財布 色 風水 2020。 財布の色は「グリーン」に! 風水&カラーコーディネートで選ぶ2020年の開運色

2020年のラッキーカラーとは?風水師コパさんおすすめの開運方法

財布 色 風水 2020

Contents• 2020年 財布の使い始めによいとされる吉日はいつ? 今回は、2020年の、お財布の使い始めに縁起が良い日とされている3つの吉日を紹介します。 春の時期に買う春財布は「財布が張る(春)」=「財布が膨らむ」と言われていて縁起がいいとされています。 2020年の立春は2月4日なので、それ以降は暦の上では春。 立春を過ぎてから使い始めてもいいですし、4月の新生活に合わせて新しい財布にして心機一転頑というのもいいです。 その中でも暦のうえで、特にお財布の使い始めに吉日とされる日を見ていきましょう。 天赦日(てんしゃにち) 天赦日は、暦の中で最も良い大吉日とされています。 天赦日とは、天が万物の全ての罪を許す日という意味で、最上の吉日になります。 そのため、天赦日には「万(よろづ)よし」とも注記されています。 「万よし」とは、「何に関しても良し」という意味があり、婚礼、引っ越し、開業、出生届、財布の新調などが特に良い日といわれています。 天赦日は季節と日の干支で決められており、1年に5,6回あります。 2020年(令和2年)の天赦日は• 1月22日(水)先負 天赦日+一粒万倍日• 2月5日(水)赤口 天赦日+寅の日• 4月5日(日)先負 天赦日+寅の日• 6月20日(土)友引 天赦日+一粒万倍日• 9月2日(水)先負 天赦日• 11月1日(日)赤口 天赦日• 11月17日(火)赤口 天赦日 新しいものを使い始める日としても良いとされているので、天赦日にお財布を新調すると金運アップも期待できますね。 一粒万倍日 一粒の籾が稲穂のように万倍にも増えるという意味で、これも大変良い吉日です。 そのため、何かを始める時には特に縁起が良い日とされており、商売の始めや種まき、新調した財布を使い始める日などにはぴったりです。 「物事が何倍にも膨らむ」ことから「お金が何倍にも膨らむ」と考えられているため、この日にお財布を購入したり使い始めると良いとされています。 ただし、一粒万倍日は、人から何かを借りたり、借金をするなどの負のことに関しては、その苦労の種が万倍になるということで凶とされているので注意が必要です。 銀行での借り入れの契約日や実行日、人からもし借金をするようなことがあっても、一粒万倍日は避けたほうがいいです。 「使ったお金がすぐに戻ってくる」とか「お金を招いてくれる」とされていて金運アップが期待できる日で、実は最も金運の最強な日なんです。 黄金色の虎は「金運の象徴」ともされていて、寅の日は、吉日の中でも一番おすすめしたい日でもあります。 2020年(令和2年)寅の日 2つ重なるラッキーデーは• 「春財布」ということにフォーカスすれば、立春からを春と捉えるなら、2月5日、4月5日が吉日と言えそうです。 元旦からを新春ということも踏まえるなら、天赦日+一粒万倍日が重なる1月22日も加えて最強な日といえそうです。 2020年 風水で色(カラー)や素材のオススメは? 金運UP!といえば黄色やゴールドをイメージされる方も多いはず。 一般的に知られているイメージ通り、黄色は財をもたらせてくれる色です。 さらに風水でラッキーカラーをうまく取り入れることでさらにパワーをUPさせてくれます。 【Dr. コパ風水】によれば、2020年のラッキーカラーは、• 金色(ゴールド) 風水師の李家幽竹さんが発表された2020年のラッキーカラーはバナナイエロー、ピーチピンク、サブカラーはアイボリー、キャメル、ゴールドです。 重なっているのは金色(ゴールド)ですね。 緑は、占い師・ゲッターズ飯田さん、イチオシの色でもあります。 お財布の色ということで考えた場合には• 緑色の財布:色自体に大きな金運を呼び込む力はありませんが、着実に全ての運が伸びていく色と言われています。 また自分自身が頑張れば頑張るほど、それに見合ったものがやってくる財布の色と言われています。 茶色の財布:五行からみると茶色の財布を「土」属性。 そのため、「金」を生む、育てる属性があるといわれています。 なので金運アップの色とも言われています。 金色のお財布:黄色の財布を超えるほどの金運アップ力を兼ね備えている財布と言われます。 ただし、黄色のお財布と同様に金運の効果は高く、たくさんのお金を呼び込むことができますが、出て行くお金も非常に多くなるようです。 お金の出入りが激しくなる色とも言われています。 ということで、その年のラッキーカラーがそのままお財布にオススメかどうかは、一概にはいえず、持つ人が持つ風水の特徴と合わせてみるとより自分に合ったカラーを見つけることができます。 中国の風水と日本の風水では色の考え方が違う!? 中国風水では五行でお財布のカラー選びをすることが重要とされています。 五行思想とは、中国古代の自然哲学の思想で、五行説ともいわれます。 万物は五種類の元素からなり、その元素は一定の法則で互いに影響を与えあいながら、変化し、また循環しているという思想です。 五行の「五」は五つの元素のことで、「行」は動く、めぐる、という意味を表します。 五種類の元素は人間の生活に不可欠な「木・火・土・金・水」の素材です。 相手を強める影響を与える関係を「五行相性(ごぎょうそうしょう)」といい、相手を弱める影響を与える関係を「五行相剋(ごぎょうそうこく)」といいます。 ここでも、強めるから良い、弱めるから悪い、ということではなく、バランスを問題としています。 trans-suite. 良い相性ということで相手を強める関係のことを言います。 木は火を強め、火は土を強め、土は金を強め、金は水を強め、水は土を強める。 この流れで人と付き合っていくと良い流れが生まれると言われています。 五行相克の法則 五行相生とは逆転して、反発してしまう関係です。 木は土に勝って、土中から木を成長させ、火は金に勝って溶かしてしまう。 土は水に勝って水の流れをせき止め、金の刃物は木に勝って切り倒してしまい、水は火に勝って消してしまう。 そのため、こちらは一方の要素が他方の要素を支配、コントロールするサイクルです。 あなたは五行では何になるかご存知ですか?わからない、知らないという方は、こちらのサイトで確認させていただくことができます。 五行の表す色 五行思想では、色をはじめ、森羅万象すべての要素が「木・火・土・金・水」の五つの要素にわけられ、象徴的に表されています。 木:青色(緑)• 火:赤色• 土:黄色• 金:白色(金・銀)• 水:黒色(青) この五行の色が風水で財布を選ぶ上で貴重な要素となります。 が、自分の五行の色がラッキカラーというわけではありません。 財運を上げるポイントはこの相克している要素にあります。 つまり、五行からみる自分のカラーそのものではなく、自分の足りない要素を補えるコトが金運のカギなのです。 2020年 金運が上がる財布の素材は? 財布の色と同様に財布の素材も重要になります。 実は素材そのものにも五行が密接に関わっているのです。 牛革の財布 お馴染みの素材という位置づけではないでしょうか?牛革は土属性の属するので豊かさを表してお金を貯める効果があるとも言われています。 羊革の財布 こちらは火の属性となります。 火の属性の財布らしく活発で、人脈などの運気アップも見込めそうです。 豚革の財布 豚革の財布は水に属する財布となります。 お金の流れをよくしてくれそうです。 パイソン(蛇皮)の財布 蛇皮の財布は金に属する財布です。 ちょっと人間味に欠けると言われるかもしれませんが、しっかりと取捨選択能力がアップする財布素材といえそうです。 ワニ柄の財布 トータル的に効果があるといわれています。 クロコダイル柄は最近、人気なってきています。 まとめ 2020年 財布の使い始めにいい日はいつかを調べてみると、「春財布」ということにフォーカスし、立春からを春と捉えるか、元旦からを新春と捉えるかによっても違いますが、• 2月5日、4月5日• 天赦日+一粒万倍日が重なる1月22日 が最良の日といえそうです。 財布の使い始めによいとされる吉日という考え方でいくと、• 天赦日• 一粒万倍日• 寅の日 などが、お金にまつわる吉日といわれています。 ただし、暦により、不成就日と重なることもあるため、注意が必要です。 金運を上げるには、自分の五行に合った、カラーと素材で選ぶのがおすすめです。 例えば「木」の私で言えば黄色かゴールドの牛革のお財布が金運UPに良さそうです。 また、お財布は買ってすぐ使うより、新札をいつもより多くいれ、家の北方位の暗くて落ち着いた場所に、きれいな布につつんで、10日から2週間程度寝かせるのがいいようです。 お金をつかっても、お金が仲間を連れて戻ってきてくれるお財布にしておくことが大事なようですね。 この記事を参考に、ぜひ金運アップしていきましょう。 今後を考える 今回は、金運UPを意識して、お財布の使い始めにいい日についてみてきました。 「お金」ってやはりみんな気になる所ですよね。 今の時代、国の年金制度、健康保険制度などをみても、このままでは苦しくなるばかり。 何かしら、手を打たないと、と漠然とした不安を抱えている人も増えています。 あなたはいかがですか? こうした中、私は先を見越して何をしたら良いのか、と考えている人に向けて、無料のメールマガジンを配信しています。 選択肢のひとつ、解決策の一助として、あなたの人生のお役に立てればうれしいです。 下記から無料で登録できます。

次の

財布の使い始め日 2020年!風水のベストカラーはコレ!

財布 色 風水 2020

ここ最近、女性雑誌を開くと「開運財布」という言葉をよく目にするようになりました。 それに特化した本も色々出ていますし、特集もよく組まれています。 しかし、「エッ、財布なんてどれでも自分が気にいればいいんじゃないの?」そう思う人っていませんか。 「財布って100円ショップでも買えるし、かと言ってブランド財布になると高額で値段に幅があるけど、どれくらいの金額のものがいいの?」「長財布がいいって聞いたけど、ほんと?」 改めて考えてみると、きっとお財布について色々興味がつきないと思います。 お財布って、金運を運んでくれる一番の窓口のようなものですものね。 今回は、その人の状態にあった最適なお財布を紹介していきたいと思います。 実は、お財布は形や色によって、あなたの運を上げてくれたり、下げてしまうことがあるんです。 一時期、黄色いお財布は金運が上がるといわれ、売り場が黄色のお財布だらけといったお店もありましたが、風水の考えによると、鮮やかな黄色は入る縁も呼びますが、それなりに出ていくお財布になります。 どうせ買うなら、自分にあった金運アップ間違いなしの開運財布を買いたいですよね。 ここでしっかり情報をゲットして、ステキなお財布を購入して下さいね。 どんなに気に入ったお財布でも、3年したら、購入した方が良いと言われています。 特に傷んだところや、汚れが目立ってきたら、3年経たなくても買い替え時です。 先ほど記した色を参考にして、自分の経済状態や願いに応じたお財布を購入して下さい。 購入日を、気にする人もいますが、それよりも使い始めの日が、大事です。 たまたま出かけた先で、ステキな財布に出会った人って、いますよね。 今日は良い日ではないから買わないなんて、思わなくてよいですよ。 次の日来たら、売れているかもしれません。 良い日にこしたことは、ありませんが、気に入ったお財布に出会えるチャンスは、意外と少ないですから。 さて、気に入ったお財布を買うことができたら、次はいつお財布を使い始めるかということですね。 この言葉、知っていますか? ・寅の日(とらのひ) ・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび) ・天赦日(てんしゃにち・てんしゃび) 毎年暦の本が、書店に行くと出版されています。 それを購入されている人は、見たことがあるかもしれませんね。 信じるかどうかわかりませんが、お財布にも意思があると言われています。 「本当かな?」と思うかもしれませんね。 一番最初に入れたお金の量をお財布は認識しているそうです。 そのため、いつもその額あたりの金額を維持しようとするというのです。 購入したら、使い始めの吉日の10日ぐらい前までしまっておきます。 なぜ10日ぐらいかと言うと、最低9日は次のように寝かせないといけないからです。 さて、10日ぐらい前になったら、自分にとって、ちょっと多めの金額、たとえば10万円とか・20万というお札を向きを揃えてお財布に入れます。 お札を多くするために千円にして揃えても良いです。 理想は帯付きの100万円が良いようですが。 そんなに現金がないという人は、一番上と一番下に本物のお札を置き、あとは、新聞紙でも良いので、同じ大きさに切り、束にして入れても良いですよ。 次に、お金を呼ぶ種銭を入れておきます。 お正月などに神社でもらう5円玉でも良いですし、新札でも良いです。 この種銭は使わないように、ずっとお財布に入れて置いて下さいね。 その後、魔を払う鈴をつけたり、カエルを模したものなどの縁起物を忍ばせておくのもオッケーです。 最後に、白い布か、半紙に包んで、神棚や家の北の方位の暗い場所ですから引き出しなどに置いておきます。 置いたあとは使い始める日まで、触らないように寝かせておきます。 吉日の使い始めの日が来たら、たくさんのお札は、抜いても構いません。 安っぽいお財布に見えないものが金運に良いのは、誰でもが思うことではないでしようか。 本革のお財布のほうがやはり金運を呼びます。 100円ショップで売っているお財布が悪いというわけではありません。 機能的になんの問題もありません。 しかも安いのは魅力的です。 しかし、金運アップを考えるなら、購入する時自分でちょっと高いなあと思う額のお財布を購入すると良いと言われています。 余裕がないと難しいと思いますが、あくまで支払える範囲で良いのです。 ちなみに、牛革はお金を貯める効果があり、羊革は良好な人間関係を招きます。 ワニ革は最高に良い金運を招き、蛇革はお金回りが良くなる効果がありますよ。 あなたにあったお財布のイメージができましたか?さて、それが決まったら、お店に出かけるだけですね。 ただし、古いお財布を粗末に扱わないで下さいね。 「今までありがとう。 」と心から感謝して下さい。 そのあと白い和紙などの紙や布に包み、粗塩を軽くふります。 その後、外から財布だとわからないようにして地区の定めた方法で処分しましょう。 その日が、雨の日ならなお良いです。 また、神社でお焚き上げをお願いしても良いですよ。 もっと丁寧に自分で処分したいと思う人は、家の中心から見て北・西・東北に旅行に行ったときに、白い和紙などに包んでホテルなどでお財布を処分しましょう。 次のお財布への金運アップの行動です。 さて、あとひとつ大事なことをお伝えします。 それは、お財布はあなたの心次第で良くも悪くも変わります。 完璧に近い状態まで金運アップの行動をしても、暗い気持ちや、どうせダメなのではないかと消極的な思いでは、良い金運財布にはなれません。 「これで、私の金運は、絶対急上昇する。 」と強く信じることが、あなたの運気を良い方向に導いてくれます。 では、あなたがお財布を通して幸せな日々が訪れますように祈っています。

次の

財布の色を風水で徹底分析!運気が上がる一般的な色とあなたのラッキーカラー!

財布 色 風水 2020

財布の色14色を勝手に金運順! 財布の色は、風水師やコンサルタントによって色々な説があります。 そこで、風水師3名、開運コンサルタント3名、あわせて6名のうち3名以上の意見が一致していることを基準とすることにしました。 金運について『良い』という意見が確実に多かった順で進めていきますので、参考になさってください。 ゴールドの財布 ゴールドは「金」そのものであり、 風水では金運アップといえばゴールドとされる色ですね。 風水のベースである五行でも、もちろん「金の気」を持つ色です。 金運の他には、才能が花開く、タイミングを良くするなど、 仕事で結果を出すことをサポートしてくれる色でもあります。 ちなみに、ゴールドはDr. コパ氏によると21世紀のラッキーカラー。 2019年も引き続きラッキーカラーに指名されています。 赤色の財布 赤色は五行では「金」を溶かす「火」そのもの。 そのため、 風水ではお財布に持ってはいけない色として扱われます。 一方で、赤色の持つエネルギーとパワーは、やる気や決断力をもたらすとも、金が溶けてお金の流れが活発になるとも考える風水師も。 人間関係でも、エネルギッシュな人は、は頼もしくもあり、一緒にいると疲れる相手でもあります。 そう考えると、赤色の財布は、ご自身もエネルギッシュで色のパワーに負けない人にはおすすめかもしれません。 なお、 赤色も2019年のラッキーカラーとして、Dr. コパ氏と李家幽竹氏が上げています。 ただし、お二人とも赤は財布の色としてはNGというお立場ですけど。。。 まとめ 財布は、風水では金運を高める重要なアイテムです。 また財布の色によって上昇する運気が違うと言われています。 風水では• 「金の気」の色である 金・銀・白• 金を生み出す「土の気」である 茶色・ベージュ が一般的に 金運を良くする色と言われています。 一方で絶対持ってはいけないとされる 二大NG色が金運を溶かす火の気を持つ 赤色と、金運を流すという 青色の財布です。 ただ、 自分が持つ五行によって、運気を調整してくれる ラッキーカラーは一人一人違います。 最後は、「気に入る」ことが「金が入る」ことにも通じますし、金運アップが期待できるからと自分らしくない色を選ぶと、かえってマイナスになるなんてことも。 この色にはこんな開運効果が期待できるのね!と、参考にしつつ、楽しく自分の気に入る財布を見つけることが一番ですね(笑)。

次の