老眼鏡 zoff。 株式会社ゾフ

JINZやZoffのおしゃれな老眼鏡(リーディンググラス)おすすめ11選 度数の選び方やハズキルーペとの違いも

老眼鏡 zoff

そして、標準的なレンズであれば レンズ代が0円のものが多いです。 レンズの料金一覧 3社の中でレンズの料金を比較してみました。 レンズの料金だけで見るとZoffが安いという印象ですが、ほとんどのレンズは同じぐらいの金額となっています。 また、価格はWebと店舗で価格の違いやキャンペーンなどもあるので誤差があります。 あくまで参考として、詳細は公式サイトや店舗をご確認ください。 フレームの料金 フレームは全体的にJINSとZoffが安い印象を持ちました。 しかし、フレームの形によって料金がバラバラなのでどれが一番とは言えません。 【JINS】 フレーム料金は5000円から。 ただし Webでの購入では4000円からあります。 【Zoff】 フレーム料金は5000円から。 Web限定価格ではなんと約3000円からあります。 【オンデーズ】 フレーム価格4980円から。 度なしのPCメガネならパッケージ型 PCメガネなどではパッケージ型が人気です。 個人的には 度なしであればパッケージ型でもいいんじゃないかと思っています。 通常のPCメガネではブルーライトカット率が上がるにつれてレンズに色がついて見えにくくなります。 クリアレンズではPCメガネの中でも色の変化が少なく使いやすいレンズとなります。 【オンデーズ】• パッケージ型は不明 オンデーズはWebで調査をしていたのですが、パッケージ型があるのかどうがは不明でした。 種類の豊富さ 種類の豊富さはフレームが 約3000種類あってレンズの種類も多いJINSです。 普通のメガネや老眼鏡、PCメガネ、サングラスなどはもちろん3社ともありますが、 特に 目的別に合わせたレンズというのもすごいという印象です。 JINSの種類 JINSでは ゴルフやランニング用などピンポイントに絞ったレンズを販売しているのが特徴です。 フレーム1年保障• レンズ1年保証• 遠近両用メガネに慣れない場合は無料交換 2カ月• カラーレンズに慣れない場合は無料交換 2カ月• クリーニング無料• 調整無料• ねじの交換 おそらく無料• 視力検査無料• 災害・盗難・事故による紛失や破損は1年間無料交換 証明書が必要• そして、遠近両用は 近くと遠くの両方に対応していて万能に見えますが実はそうでもありません。 パソコンなど近くであれば見えにくい部分が増えてしまったりなどとデメリットもあります。 なので遠近両用から無料交換できるのは ユーザーにとって安心と言えます。 まとめ いかがだったでしょうか。 この記事ではJINSとZoffとオンデーズについて徹底比較しました。 それぞれ長所がありますので参考になればいいなと思います。

次の

ZoffとJINSでお得なセールが開催中ですよ。

老眼鏡 zoff

やなどの画面を見続けて、目を酷使する現代では 眼精疲労や視力の低下に悩まれている方も多いのではないでしょうか! こうした液晶画面から発するは、目に負担をかけるだけでなく 体や睡眠の質にも影響が出やすいといわれています。 ですので、特に眼の働きの衰えからくる老眼の年代では ブルーライトカット用の老眼鏡使用で できるだけこうした負担は避けたいものですよね。 現在は、各メーカーそれぞれ個性のある ブルーライトカット用の眼鏡が販売されていますが、 zoffも低価格で、おしゃれなブルーライトカット用老眼鏡を提供しています。 店舗ではもちろん、オンラインからも購入することができます。 zoffのブルーライトをカットする既製老眼鏡は 「Zoff リーディング・グラス」というネーミングで、クリアタイプ 3,500円 税別 という低価格で販売されているんですね。 度数を"+1. 00"の中から選ぶことができ フレームのデザインは、男性用女性用ともに2種類づつあります。 テンプル つる のカラーデザインのバリエーションが豊富で 男性用が8種類、女性用が10種類ですが フレームデザインによってテンプルのカラーも変わってきます。 男女ともに、老眼鏡とは思えないような とっても"おしゃれ"なカラーデザインになっているので、 ファッション感覚で楽しむことができるんですね。 このようなzoffのブルーライトカット用老眼鏡ですが 気になるカット率は、36パーセントとなっているので 目の疲れなどの軽減に期待できるのではないでしょうか。 またフレームに、軽くて柔軟な素材が使用されているため 長時間の使用でも疲れにくいとされています。 今ご紹介したzoffのブルーライトカット用老眼鏡は、 近くのみを見るための老眼鏡ですが、遠くも併せて見たいといった 近視の方のブルーライトカット用老眼鏡も作ることができます。 「Zoff PC」の遠近両用レンズまたは中近両用レンズから それぞれ個々人に合わせた老眼鏡を作ります。 このレンズもクリアタイプで、ブルーライトカット率が35パーセントなので 近くのみを見る「Zoff リーディング・グラス」とほぼ同じですね。 そして、好きなフレームデザインと組み合わせて作ることができます。 ただし、この遠近両用、中近両用の多焦点レンズの老眼鏡は、 店舗のみの対応になっています。

次の

ルーペ(拡大鏡)とリーディング(老眼鏡)の違いとは?正しい選び方を解説

老眼鏡 zoff

スタイリッシュな老眼鏡を展開するjinsとzoff。 どちらも「リーディンググラス」というネーミングで 共通点も非常に多いため、 どちらを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。 そこでjinsとzoffを比較した場合、どちらの老眼鏡に どのようなメリットがあるのかを、 いくつかの観点から見ていきたいと思います。 2.非常に軽量であること ・とても軽量で、柔軟性のある素材を使っているため 長時間かけていても疲れにくく、ストレスを感じることなく使用できます。 ・ここで更に特徴があるのはjinsで、「フラットクリップ」という 独自の機能で、通常の眼鏡よりも薄い状態に折りたためて よりコンパクトに収納できるのがポイントなんですね。 3.するパソコン用レンズを搭載していること ・パソコンやスマートフォンなどのブルーライトをカットし 目や体へのストレスや悪影響を軽減します。 ・jinsとzoffの老眼鏡のブルーライトカット率を比較すると、 jinsは29%、zoffは36%となっているので zoffの方が少し高いことがわかります。 ・パソコンやスマートフォンを日常的に利用する方にとっては このブルーライトカット率も、 選ぶ際のポイントになるのではないでしょうか。 4.フレームなどのカラーをバリエーション豊富な中から選べること ・jins・zoffともに、フレームやテンプルのカラーは ファッション感覚で、老眼鏡というイメージを払拭するような おしゃれな眼鏡として使用できます。 ・この点に関しては好みにもよりますので、 それぞれのシチュエーションやファッションを想定しながら どちらかのお気に入りのデザインを選ぶのが良いですね。 5.専用ケースが付いていること。 jinsとzoffの老眼鏡ケースを比較した場合 ・jinsのケースは取り出しやすく、 扱いやすいシンプルな専用ケースです。 ・zoffのケースは、雑貨感覚で手に取れるビニールポーチに入っていて、 眼鏡拭き素材のソフトケースがセットになっているので、 ギフトやプレゼントとしても適しています。 最後に、一番気になる老眼鏡の価格を比較すると jinsは税抜き4,900円、zoffは税抜き3,500円となっています。 以上、大きく分類したいくつかの観点から jinsとzoffの老眼鏡の比較をしてみました。 このように比べてみた場合、いくつかの点で異なる部分がありますが どちらを選択するのかについては、 やはり好みやライフスタイルによるところも大きいですよね。 なので、重要視する点にポイントを置いた上で それぞれの特徴から、ご自身に合った老眼鏡を選ぶことがおすすめです。 jinsとzoffの老眼鏡は、それぞれのホームページの「リーディンググラス」に より詳しい情報が掲載されています。

次の