エクセル 計算結果 四捨五入。 【Excel】数値の四捨五入 計算式の設定はROUND関数が便利~みんなのエクセル

エクセルで数値を丸めるには?【切り捨て・切り上げ・四捨五入】

エクセル 計算結果 四捨五入

エクセルで1円単位で四捨五入する方法 1円単位の四捨五入とは、114円を110円としたり、128円を130円に直したりすることを指します。 この処理をエクセル上でも行っていくといいです。 以下のデータを用いてまずはエクセルで一円単位で四捨五入する方法について確認していきます。 エクセルにおいて四捨五入する際には金額であっても、結局は数値であるためエクセル関数のROUND関数を使用していきます。 具体的には、以下のように出力したいセルに =ROUND(数値,-1)と入力することによって、1円単位での四捨五入が実行できます。 ENTERを押して計算を確定させると以下の通り1円単位での四捨五入が実行されるのです。 この数値を丸めたセルをもとにして、オートフィル機能(セルの右下にカーソルを合わせた後にダブルクリック)で一括で1円単位での四捨五入を実行していきましょう。 エクセルで百円単位で四捨五入する方法 引き続き、エクセルによって百円単位で数値を丸めていく(四捨五入)方法を確認します。 以下のデータを用いて、エクセルにて百円単位での四捨五入を行います。 基本的な操作方法としては、1円単位で四捨五入するときと同じであり、ROUND関数によって対処していきます。 具体的には、セルに=ROUND(数値,-3)と入れると百円単位で数値を丸めることが可能です。 ENTERで計算を確定させます。 すると、以下のように百円単位での四捨五入が実行されるのです。 後は先ほどと同様に、オートフィルで対処していくといいです。 これで、百円単位での四捨五入が完了となります。 千円単位での四捨五入でも同じように対処するといい なお、千円単位での四捨五入などであっても、桁数のみを変化させROUND関数を使用していくだけで大丈夫といえます。 具体的には、=ROUND(数値,-4)とするだけでいいです。 他の場合でも同様に適宜桁数を調整し、金額に対しての数値の丸めを実行してみてください。 まとめ ここでは、エクセルで1円単位、百円単位、千円単位で四捨五入する方法について確認しました。 金額であっても結局のところ数値として扱うために、エクセル関数のROUND関数を使用することで各位における四捨五入が行えます。 なお、ROUND関数を入力する際の桁数はマイナスの数値を入れると、正の位の数値に対して四捨五入されることを覚えておくといいです。 エクセルの扱いに慣れ、業務をより効率化させていきましょう。

次の

【エクセル】SUM関数で求めた合計を四捨五入するやり方

エクセル 計算結果 四捨五入

数値を四捨五入する(ROUND関数) ROUND関数・・・指定した数値を四捨五入する。 ROUND(数値,桁数)• 数値・・・四捨五入したい数値(対象セル)を指定• 桁数・・・四捨五入した後の結果の桁数を指定(整数にしたい場合は「0」) 【ポイント】• [桁数]に「0」を指定すると、整数になる• [桁数]に正数を指定すると、小数点以下が四捨五入される• [桁数]に負数を指定すると、整数部分が四捨五入される 言葉で説明すると分かり難いので、図にしてみると[桁数]の場所は下のように指定します。 「12345. 123」という数値での使用例はこちら。 では、実際に使ってみます。 下の表の「税込価格」の場所で試します。 拡大するとこんな感じ。 小数点第2位まで表示されています。 右側のセルにROUND関数を使用して、四捨五入した数値を表示してみます。 関数を入力する、 「J3」を選択して、 [関数の挿入]ボタンをクリック。 [関数の挿入]画面で ROUND関数を選択して[OK]をクリック。 [関数の引数]画面では、 [数値]の場所に対象となる 「H3」をクリックして指定、[桁数]の場所は、小数点を無くして整数にするため最初は 「0」を入力してみます。 関数の結果を下にオートフィル機能を使用してコピーした結果が下の画像。 [桁数]を0にしたことで、 小数点第1位が四捨五入され、小数点以下が無くなりました。 次は、[桁数]に「1」を入力してみました。 結果が下の画像。 小数点第2位が四捨五入され、小数点第1位まで表示されました。 最後に[桁数]に「-1」を入力 結果が下の画像。 整数部の第1位が四捨五入されているのが分かりますね。 桁数に、どの数字を入れるかで悩む方もいるかもしれません。 まとめてみると、• 小数点以下を無くしたい場合は「0」を入力• 「四捨五入する桁」ではなく、「結果を表示したい桁」を入力する• 整数を入力すると小数点部分の桁が調整され、負数を入力すると整数部分の桁が調整される 以上をおさえれば[桁数]の入力をミスすることは無くなるのでは。 まとめ エクセルは、 列幅を狭くすると小数点以下が表示されなくなります。 この場合、小数点以下が四捨五入されて表示されるのですが、この 列幅の調整に任せて作業をしてしまうのはお勧めできません。 例えば下の表、青枠とピンクの枠で囲んだ場所には計算式が入っており、実際には小数点以下の数値まで存在します。 「成績」の場所には下のような式が入っており、 最後の「学年末」の場所は3か所の「成績」を合計した後に3で割って求めています。 それぞれ、「F列」「I列」「L列」「M列」の列幅を広げたのが下の画像。 小数点以下の数値が隠れていたのが分かります。 さて、1番上の「猫森 しずえ」さんですが、「学年末」の「合計」は「73点」のようですね。 33333」 四捨五入すると「72点」になります。 このように、 表示を狭めた状態で無理やり小数点を見えなくする処理はお勧めできません。 この場合は、常にそれぞれの数式をROUND関数を使用して小数点を無くした状態で処理するべきです。 たった「1」の誤差かもしれませんが、成績や売上の場合、人生を変える「1」になる可能性があるかもしれません・・・。

次の

エクセルで四捨五入ができるROUND関数の使い方をわか…|Udemy メディア

エクセル 計算結果 四捨五入

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 Excelにおける端数の処理を総まとめ Excelの表を作成するとき、数値を「 四捨五入」「 切り捨て」「 切り上げ」する機会があると思います。 それぞれに対応する関数があり、簡単に結果を求められるのですが、使い方を覚えていますか? 【 エクセル時短】第120回では、 数値の端数を処理する(丸める)ときに使う定番の関数をおさらいしましょう。 セルの表示形式を使って四捨五入した場合との違いや、その他の関連する関数まで総まとめします。 INDEX• 四捨五入の定番「ROUND関数」をマスター まずは「四捨五入」です。 Excelで数値を四捨五入するには、 ROUND(ラウンド)関数を使うのがもっともポピュラーな方法です。 構文と引数を見てみましょう。 [ 数値]... 四捨五入したい元の数値を指定します。 [ 桁数]... 四捨五入して、どの桁まで求めるのかを整数で指定します。 2つめの引数[ 桁数]は、1つめの引数[ 数値]の一の位を「0」として、それより大きい桁は負の数、小さい桁は正の数で指定します。 ちょっと分かりにくいので、[ 数値]を「 1476. 532」とした場合の例を以下の表に示します。 [ 数値] 1 4 7 6. 5 3 2 [ 桁数] -3 -2 -1 0 1 2 3 仮に[ 桁数]に「-1」を指定すると、十の位までが求められるように、それより下の桁が四捨五入されます。 上記の例なら「 1480」が求められるわけです。 すべての[ 桁数]ごとの結果をまとめると、以下のようになります。 ROUND関数でセルB1の値「1476. 532」を四捨五入した結果を表示しています。 ひとまず、 [ 桁数]で「0」を指定したら小数点以下が四捨五入される、と覚えておくといいでしょう。 切り捨てには「ROUNDDOWN関数」を使う 続いて「切り捨て」には、 ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数を使います。 構文は以下のとおりで、引数の指定方法はROUND関数と同じです。 同様に[ 桁数]ごとの結果をまとめると、以下のようになります。 ROUNDDOWN関数では、四捨五入ではなく切り捨てとなっていることが分かります。 切り上げには「ROUNDUP関数」で対応 最後に「切り上げ」ですが、 ROUNDUP(ラウンドアップ)関数を使いましょう。 構文は以下のとおりで、引数の指定方法はROUND関数・ROUNDDOWN関数と同じです。 指定した桁よりも下の桁が切り上げられた結果が求められていますね。 ROUNDUP関数により、セルB1の値「1476. 532」が指定した桁で切り上げられています。 セルの表示形式では見た目上だけ四捨五入される ここまでは関数を使って端数を処理する方法を解説しました。 ただ、四捨五入に関しては、関数を使わないもう1つの方法があります。 セルの表示形式を使う方法です。 [ホーム]タブの[数値]グループにある[ 小数点以下の桁数を減らす]ボタンを使うと、小数点以下の桁数を調整し、非表示にした桁を四捨五入できます。 手軽に四捨五入できて便利なのですが、この方法では 見た目上の数値が変わるだけで、セルに入力されている実際の数値は変わらないことに注意してください。 具体的な例を見てみましょう。 「表示形式」列と「ROUND関数」列で、同じ数値が入力されているように見えます。 しかし、5行目で求めている合計が異なっていますね。 「234+865+457」は「1556」が正しいのですが、なぜこのような現象が起こるのでしょうか? 数式バーで「表示形式」列のセルを見てみると...... 実際には、セルA2に「234. 12」と入力されていることがわかります。 一方の「ROUND関数」列はというと...... 12」の小数点以下第一位を四捨五入した数値が求められています。 ここで[ 小数点以下の桁数を増やす]ボタンをクリックして...... 非表示になっていた小数点以下の桁を見てみます。 一目瞭然ですね。 「表示形式」列の数値には、実際には小数点以下の桁があります。 5行目で求められている合計は正しいのですが、セルの表示形式で見た目上だけ四捨五入すると、計算が合わなくなるわけです。 一方、「ROUND関数」列では、関数による計算結果がセルにそのまま入力されているため、見た目と実際の計算が一致します。 このように、表示形式で見た目上だけ四捨五入しているセルと、ROUND関数で四捨五入しているセルを計算に用いると、結果が合わなくなることが起こりえます。 税率の計算など、端数の処理を厳密に行う必要があるときには注意してください。 close 閉じる.

次の