ピーターウタカ。 ピーター・ウタカ取扱説明書

日本復帰のピーター・ウタカ、J2徳島加入決断の理由を独占取材

ピーターウタカ

動画はkyotosangachannel(京都サンガチャンネル)より 5月24日にグループ練習を再開していた京都サンガは、6月2日、およそ2か月ぶりとなるチーム全員そろっての練習を再開しました。 全員揃っての練習を再開 ようやく全選手揃っての練習ができたことについて實好礼忠監督は、「いい天気の中で、ようやくみんなでサッカーができる喜びを感じながらトレーニングできました」と笑顔でコメント、グループ練習からチーム全体練習になったことによる練習内容の変化を聞かれると、「体をぶつかり合うシーンも今日はありました。 大きな違いはそこですね。 そこの球際のところは、すごくチームとして大事にしているところなので、積極的にトレーニングしてくれましたし、最後にゲーム形式もしてまして、本格的にというかバチバチやりました。 」と、6月27日に決まったJ2再開に向けて、実践的な練習に入ってきたことを明かしました。 対人プレーの練習も解禁 ジュビロ磐田から完全移籍で京都に加入したMF8荒木大吾選手は、開幕前に故障した左太ももの状態が、自粛期間中のトレーニングのおかげで今は開幕前より良くなっていると、この期間をポジティブに捉えていました。 そして、荒木選手はこの期間に英会話に挑戦したことを明かし、練習再開後はチームメイトのピーターウタカ選手や、ヨルディバイス選手に積極的に英語で話しかけたり、ピーターウタカ選手からは英語のメールをもらって勉強を続けているそうです。 ヴァンフォーレ甲府から完全移籍のピーターウタカ選手は、自粛期間中はオンラインでナイジェリアやロンドンの仲間とトレーニングを共有していたといい、練習を再開しての現在のコンディションについて、試合と練習のコンディションの考え方は別物としながらも、「いまのトレーニングコンディションはいい状態です。 ここから試合にフィットしていければいい」と順調な調整ぶりをアピールしていました。 そして、ファン・サポーターに「もうすぐみんなとサッカーの喜びを分かち合えるように。 恋しかったサッカー、『MISS FOOTBALL』という気持ちを取り返して、頑張っていきましょう。 」とメッセージを送りました。 FW9 ピーターウタカ選手 インタビュー Q. 今日の全体練習を終えて ずっとサッカーがやれていなかったので、ハングリーだった思うし、サッカーが恋しかったので、自分も楽しく、やっとサッカーができるというという気持ちでやっていました。 ただ、楽しいと言いながらもリーグが再スタートするのにあまり時間がないので、コンディションを作りながら、みんなでサッカーしたという1日でした。 現在のコンディションは? ゲームコンディションとトレーニングコンディションは別物だと思うのですけど、トレーニングコンディションはいい状態でこれています。 ゲームにフィットしていくものに関しては何も問題ないと思っています。 チームトレーニングが始まる以前から体が悪くならないようにトレーニングは繰り返していましたので、ここから試合にフィットしていければいいなと思います。 今の状態はとてもいいです。 自粛期間考えたことは? 本当にこの期間はいろんなことを考えました。 世界にウイルスが拡散している状況をどうなっていくんだと考えましたし、サッカーができない状況をステイホームという中で自分のコンディションをどうやってキープすればいいのか、どういうトレーニングをすればいいのかを考えました。 なかなか外にも出れない中、グループでトレーニングできないというところで、オンラインで関係者とトレーニングやっているところがありましたので、そこに参加しながら、オンラインでコミュニケーションをとりながら、人と人とが手を繋ぐことを感じながら、この期間はいろんなことをしながら考えていました。 自分たちはこれからどうサッカーに戻っていくのか、サッカーをしてどういう風にしていくのかを考えるのですけど。 今の時勢でコロナなで愛しい人を亡くしたりしている方もいたり、友人が亡くなった人もたくさんいるので、悲しい難しい状況にいるのだなと感じています。 その中で、自分たちがサッカーというものにどういう風に戻していくのか、自分がどういうプレーで貢献できるのかそういうことを考えながらやっています。 リーグ再開までの準備期間について 今の状況で4週間はというのは、全ての人が満場一致する形はないと思います。 しかも自分たちはサッカーしたかったのにできなかったというのが2ヶ月くらいあって、それだけシーズンを失ってのスタートなので。 Jリーグも難しい中でも決定したので、決定した4週間にあわせてやるのがプロだと思います。 自分もプロフェッショナルとして、Jリーグが決めた日程に合わせる、必死にやっていくそれが全てだと思います。 長い短いといろんな意見はあると思うのですけど、リーグの決定に対して自分たちがフィットさせていく、それがプロとしてのやる道だと思います。 ピッチに立って練習できない学生に、こういう練習がいいというアドバイスをください。 まずは健康を気をつけて続けてもらいたいと思います。 自分がやっていたトレーニングというのはYouTubeでインストラクターがやっている、サッカー用のトレーニングが非常に多いので。 全身のトレーニングがありますので、どういうところを鍛えたいのか調べてやればいろんなものが出てきます。 自分もオンラインでナイジェリアだったりロンドンの人たちと共有してトレーニングしていました。 オンラインでグループでやって、その後に物足りなければ腕を補強したいとか、足をもっとやりたいとかあれば、もっと調べられるので、是非やってみてください。 本当に子供たち学生は一人でトレーニングするのは難しい、メンタル的に大変だけど、ポジティブにもって、モチベーションを持ってこれを頑張ればみんなんでサッカーできるのにという気持ちをしっかりと持ってやってほしいと思います。 ヨーロッパ日本以外の選手、再開したリーグなどの国外の選手とコミュニケーション取る中で感じていることは? 海外は再開したのでエキサイティングな感じになっているけど、それと同時に注意深くやっています。 第二波を非常に懸念されているので、日本と同じでマスクをするであったり、手を洗う、距離を保つとか、サッカーをやれている喜びと同じくらいに、第二波を警戒しながらヨーロッパもやっているので、我々も第二波がこないように、自分たちをもう一回自分たちを守る、もう一回来てしまったらいろんなものがストップしてしまいますので、サッカーをやれる喜びと同じくらい、気をつけなくてはいけないということです。 ファンサポーターにメッセージ 本当にサポーターの皆さんには感謝の言葉しかないです。 皆さんも我慢の時期です、我々もサッカーが恋しかったですけど、サポーターの皆さんもサッカー恋しかったと思います。 そういう中で我慢していたいて、サポートしていただいたことに感謝しかありません。 シーズンがいつ始まるか決まったので、もうすぐ皆さんの前でサッカー見せられるようになりました。 その中で自分としてはサッカーが恋しかった、サポーターの皆さんが恋しかったものを自分たちのプレーで見せられるように頑張っていきたいと思いますし、全力でプレーして、自分だったらゴールだったり、いいプレーだったりで皆さんの期待に応えられるようにしていきたいです。 苦しい状況ですけど、もうすぐみんなとサッカーの喜びを分かち合えるように、そういう状況なんですけど。 恋しかったサッカー、MISS FOOTBALLという気持ちをみなさんで取り返して、頑張っていきましょう。 本当にサポートありがとうございます。 MF8 荒木大吾選手 インタビュー Q. 今日の全体練習を終えて やっと練習が再開できたんですけど、いろんな人の力を借りてできていることに幸せを感じながら、プレーできたし。 久しぶりにみんなとできたことが一番楽しかったです。 グループ練習と全体練習との違いは? グループ練習だと、対人ができないし、人との距離を保ってやるというのが最低限のトレーニングだったので、自粛前と同じ練習ができたのが全然違って一番大きいです。 本当にいつも通りできました。 現在のコンディションは? 開幕前にを怪我をして、そこから次の試合が延びていったんですけど。 自分としてはラッキーではないですけど、コンディション的には万全で迎えられるというのがあります。 (怪我の箇所は?)左もも、最初はそんなに大したことないと思っていたけど、無理はしないでおこうとしていたのが、こういう自粛になってしまったので。 自分ではいい期間だと思ってトレーニングしたし、他の部位もトレーニングすることができたので、開幕前よりかは良いかなと思います。 (自粛期間は)残念なことでしたけど、ポジティブに捉えて、いつか再開すると思っていたので、そこに向けてやってきました。 自粛期間中に挑戦したことは? いろんなことを考えましたけど、一番は英語会話にチャレンジしてみました。 もう遅いですけど、自分のチームメイトの外国人と話したいし、今後、サッカーを辞めたあとでも必要になことかと思っていまさならがらやってみました。 (練習再開して)ウタカ・バイスに話しかけてみたり、ウタさんは英語のメールをくれるので、いい練習になっています。 實好礼忠監督 インタビュー Q. 今日の全体練習を終えて 今日は久しぶりに全体が揃いまして、天気のいい中で、みんな積極的に取り組んでくれて、まだまだ人との距離を取るところもありますし、水分補給のところで注意するところはありますけど、ようやくみんなでサッカーができる喜びを感じながら、トレーニングを行いました。 グループ練習と全体練習の違いは? 2ヶ月ぶりの対人になるんですかね?体をぶつかり合うシーンも今日はありました。 大きな違いはそこですね。 そこの球際のところですごくチームとして大事にしているところなので、積極的にトレーニングしてくれましたし、最後にゲーム形式もしてまして、本格的にというかバチバチやりました。 水分補給のところでの注意などは? 水分を取るタイミングはしっかりとこっちでコントロールして、自分のボトルを持って、固定されたところに置いていて、みんなで休憩のたびに水分をと理に行くような形を取りました。 周りのスタッフと距離をとって、そのへんはスムーズにできました。 J2は準備が大変かと思うが、改めてどうしたいか? 実際に全体で練習して再開までは1ヶ月はない状況ではありますけど、厳しい中で自分たちがしっかりとやって行こうと、どういう状況でも、自分たちのやれることを精一杯やって、やるかでじゃなくて、結果を出して行こうという中でやろうとしてるので。 Jリーグの再開の期間まではどうかとか、うまく練習までの形が作れないとか、いろんなことはありますけど、どんなことも言い訳にぜずにみんなでやろうとしています。

次の

開幕10試合9得点の広島FWピーター・ウタカ〜相思相愛の広島加入から得点を量産する異能のアタッカーの新境地

ピーターウタカ

Matches 節 開催日 相手 スコア 出場時間 Pos. ゴール アシスト 攻撃CBP パスCBP クロスCBP ドリブルCBP パスレシーブCBP シュートCBP ゴールCBP 奪取P 守備P チーム 節 開催日 相手 スコア 出場時間 Pos. 81 0. 97 0. 00 0. 84 2. 35 1. 07 0. 00 3. 83 0. 50 0. 30 0. 00 1. 20 1. 82 4. 69 6. 52 0. 00 0. 95 1. 41 0. 00 0. 54 1. 32 1. 26 0. 00 4. 09 0. 29 0. 29 0. 00 0. 00 0. 76 1. 43 0. 31 1. 24 0.

次の

ピーターウタカのプレースタイル!得点王が持つ4つの力

ピーターウタカ

久しぶりの上陸 アフリカンプレーヤー 皆さんはアフリカの選手と言えば、何を連想するだろうか。 フィジカルや身体能力に優れ、野性的本能で動き出す選手を頭に浮かべるのではないだろうか。 例えば、や。 そんな選手が代表的な選手だ。 ただ、ではアフリカ系の選手をお目にすることはあまりない。 古くは、の。 最近では、やでプレーした代表のがプレーしているが、他で思いつく選手は僕の中ではいない。 そんな中で元ナイジェリア代表のストライカー、がに加入した。 の躍進のカギを握るのは間違いなく彼だ。 これからは、そんなのプレーを見ていきたい。 のプレー まず、ウタカの特徴から。 J1第3節戦の51分のプレー。 彼のポジショニングに注目。 から楔を受けるが、ウタカのポジショニングは6人のが生み出す「ボックス」の中心にいる。 このポジショニングにいることはとても重要。 なぜ重要かというと、ボックスで受けたとしたら、相手はその選手に目線を移す。 これはボールウォッチャーという現象だ。 ボールを受ければ、味方の誰かがフリーになる。 そこに出せば、非常においしい展開になる。 ウタカはこのポジショニングをとるのがうまい。 次にボールを保持しているときのプレー。 ウタカはボールを保持し前を向く。 黄色で囲まれたDFは後ろに重心が掛かっているので、ウタカにプレスが来ることはまずあり得ない。 ウタカに用意された選択肢は2つ。 前方と左斜め前の2つのスペースである。 ウタカが選択したのは、前方のスペース。 が走ったが、惜しくも届かなかった。 これらのプレーを観ていくと、ウタカのある特徴が見えてくる。 ボックス内でのポジショニング獲りがうまい• 視野が広く、パスセンスに優れる この特徴からして、ウタカは純粋なストライカーではないことがわかる。 得意としているのは、最前線とトップ下の間。 9.5番タイプの選手だ。 周囲を上手く使うことができるので、ウタカを活かすには周りの選手の動きが重要になる。 まず、ウタカに対してはシンプルに当てること。 ウタカは競り合いはあまり強くない。 ヘディングのセンスはあるが、ウタカはポジショニングで勝負するタイプだ。 だからロングボールをウタカに当てて後は任せた、といった無責任なことをしてもウタカは活きない。 足元に出せば、確実にキープしてくれる。 もう1つは、周囲の選手がどれだけウタカが生み出すスペースを突くことができるかということ。 先ほどの村田へのパスもそうだが、ウタカがキープすることで自然とスペースが生まれてくる。 そこを周囲が感じ取ることができるかどうか。 また、ウタカの独特なリズムに周囲が合わせることができるのかどうかということ。 これを踏まえて、第2節戦を見てみる。 ボックス内における、ウタカのプレー 前半7分。 ウタカが2対1という数的不利な状況でボールキープする。 赤丸のウタカは右足のアウトサイドでボールタッチしている。 これは、この位置でボールタッチすることで相手DF2人からボールを遠ざけることを意味する。 ボールキープが成功する1つの秘訣である。 本田がパスを要求している。 そこへ出せば前向きな本田にフリーな状態でボールを出せることができるからだ。 この後のウタカ。 相手DF3人が生み出す三角形のボックスに入る。 相手ボックス内でパスを受けたウタカは、3人を引きつけサイドに出す。 このプレーは、とてもシンプルかつ、チームにリズムを与え生み出す、とても効果的なプレーである。 ウタカのリズム ウタカは独特なリズム感でプレーしている。 1つのキープ、1つのダイレクトプレー。 すべてが計算されつくされているようである。 タメを作るところでも、トラップから体の向き、パススピードが完璧に連動している。 次の画像を見てほしい。 ウタカはボックスの中で受けようとしている。 その裏のスペースへミッチェル・デュークが走り出している。 この時のウタカ。 1歩でトラップしようとしている。 これが2歩以上になれば、後ろで構えているが詰めてくる。 なぜなら、2歩以上になれば余計な時間がかかり、その間に詰めるだけの余裕が生まれるからだ。 しかしウタカは、わずか1歩でトラップしようとしている。 この時に詰めてしまえば、ウタカほどの身体能力なら、簡単に裏に抜けていくデュークへパスを通されてしまうのだ。 だから中澤は詰めることができない。 ウタカの独特なトラップリズムが相手DFをコンすることもあるのだ。 次にダイレクトプレー。 からの。 ウタカはダイレクトでをする。 一般的なプレーであるなら、ダイレクトではなく、タメを作ることをする。 なぜかというと、これはだからだ。 相手最終ラインはセットされている。 ただ、この画像をよく見てほしい。 この時のマークは中澤なのだが、あの中澤が簡単にダイレクトでを許している。 実は、当初のウタカに対してのマークはなのだが、それを一瞬で外している。 駆け引きにより、マークを振り切ったのだ。 そして竹内に落とすのだが、この後のプレー。 すぐさま裏に抜け出し、決定機につながる。 完全に中澤と栗原を出し抜いている。 ダイレクトプレーをするための微妙な駆け引き。 一気にギアを上げたかのようなスピード。 全てにおいての中ではクオリティーが群を抜いている。 チームがウタカのリズムになれることが今後の課題になるだろう。 ウタカの 活かし方 周りを上手く使うことができ、駆け引きやポジショニング、視野の広さは一級品だ。 戦の解説をしていたは、ウタカはトップ下がいいのではといっていたが、僕はそうは思わない。 ウタカは1トップだからこそ活きるタイプだと思っている。 その心はというと、最前線でのキープ、駆け引きの上手さは絶対的な武器になると思うからだ。 パスセンスのあるフォワードというのは今時珍しくない。 かつてでプレーしていたルーカスは、全盛期は最前線で輝きを放っていた。 ヨーロッパに目を向ければ、のやの、のなどがいる。 ただ彼らが活きているときは決まって2列目の選手との連携がしっかりしている(は1人でもできるタイプだが)。 ウタカも同じ。 ウタカを活かすも殺すも2列目の選手に懸かっている。 最前線でタメを作ることができれば、崩しにおいていろんなアが浮かんでくる。 やデュークといったテクニックや縦の推進力がある選手にとってはやりたい放題できる環境が整うのだ。 そのためにはウタカにはストレスなくボールを預けることが条件となる。 ロングボールを当てたり、無理なスを送るのはナンセンスだ。 そのかわり、ウタカに預けることができれば、間違いなくウタカは仕事をしてくれる。 ウタカを活かすこと。 それが今シーズンのの最優先事項となる。 補足(2017年2月28日) なんかスゲーアクセスが集まってるなと思ってたら、サポさんが見て下さっているみたいですね。 ありがとうございます。 昨年も広島加入後に物凄くアクセスが集中していたので、「何事か!」と思いましたが、ありがたいことです。 さて、まず話を始める前に前提としまして、この記事は2015年に書いた記事、要するにウタカ日本上陸直後に書いた記事になります。 そしてもう1つ。 これは「2015年のなら、どうウタカを組み込むのか」という記事だということです。 なので、この記事がウタカの全てだ!というわけではありません。 そこはご注意を。 では始めます。 ウタカの長所として、最初の方でも書いてありますが、ポジショニングがいい、またマークを外すのが上手いというところがあります。 それはいいとこですね。 で、懸念されるのは、ウタカの個は十分強さが証明されているので説明抜きでいいんですが、組織にどう組み込むのかというところ。 この2015年の序盤戦は、当時の大榎監督は頑なに4-2-3-1をやっていました。 後世に伝わるであろう、あの伝説の4CBで一応守備は としていました(実態は全然よくなかったんですけど)。 そしてウタカと同時期に加入したミッチェル・デュークも一緒にどう使うかも問題でした。 この時、この助っ人FW2人に加え、現在ガンバで出世したと大宮にいるもいたので、1トップと2列目にどう組み合わせればいいのか、というのが大榎さんの当時の課題でした。 「1トップで使うべき」と書いてありますが、それはこのような背景があったので、最初ウタカをトップ下で使ったこともあったのです。 案の定上手くいきませんでした。 そうこう言っている間にDF陣に怪我人続出。 大前&ウタカの2トップに前線は変更。 夏にが加入し、大榎さんはクビ。 最後はテセ&ウタカでしたが、組織が壊滅的だった当時のでは、誰をどう使ったとしても上手くいかないのは当然のこと。 結果ウタカはデュークにせがまれインスタデビューすることになりました。 広島移籍後は、組織がしっかりしている環境だったので、ボールを貰っても孤立しているから前を向くしか選択肢がなく憂鬱な表情だったエスパ時代に対し、常に多数の選択肢が与えられ、広島では常に笑顔でプレーしていたのはお分かりだと思います。 あの時のウタカは以上に笑顔が似合う日本在住外国人になってました。 ウタカが活きるには、周囲のサポートと戦術のハード面での充実が条件です。 現在のの状況は分かりませんが、大久保にあの憎っくき当たり前田のクラッカーがいますし、中盤には僕の大好きながいます。 永井や河野もいますね。 さぁ、どう使うんでしょう。 それに関しては直接監督に聞いてください。 システムの面でウタカが活きるとするならば、4-3-3のCFか、4-4-2で2トップの1角に使うかのどちらかだと思います。 やめた方がいいのはトップ下起用です。 まず守備では、ウタカはパスコースを切ったり限定するのは上手いです。 ただ、走って追っかけ回すようなことはしません。 それと攻撃面では、前線の選手と被ります。 昨シーズン開幕直後の広島でもそうでしたね。 の後釜としてシャドーで使われてましたが、とポジションが被ってました。 ウタカが爆発するきっかけが最前線での起用。 随分よくなったと思います。 簡単に説明するとこんな感じです。 あとはやってみないとわかりません。 この移籍のウタカに幸あれです。 それと、を差し入れるとテンション上がります。 セブンとかファミマのおでんじゃダメです。 は出汁だったりはんぺんが黒かったりなど、全く違います。 詳しくは各自でお調べください。 butani-sinju.

次の