お腹 に ガス が 溜まる 原因。 お腹にガスがたまる原因は?腹部膨満感の正体はコレだ!

お腹にガスが溜まると腹痛が!根本的な対処法とガスの抜き方

お腹 に ガス が 溜まる 原因

Contents• お腹にガスがたまる大きな原因は生活習慣やストレスである そもそもガスの原因となるのはガスの素である空気です。 飲み込んだ空気のうち8割以上が窒素です。 窒素は酸素と異なり体内で蓄積していきます。 人はストレスが多いとたくさん空気を飲みこむ事がわかっています。 また腸は心とつながっていて気持ちやストレスの影響を受けやすい臓器であることがわかっています。 ストレスはお腹にガスがたまる直接的な原因です。 精神的なものと同じく肉体的に腸の活動が弱まっているとき、特に生理期間中など腸内環境が不安定になるときはお腹にガスがたまりやすくなります。 また、もともと胃腸が弱い人もお腹にガスがたまりやすくなります。 お腹にガスがたまる原因• 人間関係や仕事の疲労でストレスがたまっている。 会社のデスクワークで長時間同じ姿勢でいる。 おならをがまんする。 生理前などに腸のぜんどう運動が弱まっている。 もともと胃腸が弱い。 悪玉菌が増加してガスの量が増加している。 簡単ですぐ効く!仕事でもお出かけでもお腹にガスがたまりにくくする解消法 仕事のときもお出かけのときもすぐできるお腹にガスが溜まるのを解消する方法を紹介します。 ポイントはお腹にたまったガスが外に出やすくすることです。 ガスの流れをよくして外にだすポイントとストレッチの方法 会社でもすぐにできるのがお腹を温める事です。 ホッカイロを貼るのもよいし、お腹に手をあてて時計回りにさすってあげるだけでお腹は温まり腸内のガスが移動し外へ排出されます。 また簡単なストレッチで腸を刺激するのも効果的です。 椅子に座りながら軽く後ろを向く動作を左右に繰り返してみてください。 ガスがお腹の中で移動して外へ出され、お腹の張りがなくなってゆくのを感じられるでしょう。 長時間デスクワークが続く人は姿勢をかえるように意識してみるだけでもお腹にガスがたまるのを解消できます。 お腹にガスをためないコツはりラックすと深呼吸である 緊張したりイライラしてお腹が張ってきたなと感じたら、大きく息を吸ってはいてリラックスしてみましょう。 ストレスが軽減され腸の働きが活発になるためお腹にたまったガスが排出されやすくなります。 仕事先ではランチのあとに少し目を閉じてぼんやりする時間を作るだけでお腹にガスがたまる原因は解消されます。 また読書に集中したりインターネットやスマートフォンで美容院を調べたり、洋服やバッグなど欲しいもののリサーチなど好きなことをするのも効果的です。 楽しい事をするうちにいつの間にかお腹にたまるガスが解消されていたりもします。 のんびりとしたリラックスタイムを作ってお腹にたまったガスを外に出しちゃいましょう! 食習慣を見直してガスがたまらにくいお腹へと改善する方法 いつもの食事や食生活を改善することでもお腹にガスがたまるのを解消することができます。 食物繊維を多く含む食べ物を摂取して便秘を改善する 毎日の食事で良質な食物繊維をとる習慣をつければ便秘が改善します。 それによりガスが外に排出されやすくなるのでお腹にガスが留まらなくなります。 ただし注意したいのは食物繊維なら何でもよいわけではありません。 ゴボウやところてんなど食物繊維を豊富に含む食べ物は色々ありますが人によって自分のお腹に合うものは異なるので好きなものから無理のないように試してみましょう。 これを食べるようになったらガスがたまりにくくなった、と感じる食べ物はそれぞれ違いますがきっと誰にでも合う食べ物があるはずです。 ゆっくり色々なものを味わいながら自分にあった食物繊維を見つけましょう。 善玉菌を増やしてお腹のガスを作らないようにする食事のポイント 腸内環境を整えることはお腹にたまるガスを解消するのに効果的な方法です。 ヨーグルトやチーズなど良質なビフィズス菌を毎日食べる習慣をつけるとお腹にガスがたまりにくくなります。 ビフィズス菌も自分のお腹に合ったものを探すのが大事なので色々食べてみて比較する事が大事です。 朝、昼、夜で複数のヨーグルトを組み合わせて食べるのもよいですしその中で自分に合うタイプがきっと見つかるでしょう。 関連記事 お腹にたまるガスを作らないための食事と悪玉菌を増やさないコツ ガスが発生しやすい食べ物を食べるとお腹の中のガスが増えてたくさんたまってしまいます。 タンパク質や脂質が豊富に含まれる食品は悪玉菌のエサとなり増殖させ結果ガスを発生させることになってしまいます。 ガスが発生しやすい食べ物• イモ類• カボチャ• 豆類 悪玉菌のエサの素となる食べ物• 甘いお菓子 以上の食べ物は適量を守り食べ過ぎないようにしましょう。 お腹にガスをためないための食事の仕方と食後の過ごし方 お腹にガスが溜まる原因を解消する方法の1つとして、食事を姿勢よく、よく噛んでゆっくりと味わうようにこころがけましょう。 ゆっくりと食べ物を口で租借しながら飲み込むことでその分のみ込む空気の量がへりお腹に吸収されるガスの量が減ります。 また食後すぐに横になったり背中を丸めると、胃に吸収された食べ物が腸付近でガスの出入り口をふさいでしまうのでお腹にガスが溜まる原因となります。 食後も姿勢をよく保つよう心掛けて少しでも体を動かしながらすごしましょう。 関連記事 ガス抜きのポーズでお腹のガスを解消する方法 家にいたり少しだけ横になる事ができるのであればヨガでもよくすすめられるガス抜きのポーズでお腹にたまったガスを抜いてしまいましょう。 仰向けに寝て足をまっすぐに伸ばす。 片方の膝を直角に曲げて反対側の床につける。 3秒数えて膝を元に戻す。 緊急でお腹にガスがたまるのを解消したいときは薬も効果的 どうしても急いでお腹にガスがたまるのを解消したいとき、会議の前であったり大事な人と会う約束の前には薬を使うのも効果的です。 市販でも様々なタイプの薬が出ていますが、胃や腸で発生したガスを短時間でつぶす働きをします。 ガスをつぶすだけでなく乳酸菌が配合され、腸内環境を整えてくれるタイプの薬もあります。 刺激が強い薬を避けたい人は胃腸にやさしく効果的にお腹のガスがたまるのを解消してくれる漢方薬もあります。 ドラッグストアなどでどのタイプが自分に合っているのか検討してみてくださいね。 お腹にガスがたまる解消法を知っていればもう安心 大切な時に限ってお腹にガスがたまる、と緊張してしまう人もこの記事を読んで解消法をおさえておけばもう安心! お腹にガスがたまってもすぐによく効く解消法で対処できることや、生活で体質を改善してお腹にガスがたまりにくくできることも知ってもらえましたね。 お腹にガスがたまっても解消法をわかっていればどんなときも怖くありません。 これからの生活をよりリラックスして楽しんでもらたらうれしいです。

次の

お腹にガスが溜まる原因の食べ物とは?お腹の鳴りやポコポコを解消する簡単な方法

お腹 に ガス が 溜まる 原因

消化の過程でガスが発生しやすい食べ物をよく食べる 肉類 肉類には、たんぱく質が多く含まれています。 たんぱく質は消化に時間がかかるため、腸内でガスを多く発生させやすい食品です。 また、臭いの素となりやすい成分も含んでいます。 乳製品 牛乳には乳糖 ラクトース という成分が含まれますが、体質によってはこれを分解できる消化酵素 ラクターゼ が少ない人がいます。 ラクターゼが少ない人が乳製品を多く摂取すると、腸内で分解されるのに時間がかかるためにガスが多く作られ、お腹の張りの原因となる場合があります。 豆類 大豆や小豆などの他、納豆も食物繊維が多い食品です。 また、「おから」には特に食物繊維が多く含まれます。 料理の食材としておからをよく使う場合、過剰摂取の原因となる事もあります。 生活習慣・体のサイクルによるもの 腸は食べ物を消化して便として排出するために「蠕動 ぜんどう 」という運動を行う必要があります。 腸が正常に動かず、ガスや便を肛門の方へ押し出す事ができないためにお腹に張りを感じる場合、以下のような原因が考えられます。 運動不足 体を動かさない事で腹筋が弱り、腸の蠕動に影響が出る事もあります。 おならを我慢する事が多い ガスの自然な排出を我慢する事でガスがお腹にたまってしまい、お腹の張りの原因となる事があります。 また、便を我慢する事で便秘になるのと同じでおならを無理に我慢しているとおならも出にくくなり、お腹にガスがたまりがちになります。 睡眠不足 睡眠不足になると自律神経の働きに乱れが出ます。 腸の働きは自律神経が受け持っているため、自律神経が乱れる事でガスの排出がスムーズに行かずお腹の張りの原因になります。 ゲップを我慢する おならと同様に、ゲップも体に飲み込みすぎた空気を排出する自然な働きですが、マナー違反だからと我慢していると飲み込んだ空気が腸に降りてガスとなってしまいます。 早食い 早食いをすると食べ物と一緒にたくさんの空気を飲み込む事になるためゲップの原因となったり、胃から腸に空気が移動したりしてガスの原因となります。 女性ホルモンの周期 女性は生理周期と連動して定期的に腸の蠕動運動が鈍る時期があります。 そのためガスがスムーズに排出されず、お腹に張りを感じる原因となる事があります。

次の

腸にガスが溜まる5つの原因とは?解消方法や病気の紹介も!

お腹 に ガス が 溜まる 原因

これからご紹介する理由が、その原因の1つかもしれません。 ニューヨーク大学のランゴーンメディカルセンターの整骨医、胃腸病専門医そして臨床准教授であるが、いつもより お腹にガスが溜まっている状態の理由として考えられることを説明してくれました。 まずは、おならが増える食べ物と飲み物、その6つの原因についてご紹介しましょう。 View Gallery 16 Photos おならは、飲食のときなど「息をのむ」ような場面で口から飲み込んだ空気と言えます。 これに、大腸の腸内細菌によって食物が分解される際に発生したガスも加わります。 炭酸飲料を頻繁に飲む習慣があったり、ガムを噛んだり、ストローを使うことで、空気が大腸に閉じ込められてしまうわけです。 しかし、おならが出ないように我慢してしまうと、体内に溜まった空気は、ゲップとなって出てしまうということも考慮しましょう。 通常のゲップは、腸内で発生した二酸化炭素・メタン・硫化水素などのガスが腸管から吸収され、血液に乗って体内をめぐり、肝臓で無臭化されて、肺でガス交換されて呼気となって体外に放出されたものになります。 しかしながら、おならを我慢し続けると、血液中のガスの量が増えてしまって肝臓で無臭化しきれなくなり、においの残ったままの呼気として出てきてしますこともあるそうです。 とは言え、いつでもどこでもおならを出すわけにはいきません。 ですので、おならのガスを増やさないようにそのガスの増える最大の原因を抑えることが大切となるわけです。 細菌によって発酵される過程で、余計におならの放出量も増えてしまう傾向にあるようです。 また、天然の砂糖であっても、特にフルクトース(果糖)も「おなら」が出る原因になり得るとのこと。 体質によっては分解させるために必要な酵素が欠けている人もいるそうです。 《改善方法》 人工甘味料を控えることで、お腹にガスが溜まることを緩和することができるでしょう。 よくある症状ですが、病気ではありませんのご安心を! 乳糖不耐症(牛乳を消化する酵素である乳酸を生成することができない体質)は、年齢を重ねることで発症する可能性もあるので、これまでに牛乳やアイスクリームを食べても大丈夫だったからと言って、この可能性を排除しないでください。 《改善方法》 「乳製品を摂取して体調がおかしくなったら、数日間は乳製品を摂らないようにして様子をみることをおすすめします」と、ガンジュ医師はアドバイスしています。 そうすることで、腸の調子が良くなった(おならの匂いがいつもより臭くない)場合は、チーズの摂取の仕方を考える必要があるかもしれません。 便秘になると、便が腸の中にあり続ける状態となります。 よって、そこからガスが発生している状態が続くということになります。 ガンジュ医師は、「便秘の方には、 低FODMAP(フォドマップ)ダイエット(=発酵性オリゴ糖、二糖、単糖、およびポリオールの英語の頭文字をとったもの)を試してみることをおすすめしています。 このダイエットは、特定の吸収されにくい炭水化物が多い食品を一時的にカットするものになります」。 避けるもの、減らすべきものの中には、乳製品、果物(りんごや洋梨)、野菜(ねぎ、玉ねぎ、にんにく)、豆類など、さまざまな食べ物が含まれています。 これらの食べ物は腸内で異常発酵し、ガスを産出するため、胃酸の逆流を引き起こす可能性があるのだそうです。 ここまでは、おならの発生原因について解説してきました。 次からは、なぜ臭いおならが出るのか? その原因と改善方法について説明します。 すでに言及しておりますが、「おなら」は大切な生理現象です。 食事中に飲み込んだ空気や、腸内細菌がエサとなる食べ物を分解したときにできた水素や炭酸ガス、メタンなどのガスというわけです。 その一方で、「 臭くて不健康なおなら」というものもあります。 それが硫化水素、アンモニア、ニトロソアミン、インドール、スカトールといった臭い成分を含んだおならになります。 このニトロソアミンという成分は発がん物質でもあり、大腸がんの原因にもなると言われているのでご注意ください。 「臭いおなら」のもとは、消化されずに大腸までやってきた 動物性たんぱく質や脂肪が主です。 これらを 悪玉菌が分解すると、有害な臭い物質に変化します。 つまり、肉類(動物性たんぱく質や脂肪)をたくさん食べたときに、おならの臭いは強くなる傾向があると言っていいでしょう。 例えば、焼肉などの脂を多く含む肉をたくさん食べたあとに、そのような経験があるのではないでしょうか? 乳酸菌(善玉菌)を積極的に摂りましょう。 腸内環境を整えるために摂取すべき食材は、善玉菌がたくさん入ったヨーグルトやぬか漬け、納豆やキムチなどは腸内環境を整えてくれます。 善玉菌のエサとなるオリゴ糖やゴボウ、アスパラガスなどのオリゴ糖を含む野菜類もおすすめです。 身体に良い善玉菌を含むものを プロバイオティクス、その善玉菌の栄養源となるものを プレバイオティクス、そして、両方を合わせて摂ることを シンバイオティクスと呼びます。 善玉菌とエサをセットで摂ることで、より効果的に腸内環境を整え、健康を促進することが大いに期待できます。 《発酵食品》 …乳酸菌やビフィズス菌、酵母菌、麹菌などの善玉菌が含まれています。 継続的に食べると、より効果的とのこと。 塩分が多い食品もあるので、その点はご注意ください。 例:ヨーグルト、納豆、キムチ、味噌、ケフィア・ぬか漬けなどの漬け物類・めかぶ、昆布、ワカメなどの海藻類・食物繊維の豊富な穀類・野菜類・果物類・オリゴ糖.

次の