添付 ファイル 開け ない。 PDFファイルが開けない・印刷できないなどの場合は、こちらをご覧ください|国税庁

Gmail の添付ファイルの表示とダウンロード

添付 ファイル 開け ない

Windows Liveメールでは、受信したメールにファイルが添付されている場合に、「禁止されているファイルの種類です。 」とメッセージが表示され、ファイルが開けないことがあります。 これはウイルスやスパイウェアが含まれている恐れのあるファイルをWindows Liveメールがブロック ファイルを開くことを妨げる しているためです。 このような場合は、以下の方法でファイルを開くことができます。 ブロックを解除すると添付ファイルを開くことができるようになります。 お問い合わせ先 Windows Liveのサポートは、マイクロソフト社で行っています。 無償サポートは、電子メールのみです。 サポートの詳細は、次のWebページをご覧ください。 ページは予告なく変更される場合があります。 開けないファイルの種類 Windows Liveメールは、以下のような拡張子の添付ファイルをブロックします。 これらのファイルには、ウイルスやスパイウェアが含まれている可能性があります。 開けないファイルの代表的な拡張子 拡張子 ファイルの種類. exe プログラム. com MS-DOSプラグラム. pif MS-DOSプログラムへのショートカット. bat バッチファイル. scr スクリーンセーバー 開けないファイルの拡張子の一覧 a:. ade. adp. app. asp b:. bas. bat c:. cer. chm. cmd. com. cpl. crt. csh e:. exe f:. fxp h:. hlp. hta i:. inf. ins. isp. its j:. jse k:. ksh l:. lnk m:. mad. maf. mag. mam. maq. mar. mas. mat. mau. mav. maw. mda. mdb. mde. mdt. mdw. mdz. msc. msi. msp. mst o:. ops p:. pcd. pif. prf. prg. pst r:. reg s:. scf. scr. sct. shb. shs t:. tmp u:. url v:. vbe. vbs. vsmacros. vss. vst. vsw w:. wsc. wsf. wsh ファイルを開く方法 ファイルを開く方法は以下のとおりです。 また、安全確保のため、ファイルを開いた後は設定を元に戻しておくことをおすすめします。 1 Windows Liveメールを起動します。 2 以下のいずれかの手順を実行します。 Windows Liveメールの場合 2-1メニューバーの[ツール]-[セキュリティのオプション]を選択します。 3 「セキュリティのオプション」画面が表示されるので「セキュリティ」タブをクリックし、[ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない]のチェックを外します。 4 [OK]をクリックして「オプション」画面を閉じます。 5 添付ファイルが開けなかったメールを開きます。 6 添付ファイルをダブルクリックして開きます。 7 「メールの添付ファイル-セキュリティの警告」画面が表示されるので、[実行]をクリックします。 8 添付ファイルの内容が確認できたら、の設定を元に戻しておきます。

次の

【Windows10メール】送られてきた添付ファイルが開けないときの解決方法 | The Windowsマスター

添付 ファイル 開け ない

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、からダウンロードしてください。 アドビリーダーをプログラムリストから選び、起動します。 [オプション] セクションを選択し、[PDFをブラウザに表示] にチェックが入っていない場合はチェックを入れて、[OK] をクリックします。 アドビリーダーを終了します。 再度、インターネットのPDFファイルへのリンクをクリックします。 もう少しこの接続状態のままお待ちいただくか、時間帯をずらして再度お試しください。 国税庁サーバーにアクセスが集中し、接続されにくい状況になっている。 お使いになられているパソコンの処理速度に問題がある。 お使いになられているインターネット機器等の通信速度に問題がある。 閲覧しようとされているPDFファイルの容量が大きい。 それでも印刷ができない場合は以下の確認作業を行ってください。 他のアプリケーションソフトから、他の形式のファイルが印刷できるか試す。 印刷ができない場合 お使いのパソコンやプリンターの基本的な設定の問題ですので、パソコンやプリンターの説明書などを活用してご確認ください。 上記1で印刷ができなかった場合は、プリンタの電源を切り、15 秒以上待ってプリンタの電源を再び入れて保存したPDFファイルの印刷を試す。 印刷ができた場合 プリンタのメモリがいっぱいだったと考えられます。 下記4以下の作業を行うために、現在閲覧しているPDFファイルをハードディスクにダウンロードし保存します。 PDFファイルをリンクからダウンロードするには、以下の手順に従います。 Web ページ内にあるPDFファイルへのリンクを右クリックし、ポップアップメニューから[別名で保存]、[リンクをディスクにダウンロード]または[対象をファイルに保存]を選択します。 [名前を付けて保存]ダイアログボックスで、ハードディスク上でのPDFファイルの保存先を選択してから[保存]をクリックします。 上記1で印刷ができた場合は、コンピュータを再起動してから、保存したPDFファイルの印刷を試す。 印刷ができた場合 システムでメモリ不足またはリソース不足が発生していたと考えられます。 質問 3 PDFファイルを印刷すると、「利用上の注意」が印刷されるので困っている。 回答 3 「利用上の注意」が印刷されないようにするには、次の操作をしてください。 プリンターのアイコンをクリックすると、[印刷] ダイアログボックスが画面上に現れます。 [印刷] ダイアログボックス内の[印刷範囲]の囲みの中にある[注釈]オプションのチェックをはずす。 [印刷] ダイアログボックス内の[印刷]ボタンを押す。 質問 4 PDFファイルを印刷すると予想と違った大きさで出力される。 回答 4 PDFファイルを印刷すると予想と違った大きさで出力されるときは、次の操作をしてください。 [印刷] ダイアログボックス内の「用紙サイズに合わせてページを縮小」または「用紙サイズに合わせてページを拡大」オプションにチェックが入っています。 「用紙サイズに合わせる」、「用紙サイズに合わせてページを縮小」、および「用紙サイズに合わせてページを拡大」オプションのチェックをはずす。 [印刷] ダイアログボックス内の[印刷]ボタンを押す。 その他の質問 番号 内容 質問 5 国税庁ホームページに掲載されているPDFファイルを保存して、編集加工したいのにできない。 回答 5 国税庁ホームページに掲載されている全てのPDF ファイルは、編集ロックがかかっているため、アクロバットなどのソフトウェアで編集や加工をすることはできません。 質問 6 国税庁ホームページに掲載されているPDFファイルのうち、一部に印刷すると不鮮明な部分のあるものがあるが、きれいに印刷する方法はないのか。 回答 6 国税庁ホームページに掲載されているPDFファイルは、2種類の方法で製作されています。 ひとつは、印刷用データなどから電子的に作成されたものです。 もうひとつは、印刷物を光学読取機で読み取らせて作成されたものです。 できる限り電子的に作成されたPDFファイルを掲載する努力をしているところですが、全てに対応できていません。 ご迷惑をおかけしますが、不鮮明なデータしかなく鮮明な印刷物が必要な場合は、最寄りの国税局若しくは税務署にお尋ねいただき、入手していただけますようお願いいたします。

次の

送信した添付ファイルが開けないのはどうしてでしょうか?

添付 ファイル 開け ない

突然ですが、会社で利用しているメールソフトは何を使っていますか? ウインドウズライブメール、サンダーバードなど、まだまだユーザー数は多いものの、ビジネスメールの送受信で主に利用するメールソフトは、OutlookとGmailの二強といっても良いでしょう。 Outlookユーザーが多い中での… 購入したパソコンに、プリインストールされているOutlookのユーザーは非常に多いのが今の日本の現状です。 そういった状況にも関わらず、Outlookの使いにくさに辟易している人もたくさんいると思います。 そうした傾向を象徴する、Outlookにまつわる一つの問題についてこれから紹介したいと思います。 メールの本文が読まれていない!? メールは文字情報が基本。 だから読めなければ全く意味はないわけで…。 なんと、一部のOutlookユーザーから添付したファイルが相手は見れていない可能性もあるという事象が発生していたのです。 事象としては「Outlookのユーザーが添付したファイルは、winmail. datというファイルに変換されている」ことがある。 というもの。 Outlook を使用する送信者から受信された電子メールに Winmail. Winmail. dat 添付ファイルが含まれる電子メールメッセージを受信することがあります。 この問題は、以下のすべての条件に該当する場合に発生することがあります。 電子メールメッセージが、Microsoft Outlook を使用するユーザーによって送信された。 メッセージの形式が、リッチテキスト形式 RTF である。 リッチテキスト形式で、Outlookからインターネットを使ってメールを送った場合、発生するということです。 Winmail. datファイルは、リッチテキスト形式を保持するために使用されます。 Outlookでは、リッチテキスト形式のメッセージを送信するときこのファイルを使用します。 datファイルに置き換えて送信するのは普通のことなんですね。 転送中に、メッセージのコンテンツが変更され、受信側のクライアントが形式に関する指示を読み取ることができなくなる場合があります。 他に、受信側のクライアントが Winmail. dat ファイルを使用または認識しない場合があります。 フムフム、なるほど。 このwinmail. datというファイルはメールの送り先がOutlookユーザーであれば開封できるものの、それ以外のメールソフトを使用しているユーザーは開くことができない、というわけです。 この問題を解決するには、送信者にテキスト形式でメッセージを再送信するよう依頼します。 それが一番早いし確実ですね。 とまあそうですが、今後もリッチテキスト形式で送りかねないわけで、そもそもの設定を変更しておく必要がありそうです。 他にもいくつか方法があります。 方法 2: 個人用アドレス帳の受信者エントリを変更する 方法 3: 特定の連絡先のメッセージ形式を変更する 方法 4: Outlook リッチ テキスト形式のインターネット電子メール設定を行う と方法はたくさんあるものの、方法1さえ忘れずにやっておけば事足りますので、まずは方法1をお試しください。 メールの受け手 winmail. datを受け取った場合、そのままでは見ることができないのでフリーソフトをインストールします。 winmail openerで展開し、メールの本文を読む方法です。 方法はカンタンです。 Webサイトが表示されたらページの真ん中あたり、Downloadコンテンツ Current version is 1. 6 last update: 25 May 2014. You can download the latest version of Winmail Opener from our download page. 「our download page. 」リンクをクリック。 遷移先の「Winmail Opener」の項目の下のリンク、あるいは右側の「Download Now」のバナーをクリック。 自己解凍形式ファイルなので、ダブルクリックして解凍• デスクトップにショートカットが作成されるので、そのショートカットの上に、winmail. datをドラッグアンドドロップ• 出てきた画面の「Open file」を押すと内容が見られます。 まとめ これを読んだあなたは、winmail. datファイルがウイルスか悪質なファイルかではないことはわかりますね。 しかし、知らない方も非常に多いため、メールの発信者側としては最低限、winmail. datをうっかり送り付けないようにしたいものです。 Outlookユーザーであれば一度、自分のメールソフトの設定を確かめてみることをオススメします!.

次の