光genji。 光genjiの解散の理由が凄すぎる!衝撃の解散理由とは?

光GENJIがなぜSMAPのようにながくTVに出れなかったか ...

光genji

解説 [ ] 同じ週に発売されたのラストシングル「」 を抑え初登場1位を獲得した光GENJIのデビュー曲である。 同チャートでデビューシングルが初登場1位を獲得するのは所属者としては、以来3組目の快挙だった。 CHAGE and ASKAによる、光GENJIのデビュー曲からのシングル3部作の1作目となる作品となった。 当時コンピューターによるレコーディング技術が導入され、ASKAも自分でもコンピュータによるレコーディング作業を習得していた事をが知り、ジャニーズ事務所側も「これからデビューさせるグループを、シンガーソングライターに任せよう」という意向を元に、ジャニー喜多川自らCHAGE and ASKAに楽曲制作を依頼。 その際、「自分達にも冒険。 楽曲の良さとは関係ない売れ方をするかも知れない。 3曲はやらせて欲しい。 」と打診し、ジャニー喜多川が即日承諾。 本作、そして「」、「」の3作の発表となった。 シングルの売上(出荷)枚数は公称で85万枚。 ポップなAメロとBメロ前半を、Bメロ後半の歌詞「カッコ悪いと思わない」の箇所からサビとCメロを(現:ASKA)がそれぞれ作曲。 アルバム『』に収録されているバージョンは飛鳥涼によって新たに歌詞とメロディが追加されている。 には、メンバー全員での7人バージョン、が足の手術で参加していない6人バージョン、との2人がのため参加できない場合 の5人バージョン、前述の3人が参加していない4人バージョンがあった。 なお、楽曲を提供したもこの曲をテレビやライブなどで数回している。 このシングルには、を迎える前のの歌声が収録されている。 収録曲 [ ]•

次の

光GENJIメンバーの現在に衝撃!解散理由は大喧嘩だった!?

光genji

光GENJI・内海光司の大ファンであることを明かした。 自宅を写したプライベート写真に映っていたのは、光GENJIにまつわるグッズ。 シングルCDや写真集、出版社による特別編集のムックなど貴重なアイテムが揃っていたが、くりぃむしちゅー上田晋也は「世代じゃないよね?」と質問。 二階堂も「生まれた年(1994年)に解散になった」と答えた。 興味を持ったのは16歳のころだったそうで、「10代のこう、『あっ……』みたいな時あるじゃないですか」と、何か思い悩んでいた時代に『ガラスの十代』を聴いて好きになったという。 特に好きなのがグループ最年長でリーダーでもあった内海光司。 二階堂は「最初からもうずっと好き」と述べ、「今も素敵だと思っております。 舞台も近々見に行く」と変わらぬ愛をアピールした。 そんな内海の魅力について彼女は、「他のメンバーは上半身裸になるが、内海さんだけ衣装をぴっちり上まで閉めている」「他のメンバーの方は髪型が変わっていったが、内海さんだけずっと短髪で黒髪で、もみ上げが真っすぐ」など止まらず、「結構キリがないですよね、どこ好き?って言われたら」とも。 この後、内海光司本人からメッセージVTRが。 すると二階堂は目を輝かせて凝視。 数々のグッズが写った自宅写真に「気持ち悪いと思われちゃう」と乙女になり、さらに彼が聞かせる思い出話が時間の都合上か早回しになってしまったときは「全部聞きたいですよ!」「なんで早送りしちゃうんだろう?」と不満。 さらに内海から、二階堂の誕生日が近い(9月21日)ということで特別にプレゼントが届いた。 さらに中身を見た彼女は「えっ? えぇーーーー!?」と悲鳴。 それは約30年前に発売された光GENJIのロゴ入りローラースケート(レプリカ)。 今やかなりの高額アイテムになっているそうだが、二階堂は「本当にありがとうございます、ありがとうございます内海さん」と感謝していた。

次の

光GENJIの歌詞一覧リスト

光genji

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたジャニーズファンに向けて、いま改めて読み直したいジャニーズ本をご紹介。 知られざるジャニー喜多川氏、ジャニーズ事務所の歴史を紐解く。 1990年『ジャニーさん 光GENJIへ総集編』(データハウス)鶴田康文著 『ジャニーさん 光GENJIへ総集編』(データハウス) 今回取り上げるのは、90年3月にデータハウスから出版された『ジャニーさん 光GENJIへ総集編』である。 タイトルにもある通り、これは元フォーリーブスの北公次が88年12月に出版した、ジャニー喜多川氏のホモセクハラを告発した暴露本『光GENJIへ』シリーズの総集編という位置づけの本である。 当時、『光GENJIへ』の衝撃はすさまじいものがあった。 「その頃の光GENJIはまさに人気絶頂。 たのきんトリオの後、事務所の屋台骨を支えるほどのスターが輩出できず苦境に立っていたジャニーズ事務所は、ついに生まれた大スターの登場によって、改めて芸能界、テレビ界に大きな影響力を持つようになっていました。 そして、その後、続編が同じくデータハウスから異常なまでのハイペースで次々に発売されたのだ。 ・89年2月『光GENJIへ・再び』 ・89年4月『光GENJIへ3 みんなで考えようジャニーズ問題』 ・89年6月『光GENJIへ 最後の警告』 ・89年9月『さらば!! 光GENJIへ』 ・89年12月『光GENJIファンから北公次へ』 ・90年3月『ジャニーさん 光GENJIへ総集編』 ほかにも、北の告発、糾弾活動に共鳴した、元ジャニーズJr. たちで結成した「新・光GENJI」によるものもある。 ・89年6月『8人目の光GENJI』 ・89年10月『新・光GENJI ハロー・アイ・ラブ・ユー』 ・90年2月『がんばれ!! 光GENJI』 これらに加え、ジャニー氏から受けた性的行為についての詳細が記述された初代グループ「ジャニーズ」中谷良による『ジャニーズの逆襲』も含めれば、その関連本は10冊を超えてしまうのだ。 とはいえ、出版を重ねるうちに次第に内容も薄くなっていき、89年の後半からはもうネタ切れ感でいっぱいになっていった。 そして、最後に総集編として刊行されたのが、『ジャニーさん』だったわけだ。 「著者は、もはや北公次でも新・光GENJIでもなく、鶴田康文なる漫画家。 とにかく、ジャニー氏を徹底的にいじりまくり、さらに光GENJIのファンや、新・光GENJIのファンまでもディスりまくるという、悪ふざけの佃煮といった内容で、これまでの北の告発の真実味が大幅に薄れること間違いなしのお粗末な一冊でした」(同前) 例えば、「クイズ」という作品を見てみよう。 「クイズ! 男にあって女にないもの。 そして美しいもの、それは何…?」 という問題に、「ウ〜ム、何だろう?」と目をつむって考えるジャニー氏。 そんなことはない。 女性にだってちゃんとりっぱなケツの穴があります」という、どうしようもない注釈が付いている。 そんな4コマ漫画が、250篇以上も収録されているのだから、こんな悪趣味な本はないのだ。 コロナ自粛でいくら時間があっても、世界で一番無駄な時間を過ごしたい人以外は読むべきではないだろう。 (渡邊孝浩).

次の