楽天 カード キャンペーン。 【楽天市場】毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

【楽天市場】毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

楽天 カード キャンペーン

ただし、入会キャンペーンで 獲得できる楽天ポイントは、タイミングによって変動しているので、ポイント増量中の期間を狙うのがおすすめです! また、 入会キャンペーンでのポイントの獲得方法や、ポイントの有効期限・お得な使い道などの注意すべき点もありますので、入会前に確認しておくといいですよ! そこで今回は、楽天ゴールドカードの2020年最新版のキャンペーンの詳細と、入会キャンペーンのポイントを確実に獲得する方法を解説します。 ぜひ最後までチェックしてみてください! 目 次• 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンを徹底解説 まずはの入会キャンペーンについて見ていきましょう。 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンで獲得できる最大のポイントは、時期によって 5,000〜10,000ポイントで変動します。 現在の楽天ゴールドカードの入会キャンペーン 現在の楽天ゴールドカードの入会キャンペーンは、常時開催の 最大5,000ポイントがもらえるキャンペーンです。 獲得ポイント 2,000ポイント(通常ポイント) 獲得条件 会員専用サイト「楽天e-NAVI」に登録後、受取申請する 進呈日 受取申請後5営業日以内 新規入会でポイントを獲得するには、楽天ゴールドカード入会後に「楽天e-NAVI」に登録し、受取申請を行う必要があります。 楽天カードを発行したあと、楽天e-NAVIの登録をしないままだとポイントをもらい損ねてしまうので、忘れないように手続きをしておきましょう。 「楽天e-NAVI」とは 楽天e-NAVIとは、楽天カード会員専用のオンラインサービスのことです。 楽天e-NAVIに登録すると、カードの利用明細や利用可能額の確認、登録情報変更、支払い方法変更などのサービスや手続きを、スマートフォンやパソコンから利用できるようになります。 楽天e-NAVIの登録手順は以下になります。 ポイントの受取申請は、楽天ゴールドカードの契約日から半年が期限です。 期限を過ぎると申請できなくなるので、カードが届いたら早めに申請を済ませましょう。 獲得ポイント 3,000〜8,000ポイント(期間限定ポイント) 獲得条件 カード申込日の翌月末までにカードを1回・1円以上利用する 進呈日 カード初回利用日の翌月20日頃 カード利用で獲得できるポイントは、通常3,000ポイントです。 ただし、ポイントが増量されているときには、 楽天ポイントクラブの会員ランクによってポイント数が変動します。 以下は、カード利用特典が最大8,000ポイントに増量されているときの、会員ランク別のポイント数です。 楽天ゴールドカード入会時に、楽天ポイントクラブに新規入会した場合はレギュラー会員が適用されます。 カード利用特典の獲得条件は、ポイント増量時でも変わりません。 コンビニでもAmazonでも、楽天ゴールドカードを1回1円以上使えば達成できるので、ポイント増量時に入会するのが断然お得ですよ。 楽天ポイントクラブの「会員ランク」とは カード利用特典のポイント増量時に重要になる 「楽天ポイントクラブ」とは、楽天の各サービスで獲得・利用できる 楽天ポイントの会員サイトです。 そして、楽天ポイントクラブの「会員ランク」は、 楽天ポイントの獲得回数と獲得ポイント数で決定されます。 ランク名 ランク適用条件 レギュラーランク 楽天ポイントの獲得 シルバーランク 過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得 ゴールドランク 過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得 プラチナランク 過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得 ダイヤモンドランク 過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有 楽天カードを所持していなくても、プラチナランクまではランクアップできます。 先に楽天ポイントクラブ会員になって会員ランクを上げてから、ポイント増量時に楽天ゴールドカード入会してもいいかもしれませんね。 カード利用などの獲得条件はありませんが、そもそも進呈されることがあまりないポイントです。 獲得ポイント 0〜1,600ポイント(期間限定ポイント) 獲得条件 入会のみで付与 進呈日 カード申込日から2ヵ月後の20日頃 楽天Edy同時申込で500円分プレゼント よりお得に楽天ゴールドカードに入会したいのであれば、 「楽天Edy機能付き」カードを申し込みましょう。 楽天ゴールドカードと楽天Edyに同時に申し込めば、 楽天Edyが500円分チャージされた状態でカードが届きます。 「楽天Edy」とは、楽天のグループ会社が提供している電子マネーです。 支払いの際にはレジの端末にカードをかざすだけでよいので、クレジットカードのようにカードを渡したり、サインしたりといった手間をかけずに、スムーズに利用できるのがメリットです。 切り替えキャンペーン 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンは、 基本的に「新規入会」が対象です。 楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替えは新規入会には当たらないため、通常は入会キャンペーンの対象から除外されます。 ただし、 まれにカードの切り替えを対象としたキャンペーンを期間限定で開催していることがあるので、楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替えを考えている人は、切り替えキャンペーンを狙ってみるとよいでしょう。 なお、楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えた場合、カード番号やセキュリティコードなどが変更されます。 楽天カードで公共料金・スマホ料金などの支払いをしている場合は、登録情報の変更が必要です。 切り替えキャンペーンは、直近では 「2019年11月11日〜11月18日に3,000円ポイントプレゼント」が行われていました。 次がいつになるかはわからないので、こまめに楽天ゴールドカードのサイトを確認してみてくださいね。 楽天カードと楽天ゴールドカードの違い 楽天ゴールドカードへ新規入会、または切り替えを考えている人は、 「 年会費永年無料の楽天カードと年会費がかかる楽天ゴールドカードで何が違うのか」気になるところではないでしょうか。 2つのカードの違いを、楽天ゴールドカードのメリット・デメリット、年間いくらの利用で楽天ゴールドカードがお得になるのかといったこととあわせて比較してみましょう。 楽天市場での還元率が5. しかし、 楽天市場で利用する際には5. ETCカードの年会費が無料 楽天カードでは、ETCカードを発行すると500円の年会費がかかります。 ETCの年会費を無料にしたければ、楽天ポイントクラブの会員ランクをプラチナ会員以上にするしかありません。 しかし、 楽天ゴールドカードであれば、無条件でETCカードを年会費無料で発行できます。 空港ラウンジが利用可能 楽天ゴールドカードを持っていると、 年2回まで国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港の空港ラウンジが利用できます(同伴者は有料)。 空港ラウンジを利用するには1回1,000円ほどの利用料がかかるため、年2回空港ラウンジを利用すれば、それだけで年会費分がペイできるのです。 初期利用限度額が最高200万円 楽天カードの初期利用限度額は最高100万円ですが、楽天ゴールドカードは最高200万円なので、利用限度額を上げたい人にも楽天ゴールドカードはおすすめです。 ただし、初期利用限度額は審査状況に応じて決定されるので、初回から最高額になるとは限りません。 問い合わせ窓口が楽天プレミアムカードデスク 楽天ゴールドカード会員は、 問い合わせ窓口が「楽天プレミアムカードデスク」になるのもメリットです。 楽天カードは会員数が多く、問い合わせ窓口に連絡してもなかなか電話がつながりません。 ですが、楽天プレミアムカードデスクは楽天カードの問い合わせ窓口とは別なので、 電話がつながりやすいのでしょう。 楽天ゴールドカードのデメリット たくさんのメリットがある楽天ゴールドカードですが、以下のようなデメリットがあります。 家族カードも年会費が500円必要• 国際ブランドでアメックスが選択できない やはり「年会費がかかる」という点が気になりますよね。 それでは、どうすれば年会費無料の楽天カードよりもお得に利用できるのでしょうか。 楽天市場で年間10万円以上の利用で楽天ゴールドカードがお得 楽天ゴールドカードを楽天カードよりもお得に利用する方法は、 「楽天市場で年間10万円以上利用する」ことです。 楽天ゴールドカードの通常還元率は1. 楽天市場で10万円買い物した場合に獲得できる楽天ポイントを比べてみましょう。 楽天カード(3. 楽天ゴールドカード(5. ただし楽天ゴールドカードはETCカードの年会費が無条件で無料になるので、ETC利用者であれば損益分岐点は75,000円にまで下がります。 楽天ポイントのお得な使い方 楽天ゴールドカードの入会キャンペーンで獲得できるポイントのうち、新規入会特典の2,000ポイントは通常ポイントですが、 それ以外のポイントは「期間限定ポイント」です。 期間限定ポイントは、利用できる場所も限られています。 楽天の各サービス・楽天ポイント加盟店では利用できますが、楽天Edyへのチャージ・ANAマイルへの交換はできません。 たとえば、楽天トラベルで1万円の宿を予約したとしましょう。 その支払いの際に、入会キャンペーンで獲得した楽天ポイント5,000ポイントを利用すれば宿代は半額です。 使い道をじっくり考えすぎると期間限定ポイントの有効期限が切れてしまうので、早めに使い道を決めておきましょう。 楽天ポイント加盟店 楽天ポイントは デイリーヤマザキやマクドナルド、くら寿司、ミスタードーナツといった、楽天ポイント加盟店でも利用できます。 楽天ポイント加盟店は数が多く、飲食店やコンビニ、ドラッグストアなど多種多様なので、どこで使えるのかを楽天ポイントクラブの公式サイトなどで確認してみてくださいね。 楽天以外のオンラインサイトでの利用可能 楽天ポイントは、 無印良品、BUYMA、TOHOシネマズ、ドミノピザなどの、楽天市場以外のオンラインサイトでも利用できます。 「期間限定ポイントの有効期限が切れることにギリギリで気づいた!」というときに、さっとオンラインサイトで買い物してもいいかもしれません。 楽天Edyへのチャージ 楽天ポイントは最低10ポイント以上1ポイント単位で、 1ポイント=1円として楽天Edyにチャージすることもできます。 ただし、期間限定ポイントはチャージできないので、入会キャンペーンで獲得した期間限定ポイントについては、別の使い道を考えましょう。 楽天ペイでの支払い 楽天には楽天Edyだけでなく、 「楽天ペイ」というスマホのキャッシュレス決済サービスもあります。 楽天ペイはファミリーマート、ローソン、ミニストップなど、楽天ポイント加盟店以外のより幅広い店舗で利用でき、支払い払時にQRコードをかざす、またはQRコードを読み取るだけで決済できます。 オンラインサイトでも利用可能で、楽天IDでログインするだけで支払いができるので、サイトごとにクレジットカード情報などを入力する手間がかかりません。 楽天ペイで支払った代金は、楽天ペイに登録しているクレジットカードに請求されますが、楽天ポイントで支払うことも可能です。 楽天Edyと違って、期間限定ポイントも利用できますよ。 楽天証券の投資信託を購入 楽天ポイントを利用して、 楽天証券で投資信託を購入することもできます。 通常、投資信託を購入するには証券口座を開設する必要がありますが、「ポイント運用 by 楽天PointClub」を利用すれば、楽天証券の口座を作らなくても楽天ポイントで投資信託を購入することが可能です。 (期間限定ポイントは不可) 運用しているポイントが0ポイント未満になることはなく、運用がうまく行けば楽天ポイントが増えるので、「現金で投資するのは不安がある」という人がお試しで投資を始めるのによいでしょう。 楽天カードの利用金額に充当 楽天ポイントは 1ポイント=1円として、利用代金やカード年会費、分割手数料などにポイントを充当することも可能です。 もらったポイントで支払額が減るのはお得ですよね。 ポイントで支払う金額を設定しておけば、毎月自動で期間限定ポイントから優先して充当されるので、ポイントの有効期限切れも防げます。 ANAマイルに交換 楽天ポイントは 2ポイント=1マイルとしてANAマイルにも交換できます。 ただし、マイル還元率は0. 5%なので、「楽天ポイントをお得に使いたい」という目的としては向いていないでしょう。 1回あたり500マイル(1,000ポイント)、月間10,000マイル(20,000ポイント)の移行上限があるので、年間で最大12万マイルまで獲得できます。 マイル移行が完了するまでに約1週間かかるので、早めに手続きを済ませてくださいね。 楽天市場ユーザーなら持って損はなし!高額キャンペーンを狙おう! 楽天ゴールドカードのキャンペーンの内容や、楽天ポイントのお得な使い道が把握できたでしょうか。 カテゴリー• 304•

次の

楽天ゴールドカードへの切り替え方法!キャンペーンはいつ?注意点など完全ガイド

楽天 カード キャンペーン

キャッシュバックの金額が下がっている場合は、1週間~1ヵ月程度の期間をあけてから申込がおすすめです。 楽天カードは1週間~2週間ごとにキャンペーンの金額を増やしたり減らしたりを繰り返しています。 少ない時は5,000円、多い時は20,000円プレゼントと差が激しいので、特典が多い時の入会がオススメです。 2020年6月23日時点• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• Rakuten UN-LIMIT申し込みでで1,000円相当の1,000ポイント 6,000円相当 LINEアプリ内のLINEポイント内の「ピックアップ」または「たくさん貯める」• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• Rakuten UN-LIMIT申し込みでで1,000円相当の1,000ポイント• LINEポイント4,000pt(4,000円相当) 10,000円相当• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• Rakuten UN-LIMIT申し込みでで1,000円相当の1,000ポイント• げんだまの15,000ポイント(1,500円相当) 7,500円相当• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• Rakuten UN-LIMIT申し込みでで1,000円相当の1,000ポイント• ハピタスの1,400ポイント(1,400円相当) 7,400円相当• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• ポイントタウンの19,040ポイント(952円相当) 5,952円相当 公式のキャンペーンで楽天の8,000ポイントがもらえるのはいつ? 公式サイトの入会特典で8,000円分もらえるのは 3ヵ月ごと。 その法則は楽天の決算期に連動しています。 決算期は12月31日。 四半期ごとにカード会員の獲得数を調整しているので、 2月~3月・5月~6月・8月~9月・11月~12月にポイント付与数がアップする傾向があります。 8,000円のキャンペーンの開始を待たなくても、外部サイトの追加キャッシュバック特典を利用すると8,000は簡単に超えてしまうので、こちらを利用するのも方法です。 過去のキャンペーンの履歴 還元サイトの特大キャンペーン実施内容と時期 実施日 入会特典 ポイントサイトの特典(最大) お得になる金額合計 2020年6月4日 6,000円 4,000円 合計10,000円 2020年6月2日 6,000円 0円 合計6,000円 2020年5月1日 6,000円 0円 合計6,000円 2020年4月12日 5,000円 0円 合計5,000円 2020年4月3日 5,000円 952円 合計5,952円 2020年3月16日 7,000円 8,000円相当のポイント 合計15,000円 2020年3月6日 5,000円 5,000円 合計10,000円 2020年2月18日 8,000円 10,000円相当のポイント 合計18,000円 2020年2月10日 5,000円 7,500円相当のポイント 合計12,500円 2020年2月3日 5,000円 7,500円相当のポイント 合計12,500円 2020年1月26日 7,000円 7,000円相当のポイント 合計14,000円 2020年1月17日 5,000円 4,000円相当のポイント 合計9,000円 2020年1月1日 5,000円 4,000円相当のポイント 合計9,000円 2019年12月17日 7,000円 8,000円相当のポイント 合計15,000円 2019年12月15日 5,000円 7,000円相当のポイント 合計12,000円 2019年12月3日 5,000円 4,000円相当のポイント 合計9,000円 2019年11月11日 8,000円 9,000円相当のポイント 合計17,000円 2019年11月1日 5,000円 9,000円相当のポイント 合計14,000円 2019年10月20日 5,000円 8,000円相当のポイント 合計13,000円 2019年10月9日 7,000円 8,000円相当のポイント 合計15,000円 2019年10月3日 5,000円 4,000円相当のポイント 合計9,000円 2019年9月19日 7,000円 9,000円相当のポイント 合計16,000円 2019年9月3日 5,000円 7,777円相当のポイント 合計12,777円 2019年8月21日 8,000円 10,000円相当のポイント 合計18,000円 2019年8月4日 5,000円 9,800円相当のポイント 合計14,800円 2019年8月1日 5,000円 7,000円相当のポイント 合計12,000円 2019年7月24日 7,000円 8,000円相当のポイント 合計15,000円 2019年7月19日 5,000円 8,000円相当のポイント 合計13,000円 2019年7月3日 5,000円 2,400円相当のポイント 合計7,400円 2019年6月28日 5,000円 7,000円相当のポイント 合計12,000円 2019年6月19日 7,000円 9,000円相当のポイント 合計16,000円 2019年6月17日 5,000円 9,000円相当のポイント 合計14,000円 2019年6月14日 5,000円 8,200円相当のポイント 合計13,200円 2019年6月2日 5,000円 8,000円相当のポイント 合計13,000円 2019年5月24日 8,000円 10,000円相当のポイント 合計18,000円 2019年5月1日 5,000円 7,000円相当のポイント 合計12,000円 2019年4月17日 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円 2019年4月1日 5,000円 7,000円相当のポイント 合計12,000円 2019年3月1日 5,000円 8,000円相当のポイント 合計13,000円 2019年2月18日 8,000円 12,000円相当のポイント 合計20,000円 2019年2月3日 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円 2019年1月21日 5,000円 8,000円相当のポイント 合計13,000円 2019年1月11日 5,000円 9,000円相当のポイント 合計14,000円 2019年1月10日 5,000円 3,240円相当のポイント 合計8,240円 2018年12月21日 5,000円 10,000円相当のポイント 合計15,000円 2018年11月9日 5,000円 10,000円相当のポイント 合計15,000円 2018年11月13日 8,000円 12,000円相当のポイント 合計20,000円 2018年10月3日 5,000円 10,000円相当のポイント 合計15,000円 2018年10月26日 7,000円 13,000円相当のポイント 合計20,000円 2018年10月10日 5,000円 9,100円相当のポイント 合計14,100円 2018年9月17日 5,000円 9,000円相当のポイント 合計14,000円 2018年8月24日 8,000円 13,000円相当のポイント 合計21,000円 2018年7月29日 5,000円 10,000円相当のポイント 合計15,000円 2018年7月23日 5,000円 1,150円相当のポイント 合計6,150円 2018年7月22日 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円 2018年5月16日 8,000円 13,000円相当のポイント 合計21,000円 2018年4月14日 7,000円 9,500円相当のポイント 合計16,500円 2018年3月23日 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円 2018年3月19日 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円 2018年2月22日 8,000円 10,800円相当のポイント 合計18,800円 2018年1月8日 7,000円 11,000円相当のポイント 合計18,000円 2017年11月17日 8,000円 15,500円相当のポイント 合計23,500円 2017年7月5日 5,000円 1,600円相当のポイント 合計6,600円 2017年6月24日 7,000円 10,024円相当のポイント 合計17,024円 2017年5月2日 5,000円 1,250円相当のポイント 合計6,250円 2017年5月22日 8,000円 12,024円相当のポイント 合計20,024円 2017年5月20日 5,000円 1,250円相当のポイント 合計6,250円 2017年4月26日 5,000円 1,250円相当のポイント 合計6,250円 2017年4月10日 7,000円 12,024円相当のポイント 合計19,024円 2017年3月26日 5,000円 7,600円相当のポイント 合計12,600円 2017年3月21日 7,000円 2,600円相当のポイント 合計9,600円 2017年3月19日 7,000円 13,000円相当のポイント 合計20,000円 2017年3月12日 7,000円 11,520円相当のポイント 合計18,520円 2017年2月20日 8,000円 11,520円相当のポイント 合計19,520円 入会特典狙いなら、ほかのカードもおすすめです• デメリットはポイントのことを考えすぎたり、 たくさんの通販メールに重要なメールが埋もれること、 期間限定ポイントを使うように仕向けられるため無駄な買い物をしてしまうようになることくらいでしょうか。 楽天市場等の利用でかなりお得! 楽天といえば「楽天市場」や「楽天トラベル」をはじめとする、もはや日本人の生活の一部と言っても過言ではないサービスの数々であります。 楽天市場や楽天トラベルなどのサービスで ポイントがどんどん貯まるのが一番大きなメリットですね! ただし 月間で獲得できる上限は15,000ポイント(75万円分の利用)まで!これは、メリットでもありますがたくさんの金額を利用する方に取ってはデメリットともいえます。 公共料金や携帯電話料金、税金、保険料などの支払いでもポイントがつくのが超イイ! 1ヶ月の出費例 用途 使う金額 貯まるポイント 街でのお買い物25,000円 250ポイント 携帯電話10,000円 100ポイント お食事15,000円 150ポイント 公共料金20,000円 200ポイント 楽天市場でお買い物15,000円(ポイント3倍) 450ポイント 1ヶ月合計 1,150ポイント 年間にすれば17,400ポイントにもなります。 ただ使うだけでもこれだけポイントが貯まりやすいカードです。 ポイントには2種類ある 楽天スーパーポイントには 通常ポイントと 期間限定ポイントの2種類があります。 名前の通り、通常ポイントがカードを利用した際に得られる基本のポイント。 そして期間限定ポイントは期間限定で利用できるポイントのこと。 簡単に言うと 通常ポイント以外で獲得できる上乗せポイントです。 主にスーパーセール、楽天お買い物マラソンなど 楽天ポイントが割増で貰えるセールやキャンペーン時に手に入るポイント。 ポイント有効期限は実質無期限 楽天スーパーポイントの 有効期限は、最後にポイントを付与された月を含め一年。 一年間に一度でもカードを利用すれば、保有するポイント全ての有効期限が伸びるので 実質無期限と言えます。 有効期限を気にすることなく利用できるのが大きなメリットです。 ただし 期間限定ポイントは有効期限が延長されません。 短い場合は 10日程度で有効期限が失効する場合があります。 2019年9月時点のSPUの内容• 楽天会員登録でポイント1倍• 楽天カード利用でポイント2倍• 楽天ゴールドまたはプレミアムカード利用でポイント2倍• 楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするとポイント1倍• 楽天の保険を楽天カードで支払うとポイント1倍• 楽天でんきへの加入&利用でポイント0. 楽天アプリ利用でポイント0. 楽天証券に投信購入でポイント1倍• 楽天モバイルの利用でポイント2倍• 楽天TVへの加入でポイント1倍• 楽天ブランドアベニューの利用でポイント1倍• 楽天ブックスの利用でポイント0. 楽天Koboで電子書籍を購入でポイント0. 楽天トラベル利用でポイント1倍• 楽天ビューティ利用でポイント1倍 全ての条件を満たすのはかなり難しいですが 赤字の条件を達成するだけで4. 5倍は達成できます。 赤字の条件が毎回ポイントアップの条件に入っていることが多いですし達成しやすいので、とりあえずこれだけクリアしておいてもOK。 ただし SPUで獲得したポイントは期間限定ポイント扱いなので要注意。 使いきれるようにちゃんと管理しましょう。 ポイントアップキャンペーンを使う 週末やキャンペーン期間はさらに高還元率になることも。 楽天カードオーナーでなければ利用できない、特別なキャンペーンもあります! さらに高還元率な楽天スーパーSALE 楽天市場では定期的にお買い物マラソンなどのキャンペーンを実施しており、複数ショップで商品を購入すること大幅なポイントアップが狙えます。 しかもSPUのポイントアップと重複しても適用されるため、 合計還元率が10%を超えることも全然あります。 5の倍数の日での利用がお得 楽天市場では毎月5日、10日、15日、25日、30日に獲得ポイントが割増するキャンペーンを行っています。 対象は楽天カードを保有者のみですが 5~7倍のポイントアップがかなりアツイ。 楽天カード…ポイント5倍• 楽天ゴールドカード…ポイント7倍• 楽天プレミアムカード…ポイント7倍 楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンと併用できるので、日付を狙ってまとめ買いすれば獲得ポイントが大幅に増えます。 日常生活でもお得な楽天ポイント加盟店サービス 普段生活してて色んな場面で使える楽天カードは、節約効果大。 ENEOS利用ならお得!価格に対してポイント割引 お店によって値段が微妙に違うガソリン。 1円でも安くしたいから、石油会社発行の給油専用サブカードをお持ちの方は多いかと思います。 しかし、その割引を使うために家から遠いガソリンスタンドまで行っていたら本末転倒です。 自宅近くやよく使うガソリンスタンド、出張・旅行先など、どこのガソリンスタンドでもお得にポイント還元されるのが「楽天カード」です。 5倍になります。 変更後付与率は最大1. 100円につき楽天カード利用ポイント1ポイント• 200円につきポイント加盟店ご利用ポイント(特典ポイント)1ポイント ですが 価格に対してポイントが付くので、これからガソリンが値上がりしても安定した値引きを受けることができます。 ちなみにガソリン代のみならず、カーケア用品(オイル・バッテリー・タイヤ等)も対象です。 いろんなお店でポイント2倍=1枚持ってれば大幅節約 幅広い場所で使えるので、自分がよく利用しているお店なら楽天カードを出してちゃっかりもらっておきたいポイント! 楽天カードと提携している居酒屋・レストラン・カラオケ店などで利用すれば自動的にポイント2倍! 対象店舗はかなり多く、マクドナルドやすき家、ミスタードーナツでも使えます。 今までいくら損してたのか考えるだけでゾッとしてしまいますね…! 使い道は色々 楽天ポイントは、楽天市場での買い物に利用している人も多いですよね。 1ポイント=1円で使いやすいですし、何と言っても 楽天ポイントで商品代金を支払ってもポイントが貯まるのが嬉しい。 普通のカードならポイント払い分は通常ポイント付与対象外になります!楽天すごい。 ですが楽天市場で現金代わりに利用する以外にも使い道は色々あります。 10ポイントから交換できる楽天Edy 楽天の電子マネーである楽天Edyに1ポイント=1楽天Edyとして交換できます。 しかも嬉しいのは 10ポイント以上の楽天ポイントを持っていれば交換可能なので、小口でも使いやすい。 ANAマイルにも交換できる 交換レートは良いとは言えませんがANAマイルに交換することも可能。 2楽天ポイント=1ANAマイル。 50ポイントから交換でき、月間で2万ポイントまで交換可能。 一番のメリットは ANAマイルへの移行に手数料がかからない点ですね。 ちなみに楽天トラベルでANAの航空チケットに交換する方法もあります。 商品券や金券と交換する 交換レートは悪いですが、図書カードなどの商品券との交換も可能。 1,000円の商品券が大体1,030円~1,050円程度で販売されているので、3~5%の手数料が上乗せされていると考えればOK。 旅行傷害保険 利用付帯になりますが楽天カードにも海外旅行傷害保険がついています。 国内旅行傷害保険は付帯していません。 本で風邪で病院に行くと国民健康保険に入っているので治療費は3割で済みますが、海外ではそうはいきません。 全額自己負担で超高額になるので、例えばアメリカの盲腸の治療費はなんと200万円!そんな時に旅行保険つきクレジットカードを持っているとカードの機能で補償されて無料で治療してもらえたりするんです! 楽天カードは 海外旅行傷害保険最高2,000万円が付帯。 残念ながら 国内旅行傷害保険は付帯していません。 楽天ポイントを本気で貯めようと思ったらまずゴールド以上のカードが必須ですが、楽天市場を頻繁に利用する人でないと発行する価値があまりないです。 旅行や出張に行く人であれば旅行保険や空港ラウンジサービスを恩恵を受けられるので、一考の余地あり。 明細を郵送にすると毎月82円請求される。 年間984円の損。 楽天で買物すると広告メールの配信設定が初期状態でONになっているため 店舗の宣伝メールがたくさん届くようになる。 メールが楽天関係の広告メールで埋め尽くされる。 キャンペーンで付与されるポイントは全部期間限定ポイント。 利用期間が2週間以内など短いため ポイントを使うため不要な買い物をしてしまう原因になる。 問い合わせの電話をすると20秒毎に10円かかる。 楽天カードを語ったIDとパスワードを盗もうとする迷惑メールが多い。 楽天カードを持っていなければ関係ないと削除できるけれども、楽天カード会員だと無視できず問い合わせをしてしまうなど手間がかかる。 ポイントがたくさん貯まりお得に見えるが、 期間限定ポイントが多く失効して消えやすいので、最終的に損をしていることも。 トラブル時の問い合わせでは電話代が高額になりがち。 混雑によりなかなかつながらなくて、 保留で待っている間も電話代がかかり続けます。 カードを作って1年目のお得金額を比較 1年間に50万円カードを利用した場合 カード 入会特典 貯まるポイント お得になった金額合計 楽天カード 8,000円 5,000円相当のポイント 13,000円 LINE Payカード 0円 10,000円相当のポイント 10,000円 カードをもって2年目はどうなるでしょうか 入会特典が無くなってしまった分、 LINE Payカードが圧倒的に引き離しています。 2年目以降はこの状態がずっと続くことになります。 2年目に50万円カードを利用した場合 カード 入会特典 貯まるポイント お得になった金額合計 楽天カード 0円 5,000円相当のポイント 5,000円 LINE Payカード 0円 10,000円相当のポイント 10,000円 カードを持って2年間でお得になった金額を合計すると 2年目の時点で今までお得になった金額を合計してみました。 この時点で LINE Payカードが完全勝利です。 カードを作ってから2年間で合計100万円カードを利用した場合 カード 入会特典 2年間で貯まるポイント お得になった金額合計 楽天カード 8,000円 10,000円相当のポイント 18,000円 LINE Payカード 0円 20,000円相当のポイント 20,000円 カードを持って5年間でお得になった金額を合計すると 5年経過するとすごい差が生まれていることに気づきます。 その部分がデメリットではあります。 このカードの審査に落ちた場合は他のカードにはなかなか通らない可能性が高いでしょう。 2020年6月23日時点• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• Rakuten UN-LIMIT申し込みでで1,000円相当の1,000ポイント 6,000円相当 LINEアプリ内のLINEポイント内の「ピックアップ」または「たくさん貯める」• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• Rakuten UN-LIMIT申し込みでで1,000円相当の1,000ポイント• LINEポイント4,000pt(4,000円相当) 10,000円相当• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• Rakuten UN-LIMIT申し込みでで1,000円相当の1,000ポイント• げんだまの15,000ポイント(1,500円相当) 7,500円相当• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• Rakuten UN-LIMIT申し込みでで1,000円相当の1,000ポイント• ハピタスの1,400ポイント(1,400円相当) 7,400円相当• 公式キャンペーン:入会&カード利用で5,000円相当の5,000ポイント• ポイントタウンの19,040ポイント(952円相当) 5,952円相当.

次の

楽天カード入会キャンペーン2020年6月版8000ポイントはいつ?入会タイミングを解説

楽天 カード キャンペーン

楽天カードの入会キャンペーン特典は、基本的に5,000ポイント。 しかし 毎月必ず7,000ポイント、もしくは8,000ポイントになる期間があります。 2017年 2018年 2019年 2020年 1月 7,000 7,000 7,000 7,000 2月 8,000 8,000 8,000 8,000 3月 7,000 7,000 7,000 7,000 4月 7,000 7,000 7,000 7,000 予想 5月 8,000 8,000 8,000 8,000 予想 6月 7,000 7,000 7,000 7,000 予想 7月 7,000 7,000 7,000 7,000 予想 8月 8,000 8,000 8,000 8,000 予想 9月 7,000 7,000 7,000 7,000 予想 10月 8,000 7,000 7,000 7,000 予想 11月 8,000 8,000 8,000 8,000 予想 12月 7,000 7,000 7,000 7,000 予想 他のクレジットカードの場合、入会キャンペーンでもらえるポイントの獲得条件が厳しく、実際はそれほどもらえないケースも少なくありません。 しかし楽天カードは基本的に「新規入会+カードを一回利用」とハードルが低く、しっかり特典ポイントをもらえるので、 現在実施中のキャンペーンには注目です。 こまかく表示 気になるトピックをタップ!• 結果としてキャンペーンはゲリラ的に行われますが、 過去の開催実績を分析すれば、ある程度は予測がつけられます。 さらに 2019年度ではオール7日間と年々短くなっていってますね。 (ここ数年で楽天カードがかなり普及したことが要因でしょう。 ) 直近の傾向から判断するに、8,000ポイントキャンペーンが行われない 1,3,4,6,7,9,10,12月の第二or第三月曜日から一週間が7,000ポイントキャンペーンのトレンドでしょう。 新規入会特典(2,000ポイント):通常ポイント• 新規入会特典 カード利用特典 5,000ポイント キャンペーン 2,000ポイント 3,000ポイント 7,000ポイント キャンペーン 2,000ポイント 5,000ポイント 8,000ポイント キャンペーン 2,000ポイント 6,000ポイント 期間限定ポイントは楽天ペイでの消化がおすすめ カード利用特典の「期間限定ポイント」は有効期限が40~45日程度と短いため、失効しないよう早めに使う必要があります。 おすすめは「」によるコンビニ等の決済。 楽天ペイに楽天アカウントを紐づけておけば、メイン画面で期間限定ポイント数も確認できます。 (日常的に使えば自然と確認できますね) 「設定」を開けば、決済時に充填するポイント数を指定できます。 ただ、過去には「楽天ゴールドカードへの切り替えで3,000ポイント」というキャンペーンが行われたことも。 7,000ポイント、もしくは8,000ポイントもらえるキャンペーンが毎月必ずある• 7,000ポイントキャンペーンは年に約8回(1,3,4,6,7,9,10,12月)• 8,000ポイントキャンペーンは年に4回程(2,5,8,11月)• 楽天ゴールドカードの入会特典は5,000〜10,000ポイント• 楽天プレミアムカードの入会特典は10,000〜15,000ポイント 楽天カードの入会キャンペーンでは最大8,000ポイントももらえます。 ただし年に4回ほどとかなり少ないので、開催日まで 数ヶ月はありそうな時は、直近の7,000ポイントキャンペーン開催日を狙うのがいいですよ! また、 キャンペーンはいつ廃止されるのかわからないので、心配な人は5,000ポイントの時でも申し込みしましょう。

次の