エーユー ウォレット クレジット カード。 au WALLETをお店で使う時は『クレジットカード1回払いで』と店員に伝えよう!従来の電子マネーのように、かざすだけでは使えません。

auユーザーはau WALLET クレジットカード持つべき?どのくらいポイント貯まる?

エーユー ウォレット クレジット カード

au WALLET クレジットカードが人気なワケ au WALLET クレジットカードは、auブランドで通信事業などを手がけるauフィナンシャルホールディングスグループが発行しているカードです。 そのため、 「auユーザーにとって持つメリットが多いカード」になっています。 ではさっそく、au WALLET クレジットカードがauユーザーに人気な理由を見ていきましょう。 auユーザーなら年会費がずっと無料 「携帯電話(スマートフォンやタブレットなど)」「auひかり」「auひかりちゅら」のいずれかのサービスを契約しているauユーザーの場合、契約に紐づくau IDをau WALLET クレジットカードに登録することで 年会費1250円が無料になります。 つまりauユーザーであれば、その契約(au ID)が生きている間は ずっと年会費が無料になるということ。 「持っているだけ」でも損をすることはありません。 VISA・Mastercard加盟店ならどこでもポイント還元率1% au WALLET クレジットカードは、 基本的に200円(税込)でWALLETポイントが2ポイント貯まる仕組み(ポイント還元率1%) となっています。 ポイントを貯めるには、日常のショッピングやサービスにおける支払いをau WALLET クレジットカードで決済するだけ。 例えば、ある月に美容室で1万8000円、スーパーで1万円、デパートで3万円を使ったとしましょう。 これらをau WALLET クレジットカードで支払えば、計480ポイントの還元を受けることができます。 ただし、以下のようにポイント対象外のものやポイント還元率が違うケースもありますのでご注意ください。 キャッシングやカードローンの利用料金(対象外)• キャンセルしたカード利用料金(対象外)• 年会費やATM使用料などの各種手数料(対象外)• nanacoやモバイルSuicaなどの電子マネーへのチャージ(対象外)• au料金(au携帯電話・auひかり・auひかり ちゅら)の支払い(対象外)• au WALLETプリペイドカードへのチャージ(0. 5%)• ポイントアップ店での支払い(1. 5%以上) 携帯料金や公共料金の支払いでポイントゲット au WALLET クレジットカードでは、さまざまな公共料金の支払いが可能です。 毎月発生する公共料金や携帯料金をカード決済で支払えば、ポイントを効率よく貯めることができます。 さらに、「auでんき」に加入すると電気料金に応じて 最大5%分のポイントが付与されます。 通常還元率1%(200円ごとに2ポイント)のところ、 対象のお店でカードを使えば還元率が1. 5%(200円ごとに3ポイント)以上にアップ。 コンビニ、ドラッグストア、家電量販店など提携店舗のジャンルは多岐にわたるので、効率よくポイントを貯めたい方はどんどん活用していきましょう。 【主なポイントアップ店】 提携店舗 200円(税込)ごとに付与されるポイント 備考 コンビニ セブンイレブン 3ポイント スーパー イトーヨーカドー 3ポイント ネットスーパー・各専門店は対象外 ヨークマート 3ポイント ヨークベニマル 3ポイント ドラッグストア キリン堂・サーバ 4ポイント 調剤・イオンテナント内は対象外 マツモトキヨシ 4ポイント トモズ 4ポイント 飲食店 スターバックス (スターバックスカード) 5ポイント オンライン入金での利用のみ対象 ファミリーレストランココス 4ポイント 一部対象外あり かっぱ寿司 4ポイント 一部対象外あり モンテローザグループ 4ポイント 一部対象外あり ドミノピザ 4ポイント 店舗支払のみ 娯楽・エンターテイメント BIG ECHO 4ポイント 葛西店・行徳駅前店・日暮里店は対象外 TOHOシネマズ 4ポイント お台場シネマメディアージュは対象外 快活CLUB 4ポイント 一部対象外あり スペースクリエイト自遊空間 4ポイント 一部対象外あり 家電販売店・小売店 紀伊国屋書店 4ポイント 一部対象外あり ユザワヤ 4ポイント 上新電機 3ポイント JoshinWebは対象外 nojima 3ポイント 一部対象外あり ガソリンスタンド IDEMITSU 3ポイント 一部対象外あり その他 オリックスレンタカー 4ポイント カウンター・ネットクレジット決済は対象外 アート引越センター 4ポイント 保険が手厚く充実している 「保険サービスの手厚さ」も、au WALLET クレジットカードの魅力のひとつです。 紛失・盗難があった場合の補償に加えて、「海外旅行保険」と「買い物あんしん保険」が付帯されています。 また海外で万が一のことがあった際には、海外からでもつながる24時間日本語対応の「au WALLET クレジットカードトラベルデスク」に相談することが可能。 他の一般カード以上の安心感があります。 海外旅行あんしん保険(利用付帯) 海外旅行中に起こったトラブルやアクシデントに対する保険です。 「利用付帯」なので、航空券やツアー料金をあらかじめau WALLET クレジットカードで支払った場合にのみ保険が適用されます。 死亡・後遺障害 2000万円 傷害治療費用 200万円 疾病治療費用 200万円 救援者費用 200万円 個人賠償責任 2000万円 携行品損害 20万円(免責3000円) 例えば事故でケガを負い、現地の病院に支払った治療費などは補償対象になります。 同じく、病気の治療、ホテルのルームキー紛失や器物損壊、デジカメなど携行品の置き引きなどがあった場合にも保険がカバーしてくれるので安心です。 買い物あんしん保険(利用付帯) 国内外でau WALLET クレジットカードを使用して購入した品物に対して、破損・盗難などの損害を補償してくれる保険です。 一般カード、しかも無料で作れるカードでここまでの補償があるのはとても魅力的といえます。 支払い限度額 年間100万円 免責金額 3000円 担保期間 商品購入した日から90日間 au WALLET クレジットカードを使って購入した6万円のオーブンレンジを設置しているときに落としてしまった…、こんな場合に保険が適用されます。 修理代が2万円だった場合、免責金額の3000円が自己負担となり、残りの1万7000円を補償してもらえます。 こちらも「利用付帯」である点には注意が必要です。 紛失・盗難補償 万が一カードの紛失・盗難にともない不正利用の被害にあっても、紛失の連絡をした日からさかのぼって60日前まで補償されます。 知っていればもっとお得!ポイントの賢い貯め方・使い方 au WALLET クレジットカードには、前の章で触れたメリットに加えて、auユーザーがよりお得にポイントを獲得できる仕組みがあります。 せっかく入会するのであれば、よりお得な使い方を知ったうえでカードを活用していきたいですよね。 以下では、お得なポイントの貯め方と使い方をご紹介していきます。 注意点についても一緒に押さえておきましょう。 お得な新規入会&利用特典 au WALLET クレジットカードでは、 「新規入会&利用特典」で最大1万ポイントがもらえます。 特典の対象となるには、au WALLET クレジットカードに入会し、以下3つの条件を満たす必要があります。 キャンペーンメールを受信している• 【特典1】 入会翌々月までの利用分がポイント2倍で最大7000ポイント付与 カード支払いで付与される「ポイント200円(税込)につき2ポイント」とは別に、特典分として「200円(税込)につき2ポイント」が最大7000ポイントまで付与されます。 ただし、au料金の支払いは対象外です 【特典2】 対象の公共料金の支払いで3000ポイントプレゼント 入会3ヶ月後から6ヶ月後の中旬までに対象事業者(auでんきや各電力会社・ガス会社など)の公共料金をau WALLET クレジットカードで支払い、入金が確認できた場合に3000ポイントが付与されます。 対象事業者の詳細はホームページにてご確認ください じぶん銀行の口座開設・設定でau利用料金もポイントアップ au WALLET クレジットカードの新規入会&利用特典では対象にならなかったau料金の支払いも、「じぶん銀行」の口座指定によってポイントアップの対象になります。 <特典2>• 【特典1】の条件をクリアしたうえで口座開設から8ヶ月以内にau WALLET クレジットカードで「auでんき」の支払いを開始し、当月支払い(引き落とし)を行う 【特典1】に加えて、さらにau料金1000円(税込)につき10ポイントが付与される(最大6ヶ月)。 通常カード利用として1%分(200円につき2ポイント)の付与もあるので、「【特典1】+【特典2】+通常利用」で最大3倍もお得に! au Wowma!で最大15% 総合通販サイト「au Wowma! 」でau WALLET クレジットカードを使うと、最大15%のポイント(一部はau Wowma!限定ポイント)を獲得できます。 au Wowma! での買い物 1% au Wowma! なら効率よくポイントが貯められるので、サクサク貯めたい方はチェックしておきましょう。 さらに利用したショッピングサイトの独自ポイントも獲得できるので、以下のような 「ポイントの三重取り」が可能です。 これは活用しないと本当にもったいないですね。 クレジット利用1%(200円につき2ポイント) +ポイントアップタウンの追加ポイント最大14% +ショッピングサイトの独自ポイント ポイントアップタウンを利用した場合と普通にネットショッピングをした場合を比較してみましょう。 キャンペーンでポイント率が上がるケースもあるので、こまめにチェックしてお得にインターネットショッピングを楽しみましょう。 実際、年間でどれくらいポイントが貯まる? au WALLET クレジットカードが使い方次第でとてもお得なカードになることは、おわかりいただけたと思います。 以下では、au WALLET クレジットカードをさまざまなシーンで活用した場合に、「そうでなかった場合」と比べて年間でどのくらいの差があるのかを見ていきましょう。 auユーザーなら、au WALLET クレジットカードを上手に活用したいところです。 貯まったポイントはどうやって使う? au WALLET クレジットカードで貯めたポイントは、ライフスタイルや目的に応じてさまざまな使い方を選ぶことができます。 一部キャンペーンなどで短くなっているものを除けば 有効期限も付与から4年間と長く、「たくさん貯めてからご褒美のように使いたい!」という方も安心です。 それではポイントの使い方を確認していきましょう。 主な6つの方法をご紹介します。 (1)au WALLETへチャージする au WALLETへチャージすれば、au PAYやau WALLETプリペイドカードとして使うこともできます。 「1ポイント=1円」として、100ポイント単位でチャージできる• 月間合計2万円までチャージできる• au PAYやau WALLETプリペイドカードとして使うと、200円(税込)につき1ポイントが付与される(またポイントを獲得できる) (2)au利用料金・データ容量の追加購入に使う データ定額サービスの容量が足りなくなった際のチャージで使えます。 またau料金に使う場合は3つのコースから選びます。 (4)au STARギフトセレクションで使う 貯めたポイントに応じて、「au STARギフト」に交換できます。 au STARは、契約期間に応じて多くのポイントが貯まるなど、さまざまな特典が受けられる登録無料の会員サービスです。 au STARギフトに欲しいものがあった場合は、とてもお得感が得られるでしょう。 (5)携帯端末の購入・修理代・オプション品購入に使う 機種変更や修理代金のほか、家族が新規加入する際の機器代金にもポイントが使えます。 まとまった金額になるので、ポイントが使えるのは助かりますね。 (6)他社のポイントへ交換する 「1ポイント=1円」として以下の提携先のポイントなどに交換できます。 マツモトキヨシ現金ポイント 500ポイント単位 1回につき3000ポイントまで スターバックスカード 500円分単位 1回につき3000円分まで ACCORDIA GOLFポイントプログラム 500ポイント単位 1回につき3000ポイントまで 貯めたポイントのチェック・管理もカンタン! au WALLETポイントを無駄なく使うには、きちんと管理してポイントを失効させないことが大切です。 ポイントの管理には「au WALLETアプリ」の活用がおすすめ。 au WALLETアプリには以下の機能があるので、au WALLET クレジットカード会員にはマストアイテムといえるでしょう。 au WALLETの残高確認• au WALLETポイント管理(残高・利用状況・有効期限)• au WALLET クレジットカードの利用状況確認• au WALLET残高のチャージ• au PAY アプリでポイントをau WALLETへチャージすることもできるので、とても便利です。 auを解約した場合の注意点 auのサービスを解約してもau WALLET クレジットカードを所有し続けることはできますが、以下のような変更があるので注意が必要です。 またau WALLETアプリをダウンロードしていれば引き続き残高確認などはできます。 とはいえ、以上のとおりメリットがなくなってしまいますので、十分に検討を重ねてから判断しましょう。 au WALLET クレジットカードとゴールドカードを徹底比較 au WALLET クレジットカードでは、一般カードの他にゴールドカードも発行されています。 自分に合ったカードはどちらなのか、イメージしながら違いを見ていきましょう。 基本情報を比較してみよう まずはそれぞれの機能や補償内容などを確認していきます。 【基本情報】 au WALLET クレジットカード au WALLET ゴールドカード 年会費 1250円/家族カード400円 auユーザーは無料 1万円/家族カード1枚目は無料・2枚目以降は2000円 入会条件• 満18歳以上• 満20歳以上• 国内31とハワイの空港ラウンジ利用が無料• 一流ホテルや旅館の優待サービス• 国内・海外レンタカー優待サービス• こちらでは、ゴールドカードのメリットとデメリットをわかりやすくまとめました。 デメリット• 年会費が初年度から1万円かかる• 学生や未成年の場合は入会できない• 切り替えの際に手数料として1000円かかる どっちがお得?一般カードVSゴールドカード au WALLET ゴールドカードにすべきか、一般カードにすべきかを判断する基準のひとつが「年会費」です。 ゴールドカードの1万円という安くはない年会費を上回るだけのメリット(ポイント還元や特典の活用)があれば、ゴールドカードを検討すべきでしょう。 スマホの料金支払いで貯まるポイントの違い 例として、スマホの定額料金(基本料金+データ定額料+インターネット接続料)が8000円の場合に、カード支払いで貯まるポイントを比べてみます。 au STARは加入無料(デメリットがない)ので、加入を前提としています。 ゴールド特典:100ポイントが付与されるプラン 新auピタットプラン/auピタットプラン/auフラットプラン/auデータMAXプラン クレジットカードの多用を好まない方や利用料金の支払い以外でカード払いをしたくない方の場合、ケータイ・スマホの定額料金が8000円を超えるプランでないとゴールドカードの年会費に見合ったポイントを獲得できないことになります。 旅行でゴールドカードの特典を活用する場合 続いては、3泊4日の沖縄旅行でゴールドカードの特典を活用するケースを考えてみます。 ホテル・旅館の優待サービス「Relux」利用:初回利用特典5万円以上で1万円割引 +• レンタカー優待:5%割引を利用した場合、レンタカー3日間の代金は2万800円で1040円値引き +• 空港でのラウンジサービス優待:往復で2回利用 +• 旅行保険:航空券などの事前カード決済で適用 上記の例では1万1040円の値引きとラウンジ利用・保険の適用が受けられるので、この一度の旅行だけでゴールドカードの年会費分以上のメリットを享受できます。 さらに海外旅行の場合は、インフォメーションやチケット予約などのサービスを提供する「アシスタンスサービス」を利用できるなど手厚いサポートがあります。 しかもゴールドカードの場合、海外旅行あんしん保険は利用付帯ではなく自動付帯です。 「空の旅でラウンジサービスは使わない」「ホテルは比較サイトなどでできるだけ安いところを選ぶつもり」という方を除けば、年会費に見合ったメリットが得られるでしょう。 まとめ.

次の

au WALLETをお店で使う時は『クレジットカード1回払いで』と店員に伝えよう!従来の電子マネーのように、かざすだけでは使えません。

エーユー ウォレット クレジット カード

au WALLET エーユーウォレット とは? au WALLET はお買いものに使える auのプリペイド式電子マネー au WALLET au ウォレット はコンビニ・飲食店などのお店や、インターネットでのお買い物に使えるプリペイド式の電子マネーです。 プリペイド式なので、あらかじめお金をチャージしておけば、その金額の範囲内でスムーズにお支払いが完了するので持っていると何かと重宝します。 au WALLETはお買い物のたびにポイントが貯まるのでお得! レジでもたつくことなくスムーズにお支払いできるという利便性だけでなく、ご利用額に応じてau WALLETポイントが貯まるという魅力もあります! au WALLETでお支払いをするほどポイントが貯まり、貯まったポイントは次のお買いものをする際に使えるので、使えば使うほどお得になるのも見逃せません。 電子マネーには楽天Edy、nanacoなどのプリペイド、IDのポストペイ、Suicaの交通系など多くの種類があります。 クレジットカードで利用した利便性で電子マネーをランキング!おすすめの使い方を紹介します。 au WALLET カードの種類はプリペイドカードとクレジットカードの2種類 au WALLETはカードタイプの電子マネーのみが提供されています。 au WALLETの種類は、プリペイドカードとクレジットカードの2種類があります。 電子マネーの使い方は人それぞれ異なるため、プリペイドカードとクレジットカードのどちらが良いのかは個人差があります。 どちらか好きなタイプを選べるという点でもau WALLETはメリットが大きいでしょう。 au WALLET カードのポイント還元率と仕組み au WALLET は使うと WALLETポイントが貯まる au WALLETを利用する大きなメリットとして挙げられるのは、 ご利用額に応じて「WALLETポイント」が貯まる点です。 1WALLETポイントは1円相当としてau WALLETにチャージして使えるので、au WALLETでお支払いするほどお得になるのです。 au WALLETは還元率0. WALLETポイントが更に貯まる!au WALLET のポイントアップ店 WALLETポイントは通常200円につき1ポイント付与されますが、特定のポイントアップ店で利用するとポイント還元率が更にアップします。 ポイントアップ店の一例を紹介すると… 200円につき2ポイント セブンイレブン、イトーヨーカドー、ラッキー、ノジマ、出光など 200円につき3ポイント マツモトキヨシ、ココス、かっぱ寿司、モンテローザグループ(白木屋、魚民など)、はるやま、TOHOシネマズ、紀伊国屋書店、コーチャンフォーなど ご利用額が増えるほど更に得をするので、現金払いからau WALLET決済に切り替える人が増えているようです。 au WALLET カードの作り方 au契約者なら簡単にau WALLETプリペイドカードが作れる! お得で便利なau WALLET カードは、残念ながらどなたでも作れるものではありません。 au WALLET プリペイドカードでも、au携帯電話やauひかりなど、KDDI株式会社が提供している auサービスに契約している個人の方だけが発行できるので注意が必要です。 au WALLET カードを作る際の流れとしては、auIDの設定をしてからau WALLET カードに申込みを行います。 auIDは、携帯電話や光回線などauが提供しているサービスに契約している方が登録できます。 auIDを登録後、au WALLET サイトやお近くのauショップでお申込みください。 プリペイドカードは12歳以上!クレジットカードは18歳から作れる プリペイドカードの場合は発行手数料や年会費無料で12歳以上なら年齢制限や審査もなく申込み可能です。 クレジットカードの場合、一般カードは年会費無料で満18歳以上の方、ゴールドカードは年会費1万円で満20歳以上の方が申込みできますが、どちらも所定の審査があります。 VISAプリペイドカードはネット専用のVプリカが有名。 AmazonやPayPal、ネット上のVisa加盟店で利用できます。 VISAデビットカードは銀行口座からの引き落とし、クレジットカードは信用ツケ払いです。 au WALLET カードの使い方 au WALLET カードはマスターカードが使えるお店ならどこでも利用できます au WALLET カードを申込み後手元にカードが届いたら早速使ってみましょう! au WALLET プリペイドカード/au WALLET クレジットカードは、世界中のMasterCard/VISAカードが使えるお店で利用できます(プリペイドカードは一部例外あり)。 プリペイドカードの場合は事前にチャージを行い、チャージした金額の範囲内で使用できます。 au WALLETプリペイドカードの使用方法とチャージ方法 プリペイドカードの場合は事前にau WALLET サイトで利用開始手続きを行い、ご希望の金額をチャージしてください。 プリペイドカードにチャージする方法は、現金やクレジットカード、auかんたん決済、じぶん銀行などから選択できます。 au WALLETプリペイドカードはチャージして利用する 現金でチャージする場合はauショップやローソンで、クレジットカードやauかんたん決済など現金以外の方法でチャージする場合はau WALLET サイトまたはau WALLET アプリでチャージ可能です。 au WALLETプリペイドカードはMasterCardを使えるお店で使用できるので、全国各地のコンビニや飲食店などのお店や、インターネット通販でも使用できます。 (高速道路料金やプロバイダ料金など一部利用できない場合もあるので事前に確認しましょう) クレジットカード決済で電子マネー スイカ、パスモ、エディ、waon等 に自動でチャージ 入金 すればポイントが貯まる!? 楽天カードはチャージではなく楽天Edyの使用で貯まる!? 注意点をまとめました。 au WALLET クレジットカードの使用方法 au WALLET クレジットカードの使用方法はクレジットカードとほぼ同じで、お店で使用する場合は• レジで「カード払い」と伝える• お支払回数を聞かれるので「1回払い」と伝える• お店によってはサインを求められますが基本はサインレス たったこれだけでOK!とても簡単ですね。 MasterCardが使えるお店なら海外でも使用できるので、海外旅行にクレジットカードを持っていけない方におすすめです。 通常のクレジットカードと同じようにどこでも利用できます インターネットで使用する際にはプリペイドカードの表面にあるMasterCard番号がカード番号なので、お支払時に入力するだけでOKです。 なお、WebMoneyでお支払いする場合は、カード裏面にあるWebMoneyプリペイド番号を入力しなければいけないのでご注意ください。 au WALLETプリペイドカードは利用できないお店やサービスがある au WALLET プリペイドカードは、一部で利用できない店舗やサービスがあります。 具体的な例としてあげられているのは、下記のような店舗・サービスです。 auなどの各種通信料金• 携帯電話料金及び固定電話料金• 公共料金• ガソリンスタンドの給油• 高速道路料金• 月次課金料金(インターネットプロバイダー料金等• 飛行機の機内販売サービス• カーシェアリング• 有料放送視聴料金など• 生命保険・損害保険保険料• 電子マネー クレジットカードの場合は一般のクレジットカードと同じですから、VISAやマスターカードが使えるお店なら全国どこでも使えます。 プリペイドカードはマスターカードが使えるお店で使える金券、 電子マネーのために、他の電子マネーの購入などで制限があるのだと思われます。 au WALLET カードはau WALLET クレジットカードの方がポイント還元率が高いものの、au WALLET プリペイドカードと高還元率カードを組み合わせる方がお得です!auユーザーにおすすめの活用法を紹介 au WALLET アプリとApple Payの使い方 au WALLET アプリでau WALLET カードがもっと便利になる au WALLETプリペイドカードを更に便利に使いたい方におすすめのau WALLET アプリには以下の機能があります。 プリペイドカードの残高確認• WALLETポイント数の確認• auかんたん決済の利用可能額• au WALLET クレジットカードの利用歴• プリペイドカードへチャージ• 家計簿自動作成• お得なキャンペーンなどの情報確認 プリペイドカードはあらかじめチャージしなければ使用できないため、今どのくらいの残高があるのかアプリですぐに確認できるのはとても便利な機能です。 ご利用額に応じて貯まるWALLETポイントをアプリからプリペイドカードにチャージできるので、ポイントを無駄なく使えますね。 au WALLETプリペイドカードまたはクレジットカードでお支払いした商品やサービスについては、ご利用明細を元にして自動で家計簿を作れるのがとても便利な機能です。 家計簿をつけたいけど、何かと分類するのは大変だし、何しろ続かない…と悩みを抱えている方にぴったりです。 au WALLET アプリは、iPhoneとAndroidの両方に対応しています。 au WALLET アプリはApple Payとの相性も抜群に良い au WALLET カードはiPhoneに搭載されている決済機能「Apple Pay」にも登録できるので、iPhoneユーザーでau WALLET カードを所有しているならぜひApple Payを活用してください。 Apple Payとau WALLETプリペイドカードの紐付けをしておけば、QUICPay(クイックペイ)に対応しているお店でいつでも使用できます。 レジでクイックペイ払いにすると伝え、iPhoneをお店のリーダライタにかざし、指紋認証(Touch ID)または顔認証(Face ID)するだけでOKです。 Apple Payでお支払い後は、au WALLET アプリでプリペイド残高を確認できるのでとても便利です。 iPhoneにクレジットカードを登録すると、iPhoneで決済できるApple Payは日々のお買い物をスムーズにしてくれます。 クレジットカードを登録したいけどどれを選んでよいか迷っている人のためにApple Payに登録したい、逆に登録できないクレジットカードを紹介します。 au WALLET はauユーザーにおすすめの電子マネー au WALLET カードはauの契約者が便利に使えるプリペイドタイプの電子マネーで、MasterCardが使えるお店なら基本的にはどこでも利用可能です。 年会費や審査不要でお申込みできる• MasterCardが使えるお店で利用可• 海外でもMasterCardが使えるお店で利用可• 利用額に応じてポイントが貯まる 以上の点がau WALLET カードのメリットですが、デメリットもあります。 auを利用していない人は使えない• auを解約するとポイントが貯まらない・チャージが不便• 盗難紛失補償はauスマートパス会員のみ•

次の

デビットカードとは違うの?

エーユー ウォレット クレジット カード

話題のau WALLET(エーユー・ウォレット)。 募集開始から10ヶ月足らずで1,000万枚発行を達成するなど、今、一番注目を浴びている電子マネーになったau WALLETですが、その大々的な広告戦略ゆえか、大なり小なり、トラブルが発生しはじめているという傾向がありそうな感じです。 例えば、昨日話題になった記事ではこんなものがありました。 初めての au WALLET 体験にして、ちょっとしたトラブル?に巻き込まれてしまったので、メモしておきます。 ざっくりとそのトラブル内容について説明すると、セブンイレブンでau WALLETを使おうとしたら、店員さんがそれを把握していなかったために使うのが大変だったという内容なんですが、この方の場合には、 電子マネーを読み取る機械にau WALLETをかざしても決済できず、カード読み取り機にスライドしてもらったらクレジットカード払いになっちゃったため、慌ててキャンセルしてもらったようなんです。 しかし、このサイト『クレジットカードの読みもの』をご覧いただいている方であればもうおわかりの通り、これは正しいau WALLETの決済方法そのもの。 クレジットカード決済になっちゃったことはなんの問題もないんですが、あれだけテレビCMで『au WALLET=電子マネー』という印象を植え付けてしまったせいか、多くの方が読み取り機にau WALLETをかざして使おうとしちゃうようなんです。 個人的に言わせてもらえるなら、そりゃそうだよね…としか言いようがありません。 au WALLETを使う時は『カード払いで!』と伝える: ではau WALLETを使う場合にはどう使えば良いのか?それは『クレジットカード1回払いで!』と店員に伝えるのが一番シンプル。 まぁコンビニ等では『クレジットカード払いで!』でも使えるかと思いますが、レストランや洋服店などで使う場合には、必ず『1回』という言葉を含めるようにしましょう。 正しい使い方:クレジットカード1回払いで!• 間違った使い方:au WALLET払いで! というのも、au WALLETって電子マネーの名前で大々的に宣伝していますが、これはただのクレジットカードなんですよ(当然、必要な場所ではサインが必要)。 クレジットカードと違うのは、事前にチャージ(入金)しておいた分の金額しか使えないって点だけ。 そんだけの違いなんです。 だからこそ、 au WALLETを使う場合には、クレジットカード払いで!というのが基本となるわけです。 au公式サイトにも記載アリ: ちなみにこれ、当然ながらauの公式サイトにも記載あり。 ちゃんと「店舗によってはサインが必要な場合もございます」という記述があるのを確認いただけるはず。 むしろ、店舗によっては…ではなく、「ほとんどの場合、支払いにはサインが必要になります」のほうが正しいくらいなので、au WALLETを店頭で使いたいならサインを求められるもんだと思っておいたほうが無難です。 au WALLET利用には注意を! このようにau WALLETを使うなら電子マネーである…という認識ではなく、クレジットカードを使うような感覚で使うのがおすすめ。 そうじゃないと店員を混乱させてしまうだけでなく、支払いすら出来ない場合もありますよ。 間違い:au WALLETは電子マネーである• 正解:au WALLETはクレジットカードである 追記:KDDIの株主総会でも未だに話題になる 追記です。 この記事を最初に書いてから早3年が経過しましたが、未だにau WALLET=電子マネーとか、au WALLET=au WALLETという決済手段である…という認識をお持ちのが方が根強く残っているようで、先日開催されたKDDI(auの運営会社)の株主総会でもその話題があがりました()。 au WALLETが認知されていない 中年の男性は「三太郎のCMはずっと続けていただいて、ソフトバンクに対抗して欲しい。 そこで、テレビCMでau WALLETの紹介もしてもらえたら。 先日、コンビニでau WALLETが使えなかった。 レジの店員に『そんなカード知りません』と言われ、買い物ができなかった。 au WALLETは、どういった戦略でPRしているのか」と質問。 これについて田中社長は「まだau WALLETが認知されていないとのご指摘。 もう一度、au WALLETが使える店舗に周知していきたい。 ご指摘のコンビニエンスストアではドアにシールが貼ってあるので、株主様にはもう一度、トライして貰えれば。 我々も、今後はそうしたことがないよう周知徹底させるなど努力していきたい」と回答した。 KDDIの田中社長は「au WALLETの知名度が低いせいでご迷惑をおかけした」と回答をしてはいるものの、この記事を読んだみなさんであればこれは株主のほうに問題があることがおわかりいただけるはず。 予測するに「au WALLETで支払いたいのだけれども?」とコンビニ店員に伝えたものだからこういう結果になってしまったと思われるので、繰り返しになりますが、au WALLETを使いたいなら『クレジットカード1回払いで!』と店員に伝えてくださいね。 以上、au WALLETをお店で使う時は『クレジットカード1回払いで!』と伝えないと店員が混乱する!従来の電子マネーのように、かざすだけでは使えません…という話題でした。 参考リンク: 『au WALLETはどこのお店で使えるの?』といった疑問をお持ちの方は、下記記事もあわせてご覧ください。 au WALLETが使える店、使えない店について解説しています。

次の