我々だ ゾム イラスト。 私の好きな我々だ

○○の主役は我々だ!さんのコンビ名?の由来を教えてください!友人...

我々だ ゾム イラスト

概要 メンバーカラーは黄緑。 マイクラシリーズの期待の狂人。 味方最大の脅威。 暗殺者。 特殊工作員。 ガチのFPS民。 サイコパス。 潔癖症。 問題作「ロボロをプロデュース」の製作者。 エロ小僧。 彼が視点主の、マイクラスカブロシリーズなどの編集も務める。 現在はブロマガの編集長も務めている。 海底より音も無く侵攻する技術を持ち、マグマの展開具合を見て学ぶ、すれ違いざまに顔面にマグマをぶっかけるという下手なテロリストよりもテロリスト。 グルッペン氏いわく「ゲームスキルと戦闘性にステータスをガン振りしている戦闘狂」。 悪戯の常習犯であり、場合によっては他のメンバー(主にトントン、ロボロ、コネシマ、ショッピ)と組んで行う事もある。 エロ小僧弄りされることがあるが、めちゃくちゃ恥ずかしがる。 敵は殺すが味方も殺す。 いつの間にか敵地の塹壕に隠し通路を作り、そこから侵入・暗殺・貴重品の強奪・逃走経路の隠滅まで行うなど、戦闘とそれに関する頭の回転に関しては一線級の模様。 その為トントンから作戦の相談を受けるシーンも度々見られる。 なお一級線すぎてマイクラ人狼ではバレる事も多い。 ガチのFPS民らしく、L4D2においても初心者三人を連れてゲームを先導するPSを公開。 ゴール前では瀕死の仲間を問答無用で射殺。 特殊感染者が敵でもスナイプで防衛。 ゲームによってはジャイアニズムを行い部下や弱小国から没収や圧力を行うが見事報復される事もある。 ハンターとなった場合、相手によっては取り引き(という名の脅し)を行う。 かなりの大食いであり、腹いっぱいの相手に食べ物を食べさせ苦痛に歪む表情を見ることを好み、その行為を「食害」と評される。 ただしロボロに敵わず逆食害を受けたこともある。 最近は一度に食べきれる量が減ってきたと少し気にしている。 なお、この様子をモチーフとしたTRPG企画『その男、食害につき』もYouTubeで公開中。 『psは殺意でカバー』と宣言しているように、相手が敵ならたとえ身内だろうとコラボ相手だろうと誰でも容赦がない。 自身のサイコパスが効かないらっだぁとは不仲であるようだが、それはここだけの話。 メンバーからは「ゾム大佐」「ゾムーク」「 マケドニアの)兄貴」などと呼ばれる。 特徴的な笑い方をする事が多く、数年後のカルタ決め生放送でそれを指摘された際、「そんな笑い方したっけ?」と本人が述べるほど変わりまくっている。 我々式大喜利ではかなり危ない回答をしまくっているらしくよくカットされている。 またコネシマと同様、鬱先生の暴露ネタを非常に好む。 マイクラスキンは背面にクリーパーを模したスキン(フードを脱ぐとハゲ)。 背面から見るとクリーパーと酷似しており、他メンバーが見間違えてひやりとすることもある。 匠は親戚。 立ち絵は目元が暗いフード付きのつなぎを着た男性。 語録 「なんかもう穴見たらマグマ入れたくなるもん」 - ウィザー12体VS我々 part1 「無事に渡れると思うなよ!?」 - 【GTA5】本気のトライアスロン、開催! 関連記事 親記事.

次の

我々だ・ゾムの素顔はイケメン!?顔バレ画像や初登場回は?食害って?

我々だ ゾム イラスト

概要 メンバーカラーは黄緑。 マイクラシリーズの期待の狂人。 味方最大の脅威。 暗殺者。 特殊工作員。 ガチのFPS民。 サイコパス。 潔癖症。 問題作「ロボロをプロデュース」の製作者。 エロ小僧。 彼が視点主の、マイクラスカブロシリーズなどの編集も務める。 現在はブロマガの編集長も務めている。 海底より音も無く侵攻する技術を持ち、マグマの展開具合を見て学ぶ、すれ違いざまに顔面にマグマをぶっかけるという下手なテロリストよりもテロリスト。 グルッペン氏いわく「ゲームスキルと戦闘性にステータスをガン振りしている戦闘狂」。 悪戯の常習犯であり、場合によっては他のメンバー(主にトントン、ロボロ、コネシマ、ショッピ)と組んで行う事もある。 エロ小僧弄りされることがあるが、めちゃくちゃ恥ずかしがる。 敵は殺すが味方も殺す。 いつの間にか敵地の塹壕に隠し通路を作り、そこから侵入・暗殺・貴重品の強奪・逃走経路の隠滅まで行うなど、戦闘とそれに関する頭の回転に関しては一線級の模様。 その為トントンから作戦の相談を受けるシーンも度々見られる。 なお一級線すぎてマイクラ人狼ではバレる事も多い。 ガチのFPS民らしく、L4D2においても初心者三人を連れてゲームを先導するPSを公開。 ゴール前では瀕死の仲間を問答無用で射殺。 特殊感染者が敵でもスナイプで防衛。 ゲームによってはジャイアニズムを行い部下や弱小国から没収や圧力を行うが見事報復される事もある。 ハンターとなった場合、相手によっては取り引き(という名の脅し)を行う。 かなりの大食いであり、腹いっぱいの相手に食べ物を食べさせ苦痛に歪む表情を見ることを好み、その行為を「食害」と評される。 ただしロボロに敵わず逆食害を受けたこともある。 最近は一度に食べきれる量が減ってきたと少し気にしている。 なお、この様子をモチーフとしたTRPG企画『その男、食害につき』もYouTubeで公開中。 『psは殺意でカバー』と宣言しているように、相手が敵ならたとえ身内だろうとコラボ相手だろうと誰でも容赦がない。 自身のサイコパスが効かないらっだぁとは不仲であるようだが、それはここだけの話。 メンバーからは「ゾム大佐」「ゾムーク」「 マケドニアの)兄貴」などと呼ばれる。 特徴的な笑い方をする事が多く、数年後のカルタ決め生放送でそれを指摘された際、「そんな笑い方したっけ?」と本人が述べるほど変わりまくっている。 我々式大喜利ではかなり危ない回答をしまくっているらしくよくカットされている。 またコネシマと同様、鬱先生の暴露ネタを非常に好む。 マイクラスキンは背面にクリーパーを模したスキン(フードを脱ぐとハゲ)。 背面から見るとクリーパーと酷似しており、他メンバーが見間違えてひやりとすることもある。 匠は親戚。 立ち絵は目元が暗いフード付きのつなぎを着た男性。 語録 「なんかもう穴見たらマグマ入れたくなるもん」 - ウィザー12体VS我々 part1 「無事に渡れると思うなよ!?」 - 【GTA5】本気のトライアスロン、開催! 関連記事 親記事.

次の

ゾム (ぞむ)とは【ピクシブ百科事典】

我々だ ゾム イラスト

【天界組】 しんぺい「神」と、ロボロのイラストの「天」という張り紙から天界繋がりで天界組です。 トントンがHoIにて敵国である他国にも優しいところから字幕で「大天使」と言われていたことで、三人セットにしている人もいます。 【狂犬組】 コネシマが狂犬チワワ、シャオロンが煽りポメラニアンと呼ばれているところから、犬繋がりでまとめて狂犬です。 【爛漫組】 ひと「らんらん」とオス「マン」から取って爛漫です。 爛漫という言葉自体に関連がある訳ではなく、二人の名前からもじって語感重視で呼ばれているのだと思います。 【介護組】 動画内 特にHoI でよくガバる鬱先生をフォローするグルッペンという構図から、それが介護に見えると言った理由です。 【キチガイ組】 ゲームのプレイングで予想外なことをしでかしたり、ゲスい過激な発言をしているところからそのままキチガイ組です。 【三強】 一応HoIの上手さの順位かららしいですが、いつ頃から定着したのかはよくわかりません。 動画内の発言での元ネタらしい元ネタは無いです。 動画投稿当初はグルッペン、トントン、オスマン以外はHoI初心者だったらしいことから、自然にそう呼ばれ始めたと考えるのが自然かと思います。 【三僕】 ギスクラ日常編にて3人とも「どうも僕です」と自己紹介をした際に大先生が「この三僕で」とサラッと発言したところから広まった感じです。 【甘党組】 両者が甘いものをよく食べるといったような発言から、そのまま甘党組です。 【毒素組】 第二次世界大戦の主役は我々だにて、担当国の「独ソ」からもじって「まとめて毒素ね」とゲーム内チャットにてオスマンが発言したところから広まった感じです。 ファン内でよく呼ばれているものを他にあげるなら 【海賊組】 ギスクラ海賊編にて海賊を担当したゾム、シャオロン、コネシマのことです。 最初の動画で海賊だったゾム、シャオロンをセットで旧海賊組、リベンジにて海賊だったゾム、コネシマをセットで新海賊組と呼んでいる人が多いです。 【食害組】 ゾムとロボロです。 他人が苦しんで食べるところが好きというブロマガや生放送などでのゾムの発言と、生放送にてロボロがゾムを唸らせるほど何件もはしごしたという話をしていた際の「ゾムを超える食害」と言った発言から食害組です。 エーミールも大食いらしくセットにされることもありますが、一応公式ではメンバーが「エーミールは食害ではない」と発言しています。 【緑組】 オスマンとゾムです。 二人のイメージカラー 動画内で字幕に使われる色 が緑系であるところからセットで呼ばれることがあります。 ギロン主役は我々だにて鬱先生に向けられた「梅毒どうにかしろ!」という野次から取って梅毒、それを毒素と合わせて梅毒素です。 ですが「梅毒」というのは性病であり、ネタ元のギロンもあくまでそういうロールプレイをしているだけの動画であり、ニーチェの思想を演じているところから ニーチェは梅毒にかかっていたため の発言ですので、正直これは使うのはやめておいた方がいいです。 一応公式内で発言されたのは毒素、三僕くらいだと思います。 ですが本人らの中では今でも呼ばれているという訳ではなく、サラッと発言したその場のネタをファンが今でも使っている感じですね。 あとはファンの間で関連していることからセットで呼んでいるだけですね。 敬称略.

次の