カラオケ dam ai。 カラオケの、精密採点DX

カラオケDAM(ダム)の新機種発表会に行ってきた。一番の見どころは「Ai感性」!!??

カラオケ dam ai

この記事の目次• 本体外観チェック LIVEDAM Ai 本体 本体中央にある液晶ディスプレイは13. 3インチと小型のノートPC程の大画面となっています。 周りのボタン類は押した感覚があるタイプになっています。 リモコン・デンモク こちらが10. 1インチディスプレイ搭載の「SmartDAM Ai TM30 」となります。 充電する際はドックにセットするようになっています。 意図的に壊してしまうと軽く10万円以上するので取扱いに注意しましょう。 トップ画面 画像はトップ画面の様子です。 リモコン画面 本体右下にある「リモコン」ボタンをタップした時の画面になります。 マイク 歌唱用マイクは紅白のやつが置かれていました。 精密採点Ai アイ の使用感について 実際に採点してみてのレビューです。 画面上部に音程バー DAMの精密採点では画面上部に音程バーが表示されて、正しく歌唱出来ているかどうかを目視で確認可能です。 正しい音程で歌えていると黄色く表示されて、音程がずれている時は赤く表示されます。 最低音・最高音の表示について 前機種の「LIVEDAM STADIUM」では最低音と最高音が見づらかったのですが、今回の「LIVEDAM Ai」では白抜きで表示されているので「LIVEDAM 無印版」のように見やすく改良されています。 採点結果画面について 採点結果・初期画面 歌い終わった後の採点結果画面となります。 総合点・グラフ・分析レポートが表示されています。 そして今作のボーナス点については「AI完成ボーナス」に統一されたようです。 ちなみにこの画面の状態でしばらく何も操作しないでいると、次の音程などの詳細画面が表示されずに終了してしまいます。 これはアップデートで改善してもらいたいですね。 採点詳細画面について デンモクの「DAM」ボタンをタップすると、この採点詳細画面に移ります。 音程・表現力・Ai感性 New・新機能 ・ロングトーン・安定性・リズム・ビブラート・声域が表示されます。 「DAM」ボタンをタップすると前の画面に戻り、「演奏中止」ボタンをタップするとこの画面が消えるようになっています。 カラオケ本体動作について 動作レスポンスの向上 この「LIVEDAM Ai」では全体的に動作がキビキビとしているように感じました。 選曲してからすぐに演奏が始まったり、採点画面を「演奏中止」ボタンをタップするとすぐに消えたりといった感じです。 曲の終了時 採点結果画面直前 曲の演奏が終了した時にはJOYSOUND ジョイサウンド のように「何年に登場した曲」「曲名」「歌手名」が画面左下に表示されるようになりました。 消費カロリーは画面右下でDAMではお馴染みとなっています。 最後に カラオケ「LIVEDAM Ai アイ 」の精密採点Aiについての使用感レビュー記事でした。 筐体・本体には13. 3インチ大画面ディスプレイ搭載• リモコン・デンモクは10. 1インチ画面• 紅白のマイク 店舗による• 画面上部に音程バーがある• 正しい音程なら黄色でずれている場合は赤色で表示• 最低音と最高音は白抜きで分かりやすい• 採点結果画面で放置すると詳細画面に移動しなくて消えてしまう 要改善• 本体動作レスポンスの向上で快適性がアップした• 曲の終了時に「何年・歌手名・曲名」と「消費カロリー」の表示 LIVEDAM Aiの精密採点Aiを使用する場合の参考になればと思います!•

次の

カラオケDAM(ダム)の新機種発表会に行ってきた。一番の見どころは「Ai感性」!!??

カラオケ dam ai

前機種より全国平均点は高め 全国平均点は前機種DX-Gに比べて2~6点ほど高い傾向にあります。 Children 80. 506 86. 520 6. 554 83. 234 2. 268 87. 344 6. 素点はそんなに高い印象はないのですが、なんといってもAi感性ボーナスが高くなりがちです。 6点までは確認しました。 ただ、それを加味しても全国平均が6点も高いというのは異常なのですが、これはおそらく 単純に母数が少ないことが原因でしょう。 まだライブダムAiがそれほど普及しておらず、わざわざ指定して使う人は歌が上手い人達だからだと思われます。 今後ライブダムAiが普及してくれば、色々な人が採点を使うので平均点は下がってくるのではないでしょうか。 99~100点は前機種より取るのが難しい これは私(最高98点)には関係ない未知の領域の話ですが、テレ東のカラオケバトルやネットの情報を総合すると、こういう結果になりそうです。 例えば直近のの放送では、普段は全員99点以上を取るほどレベルの高いU-18の大会で99点以上はなんと一人だけ。 あとはすべて97~98点です。 2年間の平均点が99点を超えている猛者でさえ98点台でした。 理由としては、素点(ボーナスが加味される前の点数)がそもそも厳しくなっているのと、今回点数が高くなる要因である Ai感性ボーナスは素点が高くなるほど低くなる傾向にあるからです。 151 1. 668 2. 311 1. 確かに素点95点でAi感性ボーナスが5,6点だと100点連発ですからね。 DX-Gでは100点が取りやすかったので、それの対策かもしれません。 抑揚は取りやすくなったが表現力への影響は少ない 抑揚はDX-Gでは意識しないとなかなか高得点が取れなかったのですが、 Aiでは比較的高得点が取りやすくなっています。 実際、特に抑揚を意識せずに歌った場合でも80点台、少し意識するだけで90点台は取れました。 高得点が取りやすくなっている反面、 表現力への影響はDX-Gより小さくなっているようです。 つまり、 表現力は抑揚以外の影響が大きくなっているということが分かります。 それが何の項目なのか後ほど説明します。 マイク遠近法は効果低くなった 歴代の精密採点で重要だったマイクを近づけたり離して歌声の強弱をつけるテクニックの効果が低くなっています。 これをやることで抑揚の点数をかなり上げることができたのですが、Aiではこのテクニックを使うと、 効果がないどころか逆に減点される可能性もあります。 まだ試行回数が少ないので不確定情報ではありますが、マイク遠近法を使いすぎて 不自然に強弱をつけるとAi感性が減点となりやすいです。 実際に、マイクを離した時にAi-の値が増えたことがありました。 こうなると、Ai感性ボーナスの+点数が少なくなります。 また、 有線マイクによる点数のかさ増しも効果が低くなっています。 ただし、これはAi専用のマイクの場合に限ります。 Ai専用のマイクの性能が上がったからなのかもしれませんが… テクニックがより重要に ネットの情報や実際に歌った感触として、 高得点のコツはテクニックだと思われます。 既存のテクニックである「 しゃくり」、「 こぶし」、「 フォール」に加えて、精密採点Aiでは下記が追加されています。 参照: これはfistiaでDAMとも連携することでしか見れない項目ですが、Ai感性はこの4つの新項目も判定基準にしているようです。 これが「膨大な歌唱データを機械学習することで生まれた」項目だと思われます。 それぞれの項目について公式に発表はないので未確定ではありますが、ネットで調べてみたので説明します。 アクセント 部分部分で 強調して歌う技法のことです。 前機種のDX-Gまでは音程を合わせるために淡々と強弱をつけず歌うと良かったのですが、Aiでは強弱をつけることが良いとされるようになっていると思われます。 ハンマリング 主にギター演奏で使う 叩きつけるような奏法の事です。 この用語は歌唱時には使わないようなので、Ai独自の項目のようです。 ただし、叩きつけるような歌い方がどのようなことなのが具体的に分かりませんでした。 エッジボイス 声帯を閉じた状態で声を出すと出る ブツブツした音のことです。 例えば、平井堅の「瞳を閉じて」の冒頭、「あぁ~さめーざめーるたーびにぃーー」の「あ」の部分です。 ヒーカップ フレーズの最後に語尾を裏返す歌い方です。 B'zやラルクやシャ乱Qなど90年代のJ-POPアーティストに多いですね。 実際にシャ乱Qの「ズルい女」を語尾を裏返しながら歌ったところ、ヒーカップが33回取れました 表現力91点、Ai感性100点。 普段は5回前後なので、ヒーカップは裏返す歌い方でほぼ間違いないと思います。 これらのテクニックを多く使うことで主に表現力、Ai感性ボーナスの点数が高くなります。 Aiが採点しているわけではない可能性が高い これは高得点を取るコツではなく、完全に個人的な感想です。 精密採点AiはDAM公式サイトでは以下のように説明されています。 「精密採点」シリーズの最新作が登場。 膨大な歌唱データを機械学習することで生まれた「Ai感性」が、 人の感情を揺さぶる歌声を検出して得点化。 歌のテクニックだけでなく表現力まで理解できるようになりました。 引用: 初めてこれを見た時は、Aiが1曲1曲リアルタイムに学習しながら何だかよく分からないけどすごい方法で採点している?と思っていました。 しかしながら、実際に採点結果を集計してみると、ちゃんと決められた項目があって、その項目毎に今までと同じように点数をつけて最終的に点数を出しており、リアルタイムに学習しながら採点しているわけではないのではないのではないかと思うようになりました。 つまり、精密採点Aiとは、 単純にDX-Gの評価項目にハンマリングやヒーカップなどの新しい評価項目を加えただけではないか、という気がします。 「Aiが採点」と聞くと、何かリアルタムで採点しているように聞こえますがそうではなさそうです。 とはいえ、新項目(ハンマリングやヒーカップなど)はAiが導き出した項目だとは思うので、表現に嘘はないんですよね。 ということでAiについて色々書きましたが、一番言いたいことは、 Aiって言っても得体のしれない怖いものじゃなくて ちゃんと分析すれば点数の根拠は出せるんだよということです。 ちゃんと分析して対策すればAi感性の高得点もコンスタントに出せるようになると思います。 まとめ ということで最後にもう一回まとめます。 まとめ 前機種より全国平均点は高め 99~100点は前機種より取るのが難しい 抑揚は取りやすくなったが表現力への影響は少ない マイク遠近法は効果低くなった テクニックがより重要に Aiが採点しているわけではない可能性が高い 色々書きましたが、 個人的には精密採点Aiは良いと思います。 マンネリ化していた精密採点の判定基準を変えただけでも評価に値しますが、何より、 感情を込めて歌っても点数が下がりづらくなったことが個人的に嬉しいです。 99点以上が取りづらくなったことで カラオケバトルなどのテレビ番組での点数のインフレ化も抑えられましたしね。 番組としては嬉しいんじゃないでしょうか。 私自身もまだそれほど精密採点Aiで歌えていないので(今の所50~60曲程度)、今後試してみて何か分かりましたら更新します。

次の

カラオケの、精密採点DX

カラオケ dam ai

LIVE DAM STADIUM STAGE(ライブダムスタジアムステージ) 出典:• 発売: 2017年• LIVE DAM STADIUMのマイナーチェンジ版のため機能は同じ LIVE DAM STADIUM(ライブダムスタジアム) 出典:• 発売:2015年• 以前から人気だった採点機能も強化され「精密採点DX-G」となり、デュエット採点にも対応した。 映像面も強化され、2画面違う映像が流れるデュアルモニター機能も追加• 本体の液晶部を取り外してリモコンとして使えるが、店舗による。 ) LIVE DAM RED TUNE(ライブダムレッドチューン) 出典:• 発売:2014年• LIVE DAM(ライブダム)からのマイナーチェンジ機種。 基本的にはLIVE DAM GOLD EDITION(ライブダムゴールドエディション)と同じ。 LIVE DAM GOLD EDITION(ライブダムゴールドエディション)• 発売:2012年• LIVE DAM(ライブダム)からのマイナーチェンジ機種。 HDD容量が増量された。 LIVE DAM(ライブダム)• 発売:2010年• フルHD対応となり、前機種Premier DAM(プレミアダム)から、グラフィック関連が大きく強化された。 本体液晶画面がタッチパネル式になった• 採点ゲームの内容も前機種Premier DAM(プレミアダム)から大幅な変更が加えられ「精密採点DX」となり、採点の精密さ等から、カラオケバトルのTV番組で使用されるなど話題となった。 Cyber DAM HD(サイバーダム HD)• 発売:2012年• 飲食店向けの廉価モデルのHD対応版 Party DAM HD(パーティーダム HD• 発売:2013年• よくホテルの宴会場で目にするワゴンタイプの最新機種 最新電子目次本(デンモク) 最新の目次本が置かれているかは店舗や部屋によっても様々ですので、こだわる方は店舗に事前に確認しましょう。 当然最新の物が一番操作しやすいです。 是非試してみましょう! 特徴• 店舗で歌った カラオケを録音して、サイト内で聴くことができる。 よって他の人の録音を聞くことも可能。 録音を公開する時に、精密採点映像と共に公開することも出来る• 録音した音源は60日間保管され、任意で10曲まで永久保存にできる。 課金することで保存上限を上げることができる。 多重録音機能では、 遠く離れた人とコラボ(ハモリとか)することができるが、対応しているデンモク(「デンモクiDS」か「Smart DAM」)が無いとできない 等々、このほかにもSNSらしい機能が盛りだくさんで書ききれないので、実際に使ってみていただければと思います! 普段何気なく見ているカラオケ機器ですが、調べてみると色々な種類があり、それぞれ違いがあるのがわかるかと思います。 みなさんのお気に入り機種が見つかると嬉しい限りです! ~Mash~.

次の