ミニストップ店舗。 ミニストップのソフトクリーム専門店「ミニソフ(MINISOF)」三大都市圏で本格展開へ

現役オーナーが語る「ミニストップ経営」のリアルとは? │ 【マイナビ独立】独立・開業・起業・フランチャイズ募集

ミニストップ店舗

ミニストップの店舗(撮影=編集部) ミニストップの業績が深刻だ。 2020年2月期連結決算は、最終損益が57億円の赤字(前期は9億1600万円の赤字)だった。 最終赤字は3期連続。 売り上げが減ったことに加え、繰り延べ税金資産の取り崩しなどにより法人税等調整額を23億900万円計上したことが響いた。 売上高にあたる営業総収入は、前期比5. 8%減の1934億円だった。 チェーン全店売上高が前期比5. 9%減と落ち込んだことに加え、韓国のコンビニ事業が日韓関係の悪化により19年7月以降、売り上げが計画を下回ったことが響いた。 連結営業損益は30億円の赤字(前期は5億5100万円の赤字)だった。 営業赤字は2期連続。 ミニストップの国内コンビニ事業は長らく不振が続いていた。 既存店売上高は20年2月期こそ前年をわずかに上回ったものの、19年2月期まで3期連続で前年を下回っていた。 客数は19年8月まで43カ月連続でマイナスだ。 このように厳しい状況にあったため、ミニストップは不採算店の閉鎖を進めてきた。 19年3~5月には大量閉店を実施。 この3カ月間だけで193店を閉店している。 ミニストップは現在、全国に約2000店を展開する業界4位だが、大手3社の影に隠れがちだ。 業界首位の セブン-イレブン・ジャパンは約2万900店、 ファミリーマートが1万6600店、ローソンが1万4400店を展開しており、ミニストップはだいぶ後方を走っている。 店舗の販売力も見劣りする。 19年度の日販(1店舗の1日あたり売上高)はセブンが65万6000円、ローソンが53万5000 円、ファミマが52万8000円となっているが、ミニストップは42万6000円と圧倒的に低い。 店舗数の多さと日販の高さは、ある程度比例する。 店舗数が多ければ大量取引を持ちかけることができるので、商品を供給するメーカーに対して強い交渉力を発揮できる。 そのため、有利な条件で商品の供給を受けることができる。 これは特にプライベートブランド(PB)で効果を発揮する。 セブンが扱うPB「セブンプレミアム」の評価が高いのも、店舗数の多さからくる強い交渉力で良い商品を開発してもらえるためだ。 この観点から考えると、ミニストップは店舗数が少ないので不利といえる。 それが日販の低さに表れている。 高い日販を実現したコンビニは、出店もスムーズに進む。 大手3社は高い日販を背景に出店攻勢をかけ、それにより大手3社による寡占が進んでいった。 それに伴いミニストップは隅に追いやられ、既存店売上高はマイナス傾向が続くようになった。 ミニストップの反転攻勢 ところが、19年8月以降はプラスが続くようになった。 20年2月までの7カ月すべての月で前年を上回っている。 これは、商品戦略が功を奏したことによる。 まずは昨年7月に「おにぎり」の価格を引き下げて税別100円に統一したことが奏功した。 値下げしたことをアピールするテレビCMを放送するなど、積極的なプロモーションを実施したこともあり、おにぎりの売り上げは好調に推移した。 また、今年1月には「ホットコーヒー」の価格を同93 円から同80円に引き下げている。 ミニストップのおにぎりとホットコーヒーは値下げにより価格競争力が高まり、集客に大きく貢献した。 昨年9月に発売したホットスナック「チーズハットグ」も売り上げに貢献した。 チーズハットグは韓国が本場のホットドッグで、一昨年ごろから日本で若い女性を中心に流行し始めた。 ミニストップのチーズハットグは、モッツァレラチーズとソーセージをザクザクした食感の衣で包んでおり、これがヒットした。 また、10月に発売した「タピオカドリンク」も売り上げに大きく貢献している。 ブームとなったタピオカが入ったドリンク「タピオカミルクティー」と「タピオカいちごミルク」を売り出し、好評だったという。

次の

「ミニストップ」3か月で193店閉店 都市部で顕著、ネットも驚く事態に: J

ミニストップ店舗

ミニストップとセブンイレブンでは、1店舗1日あたりの売上平均は20万円以上の差があります。 セブンイレブンは毎年純増1000店規模の出店をしてもセブンイレブンの売上平均は下がらない(むしろ上がっている)のに対し、ミニストップの売上平均は下降傾向です。 新しい店舗は当然売上が低い状態から始まりだんだん上がっていくため、新規出店は全体の売上平均を下げる要因になります。 にもかかわらず、大量出店のセブンは売上が上がり、あまり出店しないミニストップの売上が下がるのは両者にコンビニとしてのノウハウに大きな差があると言わざるを得ません。 ミニストップはセブンイレブンに比べれば、本部の取り分の率は低いのですが、もともとの売上が(1日20万円も)低くてはオーナーの生活も楽ではありません。 当然本部も儲かってるとは言い難いですし、積極的に設備投資をしたり商品開発にお金を掛ける余裕もありません。 よって今、大量出店をしたところで利益を出せないオーナーを大量に産み出すだけですし、本部としても出店の投資でジリ貧になってしまうだけです。 今は親会社イオンの意地でミニストップを続けている状態ですが、将来的には切り離して売られてしまう可能性も高いと思います。 コンビニは、我々の目には店舗しか映りませんが、それらを 支えるための体制が無いと出店出来ません。 具体的には、 コンビニのメイン商品である、お弁当、おにぎり、サンドイッチ 麺類、惣菜類などを、365日24時間体制で生産する工場が 各エリアに必要です。 またできたものを、1日に4~5回運ぶ 物流体制、前述の商品以外を保管して、オーダーに応じて 補充するデポなどです。 そういうバックアップ体制があって、初めてお店を出せるの です。 すでに多店舗を出店しているコンビニは、かなりのエリア がカバーできているので、新規出店も可能ですが、元々店舗数 の多くないミニストップは、このバックアップ体制が充分で ないので、積極展開できないのです。 バックアップ体制を構築するのは、お店を出すよりもずっと 時間とお金がかかります。 ミニストップは、この問題で前に進 めずじり貧状態なのです。 このままでは先が無いので、いずれ 大手のどこかと統合すると言われています。 (名前が出ているのはローソン).

次の

「無人レジだけ」「カメラがたくさん」 ミニストップの省人化実験店舗に行ってみた (1/3)

ミニストップ店舗

1993年7月6日上場 略称 ミニストップ 本社所在地 〒261-8540 中瀬一丁目5番地1 6階 設立 (55年) 事業内容 代表者 (代表取締役社長) 資本金 74億9,153万3,000円 発行済株式総数 2,937万2,774株 売上高 連結:2,135億28百万円 単体:716億86百万円 (2016年2月期) 営業利益 連結:25億97百万円 単体:26億46百万円 (2016年2月期) 経常利益 連結:36億53百万円 単体:35億12百万円 (2016年2月期) 純利益 連結:9億68百万円 単体:61百万円 (2016年2月期) 純資産 連結:616億56百万円 単体:592億73百万円(2016年2月29日現在)) 総資産 連結:1,196億33百万円 単体:1,003億76百万円(2016年2月29日現在) 従業員数 連結:2,051名 単独:891人 (2016年2月末日現在) 決算期 2月末日 会計監査人 主要株主 株式会社 48. また当社は自社株を1. 概要 の加工販売を行い、店舗内にその飲食のためのコーナー(飲食コーナー)が設けられているのが他のコンビニエンスチェーンとは違った特徴である。 ミニストップ本部は、この独自の業務形態を「 コンボストア」と称している。 イオングループの一員として製品を取り扱っているが、一部商品はやより価格を上乗せして販売している。 商品の配送はが行っている。 電子マネーやクレジットカードを利用しての支払いに対応している。 詳しくは決済の項目を参照。 全店舗にが設置されている。 は一部店舗であるいはATMが設置されている。 近年はイオン銀行ATMへの置換・新規設置を強力に推進し、におけるのように店の資金管理にも利用されている。 は「街角のあなたの憩いの場 ミニストップ」。 オリジナル均一価格菓子として「おやつラボ」があったが、2012年9月より「食べごこち菓子 MINIきぶん」にリニューアルされている。 2010年4月よりケータイクーポンの配信を始め最新の商品情報やお買い得情報のチェックができる。 2012年よりWAONでの決済で対象の商品が自動的に割引になる「WAOポン」のサービスを、2013年より店内設置のMINISTOP での手続きでクーポンを発行して割引が受けられるサービスを開始している。 1989年に制作による、現在のロゴマーク「ハウスマーク」に変更された。 ロゴマークの家と木は「街角のあなたの憩いの場」を意味し、シンボルカラーの黄・青・橙色の線は南カリフォルニア・南カリフォルニアの青空・オレンジ果実をイメージしたもの。 (55年)• - 株式会社(現:)の出資により会社設立(資本金3000万円)。 7月 - に第1号である、店(現在閉店)を出店。 (昭和56年)6月 - 5号店の新小岩店を加盟店に転換し、フランチャイズ事業を開始。 (昭和60年)5月 - 総店舗数が100店達成。 (直営店20店、加盟店80店)• (昭和61年)3月 - ミニストップメンテナンスセンターを設置。 (昭和63年) - 物流業務強化のため、ネットワークサービス 株 を設立。 (平成2年)• - 公共料金の収納代行サービス開始。 - ・味元通商 株 (現:韓国ミニストップ 株 )とコンビニエンスストア事業展開に関する技術援助契約を締結。 - 大韓民国・ソウル市に「モクドン店」を開店し、同国へ出店開始。 (平成3年) - に「赤井1丁目店」を開店し、大阪府へ出店開始。 (平成5年)• - 第二部に。 資本金を41億5753万3000円に増資。 - 東北ニコマートと業務提携を締結。 (平成6年)• 2月 - 店舗数が500店となる。 (直営店45店、加盟店455店)• 株式会社シーブイエスジャパンと関西エリアフランチャイズ契約を締結。 9月 - 資本金を74億9153万3000円に増資。 米国「Candy Express(キャンデーエクスプレス)社」と日本での Candy Express店舗展開のエリアライセンス契約• - 新業態カジュアル・フラワーショップ「ブルーミスト」のフランチャイズチェーン化に向け、直営実験店の出店開始。 12月 - フィリピンのMCA社(ケソン市)とエリアフランチャイズ契約• (平成7年)• - 新業態「キャンディエクスプレス」1号店を渋谷に開業。 - 本町二丁目店(仙台市)を出店し、宮城県へ出店開始。 - の中野ビジネスグループと北東北地区で「エリアフランチャイズ契約」を締結。 - エヌ・ビー・ジー・エムエスネットワーク株式会社設立。 - ジェイアール四国エムエスネットワーク株式会社設立。 - 株式会社(香川県高松市)と「エリアフランチャイズ契約」を締結。 (平成8年)• - 株式会社ルマックス()と「エリアフランチャイズ契約」を締結。 - に「春日店」(現存せず)を出店し、香川県へ出店開始。 - 香川県高松市に四国内FC1号店の「桜井店」(現存せず)開店。 8月 - 東京証券取引所第一部に上場。 (平成9年)• - 「群馬中泉店」(群馬郡群馬町)を出店し、群馬県へ出店開始。 - 株式会社喜多本店と合弁でミニストップ近畿株式会社設立。 - 埼玉県内の約150店にマルチメディアステーションを設置。 - 目黒本町店(目黒区)において医薬品の販売実験開始。 (平成10年)• - フィリピンのMCA社との技術援助契約を解約し、同国内4店舗を閉鎖。 - 株式会社シーブイエスジャパンとエリアフランチャイズ契約を解約し、ミニストップ近畿株式会社へ経営移管。 3月 - 1000店舗達成。 (直営店86店、加盟店914店)• - ココストアの関連会社、イズミックと物流システム開発などで業務提携を締結。 - 新規事業「ホーム・デリカ」の1号店を川崎市に開店。 (平成11年)• 3月 - 東北エムエスネットワーク株式会社より58店舗の営業権を譲受。 3月 - ミニストップカードの発行の開始開始。 - 京都ファミリア本部と業務提携を締結。 - オリジン弁当チェーンを展開するオリジン東秀と業務提携を締結。 (平成12年)• 3月 - ミニストップ近畿より71店舗の営業権を譲受。 - ロビンソンズ・コンビニエンス・ストアーズ・インクと海外エリアフランチャイズ契約締結。 - MMH-ECサービス株式会社を三菱商事株式会社、株式会社日立物流と共同設立。 7月 - オンラインショップサイト「e-ministop」オープン。 - フィリピン・マニラ市に「ミニストップエスコルタ店」を出店し、同国へ出店開始。 (平成14年)• - 株式会社ルマックスと合弁で、エムエス九州株式会社設立。 - 学内出店1号店「店」開店。 - 初のコンビニとして「鏡石パーキングエリア店」開店。 (平成15年)• - ミニストップ近畿株式会社を吸収合併。 - 大象流通株式会社(現:韓国ミニストップ株式会社)を子会社化。 (平成16年)• 2月 - 国内総店舗数が店舗数が1500店達成。 (直営店136店、加盟店1364店)• - エリアフランチャイズのジェイアール四国エムエスネットワーク株式会社を完全子会社化し、を直轄化。 翌付で四国エムエスネットワーク株式会社に商号変更。 詳しくはを参照。 - 四国エムエスネットワーク株式会社を吸収合併。 (平成17年)• - の取扱い開始。 - 「ミックス エコバリュー」商品の取扱いを開始。 - に「脇町店」を出店し、徳島県へ出店開始。 (平成18年)• - エムエス九州株式会社の店舗が九州北部で100店舗達成。 - 都内と千葉県の一部店舗でEdy決済の取扱い開始。 (平成19年)• - に新居浜横水町店を出店し、愛媛県へ出店開始。 7月 - 関東地区の店舗で電子マネーSuica決済の利用開始。 11月 - 日本、韓国、フィリピンでの出店数が3000店舗達成。 11月 - 東北、中部エリア(三重県の一部及び福井県を除く)の店舗で電子マネーSuicaにで決済の利用開始。 (平成20年)• - WAON決済の取り扱い開始。 - 近畿地区の店舗で、電子マネーICOCA決済の取り扱い開始。 8月 - Edy決済の取り扱い開始。 (平成21年)• - エムエス九州を株式交換により、完全子会社化。 - 青島永旺東泰商業有限公司(青島イオン)と合弁で青島迷島便利店有限公司を設立。 - ドラッグストアとの共同店舗として、グリーンシア・ミニストップサテライト本庄朝日町店開店。 - の取扱い開始。 - 中国への出店開始。 - 株式会社スリーエフ(横浜市)、株式会社日本カーシェアリングと提携し、事業に参入(9丁目店、8丁目店)• - に、那須塩原二つ室店を出店し、国内の店舗数が2000店舗を達成。 - 千葉県と「地域振興・地域貢献に関する協定」を締結。 (平成22年)• 7月1日 - 九州地区の店舗で電子マネー決済の取扱い開始。 8月20日 - 、と共同で、ドラッグストアとコンビニの共同出店会社、株式会社れこっず設立。 8月24日 - 株式会社ココストアウエスト(熊本市)と九州地区において業務提携。 9月1日 - 株式会社スリーエフ(横浜市)、株式会社スリーエフ中四国(高知市)と四国地区において業務提携。 9月1日 - エムエス九州株式会社を吸収合併し、九州地区を直轄化。 10月7日 - CFSコーポレーションと共同で、れこっず磯子広町店開店。 10月28日 - 埼玉県と「包括的連携協定」を締結。 11月2日 - 愛知県と「連携と協力に関する包括協定」を締結。 11月5日 - WAONのオートチャージサービスを開始。 12月11日 - G7サービスアンドトレーディング社とコンビニエンスストア事業展開に関する技術援助契約を締結。 (平成23年)• 1月28日 - iD決済の取り扱い開始。 2月16日 - QUICPay決済の取り扱い開始。 7月29日 - スリーエフと定温商品の共同配送事業と有事における相互支援体制に関する業務提携を締結。 9月29日 - 国内外の総店舗数が4000店舗(国内2056、国外1944店舗)達成。 12月8日 - ベトナムへの出店開始。 (平成24年)• 3月14日 - 物流大手のとカザフスタンのRTS有限責任事業会社と3社合弁会社を設立し、カザフスタンへの出店を開始すると発表。 6月8日 - とがエンタテイメント分野での協業を発表。 今後ミニストップ全店に「」を設置する予定。 7月13日 - インドネシア共和国の現地法人PT.BAHAGIA NIAGA LESTARIとインドネシアにてミニストップ事業を展開するための基本合意書を締結。 8月16日 - 株式会社ココストア、ココストアイースト、ココストアウエストと資本業務提携を締結。 9月21日 - 北東北地区でエリアフランチャイズ契約を結ぶエヌ・ビー・ジー・エムエスネットワーク(M. GMSネットワーク)社とのエリアフランチャイズ契約を11月付けで解除し、本社直轄化。 同時に、M. GMSネットワーク社とフランチャイズ契約を締結すると発表。 (平成25年)• 1月18日 - カザフスタンへの出店開始。 2月28日 - ローソンのマルチメディア端末「Loppi」の全店導入完了。 6月19日 - インドネシアへの出店開始。 (平成26年)• - カザフスタン事業を清算し、同国から撤退• - 新業態「cisca(シスカ)」1号店を日本橋に開業。 9月 - 株式会社れこっずを吸収合併。 (平成27年)• 3月20日 - 株式会社ココストア、株式会社ココストアイースト、株式会社ココストアウエストとの資本業務提携を解消。 4月28日 - 双日株式会社と共同でベトナムでの事業展開を開始• 11月8日 - 本店所在地を千代田区神田から千葉市美浜区へ移転。 12月 - 国内外の総店舗数が5000店舗達成• (平成28年)• 3月1日 - 北陸、四国地区店舗でICOCAなどの交通系電子マネー決済の取り扱い開始• 6月13日 - インドネシア共和国の現地パートナー企業PT. BAHAGIA NIAGA LESTARIとのエリアフランチャイズ契約を解除• 12月27日 - サービス開始当初一部店舗での導入にとどまっていた共通ポイントカード「」を全店舗に拡大 店舗の特徴 イートイン 店内には等の飲食ができるように数席程度の簡易な椅子とテーブルが備え付けられた飲食コーナーと客用を常設し、やパフェ及び・などのファーストフードを店内で加工調理し販売しているのが特徴である。 他のコンビニエンスストアが専ら日用品雑貨・食料品を販売しているのに対し、飲食コーナーを持つことから都市計画法上における沿道サービス施設(ドライブイン、150m 2以上)に近い性格を持つ。 イートインコーナーのには、長期間の使用に耐えられるようにを使用している。 店内にあるイートインコーナーは、深夜(概ね22時以降)の時間帯は清掃や防犯上の理由で利用できない店舗がある。 なお、イートインコーナーが深夜に利用出来ない店舗は概ねコーナー内にトイレの入口が無い店舗やレジカウンターの影となっている店舗の様である。 環境問題への取り組み 「ミニストップ環境社会報告書」を毎年発行し、環境社会問題への取り組みを広報している。 ミニストップでは店舗のには機構を組み込んでいて、一般の電動に比して省エネにつながっている。 以降、配送車に排出量が少ないの導入を開始している。 または間伐材を原料として適切な方法で生産される分には林野の保護に貢献するため、国産の間伐材を使用している。 もっとも国産材木の割り箸は輸入割り箸の約4倍程度の費用がかかるため、箸袋に広告を掲載しその収入により価格差を填補している。 2010年、一部の店舗の構造に、を使用した木造を採用する環境配慮型店舗の展開を開始。 同年11月25日に開店した浜松新原店()が1号店となった。 その後、木造店舗は少しずつ増加を続け、2014年11月14日に開店した水戸見川3丁目店(茨城県水戸市)が100店舗目となった。 決済 電子マネー決済 2012年8月6日現在、全店舗(サテライト店舗は除く)で利用できるは、・・・の4種類。 また、交通系電子マネーでは福井県及び四国エリアを除く全店舗で・・・・・・・・が利用可能。 前払い式電子マネーのうち、・・交通系電子マネーはレジでの現金チャージが可能。 なお、については全店舗で一切利用ができない。 8月 千葉県内の一部の店舗において実験的にによるを実施していたが、2006年11月頃より東京23区内の店舗を中心にSuicaの導入を拡大。 同時にSuica導入店舗でEdy(現・)による支払いの取り扱いも開始した。 Suica・Edy共にレジでチャージを行う事ができる。 SuicaとEdyの決済端末は別個にあり、Suicaの決済端末はイオン以外のSuicaショッピングサービス実施店と同様のものを使用している。 ただし、電子マネーにおいてSuicaと相互利用が可能なはチャージをすることができなかった(現在はチャージ可能)。 Suicaの導入に関しては親会社とJR東日本との間で締結された包括的業務提携の一環であり、イオングループで最初のSuica導入事例である。 5月以降 上記以外の首都圏の店舗においてSuicaによる決済が可能な店舗が増加しており、2007年にミニストップ・JR東日本連名で「関東1都6県のミニストップでSuicaが使えるようになった」と公式発表された。 これらの店舗ではやに設置されている共用端末を使用しており、これらの店舗ではにも対応しているが、ミニストップでも2011年1月よりiDが全店に導入された。 2007年より 首都圏のSuicaが既に導入されている全店舗での利用を開始。 また同日よりまでの間に九州地区を除く全店舗に各店舗の判断にて順次WAONが導入される予定だったがシステムトラブルにより首都圏ではに、その他の地域ではからの導入となった。 また同時に東北、中部エリア(三重県の一部及び福井県を除く)ではSuicaも同時に導入された。 なお、九州地区は2008年のイオングループWAON全国展開時にミニストップへ導入された。 端末はSuicaのものを供用し、新規導入される店舗ではWAONのみの対応となる。 また導入当初はオートチャージには対応していなかったので、残高不足の時は現金でチャージするか、不足分を別途現金で精算する必要があった。 2008年より 関西地区のエリアの店舗においてが導入された。 それに伴いSuicaも使用可能になった。 チャージも対応。 ただしは利用できない。 2008年8月より 順次Edyが導入され、全店舗で利用できるようになった。 Edyが全店で利用できるコンビニは、、、、に次いで6社目となる。 2010年7月1日より 九州地区の店舗で導入。 2010年11月5日より WAONのオートチャージ取り扱いを開始した。 2011年1月28日より 全店舗で、iD導入。 2011年2月25日より 全店舗で、導入。 2016年3月1日より 北陸・四国地区の店舗でICOCAを導入。 なお、2010年3月にSuicaがSUGOCA、、、と相互利用されるようになり、結果Suica対応の地域では上記ICカードが利用可能となった。 よって、JR東海のエリアにおいてもJR東海のTOICAが相互利用により利用可能になった。 加えて2011年3月5日より、ICOCA・TOICA・SUGOCAの3つの電子マネー間でも、相互利用が可能となった。 さらに、2013年3月23日からは新たに相互利用によっても利用可能になった。 クレジットカード決済 支払いに対応しているは、、、、、、、ディスカバー 、、および UnionPay である。 支払い方法は1回払いのみとなっている。 サインが必要な海外発行のクレジット(デビット)カード、および「特定銀聯クレジットカード 」に該当しない銀聯カードの取り扱いも可能。 ポイントカード決済 ポイントカードへの対応はグループとして電子マネーWAONに軸足を置いていたため同業他社に比べ大幅に遅れた。 2016年になり漸くグループとして「smart WAON」を導入したが、6月のサービススタート当初導入は一部店舗にとどまり、全店でサービスを開始したのは半年後の12月27日であった。 なおこれ以降、電子マネーWAONのポイント交換はレジではなく、店内のイオン銀行ATMを利用するよう求められている。 店舗 店舗のある都道府県 2019年2月現在、以下の27都府県に2,197店舗がある。 一方店舗がない地域は、、、、福井県を除く、、、、(、、)、である。 ()内は店舗数• :(29)、(県北部および、)(12)、(118)、(93)• :(111)、(32)、(53)、(154)、(197)、(284)、(140)• :(148)、(213)、(92)、(95)、(地方のみ)(7)• :(5)、(39)、(91)、(48)、(13)• :(21)、(34)、(地方のみ)(9)• :(138)、(17)、(に3店舗と下り線の1店舗)(4)• 現在の日本最北端店舗:むつ大畑店(青森県)• 現在の日本最東端店舗:久慈田屋町店 (岩手県)• 現在の日本最西端店舗:武雄下西山店(佐賀県)• 同年4月1日付で四国エムエスネットワーク株式会社に商号変更、同年8月2日付でミニストップに吸収合併。 合併時点の本店は〒760-0072 香川県高松市花園町1丁目7番6号、代表者は当時のミニストップ社長・横尾博が兼任。 四国地方への出店 は当初、(JR四国)との合弁会社「 ジェイアール四国エムエスネットワーク株式会社」(設立。 さらに同年付で同社はミニストップ本社に吸収合併された。 現在は合弁会社が経営していた香川県内の不採算店舗を閉鎖する一方で、四国他県への出店を進めており、2005年には徳島県へ出店した。 にはを中心に店舗展開している株式会社中四国と、四国地区において業務提携した。 ミニストップは高知県と愛媛県の中予以西に出店しておらず、逆にスリーエフは香川県に出店していない(徳島県もほとんどない)ため、商圏がかぶらないことから提携が実現した。 なお、スリーエフは限りで四国から撤退したため、この提携も解消となった。 特徴ある店舗 ISM(イズム)草津PA下り店。 通常のミニストップの看板も設置されている• 秀和綜合病院店() - の敷地内。 さいたま新都心合同庁舎店(埼玉県) - さいたま新都心合同庁舎1号館内の1階。 イオンタワー店(千葉県千葉市美浜区) - の本社ビルに実験店も兼ねて店舗がある。 ATMを設置。 成田赤十字病院店(千葉県) - 内。 高砂3丁目店() - と隣接し、ミニストップの店舗とひがしんのATMコーナーが直接繋がっている。 プラザ24神田錦町1丁目店(東京都) - 同社の本店所在地に立地。 イーネットATMと並行してATMを併設。 NTT関東病院店(東京都) - (旧関東逓信病院)内の2階。 管理のイーネットATMを設置。 町田市役所店(東京都) - 内の1階。 名古屋第二赤十字病院店() - (通称:八事日赤病院)内の1階。 管理のイーネットATMを設置。 三重大学店() - 内。 ATMを併設。 環境配慮型店舗で、太陽光発電システムや省エネ照明設備を導入しており、レジ袋を配布していない。 京都第二赤十字病院店() - 内。 大阪府立精神医療センター店() - (旧大阪府立中宮病院)内の1階。 芦屋航空自衛隊店() - 航空自衛隊の内にある店舗(航空祭開催日は一般来場者も利用可)。 目達原駐屯地店() - 陸上自衛隊内にある店舗。 高速道路 ISM直方PA上り店 草津PA下り店同様通常のミニストップの看板も設置されている ・上の店舗では防止のため酒類が販売されていない。 店内に軽食店が入居している店舗もある。 鏡石PA店() - 下り線内。 鏡石PA上り店(福島県岩瀬郡鏡石町) - 東北自動車道鏡石パーキングエリア上り線内。 波志江PA下り店() - 下り線内。 Pasar幕張下り店() - 下り線内。 2008年3月1日開店。 日本平PA下り店() - 下り線内。 屏風山PA上り店() - 上り線内。 2008年開店。 関SA上り店() - 上り線内。 亀山PA下り店() - 下り線内。 ISM草津PA上り店() - 上り線内。 同年ににリブランドされた。 ISM草津PA下り店(滋賀県) - 名神高速道路草津パーキングエリア下り線内。 2006年11月18日開店。 2018年3月31日閉店。 同年4月27日にセブン-イレブンにリブランドされた。 ISM東大阪PA下り店() - 下り線内。 2006年開店。 2018年3月31日閉店。 同年4月27日にセブン-イレブンにリブランドされた。 ISM垂水PA下り店() - 下り線内。 2007年開店。 2018年3月31日閉店。 同年4月27日にセブン-イレブンにリブランドされた。 ISM直方PA上り店() - 上り線内。 2007年開店。 ISM鞍手PA下り店(福岡県) - 九州自動車道下り線内。 2007年7月31日開店。 ISM入野PA下り店() - 下り線内。 2008年7月29日開店。 ISM入野PA上り店(愛媛県四国中央市) - 松山自動車道入野パーキングエリア上り線内。 2008年7月29日開店。 ISM玖珠SA下り店() - 下り線内。 2008年開店。 ISM淡河PA下り店() - 下り線内。 2008年開店。 ガソリンスタンド• ミニショップ• 関西圏の一部では、飲食コーナーを持たない軽量店舗は ミニショップ(MINI SHOP)として営業していた。 ミニストップと同じ店舗デザインで店名もロゴも似ていることから別会社によるミニストップの「 類似品」だと誤解されることもあったが、正式なミニストップのバリエーションだった。 現在はミニストップに統一され、この名称で営業している店舗はない。 また、東北から転換された店舗が「ミニショップ」に切り替えられている。 ドラッグストア 摂津市駅前店() ドラッグストアとの複合店。 グリーンシア・ミニストップサテライト - ハピコムの一員であるが運営するドラッグストア(薬局)との複合店。 関東地区で展開している。 イオン銀行ATM設置。 レジはウエルシア薬局のものを採用しているため、電子マネーによる決済は不可。 ミニストップから供給を受けている弁当・雑誌類など一部商品を除き、の付与が可能。 ファーストフード商品の取り扱いはない。 練馬豊玉薬局店(東京都練馬区)、万願寺店(東京都日野市)• タキヤ・ミニストップサテライト - ハピコムの一員である(現・ウエルシア薬局)が運営するとの複合店。 関西地区で展開しており、営業時間は16時間であった。 イオン銀行ATM設置。 ファーストフード商品の取り扱いはない。 後述する「れこっず」への屋号変更により、現在は展開されていない。 - ハピコムの一員である・タキヤ(現在は2社ともにウエルシア薬局へ統合)とミニストップが共同出資した株式会社れこっずにより運営されているとの複合店。 イオン銀行ATM設置。 2014年9月1日付で株式会社れこっずはミニストップへ吸収合併されたが、関東地区の一部店舗はミニストップの運営に移行の上、現在も営業が続けられている。 関西地区でも展開されていたが、閉店またはドラッグストアへ業態転換された。 イオンモール 展開エリア内に位置する一部のでは、従業員の福利厚生を目的として企業内店舗としてミニストップが出店しているケースがある。 モール内の従業員と関係者しか利用できない区画にあるため、公式サイトの店舗検索からも外されている。 ただし、店やのように一般客も利用できる店舗もある。 また、イオンモールの店舗によっては、従業員・関係者専用区画内に他社のコンビニが出店することもあるが、 ミニストップ自体がイオングループということもあり、ミニストップが展開されていない地域に主に出店されている。 ソフトバンク Wi-fi スポット 2010年07月01日、ミニストップ株式会社は、ソフトバンクモバイル株式会社と提携、公衆無線LANサービス「ソフトバンク Wi-Fi (ワイファイ)スポット」を導入、順次全国へ拡大する、と発表した。 海外店舗 2019年5月現在、、、、の4ヶ国に進出しており、そのうち過半数は韓国の店舗であり、日本の店舗数より多い (ファミリーマートが韓国から撤退して以降は、唯一の日系コンビニである)。 かつてはカザフスタンにも進出していたが、現地の合弁相手がコンビニから撤退する意向を固めたため、2014年6月に撤退を発表している。 しかし、ミニストップとしての営業を続けたいイオン側と、自社にブランド転換したいロッテ、新世界側との溝が埋まらず、イオンは売却を断念した。 2016年6月17日にインドネシアのミニストップFC契約終了をした。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年3月) 2006年に6代目のユニフォームに変更した。 特徴は次の通りである。 襟をとした。 帽子をベースボールキャップ()型とした。 2012年6月から、順次7代目のユニフォームに変更されている。 特徴は次の通りである。 通気性を高めて、従来より軽量化されている。 カラーはコーポレートカラーを配色。 ハロハロ• バニラ• ベルギーチョコ・ベルギーチョコミックス• 毎年秋季限定 販売中の商品• パフェ 販売中の商品 夏季限定メニュー• ハロハロヒストリー その他 ソフトクリーム商品の開発には、ソフトクリームのガリバー総合メーカーである、株式会社日世(本社:大阪府茨木市)が、発売当初より深く参画しており、メニュー開発・ソフトクリーム製造フリーザー・オリジナル原料ミックス・盛付コーンまでトータル的にプロデュースをおこなっており、同社の主力ユーザーとなっている。 過去のメニュー• ハンバーガー系(1990年代)• スタミナからあげバーガー• 海老カツバーガー• パストラミバーガー• テリヤキバーガー• テリヤキチキンバーガー• XO醤バーガー• 黒豚とんかつバーガー• チキントマトバーガー• DXレタスバーガー• お好みくうべぇ(お好み焼き風の)• 大阪風大きなタコ入り 大阪風• 関西風イカ入りそば玉• 韓国風チヂミ• かりかりまん(冬季、中華まんのと共同開発)• かりかりドーナツ• サンド系• パストラミサンド(創設当初)• ピタサンド• イタリアンサンド• もっちりパニーニ• 4種のチーズピザ(〜2009年2月)• 紅ずわい蟹クリーム(〜2009年2月)• G-DOG• 焼き鳥 コールドデザートの歴史• ソフトクリーム過去販売のフレーバー一覧• パフェ• いちごミルフィーユパフェ(〜2009年5月)• イタリア栗モンブランパフェ(〜2009年3月)• 白玉クリームあんみつパフェ(〜2009年2月)• フロフロ• エスプレッソ(〜2009年5月)• 516• 『これ、誰がデザインしたの?』美術出版社。 2009年6月23日閲覧。 2015年11月1日までは一丁目1番地に本店が所在していた。 ミニストップ株式会社 2007年5月9日. 2019年6月8日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン株式会社・株式会社ローソン, 2012年6月8日 , 2012年6月8日閲覧。 (日本経済新聞 2012年9月21日)• (流通ニュース 2012年9月21日)• マイナビ. 2010年11月26日. 2014年12月30日閲覧。 - ニュースリリース(ミニストップ、JR東日本)2007年7月9日• - ニュースリリース(、イオン)2010年3月29日• - ニュースリリース 2009年12月21日 - JR東日本・JR東海・JR西日本 ニュースリリース 2009年12月21日• 2018年1月7日閲覧。 全店拡大前の「smart WAON」サイトにおける店舗検索では、利用可能なミニストップは100店舗にも満たなかった。 具体的にはイオン本社内や一部の高速道路SA・PA設置店などだった。 ミニストップニュースリリース2004年3月23日(Internet Archive)• ミニストップニュースリリース2004年6月12日(Internet Archive)。 このリリース文では8月1日付で合併するとあるが、同日は日曜日のため、登記簿上は8月2日に合併となっている。 - スリーエフ・ミニストップ共同ニュースリリース 2010年9月1日• - 日本経済新聞・2014年6月23日• - 毎日経済新聞・2018年10月12日• - ニューズウィーク・2019年3月29日• (2013年7月25日 J-CASTニュース 同8月19日閲覧)• (2013年7月25日 Sponichi Annex 同8月19日閲覧) 関連項目• () - CM出演歴は無いが、下積み時代にのミニストップで長年勤務し、店長にまでなったという経緯があり度々本人の話に登場する。 ミニストップの会報誌に登場した事もある。 - 第1話の舞台として登場。 制作に協力していることと関連してオリジナルグッズも出している。 - 高校生時代に岐阜県岐阜市の地元にある岐阜藍川橋店 2016年11月閉店 でアルバイトをしていた。 LINEブログでもバイトをしていたことを掲載している。 () - 熊田同様高校生時代、地元名古屋市内の店舗でアルバイトをしていた。 これは参加曲『』リリースに際し、ミニストップの期間限定商品「マンゴーパフェ」とタイアップを行うにあたりらと出演した店内放送で明らかにし、商品PRも担当した。

次の