軽 自動車 オイル 交換 時期。 【エンジンオイル 軽自動車編】交換時期や値段、選び方や交換方法は?

消耗品の交換時期を見極める!

軽 自動車 オイル 交換 時期

エンジンオイルは外気によって酸化したり、燃料が混入したりして徐々に劣化します。 オイルは劣化すると粘度が低下して油膜ができなくなり、前述の役割を果たせず、エンジンの故障につながります。 そのうえ、一度劣化したオイルは性能を回復しません。 そのため軽自動車に限らず、オイル交換が必要になります。 オイルの劣化は目視で簡単に判断できるわけではありあせん。 乗用車、軽自動車の場合は、一般的に使用期間や走行距離をオイル交換の目安にしています。 エンジンに不具合がなくても、オイルの量は徐々に減っていきますので、規定量を下回っていた場合は補充する必要があります。 ただ、一般的には減少量はごくわずかなので、オイル交換の時期までに補充の必要がない場合もあります。 もし減りが速いようならオイル漏れ、逆に増えた場合は燃料などの混入のおそれがあるので、定期的に確認するとよいでしょう。 一般的に乗用車、軽自動車のオイル交換時期は、各メーカーによって使用期間や走行距離が指定されています。 オイルの劣化は簡単にわかるものではないので、乗用車・軽自動車問わず、ガソリン車はほぼ共通の基準になっています。 車種によっては乗用車より軽自動車の方がオイル交換時期が早い場合がありますので、しっかり確認しましょう。 ちなみに、 大型車:乗用車よりオイルの使用量が多く、相対的にエンジンが低回転域で使われる結果、負荷が少なくなり、オイル交換せずに長距離走ることができます。 ディーゼル車:軽油が燃焼すると黒煙が生じ、オイル交換後でもすぐに黒く変色するため、透明度や色での判断が難しくなります。 各メーカーでガソリン車より短い走行距離を指定している場合が多いです。 *スズキ 乗用車、軽自動車(ターボなし):1年、15,000kmもしくは0. 5年、10,000~15,000km 乗用車、軽自動車(ターボあり):0. 5年、5,000km 備考:ターボなし車はエンジンの型式によって指定が違う。 シビアコンディション時は指定の半分。 *スバル 乗用車、軽自動車:1年、10,000km 備考:理想は0. 5年、5,000km。 *ダイハツ 軽自動車:0. 5年、10,000km ターボ車:5,000km 備考:シビアコンディションの場合は半分の距離。 *トヨタ 乗用車、軽自動車(ターボなし):1年、15,000km 乗用車、軽自動車(ターボあり):0. 5年、5,000km ディーゼル車:0. 5~1年、5,000~20,000km 備考:シビアコンディション時は半分。 *ニッサン 乗用車、軽自動車:0. 5年、5,000km *ホンダ ターボ車:0. 5年、5,000km それ以外:1年、10,000km 備考:シビアコンディション時は半分。 *マツダ 乗用車(ロータリーエンジン):1年、10,000km 軽自動車(ターボなし):0. 5年、10,000km 軽自動車(ターボあり):0. 5年、5,000km 備考:シビアコンディション時は半分。 *三菱 乗用車(ガソリン車):1年、15,000km 軽自動車(ターボなし):0. 5年、10,000km 軽自動車(ターボあり):0. 5年、5,000~7,500km 備考:軽自動車(ターボあり)は使用オイルによって距離が違う。 シビアコンディション時は半分。

次の

軽自動車のエンジンオイル交換時期は?色の目安も解説

軽 自動車 オイル 交換 時期

【目次】• 軽自動車のエンジンオイル交換目安の色は? エンジンオイルの交換時期は、クルマの種類や使用状況によって異なりますが、 エンジンオイルの色を見ることによって交換時期を判断することができます。 エンジンオイルをウエスに垂らしたときに、中心にスラッジと呼ばれる炭素や金属の燃えかすが残り、まわりにオイルだけが広がるようなら、まだオイル交換の必要はありません。 逆に、まわりにスラッジ混じりの真黒いオイルが広がっていくようなら、それはすでに交換しないといけないレベルまで汚れが広がっている状況です。 エンジンオイルの色をチェックする方法は? エンジンオイルの汚れの確認方法について説明します。 まず確認する際の注意点ですが、エンジンを切ってしばらく経ってから確認をしましょう。 何故しばらくしてからなのかというと、エンジンを切ってすぐはまだ熱をもっているため、手を火傷してしまう恐れがあるためです。 目安としては、エンジンを切ってから15分くらいは待ったほうがいいようです。 汚れの確認方法は、以下の手順で確認します。 『オイルレベルゲージ』を探す エンジンオイルはエンジンブロックから伸びている『オイルレベルゲージ』を確認することで、簡単にチェックすることができます。 オイルレベルゲージの位置ですが、エンジンルームの中からオレンジ色をしている輪を探してみましょう。 例外もあるようですが、オイルレベルゲージの取っ手はそうなっているケースが多いです。 その取っ手を見つけたら、グッと引き抜きます。 特別な器具なども必要ありませんので、比較的容易に抜くことができます。 オイルレベルゲージの先端を拭き取る オイルレベルゲージを抜くことが出来たら、次はオイルレベルゲージに付着しているオイルを拭き取ります。 その際はウエスという布きれや、キッチンペーパーを使用するといいでしょう。 その後は、再びオイルレベルゲージをもとの位置に戻します。 再びオイルゲージを抜いてエンジンオイルの色を見る 抜いて、戻して、再び抜いたオイルレベルゲージ先端部に付着しているエンジンオイルを見てみましょう。 そこから汚れ具合を判断していきます。 付着したエンジンオイルを、真白なウエスもしくはペーパータオルに滴らして下さい。 以上がエンジンオイルの汚れの確認方法と汚れ具合の判断方法です。 定期的なチェックをオススメします。 最後に注意していただきたいのですが汚れを判断するにはかなりの経験が必要です。 ですので自分でチェックしてもよくわからない場合は、ガソリンスタンド、カーショップなどで見てもらった方がいいでしょう。 色以外にオイル交換の時期の目安はある? 軽自動車『ガソリン車』のオイルの交換時期や走行距離などについてですが、距離は通常の道路を走行しているときは、1万5,000km、または1年が交換の目安です。 ただし、シビアコンディションと言って悪路走行が多い、走行距離が多い、山道な上り下りの頻繁な走行などの時は距離は7,500km、または6ヵ月を目安に交換することをおススメします。 ターボ車はオイル交換頻度が高い? ターボ車はノンターボと車と比べると1. 5倍くらいのペースでオイル交換した方が良いとディーラで言われているかも知れませんが、実際はどちらもオイル交換するタイミングは変わりません。 ただし、アクセルをよく踏み込んで加速する乗り方をする方は、ターボがかかり、回転数が上がりやすく、オイルの消費量が増えることから、3,000Km以内で交換した方が無難と言えます。 エンジンオイルの交換は、色が黒くなってきたら交換の目安なんですね。 ただ、ターボエンジンは交換を早くすると言う認識でしたが、違ったのですね。 でも、運転の仕方で変わってくると言うことですから、運転の方法に注意しなきゃです。 軽自動車のエンジンの特徴とオイル交換の重要性 軽自動車のエンジンには普通乗用車と違った、特徴があるのかを見ていきましょう。 普通車とはエンジンオイルの交換周期も変わってくるのかどうかについてもご紹介します! 軽自動車は3気筒が主流? まず、軽自動車エンジンは直列3気筒が主流です。 直列3気筒というのは、3つのシリンダーが順に並ぶレイアウトです。 全長が短くコストも低く抑えることが出来るため、ほぼ全ての軽自動車や一部コンパクトカーで採用されています。 メリットは低価格、部品点数が少なく故障の可能性も減ることです。 また同じ排気量の4気筒エンジンよりもロスが少なく燃費が良いことがあげられます。 デメリットは4気筒エンジンと比較して振動が大きく音もガサツなことです。 つまり質感が悪いという事です。 エンジンによってはアイドリング時のエンジンの振動の抑制技術であるバランサーシャフトが付いており、振動は低減されています。 この場合、特にアイドリング時など4気筒エンジンとたいした違いがないと感じる事もあります。 基本的に3気筒エンジンは実用性最重視のクルマに積まれることが普通なので、アイドリングストップと組み合わせられることも多く、これによって停車中の振動という欠点を感じさせません。 軽自動車のエンジンは高回転で使いがち? 軽自動車の場合、統計的に見れば普通車よりも、早くエンジンが壊れる傾向にあります。 これは、軽自動車の排気量、つまり絶対的なパワー、エンジンの力が普通車よりも非力であることが原因です。 なぜ非力だとエンジン寿命が縮まるのかというと、普通車よりもエンジン負荷が大きいからです。 一般道を走行中でも、普通車に比べ同じ速度でもエンジン回転数が高い• 上り坂、山道などでも、普通車に比べエンジンを回さなければ登っていかない• 高速道路走行時は普通車に比べエンジンが非常に高回転 つまり、非力であるがために、普通車と同じ速度で走行すると、エンジン回転数を上げざるをえないんです。 エンジン回転数を上げる、またはアクセルの踏む量を増やすということによってエンジンには負荷がかかります。 軽自動車のエンジンの寿命は? エンジンは機械ですので、普通車であれ、軽自動車であれ、確実に内部は磨耗、金属疲労が蓄積していきます。 ですので、負荷が大きい軽自動車のエンジンは、それが積み重なりトータルの走行可能距離に差が出てしまいます。 しかし、軽自動車だからといって、心配する必要はありません。 現在では機械加工の技術も年々飛躍的に上がっていますので、エンジン自体の精度、耐摩耗性などに優れたものになってきています。 なかなかずっと乗り続けるのは大変でしょうけど、現代の軽自動車は非常に耐久性が高いですからメンテをすれば20万km以上走ると思います。 寿命を延ばすためにはオイル交換が大切? 車の排気量が大きいと、エンジンの耐久性は高くなります。 これは、走行するエンジンの使用回転数が力があるため、低くなり、シリンダの摩耗が、小排気量、高回転エンジンより少なくなります。 しかし、車の排気量が大きいからと言って、エンジンオイルの取り換えをおろそかにすると耐久性は低くなってきます。 オイル交換をしっかり行っていないとオイルがどんどん汚れてしまうので、エンジンの内部にも鉄粉が溜まってしまうことや負荷がかかって点火が悪くなってしまうようなことがあります。 オイルは常にエンジン内部を循環しているものなので、しっかりと交換してください。 またオイル交換をする際にも2回に1回はエレメントも一緒に交換することが大切になります。 これによって常に新しくて綺麗な状態のオイルがエンジン内部を循環することになるので、エンジンに対する負荷もかからず長持ちさせることができますよ。 軽自動車におススメのエンジンオイルの選び方は? エンジンオイルを大きく分けると3つの種類があります。 鉱物油 鉱物油はスタンダードなエンジンオイルで値段は安価なのが特徴です。 部分合成油 部分合成油は化学合成油のいいとこどりのオイルで、値段は安い物もあれば中間くらいです。 化学合成油 化学合成油とは、オイルの粒子が揃っていて、不純物の少ない良いオイルなので値段は比較的高価です。 またオイルには粘度があってオイルの硬さ、粘度を示す指数は、例えば『0W-20』『5W-40』『10W-60』と呼ばれています。 当然温度が低い状態から高い状態まで性能の変化が少ないオイルの方が、粘度指数が高く高性能なオイルであると言えるので、10W-30よりも5W-30の方が高性能という事になります。 簡単に言えばオイル粘度で燃費が左右されたり、高速道路やサーキット向けのエンジンオイルになってきます。 燃費を重視するのであれば『0W-20』といったオイル粘度で、高速道路でも使用できます。 一般的にカー用品店などでは軽自動車に『0W-20』を推奨してくれるので、そちらで全然問題ありません。 軽自動車の燃費が普通自動車より良かったのは、エンジンが3気筒だったからなのですね。 また、エンジンオイルの定期的な交換が車の寿命を左右することも分かりました。 それと、エンジンオイルの粘土によって燃費が左右されるのですね。 オイルメンテを減らせるエンジンの耐久性が高い軽自動車は? 一般的にエンジンの寿命が短い軽自動車ですが、エンジンの耐久性の高い車種を選択することで、エンジンオイルの交換を多少おろそかにしても頑丈に走ってもらう事が出来ます。 そこで、エンジンの耐久性が高いエンジンを積んでいる軽自動車をご紹介します。 今回用いる耐久性品質ランキングには、JD power社が毎年発表している『2017年日本自動車耐久品質調査・Vehicle Dependability Studyの略称VDS』のデータを使用しました。 JD power社は、自動車関係の調査会社として長い歴史があり、ユーザーアンケートを基にクルマの満足度調査などを行う会社です。 自動車会社によっては、このJD powerの調査結果を参考にしてクルマの開発をしているところもあるようです。 全16ブランドの118モデルの車種を調査対象にしたデータになります。 ホンダ N-WGN ホンダNシリーズの中間車であるN-WGN。 走行燃料消費率は29. パワーと燃費のバランスが市場に位と言われている車種で、パワーのある軽自動車のなかで比べてみると低燃費で優等生な車といえます。 エネルギーを効率よく使う技術や、ボディーの重量、空気抵抗を徹底的に減らすことでクラストップの低燃費を実現しています。 スバル ステラ スバル ステラのベースはダイハツの基幹モデル『ムーヴ』です。 新型ステラカスタムRSは、新たに直列3気筒DOHCインタークーラーターボエンジンを搭載していて、最高出力64ps、最大トルク9. 4kg-mの高性能ぶりを発揮しています。 ホンダ N-BOX 新型ホンダN-BOXのエンジンは骨格部分からの再設計を実施して、従来のS07A型からS07B型に進化しました。 これまでと同じく自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類を用意し、自然吸気エンジンには『VTEC』、ターボエンジンには『電動ウェイストゲート』をそれぞれ軽乗用車で初めて採用したことが大きなトピックとなっています これにより、吸排気の効率を大きく高め、低速から高速まで軽快な加速性能を発揮しつつ燃費性能も向上させています。 値引きは限界です。 その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください! と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。 やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね? そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。 そんな時に役立つのが、 になります。 そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんと あなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。 私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。 そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。 初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。 だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。 かんたん車査定ガイドでは、 1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。 ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。 まとめ この記事では、軽自動車のエンジンオイル交換時期について、エンジンオイルの色の目安などをご紹介してきましたが、如何でしたか? 自動車を人間に例えればエンジンは心臓で、エンジンオイルは血液で、ガソリンは食べ物であると言えるのではないでしょうか。 漢方医学の世界には、『万病一元、血の汚れから』という言葉があります。 すべての病気の原因は1つ、それは血の汚れであるという教えがそこにはあるんですね。 人間の血液が汚れれば、色んな病気の原因となると言うことを、車に置き換えても同じことが言えます。

次の

軽自動車のオイル交換はいつ?適切なオイル交換が車の寿命を延ばす

軽 自動車 オイル 交換 時期

エンジンオイルの定期的な交換は、エンジンを保護するとともに、車の安全走行に欠かすことのできない、重要なメンテナンスです。 エンジンオイルの交換で気になるものとして、交換時期の目安や頻度、交換の際にかかる料金について知りたいという方も多いでしょう。 また、エンジンオイルの交換を自分(DIY)で交換したいという方もいるかもしれません。 ここでは、オイル交換の基礎知識はもちろんのこと、エンジンオイルの交換時期の目安やタイミング、エンジンオイルの種類や選び方、オイル交換の方法、自分(DIY)でオイルの交換をする際の準備や注意点、そして、オイル交換の依頼先の種類や費用相場など、エンジンオイルの交換に関する情報をご紹介します。 オイル交換をしないとどうなるのか エンジンオイル交換をせずに放置しておくと、最終的にはエンジンが故障する可能性があります。 エンジン内部では、燃料の不完全燃焼によって、スラッジと呼ばれる燃えカスが発生します。 スラッジはオイル交換を定期的に行っていればオイルと一緒に除去されるので、エンジン内部で詰まったりすることはありませんが、スラッジがエンジン内部に蓄積するとエンジンオイルの循環を妨げるため、最悪の場合エンジンの焼き付きを起こしてしまい、車両火災を起こしてしまう危険性もあります。 エンジンオイルを交換しないことで、エンジンの故障につながることはもちろんのこと、思わぬトラブルを発生させてしまう要因ともなります。 定期的にエンジンオイルの状態を確認して、適切に交換をするようにしましょう。 エンジンオイルの確認・チェック方法 エンジンオイルの状態を確認するためには、まずエンジンを切り、ある程度時間を置く必要があります。 エンジンを切った状態で、しばらく時間が経たないと、エンジンは高温を保ったままなので、火傷する危険性があるからです。 エンジンの熱が冷めたことを確認したら、次にオイルの量を確認するオイルレベルゲージを探します。 一般的な車の場合、ボンネットを開けると、エンジンルームから輪っか状の取手が付いているものがあるかと思いますが、これがオイルレベルゲージです。 このオイルレベルゲージを引き抜きます。 引き抜いたオイルレベルゲージを、キッチンペーパーやウエスなどで拭き取り、オイルの状態確認をします。 拭き取ったオイルの色やスラッジの状態でオイルが劣化しているかを判断します。 もし、スラッジが混じったどす黒い色をしていた場合は、オイルが傷んでいる可能性があるのでエンジンオイルを交換した方が良いでしょう。 また、エンジンオイルの量が適切に入っているかどうかも確認しましょう。 オイルレベルゲージの先の部分に「F」(上限)と「L」(下限)のマークが入っているところがあるかと思います。 この「F」と「L」の間にオイルの跡が付いているかを確認して、エンジンオイルの量をチェックしましょう。 オイル交換の適切な間隔・交換時期とは 理想は、「マメにメンテナンスをして自分の車を把握しておくこと」または「掛かりつけの整備工場を作ること」ですが、日々忙しい生活を送っていると忘れてしまうことも在り得るので、そんな時は「オイル交換シール」などを利用して次のオイル交換時期を把握するようにしましょう。 最終的には運転席にあるオイルランプ 油圧警告灯 が点灯することになります。 オイルランプはエンジンオイルが少なくなったり油圧が下がると点灯します。 ですが、よっぽどひどい状態にならないと点灯しないので、オイルランプが点灯するということは、エンジンがすでに故障していたりすることもあるのでオイルを交換するだけでは不具合が直らない場合が多くあります。 「時すでに遅し」ということですね。 本来ならば、こういったサインが出る前にオイル交換をおこなうのが理想です。 しかし、オイル交換をすっかり忘れていたなど、意図せずにオイル交換することが出来なかった場合には、こういったオイル交換のサインがあると、即座にエンジンを切って対処することができるので、最悪の事故などを未然に防ぐことができるのでとても助かります。 つまり、「交換の時期は遅くとも、乗った距離に関係なく、必ずオイル交換しなければなならない間隔がある」ということです。 しかも、近場にしか行かない場合は、エンジンが温まらないうちにエンジンを切ってしまうということなので、エンジンオイルにとっても良くない状況といえます。 エンジンオイルは、車を使った・使わなかったに関係なく、月日が経ると徐々に劣化していき、性能が悪くなっていきます。 2年に1回車検の時だけオイル交換をするのは止めて、「1年に1回オイル交換」をするようにしましょう。 エンジンオイルの粘度 エンジンオイルの粘度を表す規格は、全世界統一の規格はありませんが、アメリカのSAE(米国自動車技術者協会)が定めた基準を使うのが一般的で、日本でもこちらの規格のものが流通しています。 5W-20、10W-20のように、左側に数字とW、右側に数字と2つの組み合わせで表記されているのが特徴です。 Wは冬(winter)の意味で、低温時の粘度を表しており、数字が低い方が寒くても硬くなりにくいことになります。 例えば5W-20、10W-20の2つを比べると、冬の走行に適しているのは5W-20になります。 右側の数字は、高温での粘度性を示しており、数字が大きいと硬くなる、つまり暑さに対する強さを示しています。 左側の数字が低く、右側の数字が大きいオイルは冬と夏場両方の季節に対応できる高性能なオイルとなるわけです。 手順1:オイル交換の時期を確認する 一般的なオイル交換の目安として、普通車の場合では走行距離15,000km、期間として1年程度が目安となっているため、前回オイル交換した時期から計算してオイル交換の時期を確認するのも良いでしょう。 オイルランプ(油圧警告灯)が点灯している場合は、エンジンオイルの量が不足していることを示します。 オイルランプが点灯していても走行は可能ですが、そのまま無視して乗り続けるとエンジンが焼き付き、炎上の危険性も出てくるため、早急な補充・交換が必要になります。 また、日常点検などにおいて、オイルレベルゲージに付着したオイルがこげ茶色や黒色になってしまっていたら、交換をするようにしましょう。 【下抜きでのオイル交換で必要なもの】 ・ジャッキとスタンド 車体を持ち上げる為に使います。 ・新しいドレンワッシャー ドレンボルトを外したら、新しいドレンワッシャーと交換することで隙間からの漏れを防止します。 ・耐油性がある手袋 ドレンボルトを取り外すとエンジンオイルも漏れ出します。 エンジンオイルは高熱になっている危険性があるので、耐油性があるビニール手袋を用意します。 長さは肘付近までカバーできるロングサイズが良いでしょう。 ・オイルジョッキ オイルを排出後、新しいオイルを注ぎ込む時に使います。 ・廃油専用処理箱または、タンク、缶など 古くなったオイルを取り出して廃棄処分する場合は廃油専用処理箱、ガソリンスタンドに持ち込んで回収してもらう場合は、オイルタンクなどを使います。 オイル交換を依頼する際の流れ・作業時間 少しでも待ち時間を少なくして、確実に希望日にオイル交換をしたいのであれば、予約をするようにしましょう。 オイル交換の予約は、電話での予約をはじめ、インターネット上でも予約できることろも多く存在します。 この時、費用の面ついて心配であれば、オイル交換にかかる工賃や料金を確認するようにしましょう。 予約が確定したら、予約を入れた日に依頼先に赴き、オイル交換をしてもらいます。 あらかじめ予約をしておくことで、スムーズにオイル交換をすることができるでしょう。 オイル交換にかかる作業時間は、おおよそ15~30分間程度が目安になっています。 予約をしていないと、依頼先によっては混雑している可能性もあるため、オイル交換にかかる作業時間に加えて、待ち時間が発生する場合もあります。 できるだけスムーズに、短時間でオイル交換を済ませたいのであれば、オイル交換の予約をしてから店舗に向かうようにしましょう。 【ガソリン車の場合のオイル交換にかかる値段・料金の相場・目安】 ・1600cc以下:4,000円~7,000円程 ・1601cc~2000cc:4,000円~8,000円程 ・2001cc~2500cc:5,000円~9,000円程 ・2501cc以上:5,000円~10,000円程 オイル交換料金は、排気量が多くなればなるほど必要なオイル量も増えることから、料金も高くなります。 今回は普通自動車サイズのオイル交換にかかる値段・料金をまとめましたが、軽自動車の場合はこちらの目安の料金よりも安くなると言えるでしょう。 また、交換するオイルの種類やメーカーなどによっても値段が変わってきますので、最終的にオイル交換にかかるトータルの費用は、変わっていきます。 上記の値段・料金相場はあくまでもおおよその目安となります。 交換するオイルによって値段が変わることはもちろん、依頼先によって工賃も違ってきますので、実際にオイル交換をする際は、店舗に問い合わせて確認するようにしましょう。 持ち込みでオイル交換をする場合は通常、交換工賃が割高になります。 また、対応してくれるところと、断られてしまうところがあるので、持ち込みでオイル交換を依頼したい場合は、可能かどうかも確認しておきましょう。 オイル交換を専門家に依頼するメリット・デメリット オイル交換を専門家に依頼する最大のメリットは、安全で確実にオイル交換ができるということです。 オイル交換は正しく行わないと、エンジントラブルに繋がったり、オイル漏れを起こす可能性もあります。 また、オイル交換作業は、オイルが熱を持っている場合、作業時に火傷の危険性もあります。 専門家に依頼することで作業を正確に行ってくれるので、安心して交換をすることができます。 その他にも、取り出した廃油の処理を行ってくれる点なども挙げられます。 オイル交換を専門家に依頼するデメリットとしては、工賃がかかることが挙げられます。 これは、代行して交換作業を行ってもらうため、工賃が発生してしまうことは仕方ありません。 自分で交換する場合の手間や交換作業の精度などを考慮すると、費用がかかったとしても、決して高くはないと言えるでしょう。 オイルフィルター(オイルエレメント)の交換 オイルフィルターは、エンジンオイル内に含まれる金属摩耗粉などの不純物をろ過するもので、オイルフィルターが正常に機能することで、エンジンオイルがきれいな状態で循環されることになります。 このオイルフィルターを交換しないでいると、フィルターが目詰まりを起こしてしまい、本来の不純物を除去するフィルターとしての機能が衰え、エンジンオイルをろ過する効果も下がってしまいます。 すると、エンジンオイルが適切にろ過されず、汚れた状態のオイルがエンジンを巡ることになってしまいます。 このような状態を防ぐためにも、オイルフィルターは定期的に交換することが重要です。 オイルフィルターの交換時期の目安としては、ガソリン車(ターボ車を除く)の場合で、距離にして15,000kmとされています。 そのため、オイル交換をする度に交換をするか、あるいは、オイル交換の2回に1回のタイミングでオイルフィルター交換することをおすすめします。 エンジンフラッシング エンジンオイルを交換する際に、併せて行いたいものにエンジンフラッシングがあります。 エンジンフラッシングとは、エンジン内に蓄積したスラッジなどを取り除き、洗浄することを言います。 エンジンオイルにはスラッジなどの不純物を取り除く役割がありますが、それでも取り除くことができなかった汚れは、徐々にエンジン内に堆積していきます。 この堆積してしまった汚れは、オイル通路の詰まりや、燃費の悪化など、様々なトラブルを引き起こす原因となってしまいます。 このような状態になることを回避するために、エンジンフラッシングを定期的に行うことで、エンジン内部をクリーンな状態に保つことができます。 エンジンフラッシングには、洗浄力に高い専用のオイルや添加剤などを使用してエンジン内部を洗浄する方法と、専用の機械を用いて洗浄液を循環させ、徹底的に洗浄を行う、機械式エンジンフラッシングがあります。 エンジン内部を常にきれいな状態に保ちたいという方には、オイル交換と同時に行っておきたいおすすめのメンテナンスと言えるでしょう。

次の