ゲーム オブ ファミリア。 【異世界ダークファンタジー】ゲームオブファミリアー家族戦記ー

【異世界ダークファンタジー】ゲームオブファミリアー家族戦記ー

ゲーム オブ ファミリア

当記事の目次一覧• 【ゲームオブファミリア:23話】最新話のネタバレ 悪い顔をしている支衛は、ハーメラの後ろから忍び寄り、彼女の首元に顔をうずめます。 両手は彼女の一番膨らむ場所へと伸び、一気にそれを外へ露わにさせます。 嫌がる声を出していたハーメラですが、彼女は彼女で自分の好奇心を抑えられず、支衛の言いなりになっていきます。 全てが終わった後、ハーメラは自分の手記に支衛との出来事を書き記す。 そして、一段落したあと、ハーメラは支衛が何か聞きたいことがあるから、今日この場にいると考えていました。 話が早くて助かる支衛は、オード=シーカについて質問します。 端的に言えば、オードは火の精霊王メルティローすらも上回るというのです。 ただ、ハーメラが言うには、オードは魔法使いとしては立派であるが、とても教師としては立派と言えない。 ということを口ごもりつつ、支衛に教えてくれます。 まだもう1つの質問をしたい支衛は、ハーメラに対して前のめりになって話そうとします。 しかし、彼女は人差し指で支衛の口を塞ぎ、教師らしい振る舞いで質問は1つにつき1回と告げます。 つまり、もう一度、支衛に頑張れということを告げていました。 ただ、今度は自分から好きにさせてもらう条件付き。 やれやれと思いつつ、支衛はハーメラの相手を務めるのでした。 徹夜の支衛とメルティロー 結局、ハーメラとは徹夜をしてしまい、朝日を浴びるのがつらいと思う支衛でしたが、メルティローに彼女から得た情報を質問します。 しばし何も答えなかったメルティローはついに口を開き始め、契約に関して支衛に話し始めます。 本来、精霊は人間に力を「貸す」契約として、対価契約しかしない。 簡単に言えば、精霊こそが上で人間は下。 勝手気ままに振る舞うのは精霊が許さないため、精霊が拒否すれば力は使えない。 一方、継承契約は同じような部分ではあるが、次の契約が精霊の意志を確認せず別の人物と強制的に契約させられてしまう。 精霊としては非常に不本意な形だったのです。 支衛の策略 支衛はオードの授業を受け、事前にハーメラから教えられていたデッドメイルの情報について、彼がごまかしたことに勘付きます。 なぜ、オードが秘密にするのか暴くため、支衛は彼の娘・ミラを捉えて情報を聞き出そうしました。 そして彼女がひとりで孤立したとき、ゴーレムを用いて奇襲を仕掛けます。 しかし、ミラはひらひらと身を翻し、ゴーレムたちをいとも簡単になぎ倒していきます。 あっという間に殲滅されてしまったゴーレム立ちを覗き込むミラの顔は、どこか寂しそうです。 支衛にとって奥の手かつ使いたくなかったものなのですが、こちらがボコボコにされては困ります。 そこで出てきたのは、本気の姿をしたメルティロー。 次回、ゴーレムを殲滅したミラと、本気のメルティローがぶつかり合う。 最新話や最新刊の画バレを読むサービスはこちら! 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【ドラゴンエイジ最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 読み始めた瞬間、早速はじまってて読む漫画を間違えたかと思いましたが、正しかったです。 ハーメラ、いいキャラしてますね。 支衛は悪どいことを考えるけど、ハーメラのように年上の人には弱い面があるので、今回のように最終的には良いようにされてしまう。 わりと美味しいキャラ立ちしていますよね。 さて、次回はミラと激突します。 澄ました顔をしていたミラですが、メルティローの本気の姿を見てどう対応するでしょう。 そう簡単には退かないはずなので、大きな戦いになりそうです。

次の

異世界家族愛?否!いや・・・まぁ家族愛といえば家族愛なのか?「ゲーム オブ ファミリア

ゲーム オブ ファミリア

当記事の目次一覧• 【ゲームオブファミリア:23話】最新話のネタバレ 悪い顔をしている支衛は、ハーメラの後ろから忍び寄り、彼女の首元に顔をうずめます。 両手は彼女の一番膨らむ場所へと伸び、一気にそれを外へ露わにさせます。 嫌がる声を出していたハーメラですが、彼女は彼女で自分の好奇心を抑えられず、支衛の言いなりになっていきます。 全てが終わった後、ハーメラは自分の手記に支衛との出来事を書き記す。 そして、一段落したあと、ハーメラは支衛が何か聞きたいことがあるから、今日この場にいると考えていました。 話が早くて助かる支衛は、オード=シーカについて質問します。 端的に言えば、オードは火の精霊王メルティローすらも上回るというのです。 ただ、ハーメラが言うには、オードは魔法使いとしては立派であるが、とても教師としては立派と言えない。 ということを口ごもりつつ、支衛に教えてくれます。 まだもう1つの質問をしたい支衛は、ハーメラに対して前のめりになって話そうとします。 しかし、彼女は人差し指で支衛の口を塞ぎ、教師らしい振る舞いで質問は1つにつき1回と告げます。 つまり、もう一度、支衛に頑張れということを告げていました。 ただ、今度は自分から好きにさせてもらう条件付き。 やれやれと思いつつ、支衛はハーメラの相手を務めるのでした。 徹夜の支衛とメルティロー 結局、ハーメラとは徹夜をしてしまい、朝日を浴びるのがつらいと思う支衛でしたが、メルティローに彼女から得た情報を質問します。 しばし何も答えなかったメルティローはついに口を開き始め、契約に関して支衛に話し始めます。 本来、精霊は人間に力を「貸す」契約として、対価契約しかしない。 簡単に言えば、精霊こそが上で人間は下。 勝手気ままに振る舞うのは精霊が許さないため、精霊が拒否すれば力は使えない。 一方、継承契約は同じような部分ではあるが、次の契約が精霊の意志を確認せず別の人物と強制的に契約させられてしまう。 精霊としては非常に不本意な形だったのです。 支衛の策略 支衛はオードの授業を受け、事前にハーメラから教えられていたデッドメイルの情報について、彼がごまかしたことに勘付きます。 なぜ、オードが秘密にするのか暴くため、支衛は彼の娘・ミラを捉えて情報を聞き出そうしました。 そして彼女がひとりで孤立したとき、ゴーレムを用いて奇襲を仕掛けます。 しかし、ミラはひらひらと身を翻し、ゴーレムたちをいとも簡単になぎ倒していきます。 あっという間に殲滅されてしまったゴーレム立ちを覗き込むミラの顔は、どこか寂しそうです。 支衛にとって奥の手かつ使いたくなかったものなのですが、こちらがボコボコにされては困ります。 そこで出てきたのは、本気の姿をしたメルティロー。 次回、ゴーレムを殲滅したミラと、本気のメルティローがぶつかり合う。 最新話や最新刊の画バレを読むサービスはこちら! 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【ドラゴンエイジ最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 読み始めた瞬間、早速はじまってて読む漫画を間違えたかと思いましたが、正しかったです。 ハーメラ、いいキャラしてますね。 支衛は悪どいことを考えるけど、ハーメラのように年上の人には弱い面があるので、今回のように最終的には良いようにされてしまう。 わりと美味しいキャラ立ちしていますよね。 さて、次回はミラと激突します。 澄ました顔をしていたミラですが、メルティローの本気の姿を見てどう対応するでしょう。 そう簡単には退かないはずなので、大きな戦いになりそうです。

次の

【異世界ダークファンタジー】ゲームオブファミリアー家族戦記ー

ゲーム オブ ファミリア

当記事の目次一覧• 【ゲームオブファミリア:23話】最新話のネタバレ 悪い顔をしている支衛は、ハーメラの後ろから忍び寄り、彼女の首元に顔をうずめます。 両手は彼女の一番膨らむ場所へと伸び、一気にそれを外へ露わにさせます。 嫌がる声を出していたハーメラですが、彼女は彼女で自分の好奇心を抑えられず、支衛の言いなりになっていきます。 全てが終わった後、ハーメラは自分の手記に支衛との出来事を書き記す。 そして、一段落したあと、ハーメラは支衛が何か聞きたいことがあるから、今日この場にいると考えていました。 話が早くて助かる支衛は、オード=シーカについて質問します。 端的に言えば、オードは火の精霊王メルティローすらも上回るというのです。 ただ、ハーメラが言うには、オードは魔法使いとしては立派であるが、とても教師としては立派と言えない。 ということを口ごもりつつ、支衛に教えてくれます。 まだもう1つの質問をしたい支衛は、ハーメラに対して前のめりになって話そうとします。 しかし、彼女は人差し指で支衛の口を塞ぎ、教師らしい振る舞いで質問は1つにつき1回と告げます。 つまり、もう一度、支衛に頑張れということを告げていました。 ただ、今度は自分から好きにさせてもらう条件付き。 やれやれと思いつつ、支衛はハーメラの相手を務めるのでした。 徹夜の支衛とメルティロー 結局、ハーメラとは徹夜をしてしまい、朝日を浴びるのがつらいと思う支衛でしたが、メルティローに彼女から得た情報を質問します。 しばし何も答えなかったメルティローはついに口を開き始め、契約に関して支衛に話し始めます。 本来、精霊は人間に力を「貸す」契約として、対価契約しかしない。 簡単に言えば、精霊こそが上で人間は下。 勝手気ままに振る舞うのは精霊が許さないため、精霊が拒否すれば力は使えない。 一方、継承契約は同じような部分ではあるが、次の契約が精霊の意志を確認せず別の人物と強制的に契約させられてしまう。 精霊としては非常に不本意な形だったのです。 支衛の策略 支衛はオードの授業を受け、事前にハーメラから教えられていたデッドメイルの情報について、彼がごまかしたことに勘付きます。 なぜ、オードが秘密にするのか暴くため、支衛は彼の娘・ミラを捉えて情報を聞き出そうしました。 そして彼女がひとりで孤立したとき、ゴーレムを用いて奇襲を仕掛けます。 しかし、ミラはひらひらと身を翻し、ゴーレムたちをいとも簡単になぎ倒していきます。 あっという間に殲滅されてしまったゴーレム立ちを覗き込むミラの顔は、どこか寂しそうです。 支衛にとって奥の手かつ使いたくなかったものなのですが、こちらがボコボコにされては困ります。 そこで出てきたのは、本気の姿をしたメルティロー。 次回、ゴーレムを殲滅したミラと、本気のメルティローがぶつかり合う。 最新話や最新刊の画バレを読むサービスはこちら! 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【ドラゴンエイジ最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 読み始めた瞬間、早速はじまってて読む漫画を間違えたかと思いましたが、正しかったです。 ハーメラ、いいキャラしてますね。 支衛は悪どいことを考えるけど、ハーメラのように年上の人には弱い面があるので、今回のように最終的には良いようにされてしまう。 わりと美味しいキャラ立ちしていますよね。 さて、次回はミラと激突します。 澄ました顔をしていたミラですが、メルティローの本気の姿を見てどう対応するでしょう。 そう簡単には退かないはずなので、大きな戦いになりそうです。

次の