バチェラー 岩間恵。 友永真也のインスタでネタバレ!カップに映る女性は岩間恵で確定か?フランス旅行の真相を調査

岩間恵(バチェラー3)のインスタは海外旅行三昧?山梨の実家はお金持ちのぶどう農園だった!

バチェラー 岩間恵

バチェラー3が波紋を呼んでいる。 その原因は、バチェラーの 友永真也と 岩間恵が起こした恋愛サスペンスである。 恋愛リアリティ番組としてバチェラーは1と2がすでに放映されていたが、前作と比べても最も衝撃の大きかったのがバチェラー3だった。 岩間恵は最終的には友永と結ばれたわけだが、日本女性を敵に回すほど、嫌われ者となった。 逆に不運な結果となった 水田あゆみの株は上昇する一方だ。 その原因は後で詳しく述べるが、岩間恵が悪とされて水田あゆみが正とされる日本の恋愛観に、日本女性が恋愛下手な原因が読み取れると思っている。 つまり、 こと恋愛においては、水田あゆみではなく、岩間恵を参考にすべきである。 その理由を詳しく深堀りしていこう。 ちなみに、僕は水田あゆみ推しである。 バチェラーを知らない人向けに、Wikipedia先生から引用する。 『バチェラー・ジャパン』 The Bachelor Japan は、Amazonプライム・ビデオにて配信されている恋愛リアリティの婚活サバイバル番組。 2017年2月17日よりシーズン1の配信がスタートし、2018年5月25日よりシーズン2の配信がスタート。 2019年9月13日よりシーズン3の配信がスタートした。 バチェラーのルール ハンサムで社会的地位を確立している才色兼備の独身男性(バチェラー)の元に集まった25名の独身女性たち(シーズン2では、20名)が、バチェラーの心を勝ち取るためにゴージャスでロマンチックなデートをしながら過酷なバトルを繰り広げていく。 運命の相手となる最後の一人の女性が残るまで、1つのエピソードで用意されたバラの数だけ女性たちが勝ち残っていく。 バチェラー友永真也とは バチェラーに出演している女性の一人。 山梨県出身の25歳の女性。 通称ぶどう。 (実家がぶどう農園を営んでいるから) 端正な顔立ちと清楚な雰囲気。 それでいて気が強く、 どこか艶やかな印象が男にモテるんだろーなと想像させる。 実は、 岩間恵は、 バチェラー友永が番組を通して、もっとも好意を寄せている女性だった。 本来女性は25人もいるので、最後まで好意を寄せる女性を分散させないといけないのだが、友永が岩間恵に最も好意を寄せているのは誰が見ても明らかなのである。 ただ、彼女は、他の出演している女性達がローズを受け取るとあからさまに不機嫌な態度を示したり、自分が一番でありたいことを隠しもせずに言ったりすることから女性ウケは悪い。 水田あゆみとは - 2020年 2月月28日午前6時07分PST バチェラー3を見ていて、岩間恵は気が強いなぁって思ってたが、最終話でついに本性を見せて、 国民から嫌われることになる。 バチェラーに選ばれる側であり、バチェラーを他の女性と争わねばいけないはずの岩間が最終話にて、「恋愛感情がわからない」発言をしたことで、その発言を聞いた友永は最後のローズを水田あゆみに渡す決断をする。 誰の目から見ても、岩間ではなく水田を選んだことは、 友永にとっては苦渋の決断に見えた。 ここだけで終わっていれば別によかったのだが、そのあと結局バチェラー友永と交際することになったことで、この行為が問題視されるようになった。 そして一番問題とされているのが、 この岩間がとった行動がわざとしたものであり、友永の心を揺さぶるためのテクニックの可能性があることだ。 でもよく考えてみてほしい。 バチェラーに出てる女性の目的は自分がバチェラーに選ばれることだよね? だとしたら、あざとい振る舞いをしてでも友永を勝ち取りいくのは、至極普通の戦略であり、超合理的なはずである。 でも日本の女性陣は、それを許さない。 きっと女性のコミュニティの中では、男を勝ち取るためにするであろうテクニック(例えば、ぶりっ子やボディタッチ)は、タブーであり、他の女性に見せてはいけない姿なのである。 そのタブーを知られるとたちまち女性からは嫌われ、下手すれば仲間外れにされる。 だからタブーを恐れて恋愛に対して、奥手になってしまう女性が多いのだと思う。 よく聞くのが、 「〇〇ちゃんが好きなら、私は諦める」である。 女性は村社会である。 手をつなぎ合って生きねばならない。 男は競争社会だから、他の男と好きな子がかぶろうと一向に構わない。 むしろライバル心が刺激されるだけである。 そういった女社会のタブーがテレビというプラットフォームを通して、披露されることで「おい、岩間調子のんなよ」となるのは当たり前なのかもしれない。 - 2020年 3月月8日午前3時03分PDT はっきり言って岩間恵は、バチェラーの女性陣のなかで最も男にモテる女性である。 これは今までの僕の経験からして、断言できる。 ではなぜ岩間恵がモテるのか? 可能な限り言語化していこう。 清楚に見えるのにエロさを感じる(ビッ〇だから?) 岩間恵は、 ぱっと見は清楚だし、初対面では爽やかな印象しかない。 しかし、回を追うごとに この子エロいなと鋭い男ならわかってしまうほどの妖艶さを秘めているのだ。 それはおそらく、 あざとさであったり、自分をしっかりアピールできるところがそう感じさせているのだろう。 本音が言える(ビッ〇だから?) 岩間恵の一番いいところは、 本音が言えるところだ。 選ぶ女性には神戸に来てほしいと言っていた友永に対して、 彼女は「せめて山梨に近い関東に来てほしい」とストレートに伝えたり、 「恋愛感情かわからないの」発言なんかも自分をごまかさない姿勢から出てきた素直な感情だ。 これが友永を振り回すためにした言動だと思っている女性こそ歪んでいる。 真相はわからないが、彼女はきっと誰よりも素直なんだと思う。 同性に嫌われることをどうでもいいと思ってる(ビッ〇だから?) 岩間恵は、同性の女性陣がバラをもらうと皮肉めいたことを言ったりする。 でもこれのどこが悪いんだろう。 バラをもらってる女性に気を遣って「おめでとう」と言うより、 ほんとの悔しい感情をぶつけて「むかつく」と言えたほうがよっぽど人間らしいではないか。 とにかく、バチェラー目的は、イケメンの争奪戦であり、同性に気を遣ってる場合ではないのだ。 ましてや視聴者の存在など気にしている場合ではない。 いつだって 恋愛の現場は 戦場なのである。 岩間恵こそ、日本人女性が参考にすべき鏡だと思う。 つまり、 恋愛で幸せになりたかったら、人の目なんか気にしてないで、男を落とすことに命をかけるのだ。 そこに遠慮はいらない。 ここまで岩間恵のいいところを散々書いてきたが、岩間恵になってはいけない。 なぜなら、 彼女は嫌われるビッ〇だからだ。 同性なんか構わずに、本音でアプローチしていく岩間恵の姿勢は、モテるためには見習うべきではあるが、日本の女性社会では生きづらくなってしまうだろう。 女性のコミュニティは、村社会であり、建前社会なのだ。 女性を敵にしては、コミュニティから迫害されてしまう。 それでも大丈夫という気高い女性は、岩間恵と同じ道を辿ることになっても悠々と生きていけるだろう。 しかし、やはり敵は少ないに越したことはない。

次の

【バチェラー3】岩間恵は女優でモデル?嫉妬で本性がでて性格悪い?|mama♡sapu

バチェラー 岩間恵

【ゴルフ経験者】 水田あゆみさん 高田汐見さん(第5話脱落) 【ゴルフ未経験】 岩間恵さん 経験者2人に対して、 ゴルフ初心者の岩間恵さん。 今日が地獄になる気がして ゴルフデートに行きたくない〜。 って言っていましたね(笑) そんな岩間恵さんのためにバチェラー 友永真也さんは丁寧に指導していました。 ゴルフ経験者の2人にはそのオプションは付いてきません。 経験者の2人からしたらあのポジションは羨ましかったでしょうね〜。 でも実際にバチェラー友永真也さんと一緒にコースを回ったら 想像していたよりも楽しくて満足していた岩間恵さん。 グアムでゴルフの楽しさに気付いてゴルフ始めたのかな?? インスタに投稿している ゴルフ姿の岩間恵さんを見て感じた第1印象でした。 『これ結構まっすぐ行ったんちゃう?』 文章にするとわかりませんが 『これ結構まっすぐ行ったんちゃう?』を 関西弁で話したんです!!! 岩間恵さんのご 出身は確か山梨県 だったはずですよね? 関西弁の馴染みが薄い地域。 もちろん 岩間恵さんも標準語を話しています。 『家族で人生2回めのゴルフ』を インスタに投稿したのは2019年9月! つまり何を言いたかったというと バチェラーの 撮影は 2019年3月〜5月の3ヶ月間でした。 神戸出身のバチェラー 友永真也さんは普段から関西弁を話します。 実際、バチェラーの撮影中も標準語ではなく関西弁のままでした。 あまり身近に居なかった 関西弁を話す人間と 3ヶ月も一緒にいれば、関西弁が移っちゃうって事はあると思うんです。 でも、 撮影が終了したのは5月。 それから 4ヶ月も経過しているのに、 関西弁がまだ残っているって不自然じゃないですかね〜?? これって、継続して身近に 関西弁を話す人物がいるって証拠だと思うんです。 ましてや山梨県出身の家族と一緒にゴルフに行っているのなら、関西弁が顔を出す余地はないのでは? 家族=友永真也さんも含むって事ではないでしょうか。 毎週バチェラー楽しみなんでしが、ゴルフ、神戸?匂わせだったらちょっと。。 😥 引用: ネタバレ感がプンプンするインスタの投稿に対し、バチェラー3を毎週楽しみにしているファンの方に指摘されていました。 その投稿に対して 岩間恵さんが返信したのがコチラです。 これは軽井沢で兄とゴルフでした!😭 不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。 引き続きバチェラー楽しんで頂けると嬉しいです。 引用: インスタの投稿には『家族と人生2回めのゴルフ』って書いてありますよね? 兄とゴルフに行ったのなら、 家族ではなく『兄』って書きそうなものですが…。 あきらかに「他の子だったらNG」なことを全部許している(プラスに判断している)という点からもお気に入りなことは間違いないしね・・・・・・。 — ぱぴこ inucococo ちなみに私も岩間恵さん嫌いなのですが、インスタでにおわせ連発しているので、彼女を選んだのかなっておもって心の準備をしています。 あきらかに「他の子だったらNG」なことを全部許している(プラスに判断している)という点からもお気に入りなことは間違いないしね・・・・・・。 — ぱぴこ inucococo 今回もハマって見てるけど、 一強ぽくてもうつまらん。 インスタ見たらゴルフとか、神戸らしき写真載せてて、匂わせなら相当だわ。。

次の

【バチェラー3】岩間恵が可愛い!性格はあざとさMAXと噂!|メルライフ

バチェラー 岩間恵

バチェラー3が波紋を呼んでいる。 その原因は、バチェラーの 友永真也と 岩間恵が起こした恋愛サスペンスである。 恋愛リアリティ番組としてバチェラーは1と2がすでに放映されていたが、前作と比べても最も衝撃の大きかったのがバチェラー3だった。 岩間恵は最終的には友永と結ばれたわけだが、日本女性を敵に回すほど、嫌われ者となった。 逆に不運な結果となった 水田あゆみの株は上昇する一方だ。 その原因は後で詳しく述べるが、岩間恵が悪とされて水田あゆみが正とされる日本の恋愛観に、日本女性が恋愛下手な原因が読み取れると思っている。 つまり、 こと恋愛においては、水田あゆみではなく、岩間恵を参考にすべきである。 その理由を詳しく深堀りしていこう。 ちなみに、僕は水田あゆみ推しである。 バチェラーを知らない人向けに、Wikipedia先生から引用する。 『バチェラー・ジャパン』 The Bachelor Japan は、Amazonプライム・ビデオにて配信されている恋愛リアリティの婚活サバイバル番組。 2017年2月17日よりシーズン1の配信がスタートし、2018年5月25日よりシーズン2の配信がスタート。 2019年9月13日よりシーズン3の配信がスタートした。 バチェラーのルール ハンサムで社会的地位を確立している才色兼備の独身男性(バチェラー)の元に集まった25名の独身女性たち(シーズン2では、20名)が、バチェラーの心を勝ち取るためにゴージャスでロマンチックなデートをしながら過酷なバトルを繰り広げていく。 運命の相手となる最後の一人の女性が残るまで、1つのエピソードで用意されたバラの数だけ女性たちが勝ち残っていく。 バチェラー友永真也とは バチェラーに出演している女性の一人。 山梨県出身の25歳の女性。 通称ぶどう。 (実家がぶどう農園を営んでいるから) 端正な顔立ちと清楚な雰囲気。 それでいて気が強く、 どこか艶やかな印象が男にモテるんだろーなと想像させる。 実は、 岩間恵は、 バチェラー友永が番組を通して、もっとも好意を寄せている女性だった。 本来女性は25人もいるので、最後まで好意を寄せる女性を分散させないといけないのだが、友永が岩間恵に最も好意を寄せているのは誰が見ても明らかなのである。 ただ、彼女は、他の出演している女性達がローズを受け取るとあからさまに不機嫌な態度を示したり、自分が一番でありたいことを隠しもせずに言ったりすることから女性ウケは悪い。 水田あゆみとは - 2020年 2月月28日午前6時07分PST バチェラー3を見ていて、岩間恵は気が強いなぁって思ってたが、最終話でついに本性を見せて、 国民から嫌われることになる。 バチェラーに選ばれる側であり、バチェラーを他の女性と争わねばいけないはずの岩間が最終話にて、「恋愛感情がわからない」発言をしたことで、その発言を聞いた友永は最後のローズを水田あゆみに渡す決断をする。 誰の目から見ても、岩間ではなく水田を選んだことは、 友永にとっては苦渋の決断に見えた。 ここだけで終わっていれば別によかったのだが、そのあと結局バチェラー友永と交際することになったことで、この行為が問題視されるようになった。 そして一番問題とされているのが、 この岩間がとった行動がわざとしたものであり、友永の心を揺さぶるためのテクニックの可能性があることだ。 でもよく考えてみてほしい。 バチェラーに出てる女性の目的は自分がバチェラーに選ばれることだよね? だとしたら、あざとい振る舞いをしてでも友永を勝ち取りいくのは、至極普通の戦略であり、超合理的なはずである。 でも日本の女性陣は、それを許さない。 きっと女性のコミュニティの中では、男を勝ち取るためにするであろうテクニック(例えば、ぶりっ子やボディタッチ)は、タブーであり、他の女性に見せてはいけない姿なのである。 そのタブーを知られるとたちまち女性からは嫌われ、下手すれば仲間外れにされる。 だからタブーを恐れて恋愛に対して、奥手になってしまう女性が多いのだと思う。 よく聞くのが、 「〇〇ちゃんが好きなら、私は諦める」である。 女性は村社会である。 手をつなぎ合って生きねばならない。 男は競争社会だから、他の男と好きな子がかぶろうと一向に構わない。 むしろライバル心が刺激されるだけである。 そういった女社会のタブーがテレビというプラットフォームを通して、披露されることで「おい、岩間調子のんなよ」となるのは当たり前なのかもしれない。 - 2020年 3月月8日午前3時03分PDT はっきり言って岩間恵は、バチェラーの女性陣のなかで最も男にモテる女性である。 これは今までの僕の経験からして、断言できる。 ではなぜ岩間恵がモテるのか? 可能な限り言語化していこう。 清楚に見えるのにエロさを感じる(ビッ〇だから?) 岩間恵は、 ぱっと見は清楚だし、初対面では爽やかな印象しかない。 しかし、回を追うごとに この子エロいなと鋭い男ならわかってしまうほどの妖艶さを秘めているのだ。 それはおそらく、 あざとさであったり、自分をしっかりアピールできるところがそう感じさせているのだろう。 本音が言える(ビッ〇だから?) 岩間恵の一番いいところは、 本音が言えるところだ。 選ぶ女性には神戸に来てほしいと言っていた友永に対して、 彼女は「せめて山梨に近い関東に来てほしい」とストレートに伝えたり、 「恋愛感情かわからないの」発言なんかも自分をごまかさない姿勢から出てきた素直な感情だ。 これが友永を振り回すためにした言動だと思っている女性こそ歪んでいる。 真相はわからないが、彼女はきっと誰よりも素直なんだと思う。 同性に嫌われることをどうでもいいと思ってる(ビッ〇だから?) 岩間恵は、同性の女性陣がバラをもらうと皮肉めいたことを言ったりする。 でもこれのどこが悪いんだろう。 バラをもらってる女性に気を遣って「おめでとう」と言うより、 ほんとの悔しい感情をぶつけて「むかつく」と言えたほうがよっぽど人間らしいではないか。 とにかく、バチェラー目的は、イケメンの争奪戦であり、同性に気を遣ってる場合ではないのだ。 ましてや視聴者の存在など気にしている場合ではない。 いつだって 恋愛の現場は 戦場なのである。 岩間恵こそ、日本人女性が参考にすべき鏡だと思う。 つまり、 恋愛で幸せになりたかったら、人の目なんか気にしてないで、男を落とすことに命をかけるのだ。 そこに遠慮はいらない。 ここまで岩間恵のいいところを散々書いてきたが、岩間恵になってはいけない。 なぜなら、 彼女は嫌われるビッ〇だからだ。 同性なんか構わずに、本音でアプローチしていく岩間恵の姿勢は、モテるためには見習うべきではあるが、日本の女性社会では生きづらくなってしまうだろう。 女性のコミュニティは、村社会であり、建前社会なのだ。 女性を敵にしては、コミュニティから迫害されてしまう。 それでも大丈夫という気高い女性は、岩間恵と同じ道を辿ることになっても悠々と生きていけるだろう。 しかし、やはり敵は少ないに越したことはない。

次の