トイプードル 吠える。 トイプードルのしつけ方、時期はいつから?トイレ・吠える・甘噛みの対処法

トイプードルが吠えるのはなぜか?吠える原因と対策を探ろう!

トイプードル 吠える

トイプードルが吠える理由と対策 トイプードルとはいえ犬であることには変わりません。 犬は人間がしゃべるように、吠えるのが当たり前です。 犬が吠えなくなるのは不可能です。 ここでは吠え方によって異なるカーミングシグナルを確認していきます。 吠え方で伝えたいことや愛犬の立場がわかります。 トイプードルが吠えたくなるときは大きく分けて3種類です。 不安や恐怖により吠える 警戒心が強く、意外と神経質なところがトイプードルにはあります。 どこかに何かトイプードルの恐怖を掻き立てる物がどこかにあるのでしょう。 しっぽを下げて吠えていたら、不安や恐怖を感じている可能性があります。 その原因を取り除くか、慣れさせればトイプードルが吠えることもなくなるでしょう。 家族を守ろうと攻撃的になり吠える これが一番多いのではないかと思いますが、自分のテリトリー(縄張り)を守ろうとしたり、家族を守ろうとして吠えかかります。 テレビに映ったモノや大型犬、人間だろうが構わず吠えます。 この場合 自分が家のリーダーなので、家族を守ろういつも気を張っている状態です。 そのため、で飼い主さんがリーダーだと認識させることで、「自分が一生懸命吠えなくても飼い主さんが守ってくれると」となるので、吠えることもなくなります。 トイプードルがこのような勘違いを起こす原因は、おやつが欲しいとねだったらおやつをあげる。 散歩に行きたいとねだったら散歩に行く。 一緒に寝たいとねだったらベットで一緒に寝る。 このような関係を続けてきたため、トイプードルが勘違いをし始めたのだと考えらえます。 トイプードルのペースではなく、あくまでも飼い主のペースで生活をしてください。 興奮・要求があるとき とにかく飛び跳ねたり、走り回って飼い主に吠えます。 決まった餌の時間や散歩の時間などに見られ、自分の要求を訴えています。 早く用意しろ!と怒るように吠えたり、甘え吠えといって「クーン」といったケースもあります。 怒るように唸って吠えるのは、主従関係がなりたっていません。 日頃から愛犬のトイプードルの要求に応えていませんか?可愛いからと愛犬の要求に応えて、おやつをあげたり、遊んだりしていると、主従関係が逆転し、愛犬の方が上の立場だと勘違いしてしまいます。 愛犬への甘えは、信頼関係が築けないだけでなく、一生しつけができないままになってしまいます。 少しかわいそうに思うかもしれませんが、お互い信頼し合った賢いトイプードルになるには、主従関係を正すことが何より大切です。 詳しい話は「」を参照してください。 これが原因で吠えている、 甘吠えしている時は基本無視です。 トイプードルはとても利口な犬なので、一度要求に応えてしまうと自分の要求が通るまで何度も繰り返します。 食事や散歩の時間は決めない方がいいようです。 いつも決まった時間だと愛犬が要求してきて、それに応える形にどうしてもなってしまいます。 あくまでも飼い主主体で食事も散歩もしていきましょう。 食事を作っているときに吠えるようだったら作るのをやめて姿を消してください。 それぐらい徹底しないと吠え癖は治りません。 吠え防止首輪でしつける 自分の方が立場が上だと思っているトイプードルのしつけは時間がかかります。 根本的な考えを変えるのですからあたりまえです。 しかし中には、• うるさくて不眠症になってしまった• 近所の人に申し訳なく、一日でも早く静かにしたい• 何をしても怒って手がつけられない と愛犬の吠えを少しでも早く解消したいという飼い主さんもいらっしゃると思います。 犬の吠えるしつけには、よく 天罰方式が使われます。 吠えた時に、リードを引っ張る、大きな音を鳴らし、犬をビックリさせます。 すると犬は「 吠える=嫌なことが起こる」と認識し、自ら吠えることをしなくなるというしつけ方です。 天罰方式のやり方については「」の警戒心の「吠える」をやめさせる3つのしつけ方を参考にしてください。

次の

トイプードルの鳴き声がうるさい!子犬の吠える原因と無駄吠えの治し方

トイプードル 吠える

キャンキャン トイプードルが「キャンキャン」と鳴く時は強い要求の意味が込められていることが多いようです。 ケージから出して欲しい時やドアを開けてほしい時などに、キャンキャンと甲高い鳴き声で激しく鳴くこともあります。 また、痛みを感じた時に「キャンッ」「ギャンッ」と短く鳴くことも。 痛みが激しい場合や体調不良などの場合はか細く「キャイーン」とか細く鳴く場合もありますので、様子がおかしい場合は早急に動物病院を受診しましょう。 こうしてトイプードルの鳴き声の種類をあげてみると意外とその種類は多く、それぞれに意味が込められているのでとても面白いですね。 犬は人と同じように言葉を話すことはできませんが、鳴き声や表情、仕草をしっかり観察すればその気持ちを理解することができます。 ただ、トイプードルの鳴き声や鳴き方には個体差もあり、お喋りな子もいれば寡黙な子もいますので愛犬の鳴き声、鳴き方の特徴や個性をしっかり観察してその気持ちを読み取りましょう。 また、「ワンワン」などの鳴き声に「フガフガ」「ゴフッ」といった咳のような音が混じっている場合や声が枯れている場合などは体調に異常をきたしている可能性もありますので、鳴き声がおかしいと感じた場合は早急に動物病院を受診してください。 無視をする トイプードルの過剰な鳴き声や無駄吠えをやめさせる最も有効的な対策法は「無視」をすることです。 無駄吠えの原因として最も多いのが、トイプードルが鳴き声を発した際にそれを制すために名前を呼んだり、側に駆け寄ったりすることで「鳴けば飼い主さんが反応してくれる」と認識してしまうケースです。 ただ、全ての鳴き声を無視することは信頼関係を壊したり、大きなストレスとなったりする可能性もありますので注意してください。 明らかな無駄吠えである時は声を掛けない、目を合わせないなどの方法で「吠えても良いことはない」と認識させることを心がけましょう。 また、吠えるのを止めたら大袈裟なくらい褒めてあげることも大切です。 服従関係の見直し トイプードルは全犬種のなかでも非常に知能が高い犬種であり、その利口さ故の問題行動が起こることも少なくありません。 可愛いからといって甘やかしてばかりいると正しい服従関係を築くことができず、トイプードルが飼い主さんよりも自分のほうが上位の存在であると認識してしまう可能性もあります。 そのためトイプードルの過剰な鳴き声や無駄吠えが気になる場合は、服従関係の見直しから始めましょう。 基本のアイコンタクトや「おいで」「戻れ」などの基本のコマンドさえマスターできればどんなに夢中で吠えていても飼い主さんの一声でクールダウンすることが可能になります。 まずはおやつを食べている時やおもちゃで遊んでいる時などとにかく愛犬が夢中になっているタイミングで名前を呼んで目線を合わすことができるか、飼い主さんの側に呼び寄せることができるかを確認して、難しい場合は每日少しずつトレーニングを行いましょう。 この時も成功したら大袈裟に褒めてあげることが大切です。 社会化の仕切り直し 犬には社会化期と呼ばれる環境に適応する能力を養うための期間があります。 この時期に外の環境や知らない人、犬などと触れ合う機会が少なかった場合、自宅以外の場所や家族以外の存在に過剰な警戒心や恐怖心を抱くことがあり、それらが過剰な鳴き声、無駄吠えに繋がることも少なくありません。 そのため、外の音や知らない人、犬に過剰に吠える場合などは社会化の仕切り直しを試みましょう。 この社会化は生後3ヶ月~4ヶ月頃までの社会化期に積極的に行うことが理想とされていますが、成犬になってからの社会化も不可能なものではありません。 社会化の方法は個体の状態によっても異なりますが、まずは積極的に家の外に出掛けることから始め、遊びやおやつを用いて自宅の外=怖い場所ではなく「楽しい場所」であると認識させてあげましょう。 トイプードルが何故無駄吠えしてしまうのかを理解することさえできればその対策はそう難しいものではありません。 トイプードルに無駄吠えさせないためにしつけをしなければ…と気負う前にまずは無駄吠えする時の状況やその時の飼い主さんの対応、落ち着くタイミングなどを今一度しっかりと見つめ直してみてくださいね。 基本のコマンド トイプードルのしつけにおいてまず優先してトレーニングを行うべき基本のコマンドは「おすわり」「待て」「戻れ」です。 これらは愛犬の行動をコントロールするために必要となるコマンドであるため、お迎えした日から徐々にトレーニングを始めましょう。 コマンドは短く分かりやすい単語であれば何でも構いませんが、「おすわり」「すわれ」など同じ意味のコマンドにバラつきが生じないように注意してください。 トイプードルの子犬に「おすわり」を教える時は、おやつなどを持った手を子犬の頭上までゆっくり上げていき、おすわりの姿勢になったタイミングで「おすわり」とコマンドを出し、大袈裟に褒めることを繰り返します。 他の「待て」や「戻れ」もその姿勢や状態まで誘導し、1回だけ短くコマンドを出し、成功したら大袈裟に褒めるという順序を繰り返します。 犬のしつけトレーニングにおける「コマンド」には様々なものがありますが、「お手」「おかわり」などは「芸」に近いものであるため必ずしも必要なわけではありません。 そのため、一度にたくさんのコマンドトレーニングを並行して行うことや長時間トレーニングを続けることは避け、気長に寛容な気持ちで向き合うことが大切です。 トイレトレーニング トイプードルの子犬のトイレトレーニングは、排泄のタイミングを見計らってトイレに連れて行き、成功したら大袈裟に褒めることを繰り返します。 失敗してしまった時は黙ってサッと片付けることを徹底し、決して怒鳴ったり叱ったりしてはいけません。 排泄は生理現象であるためトイレの失敗を叱ってしまうと何故怒られているのか理解できず、我慢したり隠れて排泄したりするようになってしまう場合もあります。 また、トイレの環境を整えることも非常に大切です。 トイレの場所や大きさ、位置、トイレシートの種類など愛犬に合っているかどうかを再確認しておきましょう。 最初の頃はトイレシートをケージ内やサークル内一面に敷き、徐々にそのスペースを狭めていくと良いかもしれません。 初めてトイレが成功した後は排泄したシートをすぐに片付けてしまわず、多少ニオイが残っている状態を維持したほうが子犬が認識しやすくなる場合もあります。 トイプードルの子犬をお迎えしたら、その日からしつけトレーニングを始める必要があります。 「まだ赤ちゃんなのに可哀想」と思われるかもしれませんが、何もしつけは叱りつけるものではなく、トイプードルが安全に快適に暮らしていくためのルールを教えるためのトレーニングなのです。 始めからあれもこれもと様々なトレーニングを行うとトイプードルの子犬も飼い主さん自身も混乱してしまう可能性もありますので、徐々に愛犬のペースでしつけを行いましょう。 まとめ トイプードルの鳴き声についてご紹介しました。 実際に愛犬と暮らしていると、様々なシチュエーションで様々な鳴き声を聞くことがあります。 それぞれに意味があり、犬にとっては意思表示の手段でもある鳴き声ですが、あまりに過剰になるとご近所トラブルに発展する心配もありますよね。 とは言え、トイプードルに全く鳴き声を出させないことは不可能であるため、その意味や気持ちを理解することで鳴き声をコントロールできるよう工夫していきたいですね。 実際にトイプードルと暮らしている飼い主さんが様々な場面でのトイプードルの鳴き声動画を動画サイトやSNSにアップされていますのでチェックしてみるのもいいかもしれませんね。 トイプードルの過剰な鳴き声や無駄吠えが気になっている場合は、そのきもちを理解することから始めてみましょう!.

次の

トイプードルの無駄吠えのしつけ方!吠える6つの理由と対策!

トイプードル 吠える

飼い主との関係が犬の無駄吠えの原因? 無駄吠えには3つのパターンが考えられます• 犬が恐怖のため、身を守ろうとして吠える• 大切な仲間を守ろう(家族)としたときに吠える• 自分の要求をかなえてもらおうとして吠える どのパターンもトイプードルと飼い主との主従関係がはっきりしていれば、「マテ」「ダメ」と指示をすれば吠えるのを止めます。 しかし飼い主との力関係が逆転してしまっていては、「マテ」「ダメ」と指示をだしても吠えるのをやめません。 恐怖が強くパニックになって吠える 飼い主との関係は問題はなくても、神経質で怖がりなトイプードルの場合は、たとえ守られている環境にいてもパニックで吠えてしまうことがあります。 不安な時に飼い主の冷静な声での指示で、その場では吠えるのを止めることができる犬も多いのですが、怖いものが怖くないと理解できなければ、吠える癖はなかなか治りません。 家族や自分の身を守るために吠える 犬が家族の中でボスになってしまっている場合、散歩で見知らね人や犬に出会い、一緒にいる家族を守らなくてはいけないため、威嚇吠えを始めます。 このような状況で飼い主がいくら吠えるのを止めさせる指示を出しても、群れのボスである犬は言うことを聞きません。 自分の要求を通そうとして吠える 家族の中で一番立場が偉くなってしまった犬が「遊べ」「ゴハン!」「おやつ!」「散歩!」と次々自分の要求を伝えるために吠えるのは当り前の行動なのです。 犬としては当り前の要求でも、家族はその望みをすべて叶えるわけにはいきません。 そうなると、犬としては家族が自分のためにしてくれることをしてくれるまで吠え続けてしまうのです。 トイプードルが要求吠えをする家庭の問題 小さなトイプードルと暮らしだして、子犬のすることだからと我がままを許してしまっていませんか? 知能が高い犬種だからこそ、自分と飼い主の立場をすぐに理解してしまいます。 犬が遊びたがっていたら、すぐにおもちゃを渡して遊んであげませんでしたか? 犬が飼い主の食べているものを欲しがったら、すぐに食べさせていませんでしたか? 犬と一緒に寝ていませんか? もしも犬が生活の中で我がままを通し、自由にさせる時間が長すぎた結果、無駄吠えをしているのであれば、犬との生活の見直しをしなければ無駄吠えはなくならないのです トイプードルの無駄吠えを治す方法 犬が吠えるからといって、他の犬が散歩をしない時間ばかりに出掛けてはいけません。 できる限り沢山の経験をさせることも吠え癖を治すのには必要です。 家の中で遊ぶときも、食事を上げるときも、犬が要求するからではなく、飼い主が主導権をもってください。 散歩も犬が行きたいときにするのではなく、家族が行ける時間にしましょう。 トイプードルが吠えたら目をみて「ダメ」 犬が吠えたら手で口を軽く閉じながら掴んでください。 この時、必ずトイプードルの目を見ながら「ダメ!」としっかりと落ち着いた声で言いましょう。 犬が吠えたり唸ったりするのを止めたら、手を離しながら「お利口ね」と褒めてあげてください。 手を離したあと、また吠えたら同じことを繰り返します。 犬との関係が正しくない状態では、犬にとってマズルを自分より下の立場の人間に掴まれ、指示されても効果はなかなか現れないでしょう。 また、神経質で怖がりのトイプードルの場合、飼い主との関係は正しいものでも、すぐに効果が出るものではありません。 どちらのタイプも根気よく、何度も繰り返すことが必要なのです。 吠え癖を治すための「まとめ」 トイプードルの無駄吠えを治すために一番重要な事は、逆転してしまっている主従関係を見直すことです。 とはいえ、犬と人との関係が逆転してしまったものは、しつけをやり直しても正しい主従関係にすぐ戻れるわけではありません。 主従関係がしっかりしていても、吠え癖を治すためには根気は必要です。 また、できる限り早く効果を出したいからと、無駄吠えを治すといった道具を使うことは、あまりお勧めできません。 根本的な問題を解決せず行う強制的なしつけの方法は、効果がでたとしても犬にとってはかなりのストレスになります。 家族がいれば犬のしつけの方法は全員おなじでなければいけません。 厳しくしつける人がいるのに要求を全て受け入れてくれる人もいるのでは、どちらが自分に利があるかをトイプードルはすぐに勘付いてしまいますのでご注意を!.

次の