オクターブ チューニング。 【アコースティックギターのオクターブチューニングの確認方法】

フロイドローズのオクターブ調整編

オクターブ チューニング

オクターブチューニング(オクターブ調整) オクターブチューニングは、開放弦を鳴らした時の音と12フレットを押さえた時の音を合わせる調整のことで 例えば 5弦の開放はA(ラ)の音ですが、5弦の12フレットを押さえた時の音も(若干ずれているかもしれませんが)Aの音になります。 チューナーを使って確かめてみて下さい。 ただし、 聴いて分かるように12フレットの音の方が明らかに高いですよね。 これは1オクターブ上の同じくA(ラ)の音ということになりまして、 開放弦と1オクターブ上の音の微妙なズレを合わせるので オクターブチューニングとかオクターブ調整と言います(たしか)。 私の耳では分かりませんが これをやっていないと、聴く人が聴くと狂いがバレるかもしれませんのでやっておきましょう。 オクターブチューニングをレスポールのギターで オクターブチューニングのやり方です。 まず、普通に全部の弦をチューニングしまして それから1本づつチューナーで測っていきます。 6弦からやりますと 開放弦がE(ミ)音ピッタリの状態で 次に 6弦12フレットを押さえた音を鳴らします。 で、 チューナーの針を見るとちょっと低い(フラット)ですね。 このように 開放弦よりも12フレットを押さえた音が低い場合はブリッジ上の駒をネック側にずらします。 どうやるかといいますと 6弦を少し緩めて マイナスドライバーでブリッジにある6弦のネジを 時計回りに回します。 そうするとネック側(手前側)に駒が動くのが分かりまして 適当に(半回転~1回転ぐらい)回したら 6弦解放をまたチューニングし、12フレットの音と合うまで繰り返します。 逆に高い(シャープしている)場合は反対で 反時計回りに回せばOKです。 駒がブリッジ側(奥)に動くのが分かると思います。 オクターブ調整にはチューナーが必要 普通のチューニングでしたら 5弦のA(ラ)の音を音叉(おんさ)などで合わせて、5フレットの音と開放弦を合わせるやり方でも出来ますが (5弦5フレットの音と4弦の開放といった感じで) オクターブチューニングはそうもいきませんので チューナーは用意してください。 スポンサーリンク ヘッドにつけるクリップチューナーでも良いですし 今回使った比較的安いタイプでも、 また、ライブやスタジオでも使う人はペダルタイプも良いと思います。 ネックの状態 オクターブチューニングにはネックの状態が重要で 以前、順ぞりのまま調整をした時に 駒の位置が限界まで(移動できない所まで)来てしまい合わせられなかったこともありました。 ギター本体の問題の場合もありますが オクターブチューニングの前には、ネックはほぼ真っすぐな状態にしておいた方が良いです。 弦を緩めてから 上の絵のような 順ぞりの場合は時計回りに 逆ぞりの場合は反時計回りに。 この時、 一度に多く回し過ぎないのがポイントで、ゆっくり20~30度回したらチューニングしてネックの状態を見る、といった感じです。 硬い場合もあるのでゆっくりです。 工具ですが、 中古でギターを買った場合などはレンチがない時もあると思いますが、サウンドハウスなどでも売っていますので心配なく オービルのレスポールカスタムはESP製のPIPERENCH8が使えました。 それから、 トラスロッドが回らない(余裕がない)場合、または、ネックがねじれている場合はお店などで直してもらう必要があります。 長期間使わないのであれば そりと反対方向に立てかけて(順ぞりの場合は弦をはずすなどして)おくと戻る場合もあります。 This website uses cookies so that we can provide you with the best user experience possible. Cookie information is stored in your browser and performs functions such as recognising you when you return to our website and helping our team to understand which sections of the website you find most interesting and useful.

次の

テレキャスターのオクターブチューニングについて。

オクターブ チューニング

この記事の目次• オクターブチューニングの確認 まずは、普段行っているチューニングとは違う オクターブチューニングの確認をしてみましょう。 レギュラーチューニングに合わせましょう。 6弦 E 5弦 A 4弦 D 3弦 G 2弦 B 1弦 E この時注意するのは、 チューニングを しっかり合わせる事。 全ての弦をチューニングしたら もう一度確認して しっかり合っているか 確認しましょう。 6弦12フレット E 5弦12フレット A 4弦12フレット D 3弦12フレット G 2弦12フレット B 1弦12フレット E 注意点 12フレットのチューニングを確認する時に チューナーを 解放弦のチューニング設定 と同じにしておきましょう。 ヘルツ等の変更はしない事と クリップチューナーでチューニングする場合は 付ける位置等 基本的にギターのチューニング時の状態も同じだと 安定したチューニングが 出来るかと思われます。 また、 12フレットにカポタストを装着 して チューニングを確認する手もあります。 ピッチは 同じ音を指していましたでしょうか? それとも少しズレていましたでしょうか? 精度の高いチューナーだと 専ら多少のズレは認識出来るかと思います。 ギターは調律面では かなり曖昧な楽器ですので 多少のズレは 許容範囲内で大丈夫ですが 半音くらいのズレになると さすがにかなり気になります。 ソロならまだ 甘受出来ますが、 アンサンブルだと 目も当てられない。。 オクターブでズレている訳ですから もちろん他のフレットのピッチもずれています。 ただ、ピッチズレに 敏感になりすぎても 完璧に合わせる事はギターの 構造上不可能ですので 賢い読者様にとっては釈迦に説法ではありますが、 ズレの範囲が 許容出来るか出来ないか それは調整に入るかの分岐点になります。 ピッチは平均率では 半音を100セントと 測りますが、耳のいい人だと10セント前後のずれは 十分に認識出来るそうです。 更には単音で聴き分けは難しいにしろ ズレのない音と 合わせて聴くと 十分に違和感を感じるレベルだそうです。 ではどこまでいけば違和感を感じなくなるのか。 こればかりは個人による聴力が 大きく影響しますので 音を識別する能力を持つ 特殊能力である 絶対音感を持った人がいますね 筆者の知り合いにも複数人いますが、 5人程インタビューをしてみたところ 5人中5人は1セントの差は 『 分からない』との事でした 統計的には5人だけというのは 信憑性に足る参考にはなりませんし 協力して頂いた心優しい5名の方の 絶対音感の精度にも もちろん ばらつきがあります。 が、 一般論として絶対音感の5人全員が 気にならない程度の差ですので ぱっと聴いた感じ1セントというのは 聴覚上ほとんど差がないという認識で 問題ないかと思います。 hzでの認識が曖昧で区別出来ない事を 更にセントの違いなんて 余程の事じゃないと分からないですよね。。 オクターブチューニングのリスク エレキギターだと ドライバ一本で 出来るオクターブチューニングできますが、 アコギだと一気に大変な作業になる。 何故なら サドルと呼ばれるギターパーツを 直接削ったりしてチューニングに 合わせなければならないからです。 ネジを締めるだけのエレキギターとは違って サドルは削ったりすると 「 ちょっと待った!」が出来ない。 そして弦との 直接的な設置面を削るという事は もちろん音の振動伝達に直接干渉するので 最悪の場合、 本来の音色を損なってしまう。 サドル自体はパーツだけで 買い替える事が出来ますが、 やはり愛着のあるパーツ等でしたら リペアに頼むのが無難でアコギの オクターブチューニングが浸透しないのは この 専門的技術の必要性が 大きな要因になっている。 まとめ.

次の

オクターブチューニングとネック調整をレスポールのギターでやってみます

オクターブ チューニング

オクターブ調整 弦の巻き方でも触れましたが、チューニングが合わない、狂いやすい等の症例に絡んでいるのがオクターブチューニング。 イントネーションチューニングとも呼びますが、開放を含むローポジションとハイポジションでの音程のズレを修整する作業です。 ギターの構造は音程が半音毎に区切れていてこれをクロマチック(半音階)と呼びますが、12fは弦の全長のちょうど中間に位置していて、ここで音程が1オクターブ上がる事になります。 開放がドレミファソラシドの低いドで12fが高いドになる。 そんな感じです。 オクターブチューニングはこの12fの音程が正確でない時に行う作業です。 オクターブがズレる原因アレコレ プレイヤーのスタイル(ポーズでも体型でもない)によって様々ですが、弦を押さえる力やピッキングの強さがオクターブにはかなり影響します。 高いフレットが打たれているギターは強く押さえると音程がシャープ(上がる)しやすいので、新品で購入した楽器でもオクターブが合わないという場合にはこの点が考えられます。 また、強く弾く方はビビりが出ないように弦高そのものが高めな場合が多いので、押弦した時に弦を引っ張る量が多くなりやはりシャープしやすくなります。 この2点については通常の調整は通用しないだけでなくその楽器の調整出来る範囲では対応出来ない時もあります。 心当たりのある方は、今後調整に出す際には自分の演奏スタイルを伝えておくと良いと思います。 その他の原因では弦の質や古さ等。 質はともかく古い弦のオクターブは全くアテになりません。 またゲージの変更や、同じゲージでもメーカーを変えたりした場合もオクターブは微妙に変わってきますので、調整に出す時には使用弦を一緒に渡しておく事をお勧めします。 で、最も単純なのが自分でなんかイジッちゃった場合。 弦高を変えても、テイルピースの位置を変えても。 サドルの位置なんて当然。 つまりセッテイングを変更したらオクターブは変わってくるという事です。 オクターブチューニングの合わせ方 基本編 必要な工具はその楽器によって違いますが、チューナーはどんなのでもいいからあった方が良いです。 できればクロマチックで合わせられる物がベスト。 個人的にはLED タイプより針メーターの方が好き。 右の写真はストラトのシンクロナイズド トレモロとギブソンのナッシュビルタイプブリッジのイジる場所と工具です。 フロイドローズについてはのページを参照して下さい。 ではまず普通にチューニングをしたら、各弦の12f を押さえて音程を確認しましょう。 合ってたらまずはイジんないでいいですが、狂ってたらサドルの位置を変えてみます。 12f の音程が高かった場合、これはナットから12f までの距離に対して12f からサドルの弦が乗ってる支点までの距離が短いという事です。 この時はサドルの位置を後ろに下げて距離を長くとってやります。 理屈解りますか?弦は支点間の距離で音程が変わるんです。 同じ張力なら弦長が長い方が音程は低いんです。 まずチューニング。 開放の音程が変わってるハズですから、合わせ直して再び12f の確認、調整を繰り返します。 注:押さえる強さは普段演奏する時と同じにして下さい。 フェンダー シンクロナイズドトレモロのサドルはプラスドライバーで。 時計回りでオクターブは下がり、逆回りで上がります。 ただし6弦は、弦高が高いと調整範囲が足りない時も多々あります。 これは弦の立ち上がり角度がキツくなるとオクターブはシャープする特性がある為で、サドルを後退させる作業はテンション(弦の張力)を上げる事でもあるのです。 結果、下げた分上がってしまうような相殺状態になる為、この場合サドルの高さを下げ弦とサドル接点の摩擦を減らすような他の調整(ネックの仕込み角度等)が必要になってきます。 オクターブチューニングの合わせ方 特別編 もったい付けた言い方ですが、なんの事はない。 先に述べたナットの高さやフレットの高さ等が影響してシャープし易くなる。 そんな時の対処法の一つです。 僕がいつもとる手段は、その人の多用するキー(曲の調)や、よく使うポジションを優先して合わせる方法です。 例えばブルース系はE, A, D 等、5フレット7フレット辺り。 ハードロック系なら低音弦側は3〜7F、高音弦側にいくにつれて5〜15F辺りまで測定の場所を増やして平均をとる合わせ方です。 そして最終的にはピアノの調律みたいに和音の響きで微調整。 このコードだけはキレイに鳴ってほしいというところに重点をおいて合わせたりとか。 ちょっと乱暴な言い方ですが、ギター程アバウトな楽器に完璧なチューニングを求めてはイケマセン。 せめてここだけ的な合わせ方のほうが向いてる楽器だと僕は思います。 皆さんも自分流のオクターブチューニングの合わせ方が見つけられると思うので、是非やってみて下さい。 どうしても合わなかったらお気軽にご相談を。 ギブソン ナッシュビルタイプはマイナスドライバー。 フェンダー同様時計回りでオクターブは下がり、逆回りで上がりますが、これとよく似た形のABR-1 というヴィンテージスタイルのブリッジは何故か取り付ける向きが逆です。 ネジの頭がP. U 側にくるようにマウントするので回す方向と音程の上下の関係が反対になりますから注意。 あくまで弦長を長くするのか短くするのかで考えてください。

次の