センシング サイネージ。 デジタルサイネージ通販は年々増加!市場拡大の『OOH広告』まとめ

デジタルサイネージとは?メリットと仕組み、導入事例

センシング サイネージ

2019年12月12日 OOH領域におけるオーディエンス・メジャメント手法およびデータ仕様の標準化を目指して活動するための「OOHオーディエンス・メジャメント標準化検討WG(仮称)」の設置します。 背景:• 広告主やOOH設置事業者の双方よりOOHのアカウンタビリティ(メディア価値や費用対効果、など)の向上がますます求められるようになってきている• 既に海外の主要国においては標準化されたOOHオーディエンスデータが提供されており、メジャメント手法やデータ提供方法が確立されている• 近年、様々な手法を活用したOOHオーディエンスデータが個別に提供されるようになってきているため、マーケットの混乱を避けるためにデータの客観性や信頼性を担保する標準化ニーズが高まっている 「OOHオーディエンス・メジャメント標準化検討WG(仮称)」の目的:• OOHオーディエンス・メジャメント手法およびデータ仕様の標準化を推進することにより、OOHメディア価値の透明性・客観性・信頼性を高め、マーケットの拡大に寄与する• 検討範囲は、デジタル・アナログ、広告・販促などを問わず、広くOOHメディア全体を対象とする。 ただし、これらは異なる評価要素も予想されるので、ガイドラインは必ずしも一つではないことが考えられる 「OOHオーディエンス・メジャメント標準化検討WG(仮称)」の活動内容:• 国内外の事例研究・技術研究• PoCの実施• ガイドラインの策定• 啓蒙活動 「OOHオーディエンス・メジャメント標準化検討WG(仮称)」の運営方法:• WGメンバーはDSC正会員より任意参加の形をとる• DSC正会員以外もオブザーバとして陪席可能とする• 参加申込は別途DSC会員向けのメーリングリストをご確認ください。 2019年6月14日 一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム(東京都港区)は、近年利活用が増えてきたデジタルサイネージにおける各種センサー利用と、 それに伴う生活者のプライバシー保護の観点から、デジタルサイネージでセンサーを用いるにあたって遵守すべき事項をまとめた を制定しました。 本ガイドラインの策定にあたっては、経済産業省、総務省およびIoT推進コンソーシアムによる「カメラ画像利活用ガイドブックver2. 0」(平成30年3月30日公表)を参考として、当ガイドブックで対象としているカメラ画像に加え、 その他のセンシングデータ(音声・静脈データ等)をデジタルサイネージで利活用するシーンを想定し、配慮事項や適用ケースをまとめています。 また、センサーを利活用することで生活者にとって価値の高い情報を提供するセンシングサイネージであることを示すとともに、センシングデータの適切な運用を行っていることを示すシンボルマークを策定しました。 本ガイドラインに準拠したセンシングサイネージを設置運用する際には使用することができます。 使用は届出制となっておりますので、をご確認下さい。 本ガイドラインは、センシングサイネージ導入・運用時に際する推奨であり、デジタルサイネージ事業者に強制するものではありません。

次の

新宿駅に巨大なセンシングサイネージが登場

センシング サイネージ

さて、個人の著作物であると判断される映画は、本人の死後50年ルールが適用されるため、安易に使うと火傷するかもしれません。 2006年、パブリックドメインコンテンツ販売の一環として、チャップリンの映画を複製販売していた業者が、チャップリンの親族(会社)から訴えられた事件があります。 この時は結果的に業者側が敗訴し、販売停止と賠償金の支払いを命じられました。 平成19年8月29日の東京地裁判決では、チャップリンの映画の著作権を下記の通り認定しています。 「サニーサイド」 1919年公開 2015年12月31日まで保護 「偽牧師」 1923年公開 2015年12月31日まで保護 「巴里の女性」 1923年公開 2015年12月31日まで保護 「黄金狂時代」 1923年公開 2015年12月31日まで保護 「街の灯」 1931年公開 2015年12月31日まで保護 「モダン・タイムス」1936年公開 2015年12月31日まで保護 「独裁者」 1940年公開 2015年12月31日まで保護 「殺人狂時代」 1947年公開 2017年12月31日まで保護 「ライムライト」 1952年公開 2022年12月31日まで保護 当時のニュース 判決文はこちら チャップリン映画の著作権保護期間については、最高裁まで上告が続き、判断が確定しました。 最高裁判例(上告の棄却)平成21年(2009年) 裁判を受けて一旦販売停止になったチャップリンの映画ですが、2016年6月現在、一部のコンテンツが500円映画として販売再開されています。 (映画の版権を持っている企業としては面白くないでしょうが) 2016年6月現在のAmazonの様子。 販売年が「2016年」になっているのがポイントですね。 ローマの休日のオードリーヘップバーンに商品をPRして貰えればさぞ販売が捗るでしょうが、そうはいきません。 著作物の改変については、著作権切れとは別に保護されています。 第三者による勝手な改変が横行すれば、平和の象徴として生まれたキャラクターが戦争のプロパガンダに使われるかもしれませんし、本来善良なキャラクターが人殺しとして扱われるかもしれません。 著作者と作品の尊厳を無責任な改変から守るルールを著作者人格権と言います。 商標は更新する限り権利が続き、特に有名な商標のパブリックドメイン化はほぼありません。 例えば、チャップリンのシルエットや名称等は商標登録されており、これをうっかり商売で使うと酷いことになるかもしれません。 ですから、パブリックドメイン入りした映画であっても、ひとつの独立したコンテンツとして上映する必要があります。 刑法175条 わいせつ物頒布等の罪の条文には、「わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。 」とあります。 デジタルサイネージでの表示は陳列にあたります。 常識的に考えて、エロ動画を大画面で路上に公開すれば、おまわりさんに怒られますよね。 今後TPPが発行した場合、著作権保護の環境は大きく変わる可能性があります。

次の

新宿駅に巨大なセンシングサイネージが登場

センシング サイネージ

サイネージリブーター(RPC-M4HSi) サイネージでは、プレイヤーとなるセットトップボックス(STB)はOSまでは正常だが、アプリケーションレベルでフリーズしている場合があり、この場合はPINGによる死活監視ではフリーズを検出することができない。 サイネージリブーターでは、ハートビート監視機能と独自のソフトウェア「MRC HB Ver2. 0」を連携させることで、サイネージのアプリケーションレベルまで対応したフリーズ自動検出&自動復旧が可能になる。 MRC HB Ver2. 0は、独自CPU解析アルゴリズムによってメディア再生ソフトを監視、動画再生の停止を検知し、ハートビートパケット送信を停止させることで、一連の復旧動作を行わせることができる。 復旧動作については、STBを安全にシャットダウンさせてからの電源リブート、電源オンのタイミングでWake on LANを実行でき、自動的にSTBを再起動できる。 ディスプレイ側は、ディスプレイの電源をオフにし、STBの起動、動画再生が始まった後にオンにすることができる。 このようにして、フリーズによる不具合画面を見せないようにしつつ、動画再生可能な状態へ復旧できる。 また、STBの起動段階でフリーズした場合も同様に、自動的にリブートを行うことで復旧できる。 このほか、サイネージの運用時やメンテナンス時に活用できる機能として、指定時間に電源のオン/オフなどが行えるスケジュール制御や、汎用スイッチを取り付けられる接点入力も装備する。

次の