実本 電子書籍。 電子書籍って何?今さら聞けない電子書籍の疑問を徹底解説!

【2020年】おすすめの電子書籍サイト比較

実本 電子書籍

電子書籍とは、これまで紙で出版されていた本を データ化してタブレットなどの画面で読めるようにしたものを言います。 電子版・デジタルブック・Eブックなど呼び方は様々ですが、画面上で読める本=電子書籍と思って問題ないでしょう。 新しく発売される書籍は紙の本と電子版が両方発売されていることも多いです。 また昔に発売された本も電子版として新たに発売しているというケースも多いので、懐かしのあの本を電子版で読みたい!という要望にも応えてくれることがあります。 電子書籍のメリット・デメリット ここで電子書籍のメリットとデメリットについて整理してみましょう。 電子書籍のメリット 場所をとらない 電子書籍の一番のメリットともいえるのが何冊あっても 場所をとらないこと。 紙の書籍の場合、何十冊・何百冊と本が増えていくと収納場所に困ってしまいます。 電子書籍であれば端末1台に何冊分も書籍のデータを入れることが出来るので、置き場所に困ることはありません。 軽いので持ち運びが楽 紙の書籍は数冊だけでも結構な重さがあります。 文庫本サイズならともかく、サイズの大きな本は何冊も持ち歩くことは難しいですよね。 電子書籍なら持ち運ぶのは端末1台のみ。 何十冊もの本のデータを入れて持ち運ぶことが出来るので荷物も軽くなります。 手軽に購入出来る 詳しい購入の仕方については後ほど説明しますが、電子書籍はインターネット環境があれば いつでもどこでも購入可能です。 紙の書籍の場合は読みたい本があっても近所の本屋に置いていない場合は取り寄せたり、他の書店まで探しに行く手間がかかります。 家に居ながら読みたいと思ったときにすぐ手に入れることができるのは嬉しいポイントです。 文字の大きさやレイアウトが変えられる 紙の書籍の場合は当然ですが文字の大きさを変えることは出来ません。 しかし電子書籍であれば 拡大表示や文字サイズを変えることが可能です。 視力があまり良くない人や、小さい文字が読みにくい老眼の方でも快適に本を読むことができるようになります。 また、画面の明るさを変えることも出来るので暗い場所でも本が読みたい場合にも便利です。 紙の書籍より安価な場合がある 電子書籍は紙の費用などがかからないため、紙の書籍よりも数十円~数百円安く購入出来る場合も多いです。 また定期的にセールなども行われており、割安の値段や半額以下の値段で購入出来ることも! セールは期間限定で行われていることが多いので、情報を掲載しているサイトを定期的にチェックするのも楽しいですね。 電子書籍のデメリット 電子書籍で購入できるのは読む権利のみ 実は、電子書籍を購入した際に手に入るのは その本を読む権利だけになります。 電子書籍を販売しているストアから本を読むためのライセンスを購入したと思えば分かりやすいでしょうか。 もし購入していた電子書籍ストアがサービスを終了した場合、最悪購入した本が読めなくなってしまう可能性があります。 それを避けるためにも、購入は大手の電子書籍ストアを利用するようにしましょう。 貸し借りが出来ない 購入した電子書籍はダウンロードした端末上でしか読むことができません。 友人に本を貸してあげたい場合など、気軽に貸すことが出来ないのは少し寂しいかもしれませんね。 中古での売買が不可能 電子書籍には紙の本と違って 中古という概念がありません。 なので「この本は読み終わったから売ってしまおう」や「中古で安く本を手に入れたい」などの要望は叶わなくなります。 電子書籍の基本 電子書籍はどの端末で読める? 電子書籍はスマートフォンやタブレットなどの電子端末 電子書籍リーダー 、またはKindleなどの電子書籍専用端末で読むことが出来ます。 各電子書籍ストアから出ている専用アプリをインストールすることで、家にある端末で読むことが出来ます。 「電子書籍用に新たに購入しなくては!」ということはありませんのでご安心ください。 電子書籍リーダーについて 先程ちらっと言いましたが、中には 電子書籍専用リーダーというものも販売されています。 これは名前の通り電子書籍を読むことに特化した端末です。 メールやインターネットをしたり、音楽を聴くといったことはできず、 本を読むことくらいしかできません。 しかし、機能がシンプルな分使い方も覚えやすく安価に購入できるので人気があります。 また、他の端末に比べて大きさの割に軽量というのも持ち運びに便利なメリットです。 電子書籍リーダーには様々な種類がありますが、注意したいのは専用リーダーに対応した電子書籍しか読むことが出来ないという点。 後述しますが、電子書籍は様々なストアから販売されています。 AmazonのKindleストアで購入した電子書籍はKindle端末で、楽天koboで購入した電子書籍はKobo端末でというふうになっていますので、購入の際にはご注意ください。 電子書籍はどうやって購入する?.

次の

電子書籍と紙の本どっちが良い?!!メリット・デメリット徹底比較

実本 電子書籍

なぜ人気?最近よく耳にする「電子書籍」の魅力 今では当たり前に誰もが持っているスマートフォンやタブレット。 それらの普及により、さまざまなものが電子データ化されて、気軽に持ち歩けるようになりました。 その代表格が 「電子書籍」です。 20代~30代にとっては、すでに身近な存在になっている「電子書籍」ですが、それ以上の世代の人たちには、まだまだ本を電子機器で読むことに違和感を持っているのではないでしょうか。 それもそのはず。 日本で電子書籍が本格的に参入し、「電子書籍元年」と呼ばれたのは2010年の出来事なので、まだ数年しか経っていません。 しかも、この電子書籍ブームの火付け役となったのは、漫画を愛読する若者たち。 今でも電子書籍で読まれているジャンルは、小説を抜いて漫画が1位を独占しています。 オトナ世代の人たちにとって、まさに未知の領域になりつつある 「電子書籍」。 なぜここまで若い世代に支持されているのかというと、それはやはり 「いつでも・どこでも・手軽に読めるから」です。 電子書籍を敬遠している皆さん、「聞いたことはあるけど難しそう」「紙じゃないと読みにくそう」という先入観は捨て、これを機に電子書籍デビューをしてみませんか? 今回は今さら聞けないような電子書籍の基礎知識から、素朴な質問まで詳しく解説します!これを読めば、電子書籍を買いたくなってしまうかも?!では、さっそく最初の疑問を解消していきましょう。 そもそも電子書籍って何?どこで買うのかもわからない人へ 電子書籍とは、わかりやすく言うと単行本や漫画、文庫本などを電子データ化し、それを 電子機器のディスプレイ上で読めるようにした書籍のことです。 電子書籍の他にも「電子ブック」、「デジタルブック」、「Eブック」と呼ばれることもあります。 文字だけでなく、動画や音声が再生可能なものもあります。 紙の本を買うときに本屋に行くのと同じく、電子書籍を買いたいときは電子書店に行くのが一般的です。 ただ、ここで言う「行く」というのは、実際に足を運ぶわけではなくインターネット経由で電子書籍の販売をしているサイトにアクセスすることを指します。 また、スマホやタブレットで読むときには、アプリをダウンロードすれば簡単に買ったり読んだりできるので、手間も時間もかかりません。 電子書籍を販売するサイトは「電子書籍ストア」と呼ばれることが多く、その数もかなり複数あるので、自分に合ったストア探しをするのも楽しみのひとつです。 では、ここで代表的な電子書籍ストアをいくつかご紹介します。 丸善やジュンク堂といった大型書店と連携しているので、紙の書籍も取り置きすることが可能なハイブリット書店。 書店とサイトの共通ポイントがあり、ポイントプログラムも充実しています。 ブックツリーでは、本の専門家が関心や興味、読んでなりたい気分などから、おすすめの本を紹介してくれるので、思いがけない本との出会いがあるかもしれません。 一度購入したら、同じストアで続けて購入する方が使い勝手が良く、管理もしやすいです。 品揃えやクーポンの有無など、どのサイトが自分に合っているのか、比較して決めましょう。 また、購入したけれどサイトがなくなってしまった…となると、せっかく購入した電子書籍が読めなくなってしまう可能性も。 各社の経営状況も比較の対象にすると良いかもしれません。 専用端末はいる?電子書籍を閲覧する方法は 電子書籍を読むためには、 必ず電子端末機器が必要です。 端末が必要と聞くと急に「難しそう」と身構えてしまいますが、そんな心配はありません! 基本的にパソコンやスマートフォン・タブレットを持っていればそこから閲覧できるので、 いつも自分が使っている端末をそのまま使うことができます。 もし、自分が持っていなかったとしても、いまの時代は一家に一台スマホやタブレットを持っている家庭が多いので、無理に買わずに家族に声をかけてみましょう。 家族のものを借りれば、一緒に本を共有することもできますよ。 それ以外にも、電子書籍を読むための専用機 「電子書籍リーダー」というものもあります。 これは、その名の通り電子書籍での読書に特化した端末で、タブレットなどとは違いメール・音楽・ゲームなどができる 多様な機能を備えていません。 その代わり、 タブレットよりも安価で手に入れることができる上、通常のディスプレイよりも紙のような読み心地で読むことができます。 電子書籍リーダーにもそれぞれ種類がありますが、ここで注意しておきたいのは 専用リーダーに対応した電子データ(電子書籍)でないと、読むことができないことです。 電子書籍ストアの対応端末をしっかりとチェックしてから購入・ダウンロードしましょう。 <代表的な電子書籍リーダー> Amazon Kindle アマゾンが製造・販売している電子ブックリーダー。 E Ink(イーインク)技術が採用されたディスプレイを搭載、読み心地が紙の印刷物に近くなっています。 無料の辞書で調べものが出来たり紙の本以上に楽しめます。 安価なモデルだけでなく、「Amazon Kindle Paperwhite」、「Kindle Voyage」、「Kindle Oasis」などさまざまな機能が付いた高級ランクの電子書籍リーダーも発売しています。 楽天 kobo Touch 楽天が発売した日本向けの電子ブックリーダー。 薄くて軽いデザインで人気があります。 バッテリーの持ちも良く、バージョンアップを重ね、使いやすい端末に年々進化しているようです。 Micro SD対応なので、容量が足りなくなったら増やすことができ、読みたい書籍がいっぱいあっても安心。 プレミアムクラスとして防水機能などが備わった「Kobo H2o」も発売しています。 BookLive Lideo BookLive! 電子書籍専用の端末。 BookLive! を使う限りは通信料が無料なので、箱から出してすぐに使えます。 無料の会員登録を行えば、スマホやタブレットなどの別の端末で購入した本・所持ポイント・しおり・マーカーなどの情報も一つのIDで管理することが可能です。 重さは170gと軽く、手で長時間持っていても疲れにくくなっています。 専用端末とスマホやタブレットで違いはあるの? スマホやタブレットで見ることが出来るなら、なぜ専用端末があるの?と疑問に思う方もいると思いますが、それは 専用端末には専用端末のメリットがあるからです。 これならば電子書籍に抵抗がある人でも受け入れやすいかもしれませんね。 初心者の疑問を解消!電子書籍にありがちなQ&Aまとめ さぁ、だんだん電子書籍についてわかってきたかと思いますが、まだまだ謎は多いはず…。 電子書籍をいざ購入したのは良いけれど、その後もわからないことがいっぱい!そんな不安を解消するために、ここでは多くの人が疑問に思っていることをまとめて回答したいと思います。 電子書籍に興味のある人は、きっと読書好きで部屋にもたくさんの本を持っているのではないでしょうか。 電子書籍の最大のメリットは、大量の本の省スペース化。 部屋にあるたくさんの本の圧迫感から逃れるために、 場所を取らない電子書籍への乗り換えを検討する人も多いんです。 持っている本をデジタル化しておけば、重くてかさばる紙の本を気兼ねなく処分できるうえに、必然的に部屋も広くなって良いことづくめ。 かといって、一気にすべての本を電子書籍に移行させるのは大変です。 一番シンプルで簡単なのは、 紙の本は一旦すべて処分し、もう一度読みたくなった時に電子書籍で購入する方法。 そうすることによって、スペースを占領していた無駄な本も一掃でき、自分にとって何が本当に必要な本なのか、見極める良いきっかけにもなります。 紙の本の処分方法はいくつかありますが、最もおすすめしたい方法は「 宅配買取」です。 「宅配買取」という言葉は、あまり耳にしたことがないかもしれません。 「宅配買取」とは、自分自身でダンボールに売りたい本などを詰め込み、宅配便で買取業者へ送って買い取ってもらうという方法です。 なぜおすすめなのかというと、ずばり 本は重たいからです。 一冊ではあまり感じませんが、何冊もまとまると結構な重さになるのが本。 まとめて運ぶにはかなりの体力を使います。 「宅配買取」なら買取してくれる店舗へ大変な思いをして持ち込まなくても、 自宅まで引き取りに来てくれるので、運ぶ手間が省けてとても便利です。 「宅配買取」を行っている『 もったいない本舗』なら、とても簡単に紙の本を売ることができます。 電子書籍はPC・スマホ・タブレット・専用リーダーのいずれかを持っていればすぐに楽しめる• 電子書籍と紙の本は良し悪しがあるので、両方使い分けるのがベスト• 部屋の掃除で処分に迷う本は、真っ先に電子書籍で購入して売ればよい 音楽はもちろん、映画も写真も今ではすべて電子化され、スマホやタブレットで簡単に持ち歩ける時代になりました。 それは本も同じです。 電子書籍の場合は、本の電子データを直接購入しているわけではなく読む権利を買っているため、端末が壊れてしまっても再度ダウンロードすれば読むことができるのが大きな魅力です。 「時代も変化しているし、便利だからすべての本を電子書籍にしなくちゃいけないのかな…」と考えがちですが、そんなに極端に考える必要はありません。 大事にとっておきたい本は紙の書籍、一度読んだらもう読まないといった本は電子書籍、など自分なりに分類して両方をうまく使い分けすることが、最も快適に本を楽しむ方法です。 とはいえ、紙の書籍を電子書籍に変えれば、部屋もキレイに片付くので自然と気持ちが軽くなるのも事実。 部屋も気持ちもスッキリすれば、さらに新しい本との出会いにもつながる可能性も広がります。 大掃除や部屋の模様替えをする時に出てきた不要な本は、デジタルにするのか、アナログとして持ち続けるのか、検討してみてくださいね。 そして、そこで電子書籍の利用を決めて必要なくなった紙の書籍は、ぜひ『 もったいない本舗』へお売りください。

次の

電子書籍は目が疲れる?目に悪いのは本当?本当のところを徹底解説。|BOOKLOVELIFE

実本 電子書籍

なぜ人気?最近よく耳にする「電子書籍」の魅力 今では当たり前に誰もが持っているスマートフォンやタブレット。 それらの普及により、さまざまなものが電子データ化されて、気軽に持ち歩けるようになりました。 その代表格が 「電子書籍」です。 20代~30代にとっては、すでに身近な存在になっている「電子書籍」ですが、それ以上の世代の人たちには、まだまだ本を電子機器で読むことに違和感を持っているのではないでしょうか。 それもそのはず。 日本で電子書籍が本格的に参入し、「電子書籍元年」と呼ばれたのは2010年の出来事なので、まだ数年しか経っていません。 しかも、この電子書籍ブームの火付け役となったのは、漫画を愛読する若者たち。 今でも電子書籍で読まれているジャンルは、小説を抜いて漫画が1位を独占しています。 オトナ世代の人たちにとって、まさに未知の領域になりつつある 「電子書籍」。 なぜここまで若い世代に支持されているのかというと、それはやはり 「いつでも・どこでも・手軽に読めるから」です。 電子書籍を敬遠している皆さん、「聞いたことはあるけど難しそう」「紙じゃないと読みにくそう」という先入観は捨て、これを機に電子書籍デビューをしてみませんか? 今回は今さら聞けないような電子書籍の基礎知識から、素朴な質問まで詳しく解説します!これを読めば、電子書籍を買いたくなってしまうかも?!では、さっそく最初の疑問を解消していきましょう。 そもそも電子書籍って何?どこで買うのかもわからない人へ 電子書籍とは、わかりやすく言うと単行本や漫画、文庫本などを電子データ化し、それを 電子機器のディスプレイ上で読めるようにした書籍のことです。 電子書籍の他にも「電子ブック」、「デジタルブック」、「Eブック」と呼ばれることもあります。 文字だけでなく、動画や音声が再生可能なものもあります。 紙の本を買うときに本屋に行くのと同じく、電子書籍を買いたいときは電子書店に行くのが一般的です。 ただ、ここで言う「行く」というのは、実際に足を運ぶわけではなくインターネット経由で電子書籍の販売をしているサイトにアクセスすることを指します。 また、スマホやタブレットで読むときには、アプリをダウンロードすれば簡単に買ったり読んだりできるので、手間も時間もかかりません。 電子書籍を販売するサイトは「電子書籍ストア」と呼ばれることが多く、その数もかなり複数あるので、自分に合ったストア探しをするのも楽しみのひとつです。 では、ここで代表的な電子書籍ストアをいくつかご紹介します。 丸善やジュンク堂といった大型書店と連携しているので、紙の書籍も取り置きすることが可能なハイブリット書店。 書店とサイトの共通ポイントがあり、ポイントプログラムも充実しています。 ブックツリーでは、本の専門家が関心や興味、読んでなりたい気分などから、おすすめの本を紹介してくれるので、思いがけない本との出会いがあるかもしれません。 一度購入したら、同じストアで続けて購入する方が使い勝手が良く、管理もしやすいです。 品揃えやクーポンの有無など、どのサイトが自分に合っているのか、比較して決めましょう。 また、購入したけれどサイトがなくなってしまった…となると、せっかく購入した電子書籍が読めなくなってしまう可能性も。 各社の経営状況も比較の対象にすると良いかもしれません。 専用端末はいる?電子書籍を閲覧する方法は 電子書籍を読むためには、 必ず電子端末機器が必要です。 端末が必要と聞くと急に「難しそう」と身構えてしまいますが、そんな心配はありません! 基本的にパソコンやスマートフォン・タブレットを持っていればそこから閲覧できるので、 いつも自分が使っている端末をそのまま使うことができます。 もし、自分が持っていなかったとしても、いまの時代は一家に一台スマホやタブレットを持っている家庭が多いので、無理に買わずに家族に声をかけてみましょう。 家族のものを借りれば、一緒に本を共有することもできますよ。 それ以外にも、電子書籍を読むための専用機 「電子書籍リーダー」というものもあります。 これは、その名の通り電子書籍での読書に特化した端末で、タブレットなどとは違いメール・音楽・ゲームなどができる 多様な機能を備えていません。 その代わり、 タブレットよりも安価で手に入れることができる上、通常のディスプレイよりも紙のような読み心地で読むことができます。 電子書籍リーダーにもそれぞれ種類がありますが、ここで注意しておきたいのは 専用リーダーに対応した電子データ(電子書籍)でないと、読むことができないことです。 電子書籍ストアの対応端末をしっかりとチェックしてから購入・ダウンロードしましょう。 <代表的な電子書籍リーダー> Amazon Kindle アマゾンが製造・販売している電子ブックリーダー。 E Ink(イーインク)技術が採用されたディスプレイを搭載、読み心地が紙の印刷物に近くなっています。 無料の辞書で調べものが出来たり紙の本以上に楽しめます。 安価なモデルだけでなく、「Amazon Kindle Paperwhite」、「Kindle Voyage」、「Kindle Oasis」などさまざまな機能が付いた高級ランクの電子書籍リーダーも発売しています。 楽天 kobo Touch 楽天が発売した日本向けの電子ブックリーダー。 薄くて軽いデザインで人気があります。 バッテリーの持ちも良く、バージョンアップを重ね、使いやすい端末に年々進化しているようです。 Micro SD対応なので、容量が足りなくなったら増やすことができ、読みたい書籍がいっぱいあっても安心。 プレミアムクラスとして防水機能などが備わった「Kobo H2o」も発売しています。 BookLive Lideo BookLive! 電子書籍専用の端末。 BookLive! を使う限りは通信料が無料なので、箱から出してすぐに使えます。 無料の会員登録を行えば、スマホやタブレットなどの別の端末で購入した本・所持ポイント・しおり・マーカーなどの情報も一つのIDで管理することが可能です。 重さは170gと軽く、手で長時間持っていても疲れにくくなっています。 専用端末とスマホやタブレットで違いはあるの? スマホやタブレットで見ることが出来るなら、なぜ専用端末があるの?と疑問に思う方もいると思いますが、それは 専用端末には専用端末のメリットがあるからです。 これならば電子書籍に抵抗がある人でも受け入れやすいかもしれませんね。 初心者の疑問を解消!電子書籍にありがちなQ&Aまとめ さぁ、だんだん電子書籍についてわかってきたかと思いますが、まだまだ謎は多いはず…。 電子書籍をいざ購入したのは良いけれど、その後もわからないことがいっぱい!そんな不安を解消するために、ここでは多くの人が疑問に思っていることをまとめて回答したいと思います。 電子書籍に興味のある人は、きっと読書好きで部屋にもたくさんの本を持っているのではないでしょうか。 電子書籍の最大のメリットは、大量の本の省スペース化。 部屋にあるたくさんの本の圧迫感から逃れるために、 場所を取らない電子書籍への乗り換えを検討する人も多いんです。 持っている本をデジタル化しておけば、重くてかさばる紙の本を気兼ねなく処分できるうえに、必然的に部屋も広くなって良いことづくめ。 かといって、一気にすべての本を電子書籍に移行させるのは大変です。 一番シンプルで簡単なのは、 紙の本は一旦すべて処分し、もう一度読みたくなった時に電子書籍で購入する方法。 そうすることによって、スペースを占領していた無駄な本も一掃でき、自分にとって何が本当に必要な本なのか、見極める良いきっかけにもなります。 紙の本の処分方法はいくつかありますが、最もおすすめしたい方法は「 宅配買取」です。 「宅配買取」という言葉は、あまり耳にしたことがないかもしれません。 「宅配買取」とは、自分自身でダンボールに売りたい本などを詰め込み、宅配便で買取業者へ送って買い取ってもらうという方法です。 なぜおすすめなのかというと、ずばり 本は重たいからです。 一冊ではあまり感じませんが、何冊もまとまると結構な重さになるのが本。 まとめて運ぶにはかなりの体力を使います。 「宅配買取」なら買取してくれる店舗へ大変な思いをして持ち込まなくても、 自宅まで引き取りに来てくれるので、運ぶ手間が省けてとても便利です。 「宅配買取」を行っている『 もったいない本舗』なら、とても簡単に紙の本を売ることができます。 電子書籍はPC・スマホ・タブレット・専用リーダーのいずれかを持っていればすぐに楽しめる• 電子書籍と紙の本は良し悪しがあるので、両方使い分けるのがベスト• 部屋の掃除で処分に迷う本は、真っ先に電子書籍で購入して売ればよい 音楽はもちろん、映画も写真も今ではすべて電子化され、スマホやタブレットで簡単に持ち歩ける時代になりました。 それは本も同じです。 電子書籍の場合は、本の電子データを直接購入しているわけではなく読む権利を買っているため、端末が壊れてしまっても再度ダウンロードすれば読むことができるのが大きな魅力です。 「時代も変化しているし、便利だからすべての本を電子書籍にしなくちゃいけないのかな…」と考えがちですが、そんなに極端に考える必要はありません。 大事にとっておきたい本は紙の書籍、一度読んだらもう読まないといった本は電子書籍、など自分なりに分類して両方をうまく使い分けすることが、最も快適に本を楽しむ方法です。 とはいえ、紙の書籍を電子書籍に変えれば、部屋もキレイに片付くので自然と気持ちが軽くなるのも事実。 部屋も気持ちもスッキリすれば、さらに新しい本との出会いにもつながる可能性も広がります。 大掃除や部屋の模様替えをする時に出てきた不要な本は、デジタルにするのか、アナログとして持ち続けるのか、検討してみてくださいね。 そして、そこで電子書籍の利用を決めて必要なくなった紙の書籍は、ぜひ『 もったいない本舗』へお売りください。

次の