私 たち は どうか し て いる 最新 話。 私たちはどうかしてるネタバレ49話/11巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

私たちはどうかしている【第49話 / 勇気と罠】最新話あらすじネタバレ!

私 たち は どうか し て いる 最新 話

私たちはどうかしている【第57話】のネタバレ 七桜は、女将の居場所を知らせる連絡を待つなか、多喜川と由香莉のことを考えていた。 当時2人が付き合っていた時、姉の連絡を無視したり、心がないような態度を多喜川が取っていたという栞。 だから七桜のことも心配していたという。 多喜川がいなければ、今頃どうなっていたかわからないという七桜。 彼を信じて真っ直ぐに向き合いたいと思うのだった。 真実を知った椿 夕子の店へとやってきた椿。 飲もうと誘うが、彼は目の手術を理由に断る。 それよりも、夕子はどうしてここにいるのかと尋ねる。 彼女は、自分が七桜の本当の母親じゃないことを知ってるんだろうと言うと、彼は光月庵を奪うために、七桜がしたことだと言う。 彼が誤解していると知った夕子は、七桜が椿の子供を妊娠しており、火事のせいで失ってしまったことを打ち明ける。 そんな大事なことを、どうして言わないのかと拳を握りしめる椿。 夕子は、一度は本気で好きだったのだからよりを戻せないかと言う。 椿は断った酒を口にすると、 自分達は偽りの夫婦でしかなかったと答えた。 復讐の炎 多喜川のもとに「いをり」から連絡が入る。 お礼を言い、七桜をすぐに見つけるという多喜川。 一方、七桜は連絡を待っているが、どこからもなし。 市外のほうもあたろうと思っていると、そこに山口がやってくる。 職人が2人、今月いっぱいでやめると言う。 引き抜きにあっており、光月庵の将来に不安を感じているというのだ。 自分が厨房に入ればやっていけると思う七桜。 そこへ栞が、 女将が「いをり」という旅館に昨晩泊まったという連絡があったと報告する。 さっそく向かったものの、ちょうどチェックアウトして出ていってしまったという。 女将は金沢から離れられないと思った七桜は、 近くの寺に向かう女将を見つける。 すると彼女は、 道具に灯油をまき、復讐のために火を放つ。 七桜は、慌てて上着を脱ぎ消火にあたる。 火傷しながらも、なんとか火を消した彼女。 守った道具を抱きしめ、気を失いそうになる彼女を、何者かが抱き支えるのだった。 衝撃の事実 逃げようとする女将の前に、多喜川が現れる。 彼は、女将の姿を見るのが夢だったが、実際に目の当たりにしても気分が晴れないという。 女将は不敵な笑みを浮かべると、光月庵がダメなら、多喜川家を椿に継がせようと言う。 なぜならそれは、 椿は多喜川の血を継いでおり、不出来な兄よりも相応しいと言うのだった。 七桜が視線をあげると、 そこにいたのは椿だった。 彼女は、椿にどうしてここにいるのかと尋ねるのだった。 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 私たちはどうかしているを1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の

私たちはどうかしている最新58話13巻ネタバレ注意あらすじ感想

私 たち は どうか し て いる 最新 話

57話はいろんなことが明らかになり、スッキリした方も多いのでは?と思います。 私たちはどうかしている最新58話あらすじ1 椿が戻ってきたのは、実は女将から連絡があったみたいです。 代々伝わる道具を七桜に渡すくらいなら燃やす、それを見たいでしょと言われていたみたいです。 そんなことは説明はしない椿ですが、七桜には一言、忘れ物を取りに来たと説明していました。 七桜は椿と栞とともに光月庵に戻ります。 椿が現れたことに驚く光月庵の人たち。 光月庵に職人の数が少ないことに気が付いた椿は、七桜に提案をします。 椿を光月庵の職人として雇ってほしい、とのことでした。 その提案に七桜を含めそこにいたみんなが驚きます。 七桜は椿が何を考えているのかわからず戸惑い、そんなことは椿のプライドが許さないんじゃないかと尋ねます。 なんだかんだと椿が働くことになりそうな予感。 私たちはどうかしている最新58話あらすじ2 どこからともなく現れたのか、多喜川さんが、椿が職人になる案は光月庵にとっていいことだと後押しします。 でも、そこに七桜の気持ちが無いのなら、と付け足しました。 七桜はそんなの残ってないと言いますが、それを聞いた椿はどこかさみしそう… そんな椿は、今住んでいるところのメモを七桜に渡し、光月庵を後にします。 七桜と二人きりになった多喜川。 女将に椿が弟だと知らさせたことを思い出すや否や、焦り気味に七桜と早く結婚したいと語ります。 七桜と多喜川はこのまま本当に結婚しちゃうのでしょうか….

次の

【毎月更新】私たちはどうかしている最新話第59話のネタバレと感想!多喜川に近づく椿|漫画ウォッチ

私 たち は どうか し て いる 最新 話

スポンサーリンク 私たちはどうかしてる52話のネタバレ 求婚 多喜川は3年間七桜と一緒にいて、最近よく考える。 いつか目的を果たして自分の前から七桜がいなくなったらーーー…そんなことを想像したら多喜川はゾッとするのだ。 「だれにも渡したくないと思った。 」 多喜川の驚く七桜ーーー…多喜川は七桜に上着を一枚かぶせ、驚かせてしまったことを謝る。 いま七桜はそれどころじゃないーーー…でも自分の気持ちを知っておいてほしかったから多喜川は伝えたのだ。 多喜川は七桜の中で全部整理がついたら考えて欲しいと話し、部屋をあとにした。 部屋に残った七桜は、多喜川が自分のことをそんなふうに思っていてくれたことにまだ驚いている様子ーーー… 結婚…その2文字を考えた時、七桜の頭の中に椿の姿が思い浮かぶのだったーーーー…。 七桜は翌日店の暖簾を出しながら、この店を多喜川は出すために高価な骨董品をたくさん売って資金にしたって聞いたことを思い出す。 きっと親戚や周りからいろいろ言われてるはずなのに、なにも言わずに自分のそばにいてくれるーーーー…出会った時からずっと。 それはきっと簡単なことじゃないーーーー… 『結婚してほしい』、その言葉を思い出しながら七桜は複雑な思いに駆られるのだった。 前へ 一方椿も除夜祭にむけての和菓子作りに励む。 根をつめて調子の悪そうな椿に栞は声をかけようとするーーー…しかしそれを職人さんたちに止められるのだった。 「椿さんと七桜さん二人の勝負なんだ 見守ることしかできない」 それをその場にいた城島も聞いていたーーーー 『見守るしか』…それに思うところがあり、城島は花がずみを訪ねるのだった。 久しぶりに会う城島は七桜に会釈するも、七桜は「どうしてここに…」と不思議そうにする。 そんな七桜の言葉を無視するように、城島は季節の和菓子を頼むのだった。 「やっぱ七桜さんの御菓子って不思議だよね」 和菓子を食べた城島は、一つ食べるともう一つほしくなるんだ、ともおいしそうに食べてくれる。 お茶のおかわりを持ってくる…と後ろを振り向く七桜に城島は、 椿と栞のあいだにはなにもなかったーー…妊娠もしれないし、結婚してないと思うことを伝える。 驚いた顔で振り返る七桜ーーー…城島は続けて、七桜が光月庵を去った後、七桜は絶対好きな御菓子を楽しく作ってるんだとも思っていたこと話す。 七桜の事情を自分なりに調べて、城島にも少しはわかっている。 「もし 除夜祭の勝負で負けたら 七桜さんはどうするつもりなんですか?」 一生光月庵を恨んで生きるつもりなのかーーー…城島は問いかける。 しかしなにも答えない七桜ーーーー…城島はカバンから「七桜に作ってきたんで」といって御菓子を渡し、店を後にする。 それを一口食べた七桜は 『夢なんです』と笑った、城島の顔を思い出したーーー… 城島はもう、後ろを向じかずに前を向いていることが、このわらび餅から伝わった。 『負けたらどうするんですか?』『全部整理がついたら考えてほしい』 城島と多喜川の言葉が頭の中を巡る七桜ーーー…自分はどうするーーー…それを考えた末、ある行動をとるのだったーーーー…。 最後 29日、椿は尾山神社へと足を運びお参りするーーーー… そんな椿のお参りする横に、七桜もお参りしにきた。 「今晩一晩だけ 椿の時間を私にください」 21時に『よろづ楼』で待っているーーー…そう伝え、七桜は雪が降る中去っていくのだったーーーー…。 夜になっても雪は降り止まないーーー…七桜は自分の中で覚悟をきめ、部屋で椿を待つ。 21時になると椿は部屋へとやってき、2人は窓辺にたつ。 「月が見たかったのに 今日は今年最後の満月だったから」 そんなことを言いに呼び出したのか…と椿は七桜が何を言いたいのかわからなかった。 七桜は続けて、自分が小さいときーーー…光月庵にいたころ、こんなふうに窓からしょちゅう外を眺めていて、時々母屋から椿が来て手を振ってくれたことを話す。 「それがすごくすごくうれしくて あのころ椿のことが本当に好きだった」 でも同時にいつも浮かんでくる光景も七桜にはあるーーー…椿が七桜の母を指差したあの瞬間だ。 それを思い出すとどうしようもなく、ドロドロした感情に七桜は支配される。 好きなのに許せないーーーーー… 「一晩……今夜だけ最後に私を抱いてほしい」 勝っても負けても、明後日が自分たちの最後になるから、と七桜は伝えるのだったーーーー…。 七桜はあの時誓ったーーーー…母の叶えられなかった夢は自分が本物にする、それ以外はなにも望まない、と。 でも最後だけ いまだけ ただ一人の女として椿に抱かれたい 椿と体を重ねながら、ある気持ちを七桜は思い出すーーーー… あたたかくて 陽だまりにいるような 幸せで夢みたいな気持ち 椿と一緒に作った御菓子のことを七桜は思い出し、自分はそんな御菓子を作りたい、と思うのだった。 雪が降るこの時、聞こえるのは二人の吐息だけ。 この瞬間を すべて心に焼きつける 一分一秒 全部ーーーー…七桜は椿と何度も身体を重ね、キスをするのだったーーーー…。 早朝ーーー七桜は一人で身支度し、寝ている椿のオデコのキスをし部屋を後にする。 ただただ許せないだけのほうが、気持ち的には楽だったでしょう…。 城島が七桜に光月庵をずっと恨むのか…と問いかけにきましたが、七桜の『最後』というのは、勝っても負けても…恨みもここで終わり…も含まれているのですかね? もし負けてしまえば、七桜は多喜川の元に行く気ーーー…? 恩があると断りにくいですよね…。 というか恩もなにも、七桜のことをずっと支えてくれた人です。

次の