サテライト オフィス。 シェアオフィス、コワーキングスペース…4つの違い分かりますか?働き方改革に有効なオフィス比較!

「サテライトオフィス」と「支店」の違いとは?徹底解説

サテライト オフィス

テレワーク・サテライトオフィス提供緊急掲示板(会員限定) 新型コロナウイルス対策として、「従業員のテレワーク場所を確保したい」「一時的にオフィスを分散したい」という企業の皆様のニーズにお応えするため、テレワーク・サテライトオフィスのスペースを提供できる企業をご紹介します。 ぜひご活用ください。 ・東京商工会議所会員企業が対象です。 掲載は無料です。 ・掲載期間はサイト開設から新型コロナウイルスの感染拡大が終息するまでの間とさせていただきます。 ・非会員企業で掲載を希望される場合は、下記事務局までお問合せください。 【企業名】 株式会社トロア• 【スペース貸出状況】 (1)個室・仕切りあり (3)その他 会員制で個人や法人契約あり。 会員のミーティングスペース利用可能• 【Wifiインターネット環境】 あり• 【PR】 JR高円寺駅徒歩2分。 3月26日新規オープン。 休業後6月再オープンし、6席のみ会員募集開始のコワーキングスペース。 カフェのように落ち着いたインテリアとサービスでテレワークができる環境です。 【閲覧者への特典】 東京商工会議所の会員またはご紹介で会員になった方に、コピー1日30枚まで無料(1ヶ月間)• 【URL】 日本橋人形町シェア 東京都中央区日本橋堀留町1-10-1 カクタビル2F• 【企業名】 株式会社アセットメディエーション• 【スペース貸出状況】 (1)個室・仕切りあり (2)10名以上収容可能なスペースあり• 【Wifiインターネット環境】 あり• 【PR】 人形町駅小伝馬町駅共に徒歩4分• 【閲覧者への特典】 東京商工会議所のウェブサイト見た!で会員様非会員様共に3,000円利用権プレゼント!(2回目以降の利用に限ります。 【URL】 ビジネスシュート 東京都江東区大島8-4-2• 【企業名】 合同会社ITソリューションシステムズ• 【スペース貸出状況】 (2)10名以上収容可能なスペースあり (3)その他• 【Wifiインターネット環境】 あり• 【PR】 都営新宿線大島駅から徒歩5分の立地にある場所です。 シェアオフィスとセミナールームがございます。 【企業名】 株式会社クロスワン• 【スペース貸出状況】 (1)個室・仕切りあり (2)10名以上収容可能なスペースあり• 【Wifiインターネット環境】 あり• 【PR】 要町駅から10分で新築です。 高台にある為屋上100㎡から富士山が見えます。 【閲覧者への特典】 特別割引で格安で御利用可能です。 ペットボトルのお水とお菓子をサービス。 3D体験は1000円引きです。 【企業名】 株式会社クロスワン• 【スペース貸出状況】 (1)個室・仕切りあり• 【Wifiインターネット環境】 あり• 【PR】 自習室として民泊のお部屋やシェアハウスのを皆様に格安でご提供致します。 【閲覧者への特典】 お部屋の利用者にはペットボトルのお水とお菓子をサービス致します。 また3D体験等は通常価格3980円を2980円で体験可能です。 【URL】 English-21 葛飾区奥戸8-9-3• 【企業名】 English-21• 【スペース貸出状況】 (1)個室・仕切りあり (2)10名以上収容可能なスペースあり• 【Wifiインターネット環境】 あり• 【PR】 環七通りと奥戸街道の交差点 駐車場あり• 【URL】 白金台割烹味たか 東京都港区白金台4-7-4 STビル1階• 【企業名】 株式会社アークリンク• 【スペース貸出状況】 (3)その他 高級今休業中の高級割烹店であり、カウンター・座敷・個室で22人収容のスペースをまるまるご提供です。 【Wifiインターネット環境】 なし• 【PR】 白金台駅2番出口徒歩1分の好立地。 店舗内はまだ新しく靴を脱いで頂き、座敷・個室なども掘り形式です。 たまにはこのような異空間でアイデア出しなどブレスト実施のサテライトオフィス利用はいかがですか!• 【閲覧者への特典】 サイトを見たという方には利用金額はご要望に応じますよう尽力させて頂きます。 【電話番号】 03-3494-8565 サーブコープ-成功するためのワークスペース-日本国内外160拠点以上! 東京都千代田区丸の内3-2-2 2階・3階• 【企業名】 サーブコープジャパン株式会社• 【スペース貸出状況】 (1)個室・仕切りあり (2)10名以上収容可能なスペースあり (3)その他 日本最大級の広さを誇るコワーキングラウンジを是非ご体験ください ソーシャルディスタンス履行中!• 【Wifiインターネット環境】 あり• 【閲覧者への特典】 【二重橋ビル拠点ワークスペースプラン初月1か月無料】お問い合わせの際に「東京商工会議所のウェブサイトを見た」とお伝えください。 【URL】 ホテル機山館 東京都文京区本郷4-37-20• 【企業名】 株式会社機山館• 【スペース貸出状況】 (1)個室・仕切りあり (3)その他 12-29㎡、4タイプの客室を貸出し。 料金・時間・期間など相談可能。 【Wifiインターネット環境】 あり• 【PR】 丸ノ内線・大江戸線『本郷三丁目駅』より徒歩2分。 コンビニ徒歩1分。 テレワーク・ロングステイプランあり。 【感染症対応】 (1)従業員に対し、以下の対策を実施している ・手洗い、アルコール消毒 ・検温(発熱している従業員の出勤停止) ・マスク着用 (3)その他の取組み フロントカウンターに消毒液・ビニール仕切り設置。 【URL】.

次の

サテライトオフィスとは? 企業の課題とメリット・デメリット:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

サテライト オフィス

本社や支社といった通常のオフィスとは別に、郊外や地方、あるいは都心に開設するオフィスを「サテライトオフィス」と言います。 従業員が通勤混雑を避けたり、移動時間を短縮したりするために、遠隔勤務するための通信設備などを備えたオフィスです。 本拠のオフィスを中心に、衛星(=サテライト)のように存在するオフィスという意味でサテライトオフィスと名づけられました。 地方や郊外に本拠がある場合に、都心での活動拠点として小さなオフィスを設置されているケース(例:地方自治体の東京オフィス)もこの中に含まれます。 情報セキュリティの高い環境でないと就業できない業種で、テレワーク拠点として利用される事例が増えています。 近年は地方自治体のオフィス誘致が盛んで、「おためしサテライトオフィス」という総務省の支援事業が2016年から実施されています。 都会とは全く違う環境で働く選択肢を持てるのが、地方型サテライトオフィスの魅力です。 労務やセキュリティといった管理がしやすい一方で、運営・設置のコストが大きな課題となります。 最近増えている コワーキングスペースや シェアオフィスがこのタイプにあたります。 セキュリティ面に課題はあるものの、利用者同士の交流ができたり、イベントが開かれたりと、その可能性はどんどん広がっています。 設置の目的に違いがあります。 サテライトオフィスは 本社以外でも働ける場所をつくるのが目的です。 ところが支社・支店は その場所でしかできない仕事をするのが目的となります。 支社・支店の場合は、働き手がその環境を選ぶというよりは、 業務命令として赴任する(もしくは現地採用される)ケースがほとんど。 出張でやってきた本社の社員がワーキングスペースとして利用することはあっても、そのために設置されているわけではないのです。 では、サテライトオフィスにはどんなメリットがあるのでしょうか。 地方型のサテライトオフィスであれば、環境の違い(転地効果)から新たな発想が生まれるかもしれません。 2.BCP対策 大規模災害の発生時にどう事業継続するか。 各社で取り組まれているBCP対策でも、サテライトオフィスは欠かせない手段となっています。 本社から離れた立地のサテライトオフィスでも問題なく執務できれば、事業継続の可能性が高まります。 3.コスト削減 都心に広いオフィスを構えると、その賃料や維持・管理コストは高額に。 一部を地方や郊外に移す、あるいはシェアオフィスを借りることによって、オフィス関連のコスト削減が期待できます。 4.人的ネットワーク確立とアイディア創出 共用のサテライトオフィス利用には、社外人材のネットワークを築きたいという動機もよく聞かれます。 顧客でも同僚でもない、ゆるやかな関係の人たちと空間を共にすることで刺激を受け、思わぬアイディアが生まれるかもしれません。 5.人材確保 育児や介護、その他さまざまな事情で、地方や郊外から離れられないけれど、スキルを持つ有能な人材。 こうした人は意外と多いものです。 本社への出社が条件だったら採用ができなかったそうした人材を、サテライトオフィスを設けることで採用できるかもしれません。 さまざまなメリットのあるサテライトオフィス。 一方でデメリットもあります。 本来のオフィスと離れた場所で執務することから、オンラインでのコミュニケーションが前提となります。 コミュニケーションがうまくいかなくなると業務に支障が生じるもの。 チャットツールの導入や、本来のオフィスに出社したときのコミュニケーションでカバーするなど、対策は複数考えられますが、いずれにせよサテライトオフィスを活用する上で考慮すべきポイントには違いありません。 2.公平感の難しさ サテライトオフィスをどこに設置するのかも、重要な問題です。 特に郊外型サテライトオフィスの場合、拠点が少なかったり、地域が偏っていたりすると、不公平感が生まれる可能性は否めません。 首都圏に広くオフィススペースを展開する事業者との提携を考えるなど、何らかの対策が求められます。 3.導入・管理の難しさ サテライトオフィスを導入する際には、オフィスのコストに加えて、セキュリティ対策や什器、ルールの整備など、さまざまな投資が必要です。 導入後も、そこで働く社員をどのようにマネージするか、維持管理の点など、課題はあります。 こうした点は、先行して導入する企業の事例を参考にすると、ずいぶんハードルが低くなるはずです。 それでは具体的にどんな企業がサテライトオフィスを活用しているのでしょうか。 育児や介護など時間に制約のある社員でも、働く時間を捻出して成果を生み出せるようにする目的で、会社が契約するサテライトオフィスや自宅で週4日までテレワークができるというものです。 運用が始まって、介護と両立する社員が離職せずに済んだ事例も生まれたそう。 社員の働き方を変えて、クリエイティビティを発揮できる仕事環境を提供しようと、徳島県神山町で初めてのサテライトオフィスを開設しました。 職住近接で集中できる環境に、生産性向上やリフレッシュ効果を実感しているといいます。 業務のデジタル化などで生まれた支店の余剰スペースを、サテライトオフィスとして活用。 将来的には東西で20拠点ほどを目指します。 20拠点が実現すると、全行員の6~7割が自宅の最寄り駅からサテライトオフィスまで15分程度で通勤できるそう。 代表的なところでは、人的ネットワークにコンセプトを置く『WeWork』や東急電鉄が駅に展開する『NewWork』などがあります。 サテライトオフィスにどんな目的を見出しているのかは、企業によっても異なります。 自宅に比べ、各段に整った環境で働けるサテライトオフィスの可能性は、まだまだ広がっていきそうです。

次の

サテライトオフィスとは? タイプや背景、助成金や補助金、メリットやデメリット、課題について

サテライト オフィス

1.サテライトオフィスとは? サテライトオフィスとは 企業または団体の本拠から離れた所に設置されたオフィスのこと。 本拠を中心としたときに衛星(サテライト)のように存在するオフィスという意味から命名されました。 一般的に、サテライトオフィスでは勤務者が本社や支社と同様に働けるような通信環境が整備されています。 支社との差は以下のようなものです。 サテライトオフィス:さまざまな働き方に対応するため必要最低限の機能を保持している• 支社:業務を進めることが目的なので、組織の機能を保持している 支社をコンパクトにしたのがサテライトオフィスと考えてもよいでしょう。 社員が通勤混雑を避けたり、移動時間を短縮できたりする効果もあります。 【社員の管理に、お困りではありませんか?】 「カオナビ」は使いやすさで選ばれる、人材管理システムです。 多様化する社員の個性も一目で把握、活用が進む人材マネジメントを実現します。 リモートワークとは? リモートワークとは、社屋や事務所以外の場所において、遠隔で仕事を行う勤務形態のこと。 メリットは、業務生産性の向上やコスト削減、通勤時間の短縮、遠隔にいる優秀な人材の確保などです。 ただし、連絡の取りにくさ、データ管理の危険性などのリスクも考えられます。 リモートワークに向いているのは、読解力・伝達力の高い人、自己管理ができる人などです。 家や会社以外の場所で働く人をテレワーカーと呼び、国土交通省では「1週間に8時間以上、職場以外でICTを使って仕事をする人」と定義しています。 リモートワークは、自宅での仕事やコワーキングスペースを用いた働き方、テレワークは、会社以外の働き方を指し、サテライトオフィスでの勤務も含まれます 3.サテライトオフィスのタイプ サテライトオフィスには、自社専用のオフィスと他社との共用オフィスという2つのタイプがあります。 自社専用 自社専用型サテライトオフィスは 自社や自社グループ専用の施設として利用できるオフィスです。 社員は在宅勤務のように施設で業務ができます。 また営業活動などで外回りに出ているときや出張で出掛けている際も、ここに立ち寄れば作業を実施できるので、とても便利です。 専用型には、• 事業所とは別に設置されるもの• 事業所内に専用のスペースを別に設けるスポットオフィス の2つがあります。 他社と共用 自社専用サテライトオフィスに対して 複数の企業が共同で利用するといったように他社と共用する共用型サテライトオフィスがあります。 シェアオフィスやコワーキングスペースとも呼ばれており、企業やフリーランス、個人事業主、起業家などが貸主と一定の契約を結ぶことで、オフィススペースを共有して利用できるというものです。 共用型のサテライトオフィスには、独自に情報交換会やイベント、講演会などを実施しているところもあります。 働き方改革への取り組みが浸透するにつれて、サテライトオフィスの重要性が理解され、今後もますます増加していくことが予想できます 5.サテライトオフィスが増加する背景 端末やネットワークの発達により、出社しなくても、業務が進められるようになりました。 場所にとらわれない働き方が選択できるようになったのです。 また、地方の過疎化対策として、地域から新ビジネスの誘致が望まれようになってきました。 一部の地方自治体には、サテライトオフィスなどを設置する企業に、土地や施設を貸し出すサービスを行っているところもあります。 さらに東日本大震災後、都市への一極集中や長時間の通勤時間に疑問を持つ層が増加してきたことにより、都心から離れて仕事をするスタイルが見直されるようになりました。 こういったことから、サテライトオフィスが注目されるようになってきたのです。 ITの急速な発展、地方の過疎化や一極集中といった社会問題の解決などにサテライトオフィスは適しています 6.サテライトオフィスの誘致と支援 総務省も積極的に取り組むサテライトオフィスの誘致について、どのような施策が実施されているか具体策をご紹介しましょう。 おためしサテライトオフィス 「おためしサテライトオフィス」とは サテライトオフィスの開設を検討する民間企業などに対して、総務省の選定した地方公共団体が魅力的な執務環境・生活環境を提供し、当該地方公共団体内において実際の執務を体験できるようにしたもの。 お試し勤務のために各地方公共団体が準備した施設などは体験利用を想定したものとなっています。 そのためお試し勤務の終了後、引き続き利用を希望する場合は、勤務地の地方公共団体に問い合わせなくてはなりません。 これまで、18団体で実施した全国のモデル事業の取り組みを踏まえ、横展開を図るために「お試し勤務」の受入れを通じたサテライトオフィス誘致の取り組みに対しては、特別交付税措置が実施されます。 ふるさとテレワーク 「ふるさとテレワーク」とは 地方のサテライトオフィスなどを利用してテレワークによって都市部の仕事を行う働き方のこと。 「ふるさとテレワーク」を推進により、都市部から地方への人や仕事の流れを創出できれば、地方創生に貢献できるでしょう。 また、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方を促進し、働き方改革の実現にも一役買います。 総務省では、平成27年度に地域の実情や企業ニーズに応じた有効なふるさとテレワークのモデルなどを実証した事業を行いました。 平成28年度からは、地方自治体や民間企業に対して、地方にあるサテライトオフィスのテレワーク環境を整備する費用の一部を補助する事業を行っています。 サテライトオフィスに関する助成金・補助金、支援 サテライトオフィスに関する助成金や補助金、支援はどのようになっているのでしょうか。 具体的な取り組みをご紹介します。 サテライトオフィス設置等補助事業 東京都では、働き方改革を推進するために、テレワークを推進しています。 テレワークのひとつの形態であるサテライトオフィスは、社員の自宅付近に設置することで、職住近接となります。 しかし現状、東京都内の市町村部では整備が進んでいません。 そこで、東京都では企業や団体等が市町村部に新たに開設するサテライトオフィスの整備・運営費の補助を行っているのです。 補助を受けるための要件には、• サテライトオフィスの整備及び運営が一体となった事業計画を有する• 都内の市町村部で新たにサテライトオフィスを設置する• 複数の企業の労働者が利用できる共用型のサテライトオフィスである などが挙げられています。 時間外労働等改善助成金(テレワークコース) 時間外労働等改善助成金(テレワークコース)は、在宅またはサテライトオフィスにて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主に対して、実施に必要な費用の一部を助成するもの。 支給対象となる事業主の条件は、労働者災害補償保険の適用事業主、テレワークを新規で導入、就業するテレワークの実施に積極的に取り組む意欲があるなどです。 まちごとテレワーク調査事業 少子高齢化に伴う地域の人材流出抑止や雇用創出、災害時の事業継続性の確保(BCP)などさまざまな地域課題を解決するため、ICTを活用して時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークの推進が必要になってきました。 しかし、テレワークの導入率は約13. 9%にとどまっています。 特に中小企業や地域への拡大が課題といえるでしょう。 まちごとテレワーク調査事業は、こうした背景を踏まえ、地方が抱える課題に対して各地域の個性や特徴にマッチするテレワークの普及を後押しするために誕生しました。 地域全体でテレワークを導入する際の、現状や課題分析、有効な方策の検討などを、請負主体を通じて実施して提案をする取り組みです。 行政でもさまざまな形で働き方改革を推進する取り組みが行われています。 こうした取り組みと連携して導入を図るのもよいでしょう 7.サテライトオフィス利用のメリット サテライトオフィスの利用で得られるメリットには、何があるでしょうか。 詳しくご紹介します。 時間の有効活用• 従業員のワークライフバランスを実現• 災害時のリスクを軽減• 地方創生と雇用創出• 企業のイメージアップ• もし本社が郊外にあっても、サテライトオフィスを都市部に設け、そこを営業活動の中心とすれば、移動手段の短縮、取引先からの注文や応答への素早い対応が可能になるでしょう。 また、多くの人が通勤するために生じる通勤ラッシュの負担も軽減されるうえ、その時間を別のことに使えるでしょう。 このように、サテライトオフィスの利用によって生まれる時間を有効活用できるようになるのです。 居住地域に近い、あるいはサテライトオフィスまで移動しやすいといった環境が整えば、効率のよい時間の使い方が見えてくるため、社員のワークライフバランスが実現します。 これによりキャリアを継続したいと考える社員が増える可能性は高いです。 働き方の見直しが生産性の向上へとつながる好循環を生むということを覚えておきましょう。 しかし災害が発生した場合、リスクが考えられるのです。 たとえば、ライフラインが被災した場合業務のすべてがストップします。 もし、サテライトオフィスを都市部から離れた地方に設けていれば、都市部のオフィスが被災しても、サテライトオフィスが機能していれば業務が継続できます。 このように災害時のリスクを考慮しておくことで、業務の継続や素早い復旧が可能となるのです。 日頃から、被災した際の情報伝達や対応方法、優先順位などを決めておきましょう。 いざいというとき、スムーズに動けます。 地域と連携できれば、業務の拡大やイノベーションの可能性も高まるでしょう。 また、地元に戻って働きたい人、都市部で生まれ育ったが地方に移住したいといった人にもサテライトオフィスはメリットをもたらします。 地方に勤務先のサテライトオフィスが設置されていれば、転職や退職することなく同じ会社で働き続けられるのです。 総務省が、「おためしサテライトオフィス」や、地方自治体や企業に費用の一部を補助する事業「ふるさとテレワーク推進事業」に取り組んでいることも手伝ってか、昨今ではサテライトオフィスの開設を進めている企業が増えています。 つまり、サテライトオフィスの導入および運用に成功したという実績は、企業が時代に則していることを示すエビデンスとなるのです。 昨今、多くの人が転職や就職を考える基準として、自分らしい働き方ができるかどうかを重視しています。 つまり、社員のワークライフバランスを実現し、ライフスタイルを充実させる取り組みをしているという姿勢が、優秀な人材を確保する手段のひとつになりうるのです。 会社で残業をするのが美徳ではなく、どこにいても業務を消化すれば問題ないという考え方が定着しつつあるのです。 サテライトオフィスの導入によって、育児や介護と仕事が両立しにくい、通勤時間の長さを苦に転職を検討する、田舎で暮らすため離職を考えている人などの離職率低下につながるでしょう。 サテライトオフィスは時間の有効活用、リスクヘッジ、地方での雇用創出、離職率の低下など、さまざまなメリットがあります 8.サテライトオフィス利用のデメリットと課題 メリットばかりのように思えるサテライトオフィスにも落とし穴があります。 デメリットについても考えてみましょう。 職務の管理および評価• 社員の自己管理• コミュニケーション• これにより、怠けてしまう社員が現れ、生産性が低下する可能性も高いでしょう。 こうした点が気になり、導入をためらっている企業も多いようです。 対策として、サテライトオフィスで働く社員には勤務状況や内容に関するレポートを提出してもらい勤務状況を管理するなどの方法がありますが、慎重な検討が必要でしょう。 なぜなら、社員側から考えると、仕事の成果や結果のみで評価されることになるからです。 これにより正しい評価が成されなくなってしまうかもしれません。 ここをしっかりしておかないと、いつまでたっても仕事が進まないという結果になりかねません。 また、プロジェクトの一員として仕事をする場合、業務の進捗状況を随時メンバーに伝える、メンバーの状況を把握することが重要です。 怠ると、作業が重複したり欠落してしまったりするといったミスが起こる可能性があります。 サテライトオフィスでは、自己責任ですべての業務を遂行するため、業務だけでなく時間や進捗に対する自己管理をしっかり行わなければなりません。 この点は認識しておきましょう。 これにより十分な説明がない、雰囲気が伝わらないといった問題が発生する可能性もあるのです。 サテライトオフィスを利用する社員に対しては、これまで以上に丁寧な説明や細かい連絡を心掛けましょう。 伝達ミスや齟齬が起こらないよう注意が必要です。 また、社員が孤立感を感じる場合もありますので、メールやチャット、電話、Web会議、テレビ会議などを活用して、定期的にミーティングや交流を行いましょう。 世間話も交えて、コミュニケーションの質を高めることも大切です。 たとえば、パソコンやスマートフォンの画面を覗かれる、会社との連絡や顧客先との商談内容を聞かれてしまうなど。 業務のためにインターネットを用いますから、ネットワーク上のセキュリティ問題もクリアにしなくてはなりません。 パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末もセキュリティ管理が不可欠です。 強いセキュリティ意識がなければ、個人情報や自社の重要な経営情報などの漏洩につながる危険も高いです。 セキュリティに関しても気を引き締めることが求められます。

次の