女性 保険 積立。 最新!2020年7月版 人気の女性保険ランキング【保険市場】

積立型の女性保険は本当にお得なの?|人気の3商品を徹底比較&解説

女性 保険 積立

生命保険とは、「もしもの事態」に経済的に備えるための手段のひとつです。 たとえば、死亡保険は、加入している人が亡くなった場合に保険金を受け取ることができるので、亡くなったあとの葬儀費用や、のこされた家族の生活を守るためのお金の備えとすることができます。 また、医療保険では、病気やケガの治療のために入院や手術を受けた場合などに給付金を受け取ることができるので、治療費や療養期間中の収入の補てんなどを目的として、備えることができます。 このほかにも、がんになった場合に備える「がん保険」や、老後資金などの準備するための「個人年金保険」、教育費などを準備するための「学資保険」など、さまざまな保険商品が存在しています。 2-1:死亡保険 死亡保険は、被保険者(保障の対象になっている方)が亡くなったとき、あるいは所定の高度障害状態になったときに、保険金が受け取れる保障です。 保障される期間やしくみによって、死亡保険もいくつかの種類に分類されますので、順番に見ていきましょう。 定期保険 定期保険とは、保険期間(保障される期間)が10年や20年などの年数や、60歳や70歳までといった一定の年齢までと定められている死亡保険です。 定期保険の中にも、保険期間の満了とともに契約が終了する「全期型」の商品と、保険期間の満了後も契約が更新される「更新型」の商品の2種類があります。 更新型の定期保険の場合、更新後の保険料は更新時の年齢と保険料率で再度計算されることになり、同じ保険金額で更新する場合には、ほとんどの場合で保険料が値上がりします。 定期保険のイメージ (*)同じ保険金額で比較した場合。 また、何歳以上まで生きると保険料の支払総額が有期払より高くなるかは、保険商品や契約内容などによって変わります。 収入保障保険 被保険者が亡くなったあと、10万円、15万円など決まった額のお金が、毎月 あるいは1年ごとに 継続して支払われる保険です。 定期保険の一種で、保険期間は〇年間、あるいは〇歳まで、と決まっています。 基本的にお金は継続して受け取りますが、一括で受け取ることも可能です。 一括で受け取る場合のお金は、継続して受け取る場合の総額よりも少なくなります。 トータルで受け取るお金を考えると、契約直後に被保険者が亡くなった場合が最も金額が多くなり、契約から期間が経過するほど少なくなっていきます。 ただし、保険期間の終了間際に亡くなると受け取るお金が少なくなってしまうため、保険商品によっては保険期間中、いつ亡くなっても最低、何年かは受け取ることができる(たとえば2年、5年、10年など)という「保証期間」が設定されている商品もあります。 収入保障保険の給付例 2-3:がん保険 がん保険とは、がんと診断されたときや、がんの治療に応じて保障を受けることができる保険です。 がんの治療のため入院したときに受け取れる「がん入院給付金」や、がんの手術を受けたときに受け取れる「がん手術給付金」など、医療保険と同じような保障も用意されています。 医療保険の入院給付金の場合には、一回の入院で給付金を受け取ることができる日数に60日・120日などの上限(支払限度日数)が決まっていることが一般的ですが、がん保険の入院給付金は、日数無制限で給付を受けられることがほとんどです。 また、通院治療を受けた際に「がん通院給付金」を受け取ることができる保障もあります。 医療保険の通院給付金の場合は「入院後の通院」や「入院前後の通院」が対象になるのが一般的ですが、「がん通院給付金」に関しては、入院を伴わない通院治療でも保障されることが大半です。 そのほか、がんと診断されたときにまとまった「がん診断給付金(一時金)」を受け取れる保障や、抗がん剤治療や放射線治療などの治療に応じて「がん治療給付金」を受け取れる保障など、がん治療の場面でより役立つ保障もあります。 保険会社や保険商品によって、どんな保障があるかは異なりますので、がん保険への加入を検討する際も、いくつかの商品を比較することが大切です。 また、多くのがん保険には、契約から保障開始まで90日間(または3ヵ月間)の免責期間が設定されており、もしその期間にがんと診断されても、保障を受けることはできません。 がん保険の保障期間 3-1:必要保障額を知ろう 死亡保険に加入する際は、まず「必要保障額」を考えましょう。 必要保障額とは、万が一のことがあったときに死亡保険で準備しておきたいお金のことです。 「20代」といっても、そのライフスタイルや家族構成、収入などは人によって違います。 「同世代の友人が保険金額1,000万円の死亡保険に加入している」からといって、自分にとってもその金額が適切とは限りません。 「自分が死亡保険で備えておくべき金額 =必要保障額 」を、まずは明確にすることからはじめましょう。 必要保障額は、「亡くなったあとの遺族の支出」から「亡くなったあとの遺族の収入」を差し引いて計算します。 考え方としては、以下の図のようなイメージになります。 必要保障額のイメージ 未婚や既婚で子どものいない方の場合には、男女差はそこまで大きくないのですが、子どもが生まれてから男性の保険金額が大きく跳ね上がっていることがわかります。 また、男性はライフステージによって普通死亡保険金額が1,000万円以上変動しますが、女性はライフステージが変わっても大きな変動はありません。 これは、男性(父親)が世帯のメインの稼ぎ手となることが比較的多く、万が一のことがあった場合の経済的な影響が大きいためと考えられます。 近年は共働きを選択する家庭も少なくないですし、男性側が「主夫」となる家庭、シングルでお子さんを育てる家庭など、家族のかたちもさまざまです。 そのため、この金額はあくまでも参考金額になりますが、同世代の方や、同じような家族構成の方が、どれくらいの死亡保険に加入しているのかを知っておくことも、保険を選ぶ際に役立つでしょう。 3-3:病気やケガでの入院はいくらかかる? 日本には、充実した「公的医療保険制度」があります。 誰もが健康保険や国民健康保険などに加入しているため、6歳から69歳までの方であれば、医療機関の窓口で負担する医療費は3割になります。 20代ですと、健康に自信があり、入院なんて考えたこともない、という方もいるかもしれません。 しかし、病気やケガで入院するリスクは誰にでもあるものです。 ここでは、実際に入院すると、どれくらいの費用がかかるのかを考えていきましょう。 生命保険文化センターの「平成28年度 生活保障に関する調査」によると、直近の入院時の1日当たりの自己負担費用の平均は、20代男性が19,611円、20代女性が、20,178円となっています。 18歳から60代までの全世代の平均は、男性が20,693円、女性が19,167円です。 こうしてみると、20代で若いからといっても、1日当たりの自己負担費用がほかの世代よりも安くなる、ということはなさそうです。 金額の分布(全世代)をみてみましょう。 直近の入院時の1日当たりの自己負担費用(全世代) (*)事前に申請しておくことで、窓口での医療費の負担を自己負担限度額までにすることも可能です(限度額適用認定証)。 医療保険の保障内容を検討する前にもうひとつ知っておきたいのが、働き方によって療養中に受けられる公的な保障が変わってくる、という点です。 会社員など、勤務先で健康保険に加入している方の場合、病気やケガの療養のため4日以上連続して仕事を休んでお給料が支払われないか、または支払われた金額が傷病手当金より少ないときには、健康保険から「傷病手当金」を受け取ることができます(共済組合に加入している公務員も同様)。 ただし、自営業などで国民健康保険に加入している方には、この傷病手当金の制度はありません。 状況によっては、治療中の収入が途絶えてしまう可能性も考えられることになります。 もしも入院などで仕事に行けなくなってしまった場合に、傷病手当金を受け取ることができるのか、受け取れるなら金額はいくらくらいになるのかを知っておき、さらに現在の預貯金などからどれくらい医療費をカバーできそうか考えた上で、医療保険の保障内容を検討しましょう。 4-1:20代 独身の場合 もし、ご両親を経済的に支援している、というような方でなければ、亡くなったときに備える「死亡保険」はそこまで手厚く備えなくても問題ないでしょう。 一般財団法人 日本消費者協会の調査によると、葬儀に必要な費用の平均は195. 7万円だそうです。 ここに、お墓代や身辺整理の費用などがどれくらいかかりそうかを計算し、死亡保険に加入するべきか、加入するのであればいくらの保険金額にするかを検討するとよいでしょう。 独身の方の場合、「病気やケガで働けなくなってしまった場合のリスク」への備えをしっかり考えておくことが大切です。 先ほどお伝えした、公的医療保険や高額療養費、傷病手当金などの制度があることを踏まえ、どんな保障があれば安心かを考えましょう。 病気やケガの際には、医療費などの「出費」そして療養期間中の「収入減」という2つのリスクが伴います。 働けなくなったときに経済的に困らないような準備が必要になります。 独身の方の保険選びについては、以下のコラムで詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。 4-2:20代 既婚の場合 結婚して家族ができた場合、自分自身の医療保険・がん保険だけでなく、のこされた家族のための死亡保険についても考える必要があります。 夫婦共働きの場合 共働きの場合には、のこされた方の収入がある程度確保できることから、死亡保障額もそれほど多くは必要ありません。 しかし、夫婦のどちらかがパートで収入が少ないなど、収入の面で不安がある場合には、死亡保険でしっかりカバーしましょう。 一方が専業主婦(主夫)の場合 どちらかが専業主婦(主夫)の場合、保険による備えがつい後回しになってしまうこともあるかもしれませんが、メインの稼ぎ手だけでなく専業主婦(主夫)の保険もきちんと考えておきましょう。 主婦(主夫)の保険選びについては、以下のコラムが参考になりますので、ぜひご覧ください。 4-3:20代 子どもが生まれた場合 子どもが生まれたら、万が一のことがあった場合に備える必要性がぐっと高くなります。 子どもの教育費や養育費といったお金に備える必要が出てくるためです。 家族に死亡保険で残しておくべきお金(=必要保障額)は、変動するものです。 必要保障額は、子どもが生まれた時点で最も高くなります。 子どもがひとりではなく、2人、3人と生まれた場合は、末っ子が生まれた時点が必要保障額の最高値になります。 「保険に入ったから一安心」ではなく、保険はライフステージの変化に合わせて見直しをしていくことが必要になるのです。 必要保障額が何千万円もの高額になるような場合、終身保険は保険料が高額になるため、加入は現実的ではありません。 定期保険など比較的保険料を抑えられる死亡保険に加入し、子どもの成長に合わせて見直していくとよいでしょう。 遺族の収入や貯蓄額から考えて、死亡保険で高額な備えを準備しなくても大丈夫な場合や、保険料を払うことができる場合は、終身保険で一生涯続く保障を準備することも検討してみましょう。

次の

40代独身女性おすすめ保険の選び方とは?掛け捨て・積立私はコレ!

女性 保険 積立

というのも、今年2017年の1月にこれまでかけていた保険が 満期を迎え、次なる保険を考えなければいけなかったため。 その際、私もネット上の同じような方々が どんな保険を選んでいるのかを参考にさせていただいたので、 私の選んだ保険も誰かの参考になればと思い、ここに記しておきます。 ちなみに私は保険について特に勉強したこともなく、プロでもないので、 こんな人もいるんだなぁ…という参考程度にご覧いただければと思います。 ちなみに、 にもリストアップされていたので、こちらも 済印をつけることができました。 腰が重い案件は、達成しやすいように細かく設定するので、 No. 166 かんぽの保険(これまではかんぽだった)とそれ以外の保険を比較 No. 167 加入する保険を決める No. 168 保険に加入する の 3つがクリアになりました。 腰が重いことも、リストアップしておくことで「早く消したい」という気持ちからなんとなく背中を押されるのでおすすめです。 スポンサードリンク 40代独身女性が選ぶべき保険とは? 結婚している方なら、 結婚するとき、 子どもが生まれた時、などで保険を見直すタイミングがあることでしょう。 独身女性には、これまでの 保険の満期、もしくは 周りが急に保険に入り始めてハッとした、 身近な人から「保険に入っていて助かった」という話を耳にしたなどしか保険について考えるタイミングがありません。 私の場合は、22歳から20年間入っていた 保険の満期を迎えたことが、保険を考え直すきっかけになりました。 アラフォー独身女性の保険で考えるべき5つのこと 保険加入にあたり、私が考えたことをまとめました。 自分で決めるかほけんの窓口的な所に行くか? まず最初に悩んだのがこれ。 自分ひとり(家族含む)の考えで決めるのか、 保険のプロの話を聞くのか。 私もせっかく 本気で保険加入を考えているので、 保険の無料相談システムを活用しない手はないかな? と思ったのですが、私の場合は かんぽで満期を迎えたので、 かんぽさんが次におすすめの保険として新しい保険を 詳しく丁寧に提案してくれたことでなんとな~く 知識が頭に入れられたので 自分で決めることに。 保険のプロに話を聞けたことで、自分の保険に対する 考え方もまとまりましたし 選ぶ条件も見えてきました。 私のように 保険が満期になった人は、担当者さんに 保険のイロハや 疑問に思うことを聴いてみることをおすすめします。 もしそのような機会がないのであれば、 無料の保険相談の活用を視野に入れてもいいですね。 このような 積立タイプは、満期や解約をしたときに お金が戻ってくるというメリットがありますが、掛け捨てに比べるとやはり 保険料が高額になるのがデメリットです。 掛け捨ての場合は、月々の 保険料は安く抑えられるのですが、なんといっても掛け捨てなので、 まったく使わない可能性もあります。 これなら、ある意味 ボーナス感も味わえるし、 万が一の場合の備えにもなります。 死亡保険あり?なし? 40代で 独身、さらに特に 結婚願望のない私がこれから結婚して子供をもうける可能性はほぼゼロに近く…… 要するに、 死亡保険を残す人がいないのです。 ってことで、ここは迷うことなく 医療保険オンリーに。 保障はこの年から加入するので、 終身狙いです。 10年後、20年後にまた一から保険を探すのも面倒だし、保険に入れないリスクを軽減するためにも 終身一択でした。 さらに、保険料は若いうちに払い終えたい! ということで、 60歳払済が希望です(………若い?)。 国民共済&県民共済も魅力的だけど… なんとな~く骨組みが見えてきたので、あとはどの保険会社を選ぶのかということです。 月々2,000円程度で、それなりの医療保険に加入できる国民共済や県民共済もとても魅力的だったのですが 致命傷が…。 それは、もっとも医療保険が必要になるであろう年代に 反比例するように、 補償内容がどんどん下がっていくのです。 もちろん健康でピンピンしたおばーちゃんになる気満々なので、結局使わなかったね~ってことになる予定なので、 終身で保障内容が変わらない保険にすることにしました。 やっぱ、難しいしめんどくさいよね。 よく考えたら、 「保険の比較」は 「その知識で飯が食える」んですよ。 素人では太刀打ちできません。 が! がんばりました、少しだけ。 とりあえず、 満足度が高いと書かれていた オリックス生命からチェック。 公式サイトの保険料シミュレーションで簡単にシミュレーションできたのでなんとなく イメージが掴めました。 女性特約がついたものがあったので、これがいいなぁ…と一旦保留して次の会社をチェック。 2、3社まではガッツリメモを取りながら、確認していたのですが、 「女性特約付き」、 「60歳払済」の2つの条件を満たす会社が 案外少なかった記憶があります。 そして、結局 内容と 金額に そこそこ満足できたオリックス生命の女性特約付き、 新キュア・レディに決めました。 一応資料請求! 不慣れなことに関しては、数分おきに 記憶が零れ落ちて行くので、比較した記憶がフレッシュなうちに申し込みたかったのですが…。 公式サイトに、資料請求で 高級牛肉が当たるというキャンペーン中!との記載が。 どうせ保険加入を決めたんだから、牛肉のチャンスは欲しいってことで一応公式サイトからパンフレットを請求しました。 牛肉はいまだ届きません笑。 保険加入! 資料が届くのを待って、中をパラリと見たのですが…… やっぱ、 サイトのほうがわかりやすいです笑。 タブで選択するだけで、自動的に金額や保険内量が シミュレーションできるのがやはり便利。 ってことで、資料到着から1週間ほどしてから、結局 ネットで申し込みました。 すると、その翌日にオリックス生命から電話がかかってきて 「お!対応早いな!」 と思ったら、「資料は届きましたか?」という確認(という名の加入促進)電話だった。 既に加入済みとは想像外だったようで。 電話があと2日早ければ、 アナタの電話で入ったんだけどねぇ。。。。 電話を土日まで待ったのが逆効果だったのか? うん、人生何事もタイミングですな。 参考までに私が選んだ保障内容 せっかくなので、参考までに私が選んだ保障内容を。 オリックス生命 新CURE Lady(基本プラン)• 入院給付金(病気で入院)……日額5,000円• 災害入院給付金(不慮の事故で入院)……日額5,000円• 手術給付金……入院中100,000円、通院25,000円• 女性入院給付金(女性特定疾患で入院)……日額5,000円• 先進医療給付金……20,000,000円• がん通院給付金……日額5,000円• がん一時金……500,000円• 急性心筋梗塞一時金……500,000円• 脳卒中一時金……500,000円 とこのようになっています。 あとは、 国民健康保険もあるのでこの内容にきめました。 月々の保険料は 60歳払済で 7,397円(現在42歳)。 これまで支払っていたかんぽより 安くなったので、前述の通り 差額は 自分保険として貯金します。 これまでは、ゆうちょの口座から引き落とされていたのでポイントが全くつかなかったんだよなぁ。 とはいっても、20年前に加入したこの保険は、今では考えられないくらい 良い内容らしく今の職員さんに驚かれるほどです。 だから、これまでお世話になった ゆうちょにも感謝!(クレカ使えなかったけど。 ってか使えるかどうかの確認もしてないけど。 病気を引き寄せるのでは?」 と心配する人が多いようですが、多くの成功者たちが提案するように 「安心を買っている」 と思えば良いようですよ! 引き寄せちゃうかもって悩んでる人は、参考になさってくださいね。 これで、もうこの先一生 保険選びで悩むこともなかろうと思うと気が軽くなりました。 昨年の秋くらいから、「保険決めなきゃ、保険決めなきゃ……」なんて思っていたのでね。 こちらに記載した内容は、私が感じたことや私なりの考え方です。 保険選びの際には、 ご自分の目で今一度確かめてくださいね。 人気の記事• カテゴリー• 103• 251• 139• 年月を選択 年月を選択• 最近のコメント• 人気ブログランキング.

次の

積立保険 | 生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方

女性 保険 積立

女性保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年】 ここからは、女性保険2020年おすすめランキング10選として、表を使って比較しました。 人気の商品を集めましたので、じっくりご覧ください。 乳房、子宮、卵巣などの女性特定部位に対し、手術給付金をお支払いする特約もございます。 女性特有の病気だけではなく幅広い保障に備えたい方にもおすすめです。 女性特有の疾病に三大疾病は、 入院給付金が上乗せされるなど手厚い保障が魅力的。 約1,000種類の手術にも対応し、所定の状態になった時には保険料の払い込みが免除されるなど、手厚い保障と安心を同時に手に入れられます。 女性疾病はもちろんですが、がんや妊娠出産トラブル、低血圧まで幅広い保障が魅力です。 5年毎、90歳まで健康祝い金は継続されますので、 元気な方ほどお得に保障を受けていただけます。 健康お祝い金ですので、 3年間入院しておらず健康であることが条件です。 15年サイクルで保険料が高くなりますので、若い世代にはおすすめですが40代以降は別の保険に切り替えるなども検討した方いいでしょう。 通院あり・通院なしの2つのプランから選べることや、特約は一部を除いて生涯保障されます。 入院一時金・女性特定手術の特約を付加すれば 一時金の受け取りや女性特定手術給付金・乳房再建給付金が受け取れます。 女性特有の病気あもちろんですが、三大疾病に七大生活習慣病まで手厚く保障してくれます。 特約で先進医療特約も付加できて保険料もお手頃。 入院時の一時金や退院後の通院保障、三大疾病の一時金や保険料払込免除なども細かく選べますので、必要な保障だけをチョイスできます。 それ以外に、 生活習慣病に加えて精神疾患、 三大疾病までも格安の保険料で安心を受け取れます。 通院特約・先進医療特約・健康祝い金特約などを付加すれば、より充実した保障を受けたい方におすすめです。 保険料は加入した当時から上がらず、短期入院にもしっかり対応しているのも特徴です。 3大生活習慣病で入院すると、 入院給付金の支払限度日数は無制限、はじめてがんと診断されると、がん治療給付金を一括で受け取れます。 約1,000種類の手術保障に、先進医療にかかる技術料を通算2,000万円まで保障しているのも嬉しい内容。 手術給付金は、入院中なら20万円、外来は5万と他の保険と比較しても充実感があります。 また、退院後通院特約を付加すれば退院後の通院もしっかり保障。 特約も自由に選んで、自分の保険をカスタマイズできるだけでなく、 保険料が一生上がることもありません。 多くの女性保険は、帝王切開に対応するものの正常分娩の入院保障はありません。 入院1日目から給付金を受け取ることができ、年間最大30日分なで保障されます。 帝王切開に関しては入院保障はありますが、手術給付金は支払われませんので注意が必要です。 少額短期保険ですので、掛け金が安く短期間の入院・死亡保障を手厚くしたい方向けの保険です。 自分にマッチした保険選びのために、気になることはここで解消してください。 甲状腺疾病や、がんによる乳房再建までも保障されている保険ですので、万が一をしっかりサポートしたい方に選ばれています。 通常の医療保険以上に、女性特有の病気や出産トラブルに対しての保障はしっかりしています。 デメリットとしては、すでに貯蓄型の保険に加入している方は 医療保険・がん保険と保障内容がかぶることもあります。 自分がどのような保障を手厚くしたいかで、保険の見直しをするのも良いでしょう。 2位で紹介したは、入院や先進医療、万が一に備えた手厚い保障が魅力です。 働く女性に多い子宮筋腫などで入院した場合、一時金は10万円(医療用入院一時金特約)、通院保障を1日につき10,000円(医療用通院特約)受け取れます。 健康であれば、3年ごとに15万円の生存給付金が受けとれますので掛け捨て保険はもったいない20代・30代におすすめです。 そんな女性には、保険料が安く生涯保障を受け取れる7位のや三大疾病にも対応の2位のが人気です。 陣痛が通常よりも弱かったり強かったりすると母体にも影響が起こって難産の原因になります。 分娩時の出血が多い、産道が狭く赤ちゃんの分娩が難しい場合には帝王切開や吸引分娩などが検討されます。 このような状態は危険も高くなり、退院までの時間も通常分娩より長引きます。 これらを踏まえて、女性保険で帝王切開の保障がされているのです。 決められた年齢まで払い込まれると、使わなかった保険料が返戻金としてかえってきます。 比較的安い保険料で保障が手厚い保険が人気ですが、自分の積み立てた保険料が消えていくのは…という方には、9位で紹介したをおすすめします。 健康であれば、3年に1度生存給付金を受け取ることができますので、貯蓄に回したりすることも可能です。 通常の医療保険と同じように、医療保障を充実したうえで 「女性特有の病気の備え」を手厚くしていますので、女性保険の方が幅広く充実した保障が受け取れます。 貯蓄性のある医療保険は少ないですし、保障内容が自分にマッチしまければ意味がありません。 ベストとは限りません。 「貯蓄型」にこだわるのであれば、個人年金の方が安定しています。 払った保険料が将来戻ってくる商品は、病気になると返戻金が減ってしまいますので掛け捨て保険の方が便利な一面もあります。 8位で紹介したは、女性特有の病気以外に三大疾病・七大疾病にも手厚い医療保険になっています。 少額短期保険ですので契約は1年更新で、 必要なくなれば解約して他の女性保険に加入することもできます。 生活習慣病などの保障も充実させたいのであれば、保険料は少し高くなりますが5位のがおすすめです。 女性保険のまとめ 結婚している女性は、妊娠出産に備えての保障がある女性保険がおすすめです。 それだけでなく、家族の人生を守るためにも保険内容をよく検討することです。 どんな方も「まさか」の時の備えは必要ですし、先進医療による治療は公的保険の対象となりませんので、高額な治療費を支払うことにもなってしまいます。 万が一を考えて、女性保険を検討するのであれば、このような保障も充実している保険を検討しましょう。 今回の記事を参考にして、自分に適した女性保険を選んでください。

次の