どんなときもwifi 契約。 法人のお客様|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの解約|契約解除料と違約金のかからないタイミング

どんなときもwifi 契約

どんなときもWiFiはデビットカードで契約できるの? 結論としては、どんなときもWiFiはデビットカードで利用できません。 デビットカードが対応していれば、クレジットカードが無くても契約できますし、口座振替の手続きが面倒で嫌いという方にとっても嬉しい条件になります。 しかしながら、どんなときもWiFiはデビットカードでの契約ができないので、どうしてもデビットカードで使いたいという方は他の支払い方法を検討するか、他のポケットWi-Fiを検討する必要が出てきます。 デビットカードで支払えるポケットWi-Fiってどんな企業? デビットカードで支払えるポケットWi-Fiは、どちらかというとマイナーな企業であることが多いです。 なぜなら、支払い方法を多く設けることで、「デビットカードで契約できるならこのサービスを申し込もう」という一定数のユーザーを取り込みたいからですね。 いい例としてはWiMAXがあります。 WiMAXは以前はデビットカードでの支払いができていましたが、現在はデビットカードは非対応となっています。 かず店長 WiMAXを例に見ても、知名度が低かったころやユーザーを増やしたかった当時はデビットカードにも対応し、知名度が高くなり、ユーザー数も増えたことでクレジットカードと口座振替での支払いが必須となっていきました。 そのため、デビットカードに対応しているポケットWi-Fiは、サービス開始から間もないものや、ちょっとマニアックでマイナーなポケットWi-Fiというケースが多いです。 どんなときもWiFiに対応している支払い方法は? どんなときもWiFiは、クレジットカード払いか口座振替での支払いに対応しています。 では、いったいどちらの支払い方法がおすすめになるのでしょうか? クレジットカード払いと口座振替のメリットとデメリットについて簡単に紹介しておきますね。 クレジットカード払いのメリットとデメリット どんなときもWiFiはクレジットカード払いに対応しています。 クレジットカード払いで申し込むメリットには、月額が安くなるキャンペーンを行っているという点や、契約の際の本人確認が不要になるといったものがあります。 クレジットカード払いのメリットやデメリットについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので、気になる方は参考にして下さい。 口座振替のメリットとデメリット どんなときもWiFiを口座振替で契約するメリットは、クレジットカードを持っていない方でも契約できるという点です。 クレジットカード払いよりもキャンペーン内容が弱くなってしまうのは残念ですが、それでも口座振替に対応していないポケットWi-Fiもあることを考えると、口座振替に対応してくれているだけでもありがたいですよね。 どんなときもWiFiを口座振替で申し込むメリットとデメリットについてなど、詳しくはこちらの記事で紹介しているので、口座振替に興味がある方は参考にして下さい。 なので すでに口座振替にしようと思っていても、念のためデビットカードについても調べてみたという方も多いと思います。 デビットカードが無理なら口座振替で申し込もうと思い始めた方へのアドバイスとしては、口座振替の手続きはクレジットカードよりも複雑なので、心して申し込むようにしてください。 とくに初めて口座振替をする方や、モバイルWiFiを持つことも初めてという方は手続きに迷ってしまい、申し込みにかなりの時間がかかります。 少しでも手続きに不安がある方は、口座振替の流れと手順を解説したこちらのページを必ず確認してください。 デビットカードで契約できるポケットWi-Fiはあるの? そもそも、デビットカードで契約できるポケットWi-Fiはあるのか?ということが気になっている方もいると思います。 WiMAXを調べてはデビットカードNGで、他のポケットWi-Fiを調べてみても非対応。 さらにどんなときもWiFiもデビットカードは使えないとなると、そもそもデビットカードでポケットWi-Fiを契約できるサービスなんてないのでは?と不安に思っている方もいると思います。 かず店長 デビットカード対応のポケットWi-Fi「Wi-Fi東京」 WiFi東京というネーミングから、東京でしか使えないのでは?と誤解されがちなポケットWiFiです。 実際は日本国内の99%のエリアで使えるポケットWi-Fiです。 このWiFi東京は、現状でもデビットカードに対応しているポケットWi-Fiです。 しかし、日にちを決めてレンタルするタイプのポケットWi-Fiなので、一時的にどうしても必要になったというケース以外では、あまり活躍する機会が少ないポケットWi-Fiです。 用途としては急な入院や一時出張などでポケットWi-Fiが必要になった時なので、長期利用を希望する方にとってはおすすめできないサービスとなっています。 レンタル価格も1日400円や30日6,000円など、ポケットWi-Fiに詳しい方からするとかなり高額だと分かる料金です。 それでも、どうしてもデビットカードで契約したい!一時的に必要なんだ!という方にとっては救世主となるポケットWi-Fiです。

次の

どんなときもwifi 初期契約解除制度について【完全版】

どんなときもwifi 契約

【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】は2019年に格安のモバイルWiFi(ポケットWiFi)としてサービスを開始しています。 この2つのサービスは、今までのモバイルWiFiルーターの料金の常識を覆しかなり格安です。 そして「どんなときもWiFi」と「縛りなしWiFi」共に2019年前半には注文が殺到し納期が遅れるという状況に陥ったほどの人気ぶりでした。 「どんなときもWiFi」と「縛りなしWiFi」はそれぞれサービスに大きな特徴があり、料金以外でも比べてみる価値があることから、両サービスをじっくり比較してみました。 これからモバイルWiFiをお申し込みされる方は、是非【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】の魅力も知っていただきたいと思います。 そして【どんなときもWiFi】と【縛りなしWiFi】の比較表をご確認いただき、これからご注文される候補にあげてみるのもいかがでしょうか。 そしてそれを無料で提供する代わりに契約期間を決め月額料金が高くしている傾向にあります。 「どんなときWiFi」と「縛りなしWiFi」のように、モバイルWiFiルーター端末はレンタルにすることにより、月額料金が抑えられる可能性は高くなりますが、端末種類が選べないという欠点もあります。 2、通信容量制限なし 現在比較的料金が安いモバイルWiFiのプランには、月額利用通信量の制限を設けているところが多くあります。 例えば、現在圧倒的にシェアーの高いKDDI系のWiMAX回線の料金が安いプランには、月間7GBの制限がかかっています。 しかし「どんなときWiFi」と「縛りなしWiFi」は格安にもかかわらず、通信容量制限がありません。 利用エリアが一番広い(トリプルキャリア)• 海外利用もこれ一台• 最短当日発送、翌日到着• 端末は選ぶことができない• 原則クレジットカードが必須• いつでも解約でき違約金もかからない• SoftBank回線とWiMAX回線のどちらかを選択• 最短当日発送、翌日到着• 端末は選ぶことができない• クラウド上のSIMサーバーに必要なSIM情報があります。 利用者はWiFiルーターからのリクエストに応じて、SIM情報をここから自動で取得します。 よってどの国・地域でもSIMカードの差し替えは必要なく通信が行えます。 日本国内においては、「au」「docomo」「SoftBank」のそれぞれの回線から、自動で最適な通信回線を選択します。 クラウドSIMは次世代の通信技術です。 どんなときもWiFiと縛りなしWiFiの比較からみたサービスの特徴 比較から見た「どんなときもWiFi」のサービスの特徴 どんなときもWiFiの回線は国内の場合、au、docomo、SoftBankから自動で選択してくれるというものです。 よってどんなときもWiFiの人口カバー率は最強となります。 また携帯電話で利用している回線を通信で利用することで、WiMAX回線では苦手なビル内や地下街、地下鉄内等でもつながりやすくなります。 そしてどんなときもWiFiの 一番の大きな特徴は利用制限がないことです。 よってYouTube等の動画や映像配信サービスで映画等、消費容量が大きい映像はいくら観ても速度制限がかかりません。 ご自宅が光回線を通したくても工事が出来ないような方には、特に最適なサービスとなります。 但しどんなときもWiFiは 契約期間が2年となり、それ以降は月額料金も500円高くなることから、このタイミングで乗り換えを行った方がよいかの検討をすべきでしょう。 このタイミングであれば解約違約金もかからないことから検討は必須です。 またSoftBank回線は、WiMAX回線では苦手なビル内や地下街、地下鉄内等でもつながりやすくなります。 回線の速さより安定を求めるのであれば、WiMAX回線よりSoftBank回線をおすすめします。 縛りなしWiFiの料金は、2020年2月現在、通信容量制限なしのプランで、これ以上安いところは見つかりませんでした。 料金面では最安値となります。

次の

どんなときもWiFiは法人契約可能│ビジネスでも使えておすすめな理由

どんなときもwifi 契約

契約解除料は契約してから何ヶ月目で変動 契約期間中に発生する契約解除料は、契約した月から解約を申し込んだ月までの期間で変動します。 最大19,000円の契約解除料がかかります。 契約月 契約解除料 0~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目 更新月 0円 26ヶ月目以降 9,500円 どんなときもWiFiの契約期間は料金プラン問わず2年、契約解除料は19,000円~9,500円と覚えておきましょう。 また、解約時には期限までに機器一式を返却する必要があり、 期限に遅れると18,000円の機器損害金が上乗せされます。 解約のタイミングを見計らったり、期限以内に機器の返却を行えば0円で解約も可能ですが、高額な金額を請求される事もあるので注意が必要です。 契約解除料や違約金をかけずに解約する方法もある どんなときもWiFiで 契約解除料や違約金をかけずに解約する方法は主に3つあり、現在どんなときもWiFiを契約してからどれだけの月日が経過しているかで変わります。 0円で解約する為には契約してから今がどのタイミングなのかを把握しているのが大事なので、契約からどのくらいの月日が経過したのかを確認しておきましょう。 なお前述の通り、解約時には機器の返却が遅れると解約金とは別に料金を請求されるので、解約金を0にする事に集中する余り機器の返却を忘れるような事態は避けましょう。 契約更新月まで待つ 最もオーソドックスな契約解除料・違約金をかけずに解約する方法は、2年後の契約更新月を待つという方法です。 サービスを利用しながら契約更新月を待つ方法は、スマホでもあるのでユーザーにとっては馴染みが深く 分かりやすい方法です。 契約更新月を待つ方法の特徴や注意点は以下のようになります。 契約更新月は契約月の2年後の翌月と覚えておこう どんなときもWiFiの契約更新月は25ヶ月目と設定されているので、 契約月の2年後の翌月が契約更新月になります。 例えば、2019年6月契約なら2021年7月が契約更新月となります。 契約更新月を逃すとまた2年間の契約期間が更新されてしまうので、2年後に解約を予定しているならスマホのカレンダーアプリ等に前もって予定を記入しておきましょう。 お得に利用するなら更新月に解約して再契約 「2年後の解約は予定しておらず、どんなときもWiFiの長期利用を考えている」という方でも 契約更新月で一度解約した方が月額料金の面でお得です。 どんなときもWiFiの月額料金は、25ヶ月目以降は割引等が無くなり月額料金が高くなるので一旦解約して再度新規で契約した方が月額料金は安くなります。 解約して再度新規契約する手間はかかりますが、その後の2年間の料金を考えれば手間をかける価値はあるのでおすすめです。 契約更新月は1ヶ月しかないので注意 どんなときもWiFiの契約更新月ですがドコモ、au、ソフトバンクのようなキャリアの更新月と異なり、 1ヶ月しか設定されておりません。 この1ヶ月の間に解約をしないと再度2年契約がスタートしてしまうので、先ほど申し上げたようにスマホのカレンダーに予定を前もって入れておく等の対策をしておきましょう。 後述していますが解約の申し込みを行っても、月末まではWiFiルーターは使用できるので解約を失念しない内に申込んでおいた方が確実です。 契約更新月を逃すと9,500円の契約解除料となる 契約更新月を逃してしまうと 再度2年契約となり、2年間の間に解約しようとすると9,500円の契約解除料が発生します。 もし解約を忘れてしまった場合、以下2つの選択肢がありますがトータルで見ると支払い総額はあまり変わりません。 9,500円の契約解除料を払って解約してどんなときもWiFiを新規契約しなおす• 更新された2年契約を継続して2回目の契約更新月で解約しなおす この2つの料金に大きな差は無いので、お得に解約するなら1回目の契約更新月を忘れるのだけは絶対に避けたいものです。 次の章でも引き続き、契約解除料・違約金をかけずに解約する方法について解説します。 いつでも解約サポートを申し込む 契約更新月を待つ方法の他にもどんなときもWiFiには『いつでも解約サポート』と呼ばれる 解約時に違約金を免除するサービスがあります。 主に利用されるのはどんなときもWiFiの電波が入りにくく感じる、固定回線の方が良いと感じているユーザーです。 違約金免除で乗り換えられるならお得だ! と思うかもしれませんが、きちんと手順と条件を押さえておきましょう。 提供元のネット回線に乗り換えるのを条件に違約金をゼロにするサービス 『いつでも解約サポート』はどんなときもWiFiを解約する際に、どんなときもWiFiの提供元の 株式会社グッド・ラックが提供しているネット回線に乗り換えるのが条件です。 どんなときもWiFi提供元の株式会社グッド・ラックはNEXT mobileや過去に固定回線の販売も行った事があるようで、そちらに移行するなら解約金を免除する仕組みです。 どんなときもWi-Fiユーザーならいつでも利用可能 『いつでも解約サポート』はどんなときもWiFiを利用しているユーザーなら、文字通りいつでも利用可能となっています。 どんなときもWiFiから固定回線や他のモバイルルーターに乗り換えたいユーザーは、違約金ゼロで乗り換えたいならこのサービスを利用してみるのも良いでしょう。 いつでも解約サポート申し込みの手順• どんなときもWiFiモバイルルーターサービス 0120-320-146 に連絡する• いつでも解約サポートを利用し解約したい旨を伝える• モバイルルーター希望か、固定回線サービス希望かを伝えて開通の手続きを行う• 開通確認後どんなときもWiFiの解約を行う 上記の流れがどんなときもWiFiの『いつでも解約サポート』を利用して、違約金免除で解約をする一連の流れになります。 固定回線を希望する場合は、固定回線の開通確認後再度どんなときもWiFiモバイルルーターサービスに連絡し解約希望の連絡を入れる必要があります。 いつでも解約サポート申し込み時の注意点 いつでも解約サポートを利用して契約した 新サービスを、初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される点に注意が必要です。 新サービスに納得がいかなかった場合でも、いつでも解約サポートを利用した場合は基本的に使用し続ける必要があります。 他にもいつでも解約サポートは、1度利用すると1年間は再度利用出来ないので様々な業者を短期間で渡り歩くのも不可能な仕組みになっています。 初期契約解除を利用する 契約解除料や違約金をかけずに解約する最後の方法が、初期契約解除を利用して利用初期の段階でどんなときもWiFiを解約する方法です。 契約更新月を待って解約をする方法、いつでも解約サポートを利用して解約をする…いずれもユーザー側が積極的に違約金をかけずに解約をする方法でした。 初期契約解除は今までの方法とは違い、やむをえない事情や初期不良が原因でどんなときもWiFiを解約するのに利用されます。 契約して商品を受け取って8日以内に申し込みが必要• どんなときもWiFiの商品を受け取って8日以内にカスタマーセンター 0120-048-277 に連絡する• 商品を受け取って8日以内に機器一式を指定住所に発送を行う 初期契約解除を利用するには、どんなときもWiFiの商品、いわばモバイルルーターを受け取ってから8日以内に上記の手順で初期契約解除を申込む必要があります。 8日以内のカスタマーセンターに連絡と記載ありますが、実際には 8日以内に指定された住所に発送している必要があるので猶予は短めです。 初期契約解除を申込む場合はスピード勝負と思っておいた方が良いでしょう。 事務手数料3,000円は免除されない 初期契約解除を申込むと違約金は免除されますが、契約を結ぶ際に支払った事務手数料3,000円は初期契約解除でも免除されません。 事務手数料までは0円にならないので実質0円で解約できる訳ではありませんが、初期不良等で利用出来ないルーターを持ち続けるなら早い内に解約した方がお得です。 機器一式の欠品があると18,000円請求されるので入れ忘れに注意 初期契約解除では下記の機器一式の発送・返却が必要となります。 モバイルWiFiルーター本体• USBケーブル• 取扱説明書• 個装箱 返却時の機器に 1つでも欠品がある場合は機器損害金として18,000円請求されてしまいます。 従来のWiFiルーター業者と異なり、WiFiルーターをユーザー側が購入するのではなくどんなときもWiFiからレンタルする方式です。 契約更新月を待ってから解約するパターンと同じで、どんなときもWiFiは解約時には一式揃って返却する仕組みなので、返却時に欠品が出ないよう管理は厳重にしておきましょう。 どんなときもWiFiの解約で注意すべき点 最後にどんなときもWiFiの解約についてよくある質問をまとめました。 契約更新月で解約はどこから申込むのか どんなときもWiFiの解約は初期契約解除と同じく、どんなときもWiFiのカスタマーセンター 0120-048-277 に連絡して申し込みをします。 その後、電話やメールでの連絡にてどんなときもWiFiの解約を承るような流れになっております。 解約申し込み後いつまでWiFiが使えるのか? どんなときもWiFIの解約を申し込んだ後はすぐにWiFiが利用できる訳ではなく、 当月末まではWiFiを利用する事が可能です。 月をまたぐとWiFiの利用は出来なくなるので、解約申し込み当月は継続して利用可能ですが、次月は利用不可と覚えておきましょう。 機器の返却はいつまでに行うのか? どんなときもWiFiを通常の解約で申込む場合は、 翌月5日までに指定された宛先まで機器一式を発送する必要があります。 月末一杯までWiFiを使用しても良いですが、離島等発送に時間がかかる場所にお住まいなら月をまたぐ前に念を入れて発送しても良いかもしれません。 どんなときもWiFiの解約はタイミングやスピードが重要 どんなときもWiFiで契約解除料と違約金をかけずに解約をする方法は下記の3つです。 契約更新月まで待って解約する• いつでも解約サポートを利用する• 初期契約解除の制度を利用する この内、一般的で最も利用される手段は契約更新月まで待つ方法なので、契約更新月がいつなのかタイミングを見定めておく必要があり、契約更新月には迅速な解約処理が必要です。

次の