きらら 浜 自然 観察 公園。 きらら浜自然観察公園調査

生きもの図鑑「野鳥情報」|きらら浜自然観察公園

きらら 浜 自然 観察 公園

この記事の目次• きらら浜自然観察公園ってどんなところ? きらら浜自然観察公園はもともと、1964年に阿知須干拓地として整備された埋立地でしたが、完成後も長い間使用されず、その間に野鳥や様々な生き物たちの住み着く楽園になっていました。 この公園や山口湾一帯は、ちょうど渡り鳥たちが行き交う通過点になっていて、モンゴルや中国から四国・九州へやってくる野鳥や、シベリアやカムチャツカから東南アジアへ向かう渡り鳥などが羽を休める場所、 渡り鳥たちの交差点(クロスロード)として絶好の憩いの場所だったのです。 そんな野鳥たちの楽園が、土地の有効活用のために再度埋め立てされることになりました。 ですがここは今や、沢山の生き物たちが生活している場所。 この土地を埋めてしまったら、彼らは行き場を失ってしまいます。 そこで、野鳥たちが住む環境を守るために、30ヘクタールの土地がそのまま楽園として残されたのです。 そして2017年1月時点で、公園内やその周辺で、234種類もの鳥類が観察できる自然観察公園となり、現在では自然観察や自然学習、調査研究ができる施設として利用されています。 公園で見られる生き物たち この公園では、カモやシギ、カイツブリ、サギ、ハヤブサ、キツツキなどの鳥類を始め、トンボやカニ、水生昆虫のタイコウチやコオイムシなど、沢山の生き物たちを観察することができます。 また、鳥たちが長旅の途中で食べた実などから、もともとこの地には生えていなかった植物が芽を出したり、6月頃に花を咲かせる絶滅危惧種のニラバランが見られたりする、自然植物の宝庫でもあります。 公園内の環境 多用な野鳥たちが住みやすい環境で生活できるよう、公園には5つの自然環境が整備されています。 カイツブリやカルガモなどでにぎわう 「淡水池」、ヨシが群生し、ツバメのねぐらにもなる 「ヨシ原」、サギの仲間が多く見られる 「干潟」、淡水と海水が干潟で混じり合い、海水性の生き物も多く見られる 「汽水池」、沢山の木の実がなり強風などから守ってくれる 「樹林帯」です。 このようなバラエティに富んだ環境の中、沢山の生き物たちがのびのびと安心して暮らしています。 ビジターセンターで自然観察 公園内の5つのフィールドを、ぐるりと見渡せるように建てられている ビジターセンターへ行ってみましょう。 大きな窓があり明るく開放的な空間には、受付窓口や休憩スペース、研修室などがありますが、子供たちが一番喜ぶのは、フィールドスコープ(望遠鏡)での観察ではないでしょうか。 このフィールドスコープで、遠くの岩の上などで休んでいる鳥や、干潟にちょこちょこ動くカニなどを観察することができます。 使い方は簡単。 最初に教えてもらって少し練習すれば、すぐに使いこなせるようになりますよ。 私が訪れたこの日は、 カイツブリが淡水池に浮いた巣の上で、卵をかかえて温めている様子や、潮が引いてエサが豊富に獲れる干潟が現れるのをジッと待っている、沢山の鳥たちを見ることが出来ました。 野鳥などの生態に詳しいパークレンジャーが、 「なぜ鳥は片足立ちで立っているのか?」 「足が体の後ろ寄りに生えている鳥がいるが、それはなぜか?」 などといった豆知識を教えてくださって、とても勉強になりました。 その他にもビジターセンターには、図書コーナーや、公園内やその周辺で生息している魚やカブトガニなどが展示されているコーナーなどもあり、じっくりと生き物たちを間近で観察し、学ぶことができます。 きらら浜自然観察公園で開催されるイベント 公園では、自然と触れ合いながら学習ができる様々なイベントが開催されています。 土・日・祝で行われるイベントでは、パークレンジャーと一緒に公園内を歩いて生き物観察をしたり、紙芝居やビデオ鑑賞をしたりします。 また、季節によって 様々なイベントが開催されます。 9月には 「鳴く虫観察会」(9月23日(土)18:00~20:00)、10月には 「ショウドウツバメのねぐら入り観察会」(10月7日(土)17:00~18:30)などが開催されます。 まとめ 山口県には自然が多いとは思っていましたが、野鳥などの観察ができる本格的な施設があるとはビックリしました。 30ヘクタールもの広大な公園の中で、穏やかに過ごす鳥たちを見ていると、心が和みます。 望遠鏡で野生の動物たちを観察したり、パークレンジャーに色々と教わったりする体験は、近年自然の中で遊ぶ機会が減ってきている子供たちにとって、とても貴重な経験になるはずです。 楽しいイベントも沢山ありますので、是非体験してみてください。

次の

きらら浜自然観察公園|野鳥や渡り鳥などの生きものを観察できる公園

きらら 浜 自然 観察 公園

定員は各30名で、申込開始日は6月23日からです。 詳しくはチラシをご覧ください。 申込受付期間は6月26日 金 から7月24日 金 まで、対象は小学生先着20名です。 定員に達し次第、募集終了となります。 詳しくはチラシをご覧ください。 定員は先着50名で、申込開始日は6月24日 水 からです。 詳しくはチラシをご覧ください。 定員は先着30名で、申し込み開始日は7月1日 水 です。 詳しくはチラシをご覧ください。 ロープより先には出ないようお願いします。 次回は6月6日の予定です。 ぜひご利用ください。 園内の干潟に保護・リハビリゲージを設置し、今後の様子については観察速報にてお知らせします。 これにより全問正解者にプレゼントされる野鳥カードを手に入れるチャンスも4倍に拡大!詳しくはチラシをご覧ください。 どうぞご期待ください!.

次の

施設案内

きらら 浜 自然 観察 公園

突然ですが最近、家の車庫に巣をかけたツバメが可愛くて仕方ありません。 ツバメや身近な鳥たちのことをもっと知りたい!そんなバードウォッチング初心者の筆者がやってきたのは、きらら浜自然観察公園。 淡水池、ヨシ原、干潟、汽水池、樹林地の5つのフィールドで構成されており、シベリアやカムチャッカから東南アジアへ向かう渡り鳥と、モンゴルや中国から四国、九州へ横断する野鳥たちが立ち寄る、いわば渡り鳥の交差点のような場所です。 ビジターセンターで情報収集! こちらには野鳥のことなら何でも教えてくれる、頼もしいレンジャーがいるとのこと!早速入ってみましょう。 汽水池と干潟に面した展示ホールからは、望遠鏡で野鳥観察ができます。 慣れていないと、急に覗いてもなかなか野鳥を見つけることができません。 でも大丈夫!「見つけました!覗いてみますか」 きらら浜の野鳥観察の心強い味方 サポートしてくれたのは、レンジャーの信木さん。 「夏は渡り鳥が少ないのですが、年中見られる留鳥といわれる鳥がいますよ。 これがその鳥です」 カイツブリの子育て 悠々と水を切って泳ぎながら潜っては餌をとるカイツブリ。 ヒナに餌をやる様子が見られました。 カイツブリは、子育ても休息も水上で行います。 土の塊のような物体が、葦や水草から成る巣です。 ここへ卵を産み温めます。 外出時には、天敵に見つからないように水草で覆って巣を隠すのだそう!ちゃんと戸締りをして出ていくようで、ユニークですね。 いざ、バードウォッチングツアーへ! ビジターセンターで双眼鏡を借り、実際にフィールドへ向かいます!いつも土日に行われているバードウォッチングツアー。 レンジャーの案内で公園内を回ります。 生き物たちを驚かさないように静かに…。 耳を澄ますと、『ヒヒヒ…チャチャチャ』と聞こえてくる鳴き声。 「これはセッカですね」すぐに何の声か聞き分け、その生態や特徴について教えてくれる信木さん。 餌をくわえて子育て中の巣に帰ろうとしているホオジロ、別の種類のトンボを捕食しているシオカラトンボなど、意識して観察すると、様々な生き物の営みを見ることができました。 野鳥以外にトンボの楽園でもある、きらら浜自然観察公園。 こんなに美しいトンボ、初めて見ました!水草の生える淡水池に卵を産み、それを狙った魚や鳥が集まって、豊かな生態系を築いています。 きらら浜自然観察公園の人気イベント きらら浜自然観察公園では、バードウォッチングの他にも様々なイベントが行われています。 夏休みには子ども達に人気の工作教室!石や貝殻、木片など自然のものを使い、魚のオブジェ、モビール作りなども楽しめます。 8月と10月には、ヨシ原にねぐら入りするツバメの観察会が行われます。 夕暮れの空を数万羽のツバメが一斉に乱舞する様は圧巻ですよ! 初めてのバードウォッチングでしたが、レンジャーの信木さんのおかげで、とても興味深く面白い体験となりました!「ここでの野鳥観察を通して、普段私たちの周りにいる身近な生き物にも興味を持ってもらえたら」とのこと。 皆さんも是非足を運んでみてくださいね。 淡水池、ヨシ原、干潟、汽水池、樹林帯の五つの自然環境をもつフィールドに、年間を通して様々な渡り鳥が訪れます。 ビジターセンターや観察展望棟などの施設が整っているので、誰でも気軽に野鳥を観察することができます。

次の