ヤンデレ 小説家になろう。 テイルズ・オブ・西野

【小説家になろう】笑える! おすすめのコメディ小説まとめ【ネット小説】

ヤンデレ 小説家になろう

やあ、こんにちは。 イラストレーターの雛のアラサーお兄さんだよ。 色々あって、俺がキャラデザした乙女ゲームのヒロインの友達ポジキャラになっちゃってたんだ。 思い出したもんは仕方ない。 これからは中身お兄さんの伯爵令嬢として、ヒロインを導い て行く……のかなぁ。 とりあえず、俺の攻略キャラの一人との所謂『ハッピーエンド』を避ける様にしたいな、なんて思っているんだけど、あくまでもゲームの世界と言えど、生きているんだからどうなることやら。 変更ばかりですみません。 (果たしてこのペース保てるのか) ちょっとした下ネタに走ることもあります。 (特に冬休み頃からか?) 腐の要素も有ったりしますので、苦手な方はすみません。 目覚めれば見知らぬ場所。 剣と鎧で武装した人々が行き交う中、自身が異郷の地にやってきてしまったことを悟った高橋陸は、持ち物も頼れる知己もない世界でその手に宿った奇跡の力を活用し自身を神と嘯き生きることを決めた。 彼は不幸に苛まれる者たちへ奇 跡の力が宿る手を差し伸べ、味方となる信徒を増やす。 しかしその信徒たちは一癖も二癖もある者たちばかりだった。 信仰をキメた金髪少女に手フェチのドワーフなど増え続ける癖のある信徒たち。 祝福という名の奇跡を与えられた信徒たちは福いなる者、福者と呼ばれる存在になり類稀な力を獲得していった。 そんな信徒に囲まれながらときに真面目にあるときは助平に異世界で生きていく。 見かけた不幸を奇跡と我が侭で信徒と一緒に救ってみせる、これはそんな異世界神様ライフ。 クラリス・イシャーウッドが転生した乙女ゲームの世界。 ポジションはヒロインでも悪役令嬢でもなく、ヒロインの親友、いわゆるお助けキャラクター。 ただ一つだけ問題があった。 隠しルートではクラリスの婚約者レイモンド・ロングハーストが攻略キャラと なるのだ。 一章 ……え? 私レイと婚約者になるの? 両想いのラブラブカップルになるの? ……いいわ、なるわ。 隠しルートにいかないように、ゲームが始まる前にラブラブカップルを目指してみせる! *一章にゲーム要素はほぼありません。 ただひたすら砂糖吐いてます。 二章 いよいよ学園に入学する。 しかしゲームが開始したにも関わらず、ヒロインはまったく他のキャラと仲良くなる様子がない。 なんで? どうなってるの? 記憶違い? まさかレイのルートだったらどうしよう。 お願いヒロイン、他のキャラなら思い切り手伝うから、レイだけはやめてー! 三章 ルートが決まった以上、私はお助けキャラクターとして応援するのみ。 って、いろいろシナリオと違うわ。 それにシナリオ通りでもこのままでは……ハッピーエンドになるように、私にできることは何でもしなくちゃ! 死んで目が覚めたら目の前に髪の毛バーコードの自称神が横たわって俺に言う 「ん、死んだんね。 じゃあ、面倒だからこの世界に行ってね~」 そう言われ送られたのは、異世界 しかしこの世界には 魔法が使えないわがままエルフや ヤンデレのキャ ットピープルや メンタルがミジンコ並みの巨人や 下ネタ好きなドワーフ etc・・・ まだハゲ神に最強の魔力をもらい事実上世界で最強の魔法使いになったのはいいのだが 一見美人に見える変わり者の異世界人に囲まれる生活は、案外いいかも? しかし変わり者だらけだからプラマイゼロだよ! そして俺は魔王の襲撃や国々のいざこざに巻き込まれていく 仲間も段々と増えるが、その実苦労するのは俺だけおいそこのエルフ!笑うな!しばくぞ! しかしそれでもせっかく最強の魔法使いとして転生したのであれば やってやる! この変わり者たちとの日々を謳歌してやる! これは最強の魔法使いとして転生した俺がすべての魔王を倒すまでの物語である。 「ただいま、寧の愛するお兄様」 僕・九重蓮【ここのえれん】はある日の会社帰りに、無意識のうちに身投げをし死んでしまった。 しかし、何とそこから異世界転生できる権利が僕にはあることを知る。 僕はこれまで、勤めていた学校のクソ上司ら による絶え間ないストレス、そして家にいるヤンデレの妹・寧【ねい】の僕に対する過剰な愛によるストレスのせいで、ストレスフルの生活を送っていた。 だから、そんなストレス世界を抜け出して異世界へと行けるのなら願ってもないことだった。 いざ、異世界へ! ……だけど、現実、というよりも寧の愛は甘くなく、異世界転生程度では逃がれられるものじゃなかった。 寧のオカルトじみた死者を蘇生する儀式によって異世界転生は失敗し、僕は現実世界に蘇ることに。 …………ただ蘇るだけならまだよかったかもしれない。 けど、何でよりによって、ゾンビとして! 女の子として蘇るの!? しかも、寧の計らいによって僕は生前に勤めていた学校で、女子高生として元教え子たちとともに高校生活を送ることになってしまったーー。 「安心して、お兄様。 女の子になっても、寧は変わらずお兄様を愛しているわ!」 ヤンデレの妹と、ゾンビ(女の子)として蘇った兄。 そんな二人が繰り広げるただ事では済まないラブコメが始まる!? 騎士ラグナは取るにたらない凡骨だった、親友である勇者が死ぬまではたしかにそうだった。 舞台はゲームのように能力や技量が数値化される奇妙な世界「ヴィジォン大陸」。 魔王討伐を目指す勇者パーティーの一人、騎士ラグナは凡人だった。 特殊なスキル も持たず、卓越したレベルでもない彼はパーティーの中では目立たない存在だった。 だが、彼の人生は親友でもある勇者の死を切っ掛けに一変する。 勇者から魔王を討つという使命を託されたラグナは聖剣を背に孤独な戦いを始めるが、聖剣を盗んだラグナは祖国からは裏切り者として追放され、魔物からは仇敵として付け狙われるようになってしまう。 いくども傷つき、死にかけながらも立ち上がるラグナ。 そんなラグナの肉体にある変化が訪れる。 「虫食い」と呼ばれるその現象は、レベルもスキルも超越する力。 やがて虫食いの力は世界を支配するシステムそのものに影響を及ぼし、ラグナのもとには次第に、混血のダークエルフ、女の侍、獣人族の少女といった奇妙な仲間たちが集っていく。 そうして、彼らはこの世界で初めての「英雄」と呼ばれるようになるのだった……。 これは凡骨と呼ばれた騎士が世界を救い、英雄となる物語。 本当のヒーローなんていない。 そんなものは妄想だ。 この世に希望がないとは言わない、この世に救いがないとは言わない。 だが、ヒーローはいない。 少なくとも俺はそうじゃない。 サイボ ーグ技術が流失し、それらを用いた凶悪犯罪が増加の一途を辿る、混沌とした世界。 国際組織であるUAFは事態に対応するものの、戦争で疲弊した彼らには世界を救うだけの力がなかった。 今だ終わらない地獄に呼ばれ、かつて最強と呼ばれたサイボーグは再び戦いへと身を投じていくこととなる。 「この身が朽ち果てるその時まで戦い続けることが、俺の使命だ」 五年前から何一つ変わらず。 最強の英雄は、まだそこにいる。 完全燃焼燃えカス系ヒーローバトルものです。 当然?ヤンデレは登場予定です。 拙作、バーンドアウトヒーローズのリメイク版です カクヨムにも投稿しています 幼い頃より自由気ままで恐れすら知らなかった。 少年が無自覚ながらも救って来た少女達は、たった一度の過ちにヤンデレへと豹変しまう。 自分 達の恋を邪魔する者を消す? 監禁して自分だけしか見られないようにする? 俺の心を壊す? 「面白いじゃねぇか。 出来るならやってみろ」 この殺伐とした日常を生き抜く為に、少年が出した結論。 必要なのは、絶対の泰然自若。 圧倒的な強さと狂気を見抜く洞察力だと。 女神だか邪神だかよく分からない存在によってクラス単位で異世界にとばされた主人公、榎本シンク。 目覚めた森の中でシャネル・カブリオレという銀髪の美人さんに出会う。 シンクは異世界で自分のことをイジメていたやつらに復讐しようとしているのだが、シャ ネルも同じように復讐を誓った相手がいた。 目的を一致させた2人は復讐を果たすための旅に出ることになる。 行く先々で出会う人々。 そして愛やら友情やら最強スキルやら、なんかいろいろ。 7月からはまた毎日更新に戻る予定です。 更新時間21:00です。 オカルトガチ勢のヤンデレ女子部長、イケメンナルシ ストの不死身メガネなど一癖も二癖もある部員たちと怪異との戦いに繰り出したり、霊の出る夜の学校を探索したり、霊のお悩み相談したり、妖魔界にある国の専属部隊に任命されたり、ロクの日常に入り込む非日常。 モンスター、妖怪、神、人外なんでもありの妖術ファンタジー。 アクションもあったりなかったり。

次の

年齢確認

ヤンデレ 小説家になろう

あらすじ 「お前はアレだな、俺の想像以上に嫌な奴だな」 「貧弱な想像力が基準では説得力に欠ける意見だ」 蒸気機関の煙が街を覆う正暦1873年。 勤め先を失った一人の傭兵に、とある小説家から依頼が舞い込む。 それは『地図に載らない山』への取材の護衛だった。 背に腹は代えられない傭兵と、それを消去法で選ぶしかなかった小説家。 罵り合いの絶えない二人の旅は、やがて国家を巻き込む謀略へと巻き込まれていく…… 大陸横断鉄道が完成した高度成長の時代、しかし電気の灯りがまだ生まれていない薄暮の時代。 そんな19世紀アメリカに『何故か』似た世界の物語。 コメント なろう小説の中のとかそんなくくり抜きでも名作。 まじでネタバレとか見ずに読んで欲しい。 ワクワクも感動も含め全てが詰まった作品。 書籍版の厚みと値段は頭のおかしなレベル。 その一人の勇者は、未だ、その名も実在も知れぬままである。 恐怖の時代が終息した今、その一人を決める必要があった。 そこで勝ち進んだ一人が、『勇者であった』ことになる。 これより始まる新時代に、英雄の偶像を作り出すための大試合である。 二十五年の長きに渡り、魔王に苛まれてきた、遥か果ての現実。 一つの脅威を前に全種族が強さを求めた時代は、あるいは魔王以上の脅威を産んだ。 彼らが求めた物語が唐突に終わりを迎えた時、そこには闘争の場を求める修羅だけが残る。 コメント 最強に最強をぶつけたらどうなるか?そんな妄想がここに小説としてあるんだよ。 まじで壮絶な戦いを目撃できるってさいこーかよ。 まじで面白いわ。 異世界迷宮の最深部を目指そう あらすじ 帰宅部プロフェッショナルを自称する高校二年生の『榊木彗』は自由に使える放課後を日々謳歌していた。 入部届も退部届も不要のホワイト部活、帰宅部。 その一員であることに最大限の誇りを持つ彼は高2の秋、とある美女教師から任務を与えられた。 「問題児・日羽アリナの毒舌を治療せよ」 幾多の男からの告白と求愛を踏みにじってきた容姿だけは100点満点のアリナ。 ある日、【毒舌薔薇】という異名を持つ彼女を更生してほしいと彼は頼まれた。 地上最強部活動・帰宅部の一員としては禁忌の行為である、放課後に学校に残ることを彼は迫られたが美女教師の依頼を断ることはできず、放課後は学校で時間を費やすことに。 毒舌と暴力の権化のような美少女《日羽アリナ》 冗談しか言わない帰宅部員《榊木彗》 二人の狂ったスクールライフは罵倒とジョークでいつも混沌としている。 コメント ただのラブコメにあらず。 勿論ラブコメ部分も面白いけど、ストーリー展開が秀逸。 引き込まれてしまって1日で読み切ってしまった。 文章が小気味良いのでスッと読めちゃう。 ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ) あらすじ 俺は公爵家の奴隷に拾われた。 捨て子だったらしい。 だから俺も奴隷。 奴隷というのは働くのが普通で、むしろ働かない奴隷なんていない。 なので俺も働いた。 休みなく働いた。 しかし旦那様はお優しく、俺達のような奴隷にも『自由』な時間をくれるという。 他の奴隷が自由な時間を休憩に費やす中、俺はその時間で将来役に立つと言われた勉強をしていると、天使のような子供が現れて、こう聞いてきた。 「あなたは誰?」と。 だから答えた。 「私は従僕です」と。 間違いだった。 その天使は公爵家のご令嬢で、お貴族様で、悪戯好きで、くそ餓鬼で。 何故か気にいられてしまった俺は、そのお嬢様に連れられて王都の学園に行くことになった。 コメント 序盤は結構酷いことされているのに、主人公の性格のおかげで重苦しい雰囲気になってない。 なんならコメディライクになってる。 なんで主人公は能天気なんやって思ってたけど、そんな設定があるのね!なるほどなーって思った。 異邦人、ダンジョンに潜る。 あらすじ 1946年七月。 異世界の存在が確認される。 そこは、人類の新天地になるはずだった。 しかし、莫大なコスト面と、先遣隊の全滅、世論の反対により不可侵条約が結ばれる。 人類の目は宇宙に向けられた。 それから半世紀。 異世界のダンジョンに潜る為、ある企業が部隊を編成する。 五人のプロフェッショナルと三機の人工知能。 それに予備の人員一名。 現代火器と技術により、冒険は簡単に行く予定だった。 だが異世界にたどり着けたのは、ポンコツの人工知能とノンプロフェッショナルな一名。 試行錯誤を繰り返して、彼らは生きる、食べる、戦う。 そして、ダンジョンに潜る。 コメント コミカルな日常パートからは考えられない激しいバトルパートに驚く。 主人公格好良すぎますわ。 すっごく心を揺さぶってくる作品。 少年Z あらすじ 両親の居ない一軒屋で血の繋がらない美少女三人と同居する何処にでもいる普通の高校生、田辺京也。 そんな彼の進路志望は引き篭もり。 だって、世界にはゾンビが溢れているんだもの。 ゾンビは人間のお肉に噛み付くのが大好きで、人間を見つけると全力疾走で抱きついちゃう。 扉や窓もなんのその。 ゾンビと美少女と少年の織りなすドタバタのラブコメディ。 の、裏側の物語。 コメント なろう小説でゾンビ物だったら、間違いなくコレをオススメする。 ゾンビ物の作品に限定しなくても傑作。 ガチで面白い。 主人公とヒロインたちの歪な関係もよし。 関連記事 ta-ka000.

次の

ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

ヤンデレ 小説家になろう

今回は初めての 作家さん特集をしたいと思います。 大人の女性向けの恋愛小説を書かれている作家さんの中でも、私が特別好きなおひとり、 「佐木ささめ」さん!! (「小説家になろう」「ムーンライトノベルズ」などでは、 「佐木」さんの名前で活動されているみたいです) この先生の作品の特徴は、• ヒロインが芯の通ったいい子• 大人のシーンがただあるだけではない、作品にドラマがある• 素晴らしい文章力 「佐木ささめ」さんの作品は、小説サイトではもちろん、電子書籍サイトでも高評価の作品ばかり! まずは、「小説家になろう」(ムーンライトノベルズ)に掲載されている、無料で読める作品からチャレンジしていただき、ファンになった後にはぜひ書籍でもお楽しみいただきたいです! Contents• もっと、いじめたくなる」 一般職総務の楓子は突然、新ビジネス推進室長となった御曹司嶺河の第二秘書に抜擢される。 しかし、実は楓子には嶺河との思い出したくない過去があって!? もう二度と会わない人と思っていたのに、『好きなだけ啼いていいから』と、耳元で甘いおねだりを囁かれて。 過去の罪滅ぼしをするかのように、無慈悲な甘い高揚感を与えられて……。 佐木さんの作品はヒロインに好感が持てます。 今回のお話は、学生時代に付き合っていたが別れてしまった2人が、再会し、もう一度愛をはぐくんでいくストーリー。 再会したときはお互いに恋愛感情はなかったのに、だんだんと気持ちが変わっていき…… ヒーローの過去には褒められたものではないですが、そのあとのヒロインへの溺愛っぷりは微笑ましかったです。 〈作品紹介〉 「俺と結婚しないか」 ロンドン駐在から帰国した千秋に突然、告白を飛び越え求婚してきたのは、イケメン同僚で実は有名老舗企業の御曹司の枚岡だった。 押し切られそうな同棲を断ると、今度は引っ越し先の隣の部屋に先回りして住んでいて!? 社内ではいい相談相手で、何度もトラウマから守ってくれる枚岡に、次第に恋の予感を覚える千秋。 「綺麗だよ」 極上の美男子の甘い声と熱い腕に、緊張する体を優しく愛撫され、ナカへ埋められて愛される幸福に包まれる。 千秋は彼の逞しい体に抱きつくことしか出来なくて!? 〈作品紹介〉 バーで出会った梶川に酔わされ、抱かれてしまった紫月。 裸の写真で脅されて拒否権なしの関係が始まる。 激しいキスと執拗な愛撫が与える強烈な快感。 滾る雄槍で貫かれれば気を失うほどの絶頂へ……。 「もっと淫らに感じてみせろ」 いつもは冷淡な男が自分だけに見せる情欲と内に秘めた愛に、気づけば身も心も堕ちていく。 最低の出会いから始まる、狂おしくも不器用な執愛! 犯罪めいた手段でヒロインに迫るヒーロー…はじめはこのヒーロー大丈夫?と心配になりました笑 ただだんだんとヒロインに対する思いや、溺愛っぷりが垣間見えたあたりからは、ジェットコースターが転げ落ちるようにヒーローに惹かれてしまっていました。 そんなところも可愛い…と思えるようになったら、もう堕ちてます笑 〈作品紹介〉 顔の傷を厚化粧で隠している私が、なぜか転職先で御曹司の寺内取締役の専属秘書になることに。 だけど、彼こそが幼い頃に傷痕をつけた張本人だった!! 忘れたふりをしていたら、彼は厳しい態度で接してくる。 やっぱり嫌われているんだと、落ち込んでいたのに、ある日傷を見てから態度が豹変!? まるで初恋相手に接するように、甘い言葉を囁いてくる。 「俺はこの傷ごと君を愛している」真摯な瞳で射抜かれ、絆されていく。 顔に傷つけられたヒロインと、傷をつけたヒーローのお話。 物理的につけられた傷はもちろん、女性としてとても大切な顔に傷をつけられたという精神的な心の傷。 〈作品紹介〉 転職して早々、御曹司の宮園常務に口説かれる毎日。 顔も肩書きも上司としての器もある完璧な彼が選んだのが私だなんて。 絶対なにか裏があるはず! 私は騙されないんだから! って思っていたけど、私にだけ見せるイジワルな表情や優しさは嘘には見えなくて。 「俺の知らない君をもっと知りたい」仕事で訪れたホテルで、嬲るように執拗なキスと情熱的な愛撫に翻弄され、快楽の波に溺れそうになって……。 たっぷり焦らされた後、体の奥深くに彼を受け容れ……。 美哉が一目惚れして初めてを捧げた相手は、年上の御曹司! 住み込みで家政婦をすることになった彼の家で、夜の相手も仕事だと言われて!? 抱かれるたび、全身に走る淫らな痺れ。 「君を絶対に手放す気はないから」 愛欲と男の色気をたたえた熱い瞳に射貫かれて、甘い檻の中で始まる溺愛生活! ヒーローよりもハイスペック!?なヒロイン!! 始めの方はヒロインの不遇さに可哀そうになってきたり、都合のいい駒扱いされる姿に苛立ちを覚えるシーンもありますが、ヒーローに出合ってからは惜しみのない愛を与えられて…報われてよかった…!! 頭脳明晰、秀才なハイスペックヒロインを溺愛するヒーローの溺愛っぷりが見ていてすがすがしい…!!.

次の