スカフ コントローラー。 プロゲーマー御用達:PS4コントローラー「SCUF 4PS」の購入方法

スカフコントローラーのジョイスティックの寿命がきたので新しいのと交換してみた

スカフ コントローラー

目次 1. 『SCUF IMPACT(スカフインパクト)』ってそもそも何? SCUF IMPACT(スカフインパクト)とは、PS4でより快適にゲームをプレイするために開発されたコントローラーである『SCUF(スカフ)』シリーズの最上位モデルで、 背面についている4つのパドルをボタンのように使用できるのが特徴です。 一般的なプレイヤーの間ではまだまだ知らない方も多いかもしれませんが、実は プロゲーマーの間では使用率が90%を超えると言われている定番のコントローラーで、e-sportsでも使用が許可されています。 こうしたコントローラーは他にもありますが(REVOLUTION Pro Controller 2やホリパッドなど)、基本的にそれらは内蔵バッテリーを搭載していないため有線接続での使用となります。 しかし SCUF IMPACT(スカフインパクト)はデュアルショック4と同じように内蔵バッテリーを搭載しているためPS4との無線接続が可能になっており、 ホームボタンでPS4の起動にも対応しています。 (REVOLUTION Pro Controller 2やホリパッドは有線接続時でもホームボタンでPS4を起動できません) また、PS4にはデュアルショック4と同じように認識されるようで、僕が普段使用している『XIM APEX』の認証用コントローラー(常時有線接続しておくコントローラー)としても使用可能です。 まあこんな贅沢な使い方をする方は少ないと思いますが 笑 2. 『SCUF IMPACT(スカフインパクト)』開封の儀 まずは外箱から見ていきます。 箱は結構コンパクトでした。 デザインはいかにもゲーミングデバイスといった感じでかっこいいですね。 カバーを取り外すと質感の高い箱が出てきます。 蓋を外すとしっかりとスポンジに守られたSCUF IMPACT(スカフインパクト)が収納されています。 箱から内容物を全て取り出し並べてみました。 内容物一覧 ・SCUF IMPACT(スカフインパクト)本体 ・L2R2交換用トリガー ・L2R2調整用専用ドライバー ・EMRトークン ・アナログスティック交換用キャップ ・注意書き ・取扱説明書 ・購入者へのメッセージカード SCUF IMPACT(スカフインパクト)本体の他に調整用のパーツや説明書などが入っていました。 まずはSCUF IMPACT(スカフインパクト)を詳しく見ていきます。 上から見るとこんな感じ。 形はデュアルショック4よりもXboxコントローラーに似ていますね。 背面パドルやスティックのカスタムで操作性がいいことはもちろんですが、 SCUF IMPACT(スカフインパクト)のデザインも魅力の一つです。 僕はブラックに割とシンプルなアクセントとなる模様が入ったものを選びましたが、他にも色んなカラーや模様を選んだり、十字キーやスティックのカラーも選択できます。 REVOLUTION Pro Controller 2やホリパッドとは異なり、デュアルショック4と同じように十字キーとスティックが配置されています。 Xboxコントローラーのようにスティックが左上になっている方がプレイしやすいという方もいますが、個人的にはこの配置の方が好みです。 ボタンの大きさはデュアルショック4と全く同じです。 スティックの形状は純正タイプの他に、先端(親指を置く部分)が出っ張っているタイプと凹んでいるいるタイプから選択でき、純正品以外は長さをミディアムとロングから選択できます。 ちなみにこちらは凹んでいるタイプのミディアムになります。 ヘッドホン端子が搭載されているため、デュアルショック4同様にSCUF IMPACT(スカフインパクト)にヘッドセットを接続して使用することもできます。 僕のSCUF IMPACT(スカフインパクト)はL2R2トリガーの遊びを少なくする『Trigger System』を搭載しているんですが、見た目はデュアルショック4とほぼ同じです。 L2R2の交換用トリガーが付属していたので後で交換してみたいと思います。 続いて背面を見てみます。 グリップ部分がボコボコしているんですが、これはプレイ中に汗などでコントローラーが滑るのを防ぐために滑り止めグリップにしているためです。 実際に握ってみると確かに滑りにくく、ボコボコしていることに対する不快さなどは全くありませんでした。 そしてやはりSCUF IMPACT(スカフインパクト)最大のポイントは背面のパドルだと思います。 SCUF IMPACT(スカフインパクト)はパドルを4つ搭載しており、不要であれば取り外すことも可能になっています。 実物に触れるまで押し心地が全く予想できなかったのですが、押してみると「カチッカチ」とした心地良い音と感触があります。 〇ボタンなどよりはスティック押し込みに近い感触ですね。 それをもっと硬くしたような感じです。 しっかり押す必要があるのでゲーム中に間違えて押してしまうことはそれほどないんじゃないかと思います。 握ってみると中指が自然に置けるような丁度いい位置に外側のパドルがあります。 内側のパドルは少し意識して指を伸ばさないと慣れるまで押しにくいかな?という印象です。 形はXboxコントローラーに似ていますが、トリガーやボタンの形がデュアルショック4と同じためか握ったときに全く違和感を感じませんでしたし、REVOLUTION Pro Controller 2やホリパッドとは違ってあくまでベースはデュアルショック4なので、慣れるまでほとんど時間はかからなそうです。 搭載機能や付属品で色々と調整してみた 今回僕がレビューするSCUF IMPACT(スカフインパクト)は Trigger Systemを搭載しているため、トリガーの遊びを少なくしたり、押し込みの硬さを調整することができます。 また、トリガー自体を通常のものから長めのものに交換することもできます。 まずは遊びを少なくしてみます。 通常の状態では上の写真のように、トリガー下部に突起があり、それが上側になっています。 突起のすぐ下に小さい穴があるので、付属のドライバーで突起が下になるように回してやります。 上の写真が遊びを少なくした状態です。 どれくらい少なくなったのか写真で比較してみます。 かなり長くなった印象です。 実際に使ってみると指を少し奥側に置くような感じになるんですが、トリガー押し込みが通常よりもしやすい感じでした。 そしていよいよ背面パドルのボタン配置を変更してみたいと思います。 まず付属のEMRトークンをSCUF IMPACT(スカフインパクト)の背面パドルの丁度間くらいにくっつけます。 慣れるとスムーズにボタン配置を行えますし、ゲームをプレイ中にも変更できるためプレイするタイトルごとに配置を変更するのもいいと思います。 EMRを搭載しない場合は背面パドルの割り当てを変更できないため、注文時にはEMRを必ず搭載することをおすすめします。 デュアルショック4とSCUF IMPACT(スカフインパクト)の比較 二つ並べて上から見た写真がこちらです。 ややSCUF IMPACT(スカフインパクト)の方が大きめに見えますね。 トリガーは交換しなければデュアルショック4とほぼ同じですが、交換すると倍近くの長さになります。 このSCUF IMPACT(スカフインパクト)はスティックの長さがミディアムなんですが、それでもデュアルショック4よりは結構高さがありますね。 一般的に スティックは高さがある方がFPSなどでエイム調整が有利と言われており、デュアルショック4を使用している方はスティックを高くするアタッチメントを使用している方も多いです。 僕はロングタイプを使用したことはありませんが、上の画像でもっと長い方がいいと思った方なら試してみてもいいかもしれません。 デュアルショック4の背面と比較してみます。 もちろんデュアルショック4にパドルがは付いていないので、二つ並べてみると全然見た目が違いますね。 並べてみてもやっぱりSCUF IMPACT(スカフインパクト)はかっこいいなー。 REVOLUTION Pro Controller 2とSCUF IMPACT(スカフインパクト)の比較 二つ並べて上から見た写真がこちらです。 どちらもデュアルショック4より一回り大きく見えますね。 見てわかるように REVOLUTION Pro Controller 2とSCUF IMPACT(スカフインパクト)は十字キーとLスティックの配置が逆になっています。 SCUF IMPACT(スカフインパクト)のミディアムとREVOLUTION Pro Controller 2の高さはだいたいいっしょです。 このREVOLUTION Pro Controller 2のスティックは凹んでいあるタイプなので形状は違いますが、出っ張っているタイプにすればREVOLUTION Pro Controller 2は形状もほとんど同じになるかもしれません。 REVOLUTION Pro Controller 2はスティックの軸に金属を採用しているため、質感としてはREVOLUTION Pro Controller 2のほうが高いんですが、 指が実際にあたる箇所がSCUF IMPACT(スカフインパクト)の方が滑りにくくなっているので、実際はSCUF IMPACT(スカフインパクト)の方が使いやすいかもしれません。 LRボタン・トリガーについては全然違う形になっています。 SCUF IMPACT(スカフインパクト)のLRボタンとトリガーはデュアルショック4とほぼ同じ形状なので、いきなり使ってもほぼ違和感を感じないと思いますが、REVOLUTION Pro Controller 2は全然形が異なるため、初めは少し違和感を感じるかもしれません。 続いて背面を見てみます。 SCUF IMPACT(スカフインパクト)と同じようにREVOLUTION Pro Controller 2も背面に割り当て可能なボタンが4つあります。 個人的にはSCUF IMPACT(スカフインパクト)のパドルの方が押しやすいと思うんですが、REVOLUTION Pro Controller 2はあらかじめ設定しておいた4種類のプロファイルを切り替える『PROFILE』ボタンで簡単に切り替えることができる点が便利です。 SCUF IMPACT(スカフインパクト)にはプロファイル保存機能がないため、ゲームごとにパドルの割り当てを変更したい場合は毎回EMRトークンを取り付けて設定変更を行うことになります。 慣れてしまえば簡単に設定変更は行えるかもしれませんが、次期モデルには是非プロファイル機能を搭載してほしいですね。 【まとめ】SCUF IMPACT(スカフインパクト)・REVOLUTION Pro Controller 2・デュアルショック4の3つ使ってどれが一番いいか教えます。 まずそれぞれの違いなどを表にしてまとめてみます。 製品名 SCUF IMPACT REVOLUTION Pro Controller 2 デュアルショック4 価格 約30,000円 (レッドウイングスでフルカスタマイズを購入する場合) 約20,000円 約6,000円 背面ボタン数 4 4 なし プロファイル機能 なし 4種類 なし 十字キー・スティック配置 デュアルショック4 Xboxコントローラー デュアルショック4 ワイヤレス対応 対応 非対応 対応 結局デュアルショック4以外はかなりいいお値段になっているため、なかなか気軽に購入することも難しいとは思いますが、本気でゲームを頑張っている方には是非使ってもらいたいと思いました。 SCUF IMPACT(スカフインパクト)とREVOLUTION Pro Controller 2ではかなり好みがわかれるのではないかと思いますが、個人的にはデュアルショック4に似ているためSCUF IMPACT(スカフインパクト)のほうが扱いやすかったです。 背面パドルが押しやすいというのと、ワイヤレス対応というのはかなり魅力的に感じました。 (需要があるかはあわりませんが) 個人的にどっちと聞かれればSCUF IMPACT(スカフインパクト)を選びますが、こういうのは個人の好みだと思いますので、自分に合うほうを選んでいただければと思います。 SCUF IMPACT(スカフインパクト)購入方法解説 SCUF IMPACT(スカフインパクト)は海外メーカーから販売されている製品なので、個人輸入するか輸入代理店から購入することになるかと思います。 僕が 今回レビューしたSCUF IMPACT(スカフインパクト)は『レッドウイングス』さんという代理店から製品提供頂いたんですが、レッドウイングスさんではフルカスタムモデルでも29,800円から購入できるので、代理店の中では一番安く購入できると思います。 (他のショップで購入すると40,000円近くかかる場合もあります) レッドウイングスさんから購入する場合、在庫品を購入するか自分で好きにカスタマイズしたものを代理輸入してもらかになります。 まず在庫品の購入です。 下のリンクからレッドウイングスさんのホームページに飛びます。 下の方にスクロールしていくと在庫品があるので、一般的なネットショップで購入する場合と同じように『カートに追加』から必要事項を入力して注文することができます。 ちなみに 支払い方法は原則銀行振り込みになっています。 僕と同じフルカスタマイズモデルは税込み28,800円で購入できます。 続いて好きなようにカスタムして注文する場合です。 流れとしてはSCUG GAMINGの公式ホームページでどのようにカスタマイズするか決めて、画面のスクリーンショットをレッドウイングスさんに送信し(LINEかTwitterのDM)、見積もりを確認して注文ということになります。 まず下のリンクからSCUG GAMINGの公式ホームページに飛びます。 リンク先で下にスクロールしていくとベースとなるカラーを決めるところがあるので、気に入ったデザインをクリックします。 クリックするとカスタマイズページになるので、一つずつどうカスタマイズするか決めていきます。 最初は 『EMR機能』を搭載するかどうかを決めます。 EMR機能を搭載しないと背面パドルのボタン割り当てをデフォルトから変更することができないため、必ず搭載することをおすすめします。 次に 『Trigger System』と 『Grip』を搭載するかどうかを決めます。 Trigger Systemを搭載するとトリガー押し込み時の遊びを少なくしたり、押し込みの硬さを調整することができます。 また、搭載すると交換用の長いトリガーも付属します。 Gripを搭載すると背面に滑り止めが付きます。 この二つは必須項目というわけでもないとは思いますが、個人的には欲しい機能かなぁとは思いました。 続いてベースとなるカラーを選択できます。 最初に選択してはいますが、こちらで他のカラーとも比べたりすることができます。 続いてL1R1のカラーとボタンのカラーを選択できます。 次にLRスティックの種類とカラー、スティック周りのリングカラーを選ぶことができます。 スティックは親指が当たる部分が出っ張っているタイプ、凹んでいるタイプ、デュアルショック4と同じ普通のタイプから選ぶことができます。 個人的には凹んでいるタイプのミディアムが扱いやすかったです。 (他のスティックは試してません) 最後に十字キーに専用パッドを付けるかどうかと振動機能を除去するかどうかを選択します。 十字キーパッドは格闘ゲームなどをプレイしやすいらしいです。 振動機能はゲーム内でも設定変更できるため、個人的には付いたままでもいいのかなと思いました。 スクショは項目ごとに全て撮ってレッドウイングスさんに送信した方がすんなり注文できるんではないかと思います。 わからない項目や悩んでいる項目についてはレッドウイングスさんに直接問い合わせることもできます。 後で後悔しないよう、カスタム項目はよく考えて注文することをおすすめします。 今回の記事は以上になります。

次の

SCUF(スカフ):どれだけ盛っても今なら199.95ドル!期間限定セール中、合言葉は「MAXSCUF」

スカフ コントローラー

SCUFコントローラーを使い続けているうち、「故障かな?」と感じることがあるかもしれません。 しかし、実際は壊れておらず、再設定をすることで再び利用が可能になる場合も多いようです。 ふもっふのおみせでは、があり、お問い合わせから相談を受けることもあるのですが、相談を受けたり、実機を送っていただくと、「実は故障ではなかった」というケースが度々発生します。 修理は日本国内では行われず、海外のSCUFの窓口に品物を送る必要があるため、手続きに時間とお金がかかります。 また、英語でのやりとりが発生するので、慣れていないと大変です。 修理に出さずにすむのであれば、それに越したことはありませんよね。 「故障かな?」と思ったら、まずは目に見える損傷がないかをご確認ください。 もし外傷がなく内部的な故障が疑われる場合、下記の5つのことを確認し、本当に故障しているかどうかを検証してみましょう。 ゲーム機の電源を入れ直す• コントローラーのペアリングをやり直す• SCUFの各パーツが適切に装着されているかを確認する• キャリブレーションを試す• SCUFコントローラーをリセットする また、修理に出す前に、交換可能なパーツの購入で解決できないかを検討するのも、時間と料金の節約になる場合がございます。 動作がおかしいと思ったら、ゲーム機の電源を入れ直してみる• サムスティックのニュートラルポジションがずれている• L2, R2, L3, R3が押しっぱなしになる• パドルやボタンが反応しない• パドルやボタンをホールドしても、ホールド状態にならない(ホールド状態が途切れる) これらの状態が発生した場合、ゲーム機の電源を入れ直すことで解決できるかもしれません。 ゲーム機やゲームの設定がコントローラーのパフォーマンスに影響している可能性があるからです。 もし改善が一時的なもので、何度も誤作動が発生するようでしたら、修理した方が良いかもしれません。 他のゲームでも同じ症状が出るかを確認する ゲーム内設定がコントローラーの動作に影響を与えている可能性を探るため、他のゲームソフトをプレイしても同様の症状が発生するかを確認していただく場合がございます。 有名な例でいうと、CoDWW2のベータ版では、ヘアトリガーとトリガーストップの機能がうまく働いておらず、コミュニティで議論に発展しました。 Destinyでは、トリガーストップを使用していると一部の武器の発射が困難になるというケースがありました。 どのゲームでどんな検証を行ったのかという情報は、修理を依頼する時にとても役立つので、可能であればメモなどを残していただけますと、修理の相談の際に役立ちます。 特に以下の点をご連絡いただけますと、スムーズにお手続きを進められると思います。 検証したゲームのタイトル• 発生している症状• 他のゲームでも発生するか(発生している場合は、検証した他のゲームのタイトル)• どのようなシチュエーションで発生するか(使用している武器、特定の行動、一緒に行なっているボタン操作など コントローラーのペアリングと接続環境の見直しも有効 ゲームは中断できるけど、終了できる状態にない時に有効なのが、コントローラーのペアリングの状態を確認してみましょう。 PlayStaition 4の場合、microUSBケーブルでゲーム機とSCUFコントローラーを接続すると、ライトバーが光り、ペアリングされているかどうかが分かります。 ペアリングされている状態で異常を感じている場合、ペアリングを解除し、再度接続しても起こるかどうかを確認してみましょう。 PlayStation 4であれば、PSボタン長押しで表示されるメニューにある「サウンドと周辺機器」から接続解除が可能です。 Xboxの場合は、Bluetooth接続の設定を確認するのが良いでしょう。 コントローラーとゲーム機との接続に原因がある場合、両者間の通信を阻害するものがないかを確認してみるのも有効でしょう。 他に接続されているUSB機器を取り外すことで状況が改善されることもございます。 無線接続ではなくUSBケーブルでの有線接続も試してみる 無線での接続による不具合(遅延、誤操作)の場合もございます。 SCUF USB ケーブルを用いて接続すると、有線接続の状態になり、無線接続時の不安定さやバッテリー切れによるミスを防ぐことが可能です。 サムスティックの動きがおかしいなら、キャリブレーション(標準位置再設定) 電源を入れたり、ゲーム機とペアリングしたりするタイミングで、サムスティックがどちらかの方向に倒れていた場合、その角度をホームポジションとして認識する場合があるようです。 この時、下記の症状が現れる場合がございます。 サムスティックが動かない• サムスティックは動くけど、ゲームキャラの動きにブレーキがかかったような感じがある• サムスティックを触っていないのに勝手にキャラクターやカーソルが動く これらの症状が見られた場合は、まずはサムスティックの入力角度を正しく認識させるキャリブレーションをお試しください。 アナログスティックのキャリブレーションを試す PS4の場合、下記の手順でキャリブレーションをお試しください。 サムスティックを軽く30秒ほど押し込みます• サムスティックから指を離します• サムスティックを時計回りに何度か回します• 続いて、今度は逆の方向に何度かサムスティックを回します• 再びサムスティックを軽く30秒ほど押し込みます• 症状が改善しているかをご確認ください サムスティックを押し込むとき、力を入れすぎると、コントローラーが壊れてしまう場合がございます。 L3R3ボタンを利用する程度の力で、軽く押さえるようにしましょう。 ボタンの反応がイマイチならSCUFコントローラーをリセット! ボタンを押しても反応しない場合は、コントローラーのリセットやリマッピングが有効かもしれません。 コントローラーをリセットする SCUFコントローラーにはコントローラーの状態をリセットするボタンが付いています。 ブランドごとにデザインは異なりますが、ほとんどののSCUF商品のリセットボタンは、L2ボタンの近く、もしくは、L2ボタンに一番近い背面パドルの下にございます。 コントローラーのスイッチを切ります。 (SCUF IMPACTの場合)L2ショルダーボタンに一番近いパドルを取り外します。 コントローラーの背面にある、L2ショルダーボタンの近くの小さなリセットボタンを見つけてください。 クリップの先や爪楊枝などを使用して、ボタンを押します。 ボタンを数秒間押し続け、放します。 上記の方法でリセットが完了します。 コントローラーの近くにEMRマグキーが無いかを確認する 意外と多いのが、EMRマグキーをコントローラーから離さずにゲームをプレイしているケースです。 EMRマグキーには強力な磁石が含まれており、この磁石を使ってリマッピングモードを起動しています。 そのため、ネックストラップにEMRマグキーをつけていたり、ポケット(胸ポケット)に入れながらプレイしていると、ゲーム中にコントローラーがリマッピングモードに切り替わる場合があるようです。 背面パドルのリマッピング設定が完了したなら、EMRマグキーをコントローラーから5cm以上離れた場所に保管しましょう。 修理の前に交換用パーツなどで対応できないか確認しよう! 上記の確認項目を検証しても改善しないようであれば、修理に出す必要があるでしょう。 しかし、修理は日本国内ではなく、海外のSCUF拠点にて行われるため、修理に必要な料金や時間など、様々なコストがかかリますので、ご了承ください。 物質的な破損であれば、交換用パーツの購入で対応できるかもしれません。 もちろん、ふもっふのおみせでも取り扱いしております。 背面パドルを購入する 背面パドルが破損した場合は、交換用のキットを購入するのが良いでしょう。 SCUF IMPACTのブレードは、大きさが2種類あり、デフォルトで左右それぞれ大小のパドルが1つずつ付いております。 4箇所とも小パドルにしたいなどの場合も、追加でパドルを購入する必要があります。

次の

FPS・TPSが上手くなる!?スカフ(SCUF)コントローラーとは

スカフ コントローラー

SCUF IMPACT リングは、取り外し可能で、スティックがスムーズに繊細に動きFPS用に作られております。 プロ級の仕上がりを提供するために、高品位の自己潤滑材料で作られています。 この機能はとても便利かつ重要なカスタマイズです。 当ショップのほとんどのSCUFはこの機能が付属してあります。 グリップがあるためにコントローラーがフィットします。 ご自身で好きなボタンを割り当て可能です。 SCUF IMPACT リングは、取り外し可能で、スティックがスムーズに繊細に動きFPS用に作られております。 プロ級の仕上がりを提供するために、高品位の自己潤滑材料で作られています。 この機能はとても便利かつ重要なカスタマイズです。 当ショップのほとんどのSCUFはこの機能が付属してあります。 グリップがあるためにコントローラーがフィットします。 ご自身で好きなボタンを割り当て可能です。 SCUF IMPACT リングは、取り外し可能で、スティックがスムーズに繊細に動きFPS用に作られております。 プロ級の仕上がりを提供するために、高品位の自己潤滑材料で作られています。 この機能はとても便利かつ重要なカスタマイズです。 当ショップのほとんどのSCUFはこの機能が付属してあります。 ご自身で好きなボタンを割り当て可能です。 EMR付属.

次の