独身 税 ふざける な。 税金が高すぎて生活が苦しい!重税に苦しむ生活から抜け出すには?

【速報】「独身税」、導入か

独身 税 ふざける な

ママ課メンバーは「独身税」の創設や医療費削減に関する思いを伝えた。 ママ課は市のプロジェクトの名称で、30〜40代の女性7人が参加した。 メンバーが「結婚し子を育てると生活水準が下がる。 独身者に負担をお願いできないか」と質問したのに対し、阿久澤氏は「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」と述べた。 課員はこのほか、健康な高齢者が多い自治体では税負担を下げる仕組みの導入や、たばこ税増税などを提案した。 冒頭、阿久澤氏が国の財政状況や社会保障費が増える見通しを説明した。 「北陸財務局キャラバン」の一環として企画された。 29 ID:AvRrAPoX0. net 独身税だと? ふざけるなよ。 総レス数 1001 222 KB.

次の

税金が高すぎて生活が苦しい!重税に苦しむ生活から抜け出すには?

独身 税 ふざける な

スポンサーリンク 独身世帯の住民税・所得税・手取り額の計算結果 年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの場合、住民税は 6. 31万〜45. 6万円、所得税は 2. 78万〜46. 9万円、社会保険料は 28. 4万〜114万円、手取り額は 162万〜594万円になります。 年収ごとの詳しい税金や手取り額はこのようになります。 年収 住民税 所得税 手取り 6. 31万円 2. 78万円 162万円 11. 9万円 5. 57万円 240万円 17. 9万円 8. 56万円 317万円 24. 4万円 13. 9万円 391万円 31万円 20. 5万円 463万円 38万円 31. 7万円 531万円 45. 6万円 46. 9万円 594万円 スポンサーリンク 税金の計算内容 ここからは年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの住民税 6. 31万〜45. 6万円と所得税 2. 78万〜46. 9万円の計算内容を詳しく説明します。 給与所得控除の計算 まず、住民税も所得税も給与所得控除という仕組みがあります。 給与所得控除とは簡単に言うと 「給料もらって仕事していればスーツやカバンや靴とかでお金がかかるだろうから、その分は税金払わなくていいよ。 」 という仕組みで、税金を計算するときはこの額を経費として引いてから計算して良いことになっています。 年収ごとの給与所得控除額はこのようになっています。 給与収入 給与所得控除額 65万円まで 全額 162. 5万円まで 65万円 180万円まで 収入 x 40% 360万円まで 収入 x 30% + 18万円 660万円まで 収入 x 20% + 54万円 1000万円まで 収入 x 10% + 120万円 1000万円以上 220万円 年収200〜800万円の場合の給与所得控除額は以下のようになります。 年収200万円 x 30% + 18万円 = 給与所得控除 78万円 年収300万円 x 30% + 18万円 = 給与所得控除 108万円 年収400万円 x 20% + 54万円 = 給与所得控除 134万円 年収500万円 x 20% + 54万円 = 給与所得控除 154万円 年収600万円 x 20% + 54万円 = 給与所得控除 174万円 年収700万円 x 10% + 120万円 = 給与所得控除 190万円 年収800万円 x 10% + 120万円 = 給与所得控除 200万円 スポンサーリンク 社会保険料の計算 健康保険、厚生年金、雇用保険といった社会保険料として支払った分も控除されて課税の対象になりません。 健康保険は 治療費を安く済ませるための保険で、病院で治療をした時に治療費の30%の支払いで済むようになります。 厚生年金は 年金の上乗せ分で、厚生年金を払っているとその分支給される年金が結構上乗せされます。 雇用保険は 仕事をしていない期間にお金をもらうための保険で、加入していると失業時には失業保険が、育児休業時には育児休業給付金がもらえたりします。 このあたりの社会保険料もほとんど税金のようなものなので、税金を計算する際は収入から引いて計算することができます。 年収200〜800万円の場合の社会保険料はこのようになります。 年収200万円: 健康保険 9. 97万円 + 厚生年金 17. 5万円 + 雇用保険 1万円 = 28. 4万円 年収300万円: 健康保険 15万円 + 厚生年金 26. 2万円 + 雇用保険 1. 5万円 = 42. 7万円 年収400万円: 健康保険 19. 9万円 + 厚生年金 34. 9万円 + 雇用保険 2万円 = 56. 9万円 年収500万円: 健康保険 24. 9万円 + 厚生年金 43. 7万円 + 雇用保険 2. 5万円 = 71. 1万円 年収600万円: 健康保険 29. 9万円 + 厚生年金 52. 4万円 + 雇用保険 3万円 = 85. 3万円 年収700万円: 健康保険 34. 9万円 + 厚生年金 61. 2万円 + 雇用保険 3. 5万円 = 99. 6万円 年収800万円: 健康保険 39. 9万円 + 厚生年金 69. 9万円 + 雇用保険 4万円 = 114万円 スポンサーリンク 住民税と所得税の控除合計額 ここまでの控除額を合計すると、年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの住民税を計算する時に年収から引くことができる控除合計額はこのようになります。 年収200万円: 給与所得控除 78万円 + 社会保険料控除 28. 4万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 139万円 年収300万円: 給与所得控除 108万円 + 社会保険料控除 42. 7万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 184万円 年収400万円: 給与所得控除 134万円 + 社会保険料控除 56. 9万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 224万円 年収500万円: 給与所得控除 154万円 + 社会保険料控除 71. 1万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 258万円 年収600万円: 給与所得控除 174万円 + 社会保険料控除 85. 3万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 292万円 年収700万円: 給与所得控除 190万円 + 社会保険料控除 99. 6万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 323万円 年収800万円: 給与所得控除 200万円 + 社会保険料控除 114万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 347万円 また、所得税の控除合計額についてはこのようになります。 年収200万円: 給与所得控除 78万円 + 社会保険料控除 28. 4万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 144万円 年収300万円: 給与所得控除 108万円 + 社会保険料控除 42. 7万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 189万円 年収400万円: 給与所得控除 134万円 + 社会保険料控除 56. 9万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 229万円 年収500万円: 給与所得控除 154万円 + 社会保険料控除 71. 1万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 263万円 年収600万円: 給与所得控除 174万円 + 社会保険料控除 85. 3万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 297万円 年収700万円: 給与所得控除 190万円 + 社会保険料控除 99. 6万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 328万円 年収800万円: 給与所得控除 200万円 + 社会保険料控除 114万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 352万円 スポンサーリンク 住民税と所得税の課税対象額 年収から控除額を引いた金額が課税対象額となります。 年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの場合、住民税の課税対象額はこのようになります。 年収200万円: 年収200万円 - 住民税控除額 139万円 = 住民税の課税対象額 60. 6万円 年収300万円: 年収300万円 - 住民税控除額 184万円 = 住民税の課税対象額 116万円 年収400万円: 年収400万円 - 住民税控除額 224万円 = 住民税の課税対象額 176万円 年収500万円: 年収500万円 - 住民税控除額 258万円 = 住民税の課税対象額 242万円 年収600万円: 年収600万円 - 住民税控除額 292万円 = 住民税の課税対象額 308万円 年収700万円: 年収700万円 - 住民税控除額 323万円 = 住民税の課税対象額 377万円 年収800万円: 年収800万円 - 住民税控除額 347万円 = 住民税の課税対象額 453万円 所得税の課税対象額はこうなります。 年収200万円: 年収200万円 - 所得税控除額 144万円 = 所得税の課税対象額 55. 6万円 年収300万円: 年収300万円 - 所得税控除額 189万円 = 所得税の課税対象額 111万円 年収400万円: 年収400万円 - 所得税控除額 229万円 = 所得税の課税対象額 171万円 年収500万円: 年収500万円 - 所得税控除額 263万円 = 所得税の課税対象額 237万円 年収600万円: 年収600万円 - 所得税控除額 297万円 = 所得税の課税対象額 303万円 年収700万円: 年収700万円 - 所得税控除額 328万円 = 所得税の課税対象額 372万円 年収800万円: 年収800万円 - 所得税控除額 352万円 = 所得税の課税対象額 448万円 スポンサーリンク 住民税、所得税、手取り額の計算 住民税の課税対象額に標準税率の税率10%を掛けて、均等割5000円を足して住民税の額を計算するとこのようになります。 年収200万円: 住民税の課税対象額 60. 6万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 6. 31万円 年収300万円: 住民税の課税対象額 116万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 11. 9万円 年収400万円: 住民税の課税対象額 176万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 17. 9万円 年収500万円: 住民税の課税対象額 242万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 24. 4万円 年収600万円: 住民税の課税対象額 308万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 31万円 年収700万円: 住民税の課税対象額 377万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 38万円 年収800万円: 住民税の課税対象額 453万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 45. 6万円 所得税については課税対象額ごとの税率がこちらの表のようになっています。 課税対象額 税率 控除額 195万円まで 5% なし 330万円まで 10% 9. 75万円 695万円まで 20% 42. 75万円 900万円まで 23% 63. 6万円 1800万円まで 33% 153. 6万円 4000万円まで 40% 279. 6万円 4000万円以上 45% 479. 6万円 この表をもとに年収ごとの所得税を計算するとこのようになります。 年収200万円: 所得税の課税対象額 55. 6万円 x 所得税率 5% = 所得税 2. 78万円 年収300万円: 所得税の課税対象額 111万円 x 所得税率 5% = 所得税 5. 57万円 年収400万円: 所得税の課税対象額 171万円 x 所得税率 5% = 所得税 8. 56万円 年収500万円: 所得税の課税対象額 237万円 x 所得税率 10% - 控除額 9. 75万円 = 所得税 13. 9万円 年収600万円: 所得税の課税対象額 303万円 x 所得税率 10% - 控除額 9. 75万円 = 所得税 20. 5万円 年収700万円: 所得税の課税対象額 372万円 x 所得税率 20% - 控除額 42. 75万円 = 所得税 31. 7万円 年収800万円: 所得税の課税対象額 448万円 x 所得税率 20% - 控除額 42. 75万円 = 所得税 46. 9万円 ここまでの計算結果をもとに年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの手取り額を計算するとこのようになります。 年収200万円 - 社会保険料 28. 4万円 - 住民税 6. 31万円 - 所得税 2. 78万円 = 手取り 162万円 年収300万円 - 社会保険料 42. 7万円 - 住民税 11. 9万円 - 所得税 5. 57万円 = 手取り 240万円 年収400万円 - 社会保険料 56. 9万円 - 住民税 17. 9万円 - 所得税 8. 56万円 = 手取り 317万円 年収500万円 - 社会保険料 71. 1万円 - 住民税 24. 4万円 - 所得税 13. 9万円 = 手取り 391万円 年収600万円 - 社会保険料 85. 3万円 - 住民税 31万円 - 所得税 20. 5万円 = 手取り 463万円 年収700万円 - 社会保険料 99. 6万円 - 住民税 38万円 - 所得税 31. 7万円 = 手取り 531万円 年収800万円 - 社会保険料 114万円 - 住民税 45. 6万円 - 所得税 46. 9万円 = 手取り 594万円.

次の

独身税が日本でも2020年に導入!?ガセかと思いきやSNSで大炎上

独身 税 ふざける な

スポンサーリンク 独身世帯の住民税・所得税・手取り額の計算結果 年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの場合、住民税は 6. 31万〜45. 6万円、所得税は 2. 78万〜46. 9万円、社会保険料は 28. 4万〜114万円、手取り額は 162万〜594万円になります。 年収ごとの詳しい税金や手取り額はこのようになります。 年収 住民税 所得税 手取り 6. 31万円 2. 78万円 162万円 11. 9万円 5. 57万円 240万円 17. 9万円 8. 56万円 317万円 24. 4万円 13. 9万円 391万円 31万円 20. 5万円 463万円 38万円 31. 7万円 531万円 45. 6万円 46. 9万円 594万円 スポンサーリンク 税金の計算内容 ここからは年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの住民税 6. 31万〜45. 6万円と所得税 2. 78万〜46. 9万円の計算内容を詳しく説明します。 給与所得控除の計算 まず、住民税も所得税も給与所得控除という仕組みがあります。 給与所得控除とは簡単に言うと 「給料もらって仕事していればスーツやカバンや靴とかでお金がかかるだろうから、その分は税金払わなくていいよ。 」 という仕組みで、税金を計算するときはこの額を経費として引いてから計算して良いことになっています。 年収ごとの給与所得控除額はこのようになっています。 給与収入 給与所得控除額 65万円まで 全額 162. 5万円まで 65万円 180万円まで 収入 x 40% 360万円まで 収入 x 30% + 18万円 660万円まで 収入 x 20% + 54万円 1000万円まで 収入 x 10% + 120万円 1000万円以上 220万円 年収200〜800万円の場合の給与所得控除額は以下のようになります。 年収200万円 x 30% + 18万円 = 給与所得控除 78万円 年収300万円 x 30% + 18万円 = 給与所得控除 108万円 年収400万円 x 20% + 54万円 = 給与所得控除 134万円 年収500万円 x 20% + 54万円 = 給与所得控除 154万円 年収600万円 x 20% + 54万円 = 給与所得控除 174万円 年収700万円 x 10% + 120万円 = 給与所得控除 190万円 年収800万円 x 10% + 120万円 = 給与所得控除 200万円 スポンサーリンク 社会保険料の計算 健康保険、厚生年金、雇用保険といった社会保険料として支払った分も控除されて課税の対象になりません。 健康保険は 治療費を安く済ませるための保険で、病院で治療をした時に治療費の30%の支払いで済むようになります。 厚生年金は 年金の上乗せ分で、厚生年金を払っているとその分支給される年金が結構上乗せされます。 雇用保険は 仕事をしていない期間にお金をもらうための保険で、加入していると失業時には失業保険が、育児休業時には育児休業給付金がもらえたりします。 このあたりの社会保険料もほとんど税金のようなものなので、税金を計算する際は収入から引いて計算することができます。 年収200〜800万円の場合の社会保険料はこのようになります。 年収200万円: 健康保険 9. 97万円 + 厚生年金 17. 5万円 + 雇用保険 1万円 = 28. 4万円 年収300万円: 健康保険 15万円 + 厚生年金 26. 2万円 + 雇用保険 1. 5万円 = 42. 7万円 年収400万円: 健康保険 19. 9万円 + 厚生年金 34. 9万円 + 雇用保険 2万円 = 56. 9万円 年収500万円: 健康保険 24. 9万円 + 厚生年金 43. 7万円 + 雇用保険 2. 5万円 = 71. 1万円 年収600万円: 健康保険 29. 9万円 + 厚生年金 52. 4万円 + 雇用保険 3万円 = 85. 3万円 年収700万円: 健康保険 34. 9万円 + 厚生年金 61. 2万円 + 雇用保険 3. 5万円 = 99. 6万円 年収800万円: 健康保険 39. 9万円 + 厚生年金 69. 9万円 + 雇用保険 4万円 = 114万円 スポンサーリンク 住民税と所得税の控除合計額 ここまでの控除額を合計すると、年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの住民税を計算する時に年収から引くことができる控除合計額はこのようになります。 年収200万円: 給与所得控除 78万円 + 社会保険料控除 28. 4万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 139万円 年収300万円: 給与所得控除 108万円 + 社会保険料控除 42. 7万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 184万円 年収400万円: 給与所得控除 134万円 + 社会保険料控除 56. 9万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 224万円 年収500万円: 給与所得控除 154万円 + 社会保険料控除 71. 1万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 258万円 年収600万円: 給与所得控除 174万円 + 社会保険料控除 85. 3万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 292万円 年収700万円: 給与所得控除 190万円 + 社会保険料控除 99. 6万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 323万円 年収800万円: 給与所得控除 200万円 + 社会保険料控除 114万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 347万円 また、所得税の控除合計額についてはこのようになります。 年収200万円: 給与所得控除 78万円 + 社会保険料控除 28. 4万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 144万円 年収300万円: 給与所得控除 108万円 + 社会保険料控除 42. 7万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 189万円 年収400万円: 給与所得控除 134万円 + 社会保険料控除 56. 9万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 229万円 年収500万円: 給与所得控除 154万円 + 社会保険料控除 71. 1万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 263万円 年収600万円: 給与所得控除 174万円 + 社会保険料控除 85. 3万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 297万円 年収700万円: 給与所得控除 190万円 + 社会保険料控除 99. 6万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 328万円 年収800万円: 給与所得控除 200万円 + 社会保険料控除 114万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 352万円 スポンサーリンク 住民税と所得税の課税対象額 年収から控除額を引いた金額が課税対象額となります。 年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの場合、住民税の課税対象額はこのようになります。 年収200万円: 年収200万円 - 住民税控除額 139万円 = 住民税の課税対象額 60. 6万円 年収300万円: 年収300万円 - 住民税控除額 184万円 = 住民税の課税対象額 116万円 年収400万円: 年収400万円 - 住民税控除額 224万円 = 住民税の課税対象額 176万円 年収500万円: 年収500万円 - 住民税控除額 258万円 = 住民税の課税対象額 242万円 年収600万円: 年収600万円 - 住民税控除額 292万円 = 住民税の課税対象額 308万円 年収700万円: 年収700万円 - 住民税控除額 323万円 = 住民税の課税対象額 377万円 年収800万円: 年収800万円 - 住民税控除額 347万円 = 住民税の課税対象額 453万円 所得税の課税対象額はこうなります。 年収200万円: 年収200万円 - 所得税控除額 144万円 = 所得税の課税対象額 55. 6万円 年収300万円: 年収300万円 - 所得税控除額 189万円 = 所得税の課税対象額 111万円 年収400万円: 年収400万円 - 所得税控除額 229万円 = 所得税の課税対象額 171万円 年収500万円: 年収500万円 - 所得税控除額 263万円 = 所得税の課税対象額 237万円 年収600万円: 年収600万円 - 所得税控除額 297万円 = 所得税の課税対象額 303万円 年収700万円: 年収700万円 - 所得税控除額 328万円 = 所得税の課税対象額 372万円 年収800万円: 年収800万円 - 所得税控除額 352万円 = 所得税の課税対象額 448万円 スポンサーリンク 住民税、所得税、手取り額の計算 住民税の課税対象額に標準税率の税率10%を掛けて、均等割5000円を足して住民税の額を計算するとこのようになります。 年収200万円: 住民税の課税対象額 60. 6万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 6. 31万円 年収300万円: 住民税の課税対象額 116万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 11. 9万円 年収400万円: 住民税の課税対象額 176万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 17. 9万円 年収500万円: 住民税の課税対象額 242万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 24. 4万円 年収600万円: 住民税の課税対象額 308万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 31万円 年収700万円: 住民税の課税対象額 377万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 38万円 年収800万円: 住民税の課税対象額 453万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 45. 6万円 所得税については課税対象額ごとの税率がこちらの表のようになっています。 課税対象額 税率 控除額 195万円まで 5% なし 330万円まで 10% 9. 75万円 695万円まで 20% 42. 75万円 900万円まで 23% 63. 6万円 1800万円まで 33% 153. 6万円 4000万円まで 40% 279. 6万円 4000万円以上 45% 479. 6万円 この表をもとに年収ごとの所得税を計算するとこのようになります。 年収200万円: 所得税の課税対象額 55. 6万円 x 所得税率 5% = 所得税 2. 78万円 年収300万円: 所得税の課税対象額 111万円 x 所得税率 5% = 所得税 5. 57万円 年収400万円: 所得税の課税対象額 171万円 x 所得税率 5% = 所得税 8. 56万円 年収500万円: 所得税の課税対象額 237万円 x 所得税率 10% - 控除額 9. 75万円 = 所得税 13. 9万円 年収600万円: 所得税の課税対象額 303万円 x 所得税率 10% - 控除額 9. 75万円 = 所得税 20. 5万円 年収700万円: 所得税の課税対象額 372万円 x 所得税率 20% - 控除額 42. 75万円 = 所得税 31. 7万円 年収800万円: 所得税の課税対象額 448万円 x 所得税率 20% - 控除額 42. 75万円 = 所得税 46. 9万円 ここまでの計算結果をもとに年収200〜800万円の独身世帯のサラリーマンの手取り額を計算するとこのようになります。 年収200万円 - 社会保険料 28. 4万円 - 住民税 6. 31万円 - 所得税 2. 78万円 = 手取り 162万円 年収300万円 - 社会保険料 42. 7万円 - 住民税 11. 9万円 - 所得税 5. 57万円 = 手取り 240万円 年収400万円 - 社会保険料 56. 9万円 - 住民税 17. 9万円 - 所得税 8. 56万円 = 手取り 317万円 年収500万円 - 社会保険料 71. 1万円 - 住民税 24. 4万円 - 所得税 13. 9万円 = 手取り 391万円 年収600万円 - 社会保険料 85. 3万円 - 住民税 31万円 - 所得税 20. 5万円 = 手取り 463万円 年収700万円 - 社会保険料 99. 6万円 - 住民税 38万円 - 所得税 31. 7万円 = 手取り 531万円 年収800万円 - 社会保険料 114万円 - 住民税 45. 6万円 - 所得税 46. 9万円 = 手取り 594万円.

次の