かみ むら ひな の 大喜 利。 認印 準既製品リスト2

日本の神の一覧

かみ むら ひな の 大喜 利

大原の古びた里に降るのは後だろう。 (さすがにわたしのいる所はたいしたものだろう。 ) 私の住む岡の水の神に言いつけて降らせた雪のかけらが、そちらに降ったのでしょう。 (だのに先に降ったなどおっしゃって得意になっていらして。 まあおかしい。 ) 飛鳥坐神社の右横の緩やかなカーブを上って行くと、小原の里があります。 今は小原と書いて「おおはら」と読みます。 ここには藤原鎌足の誕生の地と伝える大原神社があり、近くに鎌足の生母大伴夫人墓があります。 2000年、この大原の里のすぐ近く、まさしく「わが岡の…」の距離にある明日香村岡の山麓から小判形の石槽状の石造物と亀形の石造物が出土しました。 謎の石造物 「 酒船石 」 の北側の麓で、飛鳥京(飛鳥板葺宮伝承地)の東方の丘陵にあたります。 この「於可美」の美は甲類ミの発音です。 神(カミ)の万葉仮名は カミ 例数 可未 14 加未 3 可味 2 可尾 2 で、神(カミ)の「ミ」は乙類の発音。 よって違例となる。 ただし、「美」は甲類の発音で違例ではないとすれば、「於可美」の「可美」は神の意ではなく別物となる。 『日本書紀』神代上 第五段一書第七 一書曰。 伊弉諾尊。 抜剣斬軻遇突智、為三段。 其一段是為雷神。 一段是為大山祇神。 斬軻遇突智時。 其血激越、染於天八十河中所在五百箇磐石。 而因化成神。 号曰磐裂神。 次根裂神。 児磐筒男神。 次磐筒女神。 児経津主神。 倉稲魂。 此云和多都美。 此云摩苦羅陛。 此云阿度陛。 音而善反。 此云於箇美。 音力丁反。 読み下し文 一書(あるふみ)に曰はく、伊弉諾尊(いざなきのみこと)、剣(つるぎ)を抜(ぬ)きて軻遇突智(かぐつち)を斬(き)りて、三段(みきだ)に為(な)す。 其(そ)の一段(ひときだ)は是(これ)雷神(いかづちのかみ)と為(な)る。 一段は是大山祇神(おほやまつみのかみ)と為(な)る。 又(また)曰(い)はく、軻遇突智を斬る時に、其(そ)の血激越(そそ)きて、天八十河中(あまのやそのかはら)に所在(あ)る五百箇磐石(いほついはむら)を染(そ)む。 因(よ)りて化成(な)る神を、号(なづ)けて磐裂神(いはさくのかみ)と曰(まう)す。 次(つぎ)に根裂神(ねさくのかみ)、児磐筒男神(こいはつつのをのかみ)。 次に磐筒女神(いはつつのめのかみ)、児経津主神(ふつぬしのかみ)。 倉稲魂。 少童、此をば和多都美(わたつみ)と云ふ。 頭辺、此をば摩苦羅陛(まくらへ)と云ふ。 脚辺、此をば阿度陛(あとへ)と云ふ。 音(こゑ)は而善反(のかへし)。 音力丁反(のかへし)。 『古事記』、大国主の神の子孫の段に ・・・此神娶淤加美(おかみ)神之女。 比那良志毘賣(ひならしびめ)【此神名以音】生子。 ・・・ とあった。 どうも「淤加美」は神名であって「淤加美の神」というらしい。

次の

元寇

かみ むら ひな の 大喜 利

大原の古びた里に降るのは後だろう。 (さすがにわたしのいる所はたいしたものだろう。 ) 私の住む岡の水の神に言いつけて降らせた雪のかけらが、そちらに降ったのでしょう。 (だのに先に降ったなどおっしゃって得意になっていらして。 まあおかしい。 ) 飛鳥坐神社の右横の緩やかなカーブを上って行くと、小原の里があります。 今は小原と書いて「おおはら」と読みます。 ここには藤原鎌足の誕生の地と伝える大原神社があり、近くに鎌足の生母大伴夫人墓があります。 2000年、この大原の里のすぐ近く、まさしく「わが岡の…」の距離にある明日香村岡の山麓から小判形の石槽状の石造物と亀形の石造物が出土しました。 謎の石造物 「 酒船石 」 の北側の麓で、飛鳥京(飛鳥板葺宮伝承地)の東方の丘陵にあたります。 この「於可美」の美は甲類ミの発音です。 神(カミ)の万葉仮名は カミ 例数 可未 14 加未 3 可味 2 可尾 2 で、神(カミ)の「ミ」は乙類の発音。 よって違例となる。 ただし、「美」は甲類の発音で違例ではないとすれば、「於可美」の「可美」は神の意ではなく別物となる。 『日本書紀』神代上 第五段一書第七 一書曰。 伊弉諾尊。 抜剣斬軻遇突智、為三段。 其一段是為雷神。 一段是為大山祇神。 斬軻遇突智時。 其血激越、染於天八十河中所在五百箇磐石。 而因化成神。 号曰磐裂神。 次根裂神。 児磐筒男神。 次磐筒女神。 児経津主神。 倉稲魂。 此云和多都美。 此云摩苦羅陛。 此云阿度陛。 音而善反。 此云於箇美。 音力丁反。 読み下し文 一書(あるふみ)に曰はく、伊弉諾尊(いざなきのみこと)、剣(つるぎ)を抜(ぬ)きて軻遇突智(かぐつち)を斬(き)りて、三段(みきだ)に為(な)す。 其(そ)の一段(ひときだ)は是(これ)雷神(いかづちのかみ)と為(な)る。 一段は是大山祇神(おほやまつみのかみ)と為(な)る。 又(また)曰(い)はく、軻遇突智を斬る時に、其(そ)の血激越(そそ)きて、天八十河中(あまのやそのかはら)に所在(あ)る五百箇磐石(いほついはむら)を染(そ)む。 因(よ)りて化成(な)る神を、号(なづ)けて磐裂神(いはさくのかみ)と曰(まう)す。 次(つぎ)に根裂神(ねさくのかみ)、児磐筒男神(こいはつつのをのかみ)。 次に磐筒女神(いはつつのめのかみ)、児経津主神(ふつぬしのかみ)。 倉稲魂。 少童、此をば和多都美(わたつみ)と云ふ。 頭辺、此をば摩苦羅陛(まくらへ)と云ふ。 脚辺、此をば阿度陛(あとへ)と云ふ。 音(こゑ)は而善反(のかへし)。 音力丁反(のかへし)。 『古事記』、大国主の神の子孫の段に ・・・此神娶淤加美(おかみ)神之女。 比那良志毘賣(ひならしびめ)【此神名以音】生子。 ・・・ とあった。 どうも「淤加美」は神名であって「淤加美の神」というらしい。

次の

動物部/獸三

かみ むら ひな の 大喜 利

大宜都比売神 おおげつひめのかみ 別名 大気津比売神: おおげつひめのかみ 大気都姫神: おおげつひめのかみ ……• 宜は御膳のケで、「け」は「うけ」ともいい、食物の総称。 食物を司る神で、大宜津・大気津・大気都とも書く。 『古事記』によると、が高天原から追放された時、須佐之男神が 大宜都比売神に食物を求めたところ、 大宜都比売神は鼻・口・尻から種々の食物を出したので、須佐之男神は穢いものと怒り大宜都比売神を殺してしまった。 するとこの大宜都比売神の死体の頭から蚕、両眼から稲、耳から粟、鼻から小豆、陰部から麦、尻から大豆が生えた。 そこでがこれを取って種子とした。 『日本書紀』では、上記の五穀起源の神話は、ととして書かれている。 神の死体から穀物が化生する神話は諸外国共通のモチーフ。 また『古事記』によると、との国生みにおいて生まれた 伊豫之二名島(四国)は「面(おも)四つ有り」とあり、 伊豫国(愛媛県)をといい、讃岐国(香川県)をといい、粟国(阿波国、徳島県)を 大宜都比売といい、土佐国(高知県)をというとある。 また『古事記』によると、と大気都比売神が婚姻して以下の八人の御子神が生まれた。 、、、、、、、。 …あおかしきねのみこと• …あおはたさくさひこのみこと• …あおはたさくさひこのみこと• …あおはたさくさひこのみこと• …あかつつのみこと• …あかつのみこと• …あかぶすまいおおすみひこさわけのみこと• …あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと• …あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと• …あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと• …あかるひめのかみ• …あかるひめのみこと• …あきはやたまのみこと• …あきはやたまをのみこと• …あきひめのかみ• …あきびめのかみ• …あけたつあめのみかげのみこと• …あけたつのみこ• …あさりのみこと• …あじしきたかひこねのかみ• …あじしきたかひこねのかみ• …あじしきたかひこねのかみ• …あじしきたかひこのかみ• …あじすきたかひこねのかみ• …あじすきたかひこねのかみ• …あじすきたかひこねのかみ• …あじすきたかひこねのみこと• …あじすきたかひこねのみこと• …あじすきたかひこのみこと• …あじすきのかみ• …あしなづちのかみ• …あしなづちのかみ• …あしなづちのみこと• …あしなづちのみこと• …あしなづちのみこと• …あしわらしこをのかみ• …あすはのかみ• …あずみのいそら• …あずみのいそら• …あそつひこ• …あそつひこのみこと• …あそつひめのみこと• …あそのかみ• …あたかたすみのみこと• …あたかたすみのみこと• …あたつくしねのみこと• …あたらひこみょうじん• …あたらひめみょうじん• …あとべのいそら• …あひらつひめのみこと• …あひらひめのみこと• …あべのせいめい• …あまつきひさかみたかひこのみこと• …あまつくめのみこと• …あまつひこくにてるひこほのににぎのみこと• …あまつひこねのみこと• …あまつひこねのみこと• …あまつひこねほのににぎのみこと• …あまつひこひこなぎさたけうかやふきあえずのみこと• …あまつひこひこほのににぎのみこと• …あまつひこひこほのににぎのみこと• …あまつひこひこほほでみのみこと• …あまつひこほのににぎのみこと• …あまつまうら• …あまつまうら• …あまつまら• …あまつまら• …あまつみかほし• …あまてらしますおおかみ• …あまてらしますすめおおかみ• …あまてらすおおかみ• …あまてらすおおひるめのかみ• …あまてらすおおひるめのみこと• …あまてらすおおみかみ• …あまてらすたかひめのかみ• …あまてらすたかひめのかみ• …あまてらすひるめのみこと• …あまてらすひるめのむち• …あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと• …あまてるたまのみこと• …あまのあかるたまのみこと• …あまのいわくすふね• …あまのえおりめのみこと• …あまのおしほねのみこと• …あまのおしほみみのみこと• …あまのおしほみみのみこと• …あまのかがせを• …あまのきせのみこと• …あまのきほほおきせのみこと• …あまのくしひとつのみこと• …あまのはずちのみこと• …あまのひとつねのみこと• …あまのほあかりのみこと• …あまのほひのみこと• …あまのみかげのみこと• …あまのみかげのみこと• …あまのみかげのみこと• …あまのみかつひめのみこと• …あまのみなかぬしのかみ• …あまのみなかぬしのかみ• …あまのむらくものみこと• …あまのむらくものみこと• …あまのやちぢひめのみこと• …あまのゆかわたなのみこと• …あまのゆかわたなのみこと• …あまのゆかわたのかみ• …あめくしつおおくめ• …あめくににぎしひこほのににぎのみこと• …あめしるかるみづひめのかみ• …あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと• …あめにぎしくににぎしあまつひこほのににぎのみこと• …あめにぎしくににぎしひこほのににぎのみこと• …あめのいきしにほのみこと• …あめのいくたまのみこと• …あめのいさふたまのみこと• …あめのいさふるたまのみこと• …あめのいわとわけのかみ• …あめのうづめのみこと• …あめのうづめのみこと• …あめのうづめのみこと• …あめのうづめのみこと• …あめのうわはるのみこと• …あめのおしくまねのみこと• …あめのおしくもねのかみ• …あめのおしくもねのみこと• …あめのおしくものみこと• …あめのおしひのみこと• …あめのおしひのみこと• …あめのおはばりのみこと• …あめのおもいかねのかみ• …あめのおもいかねのかみ• …あめのかがせをのみこと• …あめのかぐやまのみこと• …あめのかごやまのみこと• …あめのかごやまのみこと• …あめのかべたちのかみ• …あめのかみたまのみこと• …あめのかむだちのみこと• …あめのかんたまのみこと• …あめのくしあかるたまのみこと• …あめのくしたまのみこと• …あめのくぬのみこと• …あめのくらとのかみ• …あめのことしろぬしのかみ• …あめのことゆひこのみこと• …あめのこやねのみこと• …あめのこやねのみこと• …あめのこやのみこと• …あめのさぎりのかみ• …あめのさぎりのかみ• …あめのさづちのかみ• …あめのさづちのかみ• …あめのさでよりひめ• …あめのしたつくらししおおかみ• …あめのしたつくらししおおなもちのみこと• …あめのしたはるのみこと• …あめのしらはのかみ• …あめのしらはのかみ• …あめのすくなひこねのみこと• …あめのせおのみこと• …あめのせおのみこと• …あめのせおのみこと• …あめのそこたちのかみ• …あめのたかみむすびのみこと• …あめのたぢからをのかみ• …あめのたぢからをのかみ• …あめのたなばたひめのかみ• …あめのたまくしひこのみこと• …あめのちちはやひのみこと• …あめのつきがみのみこと• …あめのつぬごりたまのかみ• …あめのつぬごりのみこと• …あめのとこたちのかみ• …あめのとこたちのかみ• …あめのとこたちのみこと• …あめのとまみのみこと• …あめのとまみのみこと• …あめのとまみのみこと• …あめのとみのみこと• …あめのとよたまのみこと• …あめのとりふねのかみ• …あめのながしらはのみこと• …あめのぬかどのみこと• …あめのぬかどのみこと• …あめのはあかるたまのみこと• …あめのはずちおのかみ• …あめのはやたまのかみ• …あめのはやたまひめのみこと• …あめのひとつはしらのかみ• …あめのひなとりのみこと• …あめのひぼこ• …あめのひぼこ• …あめのひぼこ• …あめのひぼこ• …あめのひみたまのみこと• …あめのひわしかけるやのみこと• …あめのひわしかけるやのみこと• …あめのひわしのみこと• …あめのひわしのみこと• …あめのふきねのみこと• …あめのふたのぼりのみこと• …あめのふゆきぬのかみ• …あめのほひのかみ• …あめのほひのみこと• …あめのほひのみこと• …あめのほひのみこと• …あめのまひとつのかみ• …あめのまひとつのみこと• …あめのみかげのみこと• …あめのみかつひめのみこと• …あめのみかつひめのみこと• …あめのみかつひめのみこと• …あめのみくだりのみこと• …あめのみくまりのかみ• …あめのみちねのみこと• …あめのみはしらくにのみはしらのみこと• …あめのみはしらのみこと• …あめのみやつこひめのみこと• …あめのやえことしろぬしのかみ• …あめのやさかひこのみこと• …あめのゆつひこのみこと• …あめのよてのみこと• …あめのわけとよひめのかみ• …あめのわしのみこと• …あめひがたくしひがたのみこと• …あめひとつばしら• …あめよろずたくはたちちひめ• …あめよろずたくはたちはたひめのみこと• …あめわかひこ• …あめわかひこ• …あめわかひこ• …あやかしきねのみこと• …あやかしきのみこと• …あやかしこねのかみ• …あやかしこねのみこと• …あゆかしきのかみ• …あらたのいらつめ• …あらたのみこ• …あわしま• …あわしま• …あわなぎのみこと• …あんかんてんのう• …あんちら• …あんとくてんのう• …あんねいてんのう• …いいよりひこ• …いかがしこめのみこと• …いかがしこめのみこと• …いかがしこをのみこと• …いかがしこをのみこと• …いかこやひめのみこと• …いかこやひめのみこと• …いかたらしひこのみこ• …いかたらしひこのみこと• …いかたらしひこわけのみこと• …いかつおみのみこと• …いかつちおおおみのみこと• …いがつひこのかみ• …いくぐいのかみ• …いくくいのみこと• …いくたまのみこと• …いくたまよりひめ• …いくたまよりひめ• …いくたまよりひめ• …いくつひこねのみこと• …いくつひこねのみこと• …いくまのかみ• …いくむすびのかみ• …いくむすびのみこと• …いくめいりびこいさちのすめらみこと• …いくめいりひこいさちのみこと• …いくめいりひこいさちのみこと• …いけおのかみ• …いざなぎ• …いざなぎ• …いざなぎのかみ• …いざなぎのかみ• …いざなぎのまなこのかむろぎのくまのおおかみくしみけぬのみこと• …いざなぎのみこと• …いざなぎのみこと• …いざなぎのみこと• …いざなみのかみ• …いざなみのかみ• …いざなみのみこと• …いざなみのみこと• …いざなみのみこと• …いしこりとべ• …いしこりどめのみこと• …いしこりどめのみこと• …いすけよりひめのみこと• …いすずよりひめのみこと• …いずはやおのみこと• …いずはやおのみこと• …いずもかさやのみこと• …いずもたけこのみこと• …いせつひこのかみ• …いせつひこのみこと• …いせつひめのみこと• …いそのたける• …いたきそのかみ• …いたけるのみこと• …いたてのかみ• …いたらしひこのみこと• …いちきしまひめのみこと• …いちきしまひめのみこと• …いちきしまひめのみこと• …いつこりのみこと• …いつせのみこと• …いつのおばしりのかみ• …いつのおはばりのかみ• …いづのめのかみ• …いとおりひめ• …いとくてんのう• …いなくらたまのみこと• …いなせはぎのみこと• …いなだひめ• …いなばのやかみひめ• …いなはやわけ• …いなりのかみ• …いにしきいりひこのみこと• …いにしきいりひこのみこと• …いのえこうごう• …いのえのひめみこ• …いひかたすみのみこと• …いぶきどぬし• …いほついわむら• …いわいぬしのかみ• …いわいぬしのかみ• …いわさかひこのみこと• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのかみ• …いわさくのみこと• …いわつくわけ• …いわつくわけのみこ• …いわつくわけのみこと• …いわつくわけのみこと• …いわつちびこのかみ• …いわつつのおのかみ• …いわつつのおのみこと• …いわつつのみこと• …いわつつのめのみこと• …いわながひめのみこと• …いわながひめのみこと• …いわのおおかみ• …いわれひこのみこと• …いわれひこほほでみのみこと• …いんだら• …いんべのかみ• …ういじにのみこと• …ういじにのみこと• …ういじねのみこと• …うかのみたま• …うかのみたまのかみ• …うかのみたまのかみ• …うかのみたまのみこと• …うかぶののとよかうのみこと• …うがやふきあえずのみこと• …うけもちのかみ• …うけもちのみこと• …うけもちのみこと• …うけもちのみこと• …うさつひこ• …うさつひこ• …うさつひめ• …うさつひめ• …うしきありしちかんき• …うじのすめらみこと• …うじのみこ• …うじのわきいらつこ• …うじのわきいらつこ• …うじのわきいらつこのみこ• …うじのわきいらつこのみこと• …うずひこ• …うちあがたのかみ• …うつしくにたまのかみ• …うつしくにたまのかみ• …うつしひかなさくのみこと• …うつしひかなさくのみこと• …うつしひかねおりのみこと• …うづひこ• …うづひこ• …うづひこ• …うなかみのすくね• …うなかみのみこ• …うなかみのみこと• …うなたりのかみ• …うひぢにのかみ• …うひぢにのかみ• …うましあしかびひこじのみこと• …うましあしかびひこぢのかみ• …うましまじのみこと• …うましまでのみこと• …うましまみのみこと• …うみさちひこ• …うむがいひめ• …うむかいひめ• …うむかひめ• …うやつべのみこと• …うらこりわけ• …うわつつのをのみこと• …うわつつのをのみこと• …うわつわたつみ• …うわつわたつみのかみ• …おうじんてんのう• …おうすのみこと• …おおあがたのかみ• …おおあやつひのかみ• …おおいかづちのかみ• …おおいちひめのみこと• …おおえのいざほわけのすめらみこと• …おおえのいざほわけのみこと• …おおかがやまとおみのかみ• …おおかむずみのみこと• …おおかむずみのみこと• …おおかむずみのみこと• …おおきびつひこのみこと• …おおくにたまのかみ• …おおくにたまのかみ• …おおくにぬしのかみ• …おおくぬぎのかみ• …おおくめぬし• …おおくめのみこと• …おおくめのみこと• …おおくらひめのみこと• …おおげつひめのかみ• …おおげつひめのかみ• …おおげつひめのかみ• …おおことおしおのかみ• …おおさざきのみこと• …おおさざきのみこと• …おおすえつちのみこと• …おおそびのみくまのうし• …おおたのみこと• …おおたのみこと• …おおたらしひこおしろわけのみこと• …おおたらしひこおしろわけのみこと• …おおたらしひめ• …おおつちのかみ• …おおとしのかみ• …おおとしのかみ• …おおとじのみこと• …おおとしみおやのみこと• …おおどのすめらみこと• …おおとのぢのかみ• …おおとのべのかみ• …おおとのべのかみ• …おおとのべのみこと• …おおとまとひこのかみ• …おおとまとひめのかみ• …おおとまひこのみこと• …おおとまひめのみこと• …おおとまべのみこと• …おおとむじのみこと• …おおとむべのみこと• …おおともわけのみこと• …おおなおびのかみ• …おおなおびのかみ• …おおなむちのかみ• …おおなむちのかみ• …おおなむちのみこと• …おおなむちのみこと• …おおはたぬしのみこと• …おおはつせわかたけのすめらみこと• …おおはつせわかたけのみこと• …おおひこのみこと• …おおひこのみこと• …おおひこのみこと• …おおひるめのみこと• …おおひるめのみこと• …おおひるめのむち• …おおひるめのむち• …おおひわしのみこと• …おおへひめのかみ• …おおまがつひのかみ• …おおまがつひのかみ• …おおまたのみこ• …おおまとのちのかみ• …おおまとのつのおおかみ• …おおみけつおみのみこと• …おおみけつのみこと• …おおみけつひこのみこと• …おおみけつひめのみこと• …おおみやのめ• …おおみやのめのかみ• …おおみやのめのかみ• …おおみやひめのみこと• …おおものぬしのみこと• …おおやつひめのかみ• …おおやつひめのみこと• …おおやひこのかみ• …おおやひこのみこと• …おおやひめのかみ• …おおやまくいのかみ• …おおやまつみのかみ• …おおやまつみのかみ• …おおやまつみのかみ• …おおやまつみのかみ• …おおやまつみのみおやのみこと• …おおやまとたらしひこくにおしひとのみこと• …おおやまとととひももそひめのみこと• …おおやまとねこひこくにくるのみこと• …おおやまとねこひこふとにのすめらみこと• …おおやまとねこひこふとにのみこと• …おおやまとひこすきとものすめらみこと• …おおやまとひこすきとものみこと• …おおわかこのみこと• …おおわたつみのかみ• …おおわたつみのかみ• …おかみのかみ• …おかみのかみ• …おかみのかみ• …おきざかるのかみ• …おきつかいべらのかみ• …おきつしまひめのみこと• …おきつしまひめのみこと• …おきつなぎさびこのかみ• …おきつひこのかみ• …おきつひこのかみ• …おきつひめのみこと• …おきつひめのみこと• …おきながたらしひめ• …おきながたらしひめ• …おきはぎのみこと• …おくついわたてのかみ• …おくやまつみのかみ• …おさべしんのう• …おざほのみこ• …おざほのみこ• …おしほねのみこと• …おちわけのみこ• …おちわけのみこと• …おちわけのみこと• …おちわけのみこと• …おとしがみ• …おとひこ• …おどやまつみのかみ• …おとよのみこと• …おとよのみこと• …おほたたねこ• …おほたたねこ• …おほたたねこのみこと• …おほたたねこのみこと• …おほつののかみ• …おほどののみこと• …おまたのみこ• …おみずぬのかみ• …おみずぬのみこと• …おもいかねのかみ• …おもいかねのかみ• …おもだるのかみ• …おもだるのみこと.

次の