日から6月9日の間の買い物期間の還元率の場合、 ・対象となるdカード請求額の引き落とし日:4月10日(土・日・祝は翌営業日) ・対象となるdカードの利用期間:2月16日~3月15日 ・ご利用額お知らせメール配信日:3月末頃 となります。 dカード/dカード GOLDの 家族会員に関しては、 本会員の口座から引き落としされた金額を集計し、その金額が条件を満たしていれば、家族会員も還元率アップ対象となる、ということです。 これはお得ですね。 請求額判定時の支払い方法としては、 Mastercard、VISA、iD、ドコモのケータイ料金等、お支払金額に反映されるすべての利用分が対象となります。 とにかく、お支払金額が上記の対象金額を超えていればいい、ということですね。 ただ、ここで間違えないようにしたいのが、 還元率の確定に対してはdカード/dカード GOLDの支払い金額がすべてで、その対象支払い方法などは指定されていないのですが、還元率が確定したあと、実際のポイント還元の対象となる買い物に関しては、これまでどおり、「d払い」および「iD」が対象であり、Mastercard/VISAのクレジット決済を利用した分に関しては、ポイント還元対象外となります。 わかりにくいですが、混同しないように注意しましょう。 まとめると以下のようになります。 ・還元率を確定するためのdカード請求額・・・支払い方法の制限なし ・還元率確定後、実際にポイント付与される対象の買い物・・・支払い方法は「d払い/iD」 還元率アップの対象期間と還元対象の買い物 還元率アップの対象期間としては、毎月10日0時から、翌月9日23時59分までです。 上記で見てきた還元率の判定条件に基づき、当月10日~翌月9日までの還元率が決定されます。 また、dポイントスーパー還元プログラムには必ずエントリーが必要であり、プログラム実施期間内に一度エントリーを実施することで参加が有効となります。 既にエントリー済みの方は何もしなくて問題ありませんが、これから利用したい方は絶対に忘れないように注意しましょう。 ポイント還元される対象の買い物については、 「d払い」、または「iD」での支払いが対象であり、詳しくは以下の通りとなります。 ここは今までと変更はありません。 【d払い】 【iD】 最大の問題・ポイント還元対象となる決済金額の上限設定が15,000円/月(毎月10日~9日) 実際に、2020年5月10日、自分のステージを確認してみました。 元々の還元率は、私の場合5%だったので、0. 5%アップしました。 本来なら、喜ぶべきことなのですが、実は、今回の改正による 大きな大きな落とし穴があるため、手放しに喜ぶことはできません。 というのは、 改定後、月あたりのポイント還元対象となる決済金額に 上限が設定される、というもので、15. 000円、という上限設定がなされています。 当初、「月あたり15,000円分もらえるならとりあえず問題ないかな」と考えていたのですが、よくよく見るともらえるポイントが15,000円分ではなくて、 「決済金額」が15,000円分、つまり、最大+7%でも1,050円分しかポイントがもらえない、という変更だったのです。 私自身、今まで毎月平均2,000~3,500ポイントほど、dポイントスーパー還元プログラムでもらっていたので、還元率が何%になるとか、そういう問題よりも実はこちらの方が非常にダメージが大きいわけです。 還元率に関わらず、2,000~3,000ポイントもらえていたところから、最大1,050ポイントでは、半減どころではありません。 ということで、今回の変更でdポイントスーパー還元プログラムは、dカード GOLDのヘビーユーザー向けになりつつ、しかも上限もかなり絞られているという、かなり辛い下方修正になっているわけです。 これは辛いです。 還元率決定条件変更によってお得になる人・損する人 5月10日からのdポイントスーパー還元プログラムの還元率決定条件が変わることで、お得になる人もいれば、逆にマイナスになってしまう人も出てきます。 とりあえず私自身を判定してみた結果は、前述の通りです。 その還元率5. 5%になった、内訳も続けて紹介します。 まぁ、概ね予想通りではありました。 dポイントを貯めた回数と、ネットのお店の買い物が、そこそこ変動すると思うのですが、それ以外は予想通りです。 状況によっては、今後 最大6. 5%くらいまで還元率が上がる可能性もありそうな気がします。 ただ、いずれにしても還元上限が、決済額として15,000円分までなので、還元率の変動による獲得ポイントの変動数もせいぜい150ポイント前後なので、頑張り甲斐は薄いです。 そして、おそらく 今までだったら数%は適用されていたのに、完全に0、還元なしになってしまう、という人も少なくなさそうです。 具体的には、まず dカード利用の方です。 dカード GOLDへのアップグレード待ったなし、ですね。 救いとしては「ネットのお店のお買物」にそれらのサービス料金が対象として含まれる点ですが、それぞれ数百円程度の月額料金でしかないため、最低利用額20,000円以上が新条件となっている「ネットのお店のお買物」の条件の前では焼け石に水かもしれません。 つまり、 とにかくdカード GOLDを持ち、ひたすらにカード利用を実施した人ほどお得になる、という仕組みが今まで以上に強化される、ということです。 ポイントを獲得できる人とできない人が今まで以上にはっきり分かれてくるかもしれません。 ここで勝ち組に入るためには、とにかくまずはdカード GOLDを準備し、毎月の支払いをひたすらdカード GOLDに集約するという、今まで「 年間ご利用額特典」を狙っていたような状況をさらに強化する必要がある、ということです。 逆に言えば、年間ご利用額特典の200万円以上を毎月簡単にクリアできているような方は、一定のポイント数は維持できると思われます。 ただ、いずれにしても、 還元対象金額が15,000円という上限設定により、どんなにもらえても最大で1,050ポイントという制限が重くのしかかってきます。 きつい変更ではありますが、しっかり内容を把握して、dカード GOLDをばっちり利用しつつ、ますますお得にdポイントスーパー還元プログラムを利用していけるよう対応したいところです。 関連記事:「」.

次の

【2020年6月】dカード/dカード GOLDキャンペーンまとめ

ドコモ 誕生 日 d ポイント

dカード GOLDに新規加入すると11,000円相当のdポイントがもらえる• dカードからdカード GOLDに切り替えた場合は最大10,000円相当• dカードに新規入会した場合は最大6,000円相当• 全ての特典をもらうまでに5ヶ月かかる dカード GOLD新規入会で最大11,000円分のdポイントをプレゼント dカード GOLDに新規入会をする時、いくつかの条件を満たすと最大で11,000円相当のdポイントがプレゼントされます。 新規入会の翌々月までに条件を達成すれば、誰でももらえるキャンペーンです。 うっかりもらいそびれることがないように、しっかりチェックしましょう。 入会と同時にドコモの料金をdカード払いに設定するともらえる1,000円はもらいそびれにくいでしょう。 そのため、うっかりしているともらえないので忘れないように、新規入会したらすぐにエントリーするのがオススメです。 また、こえたらリボとキャッシングリボのキャンペーンを併用した場合 +2,000ポイントが加算されます。 そのため、すぐに終了する可能性は低いでしょう。 もし、キャンペーンが終了する際はdカードのサイトで何らかの告知があるはずなので、しっかり確認してから入会手続きをすることをオススメします。 dカードからアップグレードした場合は最大10,000円 すでに を保有している人が にアップグレードする場合、プレゼントされるdポイントは 最大で10,000円相当になります。 新規入会と同時にドコモの通信料金をdカード払いに設定した場合にもらえる1,000円分のdポイントが切り替えではもらえないため、その分少なくなります。 dポイントがもらえる条件はdカード GOLDの新規入会キャンペーンと同じです。 特典進呈月まで継続必須 併用できるキャンペーンは と同じです。 リボ手数料に注意してうまく活用し、dポイントをゲットしましょう! ここまでの すべての特典を適用すると、dカードでも合計で6,000円のdポイントがもらえます。 付与されるタイミングに注意してもらいそびれないようにしよう! ここまでお伝えしたキャンペーンのうち、入会とドコモをdカード払いに設定してもらえるdポイントは、 最初の請求が確定した時に付与されます。 しかし、20,000円以上利用やこえたらリボの設定でもらえるdポイントは、もらうまでに5ヶ月かかるので注意してください。 特に、こえたらリボの分は付与されるまで設定し続けなければなりません。 支払わなければならないリボ手数料をしっかり計算してから利用するかどうかを判断しましょう。 対象カードで「ENEOSでんき」または「ENEOS都市ガス」の料金をお支払いされていること• ドコモの携帯電話番号をdカードに「ご利用携帯電話番号」として登録されていること• 本キャンペーンの申し込みは以下からできますので、ご利用ください! > リボ払いご利用で最大3万円キャッシュバックキャンペーン(第1弾) 画像引用元: 期間:2020年5月1日(金)〜2020年6月30日(火)まで 期間中に1万円以上の買い物をリボ払いした方を対象に、抽選で50名に30,000円、100名に10,000円のキャッシュバックが進呈されます。 リボの利用金額・初めての利用の場合は当選確率がアップします。 当選確率の詳細は以下をご覧ください。 画像引用元: 初めてリボ払いを利用する方で10万円以上の買い物をすると、当選確率は20倍になります。 大きな買い物を予定している方は、積極的に利用しましょう。 本キャンペーンはエントリーが必要ですので、利用を考えている方は以下から行ってください。 > 分割払いご利用で最大3万円キャッシュバックキャンペーン(第1弾) 画像引用元: 期間:2020年5月1日(金)〜2020年6月30日(火)まで 期間中に1万円以上の買い物を分割払いした方を対象に、抽選で50名に30,000円、100名に10,000円のキャッシュバックが進呈されます。 さらに、初めて分割払いをした方を対象に、抽選で2人に1人500円のキャッシュバックが進呈されます。 本キャンペーンは、エントリーは必要ですので利用を考えている方は以下から行ってください。 > キャッシングリボご利用枠設定キャンペーン(第1弾) 画像引用元: 期間:2020年5月1日(金)〜2021年3月31日(水)まで 本キャンペーンはキャッシングリボの利用額を初めて設定し、期間中に1万円以上のショッピングをした方の中から抽選で10名に50,000円のキャッシュバックされる内容です。 dカード• dカード GOLD• DCMX• DCMX GOLD d払い(ID)・dカードmini・dカード プリペイドは非対象カードです。 また、ドコモ利用料金、年会費、電子マネーチャージ等のdカードポイントサービスの利用分は対象外ですので、注意してください。 本キャンペーンはエントリーが必要ですので、利用する方は以下から行ってください。 > ETCカード新規ご入会キャンペーン 画像引用元: 期間:2020年4月16日(木)~2021年3月31日(水)まで 期間中にdカード ETCカードに新規入会し、入会翌々月末までに専用サイトにてエントリーまたは1回以上の利用で、dポイント500ポイントが進呈されます。 対象のカードは以下の通りです。 dカードに紐づくdカード ETCカード• dカード GOLDに紐づくdカード ETCカード• DCMXに紐づくdカード ETCカード• DCMX GOLDに紐づくdカード ETCカード 抽選等はなく、全員に進呈されるのでこれを機に利用してみてはどうでしょうか? 本キャンペーンはエントリーが必要になりますので、利用を考えている方は以下から行ってください。 キャッシュレス・消費者還元事業は、dカードのキャンペーンではなく国の施策で、消費税増税による負担を軽減してくれます。 なお、毎月の還元額には上限があるので注意しましょう。 対象サイトは、amazonを初め数多くの有名大手企業が対象となっているので、ネットショッピングをする方であれば誰でも利用可能でしょう。 amazon• マツモトキヨシ• タカシマヤ オンラインストア• ソニーストア• ディズニーストア• ABC MARTオンラインストア• BUYMA• Jetstar• ピザハットなど 適用条件は、金曜日・土曜日の買い物でd払いであること。 また、1決済あたり3,000円以上の買い物である必要があります。 注意すべき点は、同じサイトを複数回利用しても1サイトとして見なされてしまうことです。 キャンペーン期間は掲載されていないので、予告なしで内容の変更・終了があり得ますので早めに利用することをオススメします。 なお、dポイントクラブ優待ではシェアパックを契約して代表回線になっている場合でもポイント還元されるのでさらにお得に利用できるでしょう。 このキャンペーンの適用条件は「dカード GOLDを発行した後に契約しているドコモの電話番号に紐付けする」ことです。 dポイントスーパー還元プログラム (5月10日より内容が変更) 画像引用元: dポイントスーパー還元プログラムは、エントリーのうえで条件を満たすことで、dカード(iD含む)での支払いとd払いで還元されるdポイントが増額されるキャンペーンです。 dカード GOLD年間ご利用額特典 dカード GOLDでは、年間の利用金額に応じてさまざまな特典がゲットできます。 年間利用額と特典 年間利用額 特典 1,000,000円以上 10,800円相当 2,000,000円以上 21,600円相当 この特典をゲットするためには 、最低でも1,000,000円以上dカード GOLDを使わなければなりません。 とはいえ、メインカードとして利用している場合は問題なく使える金額でしょう。 dカード GOLDの年間利用額がキャンペーン対象金額に到達すると、以下の特典から選んでもらえます。 ケータイ購入割引クーポン• d fashionクーポン• d トラベルクーポン• dショッピングクーポン• このキャンペーンは ドコモの通信料金をdカード払いに変更し、エントリーすることによって適用されるので、エントリー忘れに注意してください。 この手続きをするだけでもれなく1,000ポイントがもらえるので、忘れずに使いましょう。 特にスマホ本体を購入する際にdカードで一括払いすると大量のポイントをゲットできるのでオススメです。 dカード• dカード GOLD• DCMX• DCMX GOLD 画像引用元: 決済ポイントと特約店ポイントで分かれていますので、理解しておきましょう。 この2つのポイントを組み合わせると、最大1. 以下から申し込みができますので、利用してください。 しかし、参加時にはいくつかの注意点があるのでこちらもしっかりみておきましょう。 しっかりチェックしておかないと、もらえるはずのポイントを逃してしまうかもしれません。 キャンペーンの適用条件をしっかり確認しよう それぞれのキャンペーンには適用条件が細かく設定されています。 その場合はエントリーし忘れると特典が受けられないので、忘れずにエントリーするようにしましょう。 また、一定期間メールを受信したり、こえたらリボに加入し続けなければならないものもあります。 キャンペーンに参加する際には、 いつまでに何をしなければならないのかをしっかりチェックしてください。 リボ手数料に注意しよう こえたらリボの設定で2,000円分のdポイントがもらえるキャンペーンに参加する場合、特典が付与されるまでこえたらリボの設定を継続しなければなりません。 月々の支払額をキャンペーンが適用される上限の30,000円までなので、普通に使っていると超えた分がリボ払いになり、手数料がかかります。 そのため、この特典を利用する場合は 特典をもらうまで使用金額を抑えるか、臨時の増額を利用して手数料を取られないようにしましょう。 何も考えずに使っているとdポイントでもらえる2,000円より支払ったリボ手数料のほうが高くなるかもしれません。 「もらえると思ったけれど対象外だった」という事態を防ぐためにも、対象カードはしっかり確認しましょう。 特に、月々の支払いがお得になるdポイントクラブ特典はdカード GOLDのみなので注意してください。 これらのキャンペーンを利用すれば、これから入会する人もすでに利用している人もお得になるでしょう。 最後に、今回チェックしたポイントをまとめて振り返ってみましょう。 dポイントクラブ優待 dカード GOLDのみ• dポイント スーパー還元プログラム• dカード GOLD年間ご利用額特典 dカード GOLDのみ• ケータイ料金のお支払いはdカードで!• ドコモオンラインショップでいつでもポイント2倍!• ローソンのお買物がいつでも3%OFF!• 家計まるごとdカードのお支払いがおトク!キャンペーン• ENEOSでんきでいつでもdポイント最大1. 特にお得なのは毎月還元される「dポイントクラブ優待」なので、より便利かつお得に使うためにもdカード GOLDに加入して電話番号と紐付けすることをオススメします。 うまく利用してお得にさまざまなサービスを利用してください!.

次の

毎年最大3,000ポイント!!「ずっとドコモ特典」でお得に安く!!

ドコモ 誕生 日 d ポイント

5Gギガホ• 5Gギガライト• ギガホ• ギガライト• ケータイプラン dポイントの付与を受けるには、dポイントクラブに加入しておく必要があるので、忘れずに手続きしておきましょう。 なお、ずっとドコモ特典で還元されるdポイントは、dポイント獲得手続きを行う時点での、 dポイントクラブのステージによって変わります。 これはかなり大きいですね。 ただし、ずっとドコモ特典を受けるには、 申し込みが必要です。 対象プランに加入する場合は、ずっとドコモ特典の申し込みも忘れずに行いましょう。 ケータイプランの特典が少なくなった 画像引用元: 2019年10月1日以降にケータイプラン契約した方は、もらえるdポイントが 少なくなっています。 以前はケータイプランもギガプランと同様にdポイントがもらえていました。 少なくなった理由は、2019年10月1日に 電気通信事業法が改正されたためです。 改正法では、1年に1ヶ月分の料金を超える利用者特典の禁止が定められました。 これにより、月額1,200円のケータイプランでは、年間1,200ポイントまでしか付与できなくなったのです。 dポイントクラブのステージはどうやって決まる? 画像引用元: ステージは、ドコモ回線継続利用期間と、dポイント獲得数(6ヶ月間累計)で決まります。 dポイントクラブステージの決まり方 dポイントクラブ ステージ ドコモ回線 継続利用期間 dポイント獲得数 6ヶ月間累計 1stステージ 4年未満 600ポイント未満 2ndステージ 4年以上 600ポイント以上 3rdステージ 8年以上 1,800ポイント以上 4thステージ 10年以上 3,000ポイント以上 プラチナステージ 15年以上 10,000ポイント以上 1stステージ以外は、ドコモ回線継続利用期間かdポイント獲得数(6ヶ月間累計)、どちらかを満たしていれば大丈夫です。 ステージアップできる支払い目安 ドコモ回線継続利用期間が短くても、dポイントを獲得しまくることで、プラチナステージまで短期間で上がることは可能です。 ただdポイントをたくさん獲得している方は、その分たくさん支払っているということでもあります。 では、どれだけ支払えばステージが上がるほどのdポイントを獲得できるのか、目安を見てみましょう。 なお、キャンペーンや特典による獲得は、 ステージ判定の対象外です。 「dポイント(期間・用途限定)」およびdカード GOLD特典で進呈されるポイント(ドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用金額1,000円につき90ポイント分)についてはステージ判定対象外です。 また、他社からのポイント移行、キャンペーンでの進呈などサービス・決済ご利用料金のお支払いが伴わないdポイント獲得についても、ステージ判定対象とならない場合があります。 都内の一人暮らしでかかる生活費が、月15万円くらいだと言われています。 更新ありがとうポイントとの比較 ドコモには、ずっとドコモ特典と似た「更新ありがとうポイント」というサービスが以前からあります。 更新ありがとうポイントの対象となるプランは、です。 カケホーダイプラン• カケホーダイライトプラン• シンプルプラン• データプラン されます。 これは、ずっとドコモ特典の3rdステージ(1年に1,500ポイント付与)に相当する特典です。 つまり、• 2ndステージ以下なら、更新ありがとうポイントのほうがもらえる• 3rdステージなら、同ポイントもらえる• 4thステージ以上なら、ずっとドコモ特典のほうがもらえる という計算になります(ケータイプランは除く)。 対象プランが違うから気にする必要なし とはいえ、ずっとドコモ特典と更新ありがとうポイントは、そもそも対象プランが違います。 比較して「どちらが良いか」と考えるものではありません。 しかも、更新ありがとうポイントの対象プランは すべて新規受付終了しているため、今から考えても仕方ないことでもあります。 子育て応援プログラムとの併用は可能か? 画像引用元: ずっとドコモ特典と「子育て応援プログラム」は 併用可能です。 両方を利用した場合、毎年最大6,000ポイントがもらえます。 子育て応援プログラムは、12歳以下かつ小学生以下の子供を育てている親権者または扶養者の方を対象に、dポイントを 毎年3,000ポイント付与するサービスです。 5Gギガホ• 5Gギガライト• ギガホ• ギガライト• カケホーダイプラン• カケホーダイライトプラン• シンプルプラン• データプラン カケホーダイ、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプランは、さらに「パケットパック」または「シェアオプション」に加入している必要があります。 また、子育て応援プログラムによる付与を受けるには、お子さま情報を登録していなければいけません。 ポイントは子供の誕生月に付与 子育て応援プログラムでもらえる 3,000ポイントは、毎年子供の誕生月に付与されます。 子育て応援プログラムの対象となるのは、子供が0歳のときから。 そして、 12歳の誕生日を迎えたらプログラム終了となります。 なるべく早く申し込みましょう。 申し込みはか、ドコモショップ店頭で行えます。 ずっとドコモ特典のdポイント獲得は手続きが必要 続いて、ずっとドコモ特典のdポイント獲得手続きのタイミングと、ポイント獲得手順を解説します。 特にdポイント獲得手続きのタイミングは大切なので、損をしないようにしっかりチェックしましょう。 ずっとドコモ特典の手続きをするタイミング ずっとドコモ特典では、毎年 誕生月または誕生月翌月にdポイント獲得案内の メールをSMSで配信してくれます。 ずっとドコモ特典のdポイント獲得手順 獲得手順は、大まかにまとめると下記の3ステップです。 獲得手順3ステップ• dポイント獲得案内メールをチェック• dポイントクラブサイトまたは専用獲得ダイヤルで手続き• dポイントが反映されているか確認 1dポイント獲得案内メールをチェック ずっとドコモ特典のdポイント獲得案内メールは、誕生月または誕生月翌月に SMSで配信されます。 誕生月になったらドコモからのSMSが来ていないかチェックしましょう。 利用している端末や設定によっては、SMSが受け取れないこともあるので注意してください。 2dポイントクラブサイトまたは専用獲得ダイヤルで手続き dポイントの獲得手続きは、dポイントクラブサイトか専用ダイヤルで行います。 dポイントサイト:獲得案内メールのURLからアクセス• dポイントクラブサイトやMy docomoにアクセスして、dポイント(期間・用途限定)が増えていることを確認しましょう。 次の章では、ずっとドコモ特典と一緒に利用したい、dポイントを ザクザク獲得する方法を解説します。 d払い:200円毎に1ポイント• なお、dマーケットの利用については都度課金でも月額料金でもOKです。 dTVやdヒッツなど、利用したいサービスがあれば積極的に契約しましょう。 d払いとiDで効率よくdポイントゲット 画像引用元: dポイントスーパー還元プログラムの対象となる、d払いとiDについてもチェックしましょう。 どちらもお店で簡単に支払いができ、現金より使い勝手がいいサービスです。 d払いとは 画像引用元: d払いは、PayPayやLINE Payといった「何とかペイ」などの スマホ決済のドコモ版で、アプリを使って決済します。 還元率は通常0. 5%で、200円ごとにdポイントが1ポイント付与されます。 5%の還元率です。 項目 d払い dカード 合計 街のお店 0. 5%還元 1%還元 1. 5%還元 ネットのお店 1. 0%還元 2. 0%還元 アプリダウンロード しておりますのでそちらも参考にしてみてください。 iD払いとは 画像引用元: iDは、ドコモが2005年から提供している電子マネーです。 「何とかペイ」系より歴史が長く、提携店がたくさんあります。 前述のは、主にiD払い自体にはポイント還元が無いということです。 しかし、iDに紐付けられた クレジットカードやデビットカードに基づいた還元がされるので、そちらをうまく活用していただければと思います。 iDの魅力としては、サイフからクレジットカードを出さずに、おサイフケータイやApple Payでクレジットカード払いできるようになることです。 ドコモ回線ユーザーならdカード GOLDがおすすめ 画像引用元: dカード GOLDは、 年会費10,000円(税抜)のドコモのゴールドカードです。 「年会費が高い!」と言われることもあるようですが、この金額はゴールドカードなら一般的な数字と言えます。 dカード GOLDの通常の還元率は、年会費無料のdカードと変わりません。 しかし、以下のような大きな違いがあり、ドコモ回線ユーザーであればもあるので是非とも契約したいカードです。 5%ポイント還元 d払いでのポイント還元 ネットショッピング 2%ポイント還元 特約店ポイント 特約店が設定した ポイントが追加で進呈 空港ラウンジ利用 国内・ハワイの 主要空港ラウンジ 無料利用可 - 旅のサポート 世界各地で日本語スタッフが旅行をサポート 海外旅行保険 最大1億円 税込 補償 - 国内旅行保険 最大5,000万円 税込 補償 - 申込 ドコモの利用料金の10%が還元される dカード GOLDの契約者なら、 ドコモの毎月の利用料金の10%がdポイントとして還元されます。 1,000円につき100ポイントです。 例えばドコモの5Gギガホを契約している場合、月額は7,480円(dカードお支払割適用時)ですから、毎月700ポイントが還元されます。 年間だと8,400ポイントですから、これだけでも年会費10,000円に迫りますね。 dカード GOLDならではのケータイ補償や買い物保険、旅行保険なども合わせたら、年会費は決して高くありません。 ずっとドコモ特典と、dポイントを貯める方法まとめ 以上、ずっとドコモ特典とdポイントを貯める方法ついてでした。

次の