対策必須ポケモン。 【ポケモン剣盾】ランクマッチで勝つための対策必須ポケモン②「ギャラドス」「ドリュウズ」「ロトム」「トゲキッス」

【ポケモンGO】対戦(トレーナーバトル)でおすすめのポケモン

対策必須ポケモン

シーズン2ハイパーリーグの期間は? ハイパーリーグ専用の開催期間は 2020年6月2日 火 朝5:00~2020年6月23日 火 朝5:00まで(日本時間)となっています。 選出上位ポケモンの動向 まずシーズン1ハイパーリーグ期間(3月28日~4月10日)での選出率上位15のポケモンをおさらいしておきます。 15位未満でしたが、その他に本記事で紹介したい3種も追加して掲載しています。 なお、全データをまとめた記事のリンクは本記事の最後に貼っておきますので、気になる方はチェックしてみてください。 — ポケモン 選出数 選出率 1 ギラティナ(アナザー) 83 14. ギラティナは飴の投資がほぼ技の解放100のみで済み、それでいてハイパーリーグ最強なんだから、作らないほうがどうかしているレベルです。 その代わり他の伝説ポケモンにまでアメを回せる余裕がない方は多かったのではと感じています。 しかし シーズン2からは溜まってきたアメを使ってギラティナ以外の伝説ポケモンも育成してきたプレーヤーも増えてくると予想します。 候補はレジスチル、アーマードミュウツー、フリーザー、クレセリアの4種です(クレセリアは後述)。 筆頭はレジスチル。 こいつはハイパーリーグだとMAX強化が前提となるためアメの消費量がえげつないですが、それに見合った活躍を見せてくれます。 アーマードミュウツーは幅広いポケモンに対応できるオールラウンダーです。 (スーパーリーグでいうところのデオキシスのポジション?) フリーザーはギラティナに有利なうえ、攻撃ダウン効果のこごえるかぜ連発が非常にウザいです。 このくさむすびクレセリアは、ラグラージが多いハイパーリーグ環境が最も活躍すると予想します。 増加:クレセリア• 不利:ラグラージ、ニョロボン• ギラティナとしてはかなりの逆風になります。 グランブルについては以下の記事でもさらに詳しくまとめてあります。 増加:グランブル• 不利:ギラティナ• 対策:レジスチル(インファイトには注意) 新・レジスチル対策 ここまで見てくると、 新規に台頭する勢力の多くはレジスチルで対策できるということが見えてきます。 そうなると、従来からレジスチルに有利であったラグラージ、ニョロボン以外で、新たにレジスチルを対策するポケモンを検討する必要がでてきます。 ここで注目したいのは リザードン! レジスチルのすべての技とフェアリー勢のあまえるに耐性があります。 また、草系としては メガニウムはラグラージとレジスチルの両方を見ることができ、ギラティナにも地震を等倍で通せますので、シーズン1と同様にフシギバナに代わって台頭してくると予想します。 どちらもリザードンで対応できますね。 増加:レジスチル、メガニウム• 対策:リザードン 以上、シーズン2ハイパーリーグ開幕前の環境予想でした。 しっかり対策を練って、がんばっていきましょう!.

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックスラプラスが強すぎるため対策してみた(前編)

対策必須ポケモン

シーズン2ハイパーリーグの期間は? ハイパーリーグ専用の開催期間は 2020年6月2日 火 朝5:00~2020年6月23日 火 朝5:00まで(日本時間)となっています。 選出上位ポケモンの動向 まずシーズン1ハイパーリーグ期間(3月28日~4月10日)での選出率上位15のポケモンをおさらいしておきます。 15位未満でしたが、その他に本記事で紹介したい3種も追加して掲載しています。 なお、全データをまとめた記事のリンクは本記事の最後に貼っておきますので、気になる方はチェックしてみてください。 — ポケモン 選出数 選出率 1 ギラティナ(アナザー) 83 14. ギラティナは飴の投資がほぼ技の解放100のみで済み、それでいてハイパーリーグ最強なんだから、作らないほうがどうかしているレベルです。 その代わり他の伝説ポケモンにまでアメを回せる余裕がない方は多かったのではと感じています。 しかし シーズン2からは溜まってきたアメを使ってギラティナ以外の伝説ポケモンも育成してきたプレーヤーも増えてくると予想します。 候補はレジスチル、アーマードミュウツー、フリーザー、クレセリアの4種です(クレセリアは後述)。 筆頭はレジスチル。 こいつはハイパーリーグだとMAX強化が前提となるためアメの消費量がえげつないですが、それに見合った活躍を見せてくれます。 アーマードミュウツーは幅広いポケモンに対応できるオールラウンダーです。 (スーパーリーグでいうところのデオキシスのポジション?) フリーザーはギラティナに有利なうえ、攻撃ダウン効果のこごえるかぜ連発が非常にウザいです。 このくさむすびクレセリアは、ラグラージが多いハイパーリーグ環境が最も活躍すると予想します。 増加:クレセリア• 不利:ラグラージ、ニョロボン• ギラティナとしてはかなりの逆風になります。 グランブルについては以下の記事でもさらに詳しくまとめてあります。 増加:グランブル• 不利:ギラティナ• 対策:レジスチル(インファイトには注意) 新・レジスチル対策 ここまで見てくると、 新規に台頭する勢力の多くはレジスチルで対策できるということが見えてきます。 そうなると、従来からレジスチルに有利であったラグラージ、ニョロボン以外で、新たにレジスチルを対策するポケモンを検討する必要がでてきます。 ここで注目したいのは リザードン! レジスチルのすべての技とフェアリー勢のあまえるに耐性があります。 また、草系としては メガニウムはラグラージとレジスチルの両方を見ることができ、ギラティナにも地震を等倍で通せますので、シーズン1と同様にフシギバナに代わって台頭してくると予想します。 どちらもリザードンで対応できますね。 増加:レジスチル、メガニウム• 対策:リザードン 以上、シーズン2ハイパーリーグ開幕前の環境予想でした。 しっかり対策を練って、がんばっていきましょう!.

次の

ブリムオン育成論 : 【受けポケモン受け】汎用ブリムオン!【対策必須ポケモン受け】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

対策必須ポケモン

シーズン2ハイパーリーグの期間は? ハイパーリーグ専用の開催期間は 2020年6月2日 火 朝5:00~2020年6月23日 火 朝5:00まで(日本時間)となっています。 選出上位ポケモンの動向 まずシーズン1ハイパーリーグ期間(3月28日~4月10日)での選出率上位15のポケモンをおさらいしておきます。 15位未満でしたが、その他に本記事で紹介したい3種も追加して掲載しています。 なお、全データをまとめた記事のリンクは本記事の最後に貼っておきますので、気になる方はチェックしてみてください。 — ポケモン 選出数 選出率 1 ギラティナ(アナザー) 83 14. ギラティナは飴の投資がほぼ技の解放100のみで済み、それでいてハイパーリーグ最強なんだから、作らないほうがどうかしているレベルです。 その代わり他の伝説ポケモンにまでアメを回せる余裕がない方は多かったのではと感じています。 しかし シーズン2からは溜まってきたアメを使ってギラティナ以外の伝説ポケモンも育成してきたプレーヤーも増えてくると予想します。 候補はレジスチル、アーマードミュウツー、フリーザー、クレセリアの4種です(クレセリアは後述)。 筆頭はレジスチル。 こいつはハイパーリーグだとMAX強化が前提となるためアメの消費量がえげつないですが、それに見合った活躍を見せてくれます。 アーマードミュウツーは幅広いポケモンに対応できるオールラウンダーです。 (スーパーリーグでいうところのデオキシスのポジション?) フリーザーはギラティナに有利なうえ、攻撃ダウン効果のこごえるかぜ連発が非常にウザいです。 このくさむすびクレセリアは、ラグラージが多いハイパーリーグ環境が最も活躍すると予想します。 増加:クレセリア• 不利:ラグラージ、ニョロボン• ギラティナとしてはかなりの逆風になります。 グランブルについては以下の記事でもさらに詳しくまとめてあります。 増加:グランブル• 不利:ギラティナ• 対策:レジスチル(インファイトには注意) 新・レジスチル対策 ここまで見てくると、 新規に台頭する勢力の多くはレジスチルで対策できるということが見えてきます。 そうなると、従来からレジスチルに有利であったラグラージ、ニョロボン以外で、新たにレジスチルを対策するポケモンを検討する必要がでてきます。 ここで注目したいのは リザードン! レジスチルのすべての技とフェアリー勢のあまえるに耐性があります。 また、草系としては メガニウムはラグラージとレジスチルの両方を見ることができ、ギラティナにも地震を等倍で通せますので、シーズン1と同様にフシギバナに代わって台頭してくると予想します。 どちらもリザードンで対応できますね。 増加:レジスチル、メガニウム• 対策:リザードン 以上、シーズン2ハイパーリーグ開幕前の環境予想でした。 しっかり対策を練って、がんばっていきましょう!.

次の