函館 コロナ ウイルス。 函館市職員女性ら2人感染 新型コロナ / 函館新聞電子版

新型コロナウイルス函館道南での報道まとめ | 週刊いーハコ・函館一週間 by e

函館 コロナ ウイルス

函館市は19日、市内に住む70代自営業の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 男性は18日に市内4人目となる感染が判明した60代無職女性と同居する濃厚接触者。 市内では5人目で、2日連続の感染確認となった。 感染経路は不明で、市が2人の行動歴を調査している。 男性は8日に倦怠(けんたい)感を覚え、それ以降の症状はなかったという。 18日に37・3度の発熱があり、女性の陽性が分かった。 19日に函館市衛生試験所で検査を行い、陽性と判明。 同日中に感染症指定医療機関に入院した。 軽症で、会話はできる状態だという。 男性は定期的に通院する持病があったが、8~18日は通院していない。 女性と同様に発症前2週間の海外渡航歴はなく、函館から出ずに生活していた。 「不特定多数の人と接する仕事ではない。 (感染の原因として)断定できるものではないが、3月下旬に市外の人と会ったと聞いている」(大泉潤保健福祉部長)という。 最初の症状が現れたのは男性が8日、女性が9日だが、市立函館保健所の山田隆良所長は「潜伏期間が最短1日ということはほとんどなく、5~8日とされている。 男性から女性に感染したとは考えにくい」と説明した。 同居する家族が複数おり、市外には出ていないという。 今のところ症状はないが、濃厚接触者として今後PCR検査を行う予定。 函館市が19日までに検査した検体数は109で、延べ77人。 (稲船優香、小杉貴洋).

次の

新型コロナウイルス感染症について

函館 コロナ ウイルス

函館市は18日、市内の60代無職の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 市内で感染者が確認されたのは2月26日以来、4人目。 感染経路は不明で、市が行動歴と濃厚接触者数などとともに調査している。 女性は9日に37度台の発熱があり、自宅で経過観察。 13日に医療機関を受診し、風邪と診断され様子を見ていたが、37度台の熱が続いていたことから、17日に同じ医療機関を再度受診した。 胸部レントゲンで肺炎の所見がみられたため、同日紹介で別の医療機関に救急搬送され入院した。 いずれの医療機関でも受診時にはマスクを着用していた。 検査の要請を受けた市衛生試験所が18日に検査し、陽性と判明。 同日夕方、感染症指定医療機関に転院した。 会話ができ、軽症だという。 市総合保健センターで記者会見が行われ、市立函館保健所の山田隆良所長は女性について「特に大きな持病はないが、医療機関は定期的に受診していたようだ」と説明。 海外渡航歴はなく、発症前2週間は市内から出ていないという。 家族と同居しているが、濃厚接触者の数は確認中とした。 感染経路は今のところ不明だが、集団感染(クラスター)の可能性については「日常的に不特定多数が集まる場所には行っていない」とし、可能性は低いとした。 市保健福祉部の大泉潤部長は「感染の防止の徹底に努めるとともに積極的な疫学調査を行い、原因の究明を図っていきたい」と話した。 道内ではこの日、札幌市内で2人が死亡したほか、函館の1人を含む38人の感染が確認され、感染者は延べ407人となった。 (小杉貴洋、稲船優香).

次の

新型コロナ、函館市4人目の感染者 / 函館新聞電子版

函館 コロナ ウイルス

カテゴリ• 函館市は22日、市内に住む60代無職の男性と30代市職員の女性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 市内で感染が確認されたのは7人となった。 市は女性職員と同じ部屋で業務に当たっていた職員12人を自宅待機とし、部屋などの消毒を行った。 窓口は「消毒を徹底している」として閉鎖しない。 男性は9~11日に持病の治療のため、国立病院機構北海道がんセンター(札幌)に入院。 11日中に帰函した。 13日に38度台の発熱とせき、頭痛が出たが、14日に症状が改善したという。 16日に味覚と嗅覚に異常があり、自宅で経過を見ていた。 21日にかかりつけの医療機関に電話相談し、この医療機関が「帰国者・接触者相談センター」に相談。 同日、市衛生試験所で検査を行い、陽性が判明。 22日に渡島管内の感染症指定医療機関に入院した。 同センターでは22日までに40人以上が院内感染し、クラスター(集団感染)が発生している。 記者会見で平井尚子副市長は「がんセンターで最初の感染者が確認されたのは16日。 潜伏期間を考えると、そこで感染した可能性が高い」と説明した。 女性は男性の濃厚接触者で、19日に37度台の発熱があり、20日は一時解熱したためマスクをして出勤した。 その夜に38度台の発熱と倦怠感が出た。 21日に同試験所が検査を行い、陽性が分かったため、22日に管内の感染症指定医療機関に入院した。 女性は市役所本庁舎4階の市民部市民・男女共同参画課で事務を担当。 市民と窓口で接する業務にはついていないという。 同部では37度以上の熱はないものの、だるさを訴えて21日から休んでいる職員が1人いるといい、22日にPCR検査を行った。 2人は同居しており、他に同居する家族はいない。 ともに軽症で、会話が可能。 海外渡航歴は2人ともない。 市立函館保健所が行動歴や濃厚接触者について調査を進めている。 (稲船優香).

次の