神棚 の お供え。 神棚にお供えする葉っぱの名前と意味は?しきみとの違いについても解説

神棚の水のお供え方法に作法はあるの?水の交換頻度や配置方法などを詳しく解説!

神棚 の お供え

やっていけない2:神棚にしばらくお参りしていない 「朝と夜、一日2回のお参りをしない」「お供え物を上げない」など、神棚を放置するのはよくありません。 毎日が難しかった3日に1回、一週間間に一回は自分自身ルルを頼んで神棚にいらっしゃった神様に手を合わせるようにしてください。 日々のお参りを続けることが難しいようであれば、まだあなたにとって神様をお迎えするのにふさわしい時期ではなかったのかしれません。 改めてまた「神棚をつくりたい」と思うときが来るまで、神棚を取り下げましょう。 神棚をやめるときには、そのまま放置せず次の記事を参考に取り下げてください。 やっていけない3:ホコリをかぶったままにする 神様は穢れのない清浄な場所を好まれます。 いつ神社に行っても清々しいのは、日々清掃をして清浄な空間にしているからです。 神棚は年に2回の大掃除を行いますが、宮型や棚板にホコリがついていたらこまめに拭き掃除をしてください。 やっていけない4:余計なものを置く 祭祀に関係のないものは極力置かないようにしましょう。 たとえば一攫千金を夢見て買う宝くじや、預金通帳など。 金運の御神徳を神様からいただきたい、という意味なのでしょうが神棚は日々、神様へ感謝の意を捧げるための祈りの場所です。 こうしたものは置かないようにしてください。 逆に昇進の内示や賞状などを神棚に上げるのは問題ありません。 「神様のおかげをもちまして」と神様に嬉しいことがあった奉告をしましょう。 このとき感謝の心を必ずお伝えするようにします。 やってはいけない5:神棚に足を向ける 神棚をお祀りするリビングや和室。 家族団欒を楽しむ場所ですから、ソファでくつろいだりすることもあるでしょう。 そのとき、家族の足が神棚の方角に向かないように気をつけてください。 神様へ足を向けるのは不敬にあたります。

次の

神棚にお供えする葉っぱの名前と意味は?しきみとの違いについても解説

神棚 の お供え

【スポンサードリンク】 神棚の飾り方 では、実際に神棚の飾り方はどのようにしたらよいのでしょうか? 神棚の作り方 神棚の本体は「神様」ですが、この神様というのは、神社でいただいた「お札」です。 お札の中に、神様が入ってらっしゃるのです。 神棚を作るときには、一般的には、3柱の神様、つまり、3枚のお札をお祀りすることが多いですが、1社だけ、5社、7社とお祀りする場合もあります。 このお札を入れておくためと、お供えをするために、神棚が必要になります。 神棚は手作りしても良いですが、今は、神棚セットが販売されているので、セットを揃えたほうがお手軽で、間違いも無いでしょう。 セットを買えば、神棚に必要な神具もついてきます。 神棚の設置場所と位置・方角 神棚を設置する場所は、不浄な場所はいけません。 基本的には家族がいつも集まる場所におくのが良いとされています。 リビングなどが一番良いでしょう。 方角は南か東に向けて設置するのが一般的です。 あまり下の位置に設置すると、神様に失礼にあたってしまうことから、設置する高さは、大人が見上げる高さが良いとされています。 神様の上を人が歩くのは失礼なので、もしも2階建ての1階に設置する場合は、2階の人がその上を歩き回らないような場所に設置するのが良いとされています。 しかしこれが難しい場合は天井に、「雲」と書いた紙を貼り付ける場合があります。 必要な神具 神具は、神様にお供えをするための器のことを指します。 神具には、以下のものがあります。 瓶子二本(お酒用) 水玉一個(お水用) 高杯一個(お米用) 平皿一枚(お塩用) 神具の並べ方には、いくつかの種類がありますが、並べる順番は基本的に同じです。 並べ方については、お供えについての説明のところに記述しました。 神棚へのお供え 神様には基本的に米・塩・水をお供えします。 このお供えのことは、日供と呼ばれています。 また、神様はお酒も好きですから、お酒も供えます。 お酒は瓶子に、お水は水玉に、お米は高杯に、お塩は平皿に盛ってお供えします。 供え物によって、そなえる順番も決まっています。 米・塩・水を供えるときは、左から、水、米、塩の順で備えます。 さらにこれに、お酒もつけるときは、二列にします。 神様側の列に左から酒・米・酒の順で供え、二列目に左から、水・塩の順で供えます。 お供えは基本的に、毎日新しくするのが基本ですが、それが難しければお水だけでも毎日取り替えるようにしましょう。 週に1度、1日か15日、10日ごとなど、期間を決めてお供えを新しくするやり方もあります。 お供えは、供え終わったら、家族で食べます。 「お下がり」と呼ばれ、神様の力を体に取りいれるための作法です。 神棚の棚板 神棚を壁に取り付けるために、棚板が必要になります。 棚板のサイズは、設置場所や神棚の大きさによっても変わってきます。 3尺6寸5分が8畳の一般的なお部屋にちょうど良いといわれています。 よくわからないときは、業者の人に聞いてみるとよいかもしれませんね。 神棚のサイズ 神棚のサイズには、いくつもの種類があります。 サイズも、大・中・小とありますので、中にお祭りしたい祭具や、祭るスペースの都合によって決めると良いと思います。 お札のおさめる宮型の種類 神棚には「一社造」の神棚と「三社造」の神棚の、2タイプあります。 「一社造」は扉はひとつですから、色々な神社でもらったお札を一つの扉に納める事になります。 おさめる順番は、一番手前が神宮大麻や伊勢神宮でいただける「授与大麻」です。 その次に、氏神様のお札、最後にそれ以外のお札(崇敬神社)の順番になります。 「三社造」の神棚は三つの扉があります。 真ん中の扉に神宮大麻や伊勢神宮でいただける「授与大麻」を納めます。 向かって右側の扉には氏神様のお札、向かって左側には崇敬神社のお札を納めます。 「三社造」の神棚のほうが、サイズは大きくなりますので、それにあわせて大きなケースが必要になります。 一社造も三社造も、伊勢神宮や神宮大麻の神様が一番格上で、次が氏神様、その次が崇敬神社の順で祀ることになります。 【スポンサードリンク】 モダン神棚 部屋が現代的でファッショナブルなので古臭い神棚は似合わない・・・でも神様はお祭りしたいという人に向けて、今は、モダン神棚というものも販売されています。 モダン神棚は、今風のインテリアに違和感無く溶け込むので、若い人でも抵抗感無く神棚を祭ることが出来るでしょう。 初めて神棚を祀る人は、おしゃれなモダン神棚を選ぶのも良いかもしれませんね。 神棚の処分はどうしたらいいの? 神棚を処分したら、ばちがあたるのではないかと心配される方も多いかと思います。 しかし、神棚処分に共通のルールは無いようです。 神棚は神道の祭壇ですが、神道の教えそのものが戒律のある宗教ではなく、ひとりひとりの良心に任せるものであることから、神棚の処分についても特に決まりは無いそうです。 したがって、神社によって、処分の仕方が違うようです。 処分の仕方にはいくつかの方法があるようです。 神社で祈祷してもらう 神棚に神様が宿っていると考えている神社では、神棚処分の際に、祈祷を行うようです。 処分する神棚を神社に持っていき、祈祷を申し込めば、祈祷してくれます。 お札を神社に返納する 祈祷が不要な神社の場合は、お札を神社に返納すれば良いようです。 そして、神棚はお炊き上げするそうです。 お札を返納するところは、お守りなどを返納する場所とおなじところです。 お炊き上げする お炊き上げする神社もあります。 つまり、お札も返納必要なし、神棚に祈祷しなくてもOKという神社です。 お炊き上げする場合は、年に数回のお炊き上げの日に神棚をお炊き上げしてもらってください。 ゴミに捨てる お炊き上げすら必要ないと考える神社も有るようです。 そのような神社では「ゴミとして処分してOK」という神主さんもいるようです。 ただ、そういわれても、なんとなく気になる方は、お炊き上げしても良いかもしれません。 神棚をゴミに出す事が全く気にならない方は、ゴミとして捨ててもOKだと思います。 神棚が燃えるゴミなのか、大型ゴミなのかは、お住まいの地域によって違うと思いますので、地域のゴミ収集のサイトなどでしっかり調べてください。 神棚デビューしてみませんか? さて、今回は、神棚の祭り方から処分の方法まで、簡単にまとめましたが、いかがでしたでしょうか?自宅に神棚が無い方は、この機会に、神棚を作ってみても良いかもしれませんね。

次の

神棚にお供え物をする~神饌の作法と日供祭~ | 神棚と日本

神棚 の お供え

神棚のお供え物 神棚、お神札を飾ったら、その前にお供え物を用意しますが、どんなものをお供えしたら良いのでしょうか?意外と、考えてしまうことは多いような気がします。 基本のお供えやその他のお供えをご紹介します。 お供えに使う器 一般的にはセットで販売されていますが、個別で販売されているものもあります。 最低限用意したいのは、平瓮(ひらか)と呼ばれる白い平たいお皿が2枚、お水を入れるふた付きの水器の3種。 白いお皿にはお米、塩を入れてお供えします。 また、瓶子(へいし)と呼ばれるふた付きの器があるのですが、これはお酒を入れてお供えするもの。 瓶子(へいし)があれば、より丁寧です。 お供えの配置 お供えの配置ですが、日本では、中央である正中(せいちゅう)を大事にします。 そのため、神棚にお供えする時には、 お米を中心とし、向かって右に塩、左にお水をお供えします。 一般的に、神具セットを購入すると、お酒を入れる瓶子(へいし)が2つ入っています。 その場合は、上記のように両脇にお供えします。 お酒も毎日お供えしても良いのですが、お正月などのように行事がある時だけでも問題はありません。 神棚のお供え物の配置は、決まっているように思えますが、意外と緩やかで、絶対これ!というものでもありません。 神棚の前にスペースがなければ一列に並べてもOKですし、広いスペースがあれば、下記のように並べることもできます。 原料が四足動物だからです。 では、お菓子類はどうなのでしょう?お菓子なら何でもいいのかというとそうではなく、牛乳やバターなどを使ったお菓子、例えばクッキーなどは避けましょう。 小麦粉、砂糖、卵だけでしたらOKです。 お供えの失敗談 私事ですが、お供えについて何の知識もなかったころ、毎日、晩御飯のおかずを食べる前にお供えしていた時がありました。 肉類がダメ!というのも知りませんでしたので、肉類や加工食品を含んだおかずなどをお供えしていました。 おかずを神棚にお供えをして、手を合わせたら下げる、ということをしていたのですが、5日くらいしたある日のこと。 いつものようにおかずを持って神棚へ向かう途中、柱にぶつかってガチャン!お皿ごと落として、お皿は割れてしまいました。 いつも歩いている我が家の柱にぶつかるなんて、、、 その時のお供えは餃子。 そして気づきました。 柱にぶつかってお供えを落としてしまったのは、神様からのメッセージだったことに。 神棚のお神札には神様が宿っています。 好まないお供えをすると、お供えがある間、眉をひそめてお札から抜けるようです。 私の場合、毎日続けたわけですから、それを教えるために、神様がメッセージを下さったのです。 以来、お供えには気を使っています。 現在は、お供えは、毎月1日と15日と決め、果物や、乳製品等を使っていない和菓子などをお供えしています。 神具を新しくした時 神棚を新しくしたから神具も新しくしようかな、ということもあると思います。 古い神棚は、神社へ持って行けば引き取っていただけますが、神具は引き取ってくださいません。 神社で引き取ってくださるのは燃えるものだけです。 古い神具は、塩をふって燃えないゴミに出しましょう。 抗酸化力、疲労回復、ストレス緩和、美白やしわなどへの美容効果、更年期障害を緩和、新陳代謝を高める、血行促進、冷えや肩こりの緩和、自律神経を整える、解毒力を高めるなどが期待でるプラセンタサプリ。 初回500円。 返金保証付き。 1本に35000mg!高濃度のプラセンタが配合されています。 返金保証付きです。 もたついていたフェイスライン。 頬の外のラインがすっきり!そして、刻まれ始まっていたほうれい線もすっきりしました。 返金保証付きです。

次の